余市サグラさん~2019冬 朝食編。 : 余市SAGRA

この口コミは、ymymjhsさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

ymymjhs

ymymjhs(618)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]

4

  • 夜の点数:4.8

    • [ 料理・味-
    • | サービス-
    • | 雰囲気-
    • | CP-
    • | 酒・ドリンク-
  • 昼の点数:4.5

    • [ 料理・味-
    • | サービス-
    • | 雰囲気-
    • | CP-
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ¥30,000~¥39,999¥30,000~¥39,999
4回目

2019/02訪問

  • lunch:4.5

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥30,000~¥39,999

余市サグラさん~2019冬 朝食編。

2019年2月
余市SAGRA(サグラ)さん。
こちらの朝食がまた素晴らしいのです。

まずは、いつものように熱い「げんのしょうこ」。
温まります。
テーブルには筋子と塩ウニ。
最初に土鍋で炊いたご飯を奥様がよそってくださいます。
前回まではご飯は終盤に出ていたのですが、提供のタイミングを変更されたそうです。

お料理はまず、手作り濃厚胡麻豆腐。
続いて、カニの身がたっぷり乗った茶碗蒸し、オリーブオイルとお醤油でいただくお刺身は平目など5種類。
炊き合わせは素晴らしく、手作りのはんぺんはふわふわ。
焼き魚に絶品肉じゃがなど今回もかなりの品数が出ます。
最後はお腹も苦しいですが、鰊の切りこみのお茶漬けを美味しくいただきます。
デザートはかき氷で中にはアイスクリーム。
たっぷりと時間をかけていただく贅沢な朝食です。

今回も美味しいお料理と村井シェフご夫妻の温かなおもてなしに、楽しくゆっくりと過ごすことが出来ました。
お世話になりました。
ごちそうさまでした。

  • 余市SAGRA - カニたっぷりの茶わん蒸し。

    カニたっぷりの茶わん蒸し。

  • 余市SAGRA - ナメタガレイ

    ナメタガレイ

  • 余市SAGRA - お刺身(平目 鰈 鱈 鰊 鱒)。オリーブオイルとお醤油でいただきます。

    お刺身(平目 鰈 鱈 鰊 鱒)。オリーブオイルとお醤油でいただきます。

  • 余市SAGRA - 大根 蕪 炊き合わせ(南瓜 竹の子 はんぺん)

    大根 蕪 炊き合わせ(南瓜 竹の子 はんぺん)

  • 余市SAGRA - 朝食のセッティング。

    朝食のセッティング。

  • 余市SAGRA - 茶わん蒸しの上にはカニたっぷり。

    茶わん蒸しの上にはカニたっぷり。

  • 余市SAGRA - 胡麻豆腐

    胡麻豆腐

  • 余市SAGRA - 筋子

    筋子

  • 余市SAGRA - 塩雲丹

    塩雲丹

  • 余市SAGRA - お刺身。平目 鰈 鱈 鰊 鱒。

    お刺身。平目 鰈 鱈 鰊 鱒。

  • 余市SAGRA - 肉じゃが

    肉じゃが

  • 余市SAGRA - ビーツ 菊芋 根セロリ

    ビーツ 菊芋 根セロリ

  • 余市SAGRA - 炊き立てご飯。

    炊き立てご飯。

  • 余市SAGRA - 土鍋で炊き立てご飯。

    土鍋で炊き立てご飯。

  • 余市SAGRA - 鰊の切こみのお茶漬け 岩のり

    鰊の切こみのお茶漬け 岩のり

  • 余市SAGRA - お漬物

    お漬物

  • 余市SAGRA - かき氷。中にはとても美味しいアイスクリームが入っています。

    かき氷。中にはとても美味しいアイスクリームが入っています。

  • 余市SAGRA - げんのしょうこ

    げんのしょうこ

  • 余市SAGRA - 朝ごはんメニュー。

    朝ごはんメニュー。

3回目

2019/02訪問

  • dinner:4.8

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥30,000~¥39,999

余市SAGRA(サグラ)さん~2019冬編。

2019年2月
一昨年、札幌から余市に移転され、宿泊が出来るようになった余市SAGRAさん。
今回3度目の訪問です。

場所は余市駅からタクシーで10分くらい。
到着すると奥様がいつもと同じ素敵な笑顔で迎えてくださいます。
お部屋は、北海道産の木材がふんだんに使われた温かな雰囲気で安らぎます。
寝具などはオーガニックやカシミアを取り入れた使い心地の良い物が揃えられています。

少し休んでから夕食です。
この日は、宿泊は私たちだけでしたが、夕食に来られた方が一組。
席は、厨房の見えるカウンター席です。

最初に魚の骨からとったお出しのスープ。
温まります。

続いて、倶知安産の男爵を収穫後専用貯蔵庫にて約1年半熟成した「倶知安じゃが540」を使用して中山峠の名物「峠のあげいも」を模した一皿。
昨年、静内のあま屋さんでもいただきましたが、このジャガイモ、とにかく甘いです。
「峠のあげいも」、村井シェフの手にかかかるとこうなるのですね、という驚き。

余市と近隣の食材を使用した、村井シェフ渾身のお料理が続きます。
ヒラメ
エンガワ
越冬ブリ
タチ(真だらの白子)のぬか漬けと岩のり
毛ガニと根セロリのパンナコッタ
牡蛎(カキえもん) リーキ
ナマコ
ズワイガニ
小女子の手打ちパスタ
子羊
キノコの混ぜご飯
栗のドルチェ

食後のドリンクは、余市産のリンゴをたっぷりポットに入れてお湯を注ぐアップルティーも選べましたが今回は、こだわりのハーブティーが気になったのでこちらを。
もし、初めて訪問されてドリンクに余市産りんごのアップルティーがありましたら、フレッシュな酸味とフルーティーさを味わえるこちらもおすすめです。

札幌時代のサグラさんのイタリアンとは異なるテイスト。
余市とその周辺の食材をメインに組まれたお料理。
村井シェフは日々研究をされて、独自のスタイルを追求されています。

この日いただいたワインは、「ナカザワヴィンヤード クリサワブラン 2010」と「ドメーヌ・タカヒコ ヨイチ・ノボリ キュムラ ピノ・ノワール 2011」。

こちらでは、ドメーヌ・タカヒコさんの他、北海道の面白いワインをいただけるのも魅力のひとつ。
葡萄のこと、作り手の方の想いやこだわりなど、色々なお話を伺いながらいただくとまた、格別。

美味しいお料理とワイン、そして楽しい会話。
大満足の食事の後は、そのまま快適なお部屋に戻って休める至福。

ごちそうさまでした。

  • 余市SAGRA - 毛ガニと根セロリのパンナコッタ。

    毛ガニと根セロリのパンナコッタ。

  • 余市SAGRA -
  • 余市SAGRA - 牡蛎(カキえもん) リーキ。

    牡蛎(カキえもん) リーキ。

  • 余市SAGRA - 子羊。

    子羊。

  • 余市SAGRA - 外観。

    外観。

  • 余市SAGRA - テーブルセッティング。

    テーブルセッティング。

  • 余市SAGRA - 最初に魚の骨からとったお出しのスープ。

    最初に魚の骨からとったお出しのスープ。

  • 余市SAGRA - 「倶知安じゃが540」を使用して中山峠の名物「峠のあげいも」を模した一皿。

    「倶知安じゃが540」を使用して中山峠の名物「峠のあげいも」を模した一皿。

  • 余市SAGRA - ヒラメ。

    ヒラメ。

  • 余市SAGRA -
  • 余市SAGRA -
  • 余市SAGRA - タチ(真だらの白子)のぬか漬けと岩のり。

    タチ(真だらの白子)のぬか漬けと岩のり。

  • 余市SAGRA - ナマコ。

    ナマコ。

  • 余市SAGRA - ズワイガニ。

    ズワイガニ。

  • 余市SAGRA - 小女子の手打ちパスタ。

    小女子の手打ちパスタ。

  • 余市SAGRA - 子羊。

    子羊。

  • 余市SAGRA - キノコの混ぜご飯

    キノコの混ぜご飯

  • 余市SAGRA - 栗のドルチェ。

    栗のドルチェ。

  • 余市SAGRA - 自家製パン。

    自家製パン。

  • 余市SAGRA - 「ナカザワヴィンヤード クリサワブラン 2010」

    「ナカザワヴィンヤード クリサワブラン 2010」

  • 余市SAGRA - 「ナカザワヴィンヤード クリサワブラン 2010」

    「ナカザワヴィンヤード クリサワブラン 2010」

  • 余市SAGRA - 「ドメーヌ・タカヒコ ヨイチ・ノボリ キュムラ ピノ・ノワール 2011」。

    「ドメーヌ・タカヒコ ヨイチ・ノボリ キュムラ ピノ・ノワール 2011」。

  • 余市SAGRA - 「ドメーヌ・タカヒコ ヨイチ・ノボリ キュムラ ピノ・ノワール 2011」。

    「ドメーヌ・タカヒコ ヨイチ・ノボリ キュムラ ピノ・ノワール 2011」。

  • 余市SAGRA - 夕食メニュー。

    夕食メニュー。

  • 余市SAGRA - こんなスペースもあります。

    こんなスペースもあります。

  • 余市SAGRA - 部屋です。

    部屋です。

  • 余市SAGRA - 木の香りが良いお風呂。

    木の香りが良いお風呂。

  • 余市SAGRA - お部屋の冷蔵庫のお水も素敵な器とカップです。

    お部屋の冷蔵庫のお水も素敵な器とカップです。

2回目

2018/08訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク -

余市に移転したSAGRA(サグラ)さん。再訪です。

2018年8月
昨年、札幌から余市に移転され、宿泊も出来るようになったSAGRA (サグラ)さん。
今年の1月に伺いとても素晴らしかったので、違う季節のお料理をいただきたく再訪しました。

場所は余市駅からタクシーで10分くらいです。
到着すると今日も奥様が素敵な笑顔で迎えてくださいます。
お部屋は、北海道産の木材がふんだんに使われた温かな雰囲気。
寝具などはオーガニックやカシミアを取り入れた使い心地の良い物が揃えられています。

少し休んでからいよいよ夕食です。
この日、宿泊は私たちだけで前回同様、厨房の見えるカウンター席に席が用意されていました。
テーブル席にはディナーに来られたお客様が一組。
テーブルには野の花が添えられたナプキンがセットされています。

余市近隣の魚介や野菜、果物を使用したコース。
村井シェフのこだわりと食材に対する愛情が込められたお料理が続きます。
素晴らしいです。

こちらではSAGRA さんと同じ 余市町登地区のドメーヌ タカヒコのワインも色々といただくことが出来ます。
今回、シェフに選んでいただいたのは「ナナツモリ ブラン ド ノワール」。貴腐化したナナツモリのピノ・ノワールだけで造られた辛口ワイン。
素晴らしいワインでした。
途中、このワインの香りをより楽しめる専用のグラスも用意してくださいました。
異なる香りの広がり方を楽しめました。

朝食は、イタリアンのテイストが加えられた和食。
カウンターには朝届けられたという、近所で採れた野菜たちが美しく盛られています。
こちら、朝食もかなりの品数。
どれも、手が込んだものばかりでたっぷり2時間ほどかかります。
朝からフルコースをいただいたような満足感と満腹感。

今回も村井シェフの素晴らしいお料理と、ご夫婦の温かなおもてなしに身も心もほっこりと、幸せな気持ちになった滞在でした。
お世話になりました。
そしてごちそうさまでした!

  • 余市SAGRA - 器も素敵です。

    器も素敵です。

  • 余市SAGRA - 美しい彩り。

    美しい彩り。

  • 余市SAGRA - ウニのパスタ。

    ウニのパスタ。

  • 余市SAGRA - ナプキンに添えられた野の花。

    ナプキンに添えられた野の花。

  • 余市SAGRA - ナプキンは近隣の草花が添えられています。

    ナプキンは近隣の草花が添えられています。

  • 余市SAGRA - 涼し気な器。

    涼し気な器。

  • 余市SAGRA - 野菜の色合いが鮮やか。

    野菜の色合いが鮮やか。

  • 余市SAGRA - 地元の魚を中心にコースが進みます。

    地元の魚を中心にコースが進みます。

  • 余市SAGRA - 新鮮な食材。

    新鮮な食材。

  • 余市SAGRA -
  • 余市SAGRA -
  • 余市SAGRA - いかめし。

    いかめし。

  • 余市SAGRA - いかめし。村井シェフにかかるとこうなります!

    いかめし。村井シェフにかかるとこうなります!

  • 余市SAGRA - ウニのパスタ。

    ウニのパスタ。

  • 余市SAGRA - トマトも甘いです。

    トマトも甘いです。

  • 余市SAGRA - ドライトマトのパン。絶品!

    ドライトマトのパン。絶品!

  • 余市SAGRA - ドライトマトを練りこんだ自家製パン。最高に美味しかったです。

    ドライトマトを練りこんだ自家製パン。最高に美味しかったです。

  • 余市SAGRA - プラム。

    プラム。

  • 余市SAGRA - 桃のフリット。

    桃のフリット。

  • 余市SAGRA - 桃のフリット。

    桃のフリット。

  • 余市SAGRA - ドメーヌ タカヒコ 「ナナツモリ ブラン ド ノワール」。

    ドメーヌ タカヒコ 「ナナツモリ ブラン ド ノワール」。

  • 余市SAGRA - ドメーヌ タカヒコ 「ナナツモリ ブラン ド ノワール」。

    ドメーヌ タカヒコ 「ナナツモリ ブラン ド ノワール」。

  • 余市SAGRA - 美しい色。

    美しい色。

  • 余市SAGRA - 香りの違いを楽しめるグラス。

    香りの違いを楽しめるグラス。

  • 余市SAGRA - このグラス、素晴らしい香りを楽しめました。

    このグラス、素晴らしい香りを楽しめました。

  • 余市SAGRA -
  • 余市SAGRA - グラスでこちらを。

    グラスでこちらを。

  • 余市SAGRA -
  • 余市SAGRA - エスプレッソ。

    エスプレッソ。

  • 余市SAGRA - 夕食メニュー。

    夕食メニュー。

  • 余市SAGRA - 朝のセットとゲンノショウコ。

    朝のセットとゲンノショウコ。

  • 余市SAGRA - とうもろこしの茶わん蒸し。

    とうもろこしの茶わん蒸し。

  • 余市SAGRA - トマトのお浸し。

    トマトのお浸し。

  • 余市SAGRA - お漬物。

    お漬物。

  • 余市SAGRA - イカ、ズッキーニ、万願寺唐辛子、饅頭茄子。

    イカ、ズッキーニ、万願寺唐辛子、饅頭茄子。

  • 余市SAGRA - 枝豆豆腐。

    枝豆豆腐。

  • 余市SAGRA - 平目、鯖、鮪、カナガシラ、縞ソイ、氷頭。

    平目、鯖、鮪、カナガシラ、縞ソイ、氷頭。

  • 余市SAGRA - 一口卵かけごはん、

    一口卵かけごはん、

  • 余市SAGRA - 釜で炊き立てご飯。

    釜で炊き立てご飯。

  • 余市SAGRA - 釜で炊きあがったご飯。

    釜で炊きあがったご飯。

  • 余市SAGRA -
  • 余市SAGRA -
  • 余市SAGRA - 油子。

    油子。

  • 余市SAGRA - 角煮。

    角煮。

  • 余市SAGRA -
  • 余市SAGRA - 朝ごはんメニュー。

    朝ごはんメニュー。

  • 余市SAGRA - 朝採れた野菜たち。

    朝採れた野菜たち。

  • 余市SAGRA - 朝採れた野菜たち。

    朝採れた野菜たち。

  • 余市SAGRA - 部屋。

    部屋。

  • 余市SAGRA - お風呂は木の香り。

    お風呂は木の香り。

  • 余市SAGRA - 部屋。

    部屋。

  • 余市SAGRA - 外観。

    外観。

  • 余市SAGRA - 外観。

    外観。

  • 余市SAGRA - SAGRAさんを出たところ。

    SAGRAさんを出たところ。

1回目

2018/01訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク -

余市に移転したSAGRA(サグラ)さん。村井シェフのこだわりが詰まった素敵なところでした!

2018年1月
昨年、札幌から余市に移転され、宿泊も出来るようになったSAGRA (サグラ)さんに行ってきました。
場所は余市駅からタクシーで10分くらいです。
到着すると奥様が素敵な笑顔で迎えてくださいます。
そして、まずは部屋へ。
北海道産の木材がふんだんに使われた温かな雰囲気。
寝具などはオーガニックやカシミアを取り入れた使い心地の良い物が揃えられています。

さて、夕食です。
広くてゆったりとしたカウンター席に案内されます。
お料理の様子を近くで見ることが出来、村井シェフとの会話を楽しみながらお料理をいただけるのが嬉しいですね。

余市近郊のものを中心に食材にこだわったお料理が続きます。
ワインもせっかくなので余市のものをいただきます。
お料理と合うようにシェフと相談して、同じ登地区で造られたドメーヌ・タカヒコをグラスで白を、その後は赤で ヨイチルージュ アッサンブラージュ。(余市町登地区で栽培されたピノノワールとツヴァイゲルトレーベのブレンド)

お料理はもう、感動の連続。
シェフが自ら足を運んで買い付ける魚や野菜が美味しく、そして驚きのあるイタリアンの形になって登場します。

ヒラメのマリネ ウニのソース
ニシン
アブラタラバ
サクラマスの瞬間マリネ
アンコウ、あん肝
ズワイガニのパスタ
アワビのリゾット
エゾシカ
アップルティー
冷たいデザート
洋ナシのタルト
エスプレッソ

食材自体が持つ美味しさが、村井シェフの手によってさらに引き出されています。
パンは席に付いた時はまだ生地の状態で、それから焼き始めるというこだわり。
アップルティーは、地元のリンゴを2種類を目の前で大量に刻みポットに入れてお湯を注ぐ、これぞアップルティー。
甘酸っぱいリンゴの風味が良くて美味しかった。

そして朝ごはん。
メニューが用意されています。
まずは熱い げんのしょうこ。
そして、朝も一品づつ出して下さいます。

ズワイガニの茶碗蒸し
油豆腐
季節の野菜
おsasimi
コマイ
おmisosiru
Kasu漬け
福原さんの切込み
焼きリンゴ

地元のものにこだわった和食なのですが、オリーブオイルやモッツァレラチーズのお味噌汁などイタリアンのテイストが加えられいます。
お豆腐は最初、地元の美味しい豆腐店のものを使用していたそうですが、今は大豆からシェフが自ら手作りされているそうです。
ご飯は土鍋で炊きあがったものをいただき、最後はニシンの切込みを乗せてお茶漬け。
もう、入らないというくらい食べた後でしたがこれがまた美味しくてスルッと。
気が付けば、食後のコーヒーをいただくころには2時間が経過しておりました。

食材にこだわり、ワインにこだわり、器にこだわり、宿泊する部屋にこだわり・・・。
自ら食材を買い付け、入念な下ごしらえ、到着してからチェックアウトまで宿泊者にかけられる膨大な時間とエネルギー。
そして、村井シェフと奥様の温かなおもてなしは、まるで古くからの友人か、親戚の家に遊びにいったかのような心地よさ。
お別れは、ちょっと寂しい気分に。
素晴らしい2日間でした。
お世話になりました。

  • 余市SAGRA - ニシン。

    ニシン。

  • 余市SAGRA - 鮑のリゾット。

    鮑のリゾット。

  • 余市SAGRA - 鹿。

    鹿。

  • 余市SAGRA - サクラマスの瞬間スモーク。

    サクラマスの瞬間スモーク。

  • 余市SAGRA - ヒラメのマリネ。ウニのソース。

    ヒラメのマリネ。ウニのソース。

  • 余市SAGRA - アブラタラバ。

    アブラタラバ。

  • 余市SAGRA - あんこう、あん肝。

    あんこう、あん肝。

  • 余市SAGRA - ズワイガニのパスタ。

    ズワイガニのパスタ。

  • 余市SAGRA - 洋梨のタルト。

    洋梨のタルト。

  • 余市SAGRA - 刻んだ2種類のアップルティー。

    刻んだ2種類のアップルティー。

  • 余市SAGRA - パン。席に付いてから焼き始めます。

    パン。席に付いてから焼き始めます。

  • 余市SAGRA - ドメーヌ・タカヒコ ヨイチルージュ アッサンブラージュ。(余市町登地区で栽培されたピノノワールとツヴァイゲルトレーベのブレンド)。

    ドメーヌ・タカヒコ ヨイチルージュ アッサンブラージュ。(余市町登地区で栽培されたピノノワールとツヴァイゲルトレーベのブレンド)。

  • 余市SAGRA - ドメーヌ・タカヒコ ヨイチルージュ アッサンブラージュ。(余市町登地区で栽培されたピノノワールとツヴァイゲルトレーベのブレンド)。

    ドメーヌ・タカヒコ ヨイチルージュ アッサンブラージュ。(余市町登地区で栽培されたピノノワールとツヴァイゲルトレーベのブレンド)。

  • 余市SAGRA - ドメーヌ・タカヒコ ヨイチルージュ アッサンブラージュ。(余市町登地区で栽培されたピノノワールとツヴァイゲルトレーベのブレンド)。

    ドメーヌ・タカヒコ ヨイチルージュ アッサンブラージュ。(余市町登地区で栽培されたピノノワールとツヴァイゲルトレーベのブレンド)。

  • 余市SAGRA - 白はグラスでいただきました。

    白はグラスでいただきました。

  • 余市SAGRA - 最初は小樽ビール。

    最初は小樽ビール。

  • 余市SAGRA - ナプキン。

    ナプキン。

  • 余市SAGRA - 登地区のワイナリーについて。

    登地区のワイナリーについて。

  • 余市SAGRA - 「余市登というところ」。

    「余市登というところ」。

  • 余市SAGRA - デザート。

    デザート。

  • 余市SAGRA - エスプレッソ。

    エスプレッソ。

  • 余市SAGRA - 鹿革のメニュー。

    鹿革のメニュー。

  • 余市SAGRA - 朝ごはんのメニュー。

    朝ごはんのメニュー。

  • 余市SAGRA - 朝、まずは温かいゲンノショウコ。

    朝、まずは温かいゲンノショウコ。

  • 余市SAGRA - 朝、まずは温かいゲンノショウコ。

    朝、まずは温かいゲンノショウコ。

  • 余市SAGRA - 朝ごはんのテーブルセッティング。

    朝ごはんのテーブルセッティング。

  • 余市SAGRA - 朝ごはん(ズワイガニの茶わん蒸し。中にたっぷり身が入っていて絶品でした)。

    朝ごはん(ズワイガニの茶わん蒸し。中にたっぷり身が入っていて絶品でした)。

  • 余市SAGRA - 朝ごはん(油豆腐・・・シェフ手作りの豆腐とオリーブオイル)。

    朝ごはん(油豆腐・・・シェフ手作りの豆腐とオリーブオイル)。

  • 余市SAGRA - 朝ごはん(季節の野菜)。

    朝ごはん(季節の野菜)。

  • 余市SAGRA - 朝ごはん(おsasimi)。

    朝ごはん(おsasimi)。

  • 余市SAGRA - 朝ごはん(こまい)。

    朝ごはん(こまい)。

  • 余市SAGRA - 最後にご飯に福原さんの切込みを乗せてお茶漬けでいただきました。

    最後にご飯に福原さんの切込みを乗せてお茶漬けでいただきました。

  • 余市SAGRA - 朝ごはん(おmisosiru・・・具はモッツァレラチーズ!ということでアルファベット表記とのこと)

    朝ごはん(おmisosiru・・・具はモッツァレラチーズ!ということでアルファベット表記とのこと)

  • 余市SAGRA - 朝ごはん(焼きりんご)。

    朝ごはん(焼きりんご)。

  • 余市SAGRA - 食後にはコーヒー。

    食後にはコーヒー。

  • 余市SAGRA - 入口。

    入口。

  • 余市SAGRA - キッチン。

    キッチン。

  • 余市SAGRA - ベッド。

    ベッド。

  • 余市SAGRA - コート掛け。

    コート掛け。

  • 余市SAGRA - 洗面台。

    洗面台。

  • 余市SAGRA - 浴槽。

    浴槽。

  • 余市SAGRA - 部屋の冷蔵庫の水の入れ物も素敵。

    部屋の冷蔵庫の水の入れ物も素敵。

  • 余市SAGRA - タオルと毛布など。

    タオルと毛布など。

  • 余市SAGRA - パジャマの用意もあります。

    パジャマの用意もあります。

  • 余市SAGRA - ドライヤーも用意されています。

    ドライヤーも用意されています。

  • 余市SAGRA - 歯ブラシとコップ。

    歯ブラシとコップ。

  • 余市SAGRA - 「NALUQ」のアメニティ。

    「NALUQ」のアメニティ。

  • 余市SAGRA - カミソリ、コットン、ヘアバンド。

    カミソリ、コットン、ヘアバンド。

  • 余市SAGRA - スリッパ。

    スリッパ。

  • 余市SAGRA - タオル掛け。

    タオル掛け。

  • 余市SAGRA - 部屋の外側にはこんな寛げるスペースも。

    部屋の外側にはこんな寛げるスペースも。

  • 余市SAGRA - 洋服用のコロコロも。こんな気遣いも嬉しい。

    洋服用のコロコロも。こんな気遣いも嬉しい。

口コミが参考になったらフォローしよう

ymymjhs

ymymjhs

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

ymymjhs(618)さんの他のお店の口コミ

ymymjhsさんの口コミ一覧(901件)を見る

この店舗の関係者の方へ

ユーザーから投稿された口コミに対して、お店側からお礼や情報追加などの返信を行ってみませんか?

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名 余市SAGRA (ヨイチサグラ)
ジャンル イタリアン、オーベルジュ
予約・
お問い合わせ

0135-22-2800

予約可否

予約可

インターネット予約可能(公式HP)

住所

北海道余市郡余市町登町987-2

このお店は「札幌市中央区南一条西8-20-1」から移転しています。
※移転前の情報は最新のものとは異なります。

移転前の店舗情報を見る

交通手段

余市駅から3,203m

営業時間・
定休日

営業時間

12:00~13:00

18:00~19:30(L.O)

営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。

予算
[昼]¥6,000~¥7,999
予算(口コミ集計)
[夜]¥10,000~¥14,999 [昼]¥5,000~¥5,999

予算分布を見る

支払い方法

カード可

席・設備

禁煙・喫煙 完全禁煙
駐車場

空間・設備

オシャレな空間、カウンター席あり、無料Wi-Fiあり

携帯電話

docomo、au、SoftBank

メニュー

コース

5000円~8000円のコース、10000円以上のコース

ドリンク

ワインあり、ワインにこだわる

料理

野菜料理にこだわる、魚料理にこだわる、朝食・モーニングあり

特徴・関連情報

利用シーン

家族・子供と

こんな時によく使われます。

ロケーション

一軒家レストラン

お子様連れ

子供可

子供同伴は予約の際要確認

ホームページ

http://www.sagra.jp/

公式アカウント
オープン日

2017年11月15日

備考

ランチは週末を中心に営業
繁忙期以外は平日も営業していたりするので要問合せ
公式HPから予約可能

初投稿者

onikumaonikuma(1681)

最近の編集者

編集履歴を詳しく見る

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

「余市SAGRA」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗準会員(無料)にご登録ください。ご登録はこちら

この店舗の関係者の方へ

食べログ店舗準会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。

店舗準会員になって、お客様に直接メッセージを伝えてみませんか? 詳しくはこちら

周辺のお店ランキング

積丹半島・余市・キロロ×イタリアンのランキング(点数の高いお店)です。

食べログ限定企画

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ