タイツさんのマイ★ベストレストラン 2011

~タイツの食べ歩き~ 

メッセージを送る

マイ★ベストレストラン

レビュアーの皆様一人ひとりが対象期間に訪れ心に残ったレストランを、
1位から10位までランキング付けした「マイ★ベストレストラン」を公開中!

コメント

去年はオールジャンル、オールエリアだったので、今年は好物の「回鍋肉」を静岡県東部地区限定でランク付けさせてもらいました。
どれも勿論美味しいんですが、TOP2の「永鳳」さん、「王味」さんに限っては格の差を感じさせられますねー。

マイ★ベストレストラン

1位

永鳳 (竪堀 / 中華料理)

1回

  • 夜の点数: 4.5

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 昼の点数: 4.5

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999 ~¥999

2011/10訪問 2011/10/09

これぞ回鍋肉!

富士市中島のBOOK OFF前にある中華料理店。
このお店を伺った理由は、事前に回鍋肉がめっちゃ美味しいと聞いていたからなんです。
その回鍋肉が日替わり定食として頂けるのが月曜日ということだったので、その日に合わせて行って来ました。

お店の外観は、中華料理というよりはラーメン屋的なイメージ。
駐車場はお店の前に2,3台分と、店の裏にもスペースがあるようです。
店内は手前にテーブル席が4セットぐらい、あと奥の厨房前にカウンター席がありました。

見た感じですと、家族で経営しているようですね。
夫が調理をし、奥さんが接客+手伝いを担当といった感じ。
この時はいらっしゃいませんでしたが、お婆ちゃんもお手伝いをしているようですよ。
凄く明るくて笑顔の絶え得ない奥さんで、見ていて何とも癒される方でした。

-料理-
メニューはラーメン、一品料理と、中華の定番メニューが揃っています。
定食は日替わりオンリーとなっていて、曜日毎に変わります。
以下参考に。
(月)豚肉キャベツのみそ炒め
(火)定休日
(水)とり肉のからし炒め
(木)卵と肉のいため
(金)すぶた
(土)中華風焼肉
(日)とりから揚げ
小ライス、並ライス=800円
大ライス=850円
全てにライス、お新香、ミニラーメン付きます。

上でも書いたとおり、もちろん頂いたのは回鍋肉が頂ける「日替わり定食」です。

・豚肉キャベツのみそ炒め
キャベツ、豚肉オンリー。
豚肉はカルビのように柔らかく、濃厚味噌ダレとの相性はバッチリ。
キャベツも絶妙な湯で加減で、食感はもちろん、ほど良い甘みも堪りませんね。
何より皿に溢れんばかりにたれた油が、ギトギト系マニアの心を燻ります。
うん、まさに回鍋肉の王道といったところでしょうか。
正直、こんなに美味しい回鍋肉には出会ったことないですね。
もう病み付き必死じゃないかと。

・ミニラーメン
醤油ベースのあっさり系。
回鍋肉が濃厚だった分、丁度良い味付けで食べやすかったです。


-コメント-
もう満足の一言で終わらすには、あまりに勿体無い感動でした。
このお店の紹介を書いたブロガーさん、本当に感謝致します。
しかし、富士って美味しい中華料理店がやたらと多いですね。
全くもってズルイです(笑)


■2010/12/2*

あの感動が忘れられず、知人を連れて行ってきました。
今回注文したのは、もちろん回鍋肉こと「豚肉キャベツのみそいため」と、「小えびのチリソース」、「麻婆豆腐」の3品。

・豚肉キャベツのみそいため
いやー、前回の感動再びでしたね。
これまで色んな回鍋肉を頂いて来ましたが、やはりここのは別格ですな。
知人達も「これは美味い」と絶賛してくれていました。
ちなみに今回は単品で(並)を注文したのですが、店員さん曰く、日替わり定食で頂くサイズは(小)のようで、(並)は多少量が多いとのことです。

・小えびのチリソース
エビはプリップリとまではいきませんが、それに近い丁度良い位の食感。
チリソースは気持ち辛みのあるねっとりとしたタイプである為に、エビとの絡みは抜群と、やたらと味わいやすくなっています。
とにかく味付けが自分好みで、残ったソースはご飯にぶっかけてしまったり、添えられたふんわり煎餅と一緒に美味しく頂きました。

・麻婆豆腐
エビチリ同様、ねっとりとした麻婆で、ちょい大きめの柔らかい豆腐に、挽肉、ネギが少々。
辛みはそれ程強くないのですが、あとから軽くジワっとくるようになっています。
味付けがしっかりとされている為、これがまたご飯と良く合うんですよ。
回鍋肉→エビチリ→麻婆豆腐の順にきた為、正直ご飯が足りてませんでしたが(笑)
至ってシンプルな麻婆豆腐ですけど、このお店の拘りが伝わってくる仕上がりで、個人的には良かったと思います。

※画像を3枚追加し、1枚削除しました。


■2011/10/0*

無性に回鍋肉が恋しくなっての再々訪問。

今回は回鍋肉だけをじっくり味わいたかったので、(並)サイズにご飯を付けるだけというシンプルな注文をさせてもらいました。
(前回同様に、漬物、味噌汁も付けてくれました。)

最初は並なんて余裕だろとか思ってましたが、1人で頂くとなると結構ボリュームありますね。
おかげで大好きな回鍋肉をお腹いっぱい頂けちゃいました。
王味さんの回鍋肉も相当美味しいですが、やっぱ一番は永鳳さんで間違いないでしょうっ!

※画像を3枚追加しました。

  • 豚肉キャベツのみそいため(並)【2011/10/0*】
  • 豚肉とキャベツのみそいため(並)定食?【2011/10/0*】
  • 餃子【2011/10/0*】
  • 豚肉キャベツのみそいため(並)【2010/12/2*】

    11

もっと見る

2位

中国料理 王味 (沼津、大岡 / 中華料理、上海料理、四川料理)

1回

  • 夜の点数: 4.6

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 昼の点数: 4.6

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999 ¥1,000~¥1,999

2011/05訪問 2016/11/07

大好きな中華料理店です

■2016/10[昼]

おそらく初訪問以来かと思うんですが、エビチリを頂いてきました。
以前と比べると、辛さが若干抑えられているような気もしますが、プリップリな海老は相変わらずで、ほんと安定して美味しかったです。

※料理画像を2枚追加しました。


■2016/10[昼]

今回は定食メニューにあって、まだ頂いた事のなかった「豆鼓魚魂(白身魚-カレイ-と野菜の香り炒め)」を頂かせてもらいました。

・豆鼓魚魂(白身魚-カレイ-と野菜の香り炒め)
料理名の通り、鰈と野菜を豆鼓&ニンニク風味で炒めものです。
思っていた程インパクトある味わいではなかったんですが、鰈は衣がサクっと香ばしく、野菜類も丁度良い火加減と、味わい、食感共に上手くバランスも取れていて、これはこれで悪くないなと思いました。

※料理画像を1枚追加しました。


■2016/10[昼]

今回は表のボーヤや人気メニューなどにピックアップされている「アスパラ、エビ、イカの炒め(龍筍蝦魷)」を頂いて来ました。

・アスパラ、エビ、イカの炒め(龍筍蝦魷)
ちょいとろみがかった塩風味で、またまた王味さんらしく、オイリーな仕様となっています。
中華でアスパラを頂くのはおそらく初?だったと思うんですが、味は割とオーソドックスなものの、食感はパリっと香ばしくて面白いですね。
海老はお馴染みの海老丼そっくりな味わい、食感で、イカもプリっとしていて、ベースとなる味わいとの相性も悪くない感じだったかと思います。

※料理画像を1枚追加しました。


■2016/03[昼]

ランチにレバニラを頂いて来ました。

見た目は凄くオーソドックスではあるんですが、王味さんらしく、オイリー&濃口なテイストで、とにかくめっちゃ食が進みますね。
レバーもプリっと良い歯応えをしていましたし、王味さん、レバニラ好きな方なら、間違いなくマストできる一品ではあったかと思います。

※料理画像を2枚追加しました。


■2016/03[夜]

はい、王味さん中毒です(ぇ
この日は定番の「水煮肉片」に、以前超好評だった「口水鶏(よだれ鶏)」、あとはちょい冒険心を込めて「干焼茄子(ナスの上海風チリソース)」なんかも頂かせてもらっちゃいました。

水煮肉片、よだれ鶏はほんとマストしたくなるような安定感で、今回もほんと美味しゅうございました。

・干焼茄子(ナスの上海風チリソース)
上記の2品を頂いた後に食したせいもあるかと思うんですが、チリと書いてある割には、めっちゃマイルディな味わいとなっています。
挽肉と、おそらく椎茸の微塵切りでしょうかね?
その2つが良い感じに相まって、風味、味わいともにほんと絶妙なんです。
あまーい茄子との絡みも申し分なく、正直言ってめっちゃ美味しいです。
おそらく別物かと思うんですが、以前頂いた絶品の麻婆茄子(メニューには無い?)に凄く似た仕上がりで、知人共にほんと絶賛の一品でした。

※料理画像を3枚追加しました。


■2016/02[夜]

今回もまたお勧め、人気メニューから、「麻辣百頁(板豆腐のピリ辛山椒風味)」「揚州炒飯」「包米湯(コーンスープ)」の3品をチョイスです。

・麻辣百頁(板豆腐のピリ辛山椒風味)
一体どんなものなのかと思っていたら、大陸的の本場の店で良く見かける、豆腐をまるで麺のように細切りにしたものだったんですね。
ちょいザラつき感がありますが、食感は程良く、サラダ風にサッパリとしていて、軽くに効かせられた山椒の風味がほんと丁度良いアクセントになっています。
王味さんの前菜はコッテリしたものが多いですが、これは本当に食べやすく、まさに前菜にピッタリって感じでした。

・揚州炒飯
小椀4~5分と書かれているだけあり、結構な大盛りっぷりです。
基本には前回頂いた中華風リゾットと変わらなく、それを普通に炒飯としたような感じです。
割とパラっとしていて、変なしつこさなどはなく、結構しっかりとした味わいに仕上がっています。
王味さんは普通の炒飯も良いんですが、これはこれで普通に好感を持てますね。
おそらくこのボリュームのものしかない?と思われるんですが、これは是非とも普通のボリュームで普通に頂けると嬉しいものです。

・包米湯(コーンスープ)
普通のコーンスープです(ぇ
ただですが、形を残さずコーンがしっかりと溶け込んでいる為、クリーミーかつ濃厚と、結構味わい深くて普通に美味しいんですよ。
ボリューム的にも、ラーメンサイズの器にたっぷりとよそってある為、上記の揚州炒飯との割合も丁度良い感じと、結果的に見れば割とベスト?な組み合わせではあったような気がします。


いやーさすがですね。
毎度毎度ほんと素晴らしいです。
お勧め、人気メニューだからというのもあるかとは思うんですが、ほんと何を頂いても安定して美味しいです。
あと気になる料理がいくつかはあるんですが、大分ネタも尽きてきたような気もするので、もし誰かお勧めの料理などがありましたら、是非とも教えて頂けると嬉しいです。

※料理画像を3枚追加しました。


■2016/02[夜]

完全に王味さん熱が再発です(ぇ
今回も今まで頂いたことのないところを攻めようと、安定そうな調理長お勧めメニューから、「脆皮焼肉(皮付き豚バラ肉のクリスピーロースト)」「中華風五目リゾット」、あと「葱油鶏(蒸し鶏のネギ油ソース掛け)」の3品を頂かせてもらっちゃいました。

・脆皮焼肉(皮付き豚バラ肉のクリスピーロースト)
見た目はまるで豚カツのようなビジュアルなんですが、しっかり蒸し感がありつつ、めっちゃジューシーに仕上げられています。
衣に見えるものは皮で、まさにクリスピーと言わんばかりにカリっと良い香ばしさがあります。
塩気は程々に、肉自体の旨味がそのまま伝わってくるかのような感じで、想像していたりずっと味わいがいがあり、正直めっちゃ美味しくて驚いちゃいました。

・中華風五目リゾット
炒飯に海鮮系を加え、それを甘口風の雑炊に仕立てたかのような感じ。
ガツンっといったインパクトはないものの、味わい自体は割としっかりとしていて、そのままでも、ご飯代わりとしてもいけちゃうような感じでした。

・葱油鶏(蒸し鶏のネギ油ソース掛け)
大ぶりな蒸し鶏に、ただ刻み系の葱ソースをかけたものではなく、大胆にスライスされた葱がたっぷりと盛ってくれてあります。
想像していたよりずっとオイリーではありますが、葱の風味がほんと良く出た味わいで、鶏自体にもその旨味が良く伝わっていたりと、これまためっちゃ味わい深くて普通に美味しいです。
前回のよだれ鶏もそうでしたが、正直前菜とは思えないような濃いテイスト&ボリュームと、もう普通にメインを張れちゃうような存在感でしたね。

※料理画像を3枚追加しました。


■2016/01[夜]

早速前回気になった料理を頂いて来ちゃいました。
その料理は「口水鶏(よだれ鶏)」「蒜泥白肉(雲白肉)」「酸菜肉絲湯麺(ザワークラウト風野菜の漬物と豚細切り肉のうま煮めん)」の3品です。

・口水鶏(よだれ鶏)
今まで頂いて来たよだれ鶏は全然違っていてビックリ。
王味さんらしいというか、これでもかってぐらい薬味がたっぷりと盛られています。
味わい的には一般的な方だとは思うんですが、インパクトが全然違います。
おそらく辣油に、刻みニンニク、刻み葱、唐辛子といった構成で、正直前菜とは思えないような存在感です。
画像では隠れてしまっていて判り難いかと思いますが、鶏肉、割と厚めながらも、程良い柔らかみをしていたりと、何もいう事無しにベストマッチしています。
いやーこれは美味しいですね。
上記でも書いた通り、もう前菜とは思えないような力強いテイストで、普通にご飯が進みまくってしまいました。

・蒜泥白肉(雲白肉)
豚肉はちょい厚めという以外は、基本的に他店のものとさほど変わりません。
王味さんにしては前菜らしい優しいテイストで、よだれ鶏とのギャップがほんと半端なかったです(笑)

・酸菜肉絲湯麺(ザワークラウト風野菜の漬物と豚細切り肉のうま煮めん)
ザワークラウト風に釣られての注文です(ぇ
色合いからして大体予想はついていましたが、明らかに一般的なラーメンとは違った感じとなっています。
ほんと説明がし難いんですが、中華風の出汁に、ちょい酸味を効かせたような独特な味わいといったような感じでしょうか。
で、最も気になっていた気になるザワークラウト風のキャベツの細切りですが、こちらは思っていた程下味は濃くなく、気持ちそんな気もするかな?といったような印象です。
まぁスープ自体に感じとれるものがあったので、トータル的に見れば、ザワークラウト風というのも納得できます。
あと小ライスは付きと書いてあるだけあり、ライスと相性も中々に悪くはなかったかと思います。
ちなみに麺は細めのストレート系で、弾力は程々に、スープとの絡みも良くも悪くもといったような感じでした。

それと、今回初めてレジ前に置いてあるケーキを2種(マンゴー、パイナップル)を購入してみたんです。
見た目通り、表面はカロ○ーメイトのようなちょい硬めな食感で、中にはフルーツ風味のゼリー?のようなものが詰められています。
特別美味しいと言った感はないんですが、中華料理店さんらしい味のある仕上がりで、これはこれで悪くありませんでした。

※料理画像を4枚追加しました。


■2016/01[昼]

気付けば、また一年ぶりぐらいの訪問ですね。
今回は前回全く気付かなった新メニュー?「烤羊肉(ラム肉の北京風焼き肉)」をチョイスさせてもらっちゃいました。

・烤羊肉
薄目にスライスされたラム肉と長葱を炒めたようなもの。
正直普通の焼肉風スタイルかと思っていたんですが、これ、結構拘りをもって仕上げられているんですよ。
ラムの癖のある香りをしっかりと残しつつ、味付けも、中華風らしいオイリーなタレが結構味わい深くて良い感じなんです。
あと辛味の代わりか、さりげなく山椒の痺れなんかを効かせている辺りがこれまた何とも絶妙な感じで、ほんと王味さんらしいというか、個性ある味わいがほんと良い味出していました。

やはり王味さんは素晴らしいですね。
最近は天鳳さんに浮気がちでしたが、今日改めてそのLVの高さを思い知らされました。
改めてよく見返してみると、まだ気になる料理がいくつか見受けられましたし、まぁ以前のようにまではいきませんが、またちょくちょくお邪魔させてもらおうかと思います。

※料理画像を2枚追加しました。


■2014/12

何だかんだで一年ぶりの訪問です。

今回はくさデカで紹介されていた懐かしの「四川麻婆豆腐」を頂かせてもらっちゃいました。
いやーさすがは王味さんと言わんばかりな安定感抜群の麻婆でしたYO!
他では味わえないあの奥深さ、これは癖になります。

※料理画像を2枚追加し、以前のメニュー表を現在のメニュー表に2枚入れ替えておきました。


■2013/10

無償に王味さんの回鍋肉が恋しくなっちゃったんです(ぇ

相変わらずの美味しさでしたが、気持ち味わいが変わっていたような?
気のせいなのか、仕様を変えたのか、いつもと調理した方が違っていたのかは不明ですが、何かちょっと違和感がありましたね。

※画像を1枚追加しました。


■2013/09

何と中華料理店である王味さんがハンバーグを始めたと聞いて、もう居てもたっておれずに伺って来ちゃいました。

・上海風煮込みハンバーグ
およそ300gぐらいはありそうな真ん丸型のハンバーグ。
深めの器に入っている為、サイズが判り難いかもしれませんが、実際はかなり馬鹿でかいです。
しかもだたでかいだけじゃなく、めっちゃふっくらとしていて、超柔らかい上に、超ジューシーなんですよ。
いやーこれは中華料理店が出すハンバーグの出来じゃありませんね。
この辺りはさすが王味さんといった感じでしょうか。
そして煮込みソース、こちらは甘味と酸味がバランス良く効いた濃厚タイプ。
煮込みソースの出来として見れば、まさに絶妙な味わいで、正直ベストな仕上がりじゃないでしょうか。
中華風で言えば、肉団子のスープ、洋風?で言えばロールキャベツみたいな感じです。
これが柔らかいハンバーグに超染みわたりやすくなっていて、めっちゃ食べやすくなっているんですよ。
うん、これはちょっと美味し過ぎですね(笑)
ハンバーグだけでライスが進みまくってしょうがないんですが、ソースがこれまた超美味しく、ハンバーグが無くなっても、ソースだけで余裕でライスがいけちゃうぐらいの理想的な仕上がりっぷりでした。

※料理画像を2枚、メニュー画像を2枚追加しました。


■2012/12

地元に帰省してきた知人を誘って行ってきちゃいました。

頂いた料理は好物である「水煮肉片」、「エビチリグラタン」の2品。
どちらも初めて頂いたという知人は、とにかく美味しいと絶賛しまくりでした。
別に自分が作ったわけじゃないですが、こうやって好きな料理を褒めてもらえると何か嬉しいものですね(笑)

※画像を2枚追加しました。


■2012/08

今回は新商品の「エビチリ炒飯丼」を頂かせてもらいました。

・エビチリ炒飯丼
海老はプリップリな茹で上がりで、チリソースもピリっと結構強めに刺激してくるなど、相変わらずの理想的な仕上がりな仕上がりですね。
ただ丼ぶり仕様にしている為なのか、酸味が結構強めに効いていて、かなりくどめな味わいとなっています。
炒飯は以前頂いた時と殆ど変らないかな?
良い感じにパラパラとしていて、チリソースとの絡みも悪くありませんでした。
うん、チリソースの濃さはちょっとって感じでしたが、それ以外は普通に良い組み合わせで美味しかったです。
ボリュームも予想以上にありましたし、これで850円なら相当お得なんじゃないでしょうか。

※料理画像を2枚、メニュー画像を2枚追加し、既にUPしてあったメニュー画像を削除しました。


■2012/03

何だかんだで一年ぶりの訪問ですね。
今回は最近ハマり気味の「四川担担麺対相(王味特製本場四川風汁なし担担麺)」に、大好きな「回鍋肉片」、そして王味では初となる「金銭黒醋肉(豚ヒレ肉の黒酢のすぶた)」、「春巻き」の4品を注文させてもらいました。

・四川担担麺対相(王味特製本場四川風汁なし担担麺)
麺は平打ちの中太タイプ。
絡みを重視しているのか、気持ち水っぽく、とにかくモチモチとしていて食べ応えがあります。
味付けは基本辣油だけでしているようで、独特のまろやかさが出た優しい味わいとなっています。
香りだけでみると七味に似た香りがプンプンとしていて、つい激辛を想像しちゃうんですが、実際はピリ辛程度と凄く舌に優しいですね。
うん、この辺りはさすが王味さんといったところでしょうか。
誰でも気兼ねなく頂けるよう上手く調整されていますね。
おかげでじっくりと味わって頂くことができました。
いやー美味しいです。

・金銭黒醋肉(豚ヒレ肉の黒酢のすぶた)
一般的な酢豚とは違って野菜は全く入っていなく、割と大き目な豚ヒレ肉が特製の黒酢タレにつけられています。
豚肉は完全に火を通してあるわけじゃなく、ステーキなどでいうレアな焼き具合。
表面は軽く素揚げでしてあるのか、むにゅ~とした独特の食感をしています。
うん、タレはそんなに酸味が強くないですし、甘味も程良い感じに効いているので、割と食べやすくて良かったですよ。

・春巻き
外はパリッパリ、そして中はジューシーと、春巻きの特徴とも言える部分は文句のない仕上がり。
具は一般的な多種とは違い、シンプルに細切りたけの、それとフカヒレ?だけだった気がします。
そのままでも十分に味がありますので、何も付けずとも全然いけちゃいますね。

※料理画像を5枚、メニュー画像4枚(通常+お弁当)追加し、既にUPしてあった一部の料理画像、メニュー画像を削除しました。


■2011/05

3人での食事ということで、安定の「水煮肉片」「回鍋肉片」「油淋鶏腿」「焼餃子」に、意外にも初となる「麻婆豆腐」を注文。

・麻婆豆腐
柔らかめの豆腐に、たっぷりの挽き肉。
味付けはちょい濃い目ぐらい。
油加減は気持ち多めかなっといったところ。
辛みは後から軽くピリピリとくる程度と、特に気にする事なく頂ける感じですね。
辛い系大好きな方には物足りないかもしれませんが、シンプルな麻婆豆腐が好きな方にはもってこいです。
四川風も美味しかったけど、こちらも引き取らないぐらい素晴らしい出来でした。

いやーさすが王味。
本当に何を食べても美味しいです。

※画像を3枚追加しました。


■2011/04

割と久々の訪問かな。
今回は大好きな「エビチリグラタン」「焼餃子」に、王味では初となる好物の「回鍋肉片」、そしてお勧めメニューから「糖醋丸子(肉団子の甘酢ソース)」と、贅沢に4品注文させてもらいました。

・回鍋肉片
豚肉、キャベツ、ピーマンに、あと長ネギが入っていたかな。
写真の見た目ではキャベツギッシリのイメージかもしれませんが、この下には大量の豚肉が潜んでいます。
どれも1口サイズにスライスされていて、とても食べやすい感じですね。
そして気になる味噌ダレですが、これがまさに理想的な仕上がりだったんですよ。
基本的には濃厚で、油加減は良い感じにギトギト、そして下を軽く刺激するようなピリピリとした辛味ありと、もう自分の好みを全て満たしてくれています。
いやーこれは美味いですね。
知人も満足そうに頂いていました。

・糖醋丸子(肉団子の甘酢ソース)
1口サイズの肉団子が7~8個ぐらい。
ふにゃとした柔らかい食感で、何とも優しい仕上がり。
割と濃厚な甘酢ソースで、一般的な味付けに比べると若干酢の割合が強い感じですね。
ご飯と一緒に頂くよりは、単品として味わう方がお勧めかもしれません。

そういえば、お勧めメニューと定食メニューが新しくなってましたね。
一部消えてしまった料理もありましたが、前の1.5倍ぐらいは増えていましたよ。

※一部の画像を削除し、新たに8枚追加しました。


■2010/12

はい、また行って来ちゃいました。
もう完全に中毒ですね。
この日は皆さんが絶賛していたエビ炒飯こと「炒飯扒清炒蝦仁」と、デザートに「仙草ゼリー」を頂いてきました。

・本日のどんぶり-炒飯扒清炒蝦仁-(スープ、ザーサイ、サラダ、マヨネーズが付きます)
炒飯の上には、「もうどうにでもして~」と言わんばかりなプリップリのエビがたっぷり。
正直、炒飯とエビだけで食が進むのか疑問だったのですが、エビ自体に軽く塩?味付けをしてあって、これが不思議と炒飯とマッチしていて美味しいんです。
そして、マヨネーズを添えるなんて料理長はわかってらっしゃいますな。
もう食欲が一気に加速し過ぎて困りましたよ。
この組み合わせは卑怯ですって(笑)

・仙草ゼリー
前回の愛玉ゼリー同様、興味本位での注文です。
まず仙草ってなんぞ?って方が多いと思いますので説明。
仙草とは、乾燥させて黒くなった葉や茎を煮つめ、そして冷やし、凝固させたものです。
話では苦いと聞いていたのですが、実際はほんの少しそんな気がするだけで、むしろ甘さのが強かったような。
多分杏仁ソースに漬けてあるから、それで甘さを吸ってしまっているのでしょうね。
まぁ素人の自分には、「サッパリとしていて美味しかった」としか言えませんよ(笑)

※画像を3枚追加しました。


■2010/12

今回は初の麺類に挑戦ということで、定食メニューから「坦々つけ麺」と「半チャーハン」のセットに、デザートとして「愛玉ゼリー」も頂いてきました。

・坦々つけ麺
たっぷりのネギに、胡麻、あと今流行りの食べるラー油のようなものが混ざったスープ。
結構辛みが出ているのですが、味覚に影響を及ぼすようなことはない舌に優しい仕上がりになっていました。
麺は長ーい平打ちストレートタイプで、スープとも絡みやすく、つけ麺として頂くには丁度良かったと思います。

・半チャーハン
豚肉、玉子、ネギだけのシンプルな炒飯。
来ましたよ、皆大好きパラパラ系。
めっちゃふっくらしていて、しかも味が良く出ていています。
多分通常のチャーハンの味付けに、王味風のアレンジが加わっているのでしょうね。
いやー、これは美味い。
まさにチャーハンの原点といった感じでした。

・愛玉ゼリー
実は愛玉を頂くのは初で、興味本位だけで注文しちゃいました。
愛玉とは、桑科の常緑植物で、台湾の山中にしか生息しない貴重な植物だそうです。
その実をゼリー状にしたのがコレのようですね。
ゼリー自体には特に味が無く、じゃあ何を楽しむものかというと、多分食感でしょう。
自分が頂いてみた感じですと、ムニュっとした弾力が特徴的で、もっと判りやすく言うならナタデココに近いかな。
王味さんの愛玉ゼリーは、これにほんのりレモン風味を効かせた杏仁ソースを加えた感じです。
甘いのにサッパリと頂けて美味しかったですよ。

※画像を4枚追加しました。


■2010/11

久々の訪問。
今回は今まで何故か食していなかった好物の「麻婆茄子(定食)」を「マンゴープリン」のセットで頂いて来ました。

~麻婆茄子定食~
メイン料理に、ご飯、スープ、サラダ、ザーサイが付きます。

・麻婆茄子
乱切りにされた1口サイズの茄子は、とても柔らかくて食べやすい仕上がり。
めっちゃ挽肉たっぷりの麻婆ソースで、ピリピリっとしたスパイスが良いアクセントになっています。
油も大好きなギトギト系タイプで、何とも言えないコッテリ感が最高でした。
人によって好みはあるかと思いますが、個人的には全く申し分の無い完璧な麻婆茄子だったかと思います。

・マンゴープリン
手作り感が凄く伝わってくる見た目は、プリンというよりはゼリーに近いかな。
もちろん食感はプルっとしていて、まさにプリンそのものですが(笑)
マンゴーの風味が程よくサッパリとしていて、辛い料理を食べた後は尚更美味しく感じます。
ミルクをかけると、ほんのりとした甘さが加わって、これまためっちゃ美味しいですね。

※画像を2枚追加しました。


■2010/07

ランチタイムにお邪魔し、定食メニューから「特製焼肉」を頂いてきました。

~特製焼肉定食~
特製焼肉に、ご飯、スープ、ザーサイ。
そして、王味自家製食べられるラー油をサービスしてくました。

・特製焼肉
甘めのタレに、ちょいピリっとした辛さが。
見た目は濃いように見ますが、割とサッパリしていて食べやすいです。
ボリュームも意外とあるので、腹は十分満たされました。

・自家製ラー油
○屋のラー油に近いのかな。
辛さは殆ど感じませんでしたが、サクっとした食感が良い感じでした。
ご飯が進みますね。

※画像を3枚追加しました。


■2010/05

夜に知人と2人で、「水煮肉片」、「四川麻婆豆腐」、「焼餃子」を頂いて来ました。

・四川麻婆豆腐
一般的な麻婆豆腐に比べると、豆腐が若干大きめで、気持ち固めな仕上がり。
おかげで全く崩すこと無く小皿に取り分けることができます。
更に挽肉では無く、1cmぐらいの正方形型にスライスされた牛肉が入っていました。
豆腐のように柔らかくなっていて食べやすい感じ。
メニュー表には辛いとか記載されてはいましたが、舌に支障が出る程でも無く、個人的には丁度良い辛さかと思います。
たっぷりかかった粉ざんしょうの香りも堪りません。
久々に心から美味しいと思える麻婆豆腐でした。

※画像5枚追加しました。


■2010/03

今月2回目の訪問。
若干ハマりつつあります。

今回は定食メニューから「エビチリグラタン」と、セットで「杏仁豆腐」を頂きました。

・エビチリグラタン
普通のエビチリと同じで、プリップリの大きめな海老が入っています。
チリソースも若干辛め。
上に乗ったチーズと一緒に食べると、多少マイルドになって丁度良い感じ。
これは美味しいですね。
エビチリ好きには堪らないと思います。

・杏仁豆腐
四川料理の多い王味では、食後の口直しに最適ですね。
サッパリと美味しく頂きました。


まだまだ気になる料理があるので、しばらくはお世話になりそうです。

※画像3枚追加しました。


■2010/03

近くで用事があったので行って来ました。

日曜日の14時前ぐらいだったのですが、7割以上の席は埋ってました。
やはり人気ありますねー。

今回注文したのは「牛楠飯」「油淋鶏腿」の2品。

・牛楠飯
牛肉、白菜、木耳の3種類。
牛肉がとても柔らかくて食べやすい。
白菜、木耳の食感も良かったです。
あんかけソースはドロドロ濃厚で若干甘めだったと思います。

・油淋鶏腿(小)
とんかつ風にスライスされた鶏の唐揚げ。
周りの衣が分厚く、とても良い食感。
かなり濃厚な甘酢ソースなので、ちょい付けて食べるぐらいで良いと思います。
(小)でも3人前ぐらいの量はあったので、注文する方は気をつけましょう。

両方食べ終える頃には、かなりきつかったです。
しばらくは胃がもたれてしまいました。。
次は量を聞いてから、注文しようと思います。

※画像4枚追加しました


■2010/??(初回)

沼津市柳町にある中華料理店。
本格中華から日本人向けの味付けまで、飽きのこない多種類の料理を楽しめるお店です。
パッと見は高級中華料理店的なイメージで入りにくいかも?

-料理-
驚くべきは100種類を超えるメニューの数。
様々な素材を使った一品料理から、スープ、点心、麺類、飯類、粥、デザートと充実。
お得な定食メニューもあります。
800~1000円ほどで頂けるので、とてもお得です。
他にも、特選メニュー、料理長お奨めメニューなどもあり、初めての方でも選びやすいかと思います。

この日は某テレビ番組で紹介されていた「水煮肉片(スイチュウルーペン)」と、前から気になっていた「羽付き焼餃子」を頂いて来ました。

・水煮肉片(ランチセットはご飯とスープ付き)
豚の片ロースと浜松産青梗菜を使用した四川風鍋。
豆板醤を3年ほど寝かしているというだけあって、凄く味に深みがあります。
仕上げに熱い油をかけているようで、見た目以上にまろやか。
ニンニクと粉ざんしょうの香りも堪りません。
(某テレビ番組情報を参考に書きました)
確かにピリッっと辛さはくるのですが、それ以上に旨みが出ていて、全く気になりません。
四川風と聞いてたので、ある程度の辛さは覚悟していたのですが、とても食べやすい。
あまりの美味さに、ご飯があっという間に無くなってしまいます。
これは病みつきになりますね。

・焼餃子
羽付きの餃子が6個。
実は羽付き餃子を頂いたのは初めてでした。
裏のパリッパリの香ばしさと、表のプリップリな食感を同時に味わえます。
中には旨み汁がたっぷり。
具も非常に細かく刻んであります。
口に入れたときの何とも言えない食感と旨み。。
これは美味しいです。
焼餃子の完成系を見た気がしました。


どちらも美味しすぎて、大満足のランチでした。
これは他の料理も気になりますね。
次回は好物の「油淋鶏」や、味わった事のない料理に挑戦してみたいと思います。


  • エビチリ
  • 愛玉ゼリー
  • 豆鼓魚魂(白身魚-カレイ-と野菜の香り炒め)
  • アスパラ、エビ、イカの炒め(龍筍蝦魷)

    63

もっと見る

3位

中華 彩光 (入山瀬 / 中華料理)

1回

  • 夜の点数: 4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 昼の点数: 4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999 ~¥999

2011/10訪問 2012/03/21

バランスのとれた味わい

富士市久沢にある中華料理店。
アットホームな雰囲気の中で本格中華料理を堪能できるファミリーにも大人気のお店です。

ラーメンは20種類以上、小中大とサイズを選べる一品料理も10種類以上と充実しています。
ラーメン、一品料理、点心を組み合わせたセットや、好きな一品料理と、ラーメン、ワンタン、スープなどに、ライスをセットにした定食メニューまであります。

個人的に良く注文するのは定食。
これが本当にお得なんですよ。
例えば、エビチリ+スープ+ライス(中)で注文しても、たったの730円しかかかりません。
しかも、メインとなる料理はかなり多めでボリュームあります。
ミニラーメン、ミニワンタンも、「これがミニ?」って勘違いしてしまいそうな量です。
相当お腹が空いてるとき以外は、スープをお勧めします。

~個人的なお勧め~

・油淋鶏魂
彩光さん=油淋鶏と言い切っても良いぐらいの人気料理。
唐揚げはカリッカリに揚げられていて、中は肉汁がジュっと滲み出るような丁度良い仕上がり。
甘酢ソースは酸味より甘味のがちょい強いかな?といった優しい味わいで、誰にでも受けが良さそうな感じですね。
迷ったら安定の一品です。

・回鍋肉
豚肉、キャベツだけってとこが良いんです。
やはり回鍋肉といったら、この2つですよ。
どちらも一枚一枚が豪快で食べごたえ十分。
味わいとしても、甘さのはっきりとした味噌タレで、油加減も程よくギトっているなど、とてもバランスの取れた良い出来です。
回鍋肉通の知人も「うめぇ!」と絶賛するぐらいですし、これは間違いないかと。

・エビチリ
エビチリが大好きになったのは、実はこのお店が原因だったりするんです。
とにかく海老がプリップリで美味しいんですよ。
お店によって色々と茹で加減がありますけど、個人的には彩光さんがベストかな。
チリソースもドロドロと濃厚で、辛みも若干ピリっとくる程度と、まさに自分好みの味わいに仕上がっています。
注文するたびにチリソースをご飯をぶっかけて食べてる気がしますね(笑)
見た目は凄くシンプルですが、完成度の高いエビチリだと思います。


本当に何を食べても美味しいので、まだ伺ったことのない方、是非一度味わってみてください。


■2011/01/2*

無償に彩光の味が恋しくなって、久々に友人と伺ってきました。

今回は定食で自分「エビチリ」、友人「回鍋肉」、そして彩光といったら「油淋鶏魂」ですよね。
どれも相変わらずのホッっとするような美味さで、知人ともに即効で平らげてしまいました。
定食のセットで付けたミニワンタンも、ミニとは思えないボリュームで、とても食べ応えがあって良かったです。

何と2月14日~2月22日の間は、「油淋鶏魂」が全サイズ半額だそうですよっ!
これはもう2月の訪問も確定ですな(笑)

※以前UPしてあった料理画像の殆どを削除し、新たな画像に置き換えました。


■2011/10/1*

結局半額サービスの期間には行くことができず、半年ぶりの訪問となってしまいました。

最近は回鍋肉熱が再発してしまっていて、この日も定食2(回鍋肉、ミニラーメン、ライス大大盛り)を迷わずチョイス。
あとは定番とも言える「油淋鶏魂(中)」を注文させてもらいました。
(両方とも頂いた事のある料理なので、レビューは控えさせてもらいます。)

※画像を4枚追加しました。


■2012/03/1*

今回も大好きな「油淋鶏魂(中)」「回鍋肉(中)」に、あとご飯代わりとして「チャーハン」を頂かせてもらいました。

・チャーハン
一般的なチャーハンとの違いは細かく刻まれた玉葱かな。
とにかくシャキシャキとしていて、何だか食べていて楽しいですね。
味つけは丁度良いぐらいだったと思います。
単品として頂いても悪くないですし、そこまで濃くないので一品料理と合わせて頂いても全然OKって感じでした。

※画像を4枚追加しました。(知人の頂いたCセットもUPしました)

  • 油淋鶏魂(中)【2012/03/1*】
  • 回鍋肉(中)【2012/03/1*】
  • チャーハン【2012/03/1*】
  • Cセット(麻婆豆腐、葱ラーメン、小ライス、漬物)【2012/03/1*】

    22

もっと見る

4位

与志富 (伊豆長岡 / 中華料理、ラーメン)

1回

  • 夜の点数: 3.7

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999 -

2015/07訪問 2015/07/27

玉子たっぷりのチャーハンが美味しい

■2015/07[夜]

めっちゃ久々の訪問ですね。
やはりチャーハンと言ったらココしかないですYO。
この日はとにかくシンプルに味わいたかったので、普通の五目チャーハン+焼餃子(ぎょうざ)といったガチの組み合わせで頂かせてもらっちゃいました。

チャーハンは若干塩気が抑え気味に、ちょい水気が増していたような気もしましたが、相変わらず玉子たっぷりの優しい味わいで、食べていてほんとホッとさせられちゃいました。

そして「あれ?」と思ったのが焼餃子でして、見た目からして既に違和感があったんですが、これ、明らかの仕様が変わっていますね。
まずサイズが一回り小ぶりになっていて、モッチリだった皮はカリカリと、あと中の餡は多分変わらないものの、あの滴り落ちるような肉汁っぷりは完全に影を潜めていました。
まぁこれはこれで今風?の好みに合っていて良いかと思うんですが、個人的には以前の仕様の方が断然好みだっただけに、正直残念としか言いようがありませんでしたね。

※料理画像を3枚追加しました。


■2011/06[夜]

早速の再訪問。

今回は3人での食事ということで、贅沢に色々と注文させてもらっちゃいました。

【注文した料理】
・麻婆豆腐
・バラ肉とキャベツの中華味噌炒め(ホイコーロウ)
・チャーハン
・牛肉チャーハン
・カニチャーハン
・ギョーザ
・水餃子

最も好評だった麻婆豆腐。
食べやすいサイズにスライスされた柔らかめの豆腐に、たっぷりの挽き肉、あとはネギが少々。
どんな薬味を使用しているのかは知りませんが、生姜のようにスースー、そしてヒリヒリといった独特な辛みが効いています。
回鍋肉並に油を多く使用していて、見た目でも判るぐらいのギトギトっぷり。
味付けもそれに負けじとこってり系で、油、濃い系好きな方にとっては堪らない仕上がりっぷりでしたね。

回鍋肉は前回と具が変わっていました。
レアな存在だったインゲンが無くなり、代わりに玉葱、ピーマン、あと回鍋肉では珍しい茄子が加わっていましたね。
定番の豚肉、キャベツは固定で、他の野菜は仕入れの状況によって変わる感じでしょうか。

3つのチャーハンの内、自分は牛肉チャーハンを頂きました。
普通のチャーハンとの違いとしては、塩分は若干控えめで、あとは食べやすくスライスされた牛肉、キュウリ、人参、キャベツが加わったような感じですね。

水餃子は以外にもサラダ風。
写真で見てもらえば解るかと思いますが、サラダの一部に水餃子が乗っている感じです。
皮はもっちりとしていて、餡は木耳が入っていた以外は普通のギョーザと同じだったかな。
ピリ辛風のあっさりとした胡麻ダレが良く合っていて美味しかったです。

そういえば、前回頂いた定食メニューは無くなってしまったようですね。
かなりお得なセットだっただけに残念です。

※画像を10枚追加しました。


■2011/05[夜](初回)

伊豆の国市古奈にある中華料理店。
口コミでのチャーハンがやたらと美味しそうだったので、気になって伺ってきちゃいました。

お店の看板、暖簾、旗を見るかぎり、ここが中華料理店だとはっきり判るようになっています。
右横には駐車スペースがあり、確か5台分は止められたかな?
店内はカウンター数席に座敷席が3セット程と、狭くも広くも無い丁度良い感じ。
割と歴史のあるお店なのか、所々に年季を感じさせられます。

-料理-
メニュー表を見た感じですと、一品料理、麺類、飯類と分類されていて、シンプルな料理から少し変わって物まで色々と揃っている様子。

この日は2人での訪問だったので、目当てのチャーハンをお得そうな定食セットで注文し、あとはお決まりの回鍋肉(バラ肉とキャベツの中華味噌炒め)を頂かせてもらいました。

~チャーハン定食~
チャーハン、餃子、春雨、サラダ、漬物、スープ、デザート(林檎)のセット。

・チャーハン
叉焼、玉子、ネギ、蒲鉾の4種。
とにかく玉子の量が多く、何とも優しさを感じさせられる色合い。
割と塩分が強めに効いているので、単体でも十分に味わえるLV。
ご飯の水分は抑え気味となっていて、全体的にフサフサとしています。
うん、皆さんが絶賛するだけあって、めっちゃ理想的なチャーハンですね。
これはマジ美味しいですっ1

・餃子
チャーハン定食として付いてきた数は3つ。
サイズは一般より気持ち大きめぐらいかな。
皮は若干厚くなっていて、良い感じにモチモチとしています。
そして注目すべきは中の肉汁で、かぶり付いた瞬間にジュワァアアアと溢れ出す様は何とも言えません。
小籠包とまではいきませんが、思わず皿にボタボタとこぼしてしまう程です。
地元でこれ程の肉汁を閉じ込めた餃子は多分ないんじゃないかな。
正直何もつけずとも十分に味わえてしまいますね。
いやーこれは美味いです。
3個じゃ全然物足りませんよー。

・バラ肉とキャベツの中華味噌炒め(ホイコーロウ)
豚肉、キャベツ、そして回鍋肉では珍しいインゲンの3種。
具自体はそれほどの量ではないのですが、一つ一つが割と大きめなので、全体的に見ると意外に量があったりします。
味付けは結構コッテリとしていて、ギトギトと油分も多めになっているなど、濃い物好きな方には堪らない仕上がりですね。
チャーハン、餃子に続き、こちらもめっちゃ自分好みの出来でした。


-コメント-
注文した全ての料理にハズレが無く、知人共に大満足の夕飯となりました。
まさか伊豆長岡にこんな美味しいお店があったなんて。。。
もっと早く気付くべきでしたね。
これは再訪問間違いないかと。

  • 五目チャーハン
  • ぎょうざ
  • 麻婆豆腐
  • バラ肉とキャベツの中華味噌炒め(ホイコーロウ)

    22

もっと見る

5位

中国菜館 群鳳 (沼津 / 中華料理)

1回

  • 夜の点数: 3.8

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 昼の点数: 3.8

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999 ~¥999

2011/11訪問 2016/03/27

リーズナブルに中華を頂くなら

■2016/03[夜]

色んな中華料理店も回りましたし、そろそろ原点回帰してみようかなと、約5年ぶりにお邪魔させてもらって来ちゃいました。

お店自体はほんと昔と変わらずで、基本となるメニューの構成も殆ど変化ないように思えます。
ただネタ?的なメニューがいくつか加わっていて、中でも熊の掌(100000円)にはさすがに笑いを隠せませんでしたね(笑)

久々だったのもあり、やはり安定でいこうかなと、いつもの「麻婆豆腐」に、「油林鶏」、ここでは初となる「雲白肉」、そしてネタ的な意味も込めて、「ロング肉まん」という期間限定ものも頂かせてもらっちゃいました。

・麻婆豆腐
若干とろみがかったタイプで、見た目通り、とにかく葱がたっぷりと入っています。
塩気は程良く、甘味もしっかりと、オーソドックスに良い味わいをしています。
山椒の痺れなんかはないんですが、唐辛子のピリっとしたアクセントもあり、シンプルながらに上手くバランスもとれていて、個人的には嫌いじゃなかったです。

・油淋鶏
林檎風味のソースと思いきや、以前のノーマルな油林鶏に戻っていました。
見た目はゴツイんですが、中には骨などもあり、実際のボリュームはそれ程でもありません。
とにかく肉!といった印象が強めではあるものの、甘口のソース&たっぷりの刻み葱が良い絡みを見せていて、これまたシンプルに好感を持てる良い仕上がりではあったかと思います。

・雲白肉
他店と比べると、基本的なビジュアルは一緒で、ちょいソースが多めな印象でしょうか。
ちょい独特な風味が香るソースではあるんですが、変な癖も無く、濃厚な甘味が豚肉としっかりと絡んでいます。
前菜としては勿論、正直この味わいでしたら、普通にメインディッシュとして頂いても全然悪くなかったんじゃないかと思います。

・ロング肉まん
約20cmぐらい?
うん、長いですね(ぇ
ちょい独特なモッチリとした皮で、中にはチュープのような餡が細長く包まれています。
豚肉、白菜、ニラの3種が入っているとのことですが、肉の割合が多めで、白菜はおそらくすり潰されていて形は残っていなかったような?
基本的には普通の肉まんとあまり変わらないんですが、肉感、皮の食感は割としっかりとしていますし、ただネタだけで終わるような一品ではなかったかと思います。

※料理画像を4枚、メニュー画像を2枚追加しました。


■2011/11[昼]

まだ回鍋肉を頂いていないじゃないか!と気付いての再訪問(ぇ

今回はランチタイムでの訪問だったので、単品の「回鍋肉片」をお得なセット(+250円)として注文させてもらっちゃいました。

・回鍋肉片
豚肉、キャベツ、ピーマン、長葱、豆鼓の5種。
割と水分多めなタイプですが、見た目以上に味噌の味わいが強く、油の割合も結構良い感じにギトっています。
唐辛子の他に、豆鼓の塩辛さを利用しているので、ただピリっと辛いだけではありません。
何ていうか不思議なまろやかさがあるんですよね。
最初は違和感があるかと思いますが、これが結構癖になる味わいで、とにかくご飯の進んでしょうがなかったです。
基本的なバランスは勿論のことですけど、豆鼓の良さをここまで引き出すとは。。。
やはり群鳳さんは一味違いますなっ。

※画像を1枚削除し、新たに4枚追加しました。

■2010/08[昼](初回)

沼津市本田町にある中華料理店。
若干判りづらい位置にあり、事前に把握していないと気付かないかもしれません。
個人的に好きなお店で、もう何度かお世話になっています。

店内はテーブル席に中華風円卓など、割と広い造りになっています。
最近内装を変えたらしく、かなりオシャレな雰囲気に。
家族連れでのお客さんが多いのか、子供の興味を引きそうなグッツなども置いてあります。

-料理-
何十種類もある一品料理に、麺類、飯類、点心、飲茶と、定番料理から高級食材を扱った料理まで多々揃っています。
店の雰囲気的にも高いイメージがあるのですが、意外にもリーズナブル。
一部の高級食材を使用した料理を除くと、殆どが1000円以下で頂けてしまいます。

ランチタイムは各セットメニューが750円とお得。
更にグランドメニューの料理を+250円で定食にできるサービスまで行っているようです。
今回は昼の訪問だったのですが、若干ランチメニューが変わってますね。
「上海炒飯」は相変わらずの看板メニューのようですが、好物の「油淋鶏」が加わってるのには驚きました。

知人が「ランチA(油淋鶏)」を頼んだので、自分は安定の「ランチB(上海炒飯)」を注文。

~ランチB~
上海炒飯に、スープ、冷奴、玉葱の上に鶏肉を沿えたもの、お新香。
杏仁豆腐かコーヒーを選べるので、杏仁豆腐を頂きました。

・上海炒飯(エビ、イカのカキソースあんかけチャーハン)
炒飯は卵とご飯だけのしっとり系。
あんかけ用の為なのか、味は薄めだったと思います。
カキソース風のあんかけは、エビ、イカ、玉葱、グリーンピース、他(忘れてしまいました)など、色んな具材を使用。
味自体は強く出ているのですが、全くしつこくなく、むしろあっさりとしていて、炒飯との相性は良いですね。
過去に一度だけ頂いていたのですが、「ここまで美味しかったっけ。。?」って思ってしまうほど良い出来でした。
これは確かに看板メニューだなと納得。

・油淋鶏
これまた前に一度頂いたことがあるのですが、その時とは全く違うタイプの油淋鶏になっていました。
とんかつ風にスライスされた鶏肉に、丁度良いぐらいの量のネギが乗っています。
そして、今まで味わったことのないようなフルーティーなあんかけソース。
油淋鶏マニアとして、これはかなりの衝撃でした。
多分林檎を使用しているんだと思うのですが、ここまで食べやすい油淋鶏は初めてですね。
なるほど、ランチメニューに入るわけです。
※前の油淋鶏の画像もアップしました。


-コメント-
まさかここまで満足できるとは思っていませんでした。
きっと内装を変えた時に一部の料理に改良を加えたのでしょうね。
もっと早く気付けばよかったです。。
いやー、美味しかった。

  • 麻婆豆腐
  • 油林鶏
  • 雲白肉
  • ロング肉まん

    13

もっと見る

6位

中華風居酒屋 謝謝 (三島田町、三島二日町、三島広小路 / 中華料理、居酒屋)

1回

  • 昼の点数: 4.0

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)
    - ~¥999

2011/10訪問 2011/10/08

日本人向けにアレンジされた四川料理

三島市東本町にある中華風居酒屋。
三島田町駅から徒歩5分程。
家から近いのもあって、2回ほど昼にお邪魔させてもらいました。

-料理-
ラーメン、一品料理、点心、飯物、スープ、おつまみと、中華の定番メニューから謝謝秘伝料理までずらり。
基本的にセットメニューは無く、昼の日替わりランチセットA、Bだけのようです。
ランチをやっていない日曜にしか行ったことがないので、どんなセットがあるのか気になります。

自分が頂いた料理は、「マーボー茄子丼」「エビチリ玉子丼」の2品。

・マーボー茄子丼
予想以上のボリュームに驚き。
見た目はそれほどじゃないのですが、器が深いんです。
ちょいピリ辛のマーボーと、柔らかくて食感の良い茄子がご飯と合います。
セットで付いてくるスープも、良く出汁が出ていて美味い。
これで700円はお得です。

・エビチリ玉子丼
実はメニュー表には載ってないんです。
壁の貼り紙に偶然気付いて、勢いで注文してしまいました。
マーボー茄子丼同様に、深い器にたっぷり付けてくれます。
エビチリと玉子の相性が気になってたんですが、意外にも合いますね。
チリソースで食べる玉子が、こんなに美味しいとは。。
エビもプリプリしていて、理想的な食感でした。


-コメント-
昼にしか行ったことないので、やはりメインである夜の雰囲気が気になります。
美味しい中華を味わいながら、お酒が飲めるなんて幸せですよね。
機会があれば、是非伺いたいと思います。


■2010/02/0*

某テレビ番組で紹介されていた「五目おこげ」に釣られての訪問。
日曜の昼に伺ったのですが、既に3グループほどお客さんが居て賑わっていました。

注文したのは、もちろん「五目おこげ」です。

・五目おこげ
テレビで見た通り、目の前であんかけをかけてくれました。
ジュワーっと良い音を立てて、食欲をそそられます。
あんかけには、豚肉、海鮮、野菜と、10種類ほどの具が。
どれもシャキシャキしていて、とても良い食感です。
そして、あんかけソース。
これがサッパリしていて食べやすい。
醤油をベースにカキソースを加え、更に酢をたっぷり入れているようです。
揚げた米との相性は抜群。
癖になる味付けですね。


■2011/10/0*

一年半ぶりという、これまた久々の訪問です。

今回は好物の「豚肉とキャベツの辛子味噌炒め」こと回鍋肉を、ライスセット?ランチセット?として注文させてもらいました。

・豚肉とキャベツの辛子味噌炒め
豚肉、キャベツ、長葱の3種。
豚肉はベロンっと一枚ではなく、上品に一口で納まるようにスライスされています。
キャベツは薄く、良い感じにシナ~っといていて、豚肉同様に食べやすい。
味付けは割と濃い目なのですが、甘味が殆ど無く、むしろ若干しょっぱいかな。
八丁味噌とまではいきませんが、それに近い味わいです。
画像では判りにくいですけど、油加減も程よくギトっていて、個人的にはかなり好める仕上がりでしたね。

しかし、前から思っていたのですが、このお店ってやたらと女性率が高いですね。
この日も若い女性が1人で訪問するぐらいの人気っぷりです。
中華料理店としては考えられない光景ですけど、夜は居酒屋として営業しているみたいですから、きっとそっちのイメージが強いんでしょうね。

※画像を三枚追加しました。

  • 豚肉とキャベツの辛子味噌炒め
  • ご飯、スープ、お新香、ザーサイ(ライスセット?ランチセット?)
  • エビチリ玉子丼
  • マーボー茄子丼

    10

もっと見る

7位

紅龍 (三島広小路 / 中華料理)

1回

  • 昼の点数: 3.5

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)
    - ~¥999

2011/11訪問 2011/11/18

バランスが良いですね

三島、長泉町、清水町の丁度境ぐらいにある中華料理店。
この辺りは学生時代の通学路で馴染みがあったはずなのですが、何故かこのお店の存在をすっかり忘れていたんですよね。
今回偶然お店の前を通ったので、ふと思い出したかのように伺って来ました。

お店の前には中国風の置物がショーウィンドウに飾ってあったり、写真付きのメニューが大きく判りやすいように貼ってあるなど、ここが中華料理店だというのがはっきりと判ります。
店内は4人掛け用のテーブル席が数セットぐらいと、そんなに広い造りではありません。
白と黒の2色をベースとした色合いが、割と年季の入った家具の味を上手く引き出し、とてもセンスのある雰囲気を作り出していました。

割と年配の夫婦が2人で経営しているようですね。
主人は常に厨房で調理をしていて、奥さんが主に接客を担当している様子でした。
お2人とも明るくて人が良く、何よりベテランの落ち着いた雰囲気があります。

-料理-
ラーメン、一品料理、飯類、スープ、点心など、中華の定番料理を中心に色々と揃っています。
1人飯には嬉しい定食メニューも割と充実していました。
他のお客さんとの会話を聞いた感じですと、出前も行なっているようですね。

ランチ限定なのかは解りませんが、一品料理が一度に4種類味わえてしまうという当店おすすめの「中華定食」というメニューがあるんです。
いつものように好物の定食を頂くのでは芸がないかな?と思い、今回はお店のおすすめに乗ってみる事にしました。

~中華定食~
カニ玉、若鶏の唐揚げ、野菜炒め、揚げ餃子の4種に、ご飯、スープ、ザーサイが付きます。

・カニ玉
鶏肉?、カニ、ネギが厚焼きの玉子に包まれています。
とろーりとした甘い醤油タレが何ともマッチしていて、とても味わいやすい仕上がりですね。
あまりカニ玉を食すことがないのですが、これは普通に美味しいと思えました。

・若鶏の唐揚げ
一般的なカリカリ系やパリパリ系ではなく、ふんわりとしたタイプの唐揚げ。
軽く醤油?で味付けされているので、そのままでも十分に味わえますね。

・野菜炒め
キャベツ、モヤシ、人参が、軽く塩で味付けされています。
至ってシンプルな野菜炒めですが、シャキシャキとした食感は何とも癖になります。

・揚げ餃子
軽くパリっと揚げられた皮に、肉、キャベツだけのオーソドックスな餡。
酢を強調させた特製のタレが良く合っていて、普通に好める味わいでした。

あとザーサイなんですが、焼肉屋で頂くようなタンみたいな大きさと厚さで、やたらと食べ応えがあり、塩の味付けも丁度良く、振りかけられた胡麻も良く合っいて大変美味しかったです。


-コメント-
小皿とはいえ、これだけの料理を一度に味わえるのは嬉しいですね。
一つ一つの出来も良い感じですし、いやー満足です。
そういえば後で気が付いたのですが、通常油淋鶏のソースに胡麻を加えたという「油淋子鶏」たる料理がありまして、これまたお店のおすすめ品とのこと。
油淋ソースに胡麻とかめっちゃ合いそうですね。
これは油淋鶏マニアとして見逃すわけにはいきませんな。


■2011/11/1*

約一年ぶりの訪問です。
ずっと行きたいとは思っていたですが、中々機会に恵まれなかったんですよね。

前回の流れでしたら「油淋子鶏」で安定でしょうけど、最近はもっぱら回鍋肉中毒だったり。。。
そんなんで、この日も「ホイコーロ定食」を頂かせてもらっちゃいました。

~ホイコーロ定食~
メイン料理に、揚げ餃子、ご飯、スープ、漬物、杏仁豆腐が付きます。

・ホイコーロ
豚肉、キャベツ、ピーマンの3種。
回鍋肉では珍しく?豚肉が軽く素揚げされていたり。
タレが染み込んでいる部分はムニュっとした感じなのですが、それ以外はサクっと軽く香ばしく、何とも不思議な食感を味わうことができます。
個人的には柔らかい豚肉が好きなんですけど、これはこれで良かったですね。
そして気になる味噌タレですが、こちらは割と濃厚な味わい。
基本的には甘口なんですけど、細かく刻まれた唐辛子がパラパラと入っていて、程よい刺激も味わえるようになっています。
何気にニンニクも効いていたりするので、自然に食欲を引き立てる効果もあったり。
あと油の割合も軽くギトっている程度と丁度良く、とにかくバランスが取れていて食べやすかったと思います。
正直1200円は高いかなーと思ってましたが、この出来なら何の問題もありませんね。
うん、美味しいです。

※画像を4枚追加しました。

  • ホイコーロ【2011/11/1*】
  • ホイコーロ定食【2011/11/1*】
  • 食後のコーヒー【2011/11/1*】
  • カニ玉(中華定食)【2010/12/0*】

    16

もっと見る

8位

彩花 (大場 / 中華料理)

1回

  • 昼の点数: 4.0

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)
    - ~¥999

2011/03訪問 2011/03/16

安心の味わい

三島市松本にある中華料理店。
この辺りで食事をしようと思い、ふらふらと探索していたところ、このお店に目が留まりました。

居酒屋やスナックが並ぶ一角に店を構えています。
割りと正面の外観がこじんまりとしている為に、道路からの見た目は「何か飲食店があるなー」ぐらいにしか感じないかもしれません。
実際お店の目の前まで行けば、ここが中華料理店だとはっきりと判るんですけどね。
店内は入って左側にカウンター席が10席近く並んでいて、右側には4人掛けのテーブル席が3セット程ありました。
個人の中華料理店にしては清楚な雰囲気があり、女性でも気軽に入店できそうな感じです。

夫婦2人で経営しているようですね。
夫が調理をし、奥さんが接客+手伝いといった個人店のお決まりな形。
カウンターに座らせてもらったのもあり、目の前で奥さんの仕事っぷりを眺めさせてもらったのですが、先の先までしっかりと下準備を行っていて、まさに「準備万端、いつでもかかってきなさい」といった感じでした。

-料理-
麺類、飯類、一品料理と、そんなに種類は多くないのですが、中華の定番料理はある程度揃っています。
定食は4種類で、エビチリ、焼肉、酢豚、麻婆豆腐といった感じ。
昼は日替わりランチをやっているようで、上記の4つ以外も定食として頂けるみたいでした。
値段も割りとリーズナブルなので、何でも気軽に注文できそうです。

この日の日替わりランチは、大好きな「豚肉とキャベツの辛子味噌炒め」いわゆる回鍋肉。
うん、これを見た時点で即注文決定でした。

~日替わりランチ(豚肉とキャベツの辛子味噌炒め)~
メイン料理に、ご飯、冷奴、スープ、お新香、昆布が付きました。

・豚肉とキャベツの辛子味噌炒め
豚肉、キャベツ、ピーマンに、あと玉葱も入ってたかな。
もう色合いを見た目だけで、「これは絶対にガチだ」と思わされるようなビュー。
案の定、味噌タレは割りとコッテリしていて、そして油は良い感じにギトっています。
豚肉は柔らかくて食べやすく、キャベツも良い甘さが出ていて、めっちゃ自分好みの仕上がりとなっていました。
いやー、こんなに美味しいというのに、何で定食メニューに入っていないんですかね。
正直勿体無い気がします。

他にも弾力のある豆腐にツナが添えられた冷奴に、良い出汁の出たスープなど、メイン料理以外の出来も目を見張るものがありました。


-コメント-
まさかこんなに美味しいとは予想外でした。
それだけに、ネットでの情報が殆どないというのが不思議でしょうがないですね。
まぁ自分も長伏方面に行く機会が中々無いので、存在すら知りませんでしたけど(笑)
まさに隠れた名店ですね。


■2011/03/1*

計画停電の影響で殆どのお店が営業していなくて、前回と同じくふらふらとしていたら、何と彩花さんがやっているじゃないですか。
見た感じ、混んでいる様子も無かったので、ササっと入店させてもらっちゃいました。

この日の日替わりランチは、味噌ラーメンに、ご飯、小鉢、お新香などをセットにした、言ってみればラーメン定食。
一品料理だけかと思っていたのですが、ラーメンも日替わりで登場するのですね。
お得ですし、正直これでも良いかなーと思ったんですけど、彩花さんには「エビチリ」「麻婆豆腐」「油淋鶏」と、まだまだ気になる料理が多数あるんです。
ということで、日替わりを諦めるのは惜しいんですが、今回はご無沙汰ぎみだったエビチリを定食として注文してみました。

~エビチリ定食~
メイン料理に、小鉢(焼茄子におろしと生姜を添えたもの)、ご飯、スープ、お新香が付きました。

・エビチリ
小ぶりの海老が約8尾程。
いわゆるプリプリ系じゃありませんが、軽く食感を楽しめるぐらいの茹でっぷり。
チリソースは若干とろみがあって、割と濃い目の仕上がり。
酸味がそこまで強調させていなくて、とてもバランスの良い味わいとなっています。
辛みは若干ピリピリと来るぐらいで、舌には優しい感じですね。
大好きなネギもたっぷり入っていて、個人的にはめっちゃ好きなタイプです。
もうご飯にぶっかけて、危うくエビチリ丼にしてしまいそうでしたから(笑)

  • エビチリ
  • 豚肉とキャベツの辛子味噌炒め
  • エビチリ定食
  • 日替わりランチ(豚肉とキャベツの辛子味噌炒め)

    10

もっと見る

9位

中国レストラン 龍 (沼津、大岡 / 中華料理)

1回

  • 昼の点数: 4.0

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)
    - ¥1,000~¥1,999

2011/03訪問 2011/03/30

カフェのような中華料理店

沼津市下香貫前角にある中華料理店。
ネットでグルメ探索をしている際に見つけたお店で、気になって伺ってきちゃいました。

位置的には香貫の横山トンネルの手前といったところ。
手の前には小学校、少し隣には中学校、そしてトンネルの先には高校と、学校が密集したエリアにあります。
お店の外観としては、それなりに年季が入っていて、造り的にはカフェに似ている感じかな?
店内はテーブル席が数セットに、中華風の円卓がいくつかといった感じ。
一応カウンター席もあるのですが、多分こちらは使用していないようで、小物等の飾りが置いてあり、食事をするようなスペースは見受けられませんでした。
お酒やワインなどが綺麗に飾られていて、何だか中華料理にしては洒落ていますね。
これは外観や店内の雰囲気にも言えることなのですが、昔はバーでもやっていたんでしょうか。

平日の13時過ぎ頃に伺ったのですが、確認できた店員さんはおばちゃんが1人だけ。
多分厨房に調理担当の方がいらっしゃるとは思うのですが、見ている感じ、全部1人で行っているように見えたんですよね。
まぁ時間限定とかだとは思うのですが、まさか普段も1人で営業していたりするのでしょうか。。。?
ちなみにそのおばちゃん、めっちゃ気さくで良い人です。
1人で忙しいにも関わらず、ナイススマイルでスキンシップを取ってきてくれるんですよ。
あまりのテンションに最初は「おっおっおっ」といった感じになってしまいましたが、実際はとても話しやすい方で、結果的に色々と聞かせてもらっちゃいました。
学生のお客さんが多いみたいですし、きっと自分みたいな奴の接客は慣れているんでしょうな(笑)

-料理-
メインメニュー表には、単菜、前菜、サラダ、スープ、点心、麺、飯、ヤキソバ、粥、デザート、お酒といった感じに、高級食材を使用した料理から一般的な定番料理まで色々と揃っています。
宴会、コース料理にも対応しているようなので、団体での利用も問題無さそうですね。
点心に関しては、お持ち帰りサービスも行っているみたいですよ。

とりあえず、いつも通りに一品料理を拝見させて頂くと、何と回鍋肉、油淋鶏、エビチリの好物3品が揃い踏みじゃないですか。
定番とも言える3品ですが、実は意外に揃う事が無いんですよね。
これにはちょいと嬉しかったり。
もし知人と来ていたら、即この3品で決定だったでしょうね。
と、ソロなのを寂しく悔やみながら、今回は最近特にハマっている「肉とキャベツのみそ炒め(回鍋肉片)」をチョイスさせてもらいました。
(ちなみにライスも注文したのですが、ご飯の他にも、スープ、切り干し大根、オレンジまで付けてくれました。)

注文を取ってから即だったかな、おばちゃんがお茶と一緒に「揚げせん」をサービスしてくれたんです。
何か当たり前のようにテーブルに置かれてしまったのですが、これはデフォルトで行っているサービスなのでしょうかね?

・肉とキャベツのみそ炒め(回鍋肉片)
豚肉、キャベツ、ピーマンの3種。
見た目でも判るように、とにかく豚バラ肉が厚い。
焼肉屋で頂くようなカルビみたいな感じでしょうか。
しかも、豚肉と野菜の割合が5分ぐらいなので、割とボリュームがあるんですよ。
回鍋肉というと、大抵が薄い肉を使用するお店が多いだけに、これには驚きましたね。
で、味噌ダレですが、これもちょいと珍しく、油分は少なめで、若干とろみがかかったタイプ。
程よい具合に味噌の甘みがあるのですが、それをかき消さない程度にピリピリとした強い辛味が効いているんです。
まさに甘辛が相応しい味わいですね。
人によって好みの辛さってあると思うのですが、個人的にはベストな辛味加減でした。
※値段は1500円と割と高めですが、実際それだけのボリューム(2人前以上)はあるので、基本的に他店と変わらないコストパフォーマンスだと思っていいです。
きっと殆どの一品料理は、2人前以上の複数人向けになっているんでしょうね。

-コメント-
実はメインメニューとは別に、カフェ的なメニューもあったりしたんです。
コーヒー、紅茶、ソフトドリンク、フロートなどの定番ドリンクに、デザートにはパフェが数種類といった感じ。
そういえば、20時まで休憩無しの営業と言っていましたし、これはカフェ的な利用も可能ということなのでしょうかね。
次回訪問の際にでも聞いてみます。

  • 肉とキャベツのみそ炒め(回鍋肉片)
  • 肉とキャベツのみそ炒め(回鍋肉片)、ご飯、スープ、切り干し大根+オレンジ
  • 揚げせん+お茶
  • (説明なし)

    22

もっと見る

10位

四川 (長泉なめり / 中華料理)

1回

  • 昼の点数: 3.5

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)
    - ~¥999

2010/12訪問 2011/04/12

店名に似合わない味わいやすさ

長泉町下長窪にある中華料理店。
トイザらスから静岡がんセンターに向かう道を真っ直ぐ上っていくと、左側に見えてきます。
一般的にあまり需要のないと思われる場所なのもあり、正直知っている方は少ないんじゃないかな。

見た感じ、一軒家の1階半分をお店として使用している感じ。
お店前の駐車場は、一応4台分ぐらいのスペースがあるのですが、やたら狭い上に斜めにきつくなっている為、実際停められるのは2~3台ぐらいかと思います。
店内は座敷とテーブル席が半々ぐらいと、大体20~30人は入れそうな造り。
この日は休日だったのもあり、割と家族連れが多く、良い賑わいを見せていました。

-料理-
ラーメン8種、一品料理7種に、餃子、チャーハン、中華丼と、そんなにメニュー数は多くありません。
お店の外にも書いてあるのですが、何とラーメンは300円と、めっちゃリーズナブルな値段設定。
一品料理は+400円で、ライス、ミニラーメン、デザート付きの定食にすることが可能のようでした。

今回は知人と2人で伺ったのもあり、定番の「豚肉とキャベツのみそ炒め」に、「豚バラ肉角煮」、「ギョーザ」、「ミニチャーハン」と、色々と注文してみました。

・豚肉とキャベツのみそ炒め
豚肉、キャベツ、あとネギが入ってたかな。
豚肉はカルビのように柔らかく、キャベツは薄くしっとりとした仕上がり。
絶妙な油加減の味噌タレは、甘い中に若干ピリっとしたスパイスが効いています。
何ともバランスの取れた良い出来ですね。
まさに回鍋肉のお手本かのようでした。

・豚バラ肉角煮
豚バラ肉に、タケノコ、ほうれん草?
良く煮込まれた豚バラ肉は、プルっと柔らかく、とてもほぐれやすくなっています。
醤油ベースと思われるとトローリとしたタレは、具との絡みも良く、濃すぎず薄すぎずの丁度良い味付けになっていました。
とても口に優しい仕上がりで、スイスイと箸が進んじゃいますね。

・ギョーザ
薄く気持ちもっちりとした皮に、中は細かく刻まれた肉と野菜が程良く詰まっていて、肉汁も良い感じに閉じ込められていました。
市販ちっくなビニールに入った専用のタレは、ラー油が良い感じに効いていて、若干甘みある中にピリっとくるタイプですね。
もちろんタレを付けて頂くのも悪くないのですが、個人的には肉汁をじっくり堪能できるように、そのままで頂くのが一番ベストのように感じました。

・ミニチャーハン
豚肉、玉子、玉葱、ネギで炒められたチャーハン。
これぞミニ、まさにミニっと言った感じで、一般的なチャーハンの三分の一のボリュームです。
水分が効いたしっとり系で、味付けは割と薄めでした。
単体で頂のは正直物足りない感がありますので、ご飯代わりとして頂く感じで丁度良いかと思われます。


-コメント-
店名が四川ってだけに、相当なスパイスを覚悟していたのですが、むしろ割と一般的で食べやすい中華料理でした。
確かにこれなら子供でも食べやすいですし、家族連れが多くのも納得できますね。

  • 豚バラ肉角煮
  • 豚肉とキャベツのみそ炒め
  • ギョーザ
  • ミニチャーハン

    7

もっと見る

ページの先頭へ