akiiさんが投稿したアートアクアリウム(東京/三越前)の口コミ詳細

今日の口福に感謝

メッセージを送る

akii (女性・福岡県) 認証済

この口コミは、akiiさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。 問題のある口コミを報告する

アートアクアリウム三越前、新日本橋、日本橋/ラウンジ、バー、立ち飲み居酒屋・バー

1

  • 夜の点数:3.5

    • [ 料理・味3.5
    • | サービス3.5
    • | 雰囲気4.8
    • | CP3.5
    • | 酒・ドリンク3.5
  • 使った金額(1人)
    ¥5,000~¥5,999
1回目

2014/08訪問

  • dinner:3.5

    • [ 料理・味3.5
    • | サービス3.5
    • | 雰囲気4.8
    • | CP3.5
    • | 酒・ドリンク3.5
    使った金額(1人)
    ¥5,000~¥5,999

会期あと10日です◆アートアクアリウム 2014~江戸・金魚の涼~&ナイトアクアリウム

東京都中央区日本橋室町2、アートアクアリウム2014~江戸・金魚の涼~&ナイトアクアリウム。
現在、コレド室町5Fで行われている、新感覚の水中アート展覧会。
和をモチーフとした水中世界のアクアリウムに、LEDライティング、プロジェクションマッピングなどの最新演出。
幻想的な世界で、涼や日本美を体感することが出来ます。

・会場「日本橋三井ホール」コレド室町5階(入口4階)。
・会期2014年7月11日(金)~9月23日(火・祝)。会期中、無休。駐車場なし。
・開催時間11:00~23:30(アートアクアリウム11:00~19:00、ナイトアクアリウム19:00~23:30、最終入場23:00)。
・入場料(税込)当日一般1,000円、子供(小学生以下)600円、3歳以下無料。小学生以下保護者要同伴。
19:00~音楽や照明の演出が変わり、ドリンクを片手に楽しめる。飲み物の注文は任意。
22:00以降は未成年者入場不可。

展覧会の会期も、残り10日となりまして。
都内の者ではないにせよ、レビュー順の優先で持ってきました。

怪しい幻想的な世界と、日本の涼感覚に惹かれて立ち寄り。
折角だから、お酒の飲めるナイトアクアリウムの時間帯に。
コレド室町の4階から入ります。
日本橋三井ホール。
混むことを想定されていて、チケット売り場は行列空間が作ってありましたが、平日の夜は混んでませんでした。
写真は最初の2枚以降、時系列に並んでます。

◆入場券 1000円

チケットを買い、会場へ。
アクアリウムの入口には大きな暖簾。
総合プロデュース木村英智さんの名前をとってか、暖簾には「木村家」と。
暖簾をくぐると金魚をイメージした、イタリアのヴェネチアンガラスアートの最高峰VENINIとの共同作品が出迎え。
その先は幻想的な世界が続きます。
約5000匹の金魚が、江戸情緒を感じられる水中空間を艶やかに優美に舞ってます。
どの作品も、金魚・金魚・金魚。
珍しい種類も居て、鑑賞しごたえあり。
幻想的な世界に酔うもよし、夜はお酒に酔うもよし。
一番広い空間に出ると、一つ目のドリンクコーナー発見。
先ず、1本。

◆シンハービール 800円

ラッパ飲みしつつ、鑑賞を続けます。
20時。まだ子供さんも鑑賞してます。スマホなどで金魚の写真を撮ってます。時代ですね~
外国人の方もカメラを向けてます。
仕事を終えてデートされてる方々も。
そして、祭りのように浴衣女子が多い。
着る場所を求めてらっしゃる?
と思っていたら、後程ポスターを見つけました。
同期間、ゆかた・アートアクアリウム特典があるそうです。日本橋中の214店舗が参加。
浴衣着用、または「アートアクアリウム2014」の入場券を提示で、限定サービス・プレゼントあり。
風鈴が飾ってあるお店が目印だそう。

鑑賞も最後のコーナー。
ビョウブリウムⅡは、金魚の入った屏風型水槽と四季を表すプロジェクションマッピングがとても綺麗。
人が多くて近づけません。
その対面に大ブレイクしている山口の酒蔵、獺祭のバーが。
アクアリウムの中に、お酒を出しているコーナーは2つ。
カウンターですが、こちらには5席あり。
こちらの席は空いたので、こちらで二杯。

◆モエ・エ・シャンドングラス 1500円
◆獺祭二割三分グラス 2000円

抜栓から時間がたってるのでしょう。モエは発砲が微弱になってました(泣
二割三分は遜色なし。

この雰囲気作りは凄いですね。
異空間に酔いしれます。

十分な時間をアクアリウムで過ごし外へ。
会場フロアでも、特設の昼カフェ・夜バーがあり、席数は多くないですが、それなりに楽しめるよう。

このアクアリウムとは上京タイミングが合い、2008年の六本木ヒルズの時から体験しています。
回数ごとに良くなって、今年は昨年よりも盛況なようですね。
金魚の維持が大変そうではありますが、とても綺麗。
エンターテインメント性の高い、大人の空間。
「江戸・金魚の涼」をテーマに、日本人に親しまれてきた金魚にスポットを当て、ファンタジーかイリュージョン。
江戸情緒を感じられる水中空間は、艶やかで優美です。
エンターテインメント性の高い大人空間の演出、楽しんで来ました。

  • 獺祭 二割三分 グラス 2000円

  • アクアリウム内のバーカウンター

  • アクアリウムの入口は大きな暖簾

  • (金魚)イタリアのヴェネチアンガラスアートの最高峰VENINIとの共同作品

  • (ボンボリウム)雪洞。アクアリウムを照明に見立てた作品

  • (ボンボリウム)移り変わる光

  • (金魚品評)円筒の上から金魚を愉しむ作品

  • (金魚品評)実際、金魚品評をするのに適したデザイン

  • (クロスオーバーアクアリウム)平面とギザギサの断面を持つ菱形の作品。二面性のある見え方

  • (エレガンスダンス)華魚撩乱。階段形式展示

  • (大奥)巨大金魚鉢。幅3m複合的作品

  • アクアリウム内でシンハービールを買う。800円

  • (アースアクアリウム・ジャポニズム)地球儀をイメージした巨大水槽の中は錦鯉

  • (アースアクアリウム・ジャポニズム)移り変わる色

  • アースアクアリウム・ジャポニズムを囲むカウンター。ここで暫く立ち見する人多し

  • (アースアクアリウム・ジャポニズム)浴衣美女多し

  • (アースアクアリウム・ジャポニズム)移り変わる色 

  • (アースアクアリウム・ジャポニズム)ハードは違えど場内撮影率90%

  • (金魚コレクション)ブロードテール琉金

  • (金魚コレクション)隼人

  • (金魚コレクション)琉金

  • 混雑すれども幻想的

  • アクアリウム内バーカウンター(ビョウブリウム前)

  • 獺祭バーは5席のカウンター

  • メニュー

  • モエ・エ・シャンドン グラス 1500円

  • 飲みませんでしたが、招徳「夏の戯れ」小瓶240ml 1300円は、夏らしい可愛いボトル

  • (ディスプレイアクアリウム)水槽にアイテムが飾れるようになっています。この水槽には獺祭の瓶が…

  • (ビョウブリウムⅡ)12面屏風にプロジェクションマッピングで花鳥風月。大人気で近寄れません

  • バーカウンターから見るビョウブリウム。人の後姿を見ているようなものですが…

  • ビョウブリウムⅡ

  • ルールを守って撮影可

  • ホール内。カフェとバーが入れ替わりで

  • 限定ドリンク。金魚味(ではない)のような気がして手が出ない(笑

  • 日本橋三井ホール

  • コレド室町5階(入口4階)

  • コレド室町入口

  • 2008年夏、六本木ヒルズで開催されたスカイアクアリウムⅡ

  • 2008年夏、現在に繋がるデザインはもうすでにありました

  • 2008年夏、屏風は6枚でプロジェクションマッピングが世に出てない頃

2014/09/14 更新

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ