岡山のあっさり系ラーメン

岡山のあっさり系ラーメン

ラーメンの種類も多種ありますが、こってり・普通・あっさりと分類したときに私の好みのあっさりだと思うものを選んでみました。 醤油味ではないスープは魚介系ベースのものに特化しています。

キーワード
塩ラーメン

更新日:2015/02/17 (2014/11/05作成)

12457view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岡山最高峰の塩らーめん

麺屋 大輔

しお ふつう

スープは塩加減の円やかなもので、あっさりしていて魚貝系の旨味が強くします。

適度な甘味があり且つ旨味は深いものです。

麺は細くコシがあり量は少なめなものですが美味しい麺です。

具材は水菜・葱・チャーシュ・メンマ、チャーシュー・メンマの下味もこのラーメンにピッタリと合ったものだと思います。

とんこつも少し頂きましたが、私はしおをお勧めします。

県内の塩では完成度がスープ・麺共に非常に高く、当店がトップだと思います。

しお ふつう

倉敷市を代表する黄金色の奥行きのある塩スープ

莢

塩そば大盛り

麺はやや細めでエッジはない丸麺、シコシコの食感でコシはしっかりとあり、また延び難い完成度の高い麺です。

スープはしっかりと旨味がある魚介系、塩ラーメンらしくないこの黄金色はきれいの一言で纏まります。

口当たりニンニク風味?のような感じ、スープはしっかりと美味しく奥行きがあり塩もカドはなく拘りを感じられます。

塩そば大盛り

岡山市内最高峰の塩ラーメン

三方らーめん おお田

塩らーめん大盛

普通は中太麺だそうですが勧められた細麺に、麺の太さは細くコシはあり食べて美味しい麺です。

スープは天然ホタテ出汁の豊かな旨味とありますが、魚の出汁も使われているそうで、ネギ油の香味とあっさりとした旨味のある塩加減の絶妙なものでした。

具材はチャーシュー・メンマ・葱・玉子、チャーシューはあっさり美味しい味わいです。

岡山市内のあっさりと美味しい上品なラーメンの代表格に思います。

塩加減が控えめであっさり派にはお勧めで、醤油・塩双方レベルの高いラーメンです。

塩らーめん大盛

幻となった特製しじみラーメン

華麺

特選しじみラーメン

スープはしじみの旨味と昆布の旨味のあるもので、塩加減も良くあっさりとしたスープでした。

麺は太さは細めでコシもあり、具材はしじみ・葱と2種のみとシンプルです。

しじみの旨味のスープが美味しく肝臓が癒される味わいです。

ただしじみが高価なので価格は割高で、昼に頂くには具材が寂しい感じがしました。

しじみは良いものを厳選されているそうで、この日は北海道網走産のものでした。

夜に来られる飲んだ〆のお客さんはスープを特に好まれるそうです。

特選しじみラーメン

FC店ながら絶品の塩ラーメン

塩元帥 総社店

天然塩ラーメンゆず抜き

麺の太さは平打ちで普通、自家製麺で旨味とコシもありました。

スープは揚げ大蒜の風味も僅かに香るあっさりしたもので、塩加減も絶妙で旨味がしっかりとあります。

具材はチャーシュー・白髪葱・メンマ・糸唐辛子・春菊 、メンマも下味が感じ良く美味しかったです。

丁寧で美味しいラーメンに思いました。

FC店はお店によって味わいにバラつきがありますが、此方はなかなかのものに感じました。

桜えびはないですが佐野実の塩ラーメンに似ていると思いました。

醤油・味噌もありますが間違いなく天然塩ラーメンを頼むべきでしょう。

天然塩ラーメンゆず抜き

割烹店が作る和風創作ラーメン

創作らーめん 薑屋

かもと白葱のうすくち醤油らーめん

麺の太さはやや細めでコシはしっかりとあり麺屋 大輔・塩元帥と似た美味しい麺です。

スープは生姜の風味が軽くして鰹出汁のあっさり味で塩加減も良かったです。

具材は鴨・白葱・麩・三つ葉、鴨肉は少なめですがシンプルに鴨の美味しさがします。

鴨・葱の組み合わせは相性の良い美味しさで、和風らーめんの良さが表れていると思います。

生姜という薬味が好きなほうではありませんが、そこまで強くはないのでこのラーメンには合っています。

かもと白葱のうすくち醤油らーめん

カキオコ(牡蠣入りお好み焼き)を凌ぐ美味しさの牡蠣ラーメン

日本酒肉バル 市場レストラン うどん虎

牡蠣ラーメン

スープは塩ラーメンと同じだそうですが、牡蠣が入ると更に美味くなるそうです。

頂いてみるとあっさりとしたもので旨味もあり、粗挽き胡椒が僅かに入っていました。

千屋牛の骨ではなく肉から出汁を摂られていて、更に和風出汁と合わせているそうです。

巷に出回らないサイズの大きな牡蠣はソテーされたもので炒め加減も良かったです。

麺は太さは細めでコシはしっかりとありました。

スープ・麺・牡蠣と何れも良く完成度の高さがあり、牡蠣入りラーメンもなかなかのものだと思いました。

ジャージー牛のミルクに漬けたものを塩揉みされているそうで、ちゃんとした下拵えもされておられます。

私のようにあっさりした味わいのラーメンが好きなかたにはお勧めのお店です。

牡蠣ラーメン

鴨が葱を背負ってきたラーメン

革麺家 支那そば花

支那そば

麺は平打ちめんでコシがあり、表面に絞まった感じの硬さがあり独特の食感があります。

スープは甘めで出汁の旨味のあるもので、伺ったところ鴨と鰹出汁だそうです。

うどんや日本蕎麦にも合うスープだと思います。

具材は鴨肉・クコの実・葱に煮卵も付いています。

麺が平打ちで表面の絞まった硬さ、和風なスープというところは讃岐らーめん はまんどを思い出させます。

支那そば

ひとえにラーメンといえども多様。これほど好みが分かれる食べ物もそうないでしょう。

※本記事は、2015/02/17に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ