おだしと小麦 一三〇@一乗寺_天下一品総本店の東約50m : おだしと小麦一三〇

ラーメン百名店WEST2017受賞店

食べログ ラーメン 百名店 WEST 2017 受賞店

  • 料理・味 3.66
  • サービス 3.55
  • 雰囲気 3.58
  • CP 3.56
  • 酒・ドリンク 3.30
  • 行った 959人
  • 行きたい 6081人

評価分布

予算:

夜の予算 ¥1,000~¥1,999

昼の予算 ¥1,000~¥1,999

定休日
月曜日

この口コミは、呈蒟蒻さんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

呈蒟蒻

呈蒟蒻(180)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]

2

  • 昼の点数:5.0

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス3.5
    • | 雰囲気4.0
    • | CP3.0
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999
2回目

2017/01訪問

  • lunch:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

おだしと小麦 一三〇@一乗寺_天下一品総本店の東約50m

ちょっと久しぶりに、左京区。実に、今年になって初めてだ。ふと「アッサリ」の極北を味わってみたくなり訪れた一三〇。

あくまで、ラーメンではなく、「小麦そば」。蕎麦粉も使用してるのか。(いつごろからだろ)

この日の「きまぐれ」、昆布と鰹。自分はコレを、同行者は「枯鯖と鯛のおだし-メネギ、山ワザビつき-」を注文。

出来上がりを待つ間に「先にお召し上がりください」と出してくれる野菜の盛り合わせ。カラフル。何もつけず、そのままを味わう。

先に出てきたのは同行者注文の「枯鯖と鯛のおだし」。汁の中で逆S字状にたゆたう麺。

メネギ...とは、種子から青ネギを育てた経験がある人ならおわかりだろう。種から芽吹いたネギの若芽そのもの。安藤農園という会社ではコレを商品化しているらしい。

そして、本日の気まぐれ「利尻昆布と鰹のおだし」。具材はナシ。麺と、だしだけ。昆布と鰹だけに、味わってみれば究極のかけそば。これ以上ないシンプルさ、言葉に尽くせない、だしの深みとともに、麺の質感。嗚呼。研ぎ澄まされた刀の先端のような。
同行者注文の「枯鯖と鯛」をちょっと味見させてもらった感じでは、レギュラーの「枯鯖と鯛」のむわっとした質感の方がより個性的にさえ感じる。それにしても、よくここまで「おだし」を特質化させ「ラーメン」ではない「小麦そば」を作り出したものだと思う。
こんなアッサリの極北が、こってりの聖地、天下一品総本店の東50mに位置しているのも、京都という街を面白くさせている要素ではあるまいか。

1回目

2016/01訪問

  • lunch:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999

【2016.01.03】比内地鶏といりこの小麦そば

一乗寺ブギーの年始限定の後、せっかくだからもう一軒...と寄ってみた。
さすがにお正月である。現在の店名に改める以前の「伊佐夫」だったころから何度か訪れているけど、外待ち10名程度の行列に並ぶのは初めてだった。

「1月3日のこんだて」、麺類は「比内地鶏といりこ」or「焼きアゴとマグロ」の二種。ラーメンでも中華そばでもなく「小麦そば」と呼ぶのがこのお店。さて、ラーメンとはいかに違うのか?どっちにしようか迷いつつ、「比内地鶏といりこ」を注文。
待つことしばし、出てきたのは...うわっ!!なんちゅう美しいシンプルさ!

具には、彩のための紅芯大根にちょこっと青ネギ。以上。あくまで麺と汁で勝負。鶏の旨味といりこの味わいはあくまで品よく、品よく、あっさりと。さりとて物足りなさを微塵も感じさせない深い旨味。あっさりだけど、さっぱりではない微かな油感。啜り込む麺の、細いながらもサクパサとしたエッジを感じさせる独特さ。全粒粉麺とはまたちがう感触のおソバっぽい食感。へぇ〜!

僕の隣にいたお客(といっても同行者)は「焼きアゴとマグロ」の方を。こちらの方は麺の上には何も載らない代わりに、数々の具材付き。麺も「比内地鶏といりこ」の麺とは違ういくぶん太めの平打ち麺だった。ま、これもそのうちレビューがあがることでしょう。

http://blog.goo.ne.jp/t_cognac/e/cc7507cf817a6a6ca9f6bc6ee7997994

----
おだしと小麦一三○@一乗寺

かつてここにあった「伊佐夫」というお店が大好きだった。が、ある日突然店主の閉店宣言後しばらくしてその伊佐夫は店を閉じてしまった。
あーあ... と思っていると、やがてしばらくしてかつての「伊佐夫」と同じ場所に新しいお店が開店するという情報がネット上に浮上した。その後しばらくしてのこの日、家族を連れもって訪れることにした。
メニューを眺め、本当は「いつもあるわけではない」という「一三○すぺしゃる贅沢丸鶏だし」を注文したかったが「今日はないんです」とのこと。なので私は「本日の魚だし」を、同行の家族は「羅臼昆布とホタテだしまぐろ節のせ」を注文することにし、さらに「梅ささみごはん」を注文しシェアすることにした。

先にやって来たのが「羅臼昆布とホタテだしまぐろ節のせ」。トッピングにマグロの削り節?ジャガイモ、豆苗?

パツンとした平打ちのストレート麺。これを味わった家族は日頃私が「コレは絶対美味い!」と思ういろんなラーメンを食べてみてもいつもたいがい「まーまーやなぁ」としか言わないのに、「コレはウマい」と珍しくコメント。昆布とホタテ、マグロ節の妙をふんだんに感じさせてくれるスープとそれを持ち上げる麺の妙がお気に召した様子。

やがて私が注文した「本日の魚だし」。「伊佐夫」が「おだしと小麦一三○」に変わってからのコンセプトは「脱ラーメン」だそうだ。カイワレはともかく、素麺カボチャ(?)刻んだオクラ、レッドオニオン、つくね、鮮やかな赤はまさかの紅ショウガ?と思いきやパプリカだった。このトッピングは季節によって変えていくのだろう。それにしても美しく、また面白い。

ちなみに本日、「伊吹島産いりこ×鯛煮干」だそうな。伊吹島...ドコそれ? 調べてみたら瀬戸内海の燧灘(ひうちなだ)にあるそれこそイリコの名産地らしい。ナルホド。

味わってみる。全粒粉を加えた細めの麺は魚出汁と醤油をたくみに組み合わせたスープと味わうと、やはりどこかしら日本蕎麦的なかんじもある。そうでありながら、あきらかに日本蕎麦ではない。とてもあっさりとしていて、するするっていただけるのにそこにはたしかにダシを味わうタノシミがある。ああ、何度でも来たくなるなコレ。

「梅ささみごはん」もあっさりさっぱりといただける一品。同行の家族は「いつかウチでマネして作ってみよう」と、その味わいを覚えるみたいにして食べていた。
月並みな言い方しか出来ないのがちょっと情けないが、ここでしか味わえないタノシミを食べにくるたびに味わわせてくれそうな、希有な存在だと思う。

にほんブログ村← ランキング参加実験中。ワンクリックのご協力をゼヒ!
【おだしと小麦一三○】
 http://ameblo.jp/130isaoooo/
 11:00〜14:3017:30〜19:30
 月曜日定休
 
 京都市左京区一乗寺樋之口27コーポラス禅1F
 P:2台

  • 【2016.01.03】こんだて

  • 【2016.01.03】比内地鶏といりこの小麦そば

  • 【2016.01.03】比内地鶏といりこの小麦そば

  • 【2016.01.03】焼きアゴとマグロの小麦そば

口コミが参考になったらフォローしよう

呈蒟蒻

呈蒟蒻

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

呈蒟蒻(180)さんの他のお店の口コミ

呈蒟蒻さんの口コミ一覧(446件)を見る

この店舗の関係者の方へ

ユーザーから投稿された口コミに対して、お店側からお礼や情報追加などの返信を行ってみませんか?

店舗情報(詳細)

編集する

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

「おだしと小麦一三〇」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗準会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名 おだしと小麦一三〇 (イサオ)
ジャンル ラーメン
お問い合わせ

非公開

予約可否

予約不可

住所

京都府京都市左京区一乗寺樋之口町27 コーポラス禅 1F

交通手段

叡山電車:「一乗寺」駅下車徒歩9分
バス停:「上終町京都造形芸大前」
(市バス3・5・65・204系統)
(京都バス18・55系統)
または、「一乗寺木ノ本町」
(市バス北8・5・65系統)
(京都バス18・55系統)
一乗寺駅から681m

一乗寺駅から688m

営業時間

11:00~14:30
17:30〜19:30

日曜営業

定休日

月曜日

予算(口コミ集計)
[夜]¥1,000~¥1,999 [昼]¥1,000~¥1,999

予算分布を見る

支払い方法

カード不可

席・設備

席数

10席

個室

貸切

不可

禁煙・喫煙

完全禁煙

駐車場

空間・設備

オシャレな空間、落ち着いた空間、カウンター席あり

携帯電話

docomo、au、SoftBank、Y!mobile

特徴・関連情報

利用シーン

家族・子供と 一人で入りやすい 知人・友人と

こんな時によく使われます。

ロケーション

隠れ家レストラン

お子様連れ

子供可

ホームページ

http://ameblo.jp/130isaoooo/

備考

(注)営業時間、定休日は変更の可能性あり。

初投稿者

TamagoooTamagooo(490)

最近の編集者

編集履歴を詳しく見る

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

「おだしと小麦一三〇」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗準会員(無料)にご登録ください。ご登録はこちら

この店舗の関係者の方へ

食べログ店舗準会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。

店舗準会員になって、お客様に直接メッセージを伝えてみませんか? 詳しくはこちら

周辺のお店ランキング

  • 総合ランキング

一乗寺・修学院×ラーメンのランキング(点数の高いお店)です。

食べログ特集

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ