札幌のイタリアンリストランテ ”ここへ来ると必ず幸せな気持ちになれる”ますます冴えわたる、小川シェフが創り出す「皿の上での絵画・音楽」”食が育む「幸せ」のサイクル”そして上質な空間それは心の栄養 : リストランテ カノフィーロ

レストランランキングTOP5000

リストランテ カノフィーロ

(RISTORANTE CANOFILO【旧店名】リストランテ テルツィーナ)

公式情報

お店の営業情報は店舗関係者によって公開されています。

この口コミは、Le vin,la vie.さんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

Le vin,la vie.

Le vin,la vie.(115)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]男性・北海道

29

  • 夜の点数:5.0

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス5.0
    • | 雰囲気5.0
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク5.0
  • 昼の点数:5.0

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス4.5
    • | 雰囲気4.5
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク4.5
  • 使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999¥3,000~¥3,999
29回目

2019/03訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 5.0

札幌のイタリアンリストランテ ”ここへ来ると必ず幸せな気持ちになれる”ますます冴えわたる、小川シェフが創り出す「皿の上での絵画・音楽」”食が育む「幸せ」のサイクル”そして上質な空間それは心の栄養

2019年3月3日、ディナーに伺いました。
春らしい日和、メニューも春らしさが出ていますね。
3月3日ということで、
フランチャコルタのロゼから。
ハマグリとサフランのジェラティーナ、
旨味が出ていますね、黄トマトと穂紫蘇が爽やかな感じを出しています。
次は、フルーティなウンブリアのグレケットで、
ワカサギのエスカベーチェ、りんごと山ワサビ、
バーニャフレッダソースが効いて美味しいですね。
Soaveで、
寒平目のカルパッチョ、ブロッコリーとしらす、オレガノ、
美味しい!ソースもぴったり、春の味ですね。
ヴェネトのトレッビアーノで、
ホタテとウニ、菜の花のアーリオオーリオ タリオリーニ、
美味しいです、小川シェフのパスタ、絶品です。
そしてマルケのアリアティコ、優しい、担任の綺麗な赤ワインで、
知床牛スネ肉の白ワイン煮込み、
ジャガイモのピュレ、フランス産ホワイトアスパラ、
春です、肉がほろほろと崩れていきます。美味しいです!
ボーヌ野寺ポストで食べたブッフ・ブルギニオンを彷彿させます。
グラッパはマローロでチョコ、今日はメープルシロップも入っています。
ドルチェは、
リモンチェッロのババ、黒糖のジェラートとラムレーズン。
今日も本当に美味しかったです。
岡崎さん楽しかったです。
安戸マネージャー、ワイン素晴らしかったです。
そして、小川シェフ、本当に美味しかったです。
仕事の疲れも忘れさせ、楽しい思いができました。
また、お世話になります。

  • リストランテ カノフィーロ - 2019年3月3日のテーブルセット

    2019年3月3日のテーブルセット

  • リストランテ カノフィーロ - 2019年3月3日のメニュー・ディ・セーニャ

    2019年3月3日のメニュー・ディ・セーニャ

  • リストランテ カノフィーロ - フランチャコルタ・ロゼ

    フランチャコルタ・ロゼ

  • リストランテ カノフィーロ - ハマグリとサフランのジェラティーナ

    ハマグリとサフランのジェラティーナ

  • リストランテ カノフィーロ - ウンブリアのグレケット

    ウンブリアのグレケット

  • リストランテ カノフィーロ - ワカサギのエスカベーチェ、リンゴと山ワサビ

    ワカサギのエスカベーチェ、リンゴと山ワサビ

  • リストランテ カノフィーロ - べルターニ・Soave

    べルターニ・Soave

  • リストランテ カノフィーロ - 寒平目のカルパッチョ、ブロッコリーとしらす、オレガノ

    寒平目のカルパッチョ、ブロッコリーとしらす、オレガノ

  • リストランテ カノフィーロ - ヴェネトのトレッビアーノ

    ヴェネトのトレッビアーノ

  • リストランテ カノフィーロ - ホタテとウニ、菜の花のアーリオオーリオ タリオリーニ

    ホタテとウニ、菜の花のアーリオオーリオ タリオリーニ

  • リストランテ カノフィーロ - マルケのアリアティコ

    マルケのアリアティコ

  • リストランテ カノフィーロ - 知床牛スネ肉の白ワイン煮込み

    知床牛スネ肉の白ワイン煮込み

  • リストランテ カノフィーロ - グラッパ・マローロ

    グラッパ・マローロ

  • リストランテ カノフィーロ - 生チョコレート

    生チョコレート

  • リストランテ カノフィーロ - リモンチェッロのババ 黒糖のジェラートとラムレーズン

    リモンチェッロのババ 黒糖のジェラートとラムレーズン

28回目

2019/01訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 5.0
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999

札幌のイタリアンリストランテ ”ここへ来ると必ず幸せな気持ちになれる”ますます冴えわたる、小川シェフが創り出す「皿の上での絵画・音楽」”食が育む「幸せ」のサイクル”そして上質な空間それは心の栄養

2019年1月27日、今年初のカノフィーロです。
ディナーは日曜日なのに満席、賑わっています。
まずはスプマンテで、
リコッタチーズと空豆、ペコリーノロマーノ、
綺麗です、美味しいです。季節は、春?
次は、ヴェネトのモスカート・セッコ、ドライですが、味わいしっかりなワインで、
富有柿のピュレと水牛のモッツアレラ、サンダニエーレプロシュート、
柿のピュレが、どうやるとこんなに柿の味をフルーティに、
そこへミルキィなモッツアレラ、塩分のちょうど良いサンダニエーレプロシュート、
良い組み合わせですね!
そしてカンパーニャのフィアーノ、コーレ・ビアンコ、フルーティでミネラル感のあるワインで、
イカ墨を練りこんだタリオリーニ、ヤリイカとホタテ、タンポポのソース、
小川シェフのパスタ、本当にいつも素晴らしい、タンポポの心地良い苦味が、春?
シチリアはヴルカーノ島の、ネロ・ダヴォラ主体のロゼワイン、いちごの香りの綺麗なワインで、
宮城産カジキマグロのコトレッタ、フルーツトマトのケッカソース、
美味しい、こトレッタへのソースの滲み方が絶妙!
そして、ランゲ・ネッビオーロ、ピノ・ノワールのようでありながら、
タンニンも綺麗に感じるこのワインで、
ピレネー産乳飲み仔羊のアロースト、
美味しい肉です、かすかに羊の味わいを感じるモモ肉と鞍下肉、
キュイソンが見事です。
ジロール茸の旨味、竹炭塩のやさしい塩味、全てが調和します。
グラッパは久しぶりにマローロで、手作りチョコレートをいただき、
ドルチェは、
みかんのソルベ、ヨーグルトのムースとホワイトチョコレートのソース、
みかんのソルベが美味しい!
今日もとっても楽しく上質な時間を過ごすことができました。
安戸支配人、美味しいワインをありがとうございました。
小川シェフ、今日も素晴らしい料理の数々、ありがとうございました。
岡崎さん、安戸支配人、そして、小川シェフ、
今年もよろしくお願いいたします。
また、お世話になります。

  • リストランテ カノフィーロ - 2019年1月27日のテーブルセット

    2019年1月27日のテーブルセット

  • リストランテ カノフィーロ - 2019年1月27日のメニューディセーニャ

    2019年1月27日のメニューディセーニャ

  • リストランテ カノフィーロ - リコッタチーズと空豆、ペコリーノロマーノ

    リコッタチーズと空豆、ペコリーノロマーノ

  • リストランテ カノフィーロ - ヴェネトのモスカート・セッコ

    ヴェネトのモスカート・セッコ

  • リストランテ カノフィーロ - 富有柿のピュレと水牛のモッツアレラ、サンダニエーレプロシュート

    富有柿のピュレと水牛のモッツアレラ、サンダニエーレプロシュート

  • リストランテ カノフィーロ - 手作りフォカッチャ

    手作りフォカッチャ

  • リストランテ カノフィーロ - カンパーニャのフィアーの

    カンパーニャのフィアーの

  • リストランテ カノフィーロ - イカ墨を練りこんだタリオリーニ、ヤリイカとホタテ、タンポポのソース

    イカ墨を練りこんだタリオリーニ、ヤリイカとホタテ、タンポポのソース

  • リストランテ カノフィーロ - シチリアのロゼ、ネロダヴヴォラ主体

    シチリアのロゼ、ネロダヴヴォラ主体

  • リストランテ カノフィーロ - 宮城産カジキマグロのコトレッタ、フルーツトマトのケッカソース

    宮城産カジキマグロのコトレッタ、フルーツトマトのケッカソース

  • リストランテ カノフィーロ - ランゲ・ネッビオーロ

    ランゲ・ネッビオーロ

  • リストランテ カノフィーロ - ピレネー産乳飲み仔羊のアロースト

    ピレネー産乳飲み仔羊のアロースト

  • リストランテ カノフィーロ - 手作り生チョコレート

    手作り生チョコレート

  • リストランテ カノフィーロ - グラッパ・マローロ

    グラッパ・マローロ

  • リストランテ カノフィーロ - みかんのソルベ ヨーグルトのムースとホワイトチョコレートのスープ

    みかんのソルベ ヨーグルトのムースとホワイトチョコレートのスープ

27回目

2018/12訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 5.0

札幌のイタリアンリストランテ ”ここへ来ると必ず幸せな気持ちになれる”ますます冴えわたる、小川シェフが創り出す「皿の上での絵画・音楽」”食が育む「幸せ」のサイクル”そして上質な空間それは心の栄養

2018年12月2日のディナーに伺いました。
今日もスプマンテから。
蒸しダコとササゲ、赤パプリカ、
組み合わせがいいですね、パプリカの優しいピュレにリコッタ、
蒸しダコ、ササゲが合います。ピリッと効いたチリパウダーもアクセントです。
次はとても柔らかなワイン、エミリア・ロマーニャの、
モマ・トレッビアーノ・シャルドネ・ルビコーネで、
水牛のモッツアレラと富有柿、サンダニエーレプロシュート、
美味しいミルキィなモッツアレラ、焼いた富有柿にサンダニエーレプロシュートの旨味、
ワインとの調和が見事です。
プーリアはサレントのシャルドネ、フルーーティなやさしいワインで、
軽く炙ったマグロ キノコのマリネとフルーツトマト、
マグロが美味しいです。
マルケ・ビアンコ・ヴェルディッキオ、ノンフィルターのワインで、
真イカと生海苔、ホウレン草のアーリオオーリオ スパゲッティ、
宮城産の生海苔、菊の花をあしらって、
小川シェフのパスタ、いつもいつも美味しいです、勉強になります。
シチリアのアパッシメント、ネロダボラ・シラー、
甘味、渋味、酸味のバランスの良いワインで、
鹿児島産カルガモのアロースト、
ポロネギ、ゴボウ、足の肉、美味しい、素晴らしい火入れ、
至福の時間です。
ヴェルモットで生チョコレートとギモーブをいただき、
ドルチェは、
ライムのソルベと和梨のコンポスタ、和梨の食感が心地よいです。
今日もとても美味しく楽しかったです。
岡崎さん、楽しかったです。
安戸マネージャー、ワイン素晴らしかったです。
そして、小川シェフ、とっても美味しかったです、ありがとうございました。
また、お世話になります。

  • リストランテ カノフィーロ - 2018年12月2日のテーブルセット

    2018年12月2日のテーブルセット

  • リストランテ カノフィーロ - メニュー・ディ・セーニャ

    メニュー・ディ・セーニャ

  • リストランテ カノフィーロ - 蒸しダコとササゲ、赤パプリカ

    蒸しダコとササゲ、赤パプリカ

  • リストランテ カノフィーロ - エミリア・ロマーニャのMoMA

    エミリア・ロマーニャのMoMA

  • リストランテ カノフィーロ - 水牛のモッツアレラと富有柿、サンダニエーレプロシュート

    水牛のモッツアレラと富有柿、サンダニエーレプロシュート

  • リストランテ カノフィーロ - 手作りフォカッチャ

    手作りフォカッチャ

  • リストランテ カノフィーロ - 軽く炙った本鮪 キノコのマリネとフルーツトマト

    軽く炙った本鮪 キノコのマリネとフルーツトマト

  • リストランテ カノフィーロ - プーリアのシャルドネ

    プーリアのシャルドネ

  • リストランテ カノフィーロ - マルケビアンコ

    マルケビアンコ

  • リストランテ カノフィーロ - 真イカと生海苔、ほうれん草のアーリオオーリオ スパゲッティ

    真イカと生海苔、ほうれん草のアーリオオーリオ スパゲッティ

  • リストランテ カノフィーロ - シチリアのアパッシメント

    シチリアのアパッシメント

  • リストランテ カノフィーロ - 鹿児島産カルガモのアロースト

    鹿児島産カルガモのアロースト

  • リストランテ カノフィーロ - 今日も美味しい生チョコレート

    今日も美味しい生チョコレート

  • リストランテ カノフィーロ - ピオチェザーレのヴェルモット

    ピオチェザーレのヴェルモット

  • リストランテ カノフィーロ - ライムのソルベと和梨のコンポスタ

    ライムのソルベと和梨のコンポスタ

26回目

2018/11訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 5.0
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999

札幌のイタリアンリストランテ ”ここへ来ると必ず幸せな気持ちになれる”ますます冴えわたる、小川シェフが創り出す「皿の上での絵画・音楽」”食が育む「幸せ」のサイクル”そして上質な空間それは心の栄養

2018年11月4日、ディナーに伺いました。
スプマンテで、
人参のムースとシナモンのザラメ、
下にはリコッタチーズ。人参のムース、皮付き人参を炊いたもの、ミルクのカプチーノ、
シナモンのザラメ、上質のオリーヴオイル、アミューズとして素晴らしいです。
次は、シチリアはプラネタのモスカート、アレマンダ、
香りはスウィート、味わいはドライのこのワインで、
水牛のモッツアレラと洋梨、紅茶、
モッツアレラ・ディ・ブーファラに洋ナシを紅茶で煮たもの、
発想の豊かさ、そして見事な仕上がり、美味しいです!
そして、シチリアのアンティリア、
野菜、魚介類、にぴったりの桃や洋ナシの香りのワインで、
松川ガレイのカルパッチョ、ブロッコリーとズワイガニ、オレガノ、
菊の花がアクセント、ズワイガニとブロッコリーのタルタル仕立てが素晴らしい!
そして、アルト・アディジェのギルラン、シャルドネ、バターのニュアンスのこのワインで、
カナダ産松茸とひむか地鶏のアーリオオーリオ フェデリーニ
松茸の香りと食感、ひむか地鶏の香りも!美味しいですね。
そしてチェルバイオーナ・ロッソ、いちごのジャムのような香りの、
タンニンが滑らか、素晴らしい味わいのとろけるようなワインで、
平取短角牛ランプ肉のグリーリア、
上には恵庭産のパレルモ、赤い満願寺のような味わい、
アンチョビとルッコラのソース、キュイソンが素晴らしいです。
肉がとろけ、顔までとろけてしまいます。
そして今日も美味しい手作り生チョコレートを、ピオ・チェザーレのヴェルモットで。
ドルチェは、
ゴルゴンゾーラとくるみのセミフレッド 干し柿のコンポスタ。
今日もとっても美味しかったです。
岡崎さん、楽しかったです。
安戸マネージャー、ワイン美味しかったです。
小川シェフ、今日も素晴らしい時間をありがとうございました。
また、お世話になります。

  • リストランテ カノフィーロ - 2018年11月4日のテーブルセット

    2018年11月4日のテーブルセット

  • リストランテ カノフィーロ - メニュー・ディ・セーニャ

    メニュー・ディ・セーニャ

  • リストランテ カノフィーロ - 人参のムースとシナモンのザラメ

    人参のムースとシナモンのザラメ

  • リストランテ カノフィーロ - シチリアのモスカート

    シチリアのモスカート

  • リストランテ カノフィーロ - 水牛のモッツアレラと洋梨、紅茶

    水牛のモッツアレラと洋梨、紅茶

  • リストランテ カノフィーロ - 今日も美味しい手作りパン

    今日も美味しい手作りパン

  • リストランテ カノフィーロ - シチリアのアンティリア

    シチリアのアンティリア

  • リストランテ カノフィーロ - 松川ガレイのカルパッチョ ブロッコリーとズワイガニ、オレガノ

    松川ガレイのカルパッチョ ブロッコリーとズワイガニ、オレガノ

  • リストランテ カノフィーロ - アルト・アディジェのシャルドネ

    アルト・アディジェのシャルドネ

  • リストランテ カノフィーロ - カナダ産松茸とひむか地鶏のアーリオオーリオ フェデリーニ

    カナダ産松茸とひむか地鶏のアーリオオーリオ フェデリーニ

  • リストランテ カノフィーロ - チェルバイオーナ・ロッソ

    チェルバイオーナ・ロッソ

  • リストランテ カノフィーロ - 平取産短角牛ランプ肉のグリーリア

    平取産短角牛ランプ肉のグリーリア

  • リストランテ カノフィーロ - 手作り生チョコレート

    手作り生チョコレート

  • リストランテ カノフィーロ - ピオ・チェザーレのヴェルモット

    ピオ・チェザーレのヴェルモット

  • リストランテ カノフィーロ - ゴルゴンゾーラのセミフレッド 干し柿のコンポスタ

    ゴルゴンゾーラのセミフレッド 干し柿のコンポスタ

25回目

2018/10訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 5.0
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999

札幌のイタリアンリストランテ ”ここへ来ると必ず幸せな気持ちになれる”ますます冴えわたる、小川シェフが創り出す「皿の上での絵画・音楽」”食が育む「幸せ」のサイクル”そして上質な空間それは心の栄養

2018年10月7日、ディナーに伺いました。
今日はhitaruのこけら落とし「アイーダ」、
その帰りのお客様ばかりで、店内はその内容の話で持ちきりです。
まずは、フェッラーリで、
「リコッタチーズとイクラ バジリコ」
イクラのプティっと潰れる食感がとても心地よいですね。
次はシチリア、サリーナ諸島のマルヴァジアとインツォリアの
スパイシーなニュアンスのワインで、
「柿とアニスのオーブン焼き ペコリーノロマーノと生ハム」
スパイシーさがアニスにぴったりです。
次は、ヴェネトのビオのモスカート、少し渋みまで感じる、
コクのあるワインで、
「軽く炙ったブリ バーニャふレッダソース」
稚内産のブリに、なます感さえある大根のサラダ赤玉ねぎ、
組み合わせの妙です。
そして、アルト・アディジェのケルナー、
トロリンガーとリースリングの交配品種、
ここはすっきりとフルーティなワインで、
「ポルチーニ茸と「フレッシュトマトのペスカトーラロッソ リングイネ」
このパスタ、言葉はいりませんね、小川シェフの真骨頂です、うまい!
そして、プーリア、サレントのバランスの良いプリミーティヴォで、
「道産肥育ホルスタイン バラ肉のアロースト」
マルサラと玉ねぎ、生姜、トスカーナの豆のソースが見事、
プリミーティヴォのほのかな甘さに調和していきます、素晴らしい組み合わせです。
ヴェルモットはピオチェザーレで、生チョコレート、
今日はへベスのマシュマロも入っています。
ドルチェは、「栗のパンナコッタ ほうじ茶のアングレーズソース」
今日もとても心地よい時間と上質な空間で美味しくいただけました。
ホールの岡崎さんありがとうございました。
美味しいワインを安戸マネージャー、ありがとうございました。
そして、小川シェフ、本当に楽しかったです、ありがとうございました。
また、お世話になります。

  • リストランテ カノフィーロ - 2018年10月7日のテーブルセット

    2018年10月7日のテーブルセット

  • リストランテ カノフィーロ - 2018年10月7日のメニュー・ディ・セーニャ

    2018年10月7日のメニュー・ディ・セーニャ

  • リストランテ カノフィーロ - リコッタチーズとイクラ、バジリコ

    リコッタチーズとイクラ、バジリコ

  • リストランテ カノフィーロ - シチリアのマルヴァジア

    シチリアのマルヴァジア

  • リストランテ カノフィーロ - 柿とアニスのオーブン焼き ペコリーノロマーノと生ハム

    柿とアニスのオーブン焼き ペコリーノロマーノと生ハム

  • リストランテ カノフィーロ - 今日も美味しい手作りパン

    今日も美味しい手作りパン

  • リストランテ カノフィーロ - ヴェネトのビオのモスカート

    ヴェネトのビオのモスカート

  • リストランテ カノフィーロ - 軽く炙ったブリ バーニャフレッダソース

    軽く炙ったブリ バーニャフレッダソース

  • リストランテ カノフィーロ - アルトアディジェのケルナー

    アルトアディジェのケルナー

  • リストランテ カノフィーロ - ポルチーニ茸とフレッシュトマトのペスカトーラロッソ リングイネ

    ポルチーニ茸とフレッシュトマトのペスカトーラロッソ リングイネ

  • リストランテ カノフィーロ - プーリア、サレントのプリミーティヴォ

    プーリア、サレントのプリミーティヴォ

  • リストランテ カノフィーロ - 道産肥育ホルスタイン バラ肉のアロースト

    道産肥育ホルスタイン バラ肉のアロースト

  • リストランテ カノフィーロ - ピオチェザーレのヴェルモット

    ピオチェザーレのヴェルモット

  • リストランテ カノフィーロ - 今日も美味しい手作り生チョコレート

    今日も美味しい手作り生チョコレート

  • リストランテ カノフィーロ - 栗のパンナコッタ ほうじ茶のアングレーズソース

    栗のパンナコッタ ほうじ茶のアングレーズソース

24回目

2018/09訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 5.0
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999

札幌のイタリアンリストランテ ”ここへ来ると必ず幸せな気持ちになれる”ますます冴えわたる、小川シェフが創り出す「皿の上での絵画・音楽」”食が育む「幸せ」のサイクル”そして上質な空間それは心の栄養

2018年9月9日、ディナーに伺いました。
激震の後のリストランテ、本当に癒されます。
こんな時でも、小川シェフをはじめ、安戸マネージャー、岡崎さん、
本当に笑顔でむかえていただけます、嬉しいですね。
スプマンテで、
カリフォルニア産黒イチジクと生ハム、
サンダニエーレ産の生ハムと、黒イチジク、美味しいです。
アルト・アディジェのリースリング、フレッシュ感のあるワインで、
蒸しダコと黒オリーヴのマヨネーズ、
タジャスカオリーブとマヨネーズ、いい組み合わせです。
田舎風パンにつけて、見事です。
カンパーニャのフィアーノで、
秋刀魚とフィノッキオのアーリオオーリオ スパゲッティ
今年も秋刀魚、美味しいです、黄トマトの甘味酸味が、美味しい秋刀魚と。
さて、
次はランゲ・ロッソ、フレイザ、キャンティ・クラシコ
二つのワインで、
三元豚のサルシッチャと白ナス、トマトの重ね焼き
美味しいサルシッチャ、ランゲのフルーツ感、ベリー感が見事に合います。
北あかりのニョッキ 天然しめじとアーモンド タレッジョチーズのソース、
島牧の奇跡のしめじ、台風と地震を乗り越えてここまできたしめじ!
キャンティ・クラシコのコーヒーやチョコレートのニュアンスのワインが見事に調和!
ピオ・チェザーレのヴェルモットで、生チョコレート、
トリュフのチョコが、香りが鼻から抜けます。
ドルチェは、
黒糖とバナナ、エスプレッソのティラミス。
今日もこんな状況なのに、
本当に美味しくて楽しくて素敵な時間でした。
岡崎さん、ありがとうございました。
安戸マネージャー、ありがとうございました。
小川シェフ、本当に素晴らしかったです、ありがとうございました。
また、お世話になります。

  • リストランテ カノフィーロ - 2018年9月9日のテーブルセット

    2018年9月9日のテーブルセット

  • リストランテ カノフィーロ - 2018年9月9日のメニュー・ディ・セーニャ

    2018年9月9日のメニュー・ディ・セーニャ

  • リストランテ カノフィーロ - カリフォルニア産黒イチジクと生ハム

    カリフォルニア産黒イチジクと生ハム

  • リストランテ カノフィーロ - アルト・アディジェのリースリング

    アルト・アディジェのリースリング

  • リストランテ カノフィーロ - 蒸しダコと黒オリーヴのマヨネーズ

    蒸しダコと黒オリーヴのマヨネーズ

  • リストランテ カノフィーロ - イタリアの田舎風パン

    イタリアの田舎風パン

  • リストランテ カノフィーロ - カンパーニャのフィアーノ

    カンパーニャのフィアーノ

  • リストランテ カノフィーロ - 秋刀魚とフィノッキオのアーリオオーリオ スパゲッティ

    秋刀魚とフィノッキオのアーリオオーリオ スパゲッティ

  • リストランテ カノフィーロ - ランゲ・ロッソ

    ランゲ・ロッソ

  • リストランテ カノフィーロ - キャンティ・クラシコ

    キャンティ・クラシコ

  • リストランテ カノフィーロ - 三元豚のサルシッチャと白ナス、トマトの重ね焼き

    三元豚のサルシッチャと白ナス、トマトの重ね焼き

  • リストランテ カノフィーロ - 北あかりのニョッキ 天然しめじとアーモンド タレッジョチーズのソース

    北あかりのニョッキ 天然しめじとアーモンド タレッジョチーズのソース

  • リストランテ カノフィーロ - グラッパ

    グラッパ

  • リストランテ カノフィーロ - 生チョコレート

    生チョコレート

  • リストランテ カノフィーロ - 黒糖とバナナ、エスプレッソのティラミス

    黒糖とバナナ、エスプレッソのティラミス

23回目

2018/08訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 5.0
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999

札幌のイタリアンリストランテ ”ここへ来ると必ず幸せな気持ちになれる”ますます冴えわたる、小川シェフが創り出す「皿の上での絵画・音楽」”食が育む「幸せ」のサイクル”そして上質な空間それは心の栄養

2018年8月13日、ディナーに伺いました。
札幌のイタリアンではもちろん、
東京から帰ってきても、やはり、イタリアンではここがベスト、
小川シェフのお料理は群を抜いています。
スプマンテで、
赤パプリカのムースと水牛のモッツアレラ、
ほのかな甘味と塩味、絶妙、キャビアものっています。
次はフレッシュなミネラル感のあるトレッビアーノで、
モンサンミッシェル産ムール貝と小松菜、焼きなすのおひたし、
美味しい・・・、スープが・・・・、美味しいです。
カンパーニャのフィアーノ・グレコ、すっきりとした爽やかなワインで、
釧路産牡蠣のクルード、ガスパチョのソース、
これもまた、素晴らしい組み合わせ、美味しさの饗宴です。
花咲蟹とズッキーニ、サフランのソース ルマッコー二、
難しいと思いきや、アルト・アディジェのロゼ、
なぜか日記のニュアンスのこのワインが調和を呼びます。
そして、トスカーナのカンノナウとアリカンテで、
仔羊肩ロース肉のグリーリアと万願寺唐辛子、
ンドゥイヤの辛さが、アクセントに、美味しいです。
そして今日も生チョコ、
今日は、ブルーキュラソーとレモンのマシュマロも。
ドルチェは、
ライチのソルベとフロマージュブラン、黒糖のジェラティーナ。
本当に今日も美味しくて楽しくて素晴らしい時間でした。
安戸マネージャー、ありがとうございました。
小川シェフ、今日も本当に楽しかったです、ありがとうございました。
また、お世話になります。

  • リストランテ カノフィーロ - 2018年8月13日のテーブルセット

    2018年8月13日のテーブルセット

  • リストランテ カノフィーロ - 2018年8月13日のメニュー・ディ・セーニャ

    2018年8月13日のメニュー・ディ・セーニャ

  • リストランテ カノフィーロ - 赤パプリカのムースと水牛のモッツアレラ

    赤パプリカのムースと水牛のモッツアレラ

  • リストランテ カノフィーロ - シシリアのトレッビアーノ

    シシリアのトレッビアーノ

  • リストランテ カノフィーロ - モンサンミッシェル産ムール貝と小松菜、焼きナスのおひたし

    モンサンミッシェル産ムール貝と小松菜、焼きナスのおひたし

  • リストランテ カノフィーロ - 今日も美味しい手作りパン

    今日も美味しい手作りパン

  • リストランテ カノフィーロ - マルケのフィアーノ・グレコ

    マルケのフィアーノ・グレコ

  • リストランテ カノフィーロ - 釧路産牡蠣のクルード ガスパチョのソース

    釧路産牡蠣のクルード ガスパチョのソース

  • リストランテ カノフィーロ - アルト・アディジェのロゼ

    アルト・アディジェのロゼ

  • リストランテ カノフィーロ - 花咲蟹とズッキーニ、サフランのソース ルマッコー二

    花咲蟹とズッキーニ、サフランのソース ルマッコー二

  • リストランテ カノフィーロ - トスカーナのカンノナウ・アリカンテ

    トスカーナのカンノナウ・アリカンテ

  • リストランテ カノフィーロ - スープ

    スープ

  • リストランテ カノフィーロ - 仔羊肩ロース肉のグリーリアと万願寺唐辛子

    仔羊肩ロース肉のグリーリアと万願寺唐辛子

  • リストランテ カノフィーロ - グラッパ

    グラッパ

  • リストランテ カノフィーロ - 今日も美味しい手作り生チョコレート

    今日も美味しい手作り生チョコレート

  • リストランテ カノフィーロ - ライチのソルベとフロマージュブラン 黒糖のジェラティーナ

    ライチのソルベとフロマージュブラン 黒糖のジェラティーナ

22回目

2018/07訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 5.0
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999

札幌のイタリアンリストランテ ”ここへ来ると必ず幸せな気持ちになれる”ますます冴えわたる、小川シェフが創り出す「皿の上での絵画・音楽」”食が育む「幸せ」のサイクル”そして上質な空間それは心の栄養

2018年7月10日、ディナーに伺いました。
今日もスプマンテから。
「真ダコとオクラ、愛南ゴールド」
上にキャビアが・・・・、美味しいです。
次はフルーティなトレッビアーノ・ダブルッツオで、
宮崎産アップルマンゴーとサンダニエーレプロシュート、
”生ハムマンゴー”、素晴らしい!
酸味がほどよく、野菜のニュアンスのランゲ・シャルドネで、
シマゾイのアルフォルノ 花咲蟹とトマト、バジリコのケッカソース、
盛り付けが素晴らしい、魚のキュイソン、ケッカソースがまとめます、見事です。
カンパーニャのフィアーノとグレコのブレンドで、
北寄と真イカ、キュウリのソース フェデリーニ、
小川シェフのパスタ、いつもいつも素晴らしいです、
蜂蜜のニュアンスとアロマティックなワインが見事に寄り添います。
トスカーナのアリカンテ、力強いが、タンニンが滑らかでフィネスを感じるワインで、
平取産短角牛サーロインのグリーリア、
美味しいです、牛肉の旨味、焼き方が素晴らしい!
そしてピオ・チェザーレのヴェルモットで、生チョコレート、
今日はブルーキュラソーとレモンのマシュマロも入っています。
そしてデザート2種、
本当に今日も美味しかった。
安戸マネージャー、ワイン流石でした。
小川シェフ、今日も素晴らしいお料理、ありがとうございました。
また、お世話になります。

  • リストランテ カノフィーロ - 2018年7月10日のテーブルセット

    2018年7月10日のテーブルセット

  • リストランテ カノフィーロ - 2018年7月10日のメニュー・ディ・セーニャ

    2018年7月10日のメニュー・ディ・セーニャ

  • リストランテ カノフィーロ - 真ダコとオクラ 愛南ゴールド

    真ダコとオクラ 愛南ゴールド

  • リストランテ カノフィーロ - 宮崎さんアップルマンゴーとサンダニエーレプロシュート

    宮崎さんアップルマンゴーとサンダニエーレプロシュート

  • リストランテ カノフィーロ - トレッビアーノ・ダブルッツオ

    トレッビアーノ・ダブルッツオ

  • リストランテ カノフィーロ - 今日も美味しい手作りフォカッチャ

    今日も美味しい手作りフォカッチャ

  • リストランテ カノフィーロ - シマゾイのアルフォルノ 花咲ガニとトマト バジリコのケッカソース

    シマゾイのアルフォルノ 花咲ガニとトマト バジリコのケッカソース

  • リストランテ カノフィーロ - ランゲ・シャルドネ

    ランゲ・シャルドネ

  • リストランテ カノフィーロ - カンパーニャのフィアーノとグレコ

    カンパーニャのフィアーノとグレコ

  • リストランテ カノフィーロ - 北寄と真イカ、キュウリのソース フェデリーニ

    北寄と真イカ、キュウリのソース フェデリーニ

  • リストランテ カノフィーロ - トスカーナのアリカンテ

    トスカーナのアリカンテ

  • リストランテ カノフィーロ - 平取産短角牛サーロインのグリーリア

    平取産短角牛サーロインのグリーリア

  • リストランテ カノフィーロ - ピオ・チェザーレのヴェルモット

    ピオ・チェザーレのヴェルモット

  • リストランテ カノフィーロ - 今日も美味しい生チョコレート

    今日も美味しい生チョコレート

  • リストランテ カノフィーロ - シェフからのデザート

    シェフからのデザート

  • リストランテ カノフィーロ - それを開いて

    それを開いて

  • リストランテ カノフィーロ - パッションフルーツのソルベ ヨーグルトのスープと大葉 チョコレートのジェラティーナ

    パッションフルーツのソルベ ヨーグルトのスープと大葉 チョコレートのジェラティーナ

21回目

2018/06訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 5.0
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999

札幌のイタリアンリストランテ ”ここへ来ると必ず幸せな気持ちになれる”ますます冴えわたる、小川シェフが創り出す「皿の上での絵画・音楽」”食が育む「幸せ」のサイクル”そして上質な空間それは心の栄養

2018年6月10日、ディナーに伺いました。
札幌はヨサコイで大賑わいです。
落ち着いた静かな店内、いいですね。
スプマンテで、
笹竹のバーニャカウダ。
ほっくりとした笹竹に、バーニャフレッダソース、カレー粉もアクセントです。
美味しいですね、一捻り、いや二捻り?
次はエミリア・ロマーニャのファモーゾ、
スイカの香り、安戸マネージャー曰く、「ラムネ」で、
夕張メロンとサンダニエーレプロシュート、
サンブッカとアニスの香りがいいです、毎年このお料理、進化して行きます。
ラツィオのパッセリーナ、ビオですが、綺麗なオレンジワイン、
しっかりとシュル・リーを感じます。
平目のカルパッチョ フルーツトマトと蝦蛄、山ワサビ、
・・・・、この組み合わせ、見事です、美味しいです!
フリウリのシャルドネ、ブルゴーニュのようなミネラル感のあるシャルドネで、
トキシラズとズッキーニのソース フジッリ、
小川シェフのパスタ、いつも驚かされます、感動させられます、
この組み合わせの妙、美味しさ、ワインが進みます。
ピエモンテのドリアーニ、ボルドー右岸のような味わい、さらに綺麗なタンニン、そのワインで、
江別産奄夢豚肩ロース肉のグリーリア、
じゃがいもとカシスマスタードのピュレ、ポルチーニキノコの塩、
トスカーナのオリーヴオイル、
そして見事なキュイソンのお肉、素晴らしい演出と味わい、美味しいですね。
ピオチェザーレのヴェルモットとりんごのグラッパで、
生チョコレート、今日はカンパリとグレープフルーツもあります、いつも美味しいです。
ドルチェは、黒糖とバナナのジェラート ココナッツのスープとライチ、
生のライチ、食感も味わいも優しくて全く冷凍とは違います。
今日も本当に素晴らしい時間でした。
美味しい時間でした、上質な時間でした、リラックスできた時間でした。
安戸マネージャー、ありがとうございました。
そして、小川シェフ、ありがとうございました、
また、お世話になります。

  • リストランテ カノフィーロ - 2018年6月10日のテーブルセット

    2018年6月10日のテーブルセット

  • リストランテ カノフィーロ - 2018年6月10日のメニュー・ディ・セーニャ

    2018年6月10日のメニュー・ディ・セーニャ

  • リストランテ カノフィーロ - 笹竹のバーニャカウダ

    笹竹のバーニャカウダ

  • リストランテ カノフィーロ - エミリア・ロマーニャのファモーゾ

    エミリア・ロマーニャのファモーゾ

  • リストランテ カノフィーロ - 夕張メロンとサンダニエーレプロシュート

    夕張メロンとサンダニエーレプロシュート

  • リストランテ カノフィーロ - ラツィオのパッセリーナ

    ラツィオのパッセリーナ

  • リストランテ カノフィーロ - 平目のカルパッチョ フルーツトマトと蝦蛄、山ワサビ

    平目のカルパッチョ フルーツトマトと蝦蛄、山ワサビ

  • リストランテ カノフィーロ - フリウリのシャルドネ

    フリウリのシャルドネ

  • リストランテ カノフィーロ - トキシラズとズッキーニのソース フジッリ

    トキシラズとズッキーニのソース フジッリ

  • リストランテ カノフィーロ - ピエモンテのドリアーニ

    ピエモンテのドリアーニ

  • リストランテ カノフィーロ - 江別産奄夢豚 肩ロースのグリーリア1

    江別産奄夢豚 肩ロースのグリーリア1

  • リストランテ カノフィーロ - 江別産奄夢豚肩ロースのグリーリア2

    江別産奄夢豚肩ロースのグリーリア2

  • リストランテ カノフィーロ - トスカーナのオリーヴオイル

    トスカーナのオリーヴオイル

  • リストランテ カノフィーロ - ピオチェザーレのヴェルモット

    ピオチェザーレのヴェルモット

  • リストランテ カノフィーロ - りんごのグラッパ

    りんごのグラッパ

  • リストランテ カノフィーロ - 生チョコレート

    生チョコレート

  • リストランテ カノフィーロ - 黒糖とバナナのジェラート ココナッツのスープとライチ

    黒糖とバナナのジェラート ココナッツのスープとライチ

20回目

2018/05訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 5.0
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999

札幌のイタリアンリストランテ ”ここへ来ると必ず幸せな気持ちになれる”ますます冴えわたる、小川シェフが創り出す「皿の上での絵画・音楽」”食が育む「幸せ」のサイクル”そして上質な空間それは心の栄養

2018年の5月12日、ディナーに伺いました。
ゴールデンウィークも終わり落ち着いた札幌です。
まずはスプマンテで、
チェーチとヤングコーン、ウニのソース、
軽くあぶったヤングコーンの下にひよこ豆のピュレとウニのソース、
食感味わい旨み、三拍子揃って、美味しい!
トレンティーノ・アルト・アディジェのケルナー、
レモンの香り、余韻にほのかな感じの良い苦味、フルーティー感、そんなワインで、
水牛のモッツアレラとフルーツトマト、生ハム、
モッツアレラのミルキィ間にサンダニエーレ産の生ハムの旨味、
宮崎産のフルーツトマト、大葉、下にはいちごのピュレ、
どれだけの工夫と仕事の積み重ねの美味しさ、素晴らしいですね。
そして、ウマ二・ロンキのヴェルディッキオ、フレッシュな白い花の香りのワインで、
平目のカルパッチョ 水ナスとボッタルガ、
ミルフィーユ仕立てです。丁寧な仕事ですね、
水ナスと平目をボッタルガがまとめます、美味しいです。
アルト・アディジェのシャルドネ、フレッシュな酸でまろやかな味わいのワインで、
静岡産桜海老と空豆のアーリオオーリオ リングイネ
桜海老とフランス産の空豆、オレンジ色のトマト、色も綺麗、味も綺麗にまとまり、
旨みが口の中へ、美味しいですね。
トスカーナのキャンティ・クラシコ、綺麗なサンジョヴェーゼ、
ネッビオーロのような色合い、でも滑らかなタンニンと心地よい甘味がサンジョヴェーゼ、
この美味しいワインで、
ピエモンテ産仔牛サガリのグリーリア 新玉葱とアンチョビ、
上野はたっぷりのサマー・トリュフが・・・・!
結構香りのあるサマー・トリュフです。
焼き加減の見事な美味しい肉に美味しいソース、マコモ茸の食感もアクセント、
トリュフがそれをまとめます、ワインが美味しさを増します。
食後酒は、ピオ・チェザーレのヴェルモット、ヴィン・サントのような美味しいお酒で、
生チョコレート、今日は桜、花びらまでついて、美味しいチョコレートです。
ドルチェは、
ダージリンのティラミス マンゴーのジェラートをのせて、
今日も大変美味しくいただきました。
安戸マネージャー、ありがとうございました、ワイン美味しかったです。
小川シェフ、今日も素晴らしかったです、楽しかったです、ありがとうございました。
また、お世話になります。

  • リストランテ カノフィーロ - 2018年5月12日のテーブルセット

    2018年5月12日のテーブルセット

  • リストランテ カノフィーロ - 2018年5月12日のメニュー・ディ・セーニャ

    2018年5月12日のメニュー・ディ・セーニャ

  • リストランテ カノフィーロ - チェーチとヤングコーン、ウニのソース

    チェーチとヤングコーン、ウニのソース

  • リストランテ カノフィーロ - アルト・アディジェのケルナー

    アルト・アディジェのケルナー

  • リストランテ カノフィーロ - 水牛のモッツアレラとフルーツトマト、生ハム

    水牛のモッツアレラとフルーツトマト、生ハム

  • リストランテ カノフィーロ - 今日も美味しい手作りパン

    今日も美味しい手作りパン

  • リストランテ カノフィーロ - ウマニ・ロンキのヴェルディッキオ

    ウマニ・ロンキのヴェルディッキオ

  • リストランテ カノフィーロ - 平目のカルパッチョ 水ナスとボッタルガ

    平目のカルパッチョ 水ナスとボッタルガ

  • リストランテ カノフィーロ - アルト・アディジェのシャルドネ

    アルト・アディジェのシャルドネ

  • リストランテ カノフィーロ - 静岡産桜海老と空豆のアーリオオーリオ リングイネ

    静岡産桜海老と空豆のアーリオオーリオ リングイネ

  • リストランテ カノフィーロ - トスカーナのキャンティ

    トスカーナのキャンティ

  • リストランテ カノフィーロ - ピエモンテ産仔牛サガリのグリーリア 新玉葱とアンチョビ

    ピエモンテ産仔牛サガリのグリーリア 新玉葱とアンチョビ

  • リストランテ カノフィーロ - ピオ・チェザーレのヴェルモット

    ピオ・チェザーレのヴェルモット

  • リストランテ カノフィーロ - 今日も美味しい生チョコレート

    今日も美味しい生チョコレート

  • リストランテ カノフィーロ - ダージリンのティラミス マンゴーのジェラートをのせて

    ダージリンのティラミス マンゴーのジェラートをのせて

19回目

2018/04訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 5.0
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999

札幌のイタリアンリストランテ ”ここへ来ると必ず幸せな気持ちになれる”ますます冴えわたる、小川シェフが創り出す「皿の上での絵画・音楽」”食が育む「幸せ」のサイクル”そして上質な空間それは心の栄養

2018年4月14日、ディナーに伺いました。
今日も満席です。
まずはスプマンテで、
「生ハムのムース ブルスケッタ、春パパイアとブッラータ」
春パパイアのフルーティーさ、ミルキィなブッラータの組み合わせ、
そして生ハムとは似て非なるものの生ハムのムースがブルスケッタの上に、
生ハムの旨みが凝縮されているムース、素晴らしいアペリティフです。
ロンバルディアのルガーノ、トレッビアーノ、すっきりとした酸味の柑橘系の香りのワインで、
「本マグロとホタテ、毛蟹のタルタル」
美味しいものの組み合わせ、春が旬のホタテ、毛蟹、空豆、美味しいですね。
次はフリウリのマニョーリア、黄色い果実の香りの美味しいワインで、
「真鯛とタンポポ、青さのりのソース タリオリーニ」
青さのりの香りがたまりません、そこに真鯛の美味しさが、
フランス産タンポポのかすかな苦味、春です、見事です。
そして、モンテプルツィアーノ・ダブルッツオ・ダミジャーナ・ラバスコ、
まるでパッシートされたかのような、深い味わいのワインです。
「ピエモンテ産仔牛タンのグリーリア ふきのとうのサルサヴェルデ」
タンの焼き加減がたまりません、お肉の美味しさを最大限に引き出します。
そこにふきのとうのサルサヴェルデ、春のアクセント!
今日はここからミネストラ、
モリナーラ100%のヴェネトのロゼ、
ミネラル感があり、プチプチ感もある苺の香りのこのロゼワインで、
「ひむか地鶏と大麦のミネストラ」
やさいい味ながらしっかりとひむか地鶏の旨味が、大麦の食感もとてもいいですね、美味しい!
グラッパは最後のマローロで今日も生チョコレート、
黒胡麻、カフェモカ、薔薇、トマト、抹茶、醤油、メープル、
そして追加のピスタチオ、いいですね。
ドルチェはあっさりと、
「アプリコットのソルベ 紅茶のソースとキウイ」
今日もとっても美味しくいただきました。
楽しくて上質な時間。
安戸マネージャー、ありがとうございました。
そして小川シェフ、今日のクリエイションも素晴らしかったです、美味しかったです。
ありがとうございました、また、お世話になります。

  • リストランテ カノフィーロ - 2018年4月14日のテーブルセット

    2018年4月14日のテーブルセット

  • リストランテ カノフィーロ - 2018年4月14日のメニュー・ディ・セーニャ

    2018年4月14日のメニュー・ディ・セーニャ

  • リストランテ カノフィーロ - 生ハムのムース ブルスケッタ、春パパイアとブッラータ

    生ハムのムース ブルスケッタ、春パパイアとブッラータ

  • リストランテ カノフィーロ - ロンバルディアのルガーナ

    ロンバルディアのルガーナ

  • リストランテ カノフィーロ - 本マグロとホタテ、毛蟹のタルタル

    本マグロとホタテ、毛蟹のタルタル

  • リストランテ カノフィーロ - 今日も美味しい手作りパン

    今日も美味しい手作りパン

  • リストランテ カノフィーロ - フリウリのマニョーリア

    フリウリのマニョーリア

  • リストランテ カノフィーロ - 真鯛とタンポポ、青さのりのソース タリオリーニ

    真鯛とタンポポ、青さのりのソース タリオリーニ

  • リストランテ カノフィーロ - モンテプルチアーノ・ダブルッツオ

    モンテプルチアーノ・ダブルッツオ

  • リストランテ カノフィーロ - ピエモンテ産仔牛タンのグリーリア ふきのとうのサルサヴェルデ

    ピエモンテ産仔牛タンのグリーリア ふきのとうのサルサヴェルデ

  • リストランテ カノフィーロ - ヴェネトのロゼ モリナーラ100%

    ヴェネトのロゼ モリナーラ100%

  • リストランテ カノフィーロ - ひむか地鶏と大麦のミネストラ

    ひむか地鶏と大麦のミネストラ

  • リストランテ カノフィーロ - グラッパ・マローロ

    グラッパ・マローロ

  • リストランテ カノフィーロ - 今日も美味しい生チョコレート

    今日も美味しい生チョコレート

  • リストランテ カノフィーロ - 追加のチョコレート、ピスタチオ

    追加のチョコレート、ピスタチオ

  • リストランテ カノフィーロ - アプリコットのソルベ 紅茶のソースとキウイ

    アプリコットのソルベ 紅茶のソースとキウイ

18回目

2018/03訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 5.0
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999

札幌のイタリアンリストランテ ”ここへ来ると必ず幸せな気持ちになれる”ますます冴えわたる、小川シェフが創り出す「皿の上での絵画・音楽」”食が育む「幸せ」のサイクル”そして上質な空間それは心の栄養

2018年3月17日、ディナーに伺いました。
満席です。
スプマンテで、
「パースニップのムース ウニのソース」
パースニップのチップスが上に乗っています。
ほのかに甘みのあるムースにウニの旨味、
チップスにはニッキの香りさえ感じます、美味しいですね。
次は、ヴェルナッチャ・ディ・サンジミニャーノで、
「スモーキィな水牛のモッツアレラとトマトのクーリー」
薪でスモークしたモッツアレラ、香りがいいです、
ミルキィさもしっかりと残っていて、トマトのクーリーとの相性もバッチリです。
オリーヴオイルとバジリコがアクセント、仕事もお味も見事!
そして、
リグーリアのマッタオス、ミネラル感たっぷりのこのワインに、
「ハタのカルパッチョ ブロッコリーとしらす、オレガノ」
旨味のあるハタに、ブロッコリーを細かく刻みしらすとともに、
そして野生のオレガノ、美味しい!ワインにぴったり!
そこへ、
ドルチェット・ダルバ、イチゴのジャム感のあるワインに、
「フランス産仔羊のラグーと空豆のソース キタッラ」
空豆の香りと味わいを生かすためにラグーはあえて薄味、
その上品な味わい、ドルチェット・ダルバが染み込みます。
さらに、
ウンブリアのモンテファルコ・ロッソ、
貴重なサグランティーノに、
「平取牛モモ肉とタケノコのグリーリア」
何と、氷温で30日間熟成させた肉、あえてシンプルにグリーリア、
美味しい、肉の旨味、脂身と赤身の調和、甘ささえ感じます。
ポルチーニ茸の塩を添えるとまた、違う旨味、
そこへモンテファルコ・・・、はい。見事!
グラッパはマローロで、今日も美味しい生チョコレート。
今日はメープルも入っています。
ドルチェは、
「ゴルゴンゾーラとくるみのセミフレッド キンカンのコンポスタとハチミツ」
キンカン、美味しいです。
今日も美味しく楽しく上質な時間を過ごすことができました。
美味しいワイン、安戸マネージャー、ありがとうございました。
そして、小川シェフ、今日も素晴らしかったです、ありがとうございました。
また、お世話になります。

  • リストランテ カノフィーロ - 2018年3月17日のテーブルセット

    2018年3月17日のテーブルセット

  • リストランテ カノフィーロ - 2018年3月17日のメニュー・ディ・セーニャ

    2018年3月17日のメニュー・ディ・セーニャ

  • リストランテ カノフィーロ - パースニップのムース ウニのソース

    パースニップのムース ウニのソース

  • リストランテ カノフィーロ - スモーキィな水牛のモッツアレラとトマトのクーリー

    スモーキィな水牛のモッツアレラとトマトのクーリー

  • リストランテ カノフィーロ - ヴェルナッチャ・ディ・サンジミニャーノ

    ヴェルナッチャ・ディ・サンジミニャーノ

  • リストランテ カノフィーロ - 今日も美味しい手作りパン

    今日も美味しい手作りパン

  • リストランテ カノフィーロ - ハタのカルパッチョ ブロッコリーとしらす、オレガノ

    ハタのカルパッチョ ブロッコリーとしらす、オレガノ

  • リストランテ カノフィーロ - リグーリアのマッタオス

    リグーリアのマッタオス

  • リストランテ カノフィーロ - ドルチェット・ダルバ

    ドルチェット・ダルバ

  • リストランテ カノフィーロ - フランス産仔羊のラグーと空豆のソース キタッラ

    フランス産仔羊のラグーと空豆のソース キタッラ

  • リストランテ カノフィーロ - ウンブリアのモンテファルコ・ロッソ

    ウンブリアのモンテファルコ・ロッソ

  • リストランテ カノフィーロ - 平取牛モモ肉とタケノコのグリーリア

    平取牛モモ肉とタケノコのグリーリア

  • リストランテ カノフィーロ - ポルチーニ茸塩

    ポルチーニ茸塩

  • リストランテ カノフィーロ - グラッパ・マローロ

    グラッパ・マローロ

  • リストランテ カノフィーロ - 2018年3月17日の生チョコレート

    2018年3月17日の生チョコレート

  • リストランテ カノフィーロ - ゴルゴンゾーラとくるみのセミフレッド キンカンのコンポスタとハチミツ

    ゴルゴンゾーラとくるみのセミフレッド キンカンのコンポスタとハチミツ

17回目

2018/02訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 5.0
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999

札幌のイタリアンリストランテ ”ここへ来ると必ず幸せな気持ちになれる”ますます冴えわたる、小川シェフが創り出す「皿の上での絵画・音楽」”食が育む「幸せ」のサイクル”そして上質な空間それは心の栄養

2018年2月17日、ディナーに伺いました。
まずはスプマンテで、
「真ダコと菜の花、リコッタチーズ」
上にとびっこがのっています。
イタリアンです。リコッタが豆腐なら和食ですよね、でもイタリアンです。
美味しいです。
次はトスカーナのヴィオニエ、まろやかな酸味の白い花を感じるワインで、
「ビーツのフリットとローズマリーの塩 ペコリーノトスカーノ」
同じ畑のビーツとローズマリーの組み合わせ、
同じ産地のワインとチーズ、テロワールのお味ですね。見事です。
ビーツのフリット、美味しいです。
フリウリのフリウラーノ、バランスの良いワインです。
酸味と甘味、果実味、心地よいです。
「ノルウェーサーモンのクルード 日向夏と山ワサビ」
美味しいサーモンの味を生かす日向夏、山ワサビ、塩加減、オイル、
ワインとの絶妙な相性、素晴らしいですね。
プーリアはサレントのプリミーティヴォ、
パッシートされたような、でもオイリィさを感じます。
ブラインドで香りだけだと、リースリング?
甘味と酸味のバランスの良い、滑らかなタンニンの心地よいワインで、
「宮崎産猪のラグートセリ、タンポポ リガトーニ」
美味しいジビエのラグーにセリの旨味、フランス産タンポポにほのかな苦味、
春まで感じる組み合わせです。小川シェフのパスタですね、美味しいです。
トスカーナはマストロヤンニのサン・ピオ、
とっても美味しいワインで、
「トスカーナ産キアナ牛のタリアータ」
金針菜、芽キャベツがアクセント、
キアナ牛の噛み応え、いいですね、美味しい牛肉のお味です。
フィレンツェのTボーンステーキより、
もちろん小川シェフのタリアータ、口の中はイタリアのフィレンツェです。
グラッパはマローロで生チョコレートをいただきます。
今日はチョコブラウニーもついています。
ドルチェは、
「ピスタチオのパンナコッタ 牛乳のグラニータと苺のソース」
パンナコッタが美味しい!
本当に今日も楽しく美味しく上質な時間でした。
安戸マネージャー、ワイン美味しかったです。
小川シェフ、今日も素晴らしかったです、ありがとうございました。
また、お世話になります。

  • リストランテ カノフィーロ - 2018年2月17日のテーブルセット

    2018年2月17日のテーブルセット

  • リストランテ カノフィーロ - 2018年2月17日のメニュー・ディ・セーニャ

    2018年2月17日のメニュー・ディ・セーニャ

  • リストランテ カノフィーロ - 真ダコと菜の花、リコッタチーズ

    真ダコと菜の花、リコッタチーズ

  • リストランテ カノフィーロ - ビーツのフリットとローズマリーの塩 ペコリーノトスカーノ

    ビーツのフリットとローズマリーの塩 ペコリーノトスカーノ

  • リストランテ カノフィーロ - トスカーナのヴィオニエ

    トスカーナのヴィオニエ

  • リストランテ カノフィーロ - 今日も美味しい手作りパン

    今日も美味しい手作りパン

  • リストランテ カノフィーロ - フリウリのフリウラーノ

    フリウリのフリウラーノ

  • リストランテ カノフィーロ - ノルウェーサーモンのクルード 日向夏と山ワサビ

    ノルウェーサーモンのクルード 日向夏と山ワサビ

  • リストランテ カノフィーロ - プーリア、サレントのプリミーティヴォ

    プーリア、サレントのプリミーティヴォ

  • リストランテ カノフィーロ - 宮崎産猪のラグーとセリ、タンポポ リガトーニ

    宮崎産猪のラグーとセリ、タンポポ リガトーニ

  • リストランテ カノフィーロ - トスカーナ、マストロヤンニ・サン・ピオ

    トスカーナ、マストロヤンニ・サン・ピオ

  • リストランテ カノフィーロ - トスカーナ産キアナ牛のタリアータ

    トスカーナ産キアナ牛のタリアータ

  • リストランテ カノフィーロ - グラッパ・マローロ

    グラッパ・マローロ

  • リストランテ カノフィーロ - 2018年2月17日の生チョコレート

    2018年2月17日の生チョコレート

  • リストランテ カノフィーロ - ピスタチオのパンナコッタ 牛乳のグラニータと苺のソース

    ピスタチオのパンナコッタ 牛乳のグラニータと苺のソース

16回目

2018/01訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 5.0
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999

札幌のイタリアンリストランテ ”ここへ来ると必ず幸せな気持ちになれる”ますます冴えわたる、小川シェフが創り出す「皿の上での絵画・音楽」”食が育む「幸せ」のサイクル”そして上質な空間それは心の栄養

2018年1月27日のディナーに伺いました。
2018年初のカノフィーロです。
まずはスプマンテで、
「リコッタチーズとあまおう、ロックフォール」
ロックフォールがフレッシュなイチゴに合ってしまうなんて。
美味しいです。
カンテのヴィトヴスカ、ミネラリックなワインで、
「本マグロとイヨカン 生ハム」
本マグロをコラトゥーラにつけて、生ハムを巻き中にはイヨカン、
素晴らしい発想と、美味しい組み合わせ、見事です。
次はフリウリの珍しい、ネコティウムの綺麗な酸のシャルドネで、
「知内産一番ニラを巻いた真鯛のアルフォルノ」
一番ニラ、良い香りです。上には毛ガニとトマトとミョウガの和え物がのっています。
なんと素晴らしい香りに味わい、これまた見事です。
料理の間にイタリアのコリアンダーのビール、何かグラニテのニュアンス、美味しいですね。
プラネタのモスカート、熟成が進みドライな味わいのワインで、
「ハマグリと菜の花 リゾット」
・・・・・・、美味しい。
シチリアのヴィーノ・ディ・アンナ、
ブラインドで出されたら、絶対のブルゴーニュのピノ、と答えてしまいそうな、
深いイチゴのジャムの香りの美味しいワインで、
「ブレス鶏のポッリート」
肉も美味しいですが、スープが美味しい!
ワインとの相性最高です。
そこへメニューにないスペシャリテ、
ブレス鶏のスープを使いビアンケットトリュフをのせたパスタ、
なんという香り・・・・、
そこへサルディーニャのカリニャーノ、
ボルドーのようなワインが見事に調和します。
本当に幸せな気持ちです。
グラッパはマローロで、今日も美味しい生チョコレート、
トリュフが口の中に広がります。
ドルチェは、
「ココナッツのジェラートとグレープフルーツ タイムのクリスタル」
エスプレッソをいただき、今日も本当に美味しかったです。
安戸マネージャー、ワイン、美味しかったです。
小川シェフ、今年も最初から素晴らしいお料理、
本当に美味しくて楽しかったです、ありがとうございました。
また、お世話になります。

  • リストランテ カノフィーロ - 2018年1月27日のテーブルセット

    2018年1月27日のテーブルセット

  • リストランテ カノフィーロ - 2018年1月27日のメニュー・ディ・セーニャ

    2018年1月27日のメニュー・ディ・セーニャ

  • リストランテ カノフィーロ - リコッタチーズとあまおう、ロックフォール

    リコッタチーズとあまおう、ロックフォール

  • リストランテ カノフィーロ - フリウリ、カンテのヴィトヴス

    フリウリ、カンテのヴィトヴス

  • リストランテ カノフィーロ - 本マグロとイヨカン、生ハム

    本マグロとイヨカン、生ハム

  • リストランテ カノフィーロ - 今日も美味しい手作りパン

    今日も美味しい手作りパン

  • リストランテ カノフィーロ - フリウリのシャルドネ

    フリウリのシャルドネ

  • リストランテ カノフィーロ - 知内一番ニラを巻いた真鯛のアルフォルノ

    知内一番ニラを巻いた真鯛のアルフォルノ

  • リストランテ カノフィーロ - イタリア、コリアンダーテイストのビール

    イタリア、コリアンダーテイストのビール

  • リストランテ カノフィーロ - ハマグリと菜の花 リゾット

    ハマグリと菜の花 リゾット

  • リストランテ カノフィーロ - プラネタのモスカート

    プラネタのモスカート

  • リストランテ カノフィーロ - シチリアのネレッロ・マスカレーぜ

    シチリアのネレッロ・マスカレーぜ

  • リストランテ カノフィーロ - ブレス鶏のポッリート

    ブレス鶏のポッリート

  • リストランテ カノフィーロ - ビアンケットトリュフのパスタ

    ビアンケットトリュフのパスタ

  • リストランテ カノフィーロ - サルディーニャのカリニャーノ

    サルディーニャのカリニャーノ

  • リストランテ カノフィーロ - グラッパ・マローロ

    グラッパ・マローロ

  • リストランテ カノフィーロ - 2018年1月27日の生チョコレート

    2018年1月27日の生チョコレート

  • リストランテ カノフィーロ - ココナッツのジェラートとグレープフルーツ タイムのクリスタル

    ココナッツのジェラートとグレープフルーツ タイムのクリスタル

15回目

2017/12訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 5.0
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999

札幌のイタリアンリストランテ ”ここへ来ると必ず幸せな気持ちになれる”ますます冴えわたる、小川シェフが創り出す「皿の上での絵画・音楽」”食が育む「幸せ」のサイクル”そして上質な空間それは心の栄養

2017年12月29日、ディナーに伺いました。
本年の最終営業日、満席です。
まずはスプマンテで、
「本マグロとコラトゥーラ、赤パプリカのムース、キャビアをのせて」
キャビアにスプマンテ、ほんのり甘い赤パプリカのムース、
本マグロに魚醤のコラトゥーラ、見事な調和です。
すっきりとしてフルーティなロエロ・アルネイスで、
「札幌黄のアロースト カキのピュレと生ハム」
バーニャ・フレッダのソースにカキのピュレ、
玉ねぎの甘み、サンダニエーレ産の生ハムの塩味、美味しさの組み合わせ!
フリウリのシャルドネ、カンテ、ミントの香りさえ感じる複雑に美味しいシャルドネ、
「真鯛のカルパッチョ 真蛸とカブ、ボッタルガ」
真蛸が千切り、面白い食感です、ボッタルガの旨みが相まって美味しいですね。
フリウリのフリウラーノ、シュール・リーの感じの味わいの美味しいワインで、
「タラバガニと春菊、フレッシュトマトのソース カサレッチェ」
シチリアのパスタ、カサレッチェ、ソースが絡んでとても美味しいです。
次はとても美味しいバルベーラダスティ、パッシートさえ感じさせる美味しいワインで、
「宮崎牛ホホ肉のブラザート」
こんなに美味しい煮込みの肉は食べたことがありません。
いい具合の肉と脂身の味わいが、そこへ美味しいワイン、
2017年を締めくくるお料理にふさわしいですね。
グラッパはマローロで美味しい生チョコと柚子のマシュマロ、
ドルチェは、
「紅玉リンゴのタタンのティラミス マスカルポーネチーズのジェラートをのせて」
今日も、今年も、本当に美味しく楽しく上質な時間を過ごすことができました。
安戸マネージャー、美味しいワイン、ありがとうございました。
そして、小川シェフ、今年1年も本当に美味しかったです、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

  • リストランテ カノフィーロ - 2017年12月29日のテーブルセット

    2017年12月29日のテーブルセット

  • リストランテ カノフィーロ - 2017年12月29日のメニュー・ディ・セーニャ

    2017年12月29日のメニュー・ディ・セーニャ

  • リストランテ カノフィーロ - スプマンテとハープ

    スプマンテとハープ

  • リストランテ カノフィーロ - 本マグロとコラトゥーラ、赤パプリカのムース

    本マグロとコラトゥーラ、赤パプリカのムース

  • リストランテ カノフィーロ - ロエロ・アルネイス

    ロエロ・アルネイス

  • リストランテ カノフィーロ - 札幌黄のアロースト カキのピュレと生ハム

    札幌黄のアロースト カキのピュレと生ハム

  • リストランテ カノフィーロ - 今日も美味しい手作りパン

    今日も美味しい手作りパン

  • リストランテ カノフィーロ - フリウリのシャルドネ 王冠とコルク

    フリウリのシャルドネ 王冠とコルク

  • リストランテ カノフィーロ - 真鯛のカルパッチョ 真蛸とカブ、ボッタルガ

    真鯛のカルパッチョ 真蛸とカブ、ボッタルガ

  • リストランテ カノフィーロ - フリウリのフリウラーノ

    フリウリのフリウラーノ

  • リストランテ カノフィーロ - タラバガニと春菊、フレッシュトマトのソース カサレッチェ

    タラバガニと春菊、フレッシュトマトのソース カサレッチェ

  • リストランテ カノフィーロ - バルベーラダスティ

    バルベーラダスティ

  • リストランテ カノフィーロ - 宮崎牛ホホ肉のブラザート

    宮崎牛ホホ肉のブラザート

  • リストランテ カノフィーロ - グラッパ・マローロ

    グラッパ・マローロ

  • リストランテ カノフィーロ - 今日も美味しい手作り生チョコレート

    今日も美味しい手作り生チョコレート

  • リストランテ カノフィーロ - コーヒーミル

    コーヒーミル

  • リストランテ カノフィーロ - 紅玉リンゴのタタンのティラミス マスカルポーネチーズのジェラートをのせて

    紅玉リンゴのタタンのティラミス マスカルポーネチーズのジェラートをのせて

14回目

2017/12訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 5.0
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999

札幌のイタリアンリストランテ ”ここへ来ると必ず幸せな気持ちになれる”ますます冴えわたる、小川シェフが創り出す「皿の上での絵画・音楽」”食が育む「幸せ」のサイクル”そして上質な空間それは心の栄養

2017年12月16日の土曜日、ディナーに伺いました。
今日も満席です。
スプマンテで、
「ノルウェーサーモンとフルーツトマト、リコッタチーズ」
上にとびっこがのっています、美味しいものの組み合わせですね、発想です。
「モンゴウイカの温かいカルパッチョ」
からすみのパウダーの旨味と塩味、芽キャベツのほのかな甘味、
美味しいモンゴウイカに見事に調和します。
ワインは、シチリアのカタラット、すっきりとしたフルーティな味が合いますね。
「北アカリとモンドール」
上に黒トリュフが・・・、良い香りです。
そこにサルディーニャのヴェルメンティーノ、
ブラインドで出されたら”ヴァン・ジョーヌ”と答えてしまうと思います。
ぴったりです。いいワインです。
「昆布森産牡蠣とポロ葱のソース タリアテッレ」
ミルキィな牡蠣、ポロ葱の甘味、さすがです。
フリウリのスアルドネ・ソーヴィニョンの2009年、熟成された白ワインが見事に寄り添います。
「チンタセネーゼ豚 肩肉のグリーリア 札幌黄とマルサラのソース」
見事な焼き加減、しっとり美味しい豚ニムの味わいに、
ロッソ・ディ・モンタルリーの・マストロヤンニ2015、
滑らかなタンニンの、果実味の豊かなワインが料理をさらに美味しくします。
グラッパはマローロで今日も美味しい手作りチョコレート、モカが入っています。
ドルチェは、
「南瓜とアマレット、マスカルポーネのティラミス」
今日もとっても美味しくいただきました。
安戸マネージャー、ワイン美味しかったです。
小川シェフ、今日も素晴らしかったです、楽しかったです、ありがとうございました。
また、お世話になります。

  • リストランテ カノフィーロ - 2017年12月16日のテーブルセット

    2017年12月16日のテーブルセット

  • リストランテ カノフィーロ - 2017年12月16日のメニュー・ディ・セーニャ

    2017年12月16日のメニュー・ディ・セーニャ

  • リストランテ カノフィーロ - ハープとスプマンテ 花

    ハープとスプマンテ 花

  • リストランテ カノフィーロ - ノルウェーサーモンとフルーツトマト、リコッタチーズ

    ノルウェーサーモンとフルーツトマト、リコッタチーズ

  • リストランテ カノフィーロ - シチリアのアンティーヤ

    シチリアのアンティーヤ

  • リストランテ カノフィーロ - モンゴウイカの温かいカルパッチョ

    モンゴウイカの温かいカルパッチョ

  • リストランテ カノフィーロ - 今日も美味しい手作りパン

    今日も美味しい手作りパン

  • リストランテ カノフィーロ - サルディーニャのヴェルメンティーノ

    サルディーニャのヴェルメンティーノ

  • リストランテ カノフィーロ - 北アカリとモンドール 黒トリュフ

    北アカリとモンドール 黒トリュフ

  • リストランテ カノフィーロ - フリウリのシャルドネ、ソーヴィニョン2009

    フリウリのシャルドネ、ソーヴィニョン2009

  • リストランテ カノフィーロ - 昆布森産牡蠣とポロ葱のソース タリアテッレ

    昆布森産牡蠣とポロ葱のソース タリアテッレ

  • リストランテ カノフィーロ - ロッソ・ディ・モンタルチーノ・マストロヤンニ2015

    ロッソ・ディ・モンタルチーノ・マストロヤンニ2015

  • リストランテ カノフィーロ - チンタセネーゼ豚 肩ロース肉のグリーリア 札幌黄とマルサラのソース

    チンタセネーゼ豚 肩ロース肉のグリーリア 札幌黄とマルサラのソース

  • リストランテ カノフィーロ - グラッパ・マローロ

    グラッパ・マローロ

  • リストランテ カノフィーロ - 手作り生チョコレート

    手作り生チョコレート

  • リストランテ カノフィーロ - 南瓜とアマレット、マスカルポーネのティラミス

    南瓜とアマレット、マスカルポーネのティラミス

13回目

2017/11訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 5.0
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999

札幌のイタリアンリストランテ ”ここへ来ると必ず幸せな気持ちになれる”ますます冴えわたる、小川シェフが創り出す「皿の上での絵画・音楽」”食が育む「幸せ」のサイクル”そして上質な空間それは心の栄養

2017年11月11日、ディナーに伺いました。
今日も満席です。
まずはスプマンテで、
「昆布森産ムール貝と豆の煮込み」
ムール貝のダシが効いています。
そこへ十勝のいろいろな豆を。「ほっこり」とします。
豆のグルタミン酸と貝のコハク酸の相乗効果!
ヴァッレダオスタの真面目に作られたグルナッシュノワール主体のワインで、
「寒ブリと赤パプリカのタルタル 少し辛いガスパチョのソース」
少々オイリィなニュアンスのワインが寒ブリと調和します。
ラツィオのビオ、酸味の美味しいワインで、
「滝川産合鴨と柿 アニス」
白バルサミコがアニスと、合鴨と、焼いた柿と、
そこへ酸味の複雑なワインが、見事です。ナスタチウムのかすかな辛味も爽やかです。
プーリアはサレント、踵のところのシャルドネ主体のフルーティで
ミネラル感のあるワインで、
「ボタン海老とブロッコリー、サフランのソース キタッラ」
美味しいですね、黄色いトマトも入っています、
小川シェフのパスタ、いつも素晴らしいです。美味しいものの組み合わせ、
丁寧な仕事、閃き、見事です。
「三元豚と白菜の温かいテリーヌ」
これを、ラツィオのドンナルーチェ、白ワイン、
ランゲ・ネッビオーロ、赤ワイン、2種で。
テリーヌの上には黒トリュフ、トレビス、かぶ、そして大きな生ポルチーニ、
どちらのワインも合いますね。
それにしても黒トリュフとポルチーニ茸、なんて贅沢な取り合わせ!
至福の香りと味わいです。
さて次は貴重なグラッパ、マローロで生チョコレート、
抹茶、ゴルゴンゾーラ、醤油きな粉、黒胡麻、黒トリュフ、いちご、ほうじ茶、
どれも美味しいですね。
ドルチェは、
「栗のパンナコッタ エスプレッソのアングレーズソース」
季節の美味しさを堪能して、エスプレッソで終了。
本当に今日も美味しく楽しく上質な時間。
安戸マネージャー、ワイン美味しかったです。
小川シェフ、今日もとても素晴らしかったです、ありがとうございました。
また、お世話になります。

  • リストランテ カノフィーロ - 2017年11月11日のテーブルセット

    2017年11月11日のテーブルセット

  • リストランテ カノフィーロ - 2017年11月11日のメニュー・ディ・セーニャ

    2017年11月11日のメニュー・ディ・セーニャ

  • リストランテ カノフィーロ - 昆布森産ムール貝と豆の煮込み

    昆布森産ムール貝と豆の煮込み

  • リストランテ カノフィーロ - ヴァッレダオスタのグルナッシュノワール主体

    ヴァッレダオスタのグルナッシュノワール主体

  • リストランテ カノフィーロ - 寒ブリと赤パプリカのタルタル 少し辛いガスパチョのソース

    寒ブリと赤パプリカのタルタル 少し辛いガスパチョのソース

  • リストランテ カノフィーロ - 今日も美味しい手作りパン

    今日も美味しい手作りパン

  • リストランテ カノフィーロ - ラツィオのビオ

    ラツィオのビオ

  • リストランテ カノフィーロ - 滝川産合鴨と柿、アニス

    滝川産合鴨と柿、アニス

  • リストランテ カノフィーロ - プーリア、サレントのシャルドネ主体

    プーリア、サレントのシャルドネ主体

  • リストランテ カノフィーロ - ボタン海老とブロッコリー、サフランのソース キタッラ

    ボタン海老とブロッコリー、サフランのソース キタッラ

  • リストランテ カノフィーロ - ラツィオのマルバージア、グレコ主体

    ラツィオのマルバージア、グレコ主体

  • リストランテ カノフィーロ - ランゲ・ネッビオーロ

    ランゲ・ネッビオーロ

  • リストランテ カノフィーロ - 三元豚と白菜の温かいテリーヌ

    三元豚と白菜の温かいテリーヌ

  • リストランテ カノフィーロ - テリーヌを開いて

    テリーヌを開いて

  • リストランテ カノフィーロ - グラッパ・マローロ

    グラッパ・マローロ

  • リストランテ カノフィーロ - 今日も美味しい手作りチョコレート

    今日も美味しい手作りチョコレート

  • リストランテ カノフィーロ - 栗のパンナコッタ エスプレッソのアングレーズソース

    栗のパンナコッタ エスプレッソのアングレーズソース

12回目

2017/10訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 5.0
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999

札幌のイタリアンリストランテ ”ここへ来ると必ず幸せな気持ちになれる”ますます冴えわたる、小川シェフが創り出す「皿の上での絵画・音楽」”食が育む「幸せ」のサイクル”そして上質な空間それは心の栄養

2017年10月14日の夜、ディナーに伺いました。
まずはスプマンテで、
「和梨とブルーベリーのピクルス 栗の蜂蜜のジェラティーナ」
和梨を赤ワインビネガーでピクルスにしたのでしょうか、
ブルーベリーも共に程よい酸味です、栗の蜂蜜のジェラティーナのほのかな甘みが心地よいです。
エトナビアンコ、かりカンテ主体でカタラットを合わせた、フルーティで酸味のすっきりした、
白い花のニュアンスのワインで、
「アンティパストミスト」
嬉しいですね、一皿で4つの味、
十勝の豆を入れたフリッタータ、つぶ貝のアフミカート、リコッタチーズを添えて、
タコを炙ってトマトの上にガスパチョソース、ヒラメにズワイガニのむき身を入れて」
全てを受け止め、味わいを広げるワインです。
ピエモンテのティモラッソ、オレンジワインで、
「軽く炙った戻りブリ、バーニャフレッダソース」
美味しいです、素晴らしい火入れです。
長ナスのマリネも美味しいです。
ワイン、フリウリのラディコンのように、皮ごと白ぶどうを味わうような、
旨味とほのかな苦味、バーニャフレッダソースと相性が良いですね。
アブルッツオのペコリーノで、
「ホタテとポルチーニ茸のアーリオオーリオ タリアテッレ」
ポルチーニの鼻に抜ける香り、
口の中に残るホタテとポルチーニの旨味の余韻を、
ワインが膨らませる、見事です。
「香り松茸、味しめじ」ならぬ
「香りトリュフ、味ポルチーニ(セップ茸)」ですね。
プーリアのネグロアマーロ、
大変ふくよかな、チョコレートやコーヒーの香り、
綺麗なタンニン、程よい甘みまで感じる素晴らしいワインで、
「ハンガリー産マンガリッツア豚のグリーリア」
豚肉の甘み旨味、味わい、とろける脂味、豚肉の横綱ですね。
それを引き出す焼き加減、素晴らしい小川シェフの技です。
グラッパはマローロで、といきたいのですがマローロはなく、
オレンジのリキュールと爽やかなヴェルモットをアイスを入れたグラスで、
なかなかヴェルモットはいいですね。
今日も美味しい手作り生チョコレート、
ヘベスのマシュマロも入っています。今日もいろいろ、美味しいです。
ドルチェは
「洋梨とバジリコのソルベ 紅茶風味のコンポスタ」
今日もとっても美味しく楽しく上質な時間を過ごすことができました。
安戸マネージャー、美味しいワインありがとうございました。
小川シェフ、今日も素晴らしかったです。
ありがとうございました、また、お世話になります。

  • リストランテ カノフィーロ - 2017年10月14日のテーブルセット

    2017年10月14日のテーブルセット

  • リストランテ カノフィーロ - 2017年10月14日のメニュー・ディ・セーニャ

    2017年10月14日のメニュー・ディ・セーニャ

  • リストランテ カノフィーロ - 和梨とブルーベリーのピクルス 栗の蜂蜜のジェラティーナ

    和梨とブルーベリーのピクルス 栗の蜂蜜のジェラティーナ

  • リストランテ カノフィーロ - エトナビアンコ

    エトナビアンコ

  • リストランテ カノフィーロ - アンティパストミスト

    アンティパストミスト

  • リストランテ カノフィーロ - 今日も美味しい手作りパン

    今日も美味しい手作りパン

  • リストランテ カノフィーロ - ピエモンテのティモラッソ

    ピエモンテのティモラッソ

  • リストランテ カノフィーロ - 軽く炙った戻りブリ バーニャッフレッダソース

    軽く炙った戻りブリ バーニャッフレッダソース

  • リストランテ カノフィーロ - アブルッツオのペコリーノ

    アブルッツオのペコリーノ

  • リストランテ カノフィーロ - ホタテとポルチーニ茸のアーリオオーリオ タリアテッレ

    ホタテとポルチーニ茸のアーリオオーリオ タリアテッレ

  • リストランテ カノフィーロ - プーリアのネグロアマーロ

    プーリアのネグロアマーロ

  • リストランテ カノフィーロ - ハンガリー産マンガリッツア豚のグリーリア

    ハンガリー産マンガリッツア豚のグリーリア

  • リストランテ カノフィーロ - りんごのリキュールとヴェルモット

    りんごのリキュールとヴェルモット

  • リストランテ カノフィーロ - 2017年10月14日の生チョコレート

    2017年10月14日の生チョコレート

  • リストランテ カノフィーロ - 洋梨とバジリコのソルベ 紅茶風味のコンポスタ

    洋梨とバジリコのソルベ 紅茶風味のコンポスタ

11回目

2017/09訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 5.0
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999

札幌のイタリアンリストランテ ”ここへ来ると必ず幸せな気持ちになれる”ますます冴えわたる、小川シェフが創り出す「皿の上での絵画・音楽」”食が育む「幸せ」のサイクル”そして上質な空間それは心の栄養

2017年9月9日、ディナーに伺いました。
札幌、大通公園では「オータム・フェスト」最初の土曜日で天気も良く大賑わいです。
そんな喧騒からちょっと離れて、落ち着いて食事を楽しみます。
まずはスプマンテで、
「海ぶどうと真ダコ、グレープフルーツ」
なんと小川シェフ、上にキャビアをのせて食感の違いを・・・、美味しい!
次はアルト・アディジェのトラミンのソーヴィニョン、
ミネラル感たっぷりの綺麗な酸味のワインで、
「水牛のモッツアレラとシャインマスカット」
上には赤紫蘇、アクセントです。モッツアレラ、ミルキィで美味しいですね。
そこへシャインマスカットとは、脱帽です。
トスカーナは、ラ・スピネッタのヴェルメンティーノ、
この素晴らしいワインで、
「真鯛のカルパッチョ ガスパチョのソースと焼きナス」
真鯛にトマトとナス、酸味はそれほど感じません、
イノシン酸とグルタミン酸の旨みの相乗効果!
次は、マルケのヴェルディッキオ、
海のミネラル感をたっぷり感じるこのワインで、
「サンマとフィノッキオ、緑トマトのソース スパゲッティ」
今年もサンマのパスタ、今年は「緑ちゃん」と。
美味しいです、秋ですね。
そして、注目のフリウリのワイン、
メルロ主体の、少しだけスパイシー感、タンニンがとても綺麗で、収斂味も感じる、
リッチな味わいの素晴らしいワインで、
「沖縄産アグー豚モモ肉のグリーリア」
生のポルチーニの香りと味わい、ゴールデンビーツの甘み、
肉のジュのソースの旨み、そしてアグー豚の美味しさ・・・・!
これこそ料理とワインの相乗効果!!!
さて、次は最後のマローロ、グラッパで生チョコレート、
写真を忘れましたが、トリュフ味が最高!
そしてドルチェ、
「ゴルゴンゾーラとアーモンド、黒イチジクのセミフレッド」
今日もとっても美味しくて楽しくて素晴らしかったです。
安戸マネージャー、美味しいワイン、ありがとうございました。
小川シェフ、今日も素晴らしかったです、ありがとうございました。
また、お世話になります!

  • リストランテ カノフィーロ - 2017年9月9日のテーブルセット

    2017年9月9日のテーブルセット

  • リストランテ カノフィーロ - 2017年9月9日のメニュー・ディ・セーニャ

    2017年9月9日のメニュー・ディ・セーニャ

  • リストランテ カノフィーロ - ハープとスプマンテ

    ハープとスプマンテ

  • リストランテ カノフィーロ - 海ぶどうと真ダコ、グレープフルーツ

    海ぶどうと真ダコ、グレープフルーツ

  • リストランテ カノフィーロ - トレンティーノ・アルト・アディジェのソーヴィニョン

    トレンティーノ・アルト・アディジェのソーヴィニョン

  • リストランテ カノフィーロ - 水牛のモッツアレラとシャインマスカット

    水牛のモッツアレラとシャインマスカット

  • リストランテ カノフィーロ - 今日も美味しい手作りパン

    今日も美味しい手作りパン

  • リストランテ カノフィーロ - トスカーナ、スピネッタノヴェルメンティーノ

    トスカーナ、スピネッタノヴェルメンティーノ

  • リストランテ カノフィーロ - 真鯛のカルパッチョ ガスパチョのソースと焼きナス

    真鯛のカルパッチョ ガスパチョのソースと焼きナス

  • リストランテ カノフィーロ - マルケのヴェルディッキオ

    マルケのヴェルディッキオ

  • リストランテ カノフィーロ - サンマとフィノッキオ、緑トマトのソース スパゲッティ

    サンマとフィノッキオ、緑トマトのソース スパゲッティ

  • リストランテ カノフィーロ - 振売・ヴェネツィア・ジューリアのメルロ

    振売・ヴェネツィア・ジューリアのメルロ

  • リストランテ カノフィーロ - 沖縄産アグー豚モモ肉のグリーリア

    沖縄産アグー豚モモ肉のグリーリア

  • リストランテ カノフィーロ - グラッパ・マローロ

    グラッパ・マローロ

  • リストランテ カノフィーロ - ゴルゴンゾーラとアーモンド、黒イチジクのセミフレッド

    ゴルゴンゾーラとアーモンド、黒イチジクのセミフレッド

10回目

2017/08訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 5.0
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999

札幌のイタリアンリストランテ ”ここへ来ると必ず幸せな気持ちになれる”ますます冴えわたる、小川シェフが創り出す「皿の上での絵画・音楽」”食が育む「幸せ」のサイクル”そして上質な空間それは心の栄養

2017年8月5日、ディナーに伺いました。
今日も満席、まずはスプマンテで、
「リコッタチーズと枝豆のムース ウニのソース」
余市産のウニ、美味しいです。枝豆の食感も良いです。
この美味しいウニのソースはどうやって作るのでしょうか。
「”生ハムメロン”スープスタイル サンブーカのジェラティーナ」
毎年のようにいただくこの季節のメロン、今年は夕張メロン、
進化してます、サンブーカの香り、フィノッキオのすりおろしがアクセントになっています。
酸味の綺麗なエミリア・ロマーニャのアルバーナ・ディ・ロマーニャが調和します。
「舌平目とフルーツトマトのアルフォルノ」
長崎産の舌平目、フルーツトマトと、ミルキィなブッラータで、とっても美味しくしてあります。
ヴェネトのアルデゲーリ・カ ペルラー・ルガーナが、さらに美味しくします。
「真イカときゅうりのアーリオオーリオ フェデリーニ」
これも季節感、夏を感じる美味しいパスタ、
シチリアのヴィオニエ、酸味のバランスの良いワインが寄り添います。
「平取産短角牛サーロインのグリーリア」
美味しいお肉です、その旨味を引き出しています。
万願寺も美味しくいただけますね。
カンパーニャのアリアニコ、ボルドーの格付けのようにタンニンも滑らかでボリューミィなワイン、美味しいです。
生チョコレートは、オレンジにカカオニブ、美味しいです。
グラッパ、マローロでいただきます。
ドルチェは、
「台湾マンゴーとパッションフルーツのソルベ」
マンゴーの甘みとパッションフルーツの爽やかな酸味、いいですね。
今日もとっても美味しく楽しかったです。
安戸マネージャー、ワイン美味しかったです。
小川シェフ、今日もとっても楽しくて美味しかったです、ありがとうございました。
また、お世話になります。

  • リストランテ カノフィーロ - 2017年8月5日のテーブルセット

    2017年8月5日のテーブルセット

  • リストランテ カノフィーロ - 2017年8月5日のメニュー・ディ・セーニャ

    2017年8月5日のメニュー・ディ・セーニャ

  • リストランテ カノフィーロ - ハープとスプマンテ

    ハープとスプマンテ

  • リストランテ カノフィーロ - リコッタチーズと枝豆のムース ウニのソース

    リコッタチーズと枝豆のムース ウニのソース

  • リストランテ カノフィーロ - エミリアロマーニャのアルバーナ・ディ・ロマーニャ

    エミリアロマーニャのアルバーナ・ディ・ロマーニャ

  • リストランテ カノフィーロ - ”生ハムメロン”スープスタイル サンブーカのジェラティーナ

    ”生ハムメロン”スープスタイル サンブーカのジェラティーナ

  • リストランテ カノフィーロ - 今日も美味しい手作りフォカッチャ

    今日も美味しい手作りフォカッチャ

  • リストランテ カノフィーロ - ヴェネトのAldegheri Ca' Perlar Lugana アルデゲーリ カ ペルラー ルガーナ

    ヴェネトのAldegheri Ca' Perlar Lugana アルデゲーリ カ ペルラー ルガーナ

  • リストランテ カノフィーロ - 舌平目とフルーツトマトのアルフォルノ

    舌平目とフルーツトマトのアルフォルノ

  • リストランテ カノフィーロ - シチリアのヴィオニエ

    シチリアのヴィオニエ

  • リストランテ カノフィーロ - 真イカときゅうりのアーリオオーリオ フェデリーニ

    真イカときゅうりのアーリオオーリオ フェデリーニ

  • リストランテ カノフィーロ - カンパーニャのアリアニコ

    カンパーニャのアリアニコ

  • リストランテ カノフィーロ - 平取産短角牛サーロインのグリーリア

    平取産短角牛サーロインのグリーリア

  • リストランテ カノフィーロ - グラッパ・マローロ

    グラッパ・マローロ

  • リストランテ カノフィーロ - 2017年8月5日の生チョコレート

    2017年8月5日の生チョコレート

  • リストランテ カノフィーロ - 台湾産マンゴーとパッションフルーツのソルベ

    台湾産マンゴーとパッションフルーツのソルベ

9回目

2017/07訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 5.0
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999

札幌のイタリアンリストランテ ”ここへ来ると必ず幸せな気持ちになれる”ますます冴えわたる、小川シェフが創り出す「皿の上での絵画・音楽」”食が育む「幸せ」のサイクル”そして上質な空間それは心の栄養

2017年7月1日のディナーに伺いました。
今日も満席です。
スプマンテで、
「甘海老とスナップエンドウ、羊乳のフロマージュブラン」
石狩の羊牧場のフロマージュブラン、程よい酸味と滑らかさ、
甘海老との相性が良いです。
マルケのヴェルディッキオ、野菜、アスパラのような香りの白ワインで、
「クロイチジクと生ハム」
カリフォルニアのクロイチジクを焼いて、下にゴルゴンゾーラ、
そしてサンダニエーレの生ハム、アメイジングです。
次はロエロ・アルネイス、バルバレスコの造り手の、酸が綺麗なワインで、
「平目のカルパッチョ、フルーツトマトとアボカド、山ワサビ」
料理に酸味は使っていません、ワインの酸味がほどよく料理と調和します。
そして、「活北海シマエビ」初めて食べました、コラトゥーラをまとっています。
食感は活ボタンエビ、でも味わいは初めての味わい、エビの旨みが凝縮されています。
次は、フリウリのシャルドネで、
「北寄とフィノッキオのアーリオオーリオ、ホラーサーン小麦のスパゲッティ」
メソポタミア文明からの小麦、ティグリス・ユーフラテス川、楔形文字、ハンムラビ法典、60進法、
かみごたえの良さに古を感じます。もちろん小川シェフのパスタ、美味しいです。
サルディーニャのカンノナウ、カオールのマルベックのような濃厚なかつ滑らかなタンニンのワインで、
「三元豚フィレ肉と人参のアロースト、サマートリュフ」
見事なキュイソン、人参も美味しい、そしてサマートリュフの香りと味わい、アメイジングです。
グラッパはマローロで今日も生チョコレートをいただき、
ドルチェは、
「ライチのソルベとレモンのマルメッターラ」
台湾の生ライチ、冷凍ではないので食感が良くとてもジューシィ、初めての味です。
今日もとっても美味しく楽しかったです。
安戸マネージャー、ありがとうございました。
小川シェフ、8アメイジングです。美味しかったです。ありがとうございました。
また、お世話になります。


  • リストランテ カノフィーロ - 2017年7月1日のテーブルセット

    2017年7月1日のテーブルセット

  • リストランテ カノフィーロ - 2017年7月1日のメニュー・ディ・セーニャ

    2017年7月1日のメニュー・ディ・セーニャ

  • リストランテ カノフィーロ - ハープとスプマンテ

    ハープとスプマンテ

  • リストランテ カノフィーロ - 甘エビとスナップエンドウ、羊乳のフロマージュブラン

    甘エビとスナップエンドウ、羊乳のフロマージュブラン

  • リストランテ カノフィーロ - マルケのヴェルディッキオ

    マルケのヴェルディッキオ

  • リストランテ カノフィーロ - クロイチジクと生ハム

    クロイチジクと生ハム

  • リストランテ カノフィーロ - 今日も美味しい手作りパン

    今日も美味しい手作りパン

  • リストランテ カノフィーロ - ロエロ・アルネイス

    ロエロ・アルネイス

  • リストランテ カノフィーロ - 平目のカルパッチョ フルーツトマトとアボカド、山ワサビ

    平目のカルパッチョ フルーツトマトとアボカド、山ワサビ

  • リストランテ カノフィーロ - 活北海シマエビ

    活北海シマエビ

  • リストランテ カノフィーロ - フリウリのシャルドネ

    フリウリのシャルドネ

  • リストランテ カノフィーロ - 北寄とフィノッキオのアーリオオーリオ ホラーサーン小麦のスパゲッティ

    北寄とフィノッキオのアーリオオーリオ ホラーサーン小麦のスパゲッティ

  • リストランテ カノフィーロ - サルディーニャのカンノナウ

    サルディーニャのカンノナウ

  • リストランテ カノフィーロ - 三元豚フィレ肉と人参のアロースト サマートリュフ

    三元豚フィレ肉と人参のアロースト サマートリュフ

  • リストランテ カノフィーロ - 三元豚フィレ肉と人参のアロースト サマートリュフのアップ

    三元豚フィレ肉と人参のアロースト サマートリュフのアップ

  • リストランテ カノフィーロ - グラッパ・マローロ

    グラッパ・マローロ

  • リストランテ カノフィーロ - 2017年7月1日の生チョコレート

    2017年7月1日の生チョコレート

  • リストランテ カノフィーロ - ライチのソルベとレモンのマルメッターラ

    ライチのソルベとレモンのマルメッターラ

8回目

2017/06訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 5.0
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999

札幌のイタリアンリストランテ ”ここへ来ると必ず幸せな気持ちになれる”ますます冴えわたる、小川シェフが創り出す「皿の上での絵画・音楽」”食が育む「幸せ」のサイクル”そして上質な空間それは心の栄養

2017年6月22日の夜、
イタリア、トスカーナ、アルジャーノとカノフィーロのワイン会に参加しました。
小川シェフのお料理と、イタリアのブルネッロの最高峰の造り手のコラボです。
ワインは、
タレント・ペーリ・ブリュット・ミレジメ2013(ロンバルディアのスプマンテ)
2014・ノン・コンフィデントゥール
2015・ロッソ・ディ・モンタルチーノ
2012・ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ
2014・ソレンゴ
セールスマネージャーのリッカルド・ボッジさんと、安戸マネージャーの
丁寧な説明でどれも美味しくいただきました。
小川シェフのお料理は、
「アサリとフィノッキオ、愛南ゴールド」
「滝川産合鴨モモ肉のザンギ サクランボのコンポスタとペコリーノトスカーノ」
「イカ墨を練りこんだリガトーニ 豆イカのラグーとジロール茸のトマトソース」
「トムラウシジャージー牛ミスジ肉のグリーリア 小豆とバルサミコ、加茂ナスのピュレ」
「シャインマスカット、セロリ、レモンのグラニテ」
「札幌産ブルーチーズとプルーン、オーストラリア産冬トリュフのリゾット」
「アプリコットのソルベ 紅茶のソースとデラウェア」
「ドライイチジクのチョコラティーノ」
素晴らしいワイン会でした。
安戸マネージャーの仕切り、素晴らしかったです。
小川シェフのお料理、お見事でした、ありがとうございました。
また、伺います。

  • リストランテ カノフィーロ - メニュー1

    メニュー1

  • リストランテ カノフィーロ - メニュー2

    メニュー2

  • リストランテ カノフィーロ - メニュー3

    メニュー3

  • リストランテ カノフィーロ - テーブルセット

    テーブルセット

  • リストランテ カノフィーロ - ペーリ・ブリュット・ミレジメ2013

    ペーリ・ブリュット・ミレジメ2013

  • リストランテ カノフィーロ - アサリとフィノッキオ、愛南ゴールド

    アサリとフィノッキオ、愛南ゴールド

  • リストランテ カノフィーロ - 2014・ノン・コンフィデントゥール

    2014・ノン・コンフィデントゥール

  • リストランテ カノフィーロ - 滝川産合鴨モモ肉のザンギ サクランボのコンポスタとペコリーノトスカーノ

    滝川産合鴨モモ肉のザンギ サクランボのコンポスタとペコリーノトスカーノ

  • リストランテ カノフィーロ - 今日も美味しいトスカーナ風のパン

    今日も美味しいトスカーナ風のパン

  • リストランテ カノフィーロ - 2015・ロッソ・ディ・モンタルチーノ

    2015・ロッソ・ディ・モンタルチーノ

  • リストランテ カノフィーロ - イカ墨を練りこんだリガトーニ 豆イカのラグーとジロール茸のトマトソース

    イカ墨を練りこんだリガトーニ 豆イカのラグーとジロール茸のトマトソース

  • リストランテ カノフィーロ - 2012・ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ

    2012・ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ

  • リストランテ カノフィーロ - トムラウシジャージー牛ミスジ肉のグリーリア 小豆とバルサミコ、加茂ナスのピュレ

    トムラウシジャージー牛ミスジ肉のグリーリア 小豆とバルサミコ、加茂ナスのピュレ

  • リストランテ カノフィーロ - シャインマスカット、セロリ、レモンのグラニテ

    シャインマスカット、セロリ、レモンのグラニテ

  • リストランテ カノフィーロ - 札幌産ブルーチーズとプルーン、オーストラリア産冬トリュフのリゾット

    札幌産ブルーチーズとプルーン、オーストラリア産冬トリュフのリゾット

  • リストランテ カノフィーロ - アプリコットのソルベ 紅茶のソースとデラウェア

    アプリコットのソルベ 紅茶のソースとデラウェア

  • リストランテ カノフィーロ - ドライイチジクのチョコラティーノ

    ドライイチジクのチョコラティーノ

7回目

2017/06訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 5.0
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999

札幌のイタリアンリストランテ ”ここへ来ると必ず幸せな気持ちになれる”ますます冴えわたる、小川シェフが創り出す「皿の上での絵画・音楽」”食が育む「幸せ」のサイクル”そして上質な空間それは心の栄養

2017年の6月3日、ディナーに伺いました。
今日の札幌は雨模様、4月のような寒さです。
今日もスプマンテから。
トマトのマシュマロ、美味しいです。
「滝川産合鴨のアッフミカータと水ナス」
ちょうど良い燻製具合の合鴨に水ナス、グリーンペッパーのソース、
美味しい上に食欲が刺激されます。
「真ダコとグレープフルーツ、山ワサビ」
フルーツ使いの上手さですね、合います、真ダコと。
ワインはシチリアのフィアーノ+シュナン・ブラン、フルーティではありますが、
味わいの深いワインが寄り添います。
「帯広産ジャンボマッシュルームのソテー、余市産ウニとトマトのケッカソース」
きのこの旨みにウニのほのかな甘みと旨さ、そこへトマトのケッカソースの酸味、
見事にそれぞれが主張するとともに調和します。
このグアニル酸に、サルディーニャのトルバート、
かすかに苦味を感じるこの白ワインが美味しさを増します。
「北アカリのニョッキ ロックフォールチーズとセロリ、グリーンピースのソース」
北海道の北アカリにフランスのロックフォール、イタリアヴェネト産のグリーンピース、
もう旨味と香りが口の中に広がります。
ワインは、ヴェネトロッソ、コルビーナ+メルロ、
赤いベリーの香りのワインがさらに美味しくします。
「平取牛モモ肉のグリーリアと笹竹」
本当に見事なキュイソンのお肉、平取牛の美味しさを引き出します。
そこへ笹竹にサマートリュフ・・・・、美味しい!
ワインはネッビオーロ・ダルバ、ブルゴーニュの上質なピノ・ノアールのよう、
いちごの香りですね、見事な調和です。
グラッパはマローロで今日も生チョコレート、
今日は、カレー、薔薇、リンゴにシナモンのザラメ、抹茶、オレンジにカカオニブ、黒胡麻、ピスタチオです。
ドルチェは、
「パッションフルーツのパンナコッタ ココナッツとバジリコのジェラート」
今日も本当に美味しく楽しく、この1週間の疲れが取れました。
いいえ、心の栄養でした。
安戸マネージャー、ワイン、美味しかったです。
小川シェフ、今日も美味しく素晴らしい料理でした、ありがとうございました。
また、お世話になります。

  • リストランテ カノフィーロ - 2017年6月3日のテーブルセット

    2017年6月3日のテーブルセット

  • リストランテ カノフィーロ - 2017年6月3日のメニュー・ディ・セーニャ

    2017年6月3日のメニュー・ディ・セーニャ

  • リストランテ カノフィーロ - スプマンテとトマトのマシュマロ

    スプマンテとトマトのマシュマロ

  • リストランテ カノフィーロ - 滝川産合鴨のアッフミカータと水ナス

    滝川産合鴨のアッフミカータと水ナス

  • リストランテ カノフィーロ - シチリアのフィアーノ+シュナン・ブラン

    シチリアのフィアーノ+シュナン・ブラン

  • リストランテ カノフィーロ - 真ダコとグレープフルーツ、山ワサビ

    真ダコとグレープフルーツ、山ワサビ

  • リストランテ カノフィーロ - 今日も美味しい手作りパン

    今日も美味しい手作りパン

  • リストランテ カノフィーロ - サルディーニャのトルバート

    サルディーニャのトルバート

  • リストランテ カノフィーロ - 帯広産ジャンボマッシュルームのソテー 余市産ウニとトマトのケッカソース

    帯広産ジャンボマッシュルームのソテー 余市産ウニとトマトのケッカソース

  • リストランテ カノフィーロ - ヴェネトのコルビーナ+メルロ

    ヴェネトのコルビーナ+メルロ

  • リストランテ カノフィーロ - 北アカリのニョッキ ロックフォールチーズとセロリ、グリーンピースのソース

    北アカリのニョッキ ロックフォールチーズとセロリ、グリーンピースのソース

  • リストランテ カノフィーロ - ネッビオーロ・ダルバ

    ネッビオーロ・ダルバ

  • リストランテ カノフィーロ - 平取牛モモ肉のグリーリアと笹竹

    平取牛モモ肉のグリーリアと笹竹

  • リストランテ カノフィーロ - グラッパ・マローロ

    グラッパ・マローロ

  • リストランテ カノフィーロ - 2017年6月3日の生チョコレート

    2017年6月3日の生チョコレート

  • リストランテ カノフィーロ - パッションフルーツのパンナコッタ ココナッツとバジリコのジェラート

    パッションフルーツのパンナコッタ ココナッツとバジリコのジェラート

6回目

2017/05訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 5.0
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999

札幌のイタリアンリストランテ ”ここへ来ると必ず幸せな気持ちになれる”ますます冴えわたる、小川シェフが創り出す「皿の上での絵画・音楽」”食が育む「幸せ」のサイクル”そして上質な空間それは心の栄養

2017年5月6日のディナーに伺いました。
今日も楽しい時間の始まりです。
まずはスプマンテで、
フルーツトマトのマシュマロ、美味しいです。
「乾燥空豆のピュレとウニ、ペコリーノトスカーノ」
空豆の美味しさに、ペコリーノの塩気とウニの甘みと旨み、
素晴らしいスターターですね。
次はなんと、初めての日本酒「二世古特別純米」で、
「小豆菜と浅利のおひたし」
絶妙な出汁とオリーヴオイル、そこへ「彗星」を使った特別純米酒、
なお進化を続ける小川シェフの真骨頂ですね。
「時しらずのクルード フルーツトマトと山ワサビ」
タテルヨシノの「サーモンミキュイ ステラマリス風」、
比べてはいけないとは思うのですが、小川シェフの方が好きです。
その美味しい時しらずを、ヴェネトの爽やかなピノ・グリージョで、幸せです。
「モンゴウイカとプンタレッラのアーリオオーリオ フェデリーニ」
春の山菜を思わせる独特の苦味のプンタレッラ、
そこへリグーリアのピガート、甘にがさを感じさせるワインが調和します。
「フランス産仔羊背肉のグリーリア」
16年ぶりに輸入されるようになったフランスはラングドックのロゼール地方の仔羊、
キュイソンも見事、仔羊の美味しさを引き出しています。
合わせるのはブルネッロ・ディ・モンタルチーノ、言葉はいりません。
グラッパはマローロで今日も美味しい手作り生チョコレート、
今日は、カカオニブにオレンジ、リンゴにシナモン、
フランス産カレー粉、桜、薔薇、
抹茶、黒胡麻、新作も美味しいです。
ドルチェは、
「小豆とエスプレッソのティラミス フランボワーズとミントのジェラート」
コンセプトはいちご大福です。もちろん、その通りです。
新しい器、美濃焼の「SAKUZAN」使いも見事!
今日もとっても楽しくそして美味しかったです。
安戸マネージャー、ありがとうございました。
小川シェフ、本当に美味しかったです、ありがとうございました。
また、お世話になります。

  • リストランテ カノフィーロ -
  • リストランテ カノフィーロ -
  • リストランテ カノフィーロ -
  • リストランテ カノフィーロ -
  • リストランテ カノフィーロ -
  • リストランテ カノフィーロ -
  • リストランテ カノフィーロ -
  • リストランテ カノフィーロ -
  • リストランテ カノフィーロ -
  • リストランテ カノフィーロ -
  • リストランテ カノフィーロ -
  • リストランテ カノフィーロ -
  • リストランテ カノフィーロ -
  • リストランテ カノフィーロ -
  • リストランテ カノフィーロ -
  • リストランテ カノフィーロ -
5回目

2017/04訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 5.0
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999

札幌のイタリアンリストランテ ”ここへ来ると必ず幸せな気持ちになれる”ますます冴えわたる、小川シェフが創り出す「皿の上での絵画・音楽」”食が育む「幸せ」のサイクル”そして上質な空間それは心の栄養

2017年4月八日のディナーに伺いました。
店名が「カノフィーロ」に変わり初めての訪問です。
いつも通り安戸マネージャーの笑顔にお迎えされました。
テーブルセット、食器が一新されています。
何かこう、新しいお店に来たような気持ちにさせられます。
スプマンテで、トマトのマシュマロと、
「リコッタチーズと苺、醤油のジェラティーナ」
醤油なのですが何か、バルサミコのように感じます、苺使い、見事です。
次は、ヴェネトのソアヴェ・クラシコ、フルーティさと、野菜、きゅうりのような香りのワインで、
「宮崎産春パパイアと生ハム、ブッラータ」
綺麗です、皿の上にパパイアとサンダニエーレ産の生ハムの花が咲いています。
春パパイア、美味しいです、このほのかな甘みに生ハムの塩味と旨味、ブッラータのミルキィさ、
見事に調和します。
リグーリアのピガートで、
「平スズキのカルパッチョ グリーンアスパラと毛蟹」
ソフトなアタックのまろやかな酸味のワインで、
タイに似た味わいの平スズキ、そこへ日高産のグリーンアスパラ、
春の味の毛蟹、この組み合わせも美味しさの三重奏です。
シチリアのグリッロ、爽やかな酸味と甘みの調和した美味しいワインで、
「桜海老と行者ニンニクのアーリオオーリオ リングイネ」
これまた、春の味、小川シェフのパスタはとどまるところを知りません、本当に美味しいです。
トスカーナのサンジョベーゼ、軽い、バラの香りの赤ワインで、
「ヴェネト産グリーンピースとシェーヴル、バジリコ リゾット」
サント・モール・ド・トゥレーヌが形のまま、
それを崩しリゾットと、香りが広がります。シェーヴルに軽めのフルーティな赤、見事です。
フリウリ・ヴェネツィア・ジューリアのフランコニア、
いろいろなベリーノコンポーロのような味わいの複雑で美味しいワインで、
「知床鶏モモ肉のポルケッタ風 ウドとバジリコの酢味噌和え」
鶏肉のポルケッタ、見事に美味しいです。酢味噌も合います。
グラッパはマローロで生チョコレートをいただき、
今日は、抹茶、ゴルゴンゾーラ、醤油、薔薇、トリュフ、味噌、アールグレイです。いつも美味しい!
ドルチェは、
「マンゴーと生姜のジェラート ホワイトチョコレートのムースとキンカン」
キンカン、美味しいです。
食器が変わりましたが、料理は、小川シェフ、いつもサプライズ、でも、絶対に美味しい。

そこへワインを組み立てていただける安戸マネージャー。
本当に今日も美味しかったです。楽しかったです。
小川シェフ、ありがとうございました。
またお世話になります。

  • リストランテ カノフィーロ - テーブルセット

    テーブルセット

  • リストランテ カノフィーロ - 2017年4月8日のメニュー・ディ・セーニャ

    2017年4月8日のメニュー・ディ・セーニャ

  • リストランテ カノフィーロ - トマトのマシュマロ

    トマトのマシュマロ

  • リストランテ カノフィーロ - リコッタチーズと苺、醤油のジェラティーナ

    リコッタチーズと苺、醤油のジェラティーナ

  • リストランテ カノフィーロ - ヴェネトのソアヴェ・クラシコ

    ヴェネトのソアヴェ・クラシコ

  • リストランテ カノフィーロ - 宮崎産春パパイアと生ハム、ブッラータ

    宮崎産春パパイアと生ハム、ブッラータ

  • リストランテ カノフィーロ - 今日も美味しい手作りパン

    今日も美味しい手作りパン

  • リストランテ カノフィーロ - リグーリアのピガート

    リグーリアのピガート

  • リストランテ カノフィーロ - 平スズキのカルパッチョ グリーンアスパラと毛蟹

    平スズキのカルパッチョ グリーンアスパラと毛蟹

  • リストランテ カノフィーロ - シチリアのグリッロ

    シチリアのグリッロ

  • リストランテ カノフィーロ - 桜海老と行者ニンニクのアーリオオーリオ リングイネ

    桜海老と行者ニンニクのアーリオオーリオ リングイネ

  • リストランテ カノフィーロ - トスカーナのサンジョベーゼ

    トスカーナのサンジョベーゼ

  • リストランテ カノフィーロ - ヴェネト産グリーンピースとシェーヴル、バジリコ リゾット

    ヴェネト産グリーンピースとシェーヴル、バジリコ リゾット

  • リストランテ カノフィーロ - フリウリのフランコニア

    フリウリのフランコニア

  • リストランテ カノフィーロ - 知床鶏モモ肉のポルケッタ風 ウドとバジリコの酢味噌和え

    知床鶏モモ肉のポルケッタ風 ウドとバジリコの酢味噌和え

  • リストランテ カノフィーロ - グラッパ・マローロ

    グラッパ・マローロ

  • リストランテ カノフィーロ - 2017年4月8日の生チョコレート

    2017年4月8日の生チョコレート

  • リストランテ カノフィーロ - マンゴーと生姜のジェラート ホワイトチョコのムースとキンカン

    マンゴーと生姜のジェラート ホワイトチョコのムースとキンカン

4回目

2017/03訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 5.0
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999

札幌のイタリアンリストランテ ”ここへ来ると必ず幸せな気持ちになれる”ますます冴えわたる、小川シェフが創り出す「皿の上での絵画・音楽」”食が育む「幸せ」のサイクル”そして上質な空間それは心の栄養

2017年3月11日、ディナーに伺いました。
ようやく春を感じられる札幌です。
まずはスプマンテで、
「トマトのマシュマロ」美味しいです。
「ハマグリとトマト、フィノッキオのジェラティーナ」
ハマグリの旨味のジュレ、黄トマト、旨味が素晴らしいです。
次は、ヴェネトのガルガーネガ、コルテーゼ、リースリングのブレンドのクストーザ、
フルーティながらしっかりとした味わいのワインで、
「イワシのポルペッタとカーボロネロ」
イワシの魚団子をオリーヴオイルで、これも旨味たっぷり、ワインもソースです。
リグーリアの濃いめのチンクエ・テッレ、少し甘めの深い白ワインで、
「キタアカリとポロ葱 ホタテのチャウダー」
オリーブオイルにつけたディルがアクセント、スープが美味しい、こんな美味しいスープは、ちょっと記憶にありません。
アンフォーラで醸造したロゼワイン、見た目、香りと違い辛口で深い味わいのロゼワイン、
「フランス産ホワイトアスパラとベーコン、ウニのカルボナーラ風 スパゲッティ」
・・・・・、至福の時、幸せです。
2005年のまろやかになった、バジリカータのアリアニコで、
「道産肥育ホルスタインミスジ肉のグリーリア グリーンピースのリゾットとモンドール」
上には、”ビアンケットトリュフ”・・・・、香りが・・・・・!
ヴェネトの美味しいグリーンピース、素晴らしいキュイソンのお肉、モンドール、
そして、トリュフ、この組み合わせ!
そこへまたまた素晴らしいアリアニコ、美味しいです。
グラッパはマローロで生チョコレートを、
今日は、黒トリュフ、アールグレイ、抹茶、ビターチョコレート、オレンジ、ピスタチオ、薔薇、です。
ドルチェは、
「キウイのジェラートとヨーグルト、広島産レモンのマルメッターラ」
レモンのマーマレード、美味しいです。
今日もとっても楽しく美味しかったです。
安戸マネージャー、ありがとうございました。
小川シェフ、今日も本当に美味しかったです、楽しかったです、ありがとうございました。
また、お世話になります。

  • リストランテ カノフィーロ - 2017年3月11日のメニュー・ディ・セーニャ

    2017年3月11日のメニュー・ディ・セーニャ

  • リストランテ カノフィーロ - フルーツトマトのマシュマロ

    フルーツトマトのマシュマロ

  • リストランテ カノフィーロ - ハマグリとトマト、フィノッキオのジェラティーナ

    ハマグリとトマト、フィノッキオのジェラティーナ

  • リストランテ カノフィーロ - ヴェネトのクストーザ

    ヴェネトのクストーザ

  • リストランテ カノフィーロ - イワシのポルペッタとカーボロネロ

    イワシのポルペッタとカーボロネロ

  • リストランテ カノフィーロ - 2017年3月11日の今日も美味しい手作りパン

    2017年3月11日の今日も美味しい手作りパン

  • リストランテ カノフィーロ - リグーリアのチンンクエ・テッレ

    リグーリアのチンンクエ・テッレ

  • リストランテ カノフィーロ - キタアカリとポロ葱 ホタテのチャウダー

    キタアカリとポロ葱 ホタテのチャウダー

  • リストランテ カノフィーロ - アンフォラで醸造したロゼワイン

    アンフォラで醸造したロゼワイン

  • リストランテ カノフィーロ - フランス産ホワイトアスパラとベーコン、ウニのカルボナーラ風 スパゲッティ

    フランス産ホワイトアスパラとベーコン、ウニのカルボナーラ風 スパゲッティ

  • リストランテ カノフィーロ - バジリカータのアリアニコ2005

    バジリカータのアリアニコ2005

  • リストランテ カノフィーロ - 道産肥育ホルスタインミスジ肉のグリーリア グリーンピースのリゾットとモンドール

    道産肥育ホルスタインミスジ肉のグリーリア グリーンピースのリゾットとモンドール

  • リストランテ カノフィーロ - グラッパ・マローロ

    グラッパ・マローロ

  • リストランテ カノフィーロ - 2017年3月11日、今日も美味しい手作り生チョコレート

    2017年3月11日、今日も美味しい手作り生チョコレート

  • リストランテ カノフィーロ - キウイのジェラートとヨーグルト 広島産レモンのマルメッターラ

    キウイのジェラートとヨーグルト 広島産レモンのマルメッターラ

3回目

2017/02訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 5.0
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999

札幌のイタリアンリストランテ ”ここへ来ると必ず幸せな気持ちになれる”ますます冴えわたる、小川シェフが創り出す「皿の上での絵画・音楽」”食が育む「幸せ」のサイクル”そして上質な空間それは心の栄養

2017年2月18日、ディナーに伺いました。
今日もスプマンテから。
「サザエと空豆」
春、食感がいいです、ホタテの出汁のジュレ、タジャスカオリーブの塩気、美味しいです。
ワインは、ロンバルディアのパッシートしたシャルドネで、
「インカのメザメのコンフィとタラコのボッタルガ」
小川シェフお手製のタラコのボッタルガ、ほどよい塩気に、
インカのメザメのコンフィ、バーニャカウダソース、素晴らしい組み合わせです。
マルケのヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イエージ・クラッシコ ・スペリオーレ2015に、
「平目のカルパッチョ ブロコリーとしらす、オレガノ」
平目の旨みに、ブロッコリーとしらすのソースが絡み、そこへワインが、見事な調和です。
フリウリ・ヴェネツィア・ジューリアのメルロに、
「乳飲み仔羊のアロースト マコモ茸とタンポポ」
ハンガリー産のくせの無いアニョー・ド・レ、そこへほどよい苦味の遮光で栽培されたフランス産のタンポポ、
マコモ茸のシャキシャキ感、ジュのソース、優しいメルロが美味しさを増します。
カラブリアのガリオッポ、見た目香りはネッビオーロのようですが、味わいと収斂味はたっぷりのワインで、
「エンマー小麦のフジッリ 千歳産イノブタ小腸とひよこ豆のバイアータソース」
イタリアの古代小麦、エンマー小麦、そば粉のような食感のフジッリに、
しっかり煮込まれたイノブタの小腸とソース、ひよこ豆のコリコリ感、
噛むように飲むガリオッポ、もう南イタリア、素晴らしい組み合わせ、美味しさの饗宴ですね。
グラッパはマローロで今日も生チョコレート、バラのチョコレートは香りが鼻に抜けていきます。
アールグレーのチョコレートも香りたっぷり、おいしいですね。
ドルチェは、
「ゴルゴンゾーラとピスタチオのセミフレッド 苺とハチミツ」
これも見た目、味わい、香り、たっぷりと春を感じます。
本当に今日も楽しく上質で美味しい時間を過ごしました。
安戸マネージャー、ありがとうございました。
そして小川シェフ、本当に美味しかったです、ありがとうございました。
また、お世話になります!

  • リストランテ カノフィーロ - 2017年2月18日のメニュー・ディ・セーニャ

    2017年2月18日のメニュー・ディ・セーニャ

  • リストランテ カノフィーロ - フルーツトマトのマシュマロ

    フルーツトマトのマシュマロ

  • リストランテ カノフィーロ - サザエと空豆

    サザエと空豆

  • リストランテ カノフィーロ - ロンバルディアのシャルドネ

    ロンバルディアのシャルドネ

  • リストランテ カノフィーロ - インカのメザメのコンフィとタラコのボッタルガ

    インカのメザメのコンフィとタラコのボッタルガ

  • リストランテ カノフィーロ - 2017年2月18日の今日も美味しい手作りパン

    2017年2月18日の今日も美味しい手作りパン

  • リストランテ カノフィーロ - マルケのヴェルディッキオ

    マルケのヴェルディッキオ

  • リストランテ カノフィーロ - 平目のカルパッチョ ブロッコリーとしらす、オレガノ

    平目のカルパッチョ ブロッコリーとしらす、オレガノ

  • リストランテ カノフィーロ - フリウリのメルロ

    フリウリのメルロ

  • リストランテ カノフィーロ - 乳飲み仔羊のアロースト マコモ茸とタンポポ

    乳飲み仔羊のアロースト マコモ茸とタンポポ

  • リストランテ カノフィーロ - カラブリアのガリオッポ

    カラブリアのガリオッポ

  • リストランテ カノフィーロ - エンマー小麦のフジッリ 千歳産イノブタ小腸とひよこ豆バイアータソース

    エンマー小麦のフジッリ 千歳産イノブタ小腸とひよこ豆バイアータソース

  • リストランテ カノフィーロ - グラッパ・マローロ

    グラッパ・マローロ

  • リストランテ カノフィーロ - 2017年2月18日の手作り生チョコレート

    2017年2月18日の手作り生チョコレート

  • リストランテ カノフィーロ - ゴルゴンゾーラとピスタチオのセミフレッド 苺とハチミツ

    ゴルゴンゾーラとピスタチオのセミフレッド 苺とハチミツ

2回目

2017/01訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 4.8
    • | 雰囲気 4.8
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 5.0
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999
  • lunch:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 4.5
    使った金額(1人)
    ¥3,000~¥3,999

札幌のイタリアンリストランテ ”ここへ来ると必ず幸せな気持ちになれる”ますます冴えわたる、小川シェフが創り出す「皿の上での絵画・音楽」”食が育む「幸せ」のサイクル”そして上質な空間それは心の栄養

2017年1月21日、ディナーに伺いました。
2017年初のテルツィーナです、今年も楽しみです。
スプマンテで、
「平取牛モツ、芽キャベツ、レモン」
美味しい煮込み、モツの味、ソースが美味しいです、レモンが爽やかです。
次はフリウリのソーヴィニョン、2008年の熟成されたもの、シェリーのフィノや、アマレットのニュアンスです。
「根セルフィーユ、ラルド、ローズマリー」
根セルフィーユの素揚げ、ほんのり甘めの菊芋のような海老芋のような食感、
チンタネーゼ豚のラルドロローズマリの塩味がアクセントです。
ピエモンテ、ランゲのファヴォリータ、ヴェルメンティーノのシノニムです。
バラの香りの、爽やかなワイン。
「甘海老、リコッタチーズ、フルーツトマト」
美味しい甘エビにシャキッとしたフルーツトマト、アクセントの生姜、
リコッタチーズがそれらを合わせてくれます、美味しいですね。
フリウリのシャルドネ、重厚な感じのオイリィなワイン、新樽が効いてます。
「イカ墨を練りこんだパッパルデッレ、牡蠣、ヤリイカ、ベーコン」
素晴らしいパスタです、昆布森産の牡蠣が美味しい!
ベーコンが合うのですね!
ヴェネトのアルデゲーリ、パッシートされたアマローネのような味わい、
「滝川産合鴨、グリーンペッパー、菜の花」
合鴨を骨つきで炭火焼き、まるでジビエのよう、皮目もパリ、素晴らしいキュイソン、
このワインにピタリです。
グラッパはマローロで今日も美味しい生チョコレートをいただき、
ドルチェは、
「ココナッツ、みかん」
ココナッツのアイスクリームと泡、温州みかんのコンポート、見事な相性。
今日もとても楽しく美味しいワイン、安戸マネージャー、ありがとうございました。
小川シェフ、今日も本当に美味しく素晴らしかったです、ありがとうございました。
今年、2017年もまた、よろしくお願いいたします。


2016年12月25日、ディナーに伺いました。
今年最後のテルツィーナ、
とっても美味しかったです。
スタッフの皆さん、安戸マネージャー、ありがとうございました。
小川シェフ、2016年、ありがとうございました。
2017年もよろしくお願いいたします。

2016年12月17日、ディナーに伺いました。
満席です。
スプマンテで、
「北アカリのニョッキとツブのスピエディーノ」
串焼きです。
小川シェフ、焼き鳥も焼けるのですね、
しっかりとイタリアンです、スプマンテにソースが合いますね。
「真ダコの温かいカルパッチョとフィノッキオ 黄トマトのケッカソース」
赤、黄、緑、綺麗です。タコに隠し包丁が入れてあり少しだけ火を通して、
ソースはそれほど酸味が無く、タコの味わいを生かす、
しかしそこへ、アマルフィのファランギーナ主体のワイン、
香りはフルーティで、しかしアタックは酸味とハーブの味わい、
料理と合わせて素晴らしい調和、さらに美味しくします。
「ホタテと人参、タレッジョチーズのアルフォルノ」
このオーブン焼き、人参の甘みとホタテの旨みを、タレッジョチーズが結びつけます。
大好きなホタテと大好きなウオッシュチーズ、タレッジョの組み合わせ!
そこへラツィオのマルバージア主体のやや甘めのワイン、
ソースをさらに美味しくするのですね。
パスタは、
「ジロール茸とサルシッチャのアーリオオーリオ フェデリーニ」
フランス産ジロール茸とフランス産サルシッチャ、
小川シェフ、今日もパスタ、美味しいです。
そこへカラブリアのガリオッポ、
今日のガリオッポは優しいです、ですからパスタを美味しくするのでしょうか。
メインは、
「フランス産フルールドオーブラック牛ハラミ肉のグリーリア」
カーボロネロが添えられています。
ワインはトスカーナのカベルネ・メルロ,
フランス系のワインがフランスの牛肉をさらに美味しくします。
グラッパはマローロで今日も生チョコレートをいただき、
ドルチェは、
「南瓜とアマレット、エスプレッソのティラミス」
今日もとても美味しかったです、楽しかったです。
上質な空間をホールスタッフの皆さん、ありがとうございました。
美味しいワインを、安戸マネージャー、ありがとうございました。
そして、小川シェフ、今日も素晴らしかったです、美味しかったです、ありがとうございました。
また、お世話になります。


2016年11月5日、ディナーに伺いました。
札幌は雪模様です。今日も満席。
スプマンテで、
「ビーツの冷製スープ キタアカリのニョッキとオレンジ」
美味しいです、ビーツの甘み、オレンジの酸味、やわらかで優しい味のニョッキを包み込みます。
「牡蠣とアニスのオーブン焼き ペコリーノ・ロマーノと生ハム」
今年も美味しいです、甘い柿とアニスの香り、
ペコリーノ・ロマーノと、サンダニエーレの生ハムの塩気と旨味が調和します。
ピエモンテのヴィエッティ、ロエロ・アルネイス、オレンジのニュアンスの美味しいワインが合いますね。
「松川ガレイのカルパッチョ カステルフランコとボッタルガ」
美味しいカレイです。エンガワも肉厚。恵庭産のカステルフランコ、チコリの仲間、
そこへ惜しげも無くかけられたボッタルガのスライス、旨味ですね。
合わせるのはヴェネトのクラシックな製法のソアベ、マセラシオンされているので色も濃いです。
ヴェネトにあるカステルフランコの街、そこを合わせたそうです。さすが安戸さん。
「昆布森産牡蠣とほうれん草のソース タリアテッレ」
小川シェフの、言葉のいらないパスタ、美味しいものの組み合わせ!
サルディーニャのトルバート、他に形容のしようのない美味しい白ワイン。
トレッビアーノの美味しさを凝縮したような味のフルーティなワイン、美味しいです。
そして香りが運ばれてきます。
「はかた地鶏モモ肉のアロースト ポーチドエッグと白トリュフ」
・・・・・・!アルバの白トリュフ!!!プーリアの茸、カルドンチェッロ、
ポーチドエッグに白トリュフ・・・。
ピエモンテのアルバの白トリュフには、ピエモンテのネッビオーロダルバ、見事としか言いようがありません。
グラッパはマローロで生チョコレートを。
今日はトマト、ピスタチオ、黒ごま、オレンジ、抹茶、トリュフ、そしてヘベスのマシュマロまで!
ドルチェは「洋ナシとバジリコのソルベ 紅茶風味のコンポスタ」
美味しいマキアートをいただき、今日も素晴らしかった!
いつもながらの上質な空間、スタッフの皆さんが創り出しているのですね、ありがとうございました。
そこへ美味しいワインと料理。
安戸マネージャー、ありがとうございました。
そして、小川シェフ、今日もとっても美味しかったです、楽しかったです、ありがとうございました。
また、お世話になります。


2016年10月8日、ディナーに伺いました。
札幌は一気に晩秋の趣です。
さて、今日もスプマンテで、
「カリフラワーのムース イクラとコリアンダー」
なめらかでほんのり甘いカリフラワーのムース、イクラの塩味、コリアンダーの香り、上質のオリーヴオイル、
今年も美味しいイクラをいただきました。
「ナスとジャガイモの重ね焼き」
上にブッラータをのせて焼いてあります、これが旨味を加え、ジャガイモとナスを結びつけます。
そしてトリュフオイルの香りも素晴らしい。
合わせるワインはトレンティーノ・アルト・アディジェのグリューナー・フェルトリーナー、
オーストリア品種のワイン、さっぱりとしてフルーティなワインが寄り添います。
「ブリのクルード トロペア産赤玉葱とバーニャフレッダ」
良い火入れのブリ、美味しいですね。
そこへカラブリアのマントニコ、少々オイリィなニュアンス、それでいて果実味たっぷりのワイン、
同じ産地のトロペア産の赤玉葱と相性はぴったりです。
「日高産松茸とズワイ蟹のアーリオオーリオ タリオリーニ」
・・・うまい。松茸の香りが鼻から口の中から、そのシャキシャキ感、そしてズワイ蟹の旨味、
フリウリ・ヴェネティア・ジューリアの2001年のテルピン、
熟成されたシャルドネ、ソーヴィニョン・ブラン、ピノ・ビアンコ、フリウラーノを使ったワインが見事に調和します。
このワイン、熟成された上質なアルザスのリースリングのような感じです。
そして、メインは、
「アイスランド産仔羊」
素晴らしいキュイソンです。肉の旨みを引き出します。
マルサラとポルチーニのソース。そして生のポルチーニの香りと旨み、
ヴィエッティ、ピエモンテのバルベラダルバ、繊細な味わいのワインが見事に合います。
グラッパはマローロで今日も美味しい生チョコレートをいただき、
ドルチェは、
「栗のパンナコッタ ほうじ茶のアングレーズソースと牛乳のグラニータ」
秋ですね、美味しいパンナコッタです。
エスプレッソをいただき、今日もとっても美味しかったです。
松茸の香りと食感、ポルチーニの香りと旨み、秋を堪能しました。
安戸マネージャー、ワイン美味しかったです。
小川シェフ、今日も素晴らしいお料理、本当に美味しかったです、楽しかったです、ありがとうございました。
また、お世話になります。


2016年9月3日、ディナーに伺いました。
9月に入っても暑さの続いている札幌です。
まずは今日もスプマンテで、
「茄子とモッツアレラ、ウニ」
ニンニク風味のエスプーマがアクセントです、噴火湾産のウニの味が引き立ちます。
「黒イチジクとゴルゴンゾーラ、生ハム」
カリフォルニア産のイチジクにサンダニエーレの生ハム、旨味のゴルゴンゾーラ、
蜂蜜がつなげます。
ワインは、ヴァッレ・ダオスタのソーヴィニョンとヴィオニエ、待雪草という名のオレンジワイン、美味しいですね。
「白ピーマンと紅鮭、オクラのタルタル」
マルケのヴェルディッキオに根室産の紅鮭、いいですね。
「さんまとドライトマト、セロリのアーリオオーリオ フェデリーニ」
本当に美味しいパスタです、毎年小川シェフのさんまのパスタ、楽しみにしていますが、今年も美味しい!
そこへケンゾー・エステートのYui,
野菜系の香りのニュアンス、黒ブドウをしかりと感じるこのロゼワイン、小川シェフのパスタに寄り添います。
「はかた地鶏モモ肉のグリーリア 新ジャガとヘベス」
いつもながらのキュイソンのお肉、皮目はパリ、中しっとり、
新ジャガも、この時期ならではの芋の味わい、甘みもあります。
そこへ、ンドゥィヤ、そしてヘベス、美味しさを増します。
ワインはトレンティーノ・アルト・アディジェのスキアーヴァトラグレイン、
ハーブを感じさせ、滑らかなタンニンのこの赤ワイン、美味しいです。
グラッパはマローロで今日も生チョコレートをいただき、(苺、ゴルゴンゾーラ、胡麻、抹茶、トマト、胡麻味噌、レモンオレンジ、ピスタチオ)
ドルチェは、「リュバーブのソルベ、ビターチョコレートのムースと紅茶のソース」
マキアートをいただき、今日も本当に美味しかったです。
今日もワイン、美味しかったです。安戸マネージャー、ありがとうございました。
そして、小川シェフ、本当に美味しかったです、あるがとうございました。
また、お世話になります。


2016年8月5日、ディナーに伺いました。
夏真っ盛りの札幌、今日も暑いです。
スプマンテで、
「北海しまえびとオクラ、ガスパチョ」
季節の美味しいものの組み合わせです、最初から本当に美味しいですね。
次はエントラータ、トレンティーノのヴァイスブルグンダーとピエモンテのガヴィ・ディ・ガヴィの2種でいただきます。
キャビアは絞り出したもので、サスティナビリティを考えてのものだそうです。
色々と味が変わって楽しいですね。
次は「平目のカルパッチョ、水ナスとボッタルガ」
平目が美味しいです、そして水ナスもいいですね。
カンパーニャのフィアーノが調和します。
「仔ウサギモモ肉のコトレッタ」
見事な火入れのお肉にトレンティーノのブラウ・ブルグンダーが合いますね。
「古平産三元豚のサルシッチャとゴーヤのアーリオオーリオ スパゲッティ」
美味しいパスタ、フリウリのメルロとレフォスコのブレンドがぴったりです。
グラッパはマローロで生チョコレートをいただきます。
ドルチェは「黒糖とバナナ、エスプレッソのティラミス」
今日も大変美味しくいただきました。
安戸マネージャー、ワイン美味しかったです。
小川シェフ、今日も本当に美味しかったです、ありがとうございました。
また、お世話になります。


2016年7月2日ディナーに伺いました。
外は激しい雨、お店は満席です。
スプマンテで、
「リコッタ枝豆のムース ウニのソース」
ムースの柔らかな味に、ウニの旨味の詰まったソース、美味しいですね。
「水牛のモッツアレラと白桃、生ハム」
ミルキィなモッツアレラに爽やかな白桃のお甘み、サンダニエーレの生ハムの旨味、フルーツの魔術師ですね。
シチリアのアルトロヴェ、シャルドネ主体のフルーティなワインが寄り添います。
「穴子のフリット ガスパチョのソースとサマートリュフ」
見事な揚げ具合の穴子のフリットに、美味しいガスパチョのソース、
そして、ふんだんにかけられたサマートリュフの香りが絡みます。素晴らしい!
そこへエミリア・ロマーニャのサンジョベーゼのブラン・ド・ノワールが調和します。至福!
「花咲蟹とキュウリのアーリオオーリオ フェデリーニ」
今日も美味しいパスタ、そこへプーリアのペトラルーチェ、白桃のようなとろーりとしたワインがぴったりです。
「知床鶏胸肉のアロースト 水牛のブルーチーズとトウモロコシのリゾット」
素晴らしいキュイソンの鶏肉、そのシンプルな味にロンバルディアの水牛のブルーチーズ、というもろこしのリゾットの3重奏、
そしてピエモンテのバルベラダルバ、ジュセッペ・リナルディが美味しさを増します。
グラッパはマローロで今日も美味しい生チョコレートをいただき、ドルチェは、
「ココナッツのパンナコッタ スイカのソースと塩のグラニータ」
マキアートで。
本当に今日も美味しくいただきました。
安戸マネージャー、美味しいワインをありがとうございました。
小川シェフ、今日も素晴らしかったです。美味しかったです。ここへ来ると必ず幸せになれるのですね。ありがとうございました。
また、お世話になります。


2016年6月4日ディナーに伺いました。
お店は今日も静かに賑わっています。
スプマンテで、
「キンキのラグーとジロール茸」
美味しいスープ、キンキの身、ジロール茸の食感、最初からやられてしまいます。
「ノーザンルビーのヴィシソワーズ 余市産ウニとサマートリュフ」
牛乳の泡の中にウニがたくさん隠れています。ヴィシソワーズ、サマートリュフ、ウニを合わせ、
シチリアのインツォーリア、優しくフルーティなワインが香りを広げます。素晴らしい!
「フルーツトマトとタコ、山ワサビ」
軽く炙ったタコにフルーツトマトの穏やかな酸味と甘み、そこへ山ワサビの爽快感、アスペルジュ・ソヴァージュがアクセントに。
マルケのパッセリーナ、白い花やハーブの香りを感じさせるワインがぴったりと寄り添います。
「石狩産豆イカとズッキーニ、サフランのソース タリアテッレ」
美味しい、旨味を感じるソースがタリアテッレに絡みます。
そこへそのソースに負けないヴェネトのトレッビアーノ・ディ・ルガーナ、
シュル・リーによる、洋梨や桃、プラムまで感じるワインが寄り添います。
メインは、
「ハンガリー産仔鴨胸肉のアロースト ホワイトアスパラと苺、バジリコ」
いつもながらキュイソンが素晴らしい、皮目の塩味も絶妙、
そこへ苺の酸味と甘味を使ったソース、バジリコの香り、旬のホワイトアスパラの食感と味わい、
ロンヴァルディアのキアヴェンナスカ、ニーノ ・ネグリ・リゼルヴァ・ヴァルテッリーナ・スペリオーレ・2011 の、
苺のジャムやコーヒーのニュアンスまで感じさせるこの素晴らしいワインが合いますね。
グラッパはマローロで、生チョコレート(今日は抹茶、オレンジ、醤油、トマト、ゴルゴンゾーラ、ピスタチオ、黒胡麻です)をいただき、
ドルチェは、
「宮崎産アップルマンゴーとココナッツのジェラート」
美味しいですね甘さが良い加減ですね、はちみつのジュレもアクセントです。
コーヒーは今日もマキアート風エスプレッソ、ミルクの加減が絶妙!
今日も大変美味しく、素敵な時間、
安戸マネージャー、ワイン美味しかったです。
小川シェフ、今日もとっても美味しかったです。
ありがとうございました、また、お世話になります。


2016年5月7日、ディナーに伺いました。
まずはスプマンテで、
「アスパラのピュレとリコッタチーズ」
新冠のアスパラの香りの良い一皿です。クロッカンテの食感がいいですね。
「フルーツトマトと甘海老、ミント」
本当に美味しいです、この組み合わせがあるなんて。
高知産のフルーツトマトの酸味と甘味、きざみ生姜がアクセント。
ヴェネトのモスカート・セッコが甘海老に合いますね。
「桜マスのポワレ ヤチブキとオリーヴ」
大きな桜マスです。
桜マスのキュイソンが見事、皮目がパリッとしていて、身の方はしっとり、火が通っているのにミキュイのようです。綺麗なサーモンピンクです。
ヤチブキとグリーンオリーヴのほろ苦さが魚の味にマッチします。
マルケのビアンケッロ(トレッビアーノのシノニム)のフルーティでかつボディの厚みのある味わいが桜マスに寄り添います。
「真鯛の白子とずわい蟹、黄トマトのソース ペンネ」
白子が大きい!これも大きな鯛なのでしょうね。
ふぐの白子にも負けない味わいの白子が、ずわい蟹とともにペンネに、インカの目覚めがアクセントになっています。
素晴らしい味わいのペンネに、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリアのバリック100%のシャルドネ、
樽感、バター間、ヴァニラ香の、しっかりとした味わいのシャルドネが見事に調和します。
メインは「がんばろう熊本!!」
「熊本さん馬ロース肉と筍のグリーリア 新玉葱とアンチョビのソース」
この肉も火入れが見事です、肉の旨みを引き出します。
筍と新玉葱のほのかな甘さとアンチョビの旨みと塩味、いい組み合わせですね。
プーリアのススマニエッロ、ミネラル感たっぷりで醤さえ感じるワインが合いますね。
同じ造り手さんのプリミーティヴォは赤や黒のベリー感がたっぷりで、こちらもお肉に寄り添います。
そして今日もグラッパはマローロで生チョコレート、
今日は左から「ピスタチオ、オレンジとシナモン、醤油にきな粉、コーヒー、トマト、黒トリュフ、ゴルゴンゾーラ、抹茶」です。
ドルチェは、
「ピンクグレープフルーツのソルベとカンパリのグラニテ」
最後のエスプレッソはマキアート風にしていただきました。ミルクの加減が見事です、美味しいです。
今日も大変美味しくいただきました。楽しく上質な時間を楽しむことができました。
安戸マネージャー、ワイン美味しかったです。
小川シェフ、今日も大変美味しい料理、ありがとうございました。
また、お世話になります。


2016年1月23日、ディナーに伺いました。
今日も満席です。
2016年最初のテルツィーナ、楽しみです。
スプマンテで、
「黒オリーヴを練り込んだグリッシーニ」
手が込んでいます。
「ブロッコリーとシラスのブルスケッタ」
オーリオリモーネのソースが美味しいです。
「人参のムースと栗のハチミツ」
一口でいただくほのかな甘みの一品、滑らかです。
「水牛のモッツアレラと苺、生ハム」
とてもミルキィなモッツアレラ、サンダニエーレ産の生ハム、
苺をきざんで、上質なオリーヴオイル、
そこへシチリアのジビッボ、マスカットの香りのフルーティなワインを合わせます。いいですね。
「三元豚のサルシッチャを詰めた椎茸のソテー」
スモークした塩と、「ンドゥィヤ」が添えられています。
三元豚のサルシッチャ、千歳の寅王、厚みがあって、茸の旨味の詰まった椎茸、
そこへ辛味のンドゥィヤ、素晴らし組み合わせに、
ヴァッレ・ダオスタのプティット・アルヴィーヌ、とろりとしたワインが負けずに寄り添います。
「アサリとホタテ、菜の花のサフランクリームソース ルマッコーニ」
サフランクリームソースが絶品です。春の味覚の組み合わせ、素晴らしいパスタに、
リグーリアのヴェルメンティーノ、オッタヴィアーノ・ランブルスキ、
白桃や柑橘系の香りの素晴らしい味わいのワインが見事に調和します。
「道産雌牛カイノミ肉のグリーリアとインカのメザメ」
ソースが素晴らしい、フォン・ド・ヴォー、バジル、アンチョビなどなど、
そこへサクッとした噛み応えの、見事な火入れのお肉、ソースが絡みます。
道産のホルスタイン種の雌牛のカイノミ肉をここまで美味しく、小川シェフの技です。
(フロリレージュの川手シェフも経産牛を美味しく使われていました。トップシェフのお考えになることは素晴らしいですね!!)
ピエモンテのバローロが更に美味しさを引き立てます。
グラッパはマローロで生チョコレートをいただき、(今日はコーヒー味が美味しいです)
ドルチェは、
「ピンクグレープフルーツのソルベとキウイ、フロマージュブランのムース」
これも春の色、優しい味がいいですね。
今日もたいへん美味しく、落ち着いた上質な、楽しい時間を過ごすことができました。
安戸マネージャー、ありがとうございました。
そして、小川シェフ、今年2016年もよろしくお願いいたします。
今日も美味しかったです。
また、お世話になります。


2015年12月28日、ディナーに伺いました。
満席です。
スプマンテで、
「ターキーと芽キャベツ オレンジ」
ターキーが中がレアでとても美味しく、そこへ芽キャベツの食感、
フロマージュ・ブランとオレンジが絡み、美味しいです。
「オマール海老とブロッコリーのフリッタータ マスカルポーネとキャビア」
なんという美味しいものの組み合わせを考えるのでしょうか。
フランス産のキャビアがアクセントなのですがこのキャビアの塩梅が素晴らしい、たっぷりとのっています。
そこへ優しいアブルッツオのトレッビアーノ、酸味が穏やかなワインが調和します。
「平目のカルパッチョ フルーツトマトとアボカド」
アボカドは赤身に合うと思っていたのですが、
ケッカーソースが平目とアボカドを結びつけ、とても良い旨味を引き出します。
フリウリ・ヴェネツィア・ジュリアのヴトヴスカ、これも酸味が穏やかですが、深い味わいのとろみまで感じるワイン、さらに美味しくします。
「タラバガニと春菊のアーリオオーリオ タリオリーニ」
角の立ったタリオリーニにタラバガニの旨味と春菊のほろ苦さ、うまい組み合わせですね。
シチリアのプラネタ・モスカート・ビアンコ、少々リースリングの心地良い苦味を感じるモスカート、美味しいです。
「あきたシャポンのアロースト 椎茸と砂肝のソース」
比内地鶏の去勢鷄を中がしっとり皮はパリパリ、こんなに美味しい鶏は食べたことがありません。
しっとりとした身がソースを吸い込み、そこへトレンティーノ・アルト・アディジェのピノ・ネロ、
今年の最後の外食のメイン料理、素晴らしい!
グラッパはマローロで生チョコレート、
抹茶ヴァニラ、ローズ、ピスタッチオ、美味しいですね。
ドルチェは「ゴルゴンゾーラと胡桃のセミフレッド 色々なベリーのソース」
フランボワーズのソルベがのっています。ベリーのソースが酸味を和らげます。
フルーツ使い、見事ですね。
今日もとっても美味しく上質で楽しい時間を過ごすことができました。
安戸マネージャー、ありがとうございました。
そして、小川シェフ、今日、今年1年間とっても美味しくいただきました、ありがとうございました。
2016年もよろしくお願いいたします。

2015年12月19日、ディナーに伺いました。今日も満席です。
街はクリスマスショッピングで賑わっています。
そんな喧騒の中、店内は静かで落ち着いた空間です。
スプマンテで、
「スペイン産シャポンと金美人参、バーニャフレッダ」
スペイン産の去勢鶏と美味しい金美人参のローストにバーニャフレッダのソース、
美味しい三重奏です。
「クワイのフリットとスペック」
縁起物のクワイがこんなにも美味しくなります、ホクホクです。
ヴァッレ・ダオスタのミューラー・トゥルガウが更に美味しさを引き立てます。
「舞茸とパルミジャーノ、目玉焼き」
素晴らしい香り、愛別産の舞茸に、そして、ウンブリア産の黒い宝石が・・・・・・!
このように素晴らしい目玉焼きをかつて食べたことがありません。
カンパーニャのグレコ・ディ・トゥフォ、寄り添ってくれます。
「ズワイ蟹とベーコン、カリフラワーのソース スパゲッティ」
スパゲッティの茹で具合が絶妙なアーリオオーリオ、
プラネタのエトナ・ビアンコでいただきます。
「宮崎産猪のグリーリア カーボネロとトスカネッリ」
小川シェフ懇意の宮崎の猟師さんによる猪のロース肉のグリーリア、
素晴らしい肉の味、言うまでもなく見事な火加減、肉の旨みを引き出します。
付け合わせのカーボロネロと、白インゲン豆も美味しいです。
エトナ・ロッソ、噛み締めます。
グラッパはマローロデチョコレートをいただき、
ドルチェは、
「南瓜とアマレット、エスプレッソのティラミス」
最後にコーヒー豆をミルで挽いて振りかけます。
もうすぐ冬至、考えられてますね。
今日も大変美味しくいただきました。
ただ、まだ、黒い宝石の香りが鼻に残っています。素晴らしかった。
安戸マネージャー、そして小川シェフ、ありがとうございました。
また、お世話になります。


2014年12月29日、最終日の夜に伺いました。
本日も満席です。
まず、スプマンテで、
「フランス産 七面鳥とオレンジ くるみのタルタル ヨーグルトのソース」
こんな小さな器の中に、しっとりとした七面鳥、酸味を抑えたオレンジ、くるみ、そこへヨーグルトソース、
それぞれの味わいがお互いを高め合います。
「リコッタチーズとあまおう 生ハム 黒トリュフとハチミツ」
アカシアの蜂蜜に黒トリュフを漬け込んだソース、美味しいです。
そして、とても良い香り、素晴らしい組み合わせ、そこへ、
カンパーニャのフィアーノ・ディ・アヴェリーノ、イチゴの香りさえ感じるフルーティーなこのワインが見事に調和します。
「白菜のアローストと本マグロ バーニャフレッダソース」
まず、白菜とマグロを結び付ける発想、そして白菜の上品な甘みとマグロの旨味、
バーニャフレッダソースの塩気と旨味、野菜と魚の焼き加減、全てを合わせて美味しさを運んできます。
合わせるのはフリウリの、ツアニ・ヴィーニェ・コッリオ・ビアンコ、
トカイ・フリウラーノ、ピノ・グリージョ、シャルドネ、ソーヴィニョン・ブランが25%ずつの
バランスの良い、ヴァニラ香も感じるワインでいただきます。
「パンチェッタとポロ葱のアマトリチャーナ トレッチェ」
アルデンテのトレッチェにパンチェッタの旨さ、ポロ葱、アマトリチャーナの酸味、旨味、そこへペコリーノ・ロマーノ、
美味しいです。パルミジャーノ・レッジャーノだと強すぎるのでペコリーノなのだと思います。
その美味しいパスタに、シチリアのパッソ・ピシャーロ・グァルディオーラ、シャルドネ100%の、
年4800本しか生産されない希少なワイン、濃く深い、果実味もしっかり、
パイナップルやパッションフルーツまで感じさせるワインが美味しさを増すようです。
「シャラン産鴨胸肉のポワレ カブと黒オリーブ シェリービネガーのソース」
素晴らしいなキュイソンで鴨肉の旨味を引き出し、そこへ新鮮なカブの甘みと、
リグーリアのタジャスカオリーブのマイルドな香り、シェリービネガーのソースがそれらの味を引き立てます。
ワインは「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ2005ピアン・デッロリーノ」素晴らしいワインです。
黒いベリー系の香り、コーヒーのニュアンス、綺麗で滑らかなタンニン、偉大なワインに引けを取りません。
トスカーナの「ロゴ・ノヴォ・モンタルチーノ2011」これもベリー系の香りで、綺麗な飲み口です。
エミリア・ロマーニャの「ドラコーネ2008・コッリ・ディモラ」
メルロ50%、カベルネ・フラン40%、プティ・ヴェルド10%のボルドーのような、バランスの良いワイン、
3グラス、見事に料理を引き立てます。
グラッパはマローロで生チョコレートをいただきます。オレンジが美味しいですね。
ドルチェは「ほうじ茶のティラミス ほうじ茶のジェラート」です。
ティラミスにはアマレットが使ってあり、ほのかにアーモンドや杏仁の香りも感じます。
今日も、そして今年2014年も美味しく素晴らしい料理とワインでした。
間峠さん、ありがとうございました。
そして、小川シェフ、本当に今年も美味しく、素晴らしいお皿の数々でした。
ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。
小川シェフ、間峠さん、そしてスタッフの皆さん、良いお年をお迎えください。


9月8日、日曜日、
今日はイタリア、カンパーニャ州の造り手、
Vinosiaのメーカーズディナーです。
オーナーがご病気のため、輸出責任者のMariella Zangaroさんがいらっしゃいました。
6(8)種類のワインと、小川シェフの料理のコラボレーションです。
まず最初は「Falanghina2012 IGT Beneventano ファランギーナ」です。
フレッシュでフルーティーな黄金色に少し緑色が入り、透明感が高く、
キウイやライムの香り、かつ、ミネラル感のあるワインです。
酸味はおだやかです。そこへ、
「さんまのマリナート 色々トマトとへベス」
シソの花がアクセントになっています。
ライムの香りを感じるワインに、「平兵衛酢」見事な取り合わせです。
次のワインは「Fiano di Avellino Le Grade 2011」です。
黄金色の綺麗なワインで、白桃やパイナップルやパッションフルーツなどの
南国系の果実の香りがします。そこへ、
「白桃とフィノッキオ、水牛のモッツァレラとプロシュート」です。
またもや、見事な調和。ウイキョウの花のほのかな甘みも生きています。
このワイン、温度が上がってくると、パイナップルのコンポート、缶詰のような香りまでしてきました。複雑です。
3番目のワインは、「D.O.C.G.Greco di Tufo L'Ariella 2012」です。
このワインは、薄い黄金色に緑が入りライムやレモンなどの柑橘系の香りで、
スワリングすると、キュウリやアスパラなどの野菜のニュアンスも感じられます。
「真イカと新じゃが、グリーンオリーヴのソース スパゲッティ」
考えられています。そして美味しい。オリーブ、ジャガイモの香り、合います。
このワイン、温度が上がると「ピピ・ド・シャ」が感じられます。
四番目は、「D.O.C.Irpinia 2012 Aglianico」です。
ブルーベリーやラズベリーなどの濃いベリー系の香りです。
土のニュアンスもあり、酸味の心地よいワインです。
五番目は、「I.G.T.Salento 2011Negoroamaro」です。
これは、プーリア州のワインで、イチゴの香り、酸味が結構強く、
奥に、アニスの香りを感じさせます。
そして六番目は、「I.G.T.Salento 2012Primitivo」です。
これもプーリアのワインです。
甘い果実、イチゴのジャム、チョコレート、コーヒーなど、複雑な香りです。
パッシートしたと思えるほどなので、質問してみると、
やはり、遅摘みでした。スワリングすると、干しイチジクのニュアンスもありました。
「シェーブルチーズとバジリコのリゾット 合鴨のパテをのせて」
このワインと合鴨のパテを合わせると、
「カフェラッテ」の味になりました。不思議です。


9月30日、
イタリアワイン界の日本における第一人者、
第1回JETカップの優勝者、
東京の港区西麻布の「ヴィーノ・デッラ・パーチェ」のディレットーレ兼ソムリエの
内藤和雄氏をお招きしての「MASI」のワイン会が開催されました。
MASIのワインに小川シェフの料理、テルツィーナのサービス、雰囲気、
素晴らしいワイン会になりました。
まずは、MASI社ではない、フェッラーリのスプマンテ、「マキシマムブリュット」、
「ブルーベリーのピクルスと栗のハチミツノジェラティーナ」です。
素晴らしい調和です。内藤さん曰く、「このソースをスプマンテに落としてカクテルにしても素晴らしい!」
そして、「スルジーバ」、ミネラルウォーターも、このスプマンテにすっきりと合います。
最初のMASI社のワインは、
「マジアンコ2010」75%のピノグリージョと、25%のアッパシメントされたヴェルドッツオです。
白としてはあまり低くない温度でいただきます。このワインに合わせるのは、
「グレープフルーツで〆たサバと和梨のクルード エストラゴン風味」です。
肉に合わせることもできるこの白ワインに、脂ののったサバにグレープフルーツ、和梨といったフルーツを合わせることで、
ヴェルドッツオとピノグリの中和とまとまり、さらにヴェルドッツオとグレープフルーツのきれいな収斂味を味わうこともできます。
次のワインは「ボナコスタ ヴァルポリチェッラ・クラッシコ2009」70%のコルヴィーナ、25%のロンディネッラ、5%のモリナーラです。
今日のMASI社のワインの中で唯一アッパシメントされていないワインです。ヴァルポリチェッラらしい、かつ普段飲みできるワインです。
それに、「セミドライトマトとバニラのマリナートビーツとりコッタのムース」です。
トマトにビーツにリコッタ、そこに程よい厚さのプロシュートを咀嚼することによって、ワインの果実味のアタック、それに引き続くミネラル感、
ビターな後味をさらに引き出すことができています。
次は「カンポフィオリン2008」70%のコルヴィーナ、25%のロンディネッラ、5%のモリナーラです。
ヴェネトを代表する、完成度の高い、1964年から造られているワインです。
「鴨とナス、黒オリーブとローズマリーのラグーソース フジッローニ」です。
この新しいショートパスタ「フジッローニ」は「グラノアルマンド」で10月から発売されるものです。
よい歯ごたえ、鴨とナスのラグーソースが良くからみ、ワインを引き立てます。
そして「コスタセラ アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラッシコ2007」です。葡萄の割合は前と同じです。
このワインには馬肉の煮込みが合うそうですが、
「三元豚肩ロースとドライイチジクのストゥファート シナモンと南瓜、胡桃のニョッキとエスプレッソ」です。
柔らかい豚肉に、歯ごたえのある南瓜、甘く柔らかいニョッキ、アマローネにぴったりです。
最後は甘いデザートワイン「レッチョート・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラッシコ アマービレ・デッリ・アンジェリ2007」
70%のコルヴィーナ、20%のロンディネッラ、10%のモリナーラです。
程よい甘さとフレッシュな果実味、優雅な苦味に長い余韻、ゴルゴンゾーラに蜂蜜をかけていただきたいところですが、
「コリントレーズンとラム酒のセミフレッド 柿のソース」
言葉は要りません。
内藤さんも絶賛の料理の数々でした。一言「ここは一番ですね。」
内藤さんの素晴らしいお話、
MASI社の素晴らしいワイン、
小川シェフのワインに合わせて工夫された素晴らしい料理の数々、
小林支配人を中心としたホールスタッフのフレンドリーかつ優雅な雰囲気、
素晴らしいワイン会でした。
内藤さんありがとうございました。

  • リストランテ カノフィーロ - メニュー・ディ・ナターレ2016

    メニュー・ディ・ナターレ2016

  • リストランテ カノフィーロ - 人参のムースとミカン
      ヨーグルトとキャビア

    人参のムースとミカン ヨーグルトとキャビア

  • リストランテ カノフィーロ - アルトアディジェのストーン

    アルトアディジェのストーン

  • リストランテ カノフィーロ - 今日も美味しい手作りパン

    今日も美味しい手作りパン

  • リストランテ カノフィーロ - リコッタチーズとハチミツ、あまおうと生ハム

    リコッタチーズとハチミツ、あまおうと生ハム

  • リストランテ カノフィーロ - アルトアディジェのリースリング

    アルトアディジェのリースリング

  • リストランテ カノフィーロ - 七面鳥胸肉のタリアータ トンナートソースとビーツ

    七面鳥胸肉のタリアータ トンナートソースとビーツ

  • リストランテ カノフィーロ - シチリアプラネタのシャルドネ

    シチリアプラネタのシャルドネ

  • リストランテ カノフィーロ - 手長海老と寒締めホウレン草、フレッシュトマトのソース タリアテッレ

    手長海老と寒締めホウレン草、フレッシュトマトのソース タリアテッレ

  • リストランテ カノフィーロ - 2010アマローネ

    2010アマローネ

  • リストランテ カノフィーロ - ユリ根とパルミジャーノ、卵黄と黒トリュフのリゾット

    ユリ根とパルミジャーノ、卵黄と黒トリュフのリゾット

  • リストランテ カノフィーロ - 2005バローロ

    2005バローロ

  • リストランテ カノフィーロ - 宮崎牛ホホ肉と冬キャベツのバローロ煮込み

    宮崎牛ホホ肉と冬キャベツのバローロ煮込み

  • リストランテ カノフィーロ - 2016年12月25日の生チョコレート

    2016年12月25日の生チョコレート

  • リストランテ カノフィーロ - フランボワーズのパンナコッタとココナッツのジェラート

    フランボワーズのパンナコッタとココナッツのジェラート

  • リストランテ カノフィーロ - ピスタチオのチョコラティーノとパネトーネ グランマルニエのクレマ

    ピスタチオのチョコラティーノとパネトーネ グランマルニエのクレマ

  • リストランテ カノフィーロ - 2016年12月17日のメニュー・ディ・セーニャ

    2016年12月17日のメニュー・ディ・セーニャ

  • リストランテ カノフィーロ - 北アカリのニョッキとツブのスピエディーノ

    北アカリのニョッキとツブのスピエディーノ

  • リストランテ カノフィーロ - アマルフィのファランギーナ

    アマルフィのファランギーナ

  • リストランテ カノフィーロ - 真ダコの温かいカルパッチョとフィノッキオ 黄トマトのケッカソース

    真ダコの温かいカルパッチョとフィノッキオ 黄トマトのケッカソース

  • リストランテ カノフィーロ - ホタテと人参、タレッジョチーズのアルフォルノ

    ホタテと人参、タレッジョチーズのアルフォルノ

  • リストランテ カノフィーロ - ジロール茸とサルシッチャのアーリオオーリオ フェデリーニ

    ジロール茸とサルシッチャのアーリオオーリオ フェデリーニ

  • リストランテ カノフィーロ - トスカーナのカベルネ・メルロ

    トスカーナのカベルネ・メルロ

  • リストランテ カノフィーロ - フランス産フルールドオーブラック牛ハラミ肉のグリーリア

    フランス産フルールドオーブラック牛ハラミ肉のグリーリア

  • リストランテ カノフィーロ - 2016年12月17日の生チョコレート

    2016年12月17日の生チョコレート

  • リストランテ カノフィーロ - 南瓜とアマレット、エスプレッソのティラミス

    南瓜とアマレット、エスプレッソのティラミス

  • リストランテ カノフィーロ - 2016年12月17日のマキアート

    2016年12月17日のマキアート

  • リストランテ カノフィーロ - 2016年11月5日のメニュー・ディ・セーニャ

    2016年11月5日のメニュー・ディ・セーニャ

  • リストランテ カノフィーロ - ビーツの冷製スープ キタアカリのニョッキとオレンジ

    ビーツの冷製スープ キタアカリのニョッキとオレンジ