なにわのくろさんのマイ★ベストレストラン 2011

なにわのくろの食日記

メッセージを送る

なにわのくろ (40代後半・男性・大阪府) 認証済

マイ★ベストレストラン

レビュアーの皆様一人ひとりが対象期間に訪れ心に残ったレストランを、
1位から10位までランキング付けした「マイ★ベストレストラン」を公開中!

コメント

こうしてあらためて、書いたお店を並べてみると今年はあんまり食べに行けてなかったこと、書き込めてなかったことを実感します。
来年こそは食い倒れの街に住む者として、仮にレビューを書く時間がなくっても、「人生は有限!」を胸に新たな味覚との出会うべく貪欲に食べに出かけたいと思います。
もちろん健康管理にも気をつけてですけどね。

マイ★ベストレストラン

1位

(日本橋、近鉄日本橋、大阪難波 / 寿司、ふぐ、天ぷら)

1回

  • 夜の点数: 4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 4.0 ]
  • 使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999 -

2016/09訪問 2016/11/29

うまい寿司はここで喰え!『錦』

ミナミで前から行ってみたかったお店にようやく行ってきました。
食べログの「urya-momenさん」がおすすめしていたお寿司やさんで、
ブックマークしてました。

この日は平日ということもあったので、お客はいなくて貸し切り状態。
前日に呑みすぎたせいもあり、あんまり沢山は食べれなかったのですが、
それでも、硝子の器を使ったとても綺麗な盛りつけで見た目も良く、味わい良い肴や寿司に
テンションは上がりっぱなし。

で、この日いちばんのスマッシュヒットしたのが「とり貝」!
ワタを残したとり貝を握ってもらったのだが、あまりのうまさにおかわり!
大将曰く、ワタを残すのは作業が面倒なのでよそではあんまりやってないんじゃないかとのこと。
確かにあんまり見たことがないなぁと過去行った数少ない寿司屋を思い出しつつ、
依存症を発症させかねないほどのヤバいその美味さに、今日にもまた行きたい衝動が沸々と。。
他にもつぶ貝やあわびなど、貝類が鮮度よく美味かったのが、貝好きの私にはたまりませんでした。
創造するだけで脳みそが溶け出すような気がするが、きっと牡蠣なんかもシーズンにはえらいことになっていることだと思います。

お店をでて、御堂筋側に歩いて行くと、おなじみの法善寺横町があって、水掛不動尊にみんなでお水をかけて、
大阪の雰囲気も満喫できるので場所的にもおすすめのお店です。

再訪:タラの白子とふぐの白子の天ぷらを食べ比べてきました。個人的にはタラに軍配です!
今回も大量に呑んだけどまた行きます。
再訪H25.5月:天然のふぐの白子の焼いたのの甘くてとろ〜りとした食感に呑みすぎました(いつもですが)
再訪H25.7月:刺身食べ車海老の天ぷら食べて鉄火巻き食べて、緑川の生貰って呑みすぎました( ●≧艸≦)

  • こころ踊る赤提灯
  • つきだし
  • うまーい魚
  • とり貝最高!つぶ貝コリコリ!

    6

もっと見る

2位

ル・ジャルダン (四ツ橋、西大橋、心斎橋 / フレンチ)

1回

  • 夜の点数: 4.8

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 3.5 ]
  • 昼の点数: 4.5

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 3.5 ]
  • 使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999 ¥6,000~¥7,999

2011/01訪問 2011/01/14

野菜がおいしいフレンチ『ル・ジャルダン』

2011.1
今年も最初の夜フレンチで訪れました。
今回はおまかせを頼んでいつものようにワインをパカパカ。
あいかわらずの好みの味の中、アワビとエビ芋となんかの炊いたん(名前覚えてなくてすんません)のあわびのとろける食感と美味さに第3の目が開眼するかと思いました。
デザートはあいかわらず、お子様口の私には少々大人すぎるすっぱいの(女性には大人気のベリー系など)だったので是非生クリームものの復活を切に願わずにはいられません。

2010.8
ずいぶん間あいたけど再訪しました。
今回はランチで寄らせて頂きましたが、混んでました。スタッフさんも増えていた。
お腹が減っていたのでコースは魚、肉ありのBランチ3,300円を頼みました。
で、相変わらず野菜うましです。
冷製ポタージュにジュンサイの組み合わせたのしゅうございました。
やっぱりジャルダンうまい。。
料理は今回も文句なしでした。
個人的には最後のデザートはひつこいぐらいのハイカロリーのやつが欲しいですが、昨今のさっぱりブームには勝てません。。。

2010.1(いつもどうりメニュー名はうろ覚えです)
今年最初のフレンチです。
今回は日曜日の夜にうかがいました。
龍馬伝(大河ドラマ)のせいか6時過ぎにもかかわらず貸切状態でゆっくり食事できました。
お昼を食べた時間が近かったせいもあり、Bコース5,500円を頼んでワインをとっかえひっかえ。
まずはアミューズで広島産の大ぶりなカキとえび芋のトリュフのスライスのせ的なものが出てきてカキ好きな私のテンション激上がり。カキがぷりぷりでえび芋ソースもうまい。
前菜ではこの季節ならではずわいがにとアボカドの~的な野菜もりで、これが目覚めるような鮮やかな緑色に仕上がっていて、菜の花の緑、バジルソースの緑、アボガドの緑がガラスのお皿の上でバッチリ絵画的な構成をなしていて正直感動を覚えました。
その次が私の大好きなグジ(甘鯛)のうろこ焼きでポテトソースとの相性もバッチリ。ここまで肉厚な切れ身をとろうとおもったらどんなにおおきなグジだろうと思いながらうろこのサクサクとプリップリの身の食感を楽しみました。
そしていよいよメイン。
今日は鴨と和牛ロースのロティをつれと頼んで半ぶんこしました。
このメニューのうまさは不動ですね。やわらかさと表面の焼け具合のバランスがいいです。
で、間に1品はさんでデザート。
私はおもわずじっくり見てしまいました。あつあつバナナタルトのバニラアイスのせ。
写真撮らなかったのが残念なのだが、それはそれは不思議な左右対称美がそこにありまして。
サクサクのプレートに綺麗にスライスされたバナナが並んでまして、そのアツアツのバナナの上のちょうど真ん中に半卵型に置かれたつめたいアイス。
う~ん。やっぱり盛り付けって大事なんですね。
ひさしぶりに目で楽しむ作品としてある料理を認識しました。
総評としては今回もうまかったです。

2009.11
某日、やっと再訪できました。
やっぱりここのお店はやさしいうまいです。
ひさしぶりのお店で少々飲み過ぎてしまいましたが(泡・赤各1本と白グラス数杯)、鮎のコンフィうまかったです。
また近いうち来たいです。
あと、小生は酒飲みなので申告金額の半分くらいはワイン代です(夜昼ともに)。
あしからずご了承ください。

2004(初めての来訪)
どうしてここのお店と知り合ったかは忘れてしまったが、まだコルクの壁が隙間だらけのときに初めて来店させていただいたお店。
最初に頂いておいしかったのはやはり鴨、そしてデザートのケーキだった。
当時上本町のなかたに亭のマルジョレーヌにはまっていた私は最後にとどめのパンチを食らわされた。
それ以来、多いときでは月2回と伺わせていただいている。
この界隈は飲食店が多く、フレンチもあるが、私はここがダントツだと思う。
やさしそうなシェフの作り出すフレンチは日本人好みで全体的にやさしい味わい。
さらに、新鮮な野菜がうまいのだ。
最近少々足が遠のいているが、近いうちの再訪の思いをこめてコメントさせて頂きます。

  • あゆのコンフィ(オイル調理)
  • (説明なし)
  • (説明なし)
  • (説明なし)

    7

もっと見る

3位

酒中花 空心 (西大橋、四ツ橋、心斎橋 / 中華料理、四川料理、上海料理)

1回

  • 夜の点数: 4.5

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 3.4
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク 4.5 ]
  • 昼の点数: 4.0

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)
    ¥8,000~¥9,999 ~¥999

2016/10訪問 2016/11/29

がっつり中華がお好きなら『酒中花 空心』

(再訪)2015年12月6日
10周年おめでとうございます。
10周年の記念メニュー 空心流、満漢全席を堪能させていただきました。
いろいろ趣向が凝らされており、楽しい食事となりました。
空心らしい中華をこれからも楽しみにしています。

(昼)
このエリアのランチ上位の中華屋さん。もちろん夜も大人気だが、ランチはそのコストパフォーマンスの良さから輪をかけて大人気。
11時30分の開店をすぎると席は準順にうまって、12時を過ぎるとランチOLを始め近隣の会社の方で行列ができる。
ランチは日替わりでAランチとBランチの2種類。価格は税込900円均一。
味付けは全体的に濃い目だが、ごはんが進む。もちろんおかわりもOKだ。
(夜)
さて、夜はゆっくり構えて行って欲しい。中華とはいいながら安い早いうまいの中華とは少々違い、都度作られる料理は正直注文から出てくるまでの時間はお店の繁閑によってだいぶかわる。
まずはメニューだが、月代わりで5,000円、8,000円、10,000円のコースとアラカルトがある。
コースもいいが、筆者のおすすめはやはりまずは「空心特製 前菜盛り合せ!」だ。
空心自慢の前菜を人数分づつ盛り合わせてくれる。酒呑みの私には紹興酒に合わせてマストなチョイスだ。
あとは好きそうなものを2、3皿頼めばお腹はいっぱいになれます。
料理の素材はひとつひとつ吟味され、丁寧に調理されているが、味付けがしっかり濃いめなので食べ過ぎは注意。
でもうまいのでどんどん行ってしまうのが食いしん坊の性ですが(笑)
で、この日のいちばんは「台湾大根入り卵の蒸し焼きサルボ貝のあんかけ」干し台湾大根のコリコリ感とサルボ貝の食感が紹興酒と相性が良く、ついつい呑みすぎてしまった。
お酒は紹興酒からワイン、ビールと種類も充実している。特に紹興酒がいろいろあるのでこれからの時期は燗して呑むのが身体もあったまって良い晩酌になること間違いなしだ。
人気のお店なので早い時間は予約客でいっぱいのことが多いが、2巡目の時間(8時過ぎくらいから)は結構席が開いていることがあるので遅い時間は以外とすんなり入れるかもしれません。
是非一度食べに行って欲しい中華屋です。
(毎度のことですが、この日は1人で紹興酒だけで6種類と他にビールなども飲んでいるのでおそらく酒代だけで6,000円くらい呑んでいますので、それを考えると夜の参考金額はだいたい6〜7,000円くらいだと思います。)

  • 10周年 空心流 満漢全席 お品書き
          読めません( ●≧艸≦)
  • 10周年 上海蟹
  • 10周年 海鼠
  • 10周年 白小豆とキャビア

    38

もっと見る

4位

大衆食堂 瓦町ブラン (本町、肥後橋、淀屋橋 / 洋食・欧風料理(その他)、バル・バール)

1回

  • 夜の点数: 4.6

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.0 ]
  • 使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999 -

2016/11訪問 2016/11/29

ひとり呑みでも大丈夫!「瓦町ブラン」

瓦町の一角の味のある白い建物、その1階が「大衆食堂 瓦町ブラン」だ。
入り口にはあたたかみのある木の扉があり、そこをくぐるといつでも店長の気持ちよい「いらっしゃいませ」が迎えてくれる。
(〃ゝω')b
まずお店の雰囲気が楽しい。
席数20名ちょっとの欧風居酒屋的な空間にはピッタリの音楽と店長さんの明るくて大きな声、お客さんのかもし出す活気があいまってなんとも楽しい空気をつくっている。
料理はホルモン煮こみやアンチョビポテト、季節限定かきオイルなどシンプルだけど個性的な味わいの品々が楽しめるし、酒もワインを中心にリーズナブルで、さらにはお酒の飲めない人用にソフトドリンクは割安設定されているのが酒宴をみんなで楽しんで欲しいという思いが感じられる
お店は2人できりもりされてるのでちょっと混んでくると注文が出てくるのが遅かったり頼みにくかったりすることもあるが、賑やかな店内ではそんなには気にはならない。
私個人としてはフランスやスペインのバルなどを思い起こさせてくれるてゆっくりノスタルジーにふけることもできたりもするので、癒されたいときにちょくちょく足を運ばせていただいています。


※筆者はひとり呑みが多いのでお薦めのメニューもアテ系になりがちなのでご勘弁

  • 「さわ蟹のから揚げ」09夏 小学生の頃を思い出しました。これがビールにめちゃめちゃ合うんです。
  • 「アンチョビポテト」定番 ポテトのゴツ食感がたまらないアンチョビソースが効いたマッシュポテト
  • 「ホルモン煮こみ」定番 見た目以上にあっさりしてこれがまたたまらない。七味をかけてビールをギュー。
  • やきハマ〜

    11

もっと見る

5位

ラヴィリンス (西大橋、四ツ橋、心斎橋 / カレー(その他)、カレーライス、アジア・エスニック料理(その他))

1回

  • 昼の点数: 4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 4.0 ]
  • 使った金額(1人)
    - ¥1,000~¥1,999

2011/06訪問 2011/03/25

迷宮にはお宝がつきもの『ラヴィリンス』

数日分のランチレビューになりますが、とりあえず。
昼時カレー激戦区?のこのあたりでうまいカレーと麻婆豆腐を食べたければまずは迷宮に迷い込むことをお勧めする。
そこには必ず発見とお宝が待っているからだ。
『ラヴィリンス』、お店は地下鉄の四ツ橋駅を出て四ツ橋筋から一本西の道を北上するとほどなく「赤い迷路」の看板が左手に見えてくる。
ここが入口。
お店に入ると素敵なおかみさんとダンディなご主人(すごく良い意味で個性的な方)が迎えてくれる。
ちなみに私がいっつも見てしまうのはカウンターに並ぶ焼酎や日本酒の酒瓶で、呑んべぇの宿命というべきか。
初めて来た時も呑ましてもらっただけだったし。。。今日はそっちはひとまず置いておいて置きまして。

私が毎回ラヴィリンスさんが、他の店と全く違うと感じるのは、うまいごはんだ。
ふっくらしっとり炊きあがっているごはんは「カレーはご飯!派」の私には心が躍るほど。
そこにうまいカレーやら麻婆豆腐やらが乗っかっているのだからたまったもんじゃない。
で、今回レビューするのはランチメニューの下記の2品+α。

まずは

「ラヴィリンスカレー 840円」
その名の通り、看板メニューのカレーで、肉やら野菜やらそれらしい具の原型は無い物の、その凝縮されたルーは後辛のこくうまカレー。ボリュームも結構あり、これにタマネギの酢漬けとサラダがついてくるのだから満足間違いなし。
辛いのが苦手なひとは卵をセットで頼むのもいいかもしれない。

次に

「エビキーマカレー840円」
こいつがやばい。ドライタイプのカレーなのだがエビの旨味とスパイスを絡めて凝縮したちっちゃい爆弾みたいなのがごはんの上に乗っていて、なんかもう、ごはんがあるからこのカレーが生まれたのか、このカレーがいるからご飯があるのかというくらいのマッチングを見せてくれる。もちろんこちらもサラダなどがついている。

そして

「爆雷 160円」
トッピングで人気のアイテムだが、あっさりつくねにスパイスが効いていて私にはビールのあてとして存在している。

他にも、飲めると呼び声高いスパイシーな飲料麻婆豆腐丼などもあり、血行促進!脳内回路活性で昼からの仕事にやる気がでること間違い無しです(笑)
ちなみに夜はスパイス料理のおまかせをされていて、2人以上からのご予約ということもあり、なかなか行けないのですが、こっちが本業ということなので、なんとか辛旨料理で一杯を実現して夜を満喫してやろうと思います。
ほんとおいしそうなお酒があるんですよ。。なので再来店必至です。

  • ラヴィリンスカレー
  • エビキーマカレー
  • 看板
  • (説明なし)

もっと見る

6位

中村屋 (東梅田、梅田(大阪市営)、梅田(阪急) / 焼鳥、もつ鍋、居酒屋)

1回

  • 夜の点数: 4.2

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク 4.0 ]
  • 使った金額(1人)
    ¥6,000~¥7,999 -

2013/08訪問 2011/02/22

東通りをなめるなよ『博多BARU 中村屋』

とかく通常の宴会会場や安かろうまずかろうの多いイメージのある東通りでぶいぶい言わすお店『博多BARU 中村屋』。
この日は鍋を食べようと食べログって行ったのですが、鶏を中心にメニューも豊富で、さらに焼酎、梅酒の品揃えがたまらない。
平日給料日前の予約無しで6時頃にお店についたのに、すでにカウンターの一部以外は予約席の置き札が。
まずは席があってよかったとカウンターに陣取ると、一応2時間制とのこと。
とりあえずたのんだ生ビールを飲みながらカウンター内を眺めると一升瓶の他にボウモアなど洋酒もある。
焼酎はプレミア系も含めいろいろ並んでいるが、その中で嫌でも興味を惹かれるのが店長のご趣味でおいているという「眞鶴」のおっきな瓶(非売品らしい)。欲しい。。。

とりあえず博多鍋(モツ鍋)を頼み、メニューをひらいて焼き鳥など気になった物を前ページから順番に頼んでみた。
焼き鳥などは基本おおぶりの串でミディアムレアで出すところが鮮度に対する自信の現れだろう。
春キャベツのシーズンということもあって鍋のキャベツはあまく、具材のひとつである餃子の皮のうまいスープを吸っていい感じになったやつを、特製の酢醤油でいただくとこの時点ですでに病み付きに。
串ものでは私の好物の「背肝」があったのでこれも頼んでみたが、甘辛なタレに山椒の風味だろうか。いままでに食べたことのない感じで暫定2位(1位は『闘鶏次郎』さんの背肝)。
写真をとりわすれてしまったが「かっぱナンコツ」もありこれは堂々の暫定1位。
おなじく「アボカド」の串焼きは4分の1のアボカドを焼いた物だが、家でもつくってみようかと思う逸品。
そうこうしているうちにビールが空いたので焼酎へスイッチ。
「眞鶴」700円、「無濾過純黒37度」(値段忘れ)、「なかむら」(値段忘れ)とそれぞれストレートで頂戴しました。
さすが眞鶴、呑みやすさではそこらのプレミアに匹敵する。今人気がうなぎ上りだというのも良くわかります。
箸休めとして頼んだ「キュウリ和え」も豚骨スープベースで風味があっておいしかった。
2時間制の残り時間もわずかということで、いい感じで煮詰まった鍋で締めは中村屋特製の全粒粉のらーめんをいただくことに。
全粒粉のらーめんは歯ごたえもあり、特製の酢醤油につけてつけ麺風に食べるとこれだけでお店できますよ的に本当にヤバい味がする。
ラストオーダーとのことで正直お腹いっぱいだったのだが、どうしても最後に食べてみたいと欲がでて、
「砂ずりと温玉のオイル煮」(決して私が手をつけてはいけない禁断のハイカロリーメニュー)を頼み食べてみるとこれがまたうまい。スパイシーでコリコリな砂ずりに卵をからめて食べると脳内に何かおかしな物が流れる感じが。。。

もう少し星をつけたかったけど、しっかり2時間で追い出された(最初のお約束なのでしかた無いですが。。。)のと、
コストパフォーマンスは決していいとは言えない点で星4つです。
でも若鶏の唐揚げが風味が選べるなど一品メニューも充実しているのと、なによりうまかったので是非がっつり行きたいと思います。

  • つきだし
  • ささみ
  • ねぎま&背肝
  • つくね

    13

もっと見る

7位

パティスリー・パリセヴェイユ (自由が丘、九品仏、奥沢 / ケーキ、カフェ、パン)

1回

  • 昼の点数: 4.0

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)
    - ¥1,000~¥1,999

2011/07訪問 2011/07/16

チョコケーキ必食!パティスリー・パリ セヴェイユ (patisserie Paris S'eveille)

ひさしぶりにやばいケーキ食べました。
自由が丘の駅からちょっと歩いたところにあるシックな造りなお店
『patisserie Paris S'eveille』
店名にふりがなが無い(笑)大人なお店です。
店内はおやつ時ということもあってお客様がいっぱいで
生系、焼き系スイーツ以外にパンも売られていて、気分はまさにパリジャン。
店内にはイートインもあり、ケースで注文したケーキとドリンクを楽しむことができます。
今回はイートイン限定のチョコケーキやらなんやらここぞとばかりに食べたので
しっかり喫茶してきました。
店内の家具などの調度品は本場フランスから取り寄せたものなのか、とても雰囲気があって
とっても居心地が良いです。
店内キョロキョロしていると、入口のケースで頼んだケーキがドリンクと運ばれてきました。
(頼んでからケーキとかが出てくるまでは混んでるとちょっと時間かかります)
こ、これは!!!
エベレストだったかボザールだったか名前は忘れたけど、このチョコケーキうんま!!
複雑かつ繊細でチョコの良さを最大に使ったのではないかと思われるチョコケーキ!
チョコ系のケーキがあまり得意ではない私でも病みつきになりそうな美味さです。
ほんと美味かった。
あとは、定番のシューパリジャンと生クリーム系。
シューは外パリサクの中はビーンズ!薫りのいい一品でした。
予備知識がないので、状況から考えるに生クリーム系がいまひとつだったので、きっとここのパティシエさんは
チョコのスペシャリストに違いございません。
甘い余韻にひたりながら、大阪土産に(自分用)うまそうな焼き菓子とパンを物色して、沢山購入。
幸せなひとときありがとうございました。
あと、こちらのお店はどんなケーキが届くかお楽しみの、毎月ケーキが届く頒布会もされているので
そちらを利用するのも楽しいかもです。
いずれにせよ再訪確定店です。

  • (説明なし)
  • 限定(表?) うまいよ〜(涙)
  • 限定(裏?)
  • あまずっぱい

    11

もっと見る

8位

廣井堂 (西大橋、四ツ橋、心斎橋 / 和菓子、甘味処)

1回

  • 昼の点数: 4.0

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)
    - ¥1,000~¥1,999

2011/10訪問 2011/10/20

大阪名物『廣井堂の栗むし羊羹』!

大阪来たら買ってって〜(笑)
数ある大阪名物のひとつ、廣井堂さんの栗むし羊羹!
9月下旬から12月いっぱいまで例年販売されている
明治10年の創業当時から創られている歴史ある逸品だ。
私もこの時期が毎年楽しみで、近所を通るとちょいちょい買っては
食べさせていただいている。
今回は半本を購入しました。
竹皮をむくと、なんとも言えない柔らかな線をもつ羊羹があらわれます。
そして、一切れカットすると、えも言われない和栗の甘い薫りがほわっと
して、その歓喜の思いは思わず声になって笑ってしまうほど。
昔は栗は銀寄を使ってたと思うけど、今もそうなんだろうか?
さすがに栗を食べただけで種類が分かるほど口は肥えてないもので。。
そんなことはさておき、もっちもちの羊羹にほっくほくの和栗が与えてくれる至福の時間は少々普通の
和菓子からしたら高いと感じるであろう値段分の価値は十分あると思う。
もちろん、これを貰って喜ばない人もいないと思う。
(喜ばなければ無理矢理ほっぺたをひっぱり伸ばしてやりましょう)
あぁ、和菓子最高!!

  • (説明なし)
  • (説明なし)
  • (説明なし)
  • (説明なし)

    5

もっと見る

9位

京橋 二刀流 (京橋、大阪城北詰、大阪ビジネスパーク / 居酒屋、魚介料理・海鮮料理、創作料理)

1回

  • 夜の点数: 4.2

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク 4.5 ]
  • 使った金額(1人)
    ¥8,000~¥9,999 -

2013/03訪問 2010/03/15

酒好きだよ全員集合!『京橋 二刀流』

いやぁ、さすがは京橋。
♪京橋は、ええとこだっせ、二刀流がおまっせ!♪
て感じのお店です。
少々お値段はしますが日本酒、焼酎、ワイン、梅酒など酒のメニューが充実しており、しかも肴がかなりいける。
酒には酒の、ワインにはワインのご担当がいるらしく、話をきくとどちらの方も相当お好きなご様子。
こういう店はおもしろい酒が飲めるもんです。
1杯120mlで設定されていてお酒を飲むにはおしゃれなグラスに入れてくれます。
お酒はメニュー以外にも盛りだくさんで、お店の方にいうといろいろお勧めしてくれます。
今回はにごり2種、青森から大分まで清酒合計7種ほどをつまりほぼ1升呑んでしまいました。
(帰りにお店の方が「たくさんありがとうございました」って言うてたw)
肴は突き出しの前菜2種、岩牡蠣、寒ブリなどお造りの盛り合わせ、つぶ貝の煮付け、カキフライ、炙りたらこ、鶏肉のグリルのやつなど
今回特に堪能させていただいたのはプリップリの「的矢のかき」だ。
カキフライは非常に珍しい竜田揚げ風。
素材の食感を損ねないこのカキフライは初体験でさらにオリジナルのタルタルがうまかった。
遅い時間の来訪だったがそれでも席はうまってましたね。
ちなみに、利用金額は酒呑み仕様ですので3,000円くらいは呑まなければ変わるんじゃないかなw。

  • (説明なし)
  • 突き出し
  • かきとにごりと酔う私
  • 日本酒三昧

    7

もっと見る

10位

ル・ピノー 北堀江本店 (西大橋、四ツ橋、西長堀 / ケーキ、カフェ)

1回

  • 昼の点数: 4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)
    - ~¥999

2011/02訪問 2009/11/04

北堀江のケーキ屋さん代表『ル・ピノー』

北堀江にある人気のケーキ屋さんル・ピノー
特筆すべきはやはりスポンジと生クリームの絶妙なショートケーキだろう。
最近ようやっとリニューアルオープンされて店内もすごいきれいになった。
昔はカフェを併設したぬくもりのあるお店だったが、今回はクリアなイメージで相当洗練された雰囲気になっていた。
阪神百貨店に出店してから急成長して、あっという間に拡大、リニューアルされたのだが、うれしいのは地元を大事にされている姿勢だ。
店内には数々の北堀江などお店周辺に馴染みのある名前のついた焼き菓子やケーキが並び、ここを中心にやっていくという感じが、私にはとてもうれしい。
押してるやなんかは某お菓子に見た目が似てるが、そのミルキーさはまったく別物だ。
「ケースを端から端まで1個ずつ入れてください」と言えるその日が待ち遠しい。

  • おやつ
  • どっかで見たことある?
  • 櫻(期間限定)
  • みんな大好きロールケーキ

    5

もっと見る

ページの先頭へ