『出張の合間に息抜きをしています。』rural196さんの日記

rural196の味覚ガイド

メッセージを送る

rural196 (40代後半・男性)

日記詳細

本日、静岡でゆっくりと過ごしました。
土曜日と月曜日に静岡で仕事があるため、日曜日が谷間となりました。
本来なら自宅に戻るのだが、旅費や移動疲れのことを考えて、そのまま静岡に滞在した。

とはいえ、全く遊んでいたわけではなく、
貯まっている仕事を片付けているうちにいつのまに15時頃になっていた。
せっかく、静岡に来ているのだから、せめてどっか散策したいと思い、
「駿府城」に出かけた。

もっとも、今は天守閣等はなく、駿府公園として、市民の憩いの場となっている。
門等が復元されており、東御門の巽櫓が資料館として整備されていたので、そこにでかけた。

展示物は、模型を中心に城の成り立ちや城下町づくりについて紹介されており、それなりに面白かった。
が、一番興味を引いたのは、産業の成り立ちのコーナーだった。

徳川家康が隠居して、駿府城で采配をとっていたころ、
改築等を行うため、全国の名工を集め、作業に取り組ませた。
そのコーナーでは、徳川家康が呼び寄せた名工たちの技を伝承していく形で、
様々な技術が昇華していき、現在の静岡の各産業の基盤となったという解説になっていた。

多くの歴史資料館では、発掘された遺物等を踏まえ、当時栄えていたことが紹介されることが多い。
しかし、駿府城の資料館では、現在にいかにつながっているかが紹介されており、
非常に興味深かった。

たしかに、京都など、歴史ある街では昔からの技術を発展させて一流企業に成長した会社が多い。
歴史を振り返る大切さを改めて感じた1日だった。
ページの先頭へ