三軒茶屋周辺で「ランチが良いな!」と感じたお店

三軒茶屋周辺で「ランチが良いな!」と感じたお店

昼飯というと麺類ばかり食べているそれがしですが、たまには少し背伸びして、ランチタイムを楽しみたいと思うことがございます。そういう「ハレ」のランチを、それほどお高くなく食べられたお店を紹介します。ただし、ちょっと前に行ったお店もありますので雰囲気が変わっているかも知れませぬ。

キーワード
ランチ
肉料理

記事作成日:2015/01/14

12643view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お得ランチinサンチャ

ちょっと背伸びしてランチを食べた日の思い出を綴っております。高くて美味いは当たり前。ちょっとだけ高いけど…でも「お値打ち」だったね!というランチを集めてみました。再び、めちゃ狭い範囲でのまとめです。

Ae40e8cb3722159328ffdf7d6a28f28d

イル ピッツァイオーロ

イル ピッツァイオーロ

休日のある日、猫奥さんと三軒茶屋へ行きランチ場所を探していました。しかし、どのお店も満席。このお店でも少々待たされましたが、雰囲気が良さそうだったので待つことにしました。そのランチがこちら。前菜はまず、ハム類の盛り合わせでありました。これが前菜!?とまずびっくり。

バーニャカウダであります。2品目がこれ?とまたびっくり。野菜の鮮度も良く、これはこれで、また大いに満足いたしました。

メインはピッツアとパスタをそれぞれ頼んで、シェアして食べました。このピッツアがまた秀逸。ボリュームもあり、具沢山。さらにアツアツで供されて、ワインによく合いました。あちこち彷徨った後で入った、という条件を差し引いても、こちらのお店のレベルはかなり高いと思います。大満足のランチになりました。

味倶楽部 くらりす

味倶楽部 くらりす

雑居ビルの最上階にあるのですが、下の階のお店がすべて退去してしまい、孤軍奮闘しているのがこちらのお店です。それがしたちも、実はこわごわ?と入店しました。しかし、それは杞憂でした。お安いランチであっても、力がしっかり入っておりました。

奥さんはメインにとろとろオムライスを選びました。本当に玉子がとろとろで、なかなかに美味しいオムライスでした。それがしはハンバーグライス。こちらもなかなかの水準でございました。

珈琲もなかなかに良い器で供されます。このランチを食べるために入店するのが少々勇気が必要ですが、蛮勇を振るうだけの価値はあると思います。

ラルテ

ラルテ

国道246号線の南側、少し昭和女子大学の方に行ったところの裏通りにあるお店です。このあたり、最近は飲食店が集中し、ちょっとした激戦区になってきています。基本的にピッツアとパスタを中心にしたランチがいただけます。ランチは前菜とメインのピッツアかパスタ、デザートとドリンクという組み合わせ。これがなかなかにお安い値段で食べられます。最近は混んでいてなかなか入店できずにおります。

こちらが前菜。これを食べて、飲まないというのはもったいない!休日昼酒のスターターとしては申し分のない内容であると思います。特に上のハムが美味しかったですね。

デザートも、そんなに凝っているとまでは言えませんが、素朴でかつ美味しいものでした。満足の行くランチタイムを過ごせる場所であると思います。

流庵 三軒茶屋店

流庵 三軒茶屋店

和食のお店もご紹介。こちらはラルテの近くにある和風のお店です。夜は飲み屋さんですが、ちょっと上品な感じです。こちらのランチは一種類のみ。1500円の限定ランチであります。仕事が上手く行って、ちょっぴりお祝いしたい気分の日に、一人で訪問いたしました。時間が遅かったので限定数が無いかも、と少々焦りましたが、まだありました。おかずの皿数が多いというのが、酒のみのそれがしには嬉しい限りであります。あ?お酒は頼んでません。まだ仕事があるもので・・・(残念)

刺身や煮物といったメインのおかずもなかなかに美味しいですが、いろいろな味を楽しめること、次に何を口に入れようかと迷うのもまた楽しいものでございます。

冷奴や半熟玉子などという、およそ高級素材ではないものも、小鉢になって出てくると何だかうれしくなってしまいます。それがしって、もしかすると安上がりにできているのかも知れません(苦笑)

ニエバナ

ニエバナ

最後はまだ、あまり知られていないと思われるお店です。「ニエバナ」は世田谷通りから細い路地を入ったところにあります。元は安いお寿司屋さんでけっこう流行っていたのですが、いつの間にかこのお店になり、すでに2周年とのこと。こちらの定食はだいたい1000円です。一度入ってみようと思いながら、なかなか入る機会に恵まれなかったのですが、先日初訪問してまいりました。こちらは揚げ海老真丈定食であります。左上がその真丈。あとは水菜風サラダと焼き魚、冷奴、味噌汁、香の物といたってシンプルでありました。

こちらがその真丈であります。それほど大きさはありませんが、出汁に浸されたそれは、アツアツの状態で供されます。ご飯によく合うおかずであると思います。それがしのような和風オヤジには最高の主菜でございまする。

デザートに紫芋のムース風のものが出されました。甘すぎないか、と思いましたが、甘さ控えめで、和食ランチのデザートとしてはなかなかに美味でした。こちらはさほどお高くはなく、日常的に使えるお店であると思います。一点だけ難点なのは、けっこう窓が大きく、外から丸見えの席があることくらいでしょうか。店員さんの感じも良く、気分の良いランチタイムになりました。

※本記事は、2015/01/14に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ