KOUJI328さんが投稿したあんどりゅ。(愛知/上前津)の口コミ詳細

『安い、うまい・・・できたら腹いっぱい』

メッセージを送る

この口コミは、KOUJI328さんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

あんどりゅ。上前津、矢場町、大須観音/かき氷

1

  • 昼の点数:3.8

    • [ 料理・味4.0
    • | サービス3.3
    • | 雰囲気2.9
    • | CP2.9
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ~¥999
1回目

2016/09訪問

  • lunch:3.8

    • [ 料理・味4.0
    • | サービス3.3
    • | 雰囲気2.9
    • | CP2.9
    • | 酒・ドリンク-
    使った金額(1人)
    ~¥999

「しおきゃらめるおし」一押し、が食環境は…。

画像ブログ⇒「http://kouji328.blog59.fc2.com/blog-entry-3312.html

いい天気で30℃近い5月の土曜、かき氷でも食べようってことで、万松寺通、松屋コーヒー斜向いの裏路地、コメダの対面にある「川久」へ。当然の大行列って思ったら該当建物にはシートがかかっててガラ~ンとした裏路地。えっ?どゆこと?路地違い?いゃここだ…あっ、多分、ステーキハウス橋本だ!4月に燃えたの、ここまで影響したのか。
http://ringosya.jp/nagoyacity-oosu-kaji-hashimoto-25041
http://ameblo.jp/okimuk3/entry-12148321838.html

HP:「http://ameblo.jp/kooriya333/entry-12096619386.html」ん?川久本店営業、2015年11月1日完全終了。「来年の夏はまだ未定ですが大須のどっかでやりますね」。なぁんだ、そゆこと。でももう6月近く、早く告知してくんないきゃぁ。ってことで「川久」断念。でも元々、女房が行きたがってたのは「あんどりゅ。」。「川久よりこっちの方が旬だし、却って良かったんじゃない」?だと。

「川久」と違って通年営業の行列必至のかき氷屋で、見逃したけど、「マツコの部屋」でもマツコ大絶賛だったんだって。ちなみに東京かき氷コレクション2016で、日本かき氷協会が、全国約2000店舗の中から、トップ3に選抜した店ってことで有名なんだって。

で大須通り赤門交差点、りそな銀行と、なか卯(左隣にヨコイが新規出店)に挟まれた「合点承知」って大きい垂れ幕のかかったビルB1F。でっかい綿菓子(大須だねぇ直ぐパ×る)を舐めてるJK連れを避けて、歩道直結の階段を降りるとすぐ右手。

14:20、何だ、てっきり行列だと思ったら全く並んでないじゃん。でも、狭!ちらっとのぞくと、店主がカウンター上のかき氷機で氷を削ってて、向い合わせカウンター3席、壁側4席、全7席。半端な空間利用の極小激セマ店。と女性スタッフ、「満席ですのでこちらでお待ちください」と、降りて来た階段とは別の奥階段下スペースに誘導。急繕いされた待機スペース。

簡易な長箱イス上に置いてあるプレートメニュー。本日のメニュー、ちぎったマスキングテープにマジック書きがボード貼り。

いちご・もも・キャラ巻・さくらもち・黄金糖(アレ)・こうちゃ・まっちゃ・しおきゃらめるおし・てらみす・でらまっちゃらて・黒ごま団子。売切れ表示に、かぼちゃ・杏仁豆腐・新たなる本気のいちご・あーいほうじ茶(これ)。ALL700円、トッピングしらたま100円・あんこ100円・れんにゅう0円。

どれにすっか、でも2人で1400円かぁ(今時普通だけど)って思ってると、どうやら同じことを考えた女房、「2人で1つでもいいですか」?って店内を覗き込んで聞いてやんの。さすがに申し訳ないとは思ったけど、気さくそうな店主、嫌な顔1つせず「いいですよ~」。

と次の客…あらら新規客がゾロゾロ降りて来た。あっと言う間に待ち客10人以上。何人組か確認しながら、「(奥)階段に沿って(昇って)並んでください」と女性スタッフ。なるほど、俺達が来たのはたまたま谷間の時間だったんだね。

こんなんだったら、折角だから、2人分、普通に頼むか(現金だねぇ)って算段してると「次のお2人様」。この間、5分未満、ラッキー。本当に狭い店内、空いてる壁際奥からかける。がカウンター目の前に、大きな邪魔くさいコンセントプラグ。写真が撮り辛いけど、まぁ仕方ない。

「おしぼりどうぞ」、袋から半分出したのを差し出しながら。※ぼろぼろ、器からこぼれがちだから、おしぼりは必須アイテムか。注文は女房任せ、あれこれ悩んでたけど、「でらまっちゃらて」と、マツコお奨めの「しおきゃらめるおし」で注文。

勿論、注文を受けて、都度、氷削り。他の人気店同様、こだわり氷に自家製シロップ。まず出て来たのは、平日限定だったのが定番になった■「でらまっちゃらて」。氷が溶けにくい釜めしの土鍋に、てんこもりの抹茶シロップのかき氷。その上にまっ白なホイップ(エスプーマ?)クリームを垂らして、パラっと粉末抹茶ふりかけ。

端っこがお膳に崩れ落ちてるかき氷…半分演出だろうけど、生理的には気に食わない。それにNET画像から想像したよりは1回り小さいかも。スプーンが変わった形なんだ。独特な曲がり具合で、右手に持って右奥からすくう用なのか左手で手前からすくう用なのか。キーンとならない優しい削り具合、何よりムース状のクリームが美味しい。崩したカキ氷にクリームも添えて食い進む。77点。

次いで★「しおきゃらめるおし("おし"って何だ?)」。白いムースクリームのかかった白いかき氷に、キャラメル色のソースがけ、オヤジのバーコード頭状態。ん!?こりゃ美味い。美味しいクリームに塩で引き締まったキャラメルソース。削り氷とのバランスも丁度いい。マツコもこれを食べたらしいけど、納得の80点。

んで交互に食べてると、さっきの抹茶ラテが吹っ飛んじゃった。「しおきゃらめるおし」が美味しいからだけど、抹茶ラテ評価ダダ下がり、75点に下方修正。ただ塩キャラメルも、クリームが美味しいからってトッピング多めに食べ進めちゃうと、後半、氷メインになってちょぃ水っぽい。そっか、ここで無料の練乳が後がけ出来たら、按配とか気にしないで食べられていいのかも(可否は聞いてない)。

ん、トッピングクリームの良さが決め手のカキ氷(氷もいいんだろうけど)、美味しい。けど700円って考えたら、窓なし地下だから余計、食環境が微妙なのが引っかかっちゃう。それに今回はたまたま直ぐ食べられたけど、1時間とか並ぶようならリピートはどうかな?

「しおきゃらめるおし」80点、コスパ-1、環境-1、78点。って女房にふると、「えぇ?美味しかったから、また来たいよ」。そっすね。ガキと女房、気に入ってる「相生」や「柴ふく」には何度も行ってるから、ここも仲間入りか。その時は、塩キャラメルと、今回、選ばなかった「てらみす」辺りを食べるんだろう。

  • 「しおきゃらめるおし」・「でらまっちゃらて」700円

  • 「しおきゃらめるおし」700円

  • 「でらまっちゃらて」700円

2017/03/19 更新

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ