【京都】一度は訪れたい、絶品パン屋さん

【京都】一度は訪れたい、絶品パン屋さん

京都市は、神戸市と並び称される全国有数のパン消費都市。京都の街では、至るところにパン屋さんを見つけることができます。もちろん、いずれのパン屋さんのレベルも高いのですが、中でも特におすすめのお店を紹介したいと思います。

キーワード
おしゃれ
モーニング・朝食
おすすめ
ケーキ
名物

更新日:2015/04/30 (2015/04/23作成)

7740view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は「フランスパン部門」「日本のパン部門」「ドイツパン部門」「ベーグル部門」「おしゃれ部門」で、計6軒を選んでみました。

ル・プチメック 今出川

ル・プチメック 今出川

今や東京にも展開する、京都の有名パン屋さん。こちらの一号店は、金曜日・土曜日・日曜日のみの営業です。
イートインスペースもありますが、土日はオープン直後に満席に。。。夕方には空くのですが、今度は逆にパンが無くなってしまうので、朝イチの訪問が吉。
ハード系が人気ですが、おすすめは「クロックムッシュ」。いつも山ほど用意されていますが、昼前には売り切れてしまう程の人気っぷり。
現在、京都市内に4店舗を展開していますが、まずはこちらを訪れてみましょう。

まるき製パン所

まるき製パン所

こちらも、京都の名物パン屋さん。個人的には、京都で一番好きなパン屋さん。いつも、ひっきりなしにお客さんがやってきては、次々にパンを買っていきます。
おすすめは、何と言っても「ハムロール」。これを食べずして、京都のパンを語ることはできません。
いずれも、昔ながらの素朴なパンですが、その美味しさたるや格別。
明るく元気なおばちゃんたちの接客も印象的で、嫌なことがあった日も、ここでパンを買って食べれば、また頑張れる気がします。

ワルダー

ワルダー

京都でドイツパンと言えば、まずその名が挙がる名店。
ドイツパンの特徴なのか、生地の風味は他と一線を画し、熟成感のある奥深い味わいが口に広がります。
ハード系だけでなく、菓子パンから惣菜パンまでと色々あるのですが、どれも安定した美味しさで、いずれもセンスを感じます。
しかしながら、口コミには賛否両論あるようで、好みの分かれるパンと言うこともできそうです。

コムギ

コムギ

京都でベーグルと言えば、やはりこちらがおすすめ。
種類は定番のものですが、いずれも大ぶりで、お得感があります。
特筆すべきは、生地のもちもち具合。中も外も、もっちもちで、絶妙な水分量としっとり感があります。
噛むほどに口の中に広がるパンの甘味も、ベーグル好きにはたまりません。

アルチザナル

アルチザナル

こちらは、京都随一のおしゃれパン屋さん。
店内は、白を基調としたシンプルな内装で
長いカウンターの上に、丁寧にパンが並べられています。
パンは、いずれもきちんと成型がなされており、ケーキのような芸術性を感じます。
ラインナップは、菓子パン系が多いので、食事だけでなく、ティータイムにいただくのも良いかもしれません。
ちなみに、小さいながらもイートインスペースがあるので、店内で焼きたてをいただくなんてことも出来ます。

キキダウンステアーズベーカリー

キキダウンステアーズベーカリー

こちらも、雰囲気抜群のパン屋さん。
店名の通り、地下にお店がありますが、階段を降りる際のわくわく感がたまりません。
採光を考えてか、地下1階にあるパンの販売スペースは1階まで吹抜け。それもあって店内は、間接的な優しい光が入ってきて、温かい雰囲気です。
こちらのパンも、形がきちんと整えられており、小ぶりで愛らしい感じです。
あんぱんはミルクの優しい甘みが感じられる生地で、カレーパンはもっちり感の心地よい生地といった、期待するポイントをしっかりと押さえた優秀なパンが揃うお店です。

場所やシーンを選ばず、気軽に楽しめるパン。せっかく京都に来たのだから、和食や和スイーツを楽しみたいという方も、朝食用にパンを選んでみてはいかがでしょうか。

※本記事は、2015/04/30に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ