デカ盛り界のジャンクグルメ達 at首都圏+α

デカ盛り界のジャンクグルメ達 at首都圏+α

デカ盛り料理の中には一口目からその旨さに夢中になって気が付けばガツガツ頬張ってる様な病み付きな品々があります。何故か首都圏を中心にそういった品が多いなという事で、今回紹介します。

キーワード
ランチ
デカ盛り
食べ歩き
名物
肉料理

記事作成日:2015/03/10

3924view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

病みつきな旨さの要因は肉・揚げ物・背油などの油だとか旨味調味料だとかだったりもするので決して身体に良いとは言いませんが…筆者もそういうのは好きなんで出されれば食べちゃいますね(・∀・)ゞ

※食べ歩いた当時の価格のまま掲載してますので、増税・物価高騰・メニュー改定により価格が変更している事もあるかもしれません。

12b82786e9ff8020f9ea00f92add2d6c

ラーメン atラーメン二郎 三田本店

ラーメン二郎 三田本店

ジャンク度 ☆☆☆☆☆

筆者的「首都圏元祖三大デカ盛りジャンク」の1つ。

昔も今も学生さん達やガッツリグルメ愛好家さん達の胃袋と「二郎欲」を満たし続ける「ラーメン二郎」の「聖地」とも言われるその本店。

キレのある濃い醤油感、
スープに浮かぶ大きな油、
ボリュームたっぷりな「豚」と称される一般のラーメンでのそれを遥かに上回る大ぶりのチャーシュー、
「小」サイズでも食べ応えある麺がいっぱい入っていながら一杯\600で「ヤサイ」コールによる無料での野菜マシなど「これぞ二郎!」という特徴に満ちた一杯。

最初はあまりの濃厚さと油加減のキツさに参る方でも、
繰り返し食べれば食べる程更に身体が二郎のラーメンを欲してくるというまさにデカ盛り界きっての元祖ジャンクグルメ!

ヤサイと共に無量で増せる「にんにく入れますか!?」でお馴染みの刻みにんにく投入、
厨房で店主「オヤッさん(か息子さん)」がサッサッとスプーンで投入している旨み調味料もそのジャンクさを一層増している要因かと(≧∇≦)b

ジャリコ atジャポネ

ジャポネ

ジャンク度 ☆☆☆☆☆

筆者的「元祖首都圏三大デカ盛りジャンク」の1つ 。

画像のは看板人気メニュー「ジャリコ」の裏メニューデカ盛りお店最大の盛り「理事長」(以前は\900)。

濃すぎない醤油味に紫蘇や小松菜・トマト等の瑞々しさとアクセントが、
デカ盛り級の量でも最後まで食べられる要因ですね(・∀・)b

それらに加えて油を絡めて炒めている所がジャンク度を決定付けていますね。

他のメニューも軒並みジャンクな感じでほぼハズレメニューはありません。

画像のは看板人気メニュー「ジャリコ」の裏メニューで最大の盛り「理事長\900」で総重量1キロ台前半位。
一番少ない「レギュラー」でも十分な量があり、
一通りのメニューのレギュラーサイズなら\550とか\500で食べられるリーズナブルさも名物の屋内行列を常時作り出している人気要因の1つと思われます(・∀・)b

筆者がデカ盛り食べ歩きを始めた初期にレギュラー~理事長、
種類もほぼ食した程足しげく通いました(・∀・)ゞ

「キムチスパ」理事長

「インディアン」レギュラーサイズ

唯一のご飯もの「カレーライス」の理事長

スタミナカレー atバーグ 杉田本店

バーグ 杉田本店

ジャンク度 ☆☆☆☆1/2

筆者的「元祖首都圏三大デカ盛りジャンク」の1つ。

大量の豚バラ肉でのしょうが焼きの脂身の旨み、
それにかかっている甘辛いタレ、
モッタリして濃厚なややスパイシーなルーなど、
ダメな人にはダメなんですがハマった場合は昔の筆者の様に毎週通う羽目にもなります(≧∇≦)
デカ盛りカレーきってのジャンクグルメです。

画像のはスタミナカレー特盛(\770+\600※以前は…今は+\800!?)に生卵を追加。

横浜市を中心に展開している5店舗の内、
当まとめで紹介している杉田本店の「特盛」はご飯5合で総重量2.5kgという激盛り仕様で、
自身の胃袋に覚えのある方でも量と重厚感に苦戦する事もしばしば。
筆者も然りです…

カレーナポ atパンチョ 新橋店

スパゲッティーのパンチョ 新橋店

ジャンク度 ☆☆☆☆1/2

「ナポリタンはうまいと言わせたい」というコンセプトで都内を中心に展開の人気ロメスパ店がサラリーマンの街新橋にも。

画像の「カレーナポ」はナポリタンの酸味にカレー風味が相まって、
濃厚な甘辛酸っぱさが病みつきな一品でした(≧∇≦)

画像の注文は「カレーナポ星人\1650+差額\50分の食券(「別格」期間中の値段)+ベーコン\200」。

スタミナ焼スパ at金太郎

金太郎

ジャンク度 ☆☆☆☆☆

ロメスパと思われる「焼スパ」「焼メシ」が主なメニュー。

提供メニューの「スタミナ焼スパ」はキャベツ・フライドガーリック・刻みニンニクに生卵というトッピングのラインナップは当まとめの「バーグ」「ラーメン二郎」さんを合わせた様な見た目に。

画像のはスタミナ焼スパのみの増量メニュー「ギガ盛\950」で「総重量1kg」超です。

当まとめでも紹介している茨城県水戸市「ウオカネ」さんの焼肉スパゲティと似たお味で甘辛な焼肉風の味付けがまた病みつきでして、
刻みとフライドのニンニク2種を混ぜて食べると益々ジャンクな味わいになっていきました。。

けやき丼 atけやき食堂

けやき食堂

ジャンク度 ☆☆☆☆1/2

千葉県野田市に置いて「やよい食堂」と双璧を成すボリューム店。

看板メニュー「けやき丼」は甘辛い味噌味のタレの焼肉丼でして、
筆者の予想以上の病み付きなお味でした(´ー`)

画像の盛り「特特特特特特盛(特6)\1200台位」は食べた当時の感じでは2キロ台前半といった感じの量。
時期により2.5~3キロとも言われ、
実際は盛る店員さんにより違うのかもしれませんね。

焼肉スパゲティセット at UOKANE(ウオカネ)

ウオカネ

ジャンク度 ☆☆☆☆☆

水戸市の「ランチ専門店」という洋食メニューのお店。
持ち帰りが出来るのでその提供メニューのどれもが何も言わずともデカ盛り級ボリュームで提供されます。

筆者が食べた画像の「焼肉スパゲティセット\1280+肉トリプル\380」は、
甘辛い焼肉風の濃い汁が麺にまとわりついて食が進みました(´ー`)

トリプルに増量した焼肉も同様の味付けで堪りません(´ー`)

※本記事は、2015/03/10に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ