『生没年表:アールヌーボー・アールデコ 関連』コロコロさんの日記

コロコロのレストランガイド

メッセージを送る

コロコロ

日記詳細

絵師や画家が生きた時代を俯瞰する際に、
人物の生没年表を自作できると、その関係性が明らかになって便利だと思い、
簡単に作成できるフリーソフトがないか探していたのですが、
どうも、思うようなものがなく・・・・

調べていたらエクセルを使って自作できることがわかりました。




excelでよく教科書に載っているような生没年・・(YAHOO! 知恵袋より)


下記のような表を作成

  【A列】  【B列】  【C列】  【D列】
------------------------------------------------------
1  名前    生年   享年    没年
        (西暦) =D1-B1  (西暦)
 

表範囲選択   A~C列

挿入→グラフ→横棒[積み上げ横棒]


作成されたグラフの 系列1【生年】を右クリック
 →データ系列の書式設定
  → 塗りつぶしなし・枠線なし


■作成のポイント
横棒[積み上げ横棒グラフ]を利用すること。←この着眼点が見事!
・【B列】+【C列】の積み上げ横棒グラフを作成 つまり
・【生年】+【享年】の棒グラフを横に積み上げたグラフができる
・【生年】の棒グラフ部分を「塗りつぶし」を「なし」にしてブランク
   ↑  この発想がすごい!
・【生年】年数は、【データラベル書式設定】で【ラベルの位置】を【内側上】に
   ↑  これ、自分で考えました
【D列:没年】も積み上げグラフにしてブランクにし、
 【データラベル】を【内側軸より】にすると、棒グラフの横に没年が表示
   ↑  ここも私が・・・・ ←ちょっとこれはすごいかも! 自画自賛 (笑)


■表示順が逆になる
積み上げグラフの【A列】の人物が、なぜか逆になる。
何度やってみても・・・・
この原因がどうしてもわからず、部分ソートしたり、
昇順、降順を変えたり、いろいろ試すも
最後は、逆順に並べ直すしかないか・・・と思ったところに光明が!


ネットで調べると指南してくれている人がいます。

横棒グラフの項目の順番が逆!
そんな法則が、横積みグラフにあったとは!

かくして自作【生没年表】の完成!


■「アールヌーボとアールデコ」の「工芸作家」と「朝香宮邸」&「モード」
アールヌーボとアールデコの時代の代表的な工芸作家
「ガレ」「ドーム兄弟」「ラリック」「ティファニー」の生没年の関と、
そして「アールヌーボ」と「デコ」の時代をどう生きたか
電球の発明はどんな位置関係にあるのか・・・・

また、フランスでアールデコに影響を受け、
帰ってきてから建築された朝香宮邸とアールデコ、照明の関係は?

さらに、今回、訪れた「モードとインテリアの20世紀」デザイナー
生没年を加えアールヌーボーとデコとの関係性を一覧にしたのが、上記の画像です。


このような「生没年表のひな形」があると、自分の興味のあるジャンルの
人物の生没年を入れるだけで、時代との関係性が一目でわかります。


苦労してやっと出来上がったのですが、
生没年グラフ作成ツール (JavaScriptのページ)
完成後にみつけてしまいました。
これで、お手軽に生没年表が作れそうです。



それにしても、なんとかとハサミは使いよう・・・・
道具は使いようなんですね。

エクセルで簡単に(ではありませんでしたが)生没年表を
作成できてしまいます。

自作だと追加で項目を足したり、文字を入れたりできるので、
汎用性はあるかも。


■白熱電球の発明による照明の違い
アールヌーボー時代の照明、アールデコ時代の照明。
白熱電球が発明されてからその普及のスピード。
日本とフランスの違い。などを考慮しつつ、
アールデコ時代の照明空間の再現、体感できる場所として
旧朝香邸、庭園美術館にあったのでした。

現在、開催されている「アール・デコの花弁 旧朝香宮邸の室内空間」
はとってもタイムリー。
「クリスチャン・ボルタンスキー アニミタス-さざめく亡霊たち」
も豊島でボルタンスキー作品を見てきたので、興味はいっぱい。
予習的なまとめも兼ねて、いい機会なので作成してみました。


【関連】
「顕微鏡」「写真」「電球」の発明と美術への影響(覚書)
ページの先頭へ