素晴らしいお取り寄せ 第6弾 極上ジビエおでんセット : 柚木元

この口コミは、bottanさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

bottan

bottan(6601)さんの口コミTabelog Reviewer Award受賞者[携帯電話番号認証済]男性・東京都

13

  • 夜の点数:5.0

    • ¥20,000~¥29,999 / 1人
      • 料理・味 5.0
      • |サービス 5.0
      • |雰囲気 5.0
      • |CP 5.0
      • |酒・ドリンク 4.5
  • 昼の点数:5.0

    • ¥60,000~¥79,999 / 1人
      • 料理・味 5.0
      • |サービス 5.0
      • |雰囲気 5.0
      • |CP 5.0
      • |酒・ドリンク 4.5
  • デリバリーの点数:4.5

    • ¥3,000~¥3,999 / 1人
13回目

2021/02訪問

  • delivery:4.5

    ¥3,000~¥3,999
    / 1人

素晴らしいお取り寄せ 第6弾 極上ジビエおでんセット

Instagram (bottan222)

ーーーーーーーーーーーーー
2020/02

 今度は ”極上ジビエおでんセット” をお取り寄せをしました、柚木元さんのホームページを見ましたら、とても美味しそうでしたので注文を致しました。

内容は、信州の冬の狩猟で獲れるジビエと南信州の冬の野菜で、極上ジビエは穴熊自家製鴨丸、南信州野菜は大根玉ねぎ、後入れ生野菜のルッコラ、その他に、玉子田舎こんにゃく厚揚げ、そして、猪のガラで採った猪出汁と飯田のおでんの定番の極上ジビエおでん和芥子、それに締めのうどん

生野菜のルッコラ以外のすべての具材と猪出汁をお鍋に入れてガスコンロでグツグツ温め、それを卓上のコンロに移し出来上がり、そして適度にルッコラを入れて頂きます。

いやぁ~、美味しいですね、穴熊を食べるのは初めてですが、少々癖があるもののこれまた美味しい、勿論、猪は絶品でした、他の野菜や玉子や蒟蒻、厚揚げ等々も濃厚なおでんの出汁をたっぷりと吸っており美味しく、すべて平らげました。

締めにうどんを入れて頂きましたが、これが絶品のジビエうどんで、これも全部平らげました、わぁ~、お腹が一杯です、もう何も食べられません。

萩原さん、ありがとうございました。

  • 柚木元 - 極上ジビエおでん

    極上ジビエおでん

  • 柚木元 - 極上ジビエおでん

    極上ジビエおでん

  • 柚木元 - 極上ジビエおでん

    極上ジビエおでん

  • 柚木元 - 絶品のジビエうどん

    絶品のジビエうどん

12回目

2021/01訪問

  • delivery:4.5

    ¥20,000~¥29,999
    / 1人

素晴らしいお取り寄せ 第5弾 極上猪のぼたん鍋

Instagram (bottan222)

ーーーーーーーーーーーーー
2020/01

 ”柚木元” の萩原さんからお取り寄せのご案内を頂きました、”牡丹鍋” と ”信州プレミアム牛肉鍋” の2種類です、私は”牡丹鍋” と致しました。

今日の午前中に届きましたので直ぐに冷蔵庫で保存をし、夕食で頂きました。

届きました ”極上猪の牡丹鍋” の内容は ”天然極上猪肉””野菜(ささがき牛蒡、ルッコラ、ちぢみホウレン草、大根、人参、葱)””田舎こんにゃく””自家製 2年熟成信州味噌だし””里芋の胡桃和え””浅漬け(ミニ白菜、蕪)””きのこご飯の素””謙太郎米””おまけ(マルちゃんのカレーうどん)” です、至れり尽くせりでしょう。

家内が作って貰っている間に ”里芋の胡桃和え””浅漬け(ミニ白菜、蕪)” をハイボールを飲みながら頂きます、両方と美味しかったです、その美味しさ故ハイボールを2杯も飲んでしまいました。

食卓の上に卓上ガスコンロを置き、鍋に ”自家製 2年熟成信州味噌だし” を入れ火をかけます、この出汁は加水する必要がないので楽です。

沸騰したら ”大根””人参” を入れ、そして猪肉を一枚づつ全てを入れます、煮込むと猪肉から旨みが出て、スープがさらに美味しくなります、猪肉にしっかりと火が通りましたら ”蒟蒻””ささがき牛蒡””ちぢみホウレン草””ルッコラ””葱” 入れ、火が通りましたらOKです。

大根、人参、ささがき牛蒡は下ゆでしてありますし、田舎蒟蒻はあく抜きしてありますので、非常に楽でした。

猪肉は極上のバラ肉で柔らかく、脂がとても美味しく、2年熟成信州味噌出汁も良い味で、まるで自宅で料亭の味が楽しめました。

〆は残った出汁にきしめんを入れ頂きましたが、猪肉から旨みが出たスープが美味しく、人生最高のきしめんを頂きました。

 昨年の春と今年と2度目の自粛となりましたが、”柚木元” さんをはじめ色々な名店がお取り寄せを再びやり始めました、ですから自粛中でも不自由せずに済みます、さぁ~、次はどちらのお店からお取り寄せをしましょうか、これでコロナを乗り切りましょう。

  • 柚木元 - 天然極上猪肉

    天然極上猪肉

  • 柚木元 - 野菜(ささがき牛蒡、ルッコラ、ちぢみホウレン草、葱)

    野菜(ささがき牛蒡、ルッコラ、ちぢみホウレン草、葱)

  • 柚木元 - 野菜(大根、人参)

    野菜(大根、人参)

  • 柚木元 - 田舎こんにゃく

    田舎こんにゃく

  • 柚木元 - 自家製 2年熟成信州味噌だし”

    自家製 2年熟成信州味噌だし”

  • 柚木元 - 里芋の胡桃和え

    里芋の胡桃和え

  • 柚木元 - 浅漬け(ミニ白菜、蕪)

    浅漬け(ミニ白菜、蕪)

  • 柚木元 - きのこご飯の素

    きのこご飯の素

  • 柚木元 - 謙太郎米

    謙太郎米

  • 柚木元 - 鍋に ”自家製 2年熟成信州味噌だし” を入れ火をかけます

    鍋に ”自家製 2年熟成信州味噌だし” を入れ火をかけます

  • 柚木元 - 沸騰したら ”大根”、”人参” を入れ、そして猪肉を一枚づつ全てを入れます

    沸騰したら ”大根”、”人参” を入れ、そして猪肉を一枚づつ全てを入れます

  • 柚木元 - 猪肉にしっかりと火が通りましたら ”蒟蒻”、”ささがき牛蒡”、”ちぢみホウレン草”、”ルッコラ”、”葱” 入れます

    猪肉にしっかりと火が通りましたら ”蒟蒻”、”ささがき牛蒡”、”ちぢみホウレン草”、”ルッコラ”、”葱” 入れます

  • 柚木元 - 猪肉にしっかりと火が通りましたら ”蒟蒻”、”ささがき牛蒡”、”ちぢみホウレン草”、”ルッコラ”、”葱” 入れます

    猪肉にしっかりと火が通りましたら ”蒟蒻”、”ささがき牛蒡”、”ちぢみホウレン草”、”ルッコラ”、”葱” 入れます

  • 柚木元 - 猪肉にしっかりと火が通りましたら ”蒟蒻”、”ささがき牛蒡”、”ちぢみホウレン草”、”ルッコラ”、”葱” 入れます

    猪肉にしっかりと火が通りましたら ”蒟蒻”、”ささがき牛蒡”、”ちぢみホウレン草”、”ルッコラ”、”葱” 入れます

  • 柚木元 - 極上猪の牡丹鍋

    極上猪の牡丹鍋

  • 柚木元 - きのこご飯

    きのこご飯

11回目

2020/10訪問

  • lunch:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 4.5
    ¥60,000~¥79,999
    / 1人

今日も松茸三昧でした

Instagram (bottan222)

ーーーーーーーーーーーーー
2020/10

 私達夫婦と親友夫妻は名古屋名鉄バスセンターから高速バスに乗って長野県飯田駅まで、もう一組の夫妻は新宿バスターミナルから飯田駅まで、柚木元さんで集合です。

1年ぶりの訪問ですがこの間に柚木元さんから4度のお取り寄せをしましたので、1年ぶりとは思えません。

新宿からの方が10分早く着きます、柚木元さんの女将さんに部屋まで案内されると新宿から来たご夫婦が席についておられました。

まずは 「生ビール」 で乾杯です、2日間宜しくお願い致します、その後は、「大信州 純米吟醸」 をみんなで2升近く飲みました(笑)。

ご主人の萩原さんが 子持ち天龍鮎 を見せに来てくれます、庭を見てみますとお弟子さんがこの 子持ち天龍鮎 を焼き始めるところです。

「八寸盛込」・・・・・その豪華さに皆歓喜の声を上げます、その内容は :

ムラサキアンズ茸の胡麻和え・・・・・ジリール茸の仲間で、貝のようなコキコキした歯応えで、うっすら後味に苦さを感じますが、その苦さがと胡麻との相性が抜群でした、左下の信楽焼きの器。
イグチの白和え・・・・・イグチはポルチーニの仲間で、やはりイグチも濃厚な旨味がありました、真ん中の器に入ったものです。
アケビの和え物・・・・アケビの皮は苦いの、を一晩かけて水にさらしアクを取ったものを素揚げにして、アケビの種を裏漉して果汁だけ取り出したものと和えております。
牛肉と一緒に炊いたクリタケ・・・・・雀の器に入っております。
老茸のおろしのせ・・・・・ちょっと苦味のある茸ですが、貴重で美味しい茸です、黄色の器。
マコモダケのきんぴら
天然舞茸の南蛮漬け・・・・・紅葉の葉っぱの器に入ったもの。

「松茸の土瓶蒸し」・・・・・・・・・・鱧で出汁を取っております、鱧もちょこっと入っております。
薄い松茸がちょこちょこと入っているのは違います、ぶ厚いのがドンドンっと入っております(嬉)、幸せです、皆さん、この美味しさに唸っておりました(笑)。

ここで鮎が焼きあがりました。

「子持ち鮎のタレ焼きと栗の渋皮煮」・・・・・この栗の渋皮煮は栗の旨味を引き出すため、極力甘みをおさえております、柔らかく非常に美味しい栗でした。
あのお弟子さんは焼きが上手いですね、この子持ち天龍鮎も美味しかったです。

「松茸のおやき」・・・・・いつもはジビエの熊とか鹿などで作ってましたが、この時期は松茸です、贅沢ですね。
練り辛子をつけて頂きます、チーズが入っていると思いましたら、それは信州味噌を使ったホワイトソースのようなクリームでした、流石、萩原さん、実に美味しいです。

「松茸の炭火焼」・・・・・この松茸も太くて立派です、松茸名人の朝採りの松茸ですから香が高く、ジューシーです、こんなジューシーな松茸は東京では食べられません、採ってから少しか経っていないのですから、堪らん美味しさです、それらが次から次へと出されます、幸せです。

「天然舞茸と伊勢海老」・・・・・2つともソテーしてあります、添えてある地元産のフィンガーライムを合間につまむと口の中がスッキリとします、伊勢海老は勿論のこと天然舞茸も非常に美味しい。

「無花果の白味噌仕立て」・・・・・大好きな無花果、写真を撮るのを忘れ食べてしまいました(笑)。
上に添えてある練り辛子を出汁にのばして頂きます。
大好きな無花果と京都の白味噌、旨いに決まってます、お口直しと言っておりましたが、これも立派な一品です。

「香茸の玉子焼き」・・・・・玉子の中の香茸は生香茸を炒めて玉子に包んだもの、手前の味噌は干した香茸をソースにしたものです、このソースを玉子焼き付けて頂きましたが、このソースは素晴らしい香りですね、そして玉子焼きも素晴らしい。

さぁ~、今日のメイン料理の始まりです。

「熊と天然茸の鍋」・・・・・天然茸は イグチ、ジゴボウ、ヌメリササダケ、アブラシメジ、ヌメリスギタケモドキ です、茸の掃除が大変そうです。
萩原さんが取り分けて下さりましたが、全種類の茸が入っておりました。
そして、熊の脂に痺れます、熊、大好きです、そして、熊も茸も美味しかったですが、スープが滅茶苦茶に美味しかった、そりゃ~、そうですよね、熊肉とこれだけの天然茸を入れた鍋ですから、飛びっきりの出汁ですよね。

「松茸の炊き込みご飯」・・・・・銀杏も入っております。
凄い量の松茸がゴロンゴロンしております、松茸のてんこ盛りです(嬉)、紙のように薄く切った松茸のご飯とは違いますね、なんて美味しいのでしょう、ご飯の量よりも松茸の方が多いです、ご飯がおかずのようです(笑)。

「香茸の炊き込みご飯」・・・・・これにも銀杏が入っております。
素晴らしい独特の良い香りです、まさに香茸です、その香りだけでなく、旨みたっぷりの味わいで、これだけで立派なおもてなし料理です。

「松茸の味噌漬と梅干」・・・・・この松茸の漬物を4つに裂いて頂きましたが、ご飯のお供と云うより、日本酒のアテに最高ですね、これだけで3合は飲めます(笑)。

「山羊のミルクアイスとおからのパウンドケーキ」・・・・・長野県南信州売木村の山羊のミルクで作ったアイスクリーム、なんか昔懐かしい味がして美味しかった。
おからのケーキは地元のパッションフルーツが完熟してきたので、これを使ったおからのケーキで、とても軽いケーキでした。

 今日もふんだんの松茸と野生茸と熊肉を大いに愉しみました、今シーズンはもう松茸はいりませんと云うぐらい頂きました、こんなに美味しい野生茸を食べましたら、スーパーで売っている茸類は食べたくないですね。

ありがとうございました、また来年も宜しくお願い致します。

  • 柚木元 - 八寸盛込

    八寸盛込

  • 柚木元 - 松茸の土瓶蒸し

    松茸の土瓶蒸し

  • 柚木元 - 子持ち天龍鮎

    子持ち天龍鮎

  • 柚木元 - 子持ち天龍鮎をタレ焼きをしております

    子持ち天龍鮎をタレ焼きをしております

  • 柚木元 - 子持ち鮎のタレ焼き

    子持ち鮎のタレ焼き

  • 柚木元 - 子持ち鮎のタレ焼き

    子持ち鮎のタレ焼き

  • 柚木元 - 子持ち鮎のタレ焼きと栗の渋皮煮

    子持ち鮎のタレ焼きと栗の渋皮煮

  • 柚木元 - 松茸のおやき

    松茸のおやき

  • 柚木元 - 松茸のおやき

    松茸のおやき

  • 柚木元 - 松茸

    松茸

  • 柚木元 - 松茸の炭火焼

    松茸の炭火焼

  • 柚木元 - 松茸の炭火焼

    松茸の炭火焼

  • 柚木元 - 松茸の炭火焼

    松茸の炭火焼

  • 柚木元 - 松茸の炭火焼

    松茸の炭火焼

  • 柚木元 - 松茸の炭火焼

    松茸の炭火焼

  • 柚木元 - 松茸の炭火焼

    松茸の炭火焼

  • 柚木元 - 松茸の炭火焼

    松茸の炭火焼

  • 柚木元 - 天然舞茸と伊勢海老

    天然舞茸と伊勢海老

  • 柚木元 - 香茸の玉子焼き

    香茸の玉子焼き

  • 柚木元 - 熊と天然茸

    熊と天然茸

  • 柚木元 - 天然茸

    天然茸

  • 柚木元 - 熊肉

    熊肉

  • 柚木元 - 熊と天然茸の鍋

    熊と天然茸の鍋

  • 柚木元 - 熊と天然茸の鍋

    熊と天然茸の鍋

  • 柚木元 - 熊と天然茸の鍋

    熊と天然茸の鍋

  • 柚木元 - 松茸の炊き込みご飯

    松茸の炊き込みご飯

  • 柚木元 - 松茸の炊き込みご飯

    松茸の炊き込みご飯

  • 柚木元 - 香茸の炊き込みご飯

    香茸の炊き込みご飯

  • 柚木元 - 香茸の炊き込みご飯

    香茸の炊き込みご飯

  • 柚木元 - 松茸の味噌漬と梅干

    松茸の味噌漬と梅干

  • 柚木元 - 山羊のミルクアイスとおからのパウンドケーキ

    山羊のミルクアイスとおからのパウンドケーキ

  • 柚木元 - 生ビール

    生ビール

10回目

2020/06訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 4.5
    ¥20,000~¥29,999
    / 1人

通常利用外口コミ

この口コミは無料招待・試食会・プレオープン・レセプション利用など、通常とは異なるサービス利用による口コミです。

素晴らしいお取り寄せ 第4弾 極上猪すきやき

Instagram (bottan222)

ーーーーーーーーーーーーー
2020/06

 今日も柚木元さんから ”夏のお取り寄せ” をしました。
それは、特製割り下と夏野菜で頂く「極上夏すき焼き」セットで、極上猪または信州プレミアム牛となりますが、私は ”極上猪” と致しました。

コロナもうっとしいですが、夏の暑さも嫌ですね、食欲も減退しかちなこの時期にも美味しさとともにしっかり栄養を取る ”すき焼きセット” は夏にピッタリです。

冬の狩猟期間にとれた天然極上猪の中ても最も肉質の良いモモ肉と肩ロース(バラ肉)で、それに合わす割り下は、猪のすし肉を丁寧に煮込んた旨味たっふりの出汁をヘースにしたものです、それに、トマトの酸味や新玉ねきの甘み、牛蒡や茗荷の香りと食感など、爽やかな南信州の夏野菜の魅力を存分に楽しめる、柚木元流の “夏すき焼き” セットてす。

箸休めにもピッタリな竜挟小梅や野菜の浅漬けも付いてきて素敵な ”すき焼きセット” でした。

その内容は、
・ すき焼きセット
  ・天然極上猪モモ・ロース各150gずつ合計300g(バラ肉)
  ・自家製猪スジ割り下(または牛すじ割り下)
  ・野菜セット(トマト・新玉ねぎ・ささがき牛蒡・春菊・パセリ・きのこ等)
  ・薬味(新玉ねぎスライス・棒みょうが)
  ・粟麩
  ・糸こんにゃく
・おーはし農園の平飼い有精卵(6個)
・ 謙太郎米(2合)
・ 竜挟小梅
・ 夏野菜浅漬け(3~4種類)
・ おまけ(即席うどん)

ねっ!、美味しそうでしょう、実際にとっても美味しかったです、猪肉のすき焼きは勿論のこと、夏野菜浅漬けも竜挟小梅も美味しかったし、別の日に平飼い有精卵を使って卵かけご飯を頂きましたが、これも無茶苦茶に美味しかった。

 コロナ禍でありながら、自宅で柚木元さんの味を楽しめるなんて幸せですね、また暫くすると第5弾が出されると思いますが、その時にも買って楽しみたいと思っております。

  • 柚木元 - 自家製猪スジ割り下

    自家製猪スジ割り下

  • 柚木元 - 天然極上猪すき焼き

    天然極上猪すき焼き

  • 柚木元 - 天然極上猪すき焼き

    天然極上猪すき焼き

  • 柚木元 - 天然極上猪すき焼き

    天然極上猪すき焼き

  • 柚木元 - 天然極上猪すき焼き

    天然極上猪すき焼き

  • 柚木元 - 天然極上猪肉

    天然極上猪肉

  • 柚木元 - 天然極上猪肉

    天然極上猪肉

  • 柚木元 - 夏野菜浅漬け

    夏野菜浅漬け

  • 柚木元 - 夏野菜浅漬け

    夏野菜浅漬け

  • 柚木元 - 野菜セット

    野菜セット

  • 柚木元 - 野菜セット(きのこ、粟麩、新玉ねぎ

    野菜セット(きのこ、粟麩、新玉ねぎ

  • 柚木元 - 野菜セット

    野菜セット

  • 柚木元 - 野菜セット(茗荷)

    野菜セット(茗荷)

  • 柚木元 - 糸こんにゃく

    糸こんにゃく

  • 柚木元 - ささかき牛蒡

    ささかき牛蒡

  • 柚木元 - スライス新玉ねぎ

    スライス新玉ねぎ

  • 柚木元 - おーはし農園の平飼い有精卵

    おーはし農園の平飼い有精卵

9回目

2020/05訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 4.5
    ¥8,000~¥9,999
    / 1人

通常利用外口コミ

この口コミは無料招待・試食会・プレオープン・レセプション利用など、通常とは異なるサービス利用による口コミです。

素晴らしいお取り寄せ 第3弾 おやき

Instagram (bottan222)

ーーーーーーーーーーーーー
2020/05

 ”柚木元” の萩原さんから厳選食材に手間暇かけた 「柚木元の特製おやき」 が出来上がりました、bottan さん如何ですかとの連絡を頂きました、柚木元さんの ”おやき” は何度か頂いており、とても美味しい、それで2つ返事でお願いを致しました。

「柚木元の特製おやき」 15個入り8,800円 です。

「鹿カレー」・・・・・冬に飯田の山で獲れた本州鹿をスパイスから調合して、鹿の風味で、歯ごたえを生かせるカレーに仕上げてあります。
原材料は、鹿肉(本州鹿)、玉葱、トマト、人参、にんにく、生姜、酢、砂糖、出汁、塩、香辛料です、原材料を見ただけで美味しさがお分かりになりますよね。

「千代幻豚 山椒煮たけのこ」・・・・・生産者 岡本 佳世さんが大切に育てた千代幻豚、それに塩、実山椒、筍、酒、みりん、薄口醤油、合わせ出汁を使って手間暇かけて作ったおやきです。

「千代幻豚 うどきんぴら」・・・・・生産者 岡本 佳世さんが大切に育てた千代幻豚と、山独活、酒、濃口醤油、胡麻、七味、みりん、砂糖、合わせ出汁を使って手間暇かけて作ったおやきです。

「葱ボーズ」・・・・・ひと冬超え、春になると葱の頭に生えてくる葱ボーズ、収穫量が少なく木著yなもの、ほのかな甘みが美味しい。
葱ボーズ、味噌、出汁(鰹、昆布)、ごま油、七味唐辛子、胡麻を使って手間暇かけて作ったおやきです。

「つぶあんバター」・・・・・おやきの試作中に、スタッフのおやつの為に作られたそうです(笑)、この粒あんバターが美味しかったので商品化を決定したそうです。
これはデザート代わりに最後に頂きましたが、上品な甘みのおやきで、本当に美味しかったです。
小豆、砂糖、バターだけで作ったおやきです。

始めは朝食や昼食の代わりに頂こうと思っておりましたが、今回は夕食で頂きました、”おやき” でも立派な夕食となるのですね、柚木元さんで頂いた松茸やジビエのおやきも美味しかったですが、この5種類のおやきも凄く美味しかったです、これは柚木元さんの定番のお取り寄せにすれば良いと思いますが、如何でしょうか。

  • 柚木元 - 柚木元の特製おやき

    柚木元の特製おやき

  • 柚木元 - 柚木元の特製おやき

    柚木元の特製おやき

  • 柚木元 - 鹿カレー

    鹿カレー

  • 柚木元 - 千代幻豚 山椒煮たけのこ

    千代幻豚 山椒煮たけのこ

  • 柚木元 - 千代幻豚 うどきんぴら

    千代幻豚 うどきんぴら

  • 柚木元 - 葱ボーズ

    葱ボーズ

  • 柚木元 - つぶあんバター

    つぶあんバター

8回目

2020/05訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 4.5
    ¥10,000~¥14,999
    / 1人

通常利用外口コミ

この口コミは無料招待・試食会・プレオープン・レセプション利用など、通常とは異なるサービス利用による口コミです。

素晴らしいお取り寄せ 第2弾

Instagram (bottan222)

ーーーーーーーーーーーーー
2020/05

 4月の ”柚木元の春のおまかせセット” に続き、第2弾 ”柚木元初夏のおまかせセット” が届きました、前回は ”極上猪の草鍋(山菜)” でしたが、今回は ”千代幻豚の実山椒鍋”(25,000円) です。

千代幻豚とは国内唯一の生産農場の岡本 養豚で大切に育てられた、市場流通には決して出ない希少豚肉で、まさに幻の豚肉です。

送られてきたのは、

千代幻豚のバラ肉(250g)とモモ肉(250g)・・・・・モモ肉はちょっと硬めでしたが、噛めば噛むほどに豚肉の旨みが増していきます、バラ肉は柔らかく食べ易い肉でした。

自家製つみれ 竹筒入り(ニンニク芽入り)・・・・・ふわふわで旨味もあり、いくらでも食べられそうでした(笑)。

鍋用野菜(蕗、ロメインレタス、わけぎ葱、筍)・・・・・豚肉で包んで頂きますと旨さ倍増です。

鍋用高野豆腐・・・・・高野豆腐って美味しいですね。

きのこ(ホワイトぶなしめじ、はなびら茸、なめこ)・・・・・前回の ”極上猪の草鍋(山菜)” にも入っておりましたが今回も美味しかったです。

自家製 実山椒スープ・・・・・このスープ、最高でした、翌日の朝食で、残ったこのスープを使ってラーメンを頂きましたが、実山椒の風味がして美味しかったです。

実山椒・・・・・鍋の最初、途中、〆に加えます、花山椒も良かったですが、この実山椒も良いですね、山椒は偉い!。

新玉ねぎポン酢・・・・・つけダレに使います、最初、このタレを使いましたが、私には味が強過ぎましたので、実山椒スープだけで頂きました。

千代幻豚角煮ごぼう・・・・・千代幻豚のバラ肉と新ごぼう、味付けは酒、みりん、砂糖、醤油、唐辛子、生姜です。
バラ肉のトロトロの脂と新ごぼうの食感の違いが楽しめます、翌日の朝食で炊き立てのご飯の上にのせて頂きました、美味しかったですよ。

わらびご飯の素(2合用)・・・・・酒、醤油、鰹と昆布の合わせ出汁、太白ごま油で味付けされております、これも次の日に頂きましたが、これさえあればおかずはいりません(笑)。

謙太郎米(2合用)・・・・・わらびご飯に使いました、このご飯は噛むたびに甘味、旨みが増していきます。

塩いか、田舎こんにゃく白酢和え・・・・・塩いか、こんにゃく、アスパラガス、豆腐、胡桃、酢、薄口醤油、塩、砂糖で味付けされております。
お鍋をする前に、これと下のピクルスをつまみとしてハイボールを飲みましたが、この2つはつまみとして最高のものでした。

梅酢ピクルス(ミニトマト、茗荷たけ)・・・・・梅酢、塩、昆布、きび砂糖で味付けされております。

おまけ(サッポロ一番 塩らーめん)・・・・・〆の麺用ですがお腹が一杯でこの日には食べられませんでした、翌朝、実山椒スープで頂きました。

 前回の ”柚木元の春のおまかせセット” も美味しかったですが、今回の ”柚木元初夏のおまかせセット” も素晴らしいものでした、千代幻豚の バラ肉(250g)とモモ肉 (250g)の他にも色々なものが送られてきて、量もたくさんあり一晩では食べきれず、結局、3日間かけて頂きました。

第3弾も出るのでしょうか、もし出るのでしたらまた送って貰いましょう(笑)。

  • 柚木元 - まずは、実山椒スープに実山椒を入れて

    まずは、実山椒スープに実山椒を入れて

  • 柚木元 - 次に筍を

    次に筍を

  • 柚木元 - 高野豆腐も

    高野豆腐も

  • 柚木元 - 自家製つみれを入れて豚肉の旨味を出します

    自家製つみれを入れて豚肉の旨味を出します

  • 柚木元 - だんだん美味しそうになりましたでしょう

    だんだん美味しそうになりましたでしょう

  • 柚木元 - 茸や野菜を入れて、最後に千代幻豚を

    茸や野菜を入れて、最後に千代幻豚を

  • 柚木元 - 千代幻豚のバラ肉

    千代幻豚のバラ肉

  • 柚木元 - 千代幻豚のモモ肉

    千代幻豚のモモ肉

  • 柚木元 - 自家製つみれ 竹筒入り(ニンニク芽入り)

    自家製つみれ 竹筒入り(ニンニク芽入り)

  • 柚木元 - ロメインレタス、わけぎ葱

    ロメインレタス、わけぎ葱

  • 柚木元 - 蕗

  • 柚木元 - 筍

  • 柚木元 - 高野豆腐

    高野豆腐

  • 柚木元 - ホワイトぶなしめじ

    ホワイトぶなしめじ

  • 柚木元 - はなびら茸

    はなびら茸

  • 柚木元 - なめこ

    なめこ

  • 柚木元 - 自家製 実山椒スープ

    自家製 実山椒スープ

  • 柚木元 - 実山椒

    実山椒

  • 柚木元 - 新玉ねぎポン酢

    新玉ねぎポン酢

  • 柚木元 - 千代幻豚角煮ごぼう

    千代幻豚角煮ごぼう

  • 柚木元 - わらびご飯

    わらびご飯

  • 柚木元 - わらびご飯

    わらびご飯

  • 柚木元 - 謙太郎米(2合用)

    謙太郎米(2合用)

  • 柚木元 - 塩いか、田舎こんにゃく白酢和え

    塩いか、田舎こんにゃく白酢和え

  • 柚木元 - 梅酢ピクルス(ミニトマト、茗荷たけ)

    梅酢ピクルス(ミニトマト、茗荷たけ)

  • 柚木元 - 〆の麺

    〆の麺

7回目

2020/04訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 4.5
    ¥15,000~¥19,999
    / 1人

通常利用外口コミ

この口コミは無料招待・試食会・プレオープン・レセプション利用など、通常とは異なるサービス利用による口コミです。

素晴らしいお取り寄せでした

Instagram (bottan222)

ーーーーーーーーーーーーー
2020/04

 今日の午前中、お願いをしていた 「ゆきもと春のおまかせセット(2〜3人前)25,000円」 が届きました、これは ”天然極上猪””信州プレミアム牛” のどちらかを選べる ”草鍋” です、”草鍋” とは、木の芽と山菜と一緒に頂く鍋のことです。

私達は ”天然極上猪” の方を選びましたが、大きな箱の中には、極上猪のロース肉300g、山菜セット、この山菜が凄い、こごみ、うるい、のびる、菜の花、のらぼう菜、行者にんにく、野みつば、クレソン、セリ、わらび、かんぞう、花山椒つき木の芽、タケノコ、おこぎ(長野県飯田で春の訪れを告げる山菜として食べられているそうです、ほろ苦く、シャキシャキとした歯触りです)。

それと、イノシシのガラ、香味野菜から作った白湯(パイタン)スープ、その他に、山独活のきんぴら、筍ご飯の素(2合用)と信州八重原産のコシヒカリ 謙太郎米(2合)、そして、花びら茸、原木椎茸、しめじ、なめこの茸類が4種。

ねっ、凄いでしょう、美味しそうでしょう。

まずは、イノシシの白湯スープを火にかけ、アクを取り、いよいよ極上の猪のロース肉(300g)を入れます。

次にきのこ(しめじ、椎茸、花びら茸)を入れ、次に火の通りにくい山菜を順に入れていきます、こごみ、うるい、のびる、次にかんぞう、野みつば、せり、クレソンのらぼう菜、おこぎ などを入れます。
最後にサッと温める程度で大丈夫な わらび(アク抜き済み)、筍(鍋用に炊いた朝採りのもの)を入れます。

早く ”天然極上猪” を食べたいのですが、そこは我慢、山菜類から食べ始めます、どれもが美味しい山菜、初めて ”おこぎ” を頂きましたが、ほろ苦く、シャキシャキとして美味しかったです。

こんなに山菜を食べたのは初めてですが、これほどの野菜を食べたのも久しぶりでした、私は冷たい野菜はあまり好きではありませんが温野菜にすると食べられるものですね。

原木椎茸も肉厚で、ゴリゴリとした食感で、香りも味も最高でした。

さぁ~、いよいよ猪のロース肉です、さっと白湯スープに潜らせた ”花つき木の芽” を猪肉に包んで頂きますが、これが旨いのなんのって、堪りません。
争って食べる必要はありません、300gもあるのですから(笑)、昨年の春に ”柚木元” さんに伺った時に ”花山椒の熊鍋” を頂きましたが、花山椒も美味しかったですが、”花山椒つき木の芽" と一緒に頂くのも良いですね。

最後に ”筍の炊き込みご飯” を1杯頂き、これでお腹がパンパン、萩原さんから最後に中華麺を入れて食べますと美味しいですよと言われましたが、もう食べられません。

翌日の朝食時に余った白湯スープに中華麺を入れて頂きましたが、これが、へたなラーメン屋さんのラーメンより遥かに美味しい ”白湯スープ麺” が出来ました、朝から幸せ気分になりました。

あっ、そうそう、”山うどきんぴら” も良い味付けで絶品でした、3日間も楽しんでしまいました。

 翌日、萩原さんから連絡があり、来月また新商品を出す予定だそうです、コロナウイルス感染が治まるのはまだ2ヶ月ほどかかりると思いますので、来月も楽しみにしております。

  • 柚木元 - 猪のロース肉

    猪のロース肉

  • 柚木元 - 猪のロース肉

    猪のロース肉

  • 柚木元 - 山菜  こごみ、うるい、のびる、菜の花、のらぼう菜、行者にんにく、野みつば、クレソン、セリ、わらび、かんぞう、おこぎ

    山菜  こごみ、うるい、のびる、菜の花、のらぼう菜、行者にんにく、野みつば、クレソン、セリ、わらび、かんぞう、おこぎ

  • 柚木元 - きのこ  しめじ、椎茸、花びら茸

    きのこ  しめじ、椎茸、花びら茸

  • 柚木元 - たけのこ

    たけのこ

  • 柚木元 - イノシシのガラ、香味野菜から作った白湯(パイタン)スープ

    イノシシのガラ、香味野菜から作った白湯(パイタン)スープ

  • 柚木元 - 花山椒つき木の芽

    花山椒つき木の芽

  • 柚木元 - おこぎ

    おこぎ

  • 柚木元 - 山うどきんぴら

    山うどきんぴら

  • 柚木元 - 白湯スープ

    白湯スープ

  • 柚木元 - 極上猪のロース肉を入れます

    極上猪のロース肉を入れます

  • 柚木元 - 極上猪のロース肉をどんどん入れます

    極上猪のロース肉をどんどん入れます

  • 柚木元 - 茸類を入れます

    茸類を入れます

  • 柚木元 - 山菜を入れます

    山菜を入れます

  • 柚木元 - 山菜を入れます

    山菜を入れます

  • 柚木元 - 山菜を入れます

    山菜を入れます

  • 柚木元 - 山菜を入れます

    山菜を入れます

  • 柚木元 - さぁ~、いただきます

    さぁ~、いただきます

  • 柚木元 - 猪のロース肉で花山椒つき木の芽を巻きます

    猪のロース肉で花山椒つき木の芽を巻きます

  • 柚木元 - 猪のロース肉で花山椒つき木の芽を巻いて

    猪のロース肉で花山椒つき木の芽を巻いて

  • 柚木元 - 筍ご飯の素

    筍ご飯の素

  • 柚木元 - 信州八重原産のコシヒカリ 謙太郎米

    信州八重原産のコシヒカリ 謙太郎米

  • 柚木元 - 筍の炊き込みご飯

    筍の炊き込みご飯

6回目

2019/10訪問

  • lunch:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 4.5
    ¥60,000~¥79,999
    / 1人

松茸三昧でした

Instagram (bottan222)

ーーーーーーーーーーーーー
2019/10

 名鉄バスセンターから名鉄高速バスで2時間弱で飯田駅前に着きます、昨晩は名居酒屋 大江戸で楽しく食事をし、翌昼は ”柚木元” さんで松茸三昧と云う豪華な昼食、名古屋から飯田に入るのは良いですね、”柚木元” さんに伺う時はこのルートにしましょう。

飯田駅前から ”柚木元” さんまでは5分とかかりません、今日もまた女将さんの笑顔が迎えてくれます、今日もいつもの部屋に案内されます。

6名全員が揃い、まずは、「生ビール」 で乾杯です。

「先付け」・・・・・地元で採れた蕪の天然スッポンの含め煮、最初から素晴らしい味の含め煮ですね、優しい味です。

ここで、萩原さんが今日使う松茸と子持ち天龍鮎を見せに来てくれます、この松茸、これだけで最低でも40万円はするでしょう(東京ならば100万円はするかも)、今年はこの長野県でも収穫量が極端に少ないそうで、恐ろしいほどの値段だそうです。
松茸は朝採りですので良い香りがします、後で頂くのが楽しみです。

中庭でお弟子さんが天龍鮎を炭火で焼き始めました、ドアが少し空いておりますので、暫くすると鮎の美味しい香りがしてきました。

「先付盛込」・・・・・その豪華さに皆歓喜の声を上げます、その内容は :

ショウゴンジと信州牛甘辛炊き・・・・・地元ではすき焼きなどをする時に一緒に入れる、凄く出汁の出るキノコだそうです、確かに、旨味の豊富な一品でした。
ムラサキアンズ茸の胡麻浸し・・・・・ジリール茸の仲間で、貝のようなコキコキした歯応えで、うっすら後味に苦さを感じますが、その苦さがと胡麻との相性が抜群でした。
サツマイモのツルのキンピラ・・・・・サツマイモのツルって食べられるのですね、癖が無く、シャキシャキとして美味しい、これだけでお酒が飲めます。
イグチの大根おろし和え・・・・・イグチはポルチーニの仲間で、やはりイグチも濃厚な旨味がありました。
アケビの皮の唐揚げ・・・・アケビの皮を一晩かけて水にさらしアクを取ったものを唐揚げにしております、実を裏漉して果汁だけ取り出したものと和えております。

「大信州 超辛口純米吟醸」・・・・・柚木元さんに伺ったらこれですよね。

「松茸の土瓶蒸し」・・・・・・・・・・鱧で出汁を取っております、この時期、鱧の身は堅くなっておりますので入っておりません。
薄い松茸がちょこちょこと入っているのは違います、ぶ厚いのがドンドンっと入っております(嬉)、幸せです、皆さん、この美味しさに唸っておりました(笑)。

「Remerciements Raisin d' Omachi Ferme 36 Blanc 2018」・・・・・長野県東御市和の白ワインで、葡萄は長野県大町胃市産です。

「子持ちの天龍鮎」・・・・・秘伝のタレを付けながら、じっくり焼いた鮎がやっと焼きあがりました、天龍鮎とは養殖のブランド鮎で、東京でもミシュラン星獲得の有名な日本料理屋さんが使っているそうです。
脂分がスッキリとして非常に食べ易い鮎で頭から尻尾まで食べられます、小さいけどふっくらとしており、そして卵を一杯持っております、不思議ですね。
皆、黙々と食べておりました、喋ってなんておられません(笑)、いやぁ~、ホント美味しい。

「松茸の炭火焼」・・・・・この松茸も太くて立派です、松茸名人の朝採りの松茸ですから香が高く、ジューシーです、こんなジューシーな松茸は東京では食べられません、採ってから少しか経っていないのですから、堪らん美味しさです。

「大信州 超辛口純米吟醸」

「松茸のおやき」・・・・・いつもはジビエの熊とか鹿などで作ってましたが、この時期は松茸です。
練り辛子をつけて頂きます、チーズが入っていると思いましたら、それは信州味噌を使ったホワイトソースのようなクリームでした、流石、萩原さん、実に美味しいです。

「松茸の茶碗蒸し」・・・・・デカイ松茸がゴロゴロ入っておりました。
実に旨いです、聞くと、お出汁の量と松茸の量が同じだそうで、松茸のエキスが出てきてこの味になるそうです、だから美味しいのですね。

「自家製の胡麻豆腐とアカヤマドリ茸のフリット アカヤマドリ茸のソースで」・・・・・アカヤマドリ茸は厳密に云えば違いますが、これはほぼポルチーニです。
胡麻豆腐にこの濃厚なソースを絡めて頂きますが、これが旨いのなんのって、もう、これはフレンチです。

「白味噌仕立ての無花果」・・・・・上に添えてある練り辛子を出汁にのばして頂きます。
大好きな無花果と京都の白味噌、旨いに決まってます、お口直しと言っておりましたが、これも立派な一品です。

「熊と天然茸の鍋」・・・・・熊は 月の輪熊 で、茸は ナラタケブナハリタケ天然ナメコアミタケ です。
熊の脂に痺れます、熊、大好きです、そして、熊も茸も美味しかったですが、スープが滅茶苦茶に美味しかった、そりゃ~、そうですよね、熊肉とこれだけの天然茸を入れた鍋ですから、飛びっきりの出汁ですよね。

「信州たかやまワイナリー 2017 Pinot Noir」

「松茸の炊き込みご飯」・・・・・銀杏も入っております。
凄い量の松茸がゴロンゴロンしております、松茸のてんこ盛りです(嬉)、紙のように薄く切った松茸のご飯とは違いますね、なんて美味しいのでしょう、ご飯の量よりも松茸の方が多いです、ご飯がおかずのようです(笑)。

「香茸の炊き込みご飯」・・・・・これも銀杏が入っております。
素晴らしい独特の良い香りです、まさに香茸です、その香りだけでなく、旨みたっぷりの味わいで、これだけで立派なおもてなし料理です。

「松茸の味噌漬と梅干」・・・・・この松茸の漬物を4つに裂いて頂きましたが、ご飯のお供と云うより、日本酒のアテに最高ですね、これだけで3合は飲めます(笑)。

「熊鍋の出汁を使っての玉子スープ、イグチ入り」・・・・・このスープ、滅茶苦茶に美味しい。

「デザート 3種」・・・・・シャインマスカットクイーンニーナナガノパープル の3種類の葡萄、城戸ワイナリー ナイヤガラ 2017を100%使ったのワインゼリーがかけられております。
自家製のなめらかプリン・・・・・地元の農家さんが作るパッションフルーツの果汁をかけます。
栗のアイスクリームの最中

このデザート3種、どれもが美味しい、ワインゼリーもパッションフルーツの果汁も葡萄、プリンをより美味しくし素晴らしかったです。

 いやぁ~~、今日も凄かったです、鮎も美味しかったし、松茸をはじめ天然キノコをふんだんに使った美味しい料理の数々、唸りっぱなしの3時間、圧巻でした。

値段は例年の松茸シーズンよりも倍近くもしましたが、松茸が不作にもかかわらず多く集めてくれたことに感謝です、あれだけの松茸が食べられたのですから倍近い値段でも納得です。

さぁ~、また名鉄高速バスに乗って名古屋に戻りましょう。
萩原さん、女将さん、今日もありがとうございました、また伺います。

  • 柚木元 - 先付け  蕪の天然スッポンの含め煮

    先付け  蕪の天然スッポンの含め煮

  • 柚木元 - 先付盛込  ショウゴンジと信州牛甘辛炊き、ムラサキアンズ茸の胡麻浸し、サツマイモのツルのキンピラ、イグチの大根おろし和え

    先付盛込  ショウゴンジと信州牛甘辛炊き、ムラサキアンズ茸の胡麻浸し、サツマイモのツルのキンピラ、イグチの大根おろし和え

  • 柚木元 - 先付盛込  ショウゴンジと信州牛甘辛炊き、ムラサキアンズ茸の胡麻浸し、サツマイモのツルのキンピラ、イグチの大根おろし和え

    先付盛込  ショウゴンジと信州牛甘辛炊き、ムラサキアンズ茸の胡麻浸し、サツマイモのツルのキンピラ、イグチの大根おろし和え

  • 柚木元 - 今日頂きます大量の長野県産の松茸

    今日頂きます大量の長野県産の松茸

  • 柚木元 - 松茸の土瓶蒸し

    松茸の土瓶蒸し

  • 柚木元 - 松茸の土瓶蒸し

    松茸の土瓶蒸し

  • 柚木元 - 子持ちの天龍鮎

    子持ちの天龍鮎

  • 柚木元 - 子持ちの天龍鮎

    子持ちの天龍鮎

  • 柚木元 - 子持ちの天龍鮎

    子持ちの天龍鮎

  • 柚木元 - 子持ちの天龍鮎のつけ焼き

    子持ちの天龍鮎のつけ焼き

  • 柚木元 - 子持ちの天龍鮎の付け焼き

    子持ちの天龍鮎の付け焼き

  • 柚木元 - 子持ちの天龍鮎  卵がたくさん

    子持ちの天龍鮎  卵がたくさん

  • 柚木元 - 炭火焼用の松茸

    炭火焼用の松茸

  • 柚木元 - 松茸の炭火焼

    松茸の炭火焼

  • 柚木元 - 松茸の炭火焼

    松茸の炭火焼

  • 柚木元 - 松茸の炭火焼

    松茸の炭火焼

  • 柚木元 - 松茸のおやき

    松茸のおやき

  • 柚木元 - 松茸のおやき 松茸がたくさん

    松茸のおやき 松茸がたくさん

  • 柚木元 - 松茸の茶碗蒸し

    松茸の茶碗蒸し

  • 柚木元 - 自家製の胡麻豆腐とアカヤマドリ茸のフリット アカヤマドリ茸のソースで

    自家製の胡麻豆腐とアカヤマドリ茸のフリット アカヤマドリ茸のソースで

  • 柚木元 - 白味噌仕立ての無花果

    白味噌仕立ての無花果

  • 柚木元 - 熊と天然茸の鍋の具材

    熊と天然茸の鍋の具材

  • 柚木元 - 熊と天然茸の鍋の熊肉

    熊と天然茸の鍋の熊肉

  • 柚木元 - 熊と天然茸の鍋の天然キノコ

    熊と天然茸の鍋の天然キノコ

  • 柚木元 - 熊と天然茸の鍋

    熊と天然茸の鍋

  • 柚木元 - 熊と天然茸の鍋

    熊と天然茸の鍋

  • 柚木元 - 松茸の炊き込みご飯

    松茸の炊き込みご飯

  • 柚木元 - 松茸の炊き込みご飯

    松茸の炊き込みご飯

  • 柚木元 - 香茸の炊き込みご飯

    香茸の炊き込みご飯

  • 柚木元 - 香茸の炊き込みご飯

    香茸の炊き込みご飯

  • 柚木元 - 松茸の味噌漬と梅干

    松茸の味噌漬と梅干

  • 柚木元 - 熊鍋の出汁を使っての玉子スープ、イグチ入り

    熊鍋の出汁を使っての玉子スープ、イグチ入り

  • 柚木元 - シャインマスカット、クイーンニーナ、ナガノパープル ワインゼリーが

    シャインマスカット、クイーンニーナ、ナガノパープル ワインゼリーが

  • 柚木元 - 自家製のなめらかプリン

    自家製のなめらかプリン

  • 柚木元 - 自家製のなめらかプリン パッションフルーツの果汁がけ

    自家製のなめらかプリン パッションフルーツの果汁がけ

  • 柚木元 - 栗のアイスクリームの最中

    栗のアイスクリームの最中

  • 柚木元 - ショウゴンジと信州牛甘辛炊き

    ショウゴンジと信州牛甘辛炊き

  • 柚木元 - ムラサキアンズ茸の胡麻浸し

    ムラサキアンズ茸の胡麻浸し

  • 柚木元 - サツマイモのツルのキンピラ

    サツマイモのツルのキンピラ

  • 柚木元 - イグチの大根おろし和え

    イグチの大根おろし和え

  • 柚木元 - アケビの皮の唐揚げ

    アケビの皮の唐揚げ

  • 柚木元 - 生ビール

    生ビール

  • 柚木元 - 大信州 超辛口純米吟醸

    大信州 超辛口純米吟醸

  • 柚木元 - Remerciements Raisin d' Omachi Ferme 36 Blanc 2018

    Remerciements Raisin d' Omachi Ferme 36 Blanc 2018

  • 柚木元 - 大信州 超辛口純米吟醸

    大信州 超辛口純米吟醸

  • 柚木元 - 信州たかやまワイナリー 2017 Pinot Noir

    信州たかやまワイナリー 2017 Pinot Noir

5回目

2019/04訪問

  • lunch:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 4.5
    ¥30,000~¥39,999
    / 1人

熊が最高でした

Instagram (bottan222)

ーーーーーーーーーーーーー
2019/04

 今日から1泊2日で ”長野、名古屋、岐阜の食の旅” となります、初日は友人夫妻の車で柚木元さんまで、バスよりも快適で、早くで良いですネ、友人に感謝です。

まずは、「生ビール」 で乾杯です。

「山菜の盛合せ」・・・・・花山葵 もろみ味噌で野蒜(ノビル) 味噌和えツワブキたらの芽 南蛮漬けワラビの白和え山ウドのキンピラ
例年ならば今頃は山菜は豊富にあるそうなのですが、今年はまだ少ないそうです、でもこれだけあれば私には十分です(笑)。
すべてが違う味付け、流石、萩原さんです。

「大信州 純米吟醸 超辛口」・・・・・此方ではいつも大信州です、美味しいですね、これ。

「自家製 胡麻豆腐のお椀」・・・・・アスパラガスのスープで。
いやぁ~、美味しいですね、なんと上品なお椀なんでしょう、自家製 胡麻豆腐も美味しいですがアスパラガスのスープが最高でした。

「本州鹿のお造り」・・・・・長野県下伊那郡下條村の親田辛味大根おろしで頂きます。
なめらかで、柔らかく上品な味わいの絶品な肉でした。

「さくら鱒」・・・・・ヤマメです、山菜おこぎ のおひたしをのせて、長芋とポン酢ジュレで頂きます。
脂が乗っているのにあっさりとしたその味はまさにこれまた絶品でした。

「飯田産の焼きタケノコ」・・・・・えぐ味がまったくないタケノコ、甘くて美味しかったです。

「天竜川産の鮎の天ぷら」・・・・・大鹿村の山塩で。
まさか鮎が食べられるとは思いませんでした、この感動的鮎を10尾ほど食べたかった(笑)。

「お口直し」・・・・・フキノトウのアイスクリーム、フキノトウのアイスクリームとは驚きです。

「大信州 純米吟醸 超辛口」

「よもぎ饅頭」・・・・・地鶏の挽肉入りです。

「花山椒の熊鍋」・・・・・スープは熊の骨で取ってます、タケノコと木の芽(2種類)と花山椒を入れ熊のロースとバラ肉を頂きます。
今日のメイン料理です、牛の脂は食べられませんが熊の脂身はいくらでも食べられます、最高の熊肉で花山椒を包み頂きますと、この上ない喜びがこみ上げてきます。

「フルーツトマト」・・・・・これ、美味しい。

「ワラビご飯」・・・・・最初、一口だけ頂きましたが、その美味しさで、もう1杯頂いてしまいました。

「熊鍋のスープの雑炊」・・・・・これ、美味しいに決まっているでしょう、お腹が一杯でこれだけ頂きました。

「香の物」

「ピスタチオのアイスクリームとわらび餅」「苺(あきひめ)」・・・・・これも美味しかった、柚木元で頂くもの、すべてが美味しいですね。

 今日も素晴らしい料理の連続でした、感動に次ぐ感動。
次回は松茸の時ですね、今から楽しみです。

  • 柚木元 - 山菜の盛合せ

    山菜の盛合せ

  • 柚木元 - 自家製 胡麻豆腐のお椀

    自家製 胡麻豆腐のお椀

  • 柚木元 - 本州鹿のお造り

    本州鹿のお造り

  • 柚木元 - さくら鱒

    さくら鱒

  • 柚木元 - 飯田産の焼きタケノコ

    飯田産の焼きタケノコ

  • 柚木元 - 天竜川産の鮎の天ぷら

    天竜川産の鮎の天ぷら

  • 柚木元 - フキノトウのアイスクリーム

    フキノトウのアイスクリーム

  • 柚木元 - よもぎ饅頭

    よもぎ饅頭

  • 柚木元 - 熊のロース肉

    熊のロース肉

  • 柚木元 - 熊のバラ肉

    熊のバラ肉

  • 柚木元 - 花山椒

    花山椒

  • 柚木元 - 木の芽

    木の芽

  • 柚木元 - 木の芽

    木の芽

  • 柚木元 - 花山椒の熊鍋

    花山椒の熊鍋

  • 柚木元 - 花山椒の熊鍋

    花山椒の熊鍋

  • 柚木元 - 花山椒の熊鍋

    花山椒の熊鍋

  • 柚木元 - 花山椒の熊鍋

    花山椒の熊鍋

  • 柚木元 - 花山椒の熊鍋

    花山椒の熊鍋

  • 柚木元 - フルーツトマト

    フルーツトマト

  • 柚木元 - ワラビご飯

    ワラビご飯

  • 柚木元 - ワラビご飯

    ワラビご飯

  • 柚木元 - 熊鍋のスープの雑炊

    熊鍋のスープの雑炊

  • 柚木元 - 香の物

    香の物

  • 柚木元 - ピスタチオのアイスクリームとわらび餅

    ピスタチオのアイスクリームとわらび餅

  • 柚木元 - 苺(あきひめ)

    苺(あきひめ)

  • 柚木元 - 花山葵 もろみ味噌で

    花山葵 もろみ味噌で

  • 柚木元 - 野蒜(ノビル) 味噌和え

    野蒜(ノビル) 味噌和え

  • 柚木元 - ツワブキ

    ツワブキ

  • 柚木元 - たらの芽 南蛮漬け

    たらの芽 南蛮漬け

  • 柚木元 - ワラビの白和え

    ワラビの白和え

  • 柚木元 - 山ウドのキンピラ

    山ウドのキンピラ

  • 柚木元 - 天竜川産の鮎

    天竜川産の鮎

  • 柚木元 - 天竜川産の鮎の天ぷら

    天竜川産の鮎の天ぷら

  • 柚木元 - 生ビール

    生ビール

  • 柚木元 - 大信州 純米吟醸 超辛口

    大信州 純米吟醸 超辛口

  • 柚木元 - 大信州 純米吟醸 超辛口

    大信州 純米吟醸 超辛口

4回目

2018/09訪問

  • lunch:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 4.5

松茸三昧でした、この冬は、ジビエを食べに伺いましょう

Instagram (bottan222)

ーーーーーーーーーーーーー
2018/09

 今日は ”チーム神楽坂” 7名で台風来襲の中 ”飯田” と ”名古屋” へ食の旅となりました。
新宿バスタ09:05発の高速バスで飯田まで4時間半です、13時24分に飯田に着き、豪雨の中 ”柚木元” さんへ。

女将さんの笑顔が迎えてくれます、その笑顔に癒されます。

まずは2日間の無事を祈り 「生ビール」 で乾杯です。

「先付盛込」・・・・・その豪華さに皆歓喜の声を上げます、その内容は :
   雑茸のぬる和え・・・・・雀の器の中の雑茸は ”イグチ”、”クリフウセン茸”、”平茸”、”ナメコ” で、これらをモロヘイヤと一緒に和えたものです、酢橘と長芋を添えてあります。
   サクラシメジと信州牛の炊きもの
   千代幻豚と松茸と古代米・・・・・58℃で低温で10時間火を入れた飯田のブランド豚 ”千代幻豚” と2週間乳酸発酵させた(塩と昆布だけで)松茸です、”千代幻豚” で巻いて頂きました
   老茸の梅酢和え・・・・・老茸とはクロカワのこと
   香茸のお浸し・・・・・大根おろしと一緒に頂きます
   アケビの皮の唐揚げ・・・・・アケビの実を裏漉して果汁だけ取り出したものと和えております

東京ではなかなか味わえない食材ばかり、もし東京で頂くなら、これだけで1万円はするでしょう。
アケビの皮を食べたのは初めて、揚げてあるのでサクサクとして美味しかったなぁ~。

「大信州 純米吟醸」・・・・・女将さんが「bottan さんが好きなのはこれですよね、1本用意しました」と、一人は運転がありますので飲まれませんが、6人ならば楽勝でしょう(笑)。

ここで萩原さんが松茸を持ってきてくれます、その大きさに皆が一斉に歓声を上げます、部屋中が松茸の香りに包まれます、中に二股に分かれた松茸があります、不思議ですね(笑)。

さぁ~、これから松茸三昧のスタートです。

「松茸の土瓶蒸し」・・・・・小さい松茸がちょこちょこと入っているのは違います、デカイのがドンドンっと入っております(笑)。

「松茸の炭火焼」・・・・・この松茸も太くて立派です、松茸名人の朝採りの松茸ですから香が高く、ジューシーです、こんなジューシーな松茸は東京では食べられません、採ってから3時間しか経っていないのですから。

「真澄 純米吟醸」・・・・・案の定、大信州 1升が空いてしまいました(笑)、それで次の1本です。

「焼き松茸と春菊の和えもの」・・・・・松茸の味、香りを大事にした味付け、流石、招福樓出身ですね。

「焼きカラスミ」・・・・・デカイ唐墨ですね、これだけで3合はいけます。

「松茸の傘のフライ」・・・・・長野県大鹿村の山から採れる天然の塩「山塩」かソースで、好みで酢橘を。
私はこの松茸のフライが大好きです、噛むと松茸のエキスが溢れます、まさにジューシーとはこのことです。

「アカヤマドリのフリット」・・・・・厳密に云えば違いますが、これはほぼポルチーニです、この茸も美味しいですね、もっと食べたかったです(笑)。

「松茸のおやき」・・・・・いつもはジビエの熊とか鹿などで作ってましたが、この松茸は新作だそうです。
練り辛子をつけて頂きます、チーズが入っていると思いましたら、それはホワイトソースのようなクリームでした、流石、萩原さん、実に美味しいです。

「のどぐろ の豊年和えと松茸」・・・・・ノドグロはさっと揚げられており、松茸は出汁で湯がいてあり、上には大根おろしと梨の角切りがのせられて、酢橘がかけられております。
胡麻みたいのは炒ったお米で、豊年和えの由来です

「無花果の白酢和え アーモンド添え」・・・・・箸休め的な一品、酢を使ってますので、よりさっぱり感がありました、アーモンドが香ばしく良い役割をしております。

「松茸の茶碗蒸し」・・・・・デカイ松茸が入っておりました。

「熊と天然茸の鍋」・・・・・茸は松茸、アカヤマドリ茸、クリフウセン茸、天然本しめじ、イグチ です。
熊の脂に痺れます、熊も茸も美味しかったですが、スープが滅茶苦茶に美味しかった、そりゃ~、そうですよね、熊肉とこれだけの天然茸を入れた鍋ですから、飛びっきりの出汁ですよね。

「松茸の炊き込みご飯」・・・・・なんと凄い量の松茸なんでしょう、松茸がゴロンゴロンしております、紙のように薄く切った松茸のご飯とは違いますね、なんて美味しいのでしょう。

「茸スープ」・・・・・最高ッス、こんなに美味しいスープで松茸ご飯を食べるなんて、なんと贅沢なんでしょう
「香の物」・・・・・松茸の漬け物も入っております。

「デザート」・・・・・自家製の栗粉のわらび餅パッションフルーツとパッションフルーツのアイスクリーム幻のフルーツのポポー
”幻のフルーツのポポー” が美味しかったので種を持って帰って栽培しようと思っておりましたが、その種を忘れてしまいました(笑)。

 今日も素晴らしいの一言です、一体、何本の松茸を頂いたのでしょう、松茸も美味しかったですが、天然キノコも美味しかったし、”熊と天然茸の鍋” も素晴らしかった。

新宿から高速バスで4時間半、それでも伺うの価値が十分あります、年に何回かは伺いたいです。

萩原さん、女将さん、どうもありがとうございました、また伺います。

  • 柚木元 - 先付盛込

    先付盛込

  • 柚木元 - 松茸の土瓶蒸し

    松茸の土瓶蒸し

  • 柚木元 - 松茸の炭火焼

    松茸の炭火焼

  • 柚木元 - 焼き松茸と春菊の和えもの

    焼き松茸と春菊の和えもの

  • 柚木元 - 焼きカラスミ

    焼きカラスミ

  • 柚木元 - 松茸の傘のフライ

    松茸の傘のフライ

  • 柚木元 - アカヤマドリのフリット

    アカヤマドリのフリット

  • 柚木元 - 松茸のおやき

    松茸のおやき

  • 柚木元 - のどぐろ の豊年和えと松茸

    のどぐろ の豊年和えと松茸

  • 柚木元 - 無花果の白酢和え アーモンド添え

    無花果の白酢和え アーモンド添え

  • 柚木元 - 松茸の茶碗蒸し

    松茸の茶碗蒸し

  • 柚木元 - 熊と天然茸の鍋

    熊と天然茸の鍋

  • 柚木元 - 松茸の炊き込みご飯

    松茸の炊き込みご飯

  • 柚木元 - 松茸の炊き込みご飯

    松茸の炊き込みご飯

  • 柚木元 - 天然茸スープ

    天然茸スープ

  • 柚木元 - 香の物

    香の物

  • 柚木元 - デザート

    デザート

  • 柚木元 - 先付盛込

    先付盛込

  • 柚木元 - 雑茸のぬる和え

    雑茸のぬる和え

  • 柚木元 - サクラシメジと信州牛の炊きもの

    サクラシメジと信州牛の炊きもの

  • 柚木元 - 千代幻豚と松茸と古代米

    千代幻豚と松茸と古代米

  • 柚木元 - 老茸の梅酢和え

    老茸の梅酢和え

  • 柚木元 - 香茸のお浸し

    香茸のお浸し

  • 柚木元 - アケビの皮の唐揚げ

    アケビの皮の唐揚げ

  • 柚木元 - 巨大松茸と二股松茸

    巨大松茸と二股松茸

  • 柚木元 - 今日の松茸たち

    今日の松茸たち

  • 柚木元 - 松茸の土瓶蒸し

    松茸の土瓶蒸し

  • 柚木元 - 松茸の炭火焼の松茸

    松茸の炭火焼の松茸

  • 柚木元 - 自家製カラスミ

    自家製カラスミ

  • 柚木元 - 松茸の炭火焼

    松茸の炭火焼

  • 柚木元 - 松茸の炭火焼

    松茸の炭火焼

  • 柚木元 - 松茸の炭火焼

    松茸の炭火焼

  • 柚木元 - 松茸のおやき

    松茸のおやき

  • 柚木元 - 熊と天然茸の鍋の熊肉

    熊と天然茸の鍋の熊肉

  • 柚木元 - 熊と天然茸の鍋の熊肉

    熊と天然茸の鍋の熊肉

  • 柚木元 - 熊と天然茸の鍋の天然茸

    熊と天然茸の鍋の天然茸

  • 柚木元 - 熊と天然茸の鍋の松茸

    熊と天然茸の鍋の松茸

  • 柚木元 - 熊と天然茸の鍋

    熊と天然茸の鍋

  • 柚木元 - 熊と天然茸の鍋

    熊と天然茸の鍋

  • 柚木元 - 熊と天然茸の鍋

    熊と天然茸の鍋

  • 柚木元 - 天然茸スープ

    天然茸スープ

  • 柚木元 - 自家製の栗粉のわらび餅

    自家製の栗粉のわらび餅

  • 柚木元 - パッションフルーツとパッションフルーツのアイスクリーム

    パッションフルーツとパッションフルーツのアイスクリーム

  • 柚木元 - 幻のフルーツのポポー

    幻のフルーツのポポー

  • 柚木元 - 生ビール

    生ビール

  • 柚木元 - 大信州 純米吟醸

    大信州 純米吟醸

  • 柚木元 - 今日の個室

    今日の個室

3回目

2017/10訪問

  • lunch:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 4.5

松茸三昧でした、この冬は、ジビエを食べに伺いましょう

Instagram (bottan222)

ーーーーーーーーーーーーー
2017/10

 今日の ”柚木元” さんは11時半からです、1時間半ほど時間がありましたので、タクシーで ”元善光寺” と ”天龍峡” を観光をしました、良い運転手さんで色々と説明して下さいましたので楽しめました。

タクシーが ”柚木元” さんに着くと、今日、ご一緒する蕎麦屋さんご夫妻とバー オーナーのご夫妻も、今、着いたところ、6人揃って一緒にお店に入ります。

昨日と違った、これまた素敵な部屋に女将さんが案内をしてくれます。

まずは、「生ビール」 で乾杯です。

「先付」・・・・・野生きのこ三種です、白和えの生地の上にムラサキアンズ茸、ヤブラン(藪蘭)で作ったバッタが可愛い、兎の器の中のハタケシメジはおろし醤油で、ショウゲンジ(正源寺)と云う茸は牛肉と共に。

今日の午前中に届けられた ”朝採り松茸” を萩原さんが見せに来てくれます、みんな驚きと嬉しさで奇声をあげます(笑)。

「朝採りの松茸と鱧の土瓶蒸し」・・・・・松茸三昧の初陣を飾るのは土瓶蒸しです。
松茸のシャキシャキ感とジューシーさと瑞々しさが堪りません、朝採り松茸だからです。

「大信州 秋の純吟 ひとごこち」・・・・・この大信州も美味しいですね、6人で一本空けちゃいましょう(笑)。

「揚げ物」・・・・・松茸のクリームコロッケは酢橘だけで、松茸の傘のフライは酢橘と特性ソースで、塩も用意してあります、皆さん、無言で食べてます(笑)

「松茸の炭火焼」・・・・・大量の松茸を萩原さんが炭火で丁寧に焼き始めます、すると、松茸の素晴らしい香りが部屋中に満たされます、焼きあがった順に萩原さんがお皿に松茸を置いて下さいます。
まずは、傘から食べます、素晴らしいですね、”匂い松茸味しめじ” と言われますが、香りだけではありません、味も素晴らしいです、これも朝採りだからでしょう。
次に軸です、シャキシャキとした食感、柔らかく、ジューシーですね、実に旨い!、これも朝採りだからでしょう。
何個、食べたのでしょうか、半身でしたが5~6個でしょうか、飽きません。

「松茸と春菊のおひたし」・・・・・これも旨いですね。

「松茸の牛肉巻き」・・・・・一口すき焼き、牛は信州牛、すき焼きの割り下で仕上げております、ホオズキ(鬼灯)添え。

「オオスズメバチのサナギ」・・・・・おぉ~、恐ろしい、目をつぶって食べました(笑)。

「無花果の白味噌仕立て」・・・・・白味噌の冷製味噌汁、無花果の甘味と白味噌の甘味、美味しいですね、これ好きです。

「松茸の茶椀蒸し」・・・・・この茶椀蒸し、最高です。

「月の輪熊の鍋」・・・・・昨日はバラ肉でしたが、今日はロース肉です、ムラサキイグチとフウセン茸と共に頂きます。
昨日のすき焼きも美味しかったですが、今日の熊鍋も素晴らしかった、それにしても、ムラサキイグチとフウセン茸も良かった、やっぱ天然きのこは凄いですね。

女将さんが鉢に入った子持ち鮎を見せに来てくれました、今日のも元気です。

「子持ち鮎のつけ焼き」・・・・・ぷっくりとお腹が膨らんだ ”子持ち鮎”、私達は昨夜も頂きましたが、今日だけ参加の4人の為に萩原さんが気を使って下さいました。

「松茸の漬物」・・・・・お酒のつまみとして出して下さいました。

「松茸の炊き込みご飯 銀杏入り」・・・・・いよっ!、待ってました、スライスなんてケチなことは萩原さんは致しません、松茸の半身が入ってます。
鍋の蓋を取ると松茸の良い香りが広がります。
松茸が口の中でコリコリと良い音がします、美味しいですね、こんな松茸ご飯は滅多に食べられませんよ。

「香の物 と スープ」・・・・・熊鍋の出汁を使っての玉子スープ、イグチ入り、このスープ、滅茶苦茶に美味しい。

「デザート ①」・・・・・地元産の葡萄三種、ルビーオクヤマ、シャインマスカット、ナガノパープル。

「デザート ②」・・・・・自家製わらび餅に、地元の採れた栗の2種類の栗粉を塗してあります、細かい栗粉をわらび餅に付け、その上から粗い栗粉が振りかけられております。

 昨日はジビエを中心とした ”招福樓 風” な料理、今日は松茸三昧、2日続けて伺っても飽きることはありません、感動と驚きと歓喜の連続でした。

一緒に伺った4人も大喜び、感謝されてしまいました(笑)。

萩原さん、女将さん、2日に渡って素晴らしい料理と温かいおもてなしをありがとうございました、またお邪魔します。

  • 柚木元 - 先付

    先付

  • 柚木元 - 朝採りの松茸と鱧の土瓶蒸し

    朝採りの松茸と鱧の土瓶蒸し

  • 柚木元 - 揚げ物」・・・・・松茸のクリームコロッケは酢橘だけで、松茸の傘のフライは酢橘と特性ソースで

    揚げ物」・・・・・松茸のクリームコロッケは酢橘だけで、松茸の傘のフライは酢橘と特性ソースで

  • 柚木元 - これから松茸の炭火焼にします、圧巻です

    これから松茸の炭火焼にします、圧巻です

  • 柚木元 - 松茸の牛肉巻き

    松茸の牛肉巻き

  • 柚木元 - 熊のロース肉とムラサキイグチとフウセン茸

    熊のロース肉とムラサキイグチとフウセン茸

  • 柚木元 - 松茸の茶椀蒸し

    松茸の茶椀蒸し

  • 柚木元 - 子持ち鮎のつけ焼き

    子持ち鮎のつけ焼き

  • 柚木元 - 松茸の炊き込みご飯 銀杏入り

    松茸の炊き込みご飯 銀杏入り

  • 柚木元 - 熊鍋の出汁を使っての玉子スープ イグチ入り

    熊鍋の出汁を使っての玉子スープ イグチ入り

  • 柚木元 - 香の物

    香の物

  • 柚木元 - 自家製わらび餅

    自家製わらび餅

  • 柚木元 - 地元産の葡萄三種

    地元産の葡萄三種

  • 柚木元 - 白和えの生地の上にムラサキアンズ茸、ヤブラン(藪蘭)で作ったバッタが可愛い

    白和えの生地の上にムラサキアンズ茸、ヤブラン(藪蘭)で作ったバッタが可愛い

  • 柚木元 - ショウゲンジ(正源寺)と云う茸は牛肉と共に

    ショウゲンジ(正源寺)と云う茸は牛肉と共に

  • 柚木元 - 兎の器の中はハタケシメジ、おろし醤油で

    兎の器の中はハタケシメジ、おろし醤油で

  • 柚木元 - 朝採りの松茸

    朝採りの松茸

  • 柚木元 - 朝採りの松茸と鱧の土瓶蒸し

    朝採りの松茸と鱧の土瓶蒸し

  • 柚木元 - 揚げ物 松茸の傘のフライは酢橘と特性ソースで

    揚げ物 松茸の傘のフライは酢橘と特性ソースで

  • 柚木元 - 揚げ物 松茸のクリームコロッケは酢橘だけで

    揚げ物 松茸のクリームコロッケは酢橘だけで

  • 柚木元 - 松茸の炭火焼

    松茸の炭火焼

  • 柚木元 - 松茸の炭火焼

    松茸の炭火焼

  • 柚木元 - 松茸の炭火焼

    松茸の炭火焼

  • 柚木元 - 松茸の炭火焼

    松茸の炭火焼

  • 柚木元 - 松茸の炭火焼

    松茸の炭火焼

  • 柚木元 - 松茸と春菊のおひたし

    松茸と春菊のおひたし

  • 柚木元 - 無花果の白味噌仕立て

    無花果の白味噌仕立て

  • 柚木元 - オオスズメバチのサナギ

    オオスズメバチのサナギ

  • 柚木元 - オオスズメバチのサナギ

    オオスズメバチのサナギ

  • 柚木元 - 熊のロース肉

    熊のロース肉

  • 柚木元 - ムラサキイグチとフウセン茸

    ムラサキイグチとフウセン茸

  • 柚木元 - 月の輪熊の鍋

    月の輪熊の鍋

  • 柚木元 - 子持ち鮎のつけ焼き

    子持ち鮎のつけ焼き

  • 柚木元 - 子持ち鮎

    子持ち鮎

  • 柚木元 - 松茸の漬物

    松茸の漬物

  • 柚木元 - 松茸の炊き込みご飯 銀杏入り

    松茸の炊き込みご飯 銀杏入り

  • 柚木元 - 生ビール

    生ビール

  • 柚木元 - 大信州 秋の純吟 ひとごこち

    大信州 秋の純吟 ひとごこち

  • 柚木元 - 部屋中に松茸の素晴らしい香りが

    部屋中に松茸の素晴らしい香りが

  • 柚木元 - 萩原さんが丁寧に焼いて下さいます

    萩原さんが丁寧に焼いて下さいます

2回目

2017/10訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 4.5
    ¥20,000~¥29,999
    / 1人

松茸三昧でした、この冬は、ジビエを食べに伺いましょう

Instagram (bottan222)

ーーーーーーーーーーーーー
2017/10

 新宿バスタから伊那バスで4時間15分、やっと飯田に着きました、ホテルにチェックインして直ぐに ”柚木元” さんに伺います。

女将さんの満面の笑みが出迎えて頂きます、1年ぶりなんですがちゃんと憶えていて下さいます、嬉しいですね。

去年、伺った時と同じ部屋に案内されます、お店全体が落ち着いた良い雰囲気です。

まずは、「生ビール」 で乾杯、4時間以上のバスの旅のあとのビールは格別です。
すると、ご主人の萩原さんがご挨拶にいらっしゃいます、今日と明日、宜しくお願い致します。

「先付」・・・・・自家製の胡麻豆腐、銀杏のすり流し 溶き芥子添え、なんて美味しいのでしょう、銀杏のすり流しがイイ味しております。

「大信州 八重原純米大吟醸 ひとごこち 厳選中取り」・・・・・やっぱ、長野に来たのならこれですよね、女将さんに注いで貰います、美味しいですね、このお酒。

「お椀」・・・・・小蕪、天然のスッポンのお出汁で、綺麗に包丁で飾り切りしてある小蕪、食べるのが勿体無いです(笑)。
スッポンのお出汁が上品な味が素晴らしい。

女将さんが鮎の泳いでいる鉢を持って、これからつけ焼きをする鮎を見せに来てくれました、写真を撮ろうとしましたが、元気の良い鮎たちなんでピントが合いません(笑)。

「お造り」・・・・・本州鹿のお刺身 トンボと共に 生姜醤油で。
綺麗でなめらかなお肉ですね、蝦夷鹿はよく食べますが、本州鹿とは珍しいですね。
写真を撮っておりましたら、家内がその美味しさに悲鳴をあげております、私も鹿肉を食べてビックリ、食感といい、こんなに旨味のある鹿肉を食べたのは初めです。

「八寸」・・・・・子持ち鮎のつけ焼、柿の白和え、蓮根、揚げ山栗、自家製の玉子焼、松茸、生麩の田楽。
”子持ち鮎のつけ焼” が絶品、”柿の白和え” と ”生麩の田楽” がおっ!と思う逸品でした。

「天然鰻」・・・・・松茸の軸の部分をトリュフのように散りばめて、餡に松茸の香りをつけてます、天然鰻の白焼きの下にはオコゲを敷いてあります。
松茸をトリュフ代わりに使うとは面白いですね、トリュフ風味の鰻を食べたのは初めてです、美味しいですよ。

「箸休み」・・・・・フウセンタケとキクイモ麺、キクイモを粉末にして、それを麺生地に練りこんだ麺です。
蕎麦と云うより饂飩に近いもので、スッキリとした味(汁、麺とも)で、なるほど、箸休みでした、リセットされました(笑)。

「南瓜の白玉と渡り蟹の餡」・・・・・月見団子、じゃが芋を切り取った兎、写真ではハッキリしませんが可愛いうさぎさんでした、季節感のある一品です。

「白州のダブルのハイボール」・・・・・良いですね、ちゃんと白州を揃いているとは、流石です。

「熊のすき焼」・・・・・熊のバラ肉、割り下も甘いが、それ以上に熊肉の甘さが凄い、ご飯と一緒に。
お腹が一杯でしたので、私は3枚しか頂けませんでしたが、残った肉は全部家内が食べました(笑)、家内が羨ましいです。
熊肉の脂って美味しいですね、これを食べたら牛の脂は食べられません、もし、これが牛の脂でしたら気持ちが悪くなっちゃいます。

「味噌汁」・・・・・具はイグチ茸と若布、イグチって美味しいですね、そりゃ~、そうですよね、ポルチーニの仲間ですから。

「香の物」

「デザート ①」・・・・・熟した地元のパッションフルーツのムース、デザートは別腹、蓋に付いているパッションフルーツと一緒に食べますと、酸味が加わり、美味しさ倍増です。

「デザート ②」・・・・・ほうじ茶の自家製アイスクリームモナカ、”銀座 しのはら” ではフォアグラですが、こちらはほうじ茶の自家製アイスクリーム、”招福樓 本店” 出身の方はモナカが好きなのでしょうか(笑)。

 今回は今日、明日と2日に渡ってお邪魔しますので、明日は松茸を中心に松茸三昧ですので、今日は、ジビエを中心に松茸以外の茸と長野産のものとお願いを致しました。

素晴らしい料理のオンパレードでした、明日は松茸三昧です、楽しみで今晩は興奮をして、寝れるかどうか心配です(笑)。

 萩原さん、女将さん、今日はありがとうございました、明日も宜しくお願い致します。

  • 柚木元 - 自家製の胡麻豆腐、銀杏のすり流し 溶き芥子添え

    自家製の胡麻豆腐、銀杏のすり流し 溶き芥子添え

  • 柚木元 - 小蕪、天然のスッポンのお出汁で

    小蕪、天然のスッポンのお出汁で

  • 柚木元 - 本州鹿のお刺身 トンボと共に 生姜醤油で

    本州鹿のお刺身 トンボと共に 生姜醤油で

  • 柚木元 - 八寸 子持ち鮎のつけ焼、柿の白和え、蓮根、揚げ山栗、自家製の玉子焼、松茸、生麩の田楽

    八寸 子持ち鮎のつけ焼、柿の白和え、蓮根、揚げ山栗、自家製の玉子焼、松茸、生麩の田楽

  • 柚木元 - 天然鰻の白焼き

    天然鰻の白焼き

  • 柚木元 - 熊肉のすき焼

    熊肉のすき焼

  • 柚木元 - 熊肉

    熊肉

  • 柚木元 - 天然鰻

    天然鰻

  • 柚木元 - 南瓜の白玉と渡り蟹の餡

    南瓜の白玉と渡り蟹の餡

  • 柚木元 - フウセンタケとキクイモ麺

    フウセンタケとキクイモ麺

  • 柚木元 - フウセンタケとキクイモ麺

    フウセンタケとキクイモ麺

  • 柚木元 - 熟した地元のパッションフルーツのムース

    熟した地元のパッションフルーツのムース

  • 柚木元 - ほうじ茶の自家製アイスクリームモナカ

    ほうじ茶の自家製アイスクリームモナカ

  • 柚木元 - 香の物

    香の物

  • 柚木元 - イグチ茸と若布の味噌汁

    イグチ茸と若布の味噌汁

  • 柚木元 - 本州鹿

    本州鹿

  • 柚木元 - 生ビール

    生ビール

  • 柚木元 - 大信州 八重原純米大吟醸 ひとごこち 厳選中取り

    大信州 八重原純米大吟醸 ひとごこち 厳選中取り

  • 柚木元 - 大信州 八重原純米大吟醸 ひとごこち 厳選中取り

    大信州 八重原純米大吟醸 ひとごこち 厳選中取り

  • 柚木元 - 元気な鮎達

    元気な鮎達

  • 柚木元 - 八寸

    八寸

  • 柚木元 - 八寸 子持ち鮎のつけ焼、柿の白和え、蓮根、揚げ山栗、自家製の玉子焼、松茸、生麩の田楽

    八寸 子持ち鮎のつけ焼、柿の白和え、蓮根、揚げ山栗、自家製の玉子焼、松茸、生麩の田楽

  • 柚木元 - 熊肉のすき焼

    熊肉のすき焼

  • 柚木元 - 熊肉のすき焼

    熊肉のすき焼

  • 柚木元 - 今日のお部屋

    今日のお部屋

  • 柚木元 - 今日のお部屋

    今日のお部屋

1回目

2016/10訪問

  • lunch:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 4.5
    ¥20,000~¥29,999
    / 1人

松茸三昧でした、この冬は、ジビエを食べに伺いましょう

Instagram (bottan222) 

ーーーーーーーーーーーーー
2016/10

名古屋に住む友人から、「”柚木元” と云う素晴らしい料理屋さんが長野県飯田にあります、特に、朝採りの松茸は絶品です」との連絡を貰いました。
”飯田” と聞いて、20年程前に仕事で飯田に行きましたが、何しろ遠いという印象がありました。

改めて調べてみますと、一番早く、楽なのが新宿から出ている高速バスでした、それでも、4時間半は掛かります。

別の名古屋に住む友人で ”柚木元” の常連さんに予約を入れて貰いました。
10月の下旬になろうとしておりましたが、運良く、松茸はまだあるとのこと、早速、親友夫妻を誘い ”柚木元” さんにお邪魔致しました。

朝の6時50分発の高速バスに乗り、”柚木元” さんに着いたのが11時半、やはり、遠かったです(笑)。

”柚木元” さんに着くと驚きました、小さなお店だと思ってましたが、2階には50名の大宴会を出来る宴会場もあり、1階には個室が4~5部屋もある、綺麗で、大きな大きなお店でした。

女将さんに続いて、ご主人の萩原さんが朝採りの松茸をたくさん持って、ご挨拶に見えました。

さぁ~、松茸三昧のはじまりで~す。

まずは、「生ビール」 で乾杯。

「番茶で炊いた子持ち鮎」・・・・・卵がパンパンに入った子持ち鮎、”招福楼 本店2 で修行なさってただけあって、炊き方、味付けが流石。

「松茸の土瓶蒸し」・・・・・松茸が贅沢にどっさり入った土瓶蒸し、鱧の骨から取った出汁、上品な味です。

この2品を食べ終ると、ご主人の萩原さんご自身が目の前で松茸を炭火で焼き始めます。
松茸の素晴らしい香りが部屋中に立ち込めます。

「松茸の炭火焼」・・・・・わぁ~ぉ、シャキシャキでジューシー、松茸の香りがふんだんに、こんな松茸食べたことがありません、これが、朝採りなんですね、素晴らしい!。
更に素晴らしいのは、これがドンドン焼いて出してくれるのです♡♡♡。

「春菊と焼き松茸」・・・・・春菊の香りと松茸の香り、合いますね、これも素晴らしい。

「信州牛の松茸巻き」・・・・・肉はすき焼き風味となっております、ホオズキトマト添え。

「松茸の茶碗蒸し」・・・・・惜しげもなく松茸が入っております(笑)。

「天ぷら」・・・・・松茸と天然の本シメジ、これぞ、”匂い松茸、味シメジ” ですね(笑)、でも、此方の松茸は味も良いのです。

「フライ」・・・・・松茸の傘と松茸のクリームコロッケ。

「トロ茄子とアカヤマドリ茸のバターソテー」・・・・・塩胡椒だけのバターソテー、初めて食べた ”トロ茄子” も 厳密にはポルチーニとは違いますが、大きく分けて、その仲間のアカヤマドリ茸、両方とも美味しいですね。

「お口直し」・・・・・リキュールのコワントローのシャーベット、地元のパッションフルーツがけ。

「熊と天然きのこ鍋」・・・・・4分3が脂身の、長野県産の月の輪熊の肉と原木ナメコ、ショウゲンジ、イグチの3種の茸、そして、自家製の胡麻豆腐の鍋。
今、思い出しても、その味は感動的なものでした。
大津の ”比良山荘” の「月熊鍋」も美味しいですが、鍋自体の味付けは、此方の方が断然に私の好み、この熊鍋は、私の中で3本の指に入ります。
スープが無茶苦茶に美味しかったです、そりゃ~そうですよね、キノコと熊の出汁がタップリとにじみ出ているのですから。

「蜂の幼虫の甘露煮」・・・・・勇気を出して、目を閉じて食べましたが、いやぁ~、これ美味しいです、珍味中の珍味。

「松茸と銀杏の炊込みご飯」・・・・・なんと、贅沢なんでしょう、小さな松茸が丸ごと、ないしは、ぶ厚く切った松茸が入ってます、ご飯より松茸の方が多いぐらいです(笑)。
殿様になった気分です(笑)。

「松茸の味噌漬け」・・・・・香の物も松茸です(笑)、シャキシャキしていて、これも美味しい、当たり前か(笑)。

「玉子とじのスープ」・・・・・先程の ”熊と天然きのこ鍋” の残ったスープを使い、それに、ご主人がちょこっと手を加えたスープ、絶品でした。

「デザート」・・・・・モナカに入った栗のアイスクリーム、ピオーネと信濃スマイルとシャインマスカットの3種の葡萄、自家製プリン。
このプリンはケーキ屋さんを開けるほどの美味しさでした。

この間に頂いた日本酒は :

「大信州 純米大吟醸 厳選中取り 限定ひやおろし」
「今錦 特別純米 ひやおろし」
「大信州 純米吟醸 超辛口」

をとどめなく(笑)。

まさに、松茸三昧でした、もう、来年まで松茸を食べなくても大丈夫です。

この冬は、ジビエを食べに伺いましょう、その時は、飯田で一泊しましょう、今日は日帰りをしましたが、やはり、疲れました(笑)。

  • 柚木元 - 今日の主役、松茸

    今日の主役、松茸

  • 柚木元 - 番茶で炊いた子持ち鮎

    番茶で炊いた子持ち鮎

  • 柚木元 - 松茸の土瓶蒸し

    松茸の土瓶蒸し

  • 柚木元 - 松茸の炭火焼

    松茸の炭火焼

  • 柚木元 - 春菊と焼き松茸

    春菊と焼き松茸

  • 柚木元 - 信州牛の松茸巻き

    信州牛の松茸巻き

  • 柚木元 - 松茸の茶碗蒸し

    松茸の茶碗蒸し

  • 柚木元 - 内観 ①

    内観 ①

  • 柚木元 - 内観 ②

    内観 ②

  • 柚木元 - 外観

    外観

口コミが参考になったらフォローしよう

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

bottan(6601)さんの他のお店の口コミ

bottanさんの口コミ一覧(1513件)を見る

店舗情報(詳細)

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名 柚木元
受賞・選出歴
2021年Silver受賞店

The Tabelog Award 2021 Silver 受賞店

2020年Silver受賞店

The Tabelog Award 2020 Silver 受賞店

2019年Silver受賞店

The Tabelog Award 2019 Silver 受賞店

ジャンル 懐石・会席料理、割烹・小料理
予約・
お問い合わせ

0265-23-5210

予約可否

予約可

住所

長野県飯田市東和町2-43-1

交通手段

JR飯田線飯田駅徒歩3分

飯田駅から162m

営業時間・
定休日

営業時間

11:30~13:30(L.O)
17:00~20:00(L.O)

日曜営業

定休日

不定休

新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

予算(口コミ集計)
[夜]¥30,000~¥39,999 [昼]¥30,000~¥39,999

予算分布を見る

支払い方法

カード可

(JCB、AMEX、Diners)

席・設備

個室

(2人可、4人可、10~20人可、30人以上可)

大広間では50人の会合が可能です

駐車場

合計20台

空間・設備

落ち着いた空間、席が広い、座敷あり

携帯電話

docomo、au、SoftBank

メニュー

ドリンク

日本酒あり、焼酎あり、ワインあり、カクテルあり

特徴・関連情報

Go To Eat

プレミアム付食事券使える

利用シーン

知人・友人と

こんな時によく使われます。

ロケーション

一軒家レストラン

ホームページ

http://www.yukimoto-hanare.com/

備考

現在お店に来られないお客様のためにお取り寄せを始めたそうです。
https://pro.form-mailer.jp/lp/900b1f8a193925

初投稿者

iidagmtiidagmt(4006)

最近の編集者

編集履歴を詳しく見る

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

周辺のお店ランキング

飯田・大鹿×日本料理のランキング(点数の高いお店)です。

  • 1位

    柚木元 - 内観写真:

    柚木元 (懐石・会席料理、割烹・小料理)

    4.41

  • 2位

    はやふね - 料理写真:鯛のゴマダレ漬茶漬け御膳

    はやふね (懐石・会席料理、割烹・小料理)

    3.17

  • 3位

    三宜亭本館 - 料理写真:

    三宜亭本館 (旅館、懐石・会席料理)

    3.17

  • 4位

    おとぎ亭光風 - 料理写真:

    おとぎ亭光風 (懐石・会席料理、旅館)

    3.11

  • 5位

    ひがしの - 料理写真:いかわた焼き@300円&焼鳥@300円

    ひがしの (割烹・小料理)

    3.08

食べログ限定企画

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ