素晴らしい眺望の中での朝食 : スカイラウンジ エアシップ ホテル大阪ベイタワー

この口コミは、suna8さんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

suna8

suna8(512)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]50代後半・男性・大阪府

1

  • 昼の点数:3.5

    • [ 料理・味3.0
    • | サービス3.5
    • | 雰囲気4.0
    • | CP2.5
    • | 酒・ドリンク3.0
  • 使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999
1回目

2016/07訪問

  • lunch:3.5

    • [ 料理・味 3.0
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 2.5
    • | 酒・ドリンク 3.0
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

素晴らしい眺望の中での朝食

名古屋起点での出張時には何回かお世話になったこのホテルは、最近では例のごとく混んでいるようで、今回の最上階のスカイラウンジも、満席まではいかないものの、かなり混み合っていました。以前は、もっと余裕があったように記憶してますが。(仕事の時は平日利用が基本なので単純比較はできないでしょうけど)

今回はモーニングで利用しました。バイキング形式(ビュッフェ形式)の朝食は、たいていのホテルで提供されているスタイルで、各地のホテルで食べて来ましたが、このホテルのバイキングは、料理のバリエーションも味も価格相応でした。

ホテルにおける朝食の提供形式には、以下の種類があります(私の経験したものに限定)。

・バイキング形式
・セルフサービス形式(バイキングほどは品数はなく選べるのはパンご飯、ドリンク程度)
・定食選択形式(通常、和洋が選べる)

市井のファストフード店でも同じですが、モーニングタイムの食事は、基本的には提供側の準備の関係で、上記のように一定のメニューに限定されています。特にホテルの宿泊者の場合、朝からアレコレ食べたい人はまれで、上記の提供パターンで問題ないとは思います。

ただ、同じバイキングでも、ホテルによってコスパや楽しさが異なり、値段相応かそれ以下以上かはかなりブレますので、なんだこんなものか、と思うことも少なくありません。ただし、朝食無料と謳っている場合はそう思っても、タダだからしょうがないか、と諦める人も多いとは思います。現実は、宿泊料金に含まれているわけなので、この辺りはホテルの種類や運用の違いもありますが、一種の作戦なのかも知れません。無料作戦は、上位クラスのビジネスホテルやシティホテルクラスに多いように思います。特に、いわゆるビジネスホテルは、一般的にサラリーマンが対象なので(最近では実質的なユーザーは変わってしまっているようですが)、会社における領収書精算を考慮したシステムと言えます(明細に表記されない点で)。

少し話がずれますが、ホテルの宿泊プランに「シアター見放題付き」のような表記を見かけますが、いわゆる有料チャンネルのことで、昔はそれを観てしまうと別明細で領収書に自動的に記載されてしまい、チェクアウト時にフロントでそれを渡された際に、慌てて「手書きの領収書にしてくれませんか?」と告げながら、内心冷や汗をかいたことがあったりなかったりで。(成人男性に限る?)

ついでにもう一つ、やはり宿泊プランに「ポイント付き」「QUOカード付き」などというのがあります。これも基本的には、シアター付きプランと同様の、サラリーマン囲い込み作戦でしょうね。特に、ポイント付きはウェブ上で提供されているホテル予約システムとの連携プレイであり、最近ではサラリーマン自身が予約することも多いので(総務などが代行して予約するのはお偉いさんぐらい?)、一種のグレーゾーンとは言え、うまい仕組みだと思います。

話を戻します。

2000円ほどのこのホテルのモーニング、果たしていかがなものだったのでしょうか。

1、眺望はトップクラス

さすがに高層ホテルの最上階である51階のラウンジと言う感じです(公称200m)。しかも、ほぼ両サイド(海側、街側)の窓際もテーブル席になっており、更に、内側の部分の床が窓際より一段高くなっているので、窓際席に座れなくても素晴らしい景色を眺めながら食事が出来ます。

残念なのは、近隣に同等の高さを持つタワーマンションも建っており、ちょっと邪魔な点です。まあ、こればっかりは致し方ないですね。(ちなみに、大阪の市街地は伊丹空港があるため、200mの建築制限があるとのこと)

2、料理は普通

朝食に2000円程度のコストをかけるかどうかですが、宿泊者なら選択する可能性は十分あります。宿泊プランなら込みの料金になってもいますし、ホテル内でまったりと朝の時間を満喫したいでしょうし。(このスカイラウンジ以外にも選択肢はあるが詳細は割愛)

とにかく食べログ的な視点でここの朝食を評価するなら、味はや種類はともかくコスパは悪いですね。個人的にはこの内容なら1200円程度かと思いました。まあ眺望代(いわゆる展望台料金)が800円、という解釈で行くしかないかもです。

確かに工夫の跡は多少は感じられます。大阪の代表イメージのたこ焼きを置いていたり、受注生産式(実演)オムレツコーナーがあったりと。でも、残念ながらそのいずれも味はイマイチでした。たこ焼きはいかにも冷凍物を解凍して、ソースとマヨネーズと花カツオをかけて、大皿に盛っているだけという雰囲気で、見た時点で残念状態でした。一方のオムレツも、チーズオムレツを指定したのですが、安っぽいサイコロ状のチーズがインされていて、卵との一体感がなく違和感だけを味わいながら食べました。(連れも同意見)

どうせなら、それらを組み合わせた形、つまりたこ焼きの実演提供スタイルにした方が、美味しく提供出来るし、アトラクション的に、家族連れや外国人に受けると思います(難しいでしょうけど、匂いとか)。まあ、朝からがっつり粉もんというのも変だし、どうせ近隣の観光地で本格的なものを日中に食べる(食べた)客が多いと思うので不要かも、という意見はありそうですが。

3、サービス

バイキング形式なので、サービスと言っても直接的なものではなく、特有の形になります。

受付のスムーズさ(他と兼任していて受付係不在の時があるホテルも)やテーブルへの誘導の仕方、料理や食器類の補充タイミング、使用後の食器の回収方法やタイミング、そしてそれらのスタッフの動きと表情などなど、ホテルが故のチェックポイントがありますが、その点はさすがに合格点でした。(一般客はそんなとこまで見てないでしょうけど、私がマネジャーだったと妄想した視点で)

まあ、細かく言えば、例のオムレツを焼く係が、客の目が触れるところで、一生懸命ケチャップを絞って容器に入れてましたが、やはりそう言う段取り作業は、見えにくいところでやる方がいいでしょうね。バックヤードでとは言いませんが、なんだかなぁ、と思いました。(絞る時に出る上品ではない音が聞こえたので気づいたのです)

ということで、全体的には気持ちよく久々にまったりと、たまたま確保できた一番奥、海側窓際のソファ席(ベストポジション?)で朝食がとることができました。

コーヒーもおかわりしちゃいました。ごちそうさま。


追伸。

写真でアップした「箸置きの作り方」(スカイラウンジのテーブルに置いてあったもの)の謎を解明された方(ご存知の方)は、ぜひともコメントください。


◇◇◇

2016/7/16 モーニング


4ヶ月ぶりの利用でした。雰囲気やバイキングの価格は変わってないようですが、メニューなどが変更されていました。

特に、大阪名物が前回のたこ焼きオンリーから増えており、たこ焼きに加え、お好み焼き、イカ焼き、そして明石焼までありました。また、食べませんでしたが、牛すじのどて焼きもありました。どうせなら、ということで、どて焼き以外を1個ずつ皿に盛って「大阪づくし」というイメージの食事をしましたが、やっぱり味はイマイチで、作り置きの宿命と言うか、結果的には余興レベルでした。

あと、問題の「箸置きの作り方」は撤去されたのか見当たりませんでした。ちょっと残念です。

  • スカイラウンジ エアシップ - メインを大阪づくしとしてみたが。<2016/7/16>

    メインを大阪づくしとしてみたが。<2016/7/16>

  • スカイラウンジ エアシップ - 手前が大阪づくしコーナー。<2016/7/16>

    手前が大阪づくしコーナー。<2016/7/16>

  • スカイラウンジ エアシップ - こんな雰囲気で朝食をいただく。<2016/7/16>

    こんな雰囲気で朝食をいただく。<2016/7/16>

  • スカイラウンジ エアシップ - 炭水化物は粉もん(写真中央)で摂取するのが大阪のルール。

    炭水化物は粉もん(写真中央)で摂取するのが大阪のルール。

  • スカイラウンジ エアシップ - 素晴らしい景色を眺めながら、まったりと食後のコーヒーを楽しむ。

    素晴らしい景色を眺めながら、まったりと食後のコーヒーを楽しむ。

  • スカイラウンジ エアシップ - なぜかテーブルに置いてあった「箸置きの作り方」。中級編の④から⑤への遷移がどうしても理解出来なかった。

    なぜかテーブルに置いてあった「箸置きの作り方」。中級編の④から⑤への遷移がどうしても理解出来なかった。

  • スカイラウンジ エアシップ - デジカメのジオラマモードで眼下のバス車庫と思われる付近を撮影してみたが、出来がイマイチ。

    デジカメのジオラマモードで眼下のバス車庫と思われる付近を撮影してみたが、出来がイマイチ。

口コミが参考になったらフォローしよう

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

suna8(512)さんの他のお店の口コミ

suna8さんの口コミ一覧(1295件)を見る

店舗情報(詳細)

編集する

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名   スカイラウンジ エアシップ ホテル大阪ベイタワー (SKY LOUNGE Air Ship)

このお店は現在閉店しております。店舗の掲載情報に関して

ジャンル フレンチ、バイキング、ラウンジ
住所

大阪府大阪市港区弁天1-2-1 ホテル大阪ベイタワー 51F

交通手段

JR又は地下鉄中央線弁天町駅 下車徒歩5分

弁天町駅から109m

営業時間

【朝食】
7:00~10:00
【ランチ】
平日11:30~15:00
土日祝2部制11:30~/13:15~ 
【ディナー&バー】
18:00~23:00
日祝~22:00※休前日除く(L.O.30分前)
※ディナー最終21:00

日曜営業

定休日

無休

予算
[夜]¥6,000~¥7,999 [昼]¥2,000~¥2,999
予算(口コミ集計)
[夜]¥10,000~¥14,999 [昼]¥2,000~¥2,999

予算分布を見る

支払い方法

カード可

(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)

サービス料・
チャージ

バー利用の場合:エントランスフィ1,080円/ご利用価格すべてサービス料10%

席・設備

席数

125席

(カウンター席9席含む)

個室

貸切

不可

禁煙・喫煙 完全禁煙

朝食時ランチタイムは全席禁煙

駐車場

有料但し、食事利用で優待サービス有

空間・設備

オシャレな空間、落ち着いた空間、席が広い、カップルシートあり、カウンター席あり、ソファー席あり、ライブ・生演奏あり

携帯電話

docomo、au、SoftBank、Y!mobile

メニュー

飲み放題コース

飲み放題、4000円~5000円の飲み放題コース

コース

食べ放題、5000円~8000円のコース、8000円~10000円のコース、10000円以上のコース

ドリンク

ワインあり、カクテルあり、ワインにこだわる、カクテルにこだわる

料理

健康・美容メニューあり

特徴・関連情報

利用シーン

家族・子供と

こんな時によく使われます。

ロケーション

景色がきれい、夜景が見える、海が見える、ホテルのレストラン

サービス

お祝い・サプライズ可、ソムリエがいる

お子様連れ

子供可

ディナータイムの営業は3歳以下のお子様のご入店はお断りしております。何卒、ご理解の程、よろしくお願い致します。

ホームページ

http://www.osaka-baytower.com

初投稿者

いも&りんごいも&りんご(11)

最近の編集者

編集履歴を詳しく見る

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

周辺のお店ランキング

  • 総合ランキング

弁天町・西九条・大阪ドーム×フレンチのランキング(点数の高いお店)です。

食べログ特集

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ