新型コロナウイルス拡大における対応のお願い

口コミ一覧 : 翠林

気になるレストランの口コミ・評判を
フォロー中レビュアーごとにご覧いただけます。

口コミをフォロー中レビュアーで絞り込むには、ログインが必要です。

店舗情報(詳細)

店舗基本情報

店名
翠林(スイリン)
ジャンル 中華料理、飲茶・点心、上海料理
予約・
お問い合わせ

050-5570-3216

予約可否

予約可

住所

宮城県仙台市青葉区中央4-6-1 仙台国際ホテル

交通手段

JR仙台駅西口から 徒歩5分

あおば通駅から406m

営業時間

営業時間

ランチ11:00~15:30(L.O14:30)
ディナー17:00~21:00(コースL.O19:00、アラカルトL.O19:30)
※ディナーは当面の間、二日前までの完全ご予約制にて営業いたします。

日曜営業

定休日

※火曜  その他不定休

新型コロナウイルス感染拡大等により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

予算
[夜]¥6,000~¥7,999 [昼]¥3,000~¥3,999
予算(口コミ集計)
[夜]¥8,000~¥9,999 [昼]¥1,000~¥1,999

予算分布を見る

支払い方法

カード可

(VISA、Master、JCB、AMEX、Diners)

電子マネー可

(交通系電子マネー(Suicaなど)、楽天Edy、iD、QUICPay)

サービス料・
チャージ

サービス料10%

席・設備

席数

10席

個室

(4人可、6人可、8人可)

個室4名~ 4室あり 最大収容個室 MAX8名 (個室利用の際、アラカルト注文の場合は個室料有り 平日夜を除く)*詳細は店舗へ要問合せ

貸切

不可

禁煙・喫煙

全席禁煙

同フロアに喫煙スペース有り

駐車場

3000円以上のご利用で2時間サービス

空間・設備

落ち着いた空間、無料Wi-Fiあり、車椅子で入店可

携帯電話

docomo、au、SoftBank、Y!mobile

メニュー

ドリンク

日本酒あり、焼酎あり、ワインあり、カクテルあり、ワインにこだわる、カクテルにこだわる

特徴・関連情報

Go To Eat

プレミアム付食事券使える

利用シーン

家族・子供と デート 知人・友人と

こんな時によく使われます。

ロケーション

ホテルのレストラン

サービス

2時間半以上の宴会可、お祝い・サプライズ可、テイクアウト

お子様連れ

子供可(乳児可、未就学児可、小学生可)、ベビーカー入店可


(ご予約の際は年齢と性別を記載いただけますとお席の準備がスムーズです。)

ホームページ

http://www.tobu-skh.co.jp/restaurants/suirin/index.html

電話番号

022-268-1111

初投稿者

sugawara284sugawara284(75)

ブログに店舗情報を貼る

このレストランは食べログ店舗会員等に登録しているため、ユーザーの皆様は編集することができません。

店舗情報に誤りを発見された場合には、ご連絡をお願いいたします。お問い合わせフォーム

関連リンク

ランチのお店を探す

条件の似たお店を探す (仙台市)

周辺エリアのランキング

近くにある施設

宮城県の施設一覧をもっと見る

周辺の観光スポット

よくある質問

  • 営業時間・定休日を教えてください

    【営業時間】

    ランチ11:00~15:30(L.O14:30) ディナー17:00~21:00(コースL.O19:00、アラカルトL.O19:30) ※ディナーは当面の間、二日前までの完全ご予約制にて営業いたします。

    【定休日】

    ※火曜  その他不定休

  • アクセス方法を教えてください

    JR仙台駅西口から 徒歩5分

  • オンライン予約は出来ますか?

    はい、予約可能です。

  • 感染症対策を教えてください

    【店内】

    ・定期的な換気

    ・隣客との距離確保または間仕切りあり

    【従業員】

    ・出勤前の検温

    ・マスク常時着用

    ・手洗い・うがいの徹底

    【お客様】

    ・手指消毒液の用意

    ・入店時の検温

    ※店舗にご登録いただいた情報を掲載しています。実施状況や詳細は店舗にご確認ください。

  • このお店の口コミを教えてください

    お料理には、和洋中その他いろいろな分野があるのでしょうが、ノンベェ親父の出没地を冷静に自己分析すると一番出かける機会が少ないのが中華料理屋さんです。中華料理が嫌いのでは断じてありません。ただよく考えてみると、お酒が主役であるべき自分にとって唯一積極的に呑みたいとは思わないお酒が紹興酒であり、そのために出没割合が少ないのだろうとの結論に至っています。料理自体は大好物なのですが、私にとっては主役である...

ページの先頭へ