金沢:食通知ったかぶり : おでん 高砂

おでん 高砂

(たかさご)
  • 料理・味 3.58
  • サービス 3.56
  • 雰囲気 3.58
  • CP 3.53
  • 酒・ドリンク 3.54
  • 行った 644人
  • 行きたい 2543人

評価分布

予算:

夜の予算 ¥3,000~¥3,999

昼の予算 ¥5,000~¥5,999

定休日
日曜日(日月連休の場合は月曜休みです。)

076-231-1018

この口コミは、まめぞうさんの主観的なご意見・ご感想であり、お店の価値を客観的に評価するものではありません。また、この口コミは訪問した当時のものです。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。詳しくはこちら

まめぞう

まめぞう(2167)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]男性・東京都

1

  • 夜の点数:4.0

    • [ 料理・味4.0
    • | サービス3.5
    • | 雰囲気3.5
    • | CP4.0
    • | 酒・ドリンク3.5
  • 使った金額(1人)
    ¥3,000~¥3,999

2012/04訪問

  • dinner:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 3.5
    使った金額(1人)
    ¥3,000~¥3,999

金沢:食通知ったかぶり

今回、金沢に来た最大の目的はここ「おでん高砂」に来ることであった。
旧字旧仮名遣いを使い続ける小説家・評論家の丸谷才一の名著のひとつに「食通知ったかぶり」というグルメ本がある。

かつて、吉田茂の息子、評論家の吉田健一が1958年に「舌鼓ところどころ」というグルメ本を出しており、
この現代版ということで文芸春秋で連載企画されたもの。現代版と言っても1972年から1975年に連載されたものだから、もう40年経っている。

この「食通知ったかぶり」は現在中公文庫で手に入れることができる。
この164頁に「高砂」が紹介されている。

やはり文学者は味の表現が上手である。
ここのおでんをこう伝える。

「絶品はスヂといふやつで、これは判りやすく言へば牛と豚の腱である。おそらく金沢独特のはずの、このおでん種は、くどくて癖のあるところを生姜とネギで殺し、しかも殺し切れない加減が、まことによかつた。」

さすが、写真もないのに上手に伝える。

金沢には旧制四高があったこともあり、ユニークな文学者、哲学者などが数多くいる。
旧制四高出身者には、正力松太郎、鈴木大拙、竹内均、中谷宇吉郎、西田幾多郎、井上靖、中野重治など。
石川ゆかりの作家には室生犀星、五木寛之など。

こういう人たちも金のない頃、金沢おでんで議論を戦わせていたのかもしれない。
「おでん高砂」は昭和11年創業、実に75年、そういう人たちも来ていておかしくない。

酒場放浪記の吉田類も訪れている。
http://w3.bs-tbs.co.jp/sakaba/shop/182.html

食べログ界の巨星、B型人も訪れている。
http://r.tabelog.com/ishikawa/A1701/A170101/17000407/dtlrvwlst/2417628/

夕方4時から開いている。我々は6時に予約。
鄙びた引き戸を開けると、まだ常連さんだけ。

これが良かった。大女将とゆっくり話すことができ、さっきまで常連さんが座っていた特等席(吉田類も座ったという)に座らせてもらえた。
7時を回るとカウンターもテーブルも満員で、お店の人達とゆっくり話すことなどできない。だから、常連さんは早い時間に来るのだと気付いた。

キリン一番搾りでスタート。家内と乾杯し、最初はスジとフカシ。
フカシとは関西にはないはんぺんのようなもの。丸谷才一は関東風味付けと評したが、結構あっさりしている。

丸谷が言うとおり、スジは柔らかく上品な淡い味噌味。
これを焼くとドテ焼きになる。

バイ貝とガンモドキを頼む。どちらもあまりに大きくビックリ!大きいのでバイ貝はあらかじめカットしてもらう。
ガンモは作り手の手の大きさで決まるので、男性が作ると大きくなるそうだ。具がしっかり詰まったガンモは汁が染みて美味い。

一番搾りもう一本と福正宗のやや甘口加能山河。
車麩と大根を頼む。予想通りよく染みている。車麩は優しい柔かさ。

魚麺という魚の白身を麺状にしたものをおねがいする。
11月にはカニ面と呼ばれる香箱蟹を使ったおでんがあるそうである。ぜひ食べてみたい。

魚麺が出来上がったら大女将が胡椒の瓶も置いてくれ、後で掛けたら味が激変するからと。
試しにかけると、確かに激変、とってもジャンキーな味になった(笑)。

辛口の日本酒黒帯とホッピー白をお願いする。
ここで満を持して玉子を頼む。これも予想を裏切らない味。

ギンナンと竹の子、そして最後に焼豆腐。よく染みている。
金沢おでんを堪能できた。

お店は目の回るような忙しさになっている。
この時間帯には大女将は奥の厨房にひっこみ裏方、表はお兄さんとお姉さん二人。

お代は丁度6千円。
ご馳走様!

  • すじ・ふかし

  • ばい貝・がんも

  • がんも

  • 車麩・大根

  • 魚めん

  • 魚めん

  • 魚めん w/ コショー

  • 玉子

  • ギンナン・竹の子

  • 焼豆腐

  • ドテ焼き

  • 一番搾り中瓶

  • 日本酒

  • 白ホッピー

  • 白ホッピー

  • 日本酒 黒帯

  • 一品料理

  • おでん

  • あの人も...

  • 魚めんのためのコショー

口コミが参考になったらフォローしよう

まめぞう

まめぞう

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

まめぞう(2167)さんの他のお店の口コミ

まめぞうさんの口コミ一覧(2392件)を見る

この店舗の関係者の方へ

ユーザーから投稿された口コミに対して、お店側からお礼や情報追加などの返信を行ってみませんか?

おでん 高砂の店舗情報(詳細)

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

「おでん 高砂」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名

おでん 高砂 (たかさご)

ジャンル

おでん、居酒屋、魚介料理・海鮮料理

TEL・予約

076-231-1018

※お問い合わせの際は「"食べログ"を見た」とお伝えいただければ幸いです。

住所

石川県金沢市片町1-3-29

交通手段

バス 香林坊(こうりんぼう)バス停から徒歩約2~3分
金沢駅から車で9分

野町駅から1,216m

営業時間

16:00~22:30

定休日

日曜日(日月連休の場合は月曜休みです。)

予算(ユーザーより)

[夜]¥3,000~¥3,999 [昼]¥5,000~¥5,999

実際にお店へ行った人が使った金額です。 予算分布を見る

席・設備

席数

27席

禁煙・喫煙

全面喫煙可

駐車場

空間・設備

カウンター席あり

携帯電話

docomo、au、SoftBank

メニュー

ドリンク

日本酒あり

特徴・関連情報

利用シーン

一人で入りやすい 知人・友人と

こんな時によく使われます。

ロケーション

一軒家レストラン

備考

香林坊109正面前の交差点(大きなT字交差点ではなく片町寄りの小さい方)を「柿木畠」方面へ進むとすぐにわかります。

初投稿者

うめごんうめごん(3)

最近の編集者

編集履歴を詳しく見る

ブログに店舗情報を貼る+

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

「おでん 高砂」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗会員(無料)にご登録ください。ご登録はこちら

この店舗の関係者の方へ

食べログ店舗会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。

店舗会員になって、お客様に直接メッセージを伝えてみませんか? 詳しくはこちら

周辺のお店ランキング

  • 総合ランキング

金沢×和食のランキング(点数の高いお店)です。

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ