quadriforioさんが投稿したラ・ブリーズ(栃木/那須町その他)の口コミ詳細

quadriforio's thatness, and thereness

メッセージを送る

この口コミは、quadriforioさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。 問題のある口コミを報告する

ラ・ブリーズ那須町その他/フレンチ

1

  • 夜の点数:5.0

    • ¥20,000~¥29,999 / 1人
      • 料理・味 5.0
      • |サービス 5.0
      • |雰囲気 5.0
      • |CP 5.0
      • |酒・ドリンク 5.0
1回目

2010/09 訪問

  • 夜の点数:5.0

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス5.0
    • | 雰囲気5.0
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク5.0
    ¥20,000~¥29,999
    / 1人

Trois chaises -IV-

大切な二期倶楽部。複数泊させて頂くと、単泊では垣間みる事の難しい事柄が沸き立つ泉の様に粛々と溢れ出してきます。豪華絢爛である事が二期倶楽部の象徴ではないように、静けさと、漆黒の闇と、質素な森の中での生活と三つの椅子(孤独、友情、社交)が用意されております。

ラブリーズは、にき倶楽部1986(本館)のレセプション、ライブラリ、リキュールルームの集まる建物の一角に佇む空間。こちらでは、エグゼクティブシェフのMさんとシェフのIさんとスーシェフSさんの手から繰り広げられる、和食の朝食と夕食に"にきキュイジーヌ"を堪能する事が出来ます。

夕食の開始時間に向け、ドレスシャツ、ジャケット、パンツ、ドレスシューズに身を包み、タイドアップを済ませ、一路約束のテーブルへ足を向けます。建物の構造上出入り口となる2Fより建物の扉をくぐると心地良い笑顔と共にレセプションのスタッフの方が出迎えて下さいます。階下1Fに繋がる階段を歩みつつ、スタッフの方々と暖かいご挨拶を交わしつつメインダイニングのラブリーズへ進みます。季節が宜しい時分でしたら、テラスにテーブルを頂き、目の前の二會川のせせらぎに耳を傾けつつ過す事も素敵な選択の一つであると思います。
一日目、ムニュ(アミューズ、前菜、スープ、お魚、お肉、リゾット、デセール(or フロマージュ)、カフェとミャルディーズ)で2時間以上タップリとお食事を楽しんだ後の二日目、更にムニュをお願いすると全く異なるセカンドムニュをご用意下さいますのでこちらもタップリ2時間以上満喫する事が出来ます。勿論の事、アラカルトも豊富に用意されておりますので、三日間以上ゆっくりと一つのレストランを楽しむ事が出来ます。お料理は地産地消を主体に敷地内プライベートガーデンのお野菜、お肉、お魚の豊かな自然の恵みを満喫出来ます。ワインリストは、フランス産ブルゴーニュとボルドーを主体に、フランス各地方の品々を楽しむ事が出来ます。更に、日本の優れた生産者の方々のワインをも堪能する事が出来ます。

朝食は、始めに、ワゴンサービスで提供下さる、敷地内プライベートガーデンお野菜、フレッシュジュース等のベバレッジ、スパークリングワインを頂いておりますと、注文を聞いて下さってから炊いて下さるご飯(白米、お粥、変わりご飯)と共に、楽しみな和朝食の数々を堪能する事が出来ます。朝食も一時間以上ゆっくりと時間を掛けて二期の森の花鳥風月を愛でながら一時を堪能されると素敵な1日の始まりになる事と思います。

2010/11/23 更新

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ