「アスパラ」「蛍烏賊」「筍」 春の食材が素敵やぁ : トラットリア・アルモ

旬の魚介や野菜味わう贅沢イタリアン

トラットリア・アルモ

(trattoria almo)

公式情報

お店の営業情報は店舗関係者によって公開されています。

この口コミは、urya-momenさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

urya-momen

urya-momen(2634)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]大阪府

5

  • 夜の点数:4.0

    • [ 料理・味4.0
    • | サービス4.0
    • | 雰囲気4.0
    • | CP3.5
    • | 酒・ドリンク4.0
  • 使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999
5回目

2019/04訪問

  • dinner:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999

「アスパラ」「蛍烏賊」「筍」 春の食材が素敵やぁ

4月のプレミアムフライデー!!

「美味しいアスパラガスが入荷しました」
という案内ハガキをお店から貰っていたんです
初夏の美味しいアスパラガスが食べたい!!
プレミアムフライデーの呑み歩きの最後の〆は
このアスパラガスにしようと決めていたんです♪
ということで、ミナミの錦を後にし・・・
和泉中央駅に移動し、やってきましたアルモさん♪

●食べた料理について

まずは、ドリンクをオーダーする
この日は「ビール」と「日本酒」を
呑み続けたので、もうビールはいらないなぁ・・・
となると、イタリアンだし・・・
オシャレ(?)に「泡」ですかねぇ?(ww
キーーーンと冷えた泡はスッキリとして
シュワシュワ感もええ感じやぁ

■アスパラガス シンプルボイル■
 アスパラガスは北海道の「うちやま農園」さんの
 グリーンアスパラガスだそうな・・・
 問題はどうやって食べるかですが・・・
 お店のシェフと相談した結果
 シンプルに茹でただけが一番美味しい
 ということで、今回は「シンプルボイル」で食べる
 お皿には「グリーンアスパラガス」が一本のみ!!
 なんともシンプルなビジュアル!!(ww
 一応、味付け用として
 「塩、胡椒、オリーブオイル、パルミジャーノ」が
 別途付いてます
 では、食べてみましょう・・・
 まずは、塩だけかけて食べてみる
 瑞々しく歯ごたえがシャクシャク!!
 そして、アスパラガスの香りと風味がしっかり
 うん、味は・・・普通にアスパラガス!!
 って当たり前か・・・(ww
 そのあと、オリーブオイルやパルミジャーノも
 かけて食べてみた・・・
 個人的にはオリーブオイルをかけるのが好きかなぁ
 あと、アスパラガスの部位的には
 「穂先」も柔らかくてもちろん美味しいんだけど
 個人的には「根本」部分の方が歯ごたえがよく
 好みかも・・・

■蛍烏賊のブルスケッタ■
 ふぅ・・・目的のアスパラガスは食べた・・・
 ということで、本日の目的は達成!!
 ただ、さすがにアスパラガスだけ食べて帰る
 っていうのもねぇ???
 ということで、軽めな酒のアテをお願いしてみた
 出てきたのは、今が旬の「蛍烏賊」
 身がパンパン詰まった蛍烏賊はプリッと!!
 ニンニクの利いたトマトの風味と
 カリカリのバゲットによく合いますわぁ
 うん、間違いのない味ですねぇ
 蛍烏賊に合わせて
 シェフにワインを選んでもらった
 2杯目はロゼワイン♪ 

■筍と玉子のオーブン焼き■
 「泡、ロゼ」と来たら・・・
 「白ワイン」も呑みたいよねぇ!!(ww
 シェフ、オススメの白ワインプリーズ!!
 合わせて、軽めな酒のアテもお願いします!!
 出てきたのは「筍と玉子のオーブン焼き」
 春の食材は続く・・・(ww

 ナイフで割ると半熟の玉子の黄身が流れ出る
 おおおっ・・・ビジュアルがすげぇ!!
 食べると筍はシャクシャクの良い歯ごたえで
 筍の風味もしっかり
 そこに、玉子の黄身の濃厚な味と
 オーブンで焼かれてカリカリなチーズも
 ええ感じやぁ・・・
 あと、酔っぱらいでうろ覚えですが(^^;
 トリュフオイルの香りもしてたかと(ww 

■ラム肉のタルタルステーキ■
 「泡、ロゼ、白」・・・と来たら
 やっぱり「赤」も呑むよねぇ(ww
 ふはははっ!!
 赤ワインに合わせた軽めの酒のアテもプリーズ!!

 出てきたのは
 串に刺さった小さなラム肉
 すいません、正式な料理名は不明です
 シェフから説明されたと思うんだけど
 メモを取り忘れてました(w
 ラムを細かく叩いたミンチを固めて
 串に刺して焼いたもの
 見た目はシシカバブみたい(ww
 食べたら、結構弾力があって
 めっちゃ肉々しい食感!!
 脂もあってジューシーさもあり
 ラム特有の羊の香りがふんわりと香る
 あと、少しスパイシー
 うん、これはまさに赤ワインのアテやぁ(ww

■カルボナーラ■
 お酒を呑みすぎて満腹中枢が破壊されたのか
 さらにパスタを食べようとする私・・・(ww
 最後の〆に濃厚なチーズソースが
 食べたいんですよねぇ
 定番のゴルゴンゾーラペンネにしようかと思ったら
 シェフから
 「カルボナーラを濃厚にするのもオススメです」
 と提案されてしまった
 シェフのオススメは食べるよねぇ♪
 ということで、カルボナーラをスモールサイズで
 極限までチーズを濃くして作ってもらいました♪

 出てきたカルボナーラは
 最後の仕上げに、チーズを削ってかけるんですが
 もちろん、これでもか!!
 っていうほど、たっぷりとかけられる(ww

 では・・・食べてみましょう・・・
 まず、ソースが卵黄とチーズで
 めっちゃマッタリ!!
 おおおおっ・・・・すんげぇ濃厚!!
 でも、ブラックペッパーもしっかり利いており
 ピリッとしたペッパーの辛味が濃厚さを抑えてます
 うん、ええやんええやん!!
 また、具のベーコンが凄い!!
 めっちゃ分厚く大きいんです
 綺麗な焼き目も付いて
 ビジュアルはベーコンステーキ(w
 それが2枚どーーーんと乗っている
 このベーコンはブリッブリで
 脂もあって、スモークの香りもしっかり
 むはぁ・・・ベーコンも美味しい!!
 おおっ、お腹は一杯だけど
 バクバク食べれてしまうわぁ(www

 となると・・・ワインが足りません!!(ww
 超濃厚なカルボナーラに合わせて
 どっしりとした赤ワインをシェフに選んでもらう♪

●最後に

4月のプレミアムフライデー!!
この日・・・最後のアルモさんでは・・・
軽くアスパラガスを食べて呑むつもりでしたが
結局・・・呑んだお酒は・・・
「泡1杯、ワイン4杯、食後酒1杯」(ww
そして、お酒に合わせた、酒のアテも
ポーションは小さいながらも
5品も食べてしまった・・・(^^;

翌日からGWが開始して休みという安心感もあり
タガが外れたのか・・・
仕事で溜まった鬱憤を晴らすかのように
食べまくり、呑みまくりの〆になってしまった
まぁ・・・朝はガッツリと食べましたけど
2軒目~3軒目は「たこ焼き」で
4軒目は、「とり貝」だけやしねぇ???
1日全体の食べた量として考えると・・・
それほどびっくりする量でもないのかな???
意外と食べられるもんです(www
ちなみに、お会計も・・・諭吉越え・・・(^^;
まぁ・・・そういうこともあるよねぇ?

こうして、一足早いGWの初日の夜は
更けていくのであった・・・
ごちそうさまでした!!
明日からは・・・「少し」大人しくしよう(ww

  • トラットリア・アルモ - お店 外観

    お店 外観

  • トラットリア・アルモ - 北海道うらやま農園さんのグリーンアスパラ

    北海道うらやま農園さんのグリーンアスパラ

  • トラットリア・アルモ - 北海道うらやま農園さんのグリーンアスパラ & 泡

    北海道うらやま農園さんのグリーンアスパラ & 泡

  • トラットリア・アルモ - 北海道うらやま農園さんのグリーンアスパラ

    北海道うらやま農園さんのグリーンアスパラ

  • トラットリア・アルモ - 蛍烏賊のブルスケッタ

    蛍烏賊のブルスケッタ

  • トラットリア・アルモ - ロゼワイン

    ロゼワイン

  • トラットリア・アルモ - 筍

  • トラットリア・アルモ - 筍 & 白ワイン

    筍 & 白ワイン

  • トラットリア・アルモ - 筍に合わせた白ワイン

    筍に合わせた白ワイン

  • トラットリア・アルモ - 筍に濃厚な玉子の黄身が合うんだぁ

    筍に濃厚な玉子の黄身が合うんだぁ

  • トラットリア・アルモ - ラム肉のタルタルステーキみたいなの

    ラム肉のタルタルステーキみたいなの

  • トラットリア・アルモ - ラム肉 & 赤ワイン

    ラム肉 & 赤ワイン

  • トラットリア・アルモ - カルボナーラにチーズをたっぷりかける

    カルボナーラにチーズをたっぷりかける

  • トラットリア・アルモ - カルボナーラ

    カルボナーラ

  • トラットリア・アルモ - カルボナーラに合わせた赤ワイン

    カルボナーラに合わせた赤ワイン

  • トラットリア・アルモ - 食後酒

    食後酒

4回目

2018/07訪問

  • dinner:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥8,000~¥9,999

今年も「北海道礼文島の塩水雲丹」を使った「冷製パスタ」が食べたい!!

土用の丑の日にミナミにある私の行きつけの
某お寿司屋さんで呑んでいると
アルモさんのシェフからメッセージが送られてきた

「日曜日に北海道の礼文島から雲丹入荷します」
 
おおおおっ!!
去年もアルモさんのシェフから連絡を頂いて
礼文島の塩水雲丹を使った冷製パスタを
食べに行ったんだよねぇ
今年も食べたい!!(ww

しかも偶然にも、連絡を頂いた時はまさに
行きつけの某お寿司屋さんでも礼文島の雲丹を
お造りで食べてるところだったんですよねぇ(w
礼文島の雲丹・・・イタリアンでも食べたい!!
ということで日曜日、アルモさんに
礼文島の雲丹を食べに行ってみよぉ!!

●この日食べた料理について

 礼文島の雲丹は食べるとして・・・
 もちろん、それ以外の料理も食べるよねぇ
 この日食べた料理はこんな感じ・・・

 ■前菜の盛り合わせ■
  イタリアン呑みのスタートは
  前菜の盛り合わせから♪
  今回は以下の9点盛りでした

  ・茶美豚と鴨のミートローフ
    マッタリと濃厚な味
    これはワインにめっちゃ合うわぁ

  ・パルマ産生ハム
    前菜の定番ですねぇ
    少しモチッとした食感で
    熟成された旨味が凝縮された味

  ・大山鶏レバーのクロスティーニ
    簡単に言うとレバーペーストです
    変な臭みもなく
    レバーの風味がワインに合う!!

  ・茄子のカポナータ
    茄子はトマトソースと相性抜群
    間違いない味よね

  ・鰆のエスカベッシュ
    イタリア風の南蛮漬け
    鰆はお酢の酸味でさっぱりして
    夏にはピッタリな味

  ・アオサ海苔のゼッポリーニ
    モッチリした独特の食感
    塩味が利いたゼッポリーニは
    アオサ海苔の風味もしっかり

  ・白ゴーヤのオムレツ
    ゴーヤだけど苦味は全然ないですね
    とっても食べやすいオムレつです

  ・山中さんの甘トマトと
   水牛モッツァレラのカプレーゼ
    この山中さんのトマトが
    皮はしっかり、身は猛烈に甘い
    相変わらずトマトが美味しい!!

  ・トウモロコシのムース
    滑らかなムースは優しい味で
    トウモロコシの風味もしっかり

 ■パルマ産 生ハムと八尾 枝豆のリゾット■
  リゾットが食べたい気分だったんです
  チーズをたっぷりと使ったリゾットは
  お米は歯ごたえを適度に残しながら
  絶妙なトロトロ加減
  パルミジャーノと生ハムの風味の旨味に
  少しカリッとした枝豆も良いアクセント
  リゾット・・・うまぁうまぁうまぁ!!

 ■礼文島 塩水雲丹の冷製パスタ■
  本日のメイン「礼文島の塩水雲丹」を
  「これでもか!!」
  ってぐらいたっぷりと使った冷製パスタ
  シェフ曰く
  これぐらいたっぷりと雲丹を使わないと
  美味しくないんだそうな
  ツルツルっと喉ごしの良い冷製パスタに
  塩水雲丹の甘味と風味がガッツリ
  むはぁ・・・
  もう、これが美味しくないわけがない!!

 ■まんさくの花 吟醸原酒 かち割り■
  アルモさんはイタリアンだけど
  お酒の日本酒にもこだわりがある
  礼文島の雲丹の冷製パスタに合わせて
  オススメの日本酒を出して頂いた
  それが、こちらの「まんさくの花」の夏酒
  ラベルが「かき氷」の絵で
  推奨の呑み方が「ロック(かち割り氷)」
  という不思議なお酒(ww

  オススメ通り氷を入れて呑んでみた
  ベースが結構しっかりとした味だからか
  氷を入れても薄く感じることもなく
  氷が入ったおかげでキンキンに冷たく
  スッキリと呑めて、なかなか良い感じ♪

 ■めざし & 胡瓜の糠漬け■
  メインのスズキの香草パン粉焼きが
  完成するまで、もうしばらく時間がかかるらしく
  シェフから、酒のアテに食べといてください
  と、言われて出てきたのが
  イタリアンで、まさかの
  シェフお手製の「メザシ&胡瓜の糠漬け」

  メザシは塩も程よく利いていて
  苦味もある、まさにメザシ!!
  日本酒にめっちゃ合うわぁ(ww
  そして、胡瓜の糠漬け・・・
  ただ、普通の糠ではなく
  パンを使って作った糠(それって糠なのか?)
  を使っているそうな
  普通の糠漬けより香りは控えめで食べやすい

 ■泉州産スズキと香草パン粉焼き■
  メザシと糠漬けを食べ終わるころ
  スズキの香草パン粉焼きがやってきた
  小さなフライパンをお皿にして登場

  香草はローズマリーなどを軽く風味づけ程度に
  使っているだけかと思ったら
  クミンなどのスパイスをたっぷりと使っていて
  めっちゃスパイシーな香り!!
  これはイタリアンではなく
  インドやスリランカなどの料理に近い風味
  パプリカやズッキーニなどの野菜や
  淡白な白身のスズキにもスパイスの風味が
  よく合いますねぇ
  また、パン粉のカリカリの食感も
  とっても良いアクセントになってます
  私の想像をかなり超えてきた味でしたが
  これが実に美味しい!!

 ■陸奥八仙 夏吟醸■
  お酒おかわり♪
  2杯目は大好きな青森の陸奥八仙
  少し甘目だけど香りがよくって
  夏酒らしいスッキリしたお酒
  うん、これも美味しい

 ■鮎のコンフィ & 胡瓜のリコッタチーズ■
  お腹は結構一杯なんだけど・・・
  酒のアテをもうちょっと食べたい
  シェフにおまかせで酒のアテをお願いして
  出てきたのが、まさかの「鮎」
  皮目がめっちゃパリッ&サクッとしてますが
  身はホクホクで、腸の苦みも良い感じ
  ちなみに、これは日本酒に合う料理として
  作ったものらしい・・・さすが!!(ww
  まさに日本酒のアテにぴったり!!

  あと、付け合せの胡瓜
  今度は糠漬けではなくリコッタチーズ漬け
  リコッタチーズの柔らかい酸味と
  水分の多いシャクシャクした胡瓜が合う
  夏らしいさっぱりとした味ですね

 ■小山田産 桃のマチェドニア
  スプマンテのジュレ ジェラート添え■

  最後のデザートは小山田の桃の
  マチェドニア(シロップ漬け)
  角切りにした桃の果肉とシャーベットが
  めっちゃ桃!!
  って当たり前か・・・(ww
  また、ジェラートはピスタチオで
  香ばしい風味が桃によく合う!!

●最後に

 去年も食べた「礼文島塩水雲丹の冷製パスタ」
 何気なく、去年食べた日を調べてみたら
 「2017年7月22日(土)」だったんです
 そして、今年食べたのは・・・
 なんと「2018年7月22日(日)」
 ぴったり1年後!!
 かなりビックリした(www
 ということは来年は「2019年7月22日」に
 食べに来るのか?
 と、思って来年のカレンダーを見てみると
 月曜日で、お店の定休日だった(^^;
 残念!!(ww
 まぁ、そのタイミングで礼文島の塩水雲丹が
 入荷してるかも分からないですしね(ww

 さて、この日はお酒に日本酒呑んだり
 メザシや糠漬けに鮎を食べたりと
 全体的に和な感じでしたけど
 アルモさんのシェフが料理にすると
 どれも、ちゃんとイタリアンっぽい味に
 仕上がるんですよねぇ
 こういうのも面白いところ
 はふぅ・・・満足満足・・・

 ごちそうさまでした

  • トラットリア・アルモ - 生ビール

    生ビール

  • トラットリア・アルモ - 前菜盛り合わせ

    前菜盛り合わせ

  • トラットリア・アルモ - 白ワイン

    白ワイン

  • トラットリア・アルモ - パルマ産 生ハムと八尾 枝豆のリゾット

    パルマ産 生ハムと八尾 枝豆のリゾット

  • トラットリア・アルモ - パルマ産 生ハムと八尾 枝豆のリゾット

    パルマ産 生ハムと八尾 枝豆のリゾット

  • トラットリア・アルモ - パルマ産 生ハムと八尾 枝豆のリゾット

    パルマ産 生ハムと八尾 枝豆のリゾット

  • トラットリア・アルモ - まんさくの花 吟醸原酒 かち割り

    まんさくの花 吟醸原酒 かち割り

  • トラットリア・アルモ - 礼文島 塩水雲丹の冷製パスタ

    礼文島 塩水雲丹の冷製パスタ

  • トラットリア・アルモ - 礼文島 塩水雲丹の冷製パスタ

    礼文島 塩水雲丹の冷製パスタ

  • トラットリア・アルモ - メザシ & 胡瓜の糠漬け

    メザシ & 胡瓜の糠漬け

  • トラットリア・アルモ - メザシ

    メザシ

  • トラットリア・アルモ - 胡瓜の糠漬け

    胡瓜の糠漬け

  • トラットリア・アルモ - 泉州産スズキと香草パン粉焼き

    泉州産スズキと香草パン粉焼き

  • トラットリア・アルモ - 陸奥八仙 夏吟醸

    陸奥八仙 夏吟醸

  • トラットリア・アルモ - 鮎のコンフィ & 胡瓜のリコッタチーズ

    鮎のコンフィ & 胡瓜のリコッタチーズ

  • トラットリア・アルモ - 小山田産 桃のマチェドニア スプマンテのジュレ ジェラート添え

    小山田産 桃のマチェドニア スプマンテのジュレ ジェラート添え

3回目

2017/07訪問

  • dinner:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥15,000~¥19,999

礼文島の塩水雲丹のパスタが食べたーーーーーい!!

休日に一人で買い物をしていると
地元のお気に入りなイタリアンである
「アルモ」の大向シェフから
Facebookのメッセージが送られてきた
「礼文島の塩水雲丹が入荷しました」

ぬぉーーーーーーーぉ!!
塩水雲丹かぁ!!
お寿司屋さんでは食べたことがありますけど
イタリアンで食べたことがなーーーーい!!
食べたーーーーーーい!!

ということで、買い物帰りに一人・・・
アルモさんにレッツラゴー♪

●食べた料理について

 一人なのでカウンター席に案内される
 まずは生ビールを呑む♪
 ぷっはぁ・・・
 この1杯のために生きてる!!
 って感じですねぇ(ww
 さて、生ビールを呑んで落ち着いたところで
 料理をオーダーしてみましょう
 この日食べたのは、こんな感じ♪

 ■前菜盛り合わせ■
  スタートは前菜盛り合わせから
  基本は2人前からなんですけど
  1人前で用意してくれました♪
  ちょこっとずつ色々あるのが素敵♪

  ・ヨコワのカルパッチョ
   島根産 天然本マグロのヨコワちゃん
   身がめっちゃモッチリ!!
   ビネガーと粒マスタードの酸味が
   めっちゃ合うんだぁ

  ・大山鶏レバーのクロスティーニ
   カリカリのバゲットの上に
   マッタリと濃厚な
   大山鶏のレバーペーストがたっぷり
   
  ・イタリアン茄子のカポナータ
   茄子は揚げてあるそうな
   油と茄子って相性良いんだよねぇ
   独特のコクが出てますねぇ
   またトマトの風味も良い感じ

  ・ゴーヤのフリッタータ
   オムレツは中に夏らしくゴーヤが
   入っている
   独特の苦みがええ感じやぁ

  ・パルマ産 生ハム
   生ハムはモッチリ
   熟成された濃縮された旨味がしっかり
   間違いない美味しさよねぇ
   また、付属のトマトは
   山中さんという方が作ったトマトで
   これが甘味が強くって美味しいんだぁ

  ・トウモロコシのパンナコッタ
   ムース状のトウモロコシ
   めっちゃ滑らかな口当たり
   トウモロコシの風味がふんわり

 ■礼文島 塩水雲丹の冷製パスタ■
  本日食べに来た「礼文島 塩水雲丹」は
  パスタでの提供なんだそうな
  ちなみに、パスタの値段は4800円!!
  うははははっ・・・高けぇ!!
  さすが、礼文島の塩水雲丹(ww

  パスタは「クリーム、オイル、冷製」の
  3種類が出来るそうな
  シェフにオススメを聞いたら
  「冷製ですね」と即答だったので
  冷製パスタでお願いしました

  パスタは細いカッペリーニ
  上には礼文島の塩水雲丹がどっさり
  おおおおっ・・・素敵やぁ

  しっかりと冷されたカッペリーニは
  表面滑らかで喉ごしが良い
  そして雲丹・・・甘ーーーーーーい!!
  カッペリーニにめっちゃよく絡む
  そのまま食べても美味しいけど
  付属のレモンを上から絞ると
  レモンの酸味と香りが
  雲丹にさっぱり感がプラスされて
  美味しさが増す感じ・・・
  うまぁうまぁうまぁ!!

 ■仔羊 骨付きロースのソテー■
  なんか・・・肉が食べたい・・・
  シェフに「肉が食べたい!!」って
  伝えたら「今日は仔羊が美味しいです」
  ってことなので「仔羊」を食べる♪
  ちなみに「骨付き肉3本」が標準だけど
  「1本からお好きな本数で作ります」と
  シェフが仰ってくれたので
  今回は2本でお願いしてみました

  しっかりと焼かれた仔羊は
  表面はめっちゃパリッと!!
  中はレアで柔らかくってジューシー!!
  うんうん、相変わらず
  アルモさんの仔羊は美味しい

 ■小山田の桃のソルベ■
  メニューのドルチェのページで
  南大阪の河内長野で採れる「小山田の桃」
  を使ったソルベを発見!!
  実は私の実家が河内長野なんですよねぇ
  子供の頃にこの小山田の桃を
  よく食べてたんですよねぇ
  なんか懐かしい!!
  もちろん食べるよねぇ
  食べるとめっちゃ桃!!
  うまぁうまぁうまぁ!!

●最後に

 いやぁ・・・ガッツリ食べて呑んで
 めっちゃ良い気分やぁ

 最後にお会計・・・15000円でした
 うはははっ!!
 なかなかええ値段になっちゃいましたねぇ
 やっぱり礼文島の塩水雲丹のパスタが
 4800円でしたからねぇ
 これぐらい行っちゃうよねぇ(^^;

 でも、とっても美味しかったから満足やぁ
 ごちそうさまでした

  • トラットリア・アルモ - お店 外観

    お店 外観

  • トラットリア・アルモ - 生ビール

    生ビール

  • トラットリア・アルモ - スプマンテ

    スプマンテ

  • トラットリア・アルモ - 前菜盛り合わせ

    前菜盛り合わせ

  • トラットリア・アルモ - 前菜盛り合わせ

    前菜盛り合わせ

  • トラットリア・アルモ - 礼文島 塩水雲丹のパスタ

    礼文島 塩水雲丹のパスタ

  • トラットリア・アルモ - 白ワイン

    白ワイン

  • トラットリア・アルモ - 礼文島 塩水雲丹の冷製パスタ

    礼文島 塩水雲丹の冷製パスタ

  • トラットリア・アルモ - 礼文島 塩水雲丹の冷製パスタ

    礼文島 塩水雲丹の冷製パスタ

  • トラットリア・アルモ - 礼文島 塩水雲丹の冷製パスタ

    礼文島 塩水雲丹の冷製パスタ

  • トラットリア・アルモ - 赤ワイン

    赤ワイン

  • トラットリア・アルモ - 仔羊 骨付きロースのソテー

    仔羊 骨付きロースのソテー

  • トラットリア・アルモ - 仔羊 骨付きロースのソテー

    仔羊 骨付きロースのソテー

  • トラットリア・アルモ - 仔羊 骨付きロースのソテー

    仔羊 骨付きロースのソテー

  • トラットリア・アルモ - 小山田の桃のソルベ

    小山田の桃のソルベ

  • トラットリア・アルモ - 自家製 レモンチェッロ

    自家製 レモンチェッロ

  • トラットリア・アルモ - メニュー(アンティパスト)

    メニュー(アンティパスト)

  • トラットリア・アルモ - メニュー(パスタ)

    メニュー(パスタ)

  • トラットリア・アルモ - メニュー(セコンド)

    メニュー(セコンド)

  • トラットリア・アルモ - メニュー(ドルチェ)

    メニュー(ドルチェ)

  • トラットリア・アルモ - メニュー(ドリンク)

    メニュー(ドリンク)

  • トラットリア・アルモ - メニュー(スプマンテ)

    メニュー(スプマンテ)

  • トラットリア・アルモ - 山中さんのトマト

    山中さんのトマト

2回目

2017/04訪問

  • dinner:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥6,000~¥7,999

雲丹のパスタが食べたくて・・・

自宅へ帰る電車の中で
マイレビューアーさんとLINEをやり取り
そのメッセージの中で
大阪ミナミにある某イタリアンが
CPが高くて美味しいという・・・
そして名物は「生雲丹のパスタ」なんだそうな
生雲丹のパスタって大好きなんですよねぇ
むむむぅ・・・生雲丹のパスタ・・・
食べてぇ!!
むはぁ・・・一回食べたいと思ったら
何が何でも食べたくなるのが食べロガー!(w

しかし!!
既に家に帰る電車の中で間もなく最寄駅に
着いてしまうんですよねぇ(^^;
今からUターンしてミナミまで戻るか?
・・・もう時間も遅いしなぁ・・・
食べて呑んだら帰れなくなっちゃうかも?

となると「生雲丹のパスタ」がありそうな
地元のイタリアンに
ダメ元で行ってみるしかないでしょう!!
ということで私が選んだイタリアンは
和泉中央駅から歩いて10分ぐらいの
「アルモ」さんだぁ!!

まずは駅に着いたら
空席の確認でお店に電話をかける
すると・・・席空いてました!!
よっしゃぁ!!

もう、生雲丹のパスタが食べれなくても良い
とりあえずイタリアンが食べたいんだぁ!!
・・・と心の中で叫びながら・・・
お店に向かったのであった・・・(www

●この日のメニューを見てみると・・・

 席に座って、この日のメニューをチェック!!
 すると・・・パスタのところに・・・
 「小川の生うにの贅沢スパゲッティ」という
 記載を発見!!

 うははははっ!!
 やっぱり食いしん坊の神様は
 食いしん坊の味方やわぁ!!(ww

 ■前菜■
 ・筍のソテー ボロネーゼがけ 1200円
 ・新潟産 本マグロのカルパッチョ 1500円
 ・鰆のエスカベッチュ 800円
 ・黒豚のサルシッチャとちりめんキャベツの
  フォンティーヌチーズ焼き 1500円
 ・黒豚とエゾ鹿のイタリアンミートローフ
  S:800円、M:1200円
 ・完熟トマトと水牛モッツァレラチーズの
  カプレーゼ 1500円
 ・前菜の盛り合わせ(1名様) 1300円
   ※2名様~

 ■小さなお皿■
 ・パルマ産 生ハム 700円
 ・大山鶏のかき玉スープ ローマ風 700円
 ・大山鶏レバーのクロスティーニ 500円
 ・えんどう豆のパンナコッタ 500円

 ■パスタ リゾット■
 ・完熟トマトのスパゲッティ
  アル ポモドーロ 1200円
 ・和歌山アオリイカの
  イカスミスパゲッティ 1400円
 ・熟成ゴルゴンゾーラチーズの
  クリームソース ペンネッテ 1400円
 ・フルーツトマトと水牛モッツァレラチーズ
  のカプリ風スパゲッティ 1500円
 ・なにわ黒牛の贅沢煮込みソース
  スパゲッティ ボロネーゼ 1600円
 ・愛知産しらすと春キャベツの
  ペペロンチーノ 1500円
 ・本マグロのツナのほうれん草の
  クリームソーススパゲッティ 1500円
 ・生ハムと地玉子の
  濃厚カルボナーラ 1700円
 ・小川の生うにの贅沢スパゲッティ 2300円
 ・天然あさりのボンゴレビアンコ 1800円
 ・泉州産渡り蟹のトマトクリームソース
  スパゲッティ 2900円
 ・大山鶏とドライポルチーニの
  リゾット 1500円
 ・ネロパルマのサルシッチャと
  ちりめんキャベツのリゾット 1700円

 ■メイン料理(お魚)■
 ・泉州産 活〆スズキと春野菜の
  白ワイン蒸し 2800円
 ・島根産 天然ぶりの
  香草パン粉焼き 2500円

 ■メイン料理(お肉)■
 ・大山鶏モモ肉のロースト
  ピッツァ仕立て 2000円
 ・沖縄豚 熟成肩ロースのソテー 2700円
 ・黒毛和牛の赤ワイン煮
  ポルチーニ風味 3000円
 ・なにわ黒牛ランプのタリアータ 3800円
 ・熊本産 黒毛和牛のランプ炭火焼 5900円

 ■ドルチェ■
 ・自家製ジェラート 各400円
   完熟バナナ、ほうじ茶、リコッタチーズ
   伊ブロンデ産ピスタチオ(+100円)
   プレミアムバニラ(+100円)
 ・濃厚パンナコッタ 500円
 ・チョコレートのパウンドケーキ 700円
 ・アイスティラミス 800円
 ・河南町いちごのマチェドニア 800円
 ・カタラーナ 600円

●この日食べた料理について

 とりあえず生雲丹のパスタは食べるとして
 他にも気になる料理を適当にオーダーして
 食べてみることにしました♪

 ■パルマ産 生ハム& グリッシーニ■
  最初のドリンクは泡にしてみた
  すると「グリッシーニ」に「生ハム」を
  巻いたのが一緒に出てきた♪
  カリカリのグリッシーニに
  熟成された生ハムが合うんだぁ

 ■鰯のマリネ■
  シェフのFacebookを読んだら
  「今日は新鮮な鰯が入荷して仕込中」
  って書いてあったんですよねぇ
  メニューには載ってなかったけど
  食べたいって言ったら「鰯のマリネ」を
  出してくれました♪

  酢加減はかなり浅目なんですけど
  鰯が新鮮だから臭みもなく
  食べたらトロトロで濃厚なんだぁ
  また、上からかけてある
  フレッシュなオリーブオイルの風味が
  絶妙なんですよねぇ
  うまぁうまぁうまぁ!!

 ■小川の生うにの贅沢スパゲッティ■
  この日一番食べたかった生雲丹のパスタ
  ソースは「オイル」と「クリーム」から
  選択できるということなので
  今回は「オイルパスタ」にしてみました

  お寿司屋さんでよく見かける
  「小川の雲丹」がスパゲッティの上に
  どっさりと乗ってますわぁ
  うははははっ
  まさに贅沢スパゲッティ!!
  ビジュアルが素敵すぎるぅ!!

  食べるとガッツリ雲丹の味!!(ww
  まぁ、これだけたっぷりと
  乗ってますからねぇ
  もちろん変なエグミなんかは全くない
  また、オイルパスタにしているから
  独特のコクも出てますわぁ
  うまぁうまぁうまぁ!!

 ■筍のソテー ボロネーゼがけ■
  春と言えばやっぱり筍よねぇ
  地元の朝掘りの筍なんだそうな
  これは食べとかんとあかんでしょう!!

  筍の上に黒毛和牛のボロネーゼソースと
  チーズがたっぷり!!
  なんとも素敵なビジュアル

  筍は歯ごたえもよく
  コーンのような良い香りがするんです
  また、上にかけてある黒毛和牛の
  ボロネーゼソースの旨味が濃い濃い!!
  このソースが筍にめっちゃ合うんだぁ
  これにはやっぱり赤ワインよねぇ
  シェフに筍に合う赤ワインを
  選んだもらいました♪

 ■鰯のマリネ おかわり■
  鰯のマリネがとっても美味しかったので
  おかわりをしてみました(ww
  そして、最初は白ワインに合わせましたが
  おかわりは日本酒と合わせてみました♪

  生の鰯を軽く酢〆しているだけなので
  これが日本酒が合わない訳がない!!
  うまぁうまぁうまぁ!!

●最後に

 相変わらずここのお店は美味しい
 シェフも奥様も気さくで良い方ですしねぇ
 私にとっては、とっても居心地の良いお店
 なんですよねぇ

 まぁ南大阪の住宅街にあるお店にしては
 ちょっと強気な価格設定ですけどねぇ
 素材を良いもんしか使ってないですし
 私的には納得の価格なんです

 そして、この日は食べたかった
 生雲丹のパスタも食べられたしねぇ
 めっちゃ満足やぁ・・・

 ごちそうさまでした

  • トラットリア・アルモ - 泡にパルマ産生ハム & グリッシーニ

    泡にパルマ産生ハム & グリッシーニ

  • トラットリア・アルモ - 鰯のマリネ & 白ワイン

    鰯のマリネ & 白ワイン

  • トラットリア・アルモ - 鰯のマリネ

    鰯のマリネ

  • トラットリア・アルモ - 小川の生うにの贅沢スパゲッティ

    小川の生うにの贅沢スパゲッティ

  • トラットリア・アルモ - 筍のソテー ボロネーゼがけ

    筍のソテー ボロネーゼがけ

  • トラットリア・アルモ - 赤ワイン

    赤ワイン

  • トラットリア・アルモ - 鰯のマリネおかわり & 日本酒

    鰯のマリネおかわり & 日本酒

  • トラットリア・アルモ - メニュー(なにわ黒牛)

    メニュー(なにわ黒牛)

  • トラットリア・アルモ - メニュー(筍のソテー)

    メニュー(筍のソテー)

  • トラットリア・アルモ - メニュー(天然あさりのボンゴレビアンコ)

    メニュー(天然あさりのボンゴレビアンコ)

  • トラットリア・アルモ - メニュー(前菜)

    メニュー(前菜)

  • トラットリア・アルモ - メニュー(パスタ、リゾット)

    メニュー(パスタ、リゾット)

  • トラットリア・アルモ - メニュー(メイン料理)

    メニュー(メイン料理)

  • トラットリア・アルモ - メニュー(ドルチェ)

    メニュー(ドルチェ)

1回目

2016/12訪問

  • dinner:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 3.5
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999

ここの特選素材の料理は、とっても美味しい!!

【2016年12月 再訪】

土曜日の午後・・・私の携帯電話が鳴った
出てみれば「アルモ」さんのシェフだった
毎年恒例になっているお店を貸し切っての
クリスマスパーティーの料理の相談で
電話を頂いたみたい

当日の料理や段取りなんかは電話だと
細かい相談がしにくいんですよねぇ
この日の夜は席がまだ空いているということで
夜に事前打ち合わせも兼ねてディナーを
食べに行くことにしました♪
ただ、嫁さんは体調不良ということなので
娘と2人で食べに行くことになった
この日食べた料理は、こんな感じ♪

■前菜盛り合わせ■
 スタートはもちろん前菜盛り合わせだよねぇ
 内容は「パルマ産生ハム、鰆のマリネ
 トウモロコシのパンナコッタ、カプレーゼ
 鳥レバーのクロスティーニ」
 どれも美味しいんだけど
 特に良かったのは「鰆のマリネ」
 めっちゃ肉厚で脂も乗ってモッチリ!!
 ビネガーの酸味が絶妙だぁ・・・
 これはやっぱり白ワインでしょ?
 ということでグラスの白ワインを呑む

■淡路由良産 極上うにのスパゲッティ■
 本日のスペシャルパスタという
 淡路の由良雲丹を使ったパスタ
 出てきてびっくり
 由良雲丹がこれでもか!!
 ってぐらいどっさり乗っているんです
 ちなみに、これで値段は2500円
 ・・・安いわぁ
 この量の由良雲丹をお寿司屋さんで
 食べたら一体ナンボほどするんやろか?(w
 濃厚なクリームソースに由良雲丹の風味が
 絶妙ですわぁ
 うまぁうまぁうまぁ!!
 娘もめっちゃ気に入ってバクバク食べてます

■熊本産 黒毛和牛の熟成肉の炭火焼き■
 セコンドもお店のスペシャルメニューを
 攻める・・・今回食べたのは
 「熊本産黒毛和牛の熟成肉の炭火焼き」
 「クリ」という希少部位の熟成肉だそう

 ちなみに肉は250gだそう
 出てきてボリュームに驚いた(^^;
 では食べてみよぉ!!
 熟成されたクリ・・・
 赤身肉だから肉には弾力がしっかり
 そして噛むほどに肉から旨味が
 ドバドバ出てくる感じ
 肉の旨味が濃いぃーーーーーーーーぃ!!
 またソースが良い
 同じ熊本産黒毛和牛の骨から作ったという
 フォンドヴォーを使ったというソースは
 少し甘目の味付けで、これが熟成肉に
 めっちゃ合うんですよねぇ
 また、お皿に付属している
 アンコールペッパーという生のペッパーが
 香りがよくって、ピリッとした辛味もあって
 肉に付けて食べたら美味しいんだぁ
 
 肉にはやっぱり赤ワインよねぇ
 今回は可愛くグラスで1杯だけ呑む♪

■栗のクレープ■
 最後のデザートは栗のクレープ
 外側のクレープはめっちゃモッチモチ!
 中の栗クリームは超濃厚!!
 うん・・・美味しい美味しい!!
 やっぱり最後に甘いものを食べると
 幸せやぁ

●最後に

 最後にお会計
 上記料理にグラスワイン2杯と
 食後酒にレモンチェッロを1杯呑んで
 1.5諭吉でした
 うん、まぁスペシャルな料理を
 2つも食べちゃったからねぇ
 これぐらいはしちゃうよねぇ

 でも満足満足・・・美味しかったぁ・・・
 ごちそうさまでした


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
毎年恒例の娘の友達家族と実施する
お店を貸し切ってのクリスマスパーティ
昨年のアルモさんが大好評だったので
今年もアルモさんを貸し切って
クリスマスパーティを実施することになった
ということで
当日の料理や段取りの事前打ち合わせも兼ねて
久しぶりにアルモさんでディナーだぁ!!

よくよく考えてみると
今日は昼もルチアーノさんでイタリアンを
食べたんですけどねぇ
今日はイタリアンデーやぁ(www

●今回食べた料理たち

 メニューには美味しそうな食材が満載!!
 気になるものを片っ端から食べてやる!(w

 ■蕪■
  まずはグラス スプマンテで
  かんぱーーーーーい!!
  前菜を待っていると
  最初に地元で獲れた蕪が出てきた
  もちろん生なんですが
  これが超瑞々しくて
  齧るとめっちゃ甘いんです!!
  シャクシャクして甘いのは
  まるで梨みたい!!
  すげぇすげぇすげぇ!!
  相変わらずここの野菜は美味しい


 ■前菜盛り合わせ■
  定番の前菜盛り合わせ
  今回も超山盛り「パルマ生ハム
  大山鶏レバーのクロスティーニ
  青森産ひっさげのカルパッチョ
  てっぺんトマト&無花果のカプリ風サラダ
  黒豆のムース、南瓜と生落花生
  オムレツ」
  どれも美味しいけど
  特に美味しいのはカプリ風サラダ
  てっぺんトマトってよく分からないけど
  激甘っ!!

 ■イタリア産フレッシュポルチーニの
  クリームソース フェットチーネ■
  季節限定のおすすめ食材に
  「イタリア産のフレッシュポルチーニ」が
  メニュー載っていた
  お店のご主人と相談して
  大好きなゴルゴンゾーラを入れた
  フェットチーネにしてもらう

  出てきてびっくり!!
  生のポルチーニが
  これでもかーーーーーーーぁ!!
  ってぐらいたっぷり入っている
  すげぇすげぇすげぇ!!
  めっちゃ贅沢やぁ・・・
  これいくらするんやぁ!!(www

  さて・・・ポルチーニは食べると
  さすがに生!!
  香りも食感もドライとは全然違います
  めーーーーっちゃ良い香り&噛んだときの
  弾力がすげぇ!!
  ソースのゴルゴンゾーラも濃厚
  フェットチーネも手打ちの生だから
  もっちりしてて最高っす
  うまぁうまぁうまぁ!!

  ゴルゴンゾーラが大好きな娘
  これがめっちゃ気に入ったみたいで
  お代わりして食べてました
  小学校1年生にして
  フレッシュポルチーニの魅力にはまる(w

 ■泉州産 天然真鯛のアクアパッツァ■
  メインの魚は地元
  泉州産の天然真鯛のアクアパッツァ
  おまけで三重産の大ぶりな牡蠣も
  入れてくれてます
    
  天然真鯛は身も分厚く、かなりの大物
  鯛は煮込まれて身はホロホロですけど
  脂もあってうまみは十分!!
  またドライトマトとオリーブの風味が
  しっかり利いていて出汁がうまい!!
  出汁を飲みながら、ワイン呑めます(w

 ■佐賀牛もも肉(40日熟成)のタリアータ■
  さて・・・本日のスペシャル素材・・・
  ご主人に一番のおすすめ食材を
  聞いたところ
  最近流行りのドライエージングの
  「佐賀牛のもも肉」とのこと

  メニューを見ると
  「熟成師 フェリア 渡邊氏」の文字が!!
  おおおっ!!
  この方・・・・最近有名っすよねぇ
  大阪中央卸売市場にある
  熟成肉専門の精肉店「フェリア」の
  ご主人っすわぁ

  調理前の肉の塊をご主人が
  持ってきて見せてくれた
  深紅の綺麗な色した牛肉が
  うまそーーーーーーーーぉ
  食べたーーーーーーーい!!

  ということで焼いてもらった
  じっくりとローストした熟成された
  佐賀牛のもも肉
  もも肉なので赤身中心ですが
  熟成させた効果からか
  うまみがめっちゃ濃い!!
  噛むほどにうまみがジンワリと
  出てくる感じ
  うむぅ・・・牛肉の脂も旨いけど
  赤身も旨いっすねぇ

 ■秋じゃがいものゴルゴンゾーラ グラタン■
  最後はなぜかグラタン(ww
  ゴルゴンゾーラ好きな娘が
  どうしても食べたいとオーダーしたもの
  ジャガイモが濃い黄色でネットリ・・・
  ジャガイモうまぁ!!
  ゴルゴンゾーラの香り&塩っ気が
  絶妙に合いますわぁ

 ■和歌山産 黒柿のマチェドニア
  スプマンテのジュレ ジェラート添え■
  最後のドルチェは秋らしい黒柿が入った
  マチェドニアをチョイス
  黒柿(皮が真っ黒な柿なんだそう)
  って初めて食べますけど
  歯ごたえが適度にあって、柿の甘みと風味もしっかり
  なかなか美味しいっす

 ■自家製レモンチェッロ■
  食後酒として
  私は自家製のレモンチェッロを呑む
  レモンの香りがめっちゃ強い!!
  なんじゃこりゃぁ!!
  我が家にある市販のレモンチェッロ
  とは風味が全然違う
  うまぁうまぁうまぁ!!

 ■新政 貴醸酒 陽乃鳥■
  ご主人から、これも呑んでみてください
  とサービスで出してくれたのが
  人気の新政の貴醸酒 陽乃鳥
  口に含んだ瞬間マッタリと濃厚で
  後からがっつりとした甘み
  むはぁ・・・
  濃いぃーーーーーーーーーーぃ!!
  でも旨い!!
  食後酒として、レモンチェッロも良いけど
  貴醸酒もなかなか良い!!

●最後に

 料理を作り終わったご主人が
 厨房から出てきてしばし談笑

 このご主人がすごいのは
 ワインをオーダーすると
 どんなに忙しくてもテーブルまで
 やってきて
 ワインボトルを並べて
 びっくりするぐらい丁寧に
 ワインの説明をしてくれるんです
 また、お勧めの料理や食材を聞いても同様・・・
 そう・・・料理だけじゃなく
 サービスも常に全力なんですよねぇ

 そんな超真面目な性格だから
 1年ほど前からお店が急激に人気が出て
 忙しくなって
 精神的に辛いこともあったんだそう・・・
 しかし、それも何とか乗り越え
 今でもそのスタイルを変えず
 頑張っているのは凄いことです

 そんな感じで、料理のこと・・・
 食材のこと・・・お店のこと・・・
 などなど・・・熱く語るご主人・・・
 相変わらず料理に真面目で熱い男です(w
 そして、気づいたら食後に
 1時間近く話し込んでしまって
 娘・・・座りながら寝てた(^^;
  
 今日も美味しい料理を
 がっつり食べれて大満足ですわぁ
 ごちそうさまでした

【2013年12月 再訪】

娘の保育園友達家族と、毎年どこかのお店を貸し切って
クリスマスパーティをするんです
今年のお店は、最近和泉中央界隈で人気急上昇中の
イタリアン「アルモ」さんの予定

とりあえず・・・お店の予約はしてるんですけど
やっぱり事前に料理の打ち合わせはしとかんとあかんでしょう???
ということで・・・12月の某日・・・打ち合わせ&食事にやってきた

●今回食べた料理たち

  では・・・今回食べた料理たちを順番にご紹介していきましょう

  ■前菜盛り合わせ■
    ここの前菜盛り合わせは、いつもめっちゃ盛りだくさんなんですよねぇ
    この日の内容は

     ・生ハムとモルタデッラ
     ・泉州産 活〆天然真鯛のカルパッチョ
     ・泉州産 寒鰆のマリネ
     ・なにわ黒牛(A4)のモツ煮込み
     ・スルメイカの白ワイン煮
     ・大山鶏レバーのクロスティーニ
     ・おかざき農園フルーツトマトと水牛のモッツァレラチーズのカプリ風サラダ
     ・天王寺蕪のパンナコッタ

    どれも美味しいんですが、意外だったのが
    地元大阪の野菜「天王寺蕪」を使ったパンナコッタ?
    口当たりは滑らかで、後からふんわりと蕪の香りがするんです
    めっちゃ優しい味で美味しい

  ■Cambrugiano 2009(白ワイン)■
    私はワインのことはぜーーーーんぜん分からないので
    料理に合わせて、「香りが強い美味しい白」という指定で、ご主人に選んでもらったのが
    こちらの「Cambrugiano」というイタリアの白ワイン
    琥珀色の綺麗な色合いで、冷たい状態で飲むとふんわり香るぐらいだったんですが
    少し温くなってくると、完熟フルーツのような芳醇な香りになるんですねぇ
    うん・・・かなりパンチ力のある味ですわぁ
    ワインのことはよく分からないですけど、美味しい美味しい

  ■赤目芋のゴルゴンゾーラグラタン■
    私はゴルゴンゾーラが大好きなんですよねぇ
    ホクホクでネットリした赤目芋に
    ゴルゴンゾーラの香りと塩っ気がめっちゃ合う合う
    これ・・・バゲットに浸けて食べたらおいしーーーーぃ!!

  ■犬鳴豚のスモークベーコンと地玉子のカルボナーラ■
    パスタは地元のブランド豚である「犬鳴豚」のスモークベーコンを使ったカルボナーラ
    子供に合わせて、黒胡椒を抜いて提供してくれました
    大人は自分で上から黒胡椒をかけて食べる

    地玉子がめーーーーーーっちゃ濃厚で、ソースがめっちゃマッタリ
    でも濃厚なんだけど、重たくなく、意外とペロッと食べれてしまうのが凄い
    また、犬鳴豚のスモークベーコンはめっちゃスモーキーで脂もたっぷり
    噛むほどに旨みが出て来る感じ
    うん・・・ここのパスタは相変わらずレベルが高い

  ■島根産 天然 本クエのアクアパッツァ■
    本日のスペシャリテ「島根産 天然 本クエのアクアパッツァ」
    メニューで「天然の本クエ」を見つけた瞬間にオーダーを決めた一品
    値段は1皿4500円・・・さすが天然 本クエ ええ値段してますわぁ

    本クエはめっちゃ肉厚で、煮込まれた身はホロホロなんだけど
    脂もしっかりあって、旨みが濃い濃い
    また、上に載っている肉厚な「相生産 牡蠣」が美味しい
    食べるとプリップリで、牡蠣特有の磯の風味もしっかり
    うむぅ・・・さすがに値段なりの味してますわぁ

  ■丹波産 イノシシ ホホ肉の赤ワイン煮 黒胡椒風味■
    メインの肉料理はジビエにしてみた
    丹波で獲れた猪の赤ワイン煮込み

    断面のめっちゃ肉厚な脂身が素敵
    猪って脂身が分厚い方が上質な肉なんですよねぇ
    見た目は脂っこそうですが、ぜんぜん脂っこくなく
    プルプルのコラーゲンみたいになってます
    また赤ワインソースが、重めで深みのある味で
    微かな甘みと酸味が、猪にめっちゃ合うんです    

  ■足赤海老と鱈白子の焦がしハチミツソース■
    白ワインが少し残っていたので
    ご主人におまかせで、酒のアテをお願いして出てきたのが
    「足赤海老と鱈白子の焦がしハチミツソース」
    足赤海老はぷりぷりで、鱈白子はめっちゃ濃厚
    ハチミツが入ったほんのり甘いソースが
    海老と白子と絶妙にマッチ!!
    白ワインがめちゃめちゃ進む美味しさですねぇ

●最後に

  相変わらず美味しかった
  このレベルのイタリアンが住宅地である和泉中央で食べられるのが
  凄いことだと改めて思う

  さて・・・最後にお会計・・・
  本クエや猪食べましたからねぇ
  お会計はおおよそ2.5諭吉

  まぁ・・・それぐらいはしますわねぇ

  さて・・・次はクリスマス会でお世話になります
  ごちそうさまでした


-------------------------------------------

6月の22日、23日、29日、30日の4日間
和泉市のぞみ野にある「アントリー」という雑貨屋さんの主催(敷地内)で
南大阪で活躍するカフェ、レストラン、工房などを集めてマーケットを開く
「focus focus」というイベントが行われたんです
そこに、こちらの「almo」さんも22日の1日だけ参加されていた
  ※お店のランチタイム営業を1日潰して参加されているんだそう

●お店との出会い編

  嫁さんと娘がイベントのお店を物色している間に
  私はalmoさんが、モレッティ(イタリアンビール)やワインを置いていることを見つけ
  イベント会場にある立ち食いコーナーのテーブルを陣取り、一人立ち飲み♪(www

  このイベントでalmoさんが、提供していた料理は以下の3品
  お昼ご飯食べてなくってお腹も空いているし・・・もちろん・・・全部食べるよねぇ!!

  ■ランプレドットのパニーノ
    イタリアフィレンツェの郷土料理「ランプレドット」を
    和泉中央で大人気のフルニエさんのパンで挟んだというパニーノ
    ランプレドットって和牛(短角牛)のギアラ(第4の胃)を煮込んだ料理なんですが
    柔らかくなるまでじっくり煮込んだギアラは弾力はあるけど柔らかく
    ホルモン系だけど臭みなどは皆無
    また、バジルソースをかけてあって、それがめっちゃ良い香りなんですよねぇ

  ■パルマ産 生ハムと水牛のモッツァレラ 甘トマトのパニーノ
    まず驚きは、山中さんという人が作った甘トマトがびっくりするぐらい甘い!!
    そこにフレッシュな水牛のモッツァレラチーズと生ハムをフルニエさんのパンでサンド
    もう・・・美味しくないワケありませんねぇ

  ■ペポーゾ(和牛の黒胡椒煮)
    最後は、イタリアのトスカーナ地方の郷土料理
    牛のすね肉を赤ワインと黒胡椒で煮込んだ「ペポーゾ」
    粒のままの黒胡椒と一緒に煮込んでいるので食べるとめっちゃスパイシー!!
    こりゃあ、大人の煮込み料理って感じ
    めちゃめちゃワインが進む味ですわぁ

  料理はどれも、想像していた以上に美味しい!!
  ランプレドットのパニーノなんて・・・お替りして2個も食べちゃった!!(www
  また、どの料理もワインが進む進む!!
  気づけば一人でワインもお替りして呑みまくり!!
  めっちゃいい気分♪

  もしかして・・・これは・・・美味しいお店を見つけてしまったのかもしれない・・・
  お店のご主人に、またお店にも食べに行きますと言い残し・・・家に帰る・・・

  そして・・・次の日の夜・・・
  早速お店を予約して食べに行ってきました(www

●お店にはワインを呑むから歩いてい行こう!!

  「almo」さんは
  泉北1号線を和泉中央駅から光明池駅方面にちょっと下ったところにある
  なかなか不便な場所にありますねぇ
  本来であれば車で行くところですが、この日は嫁さんも呑みたいみたい
  となると・・・バスで行くしかないわねぇ

  家から和泉中央駅まではバス、駅からはテクテク歩いてお店に向かう
  駅からは歩いて10分ちょっとぐらいでしょうかねぇ
  お店に到着!!

  お店の中は想像していたより広く、席数はなかなか多い
  また、キッチンもかなり広く
  ガラス張りのオープンキッチンになっているのもカッコいい
  ふむ・・・なかなかオシャレなお店ですねぇ

  とりあえずテーブル席に座りメニューをチェック
  メニューにはコースはなく、基本はアラカルト
   ※コースは前日までの予約なんだそう

    ・前菜 11種類 (400円~1300円)
    ・パスタ 9種類 (1200円~2100円)
    ・リゾット 2種類 (1500円)
    ・メイン料理 6種類 (2000円~5200円)
    ・ドルチェ 4種類 (400円~700円) 

  う~ん・・・価格設定は住宅街のイタリアンとしてはちょっと高めかなぁ
  
  あとアルコールは、ワイン以外にもご当地ビールの箕面ビールに
  イタリアンには珍しい日本酒、焼酎まであるそう
  日本酒は好きだけど・・・イタリアンですからねぇ
  やっぱりワインでしょう!!
  でも、私はワインはよく分からないので
  料理に合わせたワインをご主人に選んでもらうことにした

●今回食べたものたち

  ではでは・・・
  今回食べたものたちを順番にご紹介していきましょう!!

  ■前菜の盛り合わせ

    スタートは定番の前菜盛り合わせ
    全部で7種類盛合せられていて2人前だけど結構なボリューム

     ・大山どりレバーのクロスティーニ
     ・泉州片口イワシのエスカベッチェ
     ・泉州タコのマリネ
     ・山中さんちの甘トマトと水牛モッツァレラチーズのカプリ風サラダ
     ・ゼッポリ(揚げパン)に生ハム乗せたやつ
     ・ローストポークを乗せたサラダ
     ・えんどう豆のパンナコッタ

    どれも美味しいんだけど、一番のお気に入りは
    「山中さんちの甘トマトと水牛モッツァレラチーズのカプリ風サラダ」
    所謂カプレーゼってやつですが、なんせトマトが旨い!!
    どちらの山中さんかは存じ上げませんが、山中さんは凄いです(www
    また、水牛のモッツァレラがめっちゃミルキーで旨みも十分
    最近食べたカプレーゼで一番美味しいかも!!


  ■黒毛和牛の煮込みソース マフォルデ チーズがけ

    パスタは黒毛和牛をたっぷり使った
    「マフォルデ」という平打ちのヒダヒダパスタ

    黒毛和牛はジックリ煮込まれていて
    旨みがめっちゃ凝縮!!
    モッチリした食感のマフォルデとの相性は抜群
    赤ワインがめっちゃ進むわぁ
    
  ■北海道 茶路めん羊牧場の仔羊 骨付きロースのグリル
    焦がしハチミツとゴルゴンゾーラチーズとスーゴのソース

    メイン料理は、この日の特選素材「北海道産の仔羊のグリル」
    羊って大半は輸入物で、国産の流通量って1%未満で
    超希少なんですよねぇ

    そんな希少な北海道産の仔羊を使っているから
    価格はお店の料理の中では最高価格の5200円!!
    ふははははっ
    さすがにええ値段してますねぇ

    ただ、料理を見て納得!!
    超肉厚なラムチョップが2本に、スペアリブ・・・そして腎臓まで!!
    ご主人曰く、付き合いのある北海道の茶路めん羊牧場から
    直接仕入れているから、希少な腎臓まで手に入るんだそう

    っていうか・・・すんごいボリューム
    こりゃ、それぐらいの価格しますわ・・・っていうかむしろ安い

    メインのラムチョップ
    表面はパリッと焼かれていますが
    中はめっちゃレアで、ジューシー!!
    羊はめちゃめちゃ良い香りで、肉は噛むとミルクみたいな香りがする
    また、ハチミツを塗って焼いてあるのが、香ばしくめっちゃ良い香り
    うまぁうまぁうまぁ!!

    また腎臓も面白い
    焼肉屋さんで言うところの「マメ」ってやつですねぇ
    こちらは塩だけで焼いてあって、あっさりした味付け
    コリッとした歯ごたえがあって
    内蔵系の変な臭みはなく、レバー系の香りがふんわり

  ■ゴルゴンゾーラペンネ(ゴルゴンゾーラ極限バージョン)

    素材さえあれば、メニューになくても作ってくれるということなので
    大好きなゴルゴンゾーラをたっぷり使ったペンネをお願いしてみた

    出てきてビックリ
    ゴルゴンゾーラペンネが黒い!!(www
    ゴルゴンゾーラをたっぷり!!ってオーダーしたから
    極限までゴルゴンゾーラを投入したんだそう
    なのでゴルゴンゾーラの色が思いっきり出ているのねぇ

    もちろん食べたら、ゴルゴンゾーラの味と香りがガッツリ!!
    ふはははははっ
    めちゃめちゃ濃い!!
    ゴルゴンゾーラ好きにはたまらない味ですねぇ
    うまぁうまぁうまぁ!!

    これでワインがどこまでも呑めそうな感じ!!

●食後のデザートは別腹よねぇ

  お腹は一杯!!
  でも、食後のデザートは別腹よねぇ
  一人一品注文して、シェアして食べた

  ■濃厚パンナコッタ 2種のハチミツ(アカシア、栗)

    めっちゃマッタリして濃厚なパンナコッタ
    ハチミツがスプーンで付いてくるんですが
    栗のハチミツって珍しいですねぇ
    食べると、かなり甘みが濃くってマッタリ
    微かな苦みと渋みもある大人なハチミツって感じ
    でも、これが甘いパンナコッタに合う合う!!    

  ■ティラミス

    マスカルポーネがめっちゃ濃厚!!
    マッタリした食感が素敵
    また表面の茶色い粉は珈琲豆を挽いた粉で
    食べると珈琲の香りがふんわり!!
    うん・・・間違いない味ですねぇ

  ■カタラーナ 小
    最後は私の大好物である
    プリンを凍らせたカタラーナ
    濃厚なカスタードプリンに
    パリパリのカラメルの苦みがええ感じです

●最後に

  私はワインがよく分からないので
  料理に合わせたワインをご主人に選んで頂いたんですが
  その際も、厨房から出てきて
  とっても丁寧に説明をしてくださるなど
  接客はとっても丁寧

  また、食材さえあれば、何でも作ってくださるということだったので
  おまかせの食材でアクアパッツァを作ってほしいとお願いしたところ
  日曜日で市場が休みなので、魚が少なく
  この日は、満足して頂けるようなアクアパッツァは作れないと
  ハッキリ言いに来るのも好感が持てた
  
  ただ、お店はご夫婦二人だけなので
  お客さんが数組来ると、料理の提供がちょっと遅くなる
  ワインを呑んでゆっくり食事をする方は良いですが
  サッと食べて帰りたいときには、ちょっと不向きかも・・・

  最後にお会計
  この日は、白ワインをボトルで呑んで
  赤ワインはグラスで6杯だっけかな???
  それで、お会計は2万円を少し超えたぐらい
  ワインの量と、あのボリュームの北海道産の仔羊を食べたことを考えたら
  価格的にも十分満足です

  場所はちょっと不便だけど、私はなかなかレベルの高いイタリアンだと思う
   ※食べログ評価がえらく低いな・・・それが驚き(^^;

  美味しかった
  ご馳走様でした

  • トラットリア・アルモ - 前菜盛り合わせ

    前菜盛り合わせ

  • トラットリア・アルモ - 淡路 由良雲丹がどっさり乗った「極上うにのスパゲッティ」

    淡路 由良雲丹がどっさり乗った「極上うにのスパゲッティ」

  • トラットリア・アルモ - 雲丹のパスタ好き!!

    雲丹のパスタ好き!!

  • トラットリア・アルモ - 熊本産 黒毛和牛の熟成肉「クリ」の炭火焼き

    熊本産 黒毛和牛の熟成肉「クリ」の炭火焼き

  • トラットリア・アルモ - 熊本産 黒毛和牛の熟成肉「クリ」の炭火焼き

    熊本産 黒毛和牛の熟成肉「クリ」の炭火焼き

  • トラットリア・アルモ - グラス赤ワイン・・・どっちにしようかなぁ・・・

    グラス赤ワイン・・・どっちにしようかなぁ・・・

  • トラットリア・アルモ - 熊本産 黒毛和牛の熟成肉「クリ」の炭火焼き & 赤ワイン

    熊本産 黒毛和牛の熟成肉「クリ」の炭火焼き & 赤ワイン

  • トラットリア・アルモ - 熊本産 黒毛和牛の熟成肉「クリ」の炭火焼き

    熊本産 黒毛和牛の熟成肉「クリ」の炭火焼き

  • トラットリア・アルモ - 熟成肉って美味しいねぇ

    熟成肉って美味しいねぇ

  • トラットリア・アルモ - 栗のクレープ

    栗のクレープ

  • トラットリア・アルモ - 栗のクレープ

    栗のクレープ

  • トラットリア・アルモ - タクシーを待っている間にサービスで呑まして頂いた日本酒「龍神丸」

    タクシーを待っている間にサービスで呑まして頂いた日本酒「龍神丸」

  • トラットリア・アルモ - グラス スプマンテ(2014年11月)

    グラス スプマンテ(2014年11月)

  • トラットリア・アルモ - アミューズの蕪が美味しい(2014年11月)

    アミューズの蕪が美味しい(2014年11月)

  • トラットリア・アルモ - 前菜(2014年11月)

    前菜(2014年11月)

  • トラットリア・アルモ - 前菜盛り合わせ(2014年11月)

    前菜盛り合わせ(2014年11月)

  • トラットリア・アルモ - 前菜盛り合わせ(2014年11月)

    前菜盛り合わせ(2014年11月)

  • トラットリア・アルモ - ご主人に選んでもらった白ワイン(2014年11月)

    ご主人に選んでもらった白ワイン(2014年11月)

  • トラットリア・アルモ - パスタ&リゾット(2014年11月)

    パスタ&リゾット(2014年11月)

  • トラットリア・アルモ - フレッシュポルチーニが食べたい!!

    フレッシュポルチーニが食べたい!!

  • トラットリア・アルモ - イタリア産フレッシュポルチーニのクリームソース フェットチーネ(2014年11月)

    イタリア産フレッシュポルチーニのクリームソース フェットチーネ(2014年11月)

  • トラットリア・アルモ - 娘が取り分けてくれます

    娘が取り分けてくれます

  • トラットリア・アルモ - イタリア産フレッシュポルチーニのクリームソース フェットチーネ(2014年11月)

    イタリア産フレッシュポルチーニのクリームソース フェットチーネ(2014年11月)

  • トラットリア・アルモ - ポルチーニのフェットチーネ大好き!!

    ポルチーニのフェットチーネ大好き!!

  • トラットリア・アルモ - セコンド(2014年11月)

    セコンド(2014年11月)

  • トラットリア・アルモ - 泉州産 天然真鯛のアクアパッツァ(2014年11月)

    泉州産 天然真鯛のアクアパッツァ(2014年11月)

  • トラットリア・アルモ - 熟成師フェリア渡邊氏による40日熟成した佐賀牛のもも肉

    熟成師フェリア渡邊氏による40日熟成した佐賀牛のもも肉

  • トラットリア・アルモ - 佐賀牛もも肉(40日熟成)のタリアータ(2014年11月)

    佐賀牛もも肉(40日熟成)のタリアータ(2014年11月)

  • トラットリア・アルモ - 佐賀牛もも肉(40日熟成)のタリアータ(2014年11月)

    佐賀牛もも肉(40日熟成)のタリアータ(2014年11月)

  • トラットリア・アルモ - ご主人チョイスの赤ワイン(2014年11月)

    ご主人チョイスの赤ワイン(2014年11月)

  • トラットリア・アルモ - 佐賀牛もも肉(40日熟成)のタリアータ(2014年11月)

    佐賀牛もも肉(40日熟成)のタリアータ(2014年11月)

  • トラットリア・アルモ - 秋じゃがいものゴルゴンゾーラ グラタン(2014年11月)

    秋じゃがいものゴルゴンゾーラ グラタン(2014年11月)

  • トラットリア・アルモ - ドリンク

    ドリンク

  • トラットリア・アルモ - 自家製レモンチェッロ(2014年11月)

    自家製レモンチェッロ(2014年11月)

  • トラットリア・アルモ - ドルチェ(2014年11月)

    ドルチェ(2014年11月)

  • トラットリア・アルモ - 和歌山産 黒柿のマチェドニア スプマンテのジュレ ジェラート添え(2014年11月)

    和歌山産 黒柿のマチェドニア スプマンテのジュレ ジェラート添え(2014年11月)

  • トラットリア・アルモ - 仏産 ヴァローナ社の高級チョコレートのパウンドケーキ ジェラート添え(2014年11月)

    仏産 ヴァローナ社の高級チョコレートのパウンドケーキ ジェラート添え(2014年11月)

  • トラットリア・アルモ - 新政 貴醸酒 陽乃鳥(2014年11月)

    新政 貴醸酒 陽乃鳥(2014年11月)

  • トラットリア・アルモ - この日の前菜(2013年12月)

    この日の前菜(2013年12月)

  • トラットリア・アルモ - 前菜盛り合わせ(2013年12月)

    前菜盛り合わせ(2013年12月)

  • トラットリア・アルモ - ご主人に選んでもらった白ワイン(2013年12月)

    ご主人に選んでもらった白ワイン(2013年12月)

  • トラットリア・アルモ - 赤目芋のゴルゴンゾーラグラタン(2013年12月)

    赤目芋のゴルゴンゾーラグラタン(2013年12月)

  • トラットリア・アルモ - この日のパスタ(2013年12月)

    この日のパスタ(2013年12月)

  • トラットリア・アルモ - 犬鳴豚のスモークベーコンと地玉子のカルボナーラ(2013年12月)

    犬鳴豚のスモークベーコンと地玉子のカルボナーラ(2013年12月)

  • トラットリア・アルモ - 犬鳴豚のスモークベーコンと地玉子のカルボナーラ(2013年12月)

    犬鳴豚のスモークベーコンと地玉子のカルボナーラ(2013年12月)

  • トラットリア・アルモ - 犬鳴豚のスモークベーコンと地玉子のカルボナーラ ブラックペッパーをたっぷりかけて食べる(2013年12月)

    犬鳴豚のスモークベーコンと地玉子のカルボナーラ ブラックペッパーをたっぷりかけて食べる(2013年12月)

  • トラットリア・アルモ - この日のメイン料理(2013年12月)

    この日のメイン料理(2013年12月)

  • トラットリア・アルモ - 島根産 天然 本クエのアクアパッツァ(2013年12月)

    島根産 天然 本クエのアクアパッツァ(2013年12月)

  • トラットリア・アルモ - 島根産 天然 本クエのアクアパッツァ(2013年12月)

    島根産 天然 本クエのアクアパッツァ(2013年12月)

  • トラットリア・アルモ - 島根産 天然 本クエのアクアパッツァ 相生産の牡蠣がプリップリ(2013年12月)

    島根産 天然 本クエのアクアパッツァ 相生産の牡蠣がプリップリ(2013年12月)

  • トラットリア・アルモ - 丹波産 イノシシ ホホ肉の赤ワイン煮 黒胡椒風味(2013年12月)

    丹波産 イノシシ ホホ肉の赤ワイン煮 黒胡椒風味(2013年12月)

  • トラットリア・アルモ - 丹波産 イノシシ ホホ肉の赤ワイン煮 黒胡椒風味(2013年12月)

    丹波産 イノシシ ホホ肉の赤ワイン煮 黒胡椒風味(2013年12月)

  • トラットリア・アルモ - ご主人チョイスの赤ワイン(2013年12月)

    ご主人チョイスの赤ワイン(2013年12月)

  • トラットリア・アルモ - 足赤海老と鱈白子の焦がしハチミツソース(2013年12月)

    足赤海老と鱈白子の焦がしハチミツソース(2013年12月)

  • トラットリア・アルモ - 食後に新政の「貴醸酒」を呑む(2013年12月)

    食後に新政の「貴醸酒」を呑む(2013年12月)

  • トラットリア・アルモ - 食後に新政の「貴醸酒」を呑む(2013年12月)

    食後に新政の「貴醸酒」を呑む(2013年12月)

  • トラットリア・アルモ - 出会いはfocus focusというイベント

    出会いはfocus focusというイベント

  • トラットリア・アルモ - 1日だけランチをお休みさせれて出店

    1日だけランチをお休みさせれて出店

  • トラットリア・アルモ - メニュー

    メニュー

  • トラットリア・アルモ - ランプレドット

    ランプレドット

  • トラットリア・アルモ - パンは人気のフルニエさんのを使っています

    パンは人気のフルニエさんのを使っています

  • トラットリア・アルモ - ランプレドットのパニーノ

    ランプレドットのパニーノ

  • トラットリア・アルモ - ランプレドットが激ウマ!!

    ランプレドットが激ウマ!!

  • トラットリア・アルモ - ランプレドットは白ワインとも合う合う

    ランプレドットは白ワインとも合う合う

  • トラットリア・アルモ - パルマ産 生ハムと水牛のモッツァレラ 甘トマトのパニーノ

    パルマ産 生ハムと水牛のモッツァレラ 甘トマトのパニーノ

  • トラットリア・アルモ - パルマ産 生ハムと水牛のモッツァレラ 甘トマトのパニーノ

    パルマ産 生ハムと水牛のモッツァレラ 甘トマトのパニーノ

  • トラットリア・アルモ - イタリアンビール「モレッティ」

    イタリアンビール「モレッティ」

  • トラットリア・アルモ - ペポーゾ(和牛の黒胡椒煮)

    ペポーゾ(和牛の黒胡椒煮)

  • トラットリア・アルモ - 牛肉の煮込みには赤ワインよねぇ

    牛肉の煮込みには赤ワインよねぇ

  • トラットリア・アルモ - 美味しかったので次の日の夜にお店に食べに行ってみた

    美味しかったので次の日の夜にお店に食べに行ってみた

  • トラットリア・アルモ - 喫煙場所は外にある

    喫煙場所は外にある

  • トラットリア・アルモ - 自転車乗ってるのは・・・何???(www

    自転車乗ってるのは・・・何???(www

  • トラットリア・アルモ - 店内

    店内

  • トラットリア・アルモ - 窓際の棚

    窓際の棚

  • トラットリア・アルモ - とりビー

    とりビー

  • トラットリア・アルモ - メニュー(前菜)

    メニュー(前菜)

  • トラットリア・アルモ - 前菜の盛り合わせ(2人前)

    前菜の盛り合わせ(2人前)

  • トラットリア・アルモ - 白ワインはおすすめの4本から選択

    白ワインはおすすめの4本から選択

  • トラットリア・アルモ - これに決定!!

    これに決定!!

  • トラットリア・アルモ - 山中さんの甘トマトと水牛のモッツァレラチーズのカプリ風サラダが激ウマ!!

    山中さんの甘トマトと水牛のモッツァレラチーズのカプリ風サラダが激ウマ!!

  • トラットリア・アルモ - キーーーンと冷えた白ワインが美味しい!!

    キーーーンと冷えた白ワインが美味しい!!

  • トラットリア・アルモ - メニュー(パスタ&リゾット)

    メニュー(パスタ&リゾット)

  • トラットリア・アルモ - 黒毛和牛の煮込みソース マフォルデ チーズがけ

    黒毛和牛の煮込みソース マフォルデ チーズがけ

  • トラットリア・アルモ - 黒毛和牛の濃厚ソースのパスタに合うワインを選んでもらいました

    黒毛和牛の濃厚ソースのパスタに合うワインを選んでもらいました

  • トラットリア・アルモ - 赤ワインが合うんだぁ

    赤ワインが合うんだぁ

  • トラットリア・アルモ - フルニエさんのパン

    フルニエさんのパン

  • トラットリア・アルモ - メニュー(メイン料理)

    メニュー(メイン料理)

  • トラットリア・アルモ - 北海道 茶路めん羊牧場の仔羊 骨付きロースのグリル 焦がしハチミツとゴルゴンゾーラチーズとスーゴのソース

    北海道 茶路めん羊牧場の仔羊 骨付きロースのグリル 焦がしハチミツとゴルゴンゾーラチーズとスーゴのソース

  • トラットリア・アルモ - 仔羊に合うのは、この2つらしい・・・どっちにするかなぁ

    仔羊に合うのは、この2つらしい・・・どっちにするかなぁ

  • トラットリア・アルモ - 仔羊には赤ワインが合うのよねぇ

    仔羊には赤ワインが合うのよねぇ

  • トラットリア・アルモ - 北海道 茶路めん羊牧場の仔羊 骨付きロースのグリル 焦がしハチミツとゴルゴンゾーラチーズとスーゴのソース

    北海道 茶路めん羊牧場の仔羊 骨付きロースのグリル 焦がしハチミツとゴルゴンゾーラチーズとスーゴのソース

  • トラットリア・アルモ - 仔羊の腎臓まで付いてます

    仔羊の腎臓まで付いてます

  • トラットリア・アルモ - 大好きなゴルゴンゾーラペンネ(ゴルゴンゾーラ極限バージョン)

    大好きなゴルゴンゾーラペンネ(ゴルゴンゾーラ極限バージョン)

  • トラットリア・アルモ - メニュー(ドルチェ)

    メニュー(ドルチェ)

  • トラットリア・アルモ - 濃厚パンナコッタ 2種のハチミツ(アカシア、栗)

    濃厚パンナコッタ 2種のハチミツ(アカシア、栗)

  • トラットリア・アルモ - ティラミス

    ティラミス

  • トラットリア・アルモ - カタラーナ 小

    カタラーナ 小

  • トラットリア・アルモ - エスプレッソ

    エスプレッソ

口コミが参考になったらフォローしよう

urya-momen

urya-momen

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

urya-momen(2634)さんの他のお店の口コミ

urya-momenさんの口コミ一覧(2544件)を見る

店舗情報(詳細)

店舗基本情報

店名 トラットリア・アルモ (trattoria almo)
ジャンル イタリアン、パスタ、フレンチ
予約・
お問い合わせ

050-5595-8116

予約可否

予約可

住所

大阪府和泉市いぶき野5-7

交通手段

泉北高速鉄道線「和泉中央」線から徒歩10分。
泉北1号線万町北1号交差点東側です。

和泉中央駅から582m

営業時間・
定休日

営業時間

【火~日・祝・祝前】
ランチ 11:30~15:00 (L.O.14:00)
【火~日・祝・祝前】
ディナー 18:00~22:00 (L.O.21:00)

日曜営業

定休日

月曜日 ※祝日の場合は営業。月1回不定休でお休みいただきます。

予算
[夜]¥5,000~¥5,999 [昼]¥2,000~¥2,999
予算(口コミ集計)
[夜]¥10,000~¥14,999 [昼]¥2,000~¥2,999

予算分布を見る

支払い方法

カード不可

電子マネー不可

サービス料・
チャージ

なし

席・設備

席数

23席

(カウンター7席 テーブル16席)

個室

貸切

(20人~50人可)

禁煙・喫煙 完全禁煙
駐車場

8台

空間・設備

オシャレな空間、カップルシートあり、カウンター席あり

携帯電話

docomo、au、SoftBank、Y!mobile

メニュー

コース

3000円~4000円のコース、4000円~5000円のコース、5000円~8000円のコース

ドリンク

日本酒あり、焼酎あり、ワインあり、カクテルあり、日本酒にこだわる、ワインにこだわる

料理

野菜料理にこだわる、魚料理にこだわる

特徴・関連情報

利用シーン

家族・子供と 知人・友人と

こんな時によく使われます。

ロケーション

隠れ家レストラン

サービス

お祝い・サプライズ可、ソムリエがいる、テイクアウト

お子様連れ

子供可(乳児可、未就学児可、小学生可)

ホームページ

http://trattoriaalmo.web.fc2.com/index.html

オープン日

2008年11月1日

電話番号

0725-56-2678

初投稿者

パインパイン(3)

ブログに店舗情報を貼る

このレストランは食べログ店舗会員等に登録しているため、ユーザーの皆様は編集することができません。

店舗情報に誤りを発見された場合には、ご連絡をお願いいたします。お問い合わせフォーム

食べログ特集

ページの先頭へ