埼玉県さいたま市の #大宮 駅東口周辺の美味しい11店 Part2

出典:takafumiaoki000さん

埼玉県さいたま市の #大宮 駅東口周辺の美味しい11店 Part2

埼玉県さいたま市のJR大宮駅東口には、武蔵一宮氷川神社や大宮公園があります。 また南銀座通り、すずらん通り、一番街商店街、さくら小路名店街、WEST SIDE STREET、一の宮通りなどがあります。 その大宮駅東口周辺の美味しいお店を紹介します。

更新日:2019/04/18 (2018/10/01作成)

1447view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる258の口コミを参考にまとめました。

大宮駅東口の美味しいお店のまとめ Part2

ラケル 大宮店、ピザメッセ 大宮シーガル店、杉本の店、大戸屋ごはん処 大宮すずらん通り店、咲くら 大宮店、丸亀製麺 大宮すずらん通り店、リンガーハット 大宮駅東口店、日乃屋カレー 大宮店、来来軒 大宮ウエストサイド店、スエヒロ館 大宮駅東口すずらん通り店、情熱のすためし どんどん 大宮東口店の11店を紹介します。

ラケル 大宮店

3.08

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

2018年10月29日(月)に初めてラケル 大宮店(RAKERU)を訪れた。
お店の造りはテーブル席のみで間口から思うよりも広めである。
お洒落な内装である。
客層は女性が多い。
休日には店前に女性の行列ができているのをよく見かける。
店内ではリズミカルなJAZZが流れていた。
テーブル席に着くと冷たい水が出された。
各テーブルにはすでにフォークとスプーンが用意され、食事が終わるとすぐに食器を片しにお店の人が来て、行列店ならではの回転率を上げる努力が見受けられる。

桜姫鶏のチキンライスのデミグラスソースオムライスを食した。
コーンスープ、アイスコーヒーがついて税抜920円であり、税込993円であった。
注文してからあまり待たずに料理が出された。
コーンスープは大きめのクルトンが入り、濃厚でクリーミーである。
アイスコーヒーは酸味と大変に強い苦味があり、風味が良いものである。
桜姫鶏のチキンライスのデミグラスソースは、玉子が半熟のようにふわふわとろりとした食感であり、デミグラスソースに濃い旨味と酸味と塩気がある。
チキンライスはかために炊かれていて、ケチャップの風味も良く、桜姫鶏は肉の旨味が凝縮されている。
美味し。

ピザメッセ 大宮シーガル店

3.07

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ~¥999

2018年10月1日(月)に初めてピザメッセ 大宮シーガル店を訪れた。
晴天であったが、前日の台風の影響で電車のダイヤグラムが大幅に乱れている日であった。
お店の造りはL字型のカウンター席とテーブル席があり、コンパクトである。
ランチは15時までである。
客は私一人であった。
店内では洋楽が流れていた。
テーブル席に着くと冷たい水が出された。

ピザランチのマルゲリータのMサイズとアイスコーヒーを食した。
Mサイズは税込790円で、Sサイズは税込490円である。
Sサイズは小皿の大きさであり、物足りなさそうだ。
アイスコーヒーは税込150円で、合計で税込940円であった。
マルゲリータは、トマトソース、モッツァレラチーズ、香草のシンプルなものである。
トマトソースはフレッシュ感がありみずみずしく、モッツァレラチーズはさっぱりとして香草の風味が良い。
生地はもっちりとして、コルニチョーネももっちりとした食感で焦げ目が香ばしい。
アイスコーヒーは、酸味と強い苦味があるが後味がすっきりとして風味が良い。
リーズナブルにピザを楽しむことができるお店である。
美味し。

杉本の店

3.40

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

2019年4月6日(土)に初めて杉本の店を訪れた。
お店の造りはカウンター席とテーブル席があり、コンパクトである。
客層は老若男女幅広い。
店内ではJ-POPやロックなどが流れ、音声なしでテレビがつけられていた。
カウンター席に着くと冷たい水が出された。
食券機はなく、お店の人に直接注文をする。
カレーライスや丼などのボリュームがあるメニューがそろっている。
海老フライ丼の並を食した。
味噌汁、沢庵漬けがついて税込1100円であった。
大盛は税込1300円である。

海老フライ丼は海老フライが玉ねぎとともに玉子でとじられて刻み葱がのせられている。
玉ねぎはシャキシャキとした食感で玉子は黄身と白身が半熟でトロトロの食感である。
出汁はほのかに甘い。
海老フライは海老がぷりぷりでつるりとした食感であり、衣に甘い出汁が染み込んでいる。
ご飯はコシヒカリが使われており、炊き具合も良い。
味噌汁の具材はお麩とわかめのシンプルなものであり、出汁が効いている。
海老フライ丼は並でも十分にお腹がいっぱいになるボリュームであった。
美味し。

大戸屋ごはん処 大宮すずらん通り店

3.03

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

2018年9月29日(土)に初めて大戸屋ごはん処 大宮すずらん通り店を訪れた。
お店の造りはカウンター席とテーブル席があり、奥に広がり、カウンター席の前がガラス張りになっている。
客層は老若男女幅広い。
店内ではジャズが流れていた。
テーブル席に着くと冷たい水が出された。
注文はレジカウンターでするのではなくタッチパネルでするシステムである。

夏盛りドライカレーを食した。
モロヘイヤのジンジャースープ、パインとレモンゼリーがついて税込980円であった。
ご飯は五穀ご飯にした。
ご飯にはとうもろこしがのせられ、ドライカレーにはレタスに油に通されたナス、南瓜、ピーマン、パプリカが添えられている。
食事と一緒に熱いお茶が出された。
ドライカレーはたっぷりと挽肉が入り、脂身は少なくヘルシーでスパイスが効いていてピリッと辛い。
モロヘイヤのジンジャースープは若芽も入り、生姜の風味と辛さが効いている。
デザートのパインとレモンゼリーは爽やかな甘さが良い。
美味し。

咲くら 大宮店

3.32

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

2018年9月14日(金)に初めて咲くら 大宮店を訪れた。
お店の造りはカウンター席、テーブル席、御座敷などがあり、かなり広めである。
客層は老若男女幅広い。
店内ではJAZZが流れていた。

鯛めし食べ放題ランチを食した。
税込1000円であった。
鯛めしにチキン南蛮、お味噌汁、小鉢、漬物、ドリンクバーがつき、A刺身盛合せ、B肉豆富、Cハモと丸茄子の揚げ出し、D豚の生姜焼き、Eローストビーフサラダ、F本日の焼き魚&出汁巻きのなかから1品を選ぶことができる。

刺身盛合せを選んだ。
刺身盛合せは、赤身、白身、甘海老、ネギトロ、わかめなどであった。
チキン南蛮は、衣がサクサクで肉に脂身がついて旨味があり、甘めのタルタルソースがついた。
鯛めしは三つ葉が添えられていて鯛の身が入り、出汁の風味が良い。
小鉢は春雨を野菜と和えて甘酸っぱい味つけをした中華風のものであった。
味噌汁は油揚げ、小松菜のシンプルなものであり、熱々で味わいが良い。
ドリンクバーのアイスコーヒーは、酸味と苦味が強く風味が良いものである。
美味し。

丸亀製麺 大宮すずらん通り店

3.05

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

2018年9月15日(土)に初めて丸亀製麺 大宮すずらん通り店を訪れた。
お店の造りはカウンター席のみでかなり広めである。
すずらん通り沿いに長いカウンターがあり、ガラス張りになっていて、店内からすずらん通りの様子が見える。
客層は若者が多い。
店内ではリズミカルなBGMが流れていた。
冷たい水はセルフサービスである。
テイクアウトもできるようだ。

ぶっかけうどんの冷の並、げそ、ちくわ天を食した。
ぶっかけうどんの冷の並が税込290円、げそが税込160円、ちくわ天が税込110円で合計で税込560円であった。
青葱、揚げ玉はセルフサービスでかけ放題である。
ぶっかけうどんは、表面がつるつるとして喉越しが良く、太麺でコシがかなり強めである。
汁は節が効いている。
青葱はシャキシャキとして辛味がある。
げそは衣がサクサクであり、げそに弾力があって味わいがある。
ちくわ天の衣もサクサクであるがげそに比べると少し軽く、ちくわのねっとりとしてしっとりとした食感が良い。
美味し。

リンガーハット 大宮駅東口店

3.05

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

2018年9月17日(月)の敬老の日に初めてリンガーハット 大宮駅東口店を訪れた。
少し蒸し暑い日であった。
お店の造りはカウンター席とテーブル席がある。
客層は老若男女幅広い。
前払い制でレジカウンターで注文してから席に着く。
店内ではJAZZが流れていた。
冷房が効いていて気持ちが良い。
カウンター席に着くと冷たい水が出された。

冷やしちゃんぽんを食した。
税抜690円で税込745円であった。
具材はオクラ、ミニトマト、カイワレ大根、レタスとニンジンのサラダ、もやし、チャーシューなど野菜が多彩である。
レタスとニンジンのサラダには甘みと旨味があるドレッシングがかけられている。
チャーシューは脂身が少なくしっとりとした食感である。
スープはクリーミーで旨味があり、良い塩梅で風味が良い。
辣油が別皿で添えられていて好みでつけ足す事ができる。
麺はコシが強く、食べ応えがあり、ツルツルと喉越しが良い。
美味し。

日乃屋カレー 大宮店

3.08

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

2018年10月14日(日)に初めて日乃屋カレー 大宮店を訪れた。
お店の造りは1階にL字型のカウンター席が7席、2階にカウンター席7席とテーブル席10席があり、コンパクトである。
客層は男性が多いが家族連れもいた。
店内ではJ-POPが流れていた。
入口近くに食券機があり、冷たい水はセルフサービスである。
お店の人のにこやかな接客も良い。

たっぷり茄子カレーの普通盛を食した。
税込780円であった。
中央にライスが盛られ、カレーがかけられて、その上に茄子が一本分くらいのせられている。
ルーはとろみがあり、肉や野菜が細かく刻まれて溶け込んでいる。
口に入れると甘みと旨みがあるが、後からピリッとした辛さがくる。
茄子は皮がついた肉厚のもので油に通されてその美味さを味わうことができる。
特に皮に茄子の美味さが凝縮されている。
普通盛でも充分に満足できる量であった。
美味し。

来来軒 大宮ウエストサイド店

3.29

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

2018年10月18日(木)に初めて来来軒 ウエストサイド店を訪れた。
お店の造りはカウンター席とテーブル席があり、入口近くがカウンター席になっている。
客層は男性が多い。
一杯やる人も多いようだ。
店内では懐かしいJ-POPが流れていた。
カウンター席に着くと冷たい水が出された。

味玉とんこつラーメンを食した。
とんこつラーメンは税込440円で、味玉とんこつラーメンは税込540円であった。
味玉とんこつラーメンの具材は味玉、メンマ、海苔、輪切りされた青葱などであり、スープの中に白ゴマが入っている。
味玉は半熟であり、メンマはコリコリとして食感が良い。
青葱はシャキシャキとして、海苔はとんこつスープの中で磯の風味が効いている。
とんこつスープは塩胡椒が効いていて旨みがある。
麺はちぢれがあり、表面がツルツルとして喉越しが良い。
旨し。

スエヒロ館 大宮駅東口すずらん通り店

3.05

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

2019年1月4日(金)に初めてスエヒロ館 大宮駅東口すずらん通り店を訪れた。
お店の造りはテーブル席が中心でけっこう広めである。
客層は老若男女幅広い。
店内ではリズミカルなBGMが流れていた。
テーブル席に着き、注文を済ませると先に冷たい水、サラダ、キムチが出された。

ランチ焼肉セットを食した。
税抜780円であり、税込843円であった。
中落ちカルビ、豚バラカルビ、旨味鶏、白菜キムチ、ミニサラダ、ライス、わかめスープのセットである。
ライスは大盛が無料である。

中落ちカルビは、食べ応えがあって牛肉の味わいを楽しむことができ、豚バラカルビは、歯を入れるとサクッサクッとした食感で脂身が多く旨味がある。
旨味鶏は、しっとりとしてやわらかい。
白菜キムチは甘みがあるがピリッとした辛味があり、白菜がシャキシャキとしている。
サラダはレタスと水菜に旨味と甘味と酸味があるドレッシングがかけられている。
わかめスープは、葱が入れられて良い塩梅である。
ライスは少しやわらかめに炊かれていた。

美味し。

情熱のすためし どんどん 大宮東口店

3.27

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

2019年1月14日(月)の成人の日に久しぶりに情熱のすためし どんどん 大宮東口店を訪れた。
お店の造りはカウンター席、テーブル席、テラス席などがある。
各席にタッチパネルがあり、それで注文をする。
会計はレジカウンターでする。
客層は老若男女幅広く、家族連れも見かける。
店内ではJ-POPが大音量で流れていた。
冷たい水はセルフサービスである。

豚ロースすためしを食した。
味噌汁がついて税込850円であった。
豚ロースすためしの具材は豚ロースはたまねぎと炒まれていて白胡麻がかけられている。
そのほかの具材は青葱、千切りキャベツなどであり、温玉がつく。
ご飯の上に具材が山のように盛られている。
豚ロースは脂身は少なく、香ばしい風味がして、甘辛い味つけがされている。
温玉を割ると黄身が流れ出てきてマイルドな味わいが加わる。
千切りキャベツや青葱がシャキシャキとして口の中をさっぱりとさせる。
味噌汁の具材はネギとわかめのシンプルなもので、味噌が濃いめである。

旨し。

※本記事は、2019/04/18に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ