今から来冬に思いを馳せる : 柚木元

この口コミは、いぬくまさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

いぬくま

いぬくま(522)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]男性・北海道

3

  • 昼の点数:5.0

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス5.0
    • | 雰囲気4.8
    • | CP4.5
    • | 酒・ドリンク4.3
  • 使った金額(1人)
    ¥20,000~¥29,999
3回目

2018/12訪問

  • lunch:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 4.8
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.3
    使った金額(1人)
    ¥20,000~¥29,999

今から来冬に思いを馳せる

まさか北海道から長野の飯田を1年間で3回訪れることになるとは!
そりゃ店主も驚くわ・・・
今年の1月に食べたジビエ懐石に感動し、10月の松茸に驚き、そしてまた12月に信州のジビエを味わいに来ました。

今年度のジビエコース(18000円)の内容は以下。
前菜3種(熊の白モツと辛み大根、鹿の脳みそと水菜のサラダ、熊の和風タンシチュー)
仔猪のすりながし
鹿ロースの刺身
ハシブトカラス料理3種(胸肉の唐揚げ・脚の唐揚げ、手羽の煮込み)
コガモの半身ロースト・仔猪のリブロース焼き
柚子とカブのゼリー
猪の角煮
九条ねぎのおひたし
猪肉と紅玉のおやき
かぶの塩もみ
熊鍋(醤油味)&猪鍋(味噌味)(両方とも熊の骨出汁)
熊ロースの卵とじ丼
デザート3種(完熟柿、自家製プリン、最中とじイチゴアイス)

いやー、素晴らしい。熊や猪を手の込んだ日本料理として食べられる店がそもそも稀有なのに、肉の質自体も一級。さらにカラスやコガモなどの珍しい食材も食べられるとなると、ライバルになりそうな店すら無いのでは。

このような料理は東京でも大阪でも絶対食べられないと分かっているので、北海道からでも飯田に来るしかないのだ。

研究熱心な店主の料理は1年後にはどんな進化を遂げているのだろうかと、今から来年が楽しみである。

2回目

2018/10訪問

  • lunch:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.8
    • | 酒・ドリンク 4.5
    使った金額(1人)
    ¥20,000~¥29,999

人生を肯定してくれる松茸料理

冬のジビエ懐石に感動し、現在2018年マイベストレストラン第1位の有力候補店であるこちらに今度は秋に来た。妻と一緒に新宿からバスで5時間かけて・・・

松茸コース(20000円)の内容は以下。
朝どれキノコ数種の和え物
土瓶蒸し
焼き松茸
アケビの天ぷら
松茸とクリームのおやき
松茸フライとアカヤマドリ茸のフリット
松茸と飛騨牛のすき焼き風
いちじくとクリームチーズ
松茸の茶碗蒸し
土鍋松茸ごはん
ポーポーの実、パッションフルーツのシャーベット、栗粉わらびもち

冬と同様コース内の各所に店主の光るセンスを感じる内容だった。
もちろん大きな焼き松茸を口に頬張っている間も幸せなのだが、松茸とクリームのおやきなどの各種料理もそれに負けない素晴らしさだ。
松茸と飛騨牛のすき焼き風を食べた時は、「こんなものを口にできるなんて、今までの人生は間違っていなかったな・・・」などと感傷的にすらなってしまった(笑)

ちなみに帰る時にはしっかりと12月の予約を取ってきました。
今から楽しみである。

1回目

2018/01訪問

  • lunch:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.8
    • | 酒・ドリンク 4.5
    使った金額(1人)
    ¥15,000~¥19,999

日本は深い

今回の食べ歩きで1番満足度が高かったのはこちら。名古屋からバスで2時間かけて行く価値はお釣りが来るほどあった。

1か月ほど前に電話で予約した際には我々の好みや食べる量を少し聞かれた。ジビエ慣れしていない方や食が細い方への配慮だろう。
ちなみに「今までたくさん食べ歩きされてきた方ですか?」という問いには、「それしか趣味がありません」とお答えした(笑

そして当日。広い個室でいただいた本日のジビエ会席の内容は以下。
ちなみに今回の料金は18000円だったが、その日にジビエ会席を予約した人数で多少上下するようだ。

大根と豆の煮物(節分仕様)
仔猪のすり流し
鹿の刺身・味噌ヅケ
鴨焼きと飯蒸し
熊の舌と新タケノコの焼物
仔猪のスペアリブ
猪と紅玉のおやき
鹿の脳味噌のフリットとすっぽんの卵を載せた茶碗蒸し
熊の頭蓋骨の出汁で炊いた熊頰肉と大根
熊の骨で出汁をとった熊ロースとセリの鍋
ふきのとうのアイスクリーム
熊肉のすき焼き&土鍋ごはん
果物(甘平)
イチゴとチョコレートムース

うーん、思い出すだけでよだれが。。。
店主は「少人数にしか作らないから1番良いものだけを出せる」と食材の良さを挙げていたが、それよりも店主のセンスに非凡なものを感じた。

味噌を醸造した際の”たまり”に鹿の腿肉の刺身を漬け込むという発想。少し脂身のある猪肉に酸味の強い紅玉を合わせて「おやき」にするというアイディア。そして熊の頭蓋骨で出汁をとるなんて・・・などと一品一品コメントしていたらきりがないのだが全て素晴らしい料理ばかりだった。

人口10万人くらいの町にこのレベルの店があるとは、日本は深いよねぇ。
しかし、島根の『美加登家』、長野の『わらび野』、石川の『鈴おき』みたいな店に行くと、東京や京都でばかり食べ歩いている「自称グルメ」は滑稽に見えるよね(もちろん私はグルメではありません)。

秋の松茸コースも気になるから必ずまた来ます。

口コミが参考になったらフォローしよう

いぬくま

いぬくま

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

いぬくま(522)さんの他のお店の口コミ

いぬくまさんの口コミ一覧(1122件)を見る

店舗情報(詳細)

編集する

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名 柚木元
受賞・選出歴
2019年Silver受賞店

The Tabelog Award 2019 Silver 受賞店

ジャンル 懐石・会席料理、割烹・小料理
予約・
お問い合わせ

0265-23-5210

予約可否

予約可

住所

長野県飯田市東和町2-43-1

交通手段

JR飯田線飯田駅徒歩3分

飯田駅から162m

営業時間

11:30~13:30(L.O)
17:00~20:00(L.O)

日曜営業

定休日

不定休

予算(口コミ集計)
[夜]¥20,000~¥29,999 [昼]¥20,000~¥29,999

予算分布を見る

支払い方法

カード可

(JCB、AMEX、Diners)

席・設備

個室

(2人可、4人可、10~20人可、30人以上可)

大広間では50人の会合が可能です

駐車場

合計20台

空間・設備

落ち着いた空間、席が広い、座敷あり

携帯電話

docomo、au、SoftBank

メニュー

飲み放題コース

飲み放題

コース

3000円~4000円のコース、10000円以上のコース

ドリンク

日本酒あり、焼酎あり、ワインあり、カクテルあり

特徴・関連情報

利用シーン

接待 知人・友人と

こんな時によく使われます。

ロケーション

一軒家レストラン

ホームページ

http://www.yukimoto-hanare.com/

初投稿者

iidagmtiidagmt(3533)

最近の編集者

編集履歴を詳しく見る

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

周辺のお店ランキング

飯田・大鹿×日本料理のランキング(点数の高いお店)です。

  • 1位

    柚木元 - 料理写真:2018.11 熊の手足 醤油煮込み(こちらは足)

    柚木元 (懐石・会席料理、割烹・小料理)

    点数: 4.22

    [ 口コミ 35 ]

  • 2位

    三宜亭本館 - 料理写真:

    三宜亭本館 (旅館、懐石・会席料理)

    点数: 3.50

    [ 口コミ 5 ]

  • 3位

    弥生 - 料理写真:弥生

    弥生 (旅館、懐石・会席料理)

    点数: 3.42

    [ 口コミ 2 ]

  • 4位

    はやふね - 料理写真:鯛のゴマダレ漬茶漬け御膳

    はやふね (懐石・会席料理、割烹・小料理)

    点数: 3.20

    [ 口コミ 7 ]

  • 5位

    ひがしの - 料理写真:

    ひがしの (割烹・小料理)

    点数: 3.06

    [ 口コミ 4 ]

食べログ特集

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ