【1800件レビュー&祝全国制覇!】 湯布院で露天風呂に入って、美味しいもの食べてまったりいい気分♪ 和王牛の溶岩焼きに、伊勢海老、カボスヒラメなどなど素晴らしい温泉宿でした : ゆふいん湯めぐりホテル 山光園

  • 料理・味 3.51
  • サービス 3.52
  • 雰囲気 3.52
  • CP 3.49
  • 酒・ドリンク 3.40
  • 行った 17人
  • 行きたい 14人

評価分布

この口コミは、なまらうまいさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

なまらうまい

なまらうまい(1910)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]40代前半・男性・東京都

1

  • 夜の点数:4.0

    • [ 料理・味4.0
    • | サービス3.8
    • | 雰囲気4.1
    • | CP3.8
    • | 酒・ドリンク3.7
  • 使った金額(1人)
    ¥15,000~¥19,999
1回目

2016/10訪問

  • dinner:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 3.8
    • | 雰囲気 4.1
    • | CP 3.8
    • | 酒・ドリンク 3.7
    使った金額(1人)
    ¥15,000~¥19,999

【1800件レビュー&祝全国制覇!】 湯布院で露天風呂に入って、美味しいもの食べてまったりいい気分♪ 和王牛の溶岩焼きに、伊勢海老、カボスヒラメなどなど素晴らしい温泉宿でした

1800件レビューの記念、そして全国制覇の記念は大分は湯布院の「ゆふいん湯めぐりホテル 山光園」さんです♪
食べログを初めて約3年になり、ずいぶんレビューを書いたな~っと。 そしてなにより当初から目標にしていた、全都道府県を周って食べログの日本地図に全て色を付けることもようやく達成しました! 長かったな~。 それでもまだまだ、十分に満喫できてない県もあるので、これからもモリモリと美味しいものを食べ歩いていきます!

全国制覇の最後の県は大分になりそうだったので、「おんせん県」と呼ばれるほどの大分なら温泉しかないだろうということで湯布院の温泉に行ってきました。 ちょうど仕事の疲れも取りたかったので、のんびり~っとしてきました。 こちらの「ゆふいん湯めぐりホテル 山光園」は、一度は行ってみたいと思っていた湯布院の温泉。 ホテルは名所の金鱗湖や駅近辺からは少し離れたところにあります。 といっても、車で5分くらいのところでしたので、普通に近かったです。

部屋から見える由布岳がすごく美しく、露天風呂も貸切でたくさんあってのんびりゆったりできました。
サービスもしっかりと行き届いていて、部屋も和室でキレイで快適でした。 今年は夏場に仕事で忙しかったもので、ようやくのんびりと美味しいものを食べてゆっくりとすることができて良かったです。 貸切露天風呂は日本庭園内には6つあって時間も無制限で使えます。 紅葉の少し前の時期に行ったので、お客さんがまだまばらでしたので、ゆったりとできました。 大浴場もあるし、敷地内には自家源泉が2つあって、さすが湯布院ですね。

大分に来てから「日本一の温泉県」のアピールがすごく、街中に普通に源泉があって、もくもくと湯気が上がってる光景に感動というか驚いてました。 もう別府の地獄巡りで温泉卵を何個食べたことか(笑)

そして、由布院盆地の展望といえば狭霧台で、早朝には「朝霧」と呼ばれる雲海も見られることで有名です。
ただ、地震の影響で基盤が崩れて現在(2016年10月時点)は立ち入り禁止になっているとのことで、ちょっと残念。 観光客も戻って、復旧できることを祈ってます。 こちらのホテルからも盆地にかかっている雲が見ることができました。 狭霧台からの景色ほどではないと思いますが、ステキな早朝の雲を見れて、すっかりと満喫してきました♪

ホテルに付いて早速、貸切露天風呂でゆったりと温泉。 ちょうど空いていたのは「夕霧の湯」でした。
1階のフロントの横の喫茶&バーのスペースで、セルフでドリンクを頂けます。 AM7:00~10:30とPM15:00~21:00 でセルフでドリンクが頂けます。 ソファ席もあってのんびりとできますね。

夜の時間で、ふらっと行ってみると、なんと焼酎の試飲までありました! 試飲とは書いてますがセルフで飲めるサービスですね。 うっほ~、なんてステキなサービス! ご丁寧にお水と氷まで置いてありました。

「ゆふいんの郷」「銀座のすずめ黒麹」という初めて聞いた焼酎でした。
どちらも麦焼酎で、どちらも麦のそのままの香ばしい香りのする美味しい焼酎でした。 「銀座のすずめ黒麹」のほうが、口当たりが良くて飲みやすかったです。 温泉から上がって、すっかりとほろ酔い♪ 食べる前から満足度がかなり上がってました。

そして2階の広間での夕食へ向かいます♪
席はあらかじめ決まっていて、部屋番号を伝えると席まで案内してくれます。
みなさんすごく丁寧な接客で、心地よいホテルでした。 外国の方の留学生もアルバイトされていて、少し話をすると日本の文化も勉強できて、学費も稼いでいるんだとか。 なんかそういう話を聞くと嬉しいですね。 お客さんの中には中国や韓国からの家族旅行の方もいたので、ネイティブで接客できれば、よりわかりやすく日本の文化も伝えてもらえるんじゃないでしょうか。

最初にシャンパンがボトルでサービスされました(これは、宿泊予約したときのプランに含まれていたもの)。
前菜が並んだところで、まずはシャンパンで乾杯して、食前酒の梅酒も飲んで、なんだかふらっと気合が入ってきました(笑)

【夕食】
■小鉢:キノコの白和え
シイタケにしっかりと味が入っていて、豆腐と絡められていて風味豊かな小鉢でした。

■前菜:鰻の蒲焼き、セセリの南蛮、蕎麦米、海月梅肉和え、山芋素麺
「鰻の蒲焼き」には、錦糸卵がたっぷり乗ってて、ホッコリとして美味しい~♪ 蕎麦米って、あまり味わったことのない食感でプチプチ感と弾力があって、玄米というか麦のような味わいでさっぱりしてました。 献立では5種類でしたが、実際には6種類あって海老も付いていました。 山芋素麺もヌメっとしていながら、喉越しもよくて前菜としては最適ですね。

■お造り:カボス平目のお造り
大分の名産で「カボスヒラメ」のお造りです♪
「カボスヒラメ」というのは、カボスの果汁を混ぜた餌を与えて成長させた平目のことのようです。 説明では、「透き通った肉厚な身は甘みをもちながらもさっぱりと洗練された味わいになります」とのこと。

ちょっぴりと2切れだったので、なかなかしっかりと味を確かめるのは難しかったのですが、確かに独特の平目ですね。
淡白なので味というよりは、むっちりとした食感が特徴的でした。 かなりさっぱりとしていながらも、旨みが強い平目なのですね。 これは良い経験をさせてもらいました♪

■酢物:焼霜しめ鯖
大分は、関サバ・関アジでも有名なので、やはり新鮮で美味しいですね~。
脂がたっぷりのった「しめ鯖」で、昆布の風味が豊かでカボスをさっと搾ると、めっちゃ美味しい♪ ふわ~~、身もしっかり締まってるし、しめ具合も最高でした、旨い!

■焼物:和王溶岩焼き、伊勢海老、鮑網焼き
お腹も落ち着いてきたところで、いよいよメインに入っていきます。

熊本県産「和王牛」を溶岩焼きで頂きます♪
すっごくキレイなサシが入った牛肉です。 しかも、かなりのボリュームでした、これでかかったな~。 これだけで十分お腹一杯になるくらいの量で「和王牛」が食べれるなんて、さすが湯布院! すばらしい~!

和王牛は「くまもと黒毛和牛プレミアム」に認定されていて、日本食肉格付協会の定める肉質等級が4以上で、BMS ナンバーが6番以上であるという定義もあるそうです。 なんだかよくわからないですが、見ただけで間違いなく美味しいだろうというのはよくわかりました(笑)

溶岩焼きでジワジワと焼いていきます。
比較的ちゃんと焼けているくらいが好みなので、焦らずにじっくりと焼いていき、表面がしっかり焼けて中心はレア感が残るくらいでさっと頂きます。 カボスポン酢をさっとつけて食べると、これは驚き! お肉の旨みがまろやかで、でもお肉そのものの旨みはハッキリとしていて甘みすら感じます。 ふほ~っと思っているうちに、とろっと口の中で解けていくような食感で繊細で芳醇な味わい、これは素晴らしい牛肉だと実感できました。

東京都内の焼肉屋さんで食べるランク付けのお肉のレベルをはるかに超越していました。 こちらの「和王牛」「A4以上」という説明なのですが、食感も美味しさもすごい美味しい! そう考えると都内の焼肉屋で食べてる「A5」って一体ナンなんだよ…って考えてしまいました。 まあレベルと美味しさは必ずしも比例しないといいますからね。 いいお肉を食べれて満足でした。

「伊勢海老」
半身の伊勢海老もしっかりと炙っていただきます♪ なんて豪華な夕食♪
頭や足のところは最初から取られていて、身の部分だけでお皿にのって出てきます。 雰囲気的には頭のところや足も付いていてくれたほうが嬉しいのですが、自分で焼いて食べることを考えると身の部分だけの提供になるのかな? そのほうが焼きやすいし食べやすいですからね。

じわじわと焼けてくると殻の香ばしさが漂ってきます♪ ふわ~、いいね~。
身がぷりんっとなってきたところで、ガッツリと身を取ってパックリといただきました。 いや~、なんて贅沢!
15cmくらいはある伊勢海老の身をパックリと一口で! キュッとしまってぶりんぶりんの弾力、甘みも凝縮されていてこれは最高ですな~。 ちょっと取り損ねた足の付け根のところもちまちまっと食べると、これまた美味しい。 特に旨みもあっていいですね~。 部屋に持っていってちまちまと酒を飲みながら食べたい気分でした。

「鮑網焼き」
鮑が一口サイズにカットされていて、殻にのって出てきます。
さっと焼くと、きゅ~っと身が締まっていって、パックリと食べるとムッチリとした食感。 これまた贅沢な気分になりますね~♪
表面をさっと焼いて香ばしさを出して、中はジューシーなままで食べると旨みも良くわかって美味しかったです。 ひと噛みするごとにじゅわっじゅわっと広がる鮑の旨みがたかりませんでした。

あと、野菜もいろいろ付いていて、ししとう・ズッキーニ・パプリカ・しいたけなどで、これも一緒に焼いて食べていきます。
それにしても、しいたけがでかかったな~♪ しかも、味が大味にならないで、凝縮されていて、食感もむっちり。 なんか、さりげなく添えられていた椎茸ですが、これにも満足しました。

■蒸物:季節野菜の玉地蒸し
カニの爪が一本乗った「玉地蒸し」でした。
ふわっと漂ってくる香りは松茸ですね~♪ はじっこのほうに小さな松茸が入ってました。 茶碗蒸しよりも、とろっとろ~、すっごく滑らかで、ちゅるちゅるっと食べきってしまいました。

■洋皿:和牛たたきのサラダ
オニオンチップが散りばめられた「和牛のたたき」、お肉は2種類乗ってました。
モモ肉のほうが、程よい脂で赤身があって柔らかいのですが、柔らかすぎないお肉の旨みをしっかりと味わえるものでした。 赤身の風味が上品で、口当たりもよくて、ギュッと閉じ込められた旨みが、噛みしめるごとに口の中に広がってきて、これまた美味しい♪
「和牛のたたき」で食べると、お肉にコクがあるのがわかりますね~。

■食事:白御飯(大分産山香米)
■止椀:赤出汁
■香の物:五種盛り
普通に美味しいご飯やお味噌汁。 香の物は、意外とシンプルでキュウリや大根、ニンジンなどのお漬物でした。
贅沢言うなら、高菜とかが付いていてくれたら嬉しかったかもです。 ここまでの料理で十分満足しているので、程ほどにというところで〆に入りました。

■甘味:洋菓子、果物盛り合わせ
柿やマスカット、わらび餅とスポンジケーキが少しずつのった盛り合わせでした。
食後に軽くいただいてさっぱり、ごちそうさまでした。

ふいぃぃぃ~、食ったな~♪ めっちゃ満足~♪
ちょっと部屋で休んで、また露天風呂に行ってまったり~、帰りにラウンジに寄ってまたちょっくらお酒を飲んで、すっかりいい気分です♪ やっぱ温泉っていいな~っと思いました。

ドライブの疲れもあって、この日はぐっすりと休みました。
もう、何も考えずにいい感じによっぱらって、そのままくったりです。 朝は早起きしてまた露天風呂に♪ 何度もふら~っと露天風呂にいけるというのも醍醐味ですね~。

お風呂から出てきてから知ったのですが、湯布院でも「朝霧」と呼ばれる雲海が見られるらしく、狭霧台というところがスポットなのだそうです。 そこまで行くのは諦めたのですが、部屋の窓からも由布岳のほうに朝霧がかかっているのが少し見えました。 幻想的でステキですね~。 由布岳の眺望が楽しめる、ステキなホテルでした。

【朝食】
さて朝食です。 朝食も2階の大広間で頂きました。
行くと部屋番号の付いた席が用意されていて、料理もセットされています。

朝食でもテーブルの中央に炙り台がセットされていて、軽く干物を炙れるようになっています。
お隣には、「だご汁」がカエンでセットされていて、郷土食も楽しめる朝食ですね~。

メインの9つに区切られた皿には、いろいろと少しずつおかずが乗ってます。
かぼちゃサラダ・春雨の酢の物・がんも煮
明太子・大根と椎茸の煮物・かまぼこ
里芋の煮物・きんぴらごぼう・梅干と漬物


その他、広間の中央には「とり天」「米粉パン」が置いてありセルフで食べ放題になっています。
ドリンクもいろいろ置いてあって、高村武志牧場の「山吹色のジャージー牛乳」というのが美味しかったな~♪ こういうところで朝飲む牛乳って美味しいですね。 買って帰りたい気分でした。

「だご汁」は、程ほどのボリュームで、お味噌仕立てでニンジンやゴボウなどの野菜が入ってました。
ゴボウの風味が良くて、あっさり目のお味噌で、むっちりとろとろ~っとした平麺状の団子がまた美味しい! お味噌の汁がしっかりと馴染んでいて、歯応えもあってこれはいいものですね。 軽めの朝にはぴったりでした。

「とり天」も、あっさりめの下味がついていて、これまた大分名物ですね。
パリッとした衣に、しっとりとした鶏肉で、シンプルですが朝にちょいちょいっと食べれるのは嬉しいところでした。

ご飯は、小さめのお櫃でテーブルに置かれていて、お茶碗で二人で2杯ずつくらいの量です。
朝からこれだけ食べれれば十分ですね~。 しっかりと残さずにご飯もモリモリといただきました♪

いろいろとたくさんのものが食べれて、郷土料理も含まれる朝食っていいものですね~、美味しかったです。

朝食のあとは、またラウンジに行ってコーヒーをもらって、すこしまったり♪
初の湯布院をステキな温泉と美味しい料理ですっかりと満喫させてもらいました~。 帰りにもホテルの方と湯布院についていろいろとお話させてもらって、また来たいな~っと思えるホテルでした。

無事に1800件のレビューを終わらせて、まだまだこれからも食べログの旅は続きます♪
食べログを初めて約3年で、ようやく日本全国一周してきましたが、まだまだ食べれていない美味しいものを日本のあちこちで食べて回ってきたいと思います♪

  • 「くまもと黒毛和牛プレミアム」の和王牛、厚さもすごかった~

  • 伊勢海老もしっかり焼いて、鮑は食べごろだな~

  • 豪華な夕食がセットされてました~♪

  • シャンパンサービスです(ホテルのパックのプランについてた)

  • 部屋から見える由布岳に、朝霧がかかった幻想的な景色

  • 朝食も豪華でした~♪

  • ■洋皿:和牛たたきのサラダ

  • ■酢物:焼霜しめ鯖

  • 熊本県産「和王牛」を溶岩焼きで頂きます♪ すっごくキレイなサシが入った牛肉です。

  • ■お造り:カボス平目のお造り

  • ■蒸物:季節野菜の玉地蒸し

  • ■小鉢:キノコの白和え

  • ■前菜:鰻の蒲焼き、セセリの南蛮、蕎麦米、海月梅肉和え、山芋素麺

  • ■甘味:洋菓子、果物盛り合わせ

  • 貸切の露天風呂でまったり~♪

  • 焼く前の「伊勢海老」と「鮑網焼き」

  • これだけで十分お腹一杯になるくらいの量の美しい「和王牛」

  • ■焼物:和王溶岩焼き、伊勢海老、鮑網焼き

  • しっかりと焼いていただきます!

  • 焼いてぷり~んとした伊勢海老をパックリと♪

  • 野菜と鮑もじわじわと網焼き、和王牛も焼けてきた~♪

  • なんて豪華な夕食!

  • この椎茸がびっくりするくらい肉厚で味もしっかりしてた

  • 自分で溶岩焼きするのって風情があっていいものですね

  • 季節野菜の玉地蒸しに入ってた松茸

  • 伊勢海老は半身で、足などは切られて登場します

  • ■食事:白御飯(大分産山香米)

  • ■止椀:赤出汁

  • ■香の物:五種盛り

  • 前菜の「蕎麦米」

  • 前菜の「鰻の蒲焼き」

  • 前菜の「山芋素麺」

  • 前菜の「セセリの南蛮」

  • 前菜の「海月梅肉和え」

  • 前菜に乗っていた海老

  • 夕食は大広間で頂きます

  • 夕食のお献立

  • 一階のラウンジでは大分のお酒をセルフで試飲できます

  • ゆったりとしたラウンジ、セルフでいろいろいただけます

  • 「ゆふいん湯めぐりホテル 山光園」のロビーの様子

  • 朝食のセット9種。 朝からさっぱりと美味しいものをたくさんいただけます

  • 朝食で薩摩揚げと軽く干物を炙れるようになってます

  • 朝食の「だご汁」♪ 大分の郷土料理が食べれる朝食です

  • 「だご汁」は、すいとんみたいなものですね

  • 朝食の薩摩揚げと干物

  • 「米粉パン」と「とり天」はセルフでたくさんいただけます

  • 朝食の温泉卵

  • 朝食のデザート

  • 朝食のお櫃のご飯

  • 朝食の大広間のセルフコーナー

  • 朝食の「山香の米粉パン」

  • 高村武志牧場の「山吹色のジャージー牛乳」が美味しかったな~♪

  • 朝食のセルフの「とり天」

  • ラウンジの営業時間です

  • かなり品揃えのよいホテルの売店でした。

  • 売店には大分名物の「やせうま」や「だご汁」が売られてます

  • 部屋の置かれていたゆふいんのお菓子

  • 昔ながらのホテルですが、スタイリッシュに改装されていました

  • ホテルの部屋の様子

  • 夕暮れ時に部屋のまったりと景色を楽しめます

  • 部屋から見える光景、由布岳がすごく映えますね

  • 「夕霧の湯」の入口。 空いている露天風呂を自由に貸しきれます

  • 露天風呂も貸切でたくさんあってのんびりゆったりできました

  • 「ゆふいん湯めぐりホテル 山光園」の案内

  • 日本酒メニュー

  • 焼酎メニュー

  • 酎ハイ、ソフトドリンクメニュー

  • ワインメニュー

  • ラウンジはセルフでコーヒーやお水をいただけます

  • ラウンジでの焼酎の試飲コーナー

  • ラウンジの新焼酎の説明

  • ティーパックなどもたくさんおかれています

  • 「ゆふいん湯めぐりホテル 山光園」の部屋から見える由布岳と朝霧の様子

  • 「ゆふいん湯めぐりホテル 山光園」の中庭の様子

  • 「ゆふいん湯めぐりホテル 山光園」の外観、部屋と大浴場の様子

  • 露天風呂がたくさんあってステキな温泉でした

  • 露天風呂の入口です

  • 部屋から見える由布岳です

  • 「ゆふいん湯めぐりホテル 山光園」の入口の様子

  • 「ゆふいん湯めぐりホテル 山光園」の外観

口コミが参考になったらフォローしよう

なまらうまい

なまらうまい

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

なまらうまい(1910)さんの他のお店の口コミ

なまらうまいさんの口コミ一覧(2008件)を見る

この店舗の関係者の方へ

ユーザーから投稿された口コミに対して、お店側からお礼や情報追加などの返信を行ってみませんか?

店舗情報(詳細)

編集する

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

「ゆふいん湯めぐりホテル 山光園」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗準会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名 ゆふいん湯めぐりホテル 山光園
ジャンル 旅館
予約・
お問い合わせ

0977-84-2195

予約可否
住所

大分県由布市湯布院町川南1723

交通手段

南由布駅から1,409m

営業時間

定休日

予算(口コミ集計)
[夜]¥15,000~¥19,999 [昼]¥15,000~¥19,999

予算分布を見る

支払い方法

カード不可

席・設備

個室

駐車場

メニュー

ドリンク

日本酒あり、焼酎あり

特徴・関連情報

利用シーン

初投稿者

yachii-yachii-(85)

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

「ゆふいん湯めぐりホテル 山光園」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗準会員(無料)にご登録ください。ご登録はこちら

この店舗の関係者の方へ

食べログ店舗準会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。

店舗準会員になって、お客様に直接メッセージを伝えてみませんか? 詳しくはこちら

0977-84-2195

周辺のお店ランキング

  • 総合ランキング

湯布院×旅館のランキング(点数の高いお店)です。

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ