新型コロナウイルス拡大における対応のお願い

久々のやすみ亭で仙台セリ豚ネギ貝皿そばをいただく : やすみ亭

この口コミは、柴ポチさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

柴ポチ

柴ポチ(6736)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]神奈川県

19

  • 昼の点数:4.3

    • ¥1,000~¥1,999 / 1人
      • 料理・味 4.5
      • |サービス 4.5
      • |雰囲気 4.0
      • |CP 4.0
      • |酒・ドリンク -
19回目

2021/04訪問

  • lunch:4.3

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク -
    ¥1,000~¥1,999
    / 1人

久々のやすみ亭で仙台セリ豚ネギ貝皿そばをいただく

今日は久しぶりに戸塚の上矢部にあるいつもの「やすみ亭」に行ってみました。前回の訪問は昨年の年末だったので実に3ヶ月ぶり。専用駐車場にはのぼりが立っているので絶賛営業中の証。今日は午前中に伺ったのですが、何と店頭にはお待ちのお客さんが。その後からも駐車場に車が入ってきた。これは無理だろうと午後にもう一度訪問することにしました。

午後の14時過ぎにもう一度訪問してみました。流石にこの時間なので並びのお客さんはいません。入店するとご主人が蕎麦茶を出してくれました。今日は何となくセリが食べたかったです。メニューにはセリ鴨が載っていますが、豚もできるとの事。それではと「仙台セリ豚ネギ貝皿そば」をお願いしました。昨日、今日とお客さんが沢山来たので、二八蕎麦は私の分で完売。危ないところでした。

しばらく待って料理が出されました。いつものように熱々の汁に冷たい蕎麦を入れて食べる物。ホタテ貝の殻を皿に見立てて、5皿に小分けしてあります。熱が入ったセリは緑色が綺麗。蕎麦を汁に投入して早速頂いてみます。こちらの蕎麦はかなり細く切ってありますが、確り冷水で〆ているので熱い汁でもすぐにだれることはありません。やはり熱い汁には二八蕎麦が美味いですね。仙台セリはほのかな苦味が良いです。

豚肉は沢山入っていました。他の具材は椎茸やネギなど。〆は残った汁に蕎麦湯を注いでいただきます。久しぶりに訪問しましたが、蕎麦が売切れになったのは初めてです。今までは隠れた名店でしたが、既に有名店になったようです。

ブログ記事はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/shibapochi_kazu/archives/52019261.html

  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
18回目

2020/12訪問

  • lunch:4.3

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク -
    ¥1,000~¥1,999
    / 1人

特別メニュー

戸塚の上矢部にあるいつもの「やすみ亭」のHPを覗いてみると、年末の30日と31日は営業との告知がありました。本年最後の1日前の30日に訪問。一応お店に電話をしてから訪問しました。11時半過ぎの訪問で、店頭に暖簾がかかっています。早速入店するとご主人が迎えてくれました。多分一番乗り。

いつもの席に着くと蕎麦の実が入ったそば茶を出してくれました。今年の締めくくりとしては、やはり大好きな牡蠣を食べておくことに。メニューに冬季限定の「カキそば」がありますが、これは温かいそばで汁が透明です。ご主人に冷たい貝皿蕎麦でつゆベースのつけ汁ができないかと相談すると、快く応じてくれました。今日は年末最後なので、蕎麦は貝皿十割を5皿と二八を2皿お願いしました。

しばらく待って料理が出されました。先ずは十割そば5皿から。薬味のネギは別皿なので、これを一気に汁に投入。蕎麦は固まりやすいのでこれもすぐに投入します。十割といえどもぼそぼそ感はまったくありません。私は厚いつけ汁の場合、いつもは二八でいただくのですが、十割の確りとした歯ごたえが良いですね。

牡蠣は大ぶりなものが6個ほど入っていました。時間差で二八の貝皿2枚とサービスのミニかき揚げを出してくれました。これもつけ汁に投入します。牡蠣とかき揚げの珍しい蕎麦になりました。中々の贅沢な蕎麦ですね。かき揚げの油が汁に染みわたって甘さが出てきます。つゆに浸った野菜天が美味いです。

最後は蕎麦湯で〆。温かい蕎麦でも良いから、関東人としてはつゆベースの牡蠣蕎麦もメニューに加えてもらいたいと思います。

年越し蕎麦用に、店主が一生懸命蕎麦を打っています。持ち帰りの予約制ですが4人前を購入しました。翌日に自宅で買って帰った蕎麦を茹でてみました。注意書きをよく読んで調理。茹で上がった蕎麦を冷水で洗って、自宅にあったザルに蕎麦を盛りつけました。

二八蕎麦は細く切られています。つゆに薬味のネギとワサビを入れて頂きます。コシがあって中々美味いですね。勿論蕎麦湯も美味しく頂きました。

ブログ記事はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/shibapochi_kazu/archives/52014478.html

  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 - 持ち帰りの蕎麦

    持ち帰りの蕎麦

  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
17回目

2020/10訪問

  • lunch:4.3

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク -
    ¥1,000~¥1,999
    / 1人

温かい肉そばを頂きました

先日、緑園都市でカレー南ばんそばを頂いたばかりですが、また蕎麦が食べたくなりました。今日は土曜日なので、土日だけ営業する手打ち蕎麦店「やすみ亭」へ。今日は駐車場に幟が立っているので絶賛営業中。ただ、土日は必ず営業している訳ではない、HPで確認した方が良いです。そういえば、やすみ亭は3か月ぶりの訪問。

専用駐車場に車を停めて店舗に向かいます。入店すると先客が昼飲みに興じていました。ご主人が、常温のお茶と熱いお茶がありますと。寒いので熱いお茶をお願いしました。いつも冷たい蕎麦ばかり食べていたので、たまには温蕎麦を頂いてみましょう。鴨そばは以前いただいているので、「肉そば」900円をお願いしました。

卓上には、一味と七味唐辛子が置いてあります。しばらく待って蕎麦が出されました。薬味のネギは別皿。別皿のネギを盛り付けていただいてみます。る。レンゲが付いていたので先ずはつゆを頂いてみます。豚肉や野菜の出汁が良く出ていて美味しいつゆです。好みで一味唐辛子をふりかけます。

蕎麦はリクエストがなければ二八そばで出されます。自分は温蕎麦は二八そばが好きです。肉そばだけに豚肉が大量に入っています。野菜は椎茸、ゴボウ、焼いたネギなど。

ご主人が試作品のビーツの蕎麦を出してくれた。ご主人が自分に事前にメールをしていてくれたそうだが、まったく見ていなかった。ビーツと言えば、ロシア料理のボルシチが有名ですよね。これを蕎麦に混ぜてしまうのはご主人の遊び心なのでしょうか。ほんのりとフルーツ感があるか。これが商品化されるかは分かりませんが。

ブログ記事はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/shibapochi_kazu/archives/52010415.html

  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
16回目

2020/07訪問

  • lunch:4.3

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク -
    ¥1,000~¥1,999
    / 1人

山形だし

今日はお昼を取り損ねました。そういう時は土日だけ営業する手打ち蕎麦店「やすみ亭」へ。こちらは中休みがないので便利です。ただ、土日は必ず営業している訳では無いので、HPで確認した方が良いです。

専用の駐車場に幟が立っているので絶賛営業中。車を停めて店頭に向かいます。入口の脇には珍しく新メニューが貼られていました。羽前だし蕎麦2種とあります。羽前だしと言えば山形県の名物です。

入店するとご主人が迎えてくれました。席に着くと冷茶を出してくれます。早速夏季限定の羽前だし蕎麦の話になりました。一般的な出汁と違い「山形のだし」は、夏野菜を細く切って昆布と混ぜた物で、山形の一部の地域で食べられているようです。最近では全国区になっています。「羽前だし蕎麦」はご主人がアレンジして蕎麦と合わせた物。それではとこちらを貝皿でお願いしました。蕎麦は二八蕎麦です。

ご主人がミョウガは好きですか?と。大好きですと答えるとサービスでミョウガの甘酢漬けを出してくれました。丁度昨日からミョウガが食べたかったのです。甘酢が染み込んでいてこれで一杯やりたくなりました。

さほど待つこともなく料理が出されました。蕎麦は基本のホタテの貝皿殻5枚。蕎麦猪口につゆを入れて蕎麦を啜ってみます。冷水で締められた蕎麦は今日はかなりコシが強かったですね。次に羽前だしを試してみます。キュウリ、ナス、生姜などを細く刻んで、がごめ昆布を入れてネバネバにしてあります。これを蕎麦に乗せて頂きます。ネバネバなのでツルツル入って行きます。涼しげで清涼感がありますね。これは暑い夏には良いでしょう。途中で貝皿蕎麦を2枚追加しました。最後は蕎麦湯で薄めて汁を啜ります。やすみ亭はいつも美味い蕎麦を出してくれます。

ブログ記事はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/shibapochi_kazu/archives/52006327.html

  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
15回目

2020/06訪問

  • lunch:4.3

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク -
    ~¥999
    / 1人

今日も豚ネギ貝皿そば

今日のランチは、戸塚区上矢部にあるいつもの「やすみ亭」へ。専用の駐車場に幟が立っていれば営業中の証。車を停めて店頭に向かいます。やすみ亭さんにはテラス席もあります。暑い季節にはここで冷たい蕎麦を啜るのもよし。ワンちゃん連れのお客さんには喜ばれるでしょう。

入店するとご主人が迎えてくれました。先客2名はご近所の方。店主の大恵氏曰く、5週間ぶりの営業とのこと。この日は十割、天園日隠はなくて二八蕎麦のみ。一応メニューを確認しますが、今日もすっかりお気に入りの「豚ネギ貝皿そば」を注文。店内には季節のアジサイが飾られていました。さほど待つこともなく料理が出されます。ホタテの貝殻5枚に蕎麦が盛られています。熱々の汁には具材がタップリ。早速、貝皿の蕎麦をつけ汁に投入。

やはり熱々の汁には二八蕎麦がよく合ういます。冷水で締められた蕎麦を熱々の汁でいただくのは、独特な感触があります。既に過去に何回か頂いていて、食べログの中でも紹介しているのであえて細かい事は書きません。

これでもかと沢山入った豚肉、焼きネギ、こぼう、椎茸と具材も沢山。汁のお味もいい感じ。最後は蕎麦湯で薄めて汁を啜ります。いつもながら美味い蕎麦を出してくれます。

ブログ記事はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/shibapochi_kazu/archives/52004277.html

  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
14回目

2020/04訪問

  • lunch:4.3

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク -
    ¥1,000~¥1,999
    / 1人

豚ネギ貝皿そば

今日は日曜日ですが戸塚でお仕事。休みたいということで、戸塚は上矢部にある手打ち蕎麦店「やすみ亭」に。朝、駐車場に幟が立っているのを確認しているので営業していまさ。駐車場は、幟が立っているところが専用スペースです。

入店すると先客はなし。ご主人が迎えてくれていつものテーブル席に着きます。蕎麦の実が入ったそば茶を出してくれました。最近は新作蕎麦はないようなので、通常メニューから選びます。今日は大好きな「豚ネギ貝皿そば」をお願いしました。蕎麦は二八で、後から追加するのも面倒なので、最初に追加貝皿2枚含めて7枚で注文。

店内を見渡してみると、「御自由お持ち下さい」と書籍が置いてありました。カウンター席の上の方には、お客さんが書いたというお店のイラストが飾られています。そうこうしている間に料理が出されました。先ずは薬味のネギをつけ汁に入れます。具材は、沢山の豚肉の他に、ネギ、ゴボウ、椎茸が入っています。熱々のつけ汁に冷たい蕎麦をくぐらせます。二八の細めの蕎麦は冷水で〆られていて、熱いつけ汁でちょうど良くなります。喉越しがよくて美味いですね。具材のゴボウは太めが3本、焼きネギが、2個、椎茸が1個。下の方から豚肉が沢山出てきました。肉や野菜からも出汁が出ているのでつけ汁が美味くなります。

途中でご主人が蕎麦湯を出してくれました。濃いめのつけ汁なので、蕎麦湯で割っていただくとこれもまた美味いですね。

ブログ記事はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/shibapochi_kazu/archives/52000804.html

  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
13回目

2020/02訪問

  • lunch:4.2

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク -
    ¥1,000~¥1,999
    / 1人

きのこ蕎麦が定番品になりました

今日は日曜日だが戸塚でお仕事。さて、お昼はどこで食べようか。
日曜日はランチをやっているお店が限られてきます。
それでは、たまには蕎麦でもと向かったのはいつもの「やすみ亭」です。
先程、戸塚工業団地の通りを抜けた時に、駐車場に蕎麦の幟が出ていたのを確認。
これは営業中ということです。昼もとっくに過ぎた頃に訪問しました。
近所はすでに梅が満開です。

駐車場に車を停めてお店に向かうと、こちらのご主人が2階で作業をしていました。
ご主人がすぐに降りますと。流石に午後の遅い時間なので先客はいません。
適当な席に着くと、ご主人がそば茶を出してくれました。湯呑みの中には蕎麦の実が入っています。

さて、こちらのメニューはほとんど頂いたので、何にするか考えます。
試作品の頃に頂いた「きのこ蕎麦」が定番化していました。
これは、温蕎麦も冷たい貝皿も選べます。では「きのこ貝皿蕎麦」を注文することに。
これは熱々の汁に冷たい蕎麦をくぐらせるもの。
蕎麦は、二八、十割、日隠れから選べます。
自分は、熱いつゆで冷たい蕎麦を食べるのは二八が一番合うと思っています。
という事で二八でお願いしました。それと、面倒なので先に追加の蕎麦を2枚を注文して計7枚で。
こんな時間でも後から続々とお客さんが入店してきました。
しばらく待って料理が出されました。

いつものように、蕎麦はホタテの貝殻に盛られています。
貝殻を皿に見立てているので、これが貝皿の由来ですね。
丼には沢山の具材が入っています。具材の確認は後にして、とりあえずつゆをいただきます。
熱々のつゆはトロミが付いています。たぶんナメコから出た物でしょう。きのこ類から出た出汁が旨いです。
薬味のネギを投入して先ずは貝皿を1枚丼に入れます。
蕎麦を入れると、ナメコのトロミでつゆが蕎麦にからんできます。
風味のよい蕎麦で、やはり二八は熱い汁でいい感じに温まります。

蕎麦が乾かないうちにどんどん投入して啜り込みます。
具材を確認してみると、大きな椎茸、太い焼ネギ、豚バラ肉、揚げ、ナメコ、舞茸、エリンギ、シメジ、エノキなど。
これだけきのこが入っていればよい出汁も出るし香りも良いですよね。
それにしても、惜しげもなくキノコを使用しています。
試作品には入っていなかった豚バラが入っているのが肉好きには嬉しいです。
ご主人が蕎麦湯を出してくれました。冷たい蕎麦ですっかり冷めてしまったつゆが蕎麦湯で蘇ります。
蕎麦好きにはたまらない食後の一杯です。

ブログ記事はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/shibapochi_kazu/archives/51997269.html

  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
12回目

2019/12訪問

  • lunch:4.2

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク -
    ¥1,000~¥1,999
    / 1人

セリ豚ネギ貝皿そばをいただく

今日は戸塚でお仕事。

戸塚の工業団地にある隠れた蕎麦店「やすみ亭」の駐車場に幟が立っていました。

つまり今日は営業しているということです。

こちらは土日のみの営業で、訪問難度が高いです。

それでは、今日のお昼は蕎麦と決めます。昼過ぎにお店に伺ってみました。

普段あまり見ないですが、テラス席があります。この寒い時期に使う人はいないと思いますが。

入店するとご主人が迎えてくれました。今日は珍しく先客がいませんでした。

適当な席に着くと、蕎麦の実が入ったお茶を出してくれました。さて、何にするか。

仙台せり鴨ネギ貝皿そばは食べたことがありますが、メニューにはないですが、鴨の代わりに豚肉を使ったせりそばが出来るとのことです。

それならば是非食べない訳にはいかないですね。

熱いつけ汁に冷たい蕎麦をつけていただくものです。貝皿は二八でお願いしました。

棚には、店主の趣味であろう種類が置いてあります。

サイドメニューもあります。こちらは酒のアテに良いですね。

しばらく待って料理が出されました。ホタテの貝皿は基本5皿です。

熱々のつけ汁には、セリ、豚肉、焼ネギ、ゴボウ、椎茸などが入っています。

早速蕎麦を投入していただいてみます。

熱い汁に二八蕎麦が良く合いますね。冷たい蕎麦が丁度良い温度になります。

勿論温蕎麦でも良いですが、この食べ方ならば、蕎麦のコシを楽しむことができます。

七味唐辛子をかけるとさらに旨くなりますね。

セリはやや苦みが効いていて歯応えが良いです。

セリと言えば、宮城県の出荷量が多いと聞きました。

豚肉が随分と沢山入っていました。肉好きの小生としてはありがたいです。

大きく切ったゴボウが食べ応えがあります。焼ネギの風味も良いですね。

甘辛のつゆが丁度良い濃度なので、ついつい飲んでしまいます。

貝皿5枚目を食べ終える頃に、追加で貝皿2枚をお願いしました。

後から、すっかりこのお店にはまってしまった上司が入店してきました。

やはり同じメニューを注文していました。

こちら「やすみ亭」は、戸塚でいちばん旨い蕎麦屋だと思います。

ブログ記事はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/shibapochi_kazu/archives/51995115.html

  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
11回目

2019/09訪問

  • lunch:4.2

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク -
    ¥1,000~¥1,999
    / 1人

試作品の貝皿きのこそば

今日は、たまには蕎麦でもいただこうと思い、やって来たが戸塚上矢部町の蕎麦処「やすみ亭」です。

朝、仕事に行く前に横を通ると、すでに駐車場に幟が立てられていました。

幟が立ついうことは今日は営業するということ。

昼になって駐車場に向かい、指定の位置に停めます。

車を停めてお店に向かい入店すると先客はいませんでした。

テーブル席に着くと、ご主人が麦茶を出してくれました。

いつものメニューを確認します。

するとご主人が新作の貝皿きのこそばはどう?ということです。

それではいただこうと思います。

前回は温かいきのこそばだったので、冷たい蕎麦を熱い汁に浸けていただくのは興味深いです。

温かい汁には二八が良く合いますね。

ご主人も自分の好みを知っているので、黙っていても二八で出してくれます。

さほど待つこともなく料理が出されました。貝皿は基本の5枚で出されます。

汁は熱々で、中にキノコが沢山入っています。別皿のネギを投入。

二八蕎麦も投入してすぐさまいただきます。

冷たい蕎麦を熱い汁に入れた時の変化が面白いです。

蕎麦もびっくりしているに違いありません。

誰が考えたのか知らないですが、旨く感じますね。

温蕎麦だと蕎麦全体が柔らかくなってしまいますが、この食べ方ならば蕎麦のコシをある程度残していただけます。

具材のキノコはいっぱい入っています。

舞茸、シメジ、エノキ、油揚げなど。

まだ試作なので、試行錯誤が続くと思われます。

前回いただいた温蕎麦には、椎茸、エリンギ、焼きネギも入っていました。

個人的には、少量でいいから豚ロースを入れてもらうと良いのですが。

最後は蕎麦湯で〆る。10月の発売が楽しみですね。

ブログ記事はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/shibapochi_kazu/archives/51989137.html

  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
10回目
  • lunch:4.2

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク -
    ~¥999
    / 1人

試作品の「きのこそば」をいただく

今日のお昼は、土曜日なので戸塚の手打蕎麦店「やすみ亭」にお邪魔してみました。

こちらは土日のみの営業です。

いつも土日にやっている訳ではないのでHPで確認する必要がありますが。

今日は、駐車場に幟が立っているので営業しています。

車を駐車場に停めてお店に向かいます。

入店するとご主人が向かい入れてくれました。今日は先客はいません。

いつもの大きな席に着くと、お茶は温かいのと冷たいのがりますがとご主人が。

今日は少し肌寒かったので温かいお茶をお願いしました。

ご主人が温かい蕎麦茶をだしてくれた。中には蕎麦の実が入っています。

一応メニューを確認。

すでに大体のメニューは制覇してしまったので、ご主人に新作はないかと尋ねてみた。

するとご主人が、今試作中の「きのこそば」ができるという。

それならば味わってみようと思いお願いしました。

こちらは、厨房ならぬご家庭の台所といったところ。

棚にはお酒もあります。ご主人と世間話をしていると、勤務先の上司が入店してきました。

まさかとは思ったが、変な予感が的中した訳です。

ご主人が待ち合わせですかと聞いて来たが、たまたまの偶然です。

この上司にこちらのお店を紹介したところ、すっかりハマってしまって、毎週来ているらしい。

しばらく待って蕎麦が出されました。きのこの香りが凄いですね。

具材は、焼ねぎ、椎茸、エリンギ、シメジ、エノキなど。

こちらのご主人は焼きネギが好きなようです。

きのこが大量に入っているので少し片ずけます。

きのこ好きにはたまらない一品。

次に薬味のねぎを入れます。

きのこ下から蕎麦を引っぱり出す。蕎麦は二八です。

いつもは貝皿の冷たい蕎麦を温かい汁で食べているので、かなり熱く感じました。

しかし蕎麦は相変わらず旨いですね。ご主人が、冷たい貝皿でも出せますと。

その場合はつゆを少し濃いめにするそうです。次回頂いてみましょう。

きのこそばは、いよいよ今秋デビュー予定です。

ブログ記事はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/shibapochi_kazu/archives/51937952.html

  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
9回目

2019/05訪問

  • lunch:4.2

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク -
    ~¥999
    / 1人

大好きな鴨ネギ貝皿そばをいただく

今日のお昼は、戸塚の手打蕎麦店「やすみ亭」にお邪魔してみました。

駐車場に1台車が入っています。ということは、先客がいるということ。

駐車場からお店に向かうと、勝手口にご主人の姿が。

自分を見つけると、ご主人が“あ!柴ポチさん”と。

今日は先客2名が食事をしていました。

お茶は熱いのと冷たいのがあるということなので、冷たいお茶をお願いしました。

そしてご主人特製、快気祝いの米麹甘酒を出してくれました。

この「米麴甘酒」がメニューに加わっていました。グラス1杯200円とのこと。

無添加、無加糖で加熱もしていないとのことです。

麹がすぐにグラスの底に溜まるので、ストローで掻きまわしながらいただきます。

さて、今月もまだ新作は出ていないようです。

やすみ亭のメニューはほとんど食べてしまいました。

さて、今日は何をいただこうか。

困ったときは、こちらで一番好きな「鴨ネギ貝皿そば」をいただくことにします。

冷たい蕎麦を温つゆにくぐらせるやつです。

蕎麦は二八でお願いしました。温かい蕎麦は二八が好きです。

少し待って料理が出されました。熱い鴨ネギとホタテの貝皿に乗った二八蕎麦が5枚。

まずは、ネギが沢山盛られているミニホタテ貝からネギを適当に丼に投入。

つゆは結構熱い。そこに冷たい蕎麦をくぐらせます。

冷たく〆めた蕎麦がいい感じに温まります。

つゆに鴨出汁が出ていて、少し酸味があって旨いです。

つゆはそれほど濃くないので、勿論そのまま飲めます。

鴨肉が随分沢山入っています。中々噛み心地のよい物ですね。

長ネギは確り焼いてあります。黒く焦がしたところから、その芳ばしい香りがつゆに移る。

蕎麦を食べ終わる頃を見計らって、奥様が蕎麦湯を出してくれました。

これもサッパリとして旨いものです。

戸塚でも、こちらの蕎麦はかなり旨いですね。

ブログ記事はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/shibapochi_kazu/archives/51936240.html

  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
8回目

2019/04訪問

  • lunch:4.2

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク -
    ~¥999
    / 1人

また豚ネギ貝皿蕎麦をいただきました

今日は久々に、戸塚の手打蕎麦店「やすみ亭」の蕎麦が食べたくなりお邪魔しました。

実は、自分が緊急入院した際、随分と心配してくださったと知人から聞いていたので、元気な姿を見せに行ったわけです。

車は、蕎麦の幟が立っているところが駐車スペースなのでそこに停めます。

引き戸を開けて入店すると、ご主人が出迎えてくれました。

一通りご挨拶をしてカンター席に着きます。

席に着くと冷茶を出してくれました。

さて、今日は何にしようか。

冷そばと冷つゆでも良いのですが、最近凝っているのが冷そばを温つゆにくぐらせた物です。

過去にも食べたことがありますが、「豚ネギ貝皿そば」900円をお願いしました。

蕎麦は温かい汁によく合う二八でお願い。

「快気祝」ということで、ご主人が自家製の麹たっぶりの冷たい甘酒を出してくれました。

自然な甘みがあって中々旨いものですね。

しばらく待って料理がだされました。

いつものように、ホタテの貝殻に5等分わけてあります。

汁は熱々です。まずはお汁にネギを投入。

貝皿1枚分を丼に入れて、熱い汁に投入して啜ってみます。

十割と違い二八蕎麦は粘りがあって旨いですね。

つゆはそれ程辛くなく丁度良い味付け。これは飲みやすいです。

具材の豚肉は、バラ肉が随分と沢山入っています。

汁物にはバラ肉がよく合います。

焼ネギは太くて食べ応えがあるもの。

椎茸は2枚入っていました。

ゴボウも太いものが2本入っていました。

途中で奥様が蕎麦湯を出してくれます。

こちらは湯筒ではなくポットなので、ちょっと蕎麦屋の雰囲気ではないかもしれません。

でも、熱々の蕎麦湯で美味かったですよ。

そういえば、昨日は職場の上司が食べに来たそうだ。

すっかりやすみ亭にハマってしまったようで嬉しい限りです。

ブログ記事はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/shibapochi_kazu/archives/51934337.html

  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
7回目

2018/12訪問

  • lunch:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク -
    ¥1,000~¥1,999
    / 1人

セリ鴨ネギそばをいただく

2018年の最後、今日は大晦日。

世の通例に従い早めに年越しそばを食べることにしました。

そこで向かったのがいつもの「やすみ亭」です。

今日は大晦日ということで営業しています。

営業している日は、駐車場に幟が立っています。

入店すると、今日はまだ昼前なので先客はいません。

今日は大勢のお客さんが来そうなので、あえてカウンター席に着きました。

ご主人が、蕎麦の実の入った蕎麦茶を出してくれました。

すっかりこちらのお店にはまってしまった勤務先の上司が、セリ鴨ネギ蕎麦がおすすめと言っていたのを思い出しました。

メニューを見ると、「やすみ亭の新提案」なるものがありました。

何でもこちらのご主人が仙台に行った時に食べたセリに感動したそうです。

そこで鴨ネギに入れたら合うんじゃないかと。

そこまで言うのならば試してみない訳には行きませんね。

熱い汁でいただくので、蕎麦は二八でお願いしました。

さほど待つこともなく料理が出されました。

熱々の汁の中には、鴨肉、焼いたネギ、水耕栽培のセリが入っています。

二八蕎麦はいつものようにホタテの貝殻に盛り付けてあります。

薬味のネギを入れていただいてみます。

熱い汁に二八はやはり旨いです。

汁は熱いですが、蕎麦は冷たいのでちょうど良い温度になります。

これがツルツルいけます。

鴨は脂の乗り具合がよく風味が良いです。

セリは水耕栽培なので根元までいただけます。

ほのかな苦味が良いですね。

春の七草を先取りした感じです。

勿論、二八を2枚追加でお願いしました。

いつもながら旨い蕎麦をいただけますね。

ブログ記事はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/shibapochi_kazu/archives/51930085.html

  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
6回目

2018/12訪問

  • lunch:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク -
    ¥2,000~¥2,999
    / 1人

カキそばと、飲み

今日はあたたかい蕎麦が食べたくなりました。

戸塚で蕎麦と言ったら、いつもの上矢部の「やすみ亭」です。

今日は土曜日なので営業しているはずです。

駐車場のフェンスにそばの幟が立っていたので営業していました。

車を停めて早速入店しました。

入店すると、先客はちょうど帰ったばかりなので店内は自分だけ。

ご主人が温かい蕎麦茶を出してくれました。

一応メニューを確認しますが、すでに注文するものは決まっています。

季節のカキそばです。

ご主人に「カキそば」を二八でお願いしました。

自分は温そばは二八で頼むことにしています。

しばらくして料理が出来上がり出されました。

ご主人が、味が薄かったら行ってくださいと。

早速出汁を味わってみます。

確かに少々味が薄い気がしないでもないですが、カキ出汁を味わうのであれば丁度良い味付け。
  
小ぶりながらぷりぷりのカキが沢山入っています。

二八そばは、やはり温そばによく合いますね。

壁に貼ってあるサイドメニューを拝見。

こちらは飲みのアテでしょう。

ご主人と、このアテの話をしていると、サービスでカキのそばつゆ煮を出してくれました。

これがまたいい感じで煮てあって、どこか燻製に似た味がしました。

これは酒のアテにはもってこいですね。

翌日は戸塚の焼き鳥店「とりき」で飲み会があるので、ご主人に明日は飲み会の前に寄りますと言って退店。

さて、翌日の午後3時半に知人とこちらのお店で待ち合わせ。

先に着いた知人は先に生ビールで一杯やっていました。

自分もビールを注文して、ご主人が出してくれた山芋の「せせらぎ」をいただきます。

これは山芋を川のせせらぎのように極細にカットしたもの。

めんつゆを少しかけると旨いです。

勿論、昨日出していただいたカキのそばつゆ煮も注文。

やはりこれは酒によく合います。

ご主人が旨い日本酒があるというので出してもらいました。

雷門ゐ助というのですが、これは甘口でとってもフルーティーで呑みやすい。

つまみにご主人が命名した「鎌倉天園日隠れ」を頼んでみまし。

蕎麦の実を突いて生地にしたものだそうですが、これがまた風味が良い。

蕎麦の香りが鼻から抜けます。

これは蕎麦つゆなど要りません。

塩でいただくと酒によく合います。

十割を超えた十割です。

もう一品は、のどぐろの丸干しです。

北九州産だそうです。
http://blog.livedoor.jp/shibapochi_kazu/archives/51928895.html

脂が良く乗っていて、骨もいただくことができます。

こちらやすみ亭さんは、蕎麦だけでなく「飲み」でも使える楽しいお店ですね。

ブログ記事はこちら↓

  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
5回目

2018/11訪問

  • lunch:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 -
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク -
    ¥1,000~¥1,999
    / 1人

豚ネギ貝皿そば

今日は無性に蕎麦が食べたくなりました。

戸塚で蕎麦と言ったら、自分は上矢部の「やすみ亭」なのです。

こちらは土日のみの営業ですが、いつも土日に営業しているとは限りません。

駐車場のフェンスにそばの幟が立っていれば営業している証です。

お店の横の駐車場に、2台分スペースを借りています。空いていたスペースに車を停めて店頭へ。

店頭にはいつものメニューが貼られていました。このところ新作はないようです。

入店するとご主人が迎えてくれました。昼も過ぎているので先客はいないです。

テーブル席に着くと冷たい蕎麦茶を出してくれました。

さて、今日は何にするか?実は、こちらのお店を職場の上司に紹介したところ、いつの間にか常連になったようです。

ご主人曰く、ちょくちょく来ていますよとのこと。こちらの蕎麦が随分とお気に入りのようだ。

その上司のお気に入りが、温かいつゆに冷たい蕎麦をくぐらせるもの。

それも十割蕎麦ではなく二八が良いらしいです。

それならばと、上司の真似をして「豚ネギ貝皿そば」を二八でお願いしました。

しばらく待って料理が出されました。豚ネギの丼と貝皿そばが5皿、それに薬味が付いています。

つけ汁は、豚肉、ゴボウ、椎茸、焼いたネギなどが入っています。

では早速、貝皿の冷たい蕎麦を温かいつゆにくぐらせてみます。

なるほど、上司の言った通り二八の方がツルツルしていて、温かいつゆには合いますね。

喉越しもよく、適度な歯応えも残しています。

ネギは表面を炙っていて香ばしいです。豚との相性も悪くない。

椎茸とゴボウが入っているのも嬉しいですね。

豚肉は随分と沢山入っていました。豚から出る出汁が旨いです。

つゆはそのまま飲んでもいいですが、別に出されるそば湯で割っても美味しいですよ。

貝皿5枚では物足りないので、追加で二八を2枚追加しました。

豚ネギが900円で追加の蕎麦が1皿100円×2。

合計1,100円ですが、メンバー価格100円引きなのでお会計は1,000円。

まずまずお腹一杯になります。

ブログ記事はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/shibapochi_kazu/archives/51926942.html


  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
4回目

2018/08訪問

  • lunch:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 -
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク -
    ¥1,000~¥1,999
    / 1人

叡山湯葉貝皿蕎麦

いったん涼しくなったと思ったら、今日は再び酷暑。

しかも湿度が高いので、熱がねっとりと体にまとわりつきます。

そんな時に限って仕事は大忙し。

一旦仕事を切り上げて、前々から食べたかった蕎麦を食べに行こう。

やはり蕎麦と言ったら、戸塚の上矢部にある「やすみ亭」に行きたくなります。

こちらは自家製粉の手打ち蕎麦をいただけます。

当店は、土曜日と日曜日だけの営業で、幟が立っていれな営業中です。

また、幟の場所が駐車スペースです。

さて、どこに店舗があるか、普通の人ではまずわからないでしょう。

車を停めて店頭に向かうと、何やら新メニューが張ってありました。

とりあえず入店すると先客はいません。ご主人が迎えてくれました。

適当な席に着くと、ご主人が冷たい蕎麦茶を出してくれました。

ご主人が新メニューが出来たということで、メニュー表を出してくれました。

見ると、叡山湯葉蕎麦という何とも凝ったネーミングです。

前回いただいた「鎌倉天園日隠」もそうですが、特にこれといった拘りはなくて、イメージであるとのこと。

要は、蕎麦に湯葉を足したものです。

それでは新メニューを試してみようと思います。

蕎麦はいろいろ選べますが、冷たい十割蕎麦でお願いしました。

しばらく待って蕎麦が出されました。

蕎麦はホタテの貝殻に小分けにされたものが5皿。それに湯葉と薬味のネギが付きます。

先ずは一口するっといただく。いかにも手打といった感じ。

自分は所謂“そば食い”ではないので、それほど味がわかるわけではないが、ここの十割は旨いです。

湯葉は冷たく冷やしてあって、ちょこんとわさびが乗っています。

湯葉自体に味はないので、そばつゆを付けていただきます。

湯葉と蕎麦を一緒に食べてみるほうが良いですね。

ご主人が山芋をサービスしてくれました。

山芋といえば、おろし金で擦るのが普通ですが、こちらは“せせらぎ”のようにカットされています。

メニューにも「信州せせらぎ蕎麦」というのがあります。

まあ、これも店主のイメージですが。

ブログ記事はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/shibapochi_kazu/archives/51923097.html

  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 - 十割そば

    十割そば

  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 - 湯葉

    湯葉

  • やすみ亭 - 山芋の千切り

    山芋の千切り

  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
3回目

2017/07訪問

  • lunch:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 -
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク -
    ¥1,000~¥1,999
    / 1人

鎌倉天園 日隠れ

やすみ亭のご主人とは戸塚の上矢部でたまにお会いすることがあります。

先日も、仕事帰りなのだろうか、ばったりお会いしました。

ご主人が嬉しそうに“新作ができた”と言うことでお話を伺いました。

何でも、製粉する際に蕎麦の実を挽くのではなく、杵と臼でつつくというもの。

開発に5年を要したとのこと。素人にはよく解らないので後日訪問することにしました。

そして、今日は時間ができたのでお伺いすることにしました。

お店の側の駐車場に「そば」の幟が立っているので、営業している証し。

店頭には「創作蕎麦 鎌倉天園 日隠れ」のメニューが貼り出してありました。

先日ご主人が言っていたのはこれです。入店すると先客はなし。

厨房に近いテーブル席に着きました。

ご主人が冷茶を出してくれます。早速例の「鎌倉天園日隠れ」を注文しました。

ご主人と色々話をして、伊豆名産の本ワサビを見せてくれました。

ほどなくして料理が出された。ホタテの貝殻の上に蕎麦が乗っていて、これが5皿。

いつも通りです。それにそばつゆ、薬味、ワサビ、塩が付いています。

今日から蕎麦の産地を変えたそうです。茨城県産常陸そばだそうだ。

まずは塩を付けていただいてみます。

塩で食べるのは初めてですが、なるほどこれならば蕎麦の風味を直ぐに感じることができます。

蕎麦の香りが良く、気のせいか甘味を感じます。

酒のアテにしても良いですね。

しかし、杵つきなのでそばを長くは出来ないようです。

やはりブツブツと切れてしまいます。

それでもこれほど風味のある蕎麦はまずいただけないでしょう。

つづいて蕎麦つゆでいただいてみます。

薬味の九条葱と本わさびいれていただきます。

今日からつゆも変わったそうです。

自分は蕎麦喰いではなく、どちらかと言うと疎い方なので、つゆにヒタヒタに付けていただくのが好きです。

それにしても5年もの歳月をかけてお客に出せるまでになったのは凄い。もちろん製法は極秘。

サービスで揚げ出しの茄子を振る舞われました。

若い頃は茄子は苦手でしたが、年を取ると食べれるようになります。

サービスだから言うのではなく、これはとても美味しかったですね~。

最後はそば湯をいただいて〆とします。

まだまだご主人の創作意欲は尽きないと思います。

次はどんな蕎麦が出てくるか今後も楽しみですね。

興味のある方はこちらを参照していただきたいです。凄い蕎麦ですよ。
http://yasumitei.web.fc2.com/kodawari-01.html

ブログ記事はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/shibapochi_kazu/archives/51901791.html

  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
2回目

2017/01訪問

  • lunch:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 -
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク -
    ¥1,000~¥1,999
    / 1人

年明け蕎麦は「やすみ亭」でいただきました

戸塚の工業団地そばにある隠れ家的な蕎麦店「やすみ亭」さんから年賀状が届きました。

メンバーズカードを作ったので出してくれたのでしょう。

なんでも、今年で開店5周年を迎えるそうです。そんなに長くやっているとは思わなかったですね。

年賀状には、五周年感謝企画ということで、一品サービスがあるとのこと。

ということで、1年ぶりに訪問してみることに。

入店すると、先客2名が食事をしていた。ご主人と挨拶を交わしてテーブル席に着きました。

メニューから「越前おろしそば」十割そば1,150円と、お替わり用に「二八そば」2枚をお願いしました。

5周年のサービスは「オクラのごま和え」をお願いしました。

先にお茶とサービスのオクラが出されました。

そしてほどなくして越前おろしそばが出されました。

蕎麦の上には、たっぷりのおろし大根とかつお節が乗っています。

大根を絡めて蕎麦をいただいてみます。

十割と言ってもボソボソ感は全くなく、ツルリと喉越しが良くおいしいですね~。

つゆが上品な味わいですが、自分の好みとしてはもう少し濃いめがいいかな。

サービスのオクラのごま和えは、中々食べることがありませんがこれも美味しかった。

途中でご主人が、“サービスです”ともう一品出してくれました。

「せせらぎ小皿」と言う物です。

たぶん山芋だと思いますが、極細に刻んであり、川のせせらぎのイメージなのでしょうか。

醤油をちょんと垂らしていただきます。オクラといえ山芋といえ、一杯やりたくなります。

二八蕎麦は貝皿で2枚。追加は小分けで注文できるので、自分の腹と相談しながらいただけます。

最後はそば湯をいただいて締めました。

ブログ記事はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/shibapochi_kazu/archives/51889272.html

  • やすみ亭 - 越前おろしそば

    越前おろしそば

  • やすみ亭 - サービスのオクラのごま和え

    サービスのオクラのごま和え

  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 - 追加は二八で

    追加は二八で

  • やすみ亭 - サービスのせせらぎ小皿

    サービスのせせらぎ小皿

  • やすみ亭 - 年賀状です

    年賀状です

1回目

2016/01訪問

  • lunch:3.7

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 -
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク -
    ¥1,000~¥1,999
    / 1人

隠れ家的なお蕎麦屋さんで十割蕎麦をいただく(再訪)

今日は何となく蕎麦が食べたくなり、向かったのが戸塚は上矢部町にある「やすみ亭」です。

こちらは土曜と日曜日のみ営業で、ちょっとした隠れ家的なお店です。

通りから一本入った住宅街にあり、住宅兼店舗なので中々解りづらいです。

表の通りに蕎麦の幟が立っていれば営業中です。駐車場もあるので便利。

昨年の11月以来の訪問となりました。

暖簾をくぐって入店してみると、流石に夕方近くなので先客はいません。

ご主人に聞いてみると、ちょうど今しがた引けたそうです。

すぐにご主人が温かいお茶を出してくれました。紙おしぼりは卓上に置いてあります。

前回は、冷たい貝皿そばをいただいたので、今日は温かいそばをいただきたいと思いますね。

そこで選んだのが「鴨そば」です。二八と十割が選べるので十割でお願いしました。価格は1,150円。

後ろを見ると、正月用の振る舞い酒が置いてありました。純金箔入りです。

振る舞い酒ということで無料なのですが、残念ながら車なのでいただくことが出来ませんでした。

しばらくして蕎麦が出来上がり、ご主人が出してくれました。

分葱は、小さなホタテの貝がら乗せて別になっています。蕎麦は鴨肉と焼いた長ネギが乗っています。

最初に木杓でつゆを頂いてみます。出汁の加減が良く、鴨の風味がまたたまりません。

蕎麦は、温でもそこそこコシが残っています。十割の温蕎麦は初めて頂きましたがこれは美味しいです。

鴨肉はそれほど大きくはないですが、味付けが良く歯応えがたまりません。

脂身の部分も鴨特有の味があって、これがつゆに混じるのだから当然美味しくなりますね。

長ネギは片面を焦がしていて香ばしいです。

青い部分も少し使ってくれたら彩りが良くなると思います。

あまりに旨いので、ついついつゆを飲み干してしまいました。

来月は別の産地の蕎麦を使うそうです。
<2016,01,10再訪>

ブログ記事はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/shibapochi_kazu/archives/51862756.html

-----------------------------------------------------------------------------------
戸塚の上矢部工業団地を走っていると、電信柱に蕎麦の広告看板を見つけました。土日のみ営業と書いてあります。

土日になると、駐車場に「手打そば」の幟が立つのですが、近辺にお店などは見当たりません。

ずっと気になっていたので、徒歩でお店を探してみました。

すると、駐車場の奥の方に普通の民家にメニューが貼り出されていて、暖簾も掛かっていました。

入店してみると、民家を改装して小さな店舗したようです。

キッチンも普通の家の物です。店内はテーブル席が2席と、簡易的なカウンター席が6席ありました。

テーブルに着くと、ご主人がこのお店のメニューについて説明してくれました。

さらにメンバーズカードを作ると会計時に100円引きになります。

色々話を聞いてみると、趣味が高じて店を出すまでになったそうです。

近くにある上矢部地区センターで、蕎麦打ち教室も開いているそうです。

こちらの蕎麦は、十割と二八があります。

冷たい蕎麦は、ざるではなく、ホタテの貝殻に小分けにして出すそうです。

せっかくなので、冷たい十割そばをお願いしました。因みに蕎麦粉の製粉もご主人がやられているそうです。

蕎麦が出来上がるまでお茶を飲みながら待ちます。

しばらくして料理が出されました。蕎麦一人前を5個に小分けにして出してくれます。

蕎麦は、北海道空知産を使用しているそうです。

薬味は、ネギと大根の粗微塵。

十割というと、ボソッとしたイメージがあったのですが、まったくそんなことは無いですね。

冷水で〆られていてツルリとして喉越しも良いです。

あっというまに無くなりそうなので、途中で二八そばを3個追加して味比べをしてみることに。

後から出された二八蕎麦は、十割と違って少し柔らかい気がしますね。

そばつゆは、自分の好みとしては、もう少し鰹風味と甘さが欲しいところです。

最後はそば湯もだしてくれて、最後まで美味しくいただくことが出来ました。

十割蕎麦が850円。追加の二八が一皿100円なので300円。

合計で1,150円なのですが、メンバーになったことで100円引きの1,050の会計。

まったく商売っ気がないですね。本当はあまり教えたくないお店です。

ブログ記事はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/shibapochi_kazu/archives/51857949.html

  • やすみ亭 - 鴨そば

    鴨そば

  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 - 十割貝皿蕎麦850円

    十割貝皿蕎麦850円

  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 - 追加の二八蕎麦

    追加の二八蕎麦

  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -
  • やすみ亭 -

口コミが参考になったらフォローしよう

柴ポチ

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

柴ポチ(6736)さんの他のお店の口コミ

柴ポチさんの口コミ一覧(1558件)を見る

この店舗の関係者の方へ

ユーザーから投稿された口コミに対して、お店側からお礼や情報追加などの返信を行ってみませんか?

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名 やすみ亭
ジャンル そば、居酒屋、ワインバー
予約・
お問い合わせ

045-443-9234

予約可否

予約可

住所

神奈川県横浜市戸塚区上矢部町2329-6

交通手段

戸塚駅からバス10分上矢部地区センター下車徒歩1分
戸塚駅から2,500m

踊場駅から1,682m

営業時間

営業時間

[土・日]
11:30~18:30(L.O)

日曜営業

定休日

月~金

新型コロナウイルス感染拡大等により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

予算(口コミ集計)
[昼]¥1,000~¥1,999

予算分布を見る

支払い方法

カード不可

席・設備

席数

24席

個室

テラス席あり

貸切

(20人以下可)

禁煙・喫煙

分煙

2020年4月1日より受動喫煙対策に関する法律(改正健康増進法)が施行されており、最新の情報と異なる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。

駐車場

お店前に1台、そばの駐車場(No.9、12)に2台です

空間・設備

オシャレな空間、落ち着いた空間、カウンター席あり、オープンテラスあり

携帯電話

docomo、au、SoftBank、Y!mobile

メニュー

ドリンク

日本酒あり、焼酎あり、ワインあり、日本酒にこだわる、焼酎にこだわる、ワインにこだわる

料理

野菜料理にこだわる、健康・美容メニューあり、ベジタリアンメニューあり

特徴・関連情報

利用シーン

一人で入りやすい 知人・友人と

こんな時によく使われます。

ロケーション

一軒家レストラン

サービス

2時間半以上の宴会可、ペット可

ホームページ

http://yasumitei.web.fc2.com/

オープン日

2013年6月15日

初投稿者

大豆戸大豆戸(3)

最近の編集者

編集履歴を詳しく見る

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

この店舗の関係者の方へ

食べログ店舗準会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。

店舗準会員になって、お客様に直接メッセージを伝えてみませんか? 詳しくはこちら

周辺のお店ランキング

いずみ野線・中田周辺×そば(蕎麦)のランキング(点数の高いお店)です。

  • 1 やすみ亭 - 料理写真:

    やすみ亭 (そば、居酒屋、ワインバー)

    3.41

  • 2 満月屋 - 料理写真:

    満月屋 (そば、うどん、天丼・天重)

    3.40

  • 3 松月 - 料理写真:

    松月 (そば、うどん、うなぎ)

    3.28

  • 4 栃木屋 - 料理写真:

    栃木屋 (そば、ラーメン、丼もの(その他))

    3.27

  • 5 ラーメンショップ - 料理写真:カレーうどん (450円)

    ラーメンショップ 岡津町店 (ラーメン、そば、カレーライス)

    3.26

食べログ限定企画

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ