流川耽溺 : 白鷹

この口コミは、raccostarさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

raccostar

raccostar(3841)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]50代後半・男性・神奈川県

3

  • 夜の点数:4.6

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス4.0
    • | 雰囲気4.5
    • | CP4.0
    • | 酒・ドリンク4.5
  • 使った金額(1人)
    ¥20,000~¥29,999
3回目

2019/04訪問

  • dinner:4.6

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 4.5
    使った金額(1人)
    ¥20,000~¥29,999

流川耽溺

祝日の夜です。

広島の流川です。

寒い。今夜は寒い。しかも降りしきる冷たい雨。

五泊六日の旅にそんな重装備は持ち歩いておりません。サマーセーターでなんとか凌ぎます。

でもそんな天気の中、新装された原爆資料館には半袖ポロシャツの欧米系のYOU達が、傘をさしながら一時間待ちの列におとなしく並んでいます。

いくら基礎体温が高めとはいえ、半袖、しかもそれ一枚。やはり狩猟民族の体力は計り知れません。

記念公園から本通りのアーケード街を抜け、こちらに到着したのが六時前。

暖簾をくぐると先客がお一人。

ラッコは奥の板場の職人さんの前に座ります。
その左手では、二代目の親方が焼き場、揚げ場、蒸し場、煮方を差配し、カウンター全体を見回します。

『以前はいつでしたかねぇ?』と板場の職人さん。

『昨年の七月、あの豪雨被害の直後でした』とラッコ。

『今日も地物を揃えておりますので、ごゆっくりして下さい』と微笑む隣の二代目。

後ろを入れていない、ということだな。

嬉しい気配りに感謝しつつ、自分で三時間コースの組み立てを考えます。

こちらは、頼めばコース仕立ても用意されるのでしょうが、基本は割烹小料理屋さんなので、当日の単品メニューを見ながら、食べたいものを好きに選ぶ自由が有ります。

まさにラッコの流儀にかなう店。
地産地消が基本なのも嬉しいところ。

地酒に絞り、のんびり、マッタリ、流川の夜を過ごします。

いただいたものは以下の通りです。

コメントは写真とともにお読みください。


<お料理>
●お通し:蕨、筍、才巻、鯛の子
●衣被
●玉蜀黍
●空豆
●新牛蒡のキンピラ
●刺身:四点盛り
・〆鯖:牡蠣筏付きの鯖
・赤ウニ:山口
・蒸し鮑
・真子鰈
●太刀魚:塩焼き
●虎ハゼ(虎ギス)の天ぷら
●もずく酢
●カチョカバロの磯辺焼き
●紋甲烏賊と赤ウニ
●干しこの子
●オニギリ:紫蘇昆布
●お味噌汁:浅利

<お酒>
●マスターズドリーム
●白鷹:極上播州特A
●宝剣:特別純米生酒
●富久長:扁平精米純米
●亀齢宝亀:特別純米無濾過原酒
●八幡川:超辛口純米
●雨後の月:吟風咏月純米大吟醸大和屋別注
●賀茂鶴ゴールド
合計およそ五合

  • 白鷹 - お造り四天盛り。〆鯖、蒸し鮑、赤ウニ、真子鰈。全て瀬戸内産。〆鯖は牡蠣の養殖筏の周辺を泳いでいる、瀬付きならぬ筏付きの鯖。真子鰈は〆て八時間ルール。先代の教えを忠実に守ります

    お造り四天盛り。〆鯖、蒸し鮑、赤ウニ、真子鰈。全て瀬戸内産。〆鯖は牡蠣の養殖筏の周辺を泳いでいる、瀬付きならぬ筏付きの鯖。真子鰈は〆て八時間ルール。先代の教えを忠実に守ります

  • 白鷹 - 不要な水分が飛んで、身が盛り上がります。炭火なので余分な脂も抜け、まさに絶品(^ν^)

    不要な水分が飛んで、身が盛り上がります。炭火なので余分な脂も抜け、まさに絶品(^ν^)

  • 白鷹 - 虎ハゼの天ぷら。中骨の唐揚げも嬉しい。通称虎ハゼですが、実は虎ギスが正式のお名前。ホクホクの白身は美味い。葱坊主と一緒にいただきます

    虎ハゼの天ぷら。中骨の唐揚げも嬉しい。通称虎ハゼですが、実は虎ギスが正式のお名前。ホクホクの白身は美味い。葱坊主と一緒にいただきます

  • 白鷹 - お通し。空豆と蕨、鯛の卵、蕗。才巻き、お出汁はゼリーで固めています。木の芽の香りは好きだなぁ(^◇^)

    お通し。空豆と蕨、鯛の卵、蕗。才巻き、お出汁はゼリーで固めています。木の芽の香りは好きだなぁ(^◇^)

  • 白鷹 - 紋甲烏賊と赤ウニ

    紋甲烏賊と赤ウニ

  • 白鷹 - どんつきの先には鳥居があります

    どんつきの先には鳥居があります

  • 白鷹 - 衣被、薬味はきな粉塩。きな粉の香りが芋の土の香りとマリアージュ

    衣被、薬味はきな粉塩。きな粉の香りが芋の土の香りとマリアージュ

  • 白鷹 - 広島産のトウモロコシ。アンマイ(^◇^)

    広島産のトウモロコシ。アンマイ(^◇^)

  • 白鷹 - 衣被の中身を食べた後

    衣被の中身を食べた後

  • 白鷹 - 湯がきたての空豆

    湯がきたての空豆

  • 白鷹 - 注文してから炒り付ける新牛蒡のキンピラ

    注文してから炒り付ける新牛蒡のキンピラ

  • 白鷹 - 切れ目がちゃんと入っています。後ろを指でつまむと、ポニュッと飛び出します(^◇^)

    切れ目がちゃんと入っています。後ろを指でつまむと、ポニュッと飛び出します(^◇^)

  • 白鷹 - 太刀魚の塩焼き。レモンも大きいかも

    太刀魚の塩焼き。レモンも大きいかも

  • 白鷹 - 手前が葱坊主。こいつの天ぷらは初めて。ウンマイ。この季節限定かな?

    手前が葱坊主。こいつの天ぷらは初めて。ウンマイ。この季節限定かな?

  • 白鷹 - 中骨の唐揚げはホントにウンマイ

    中骨の唐揚げはホントにウンマイ

  • 白鷹 - 瀬戸内の太刀魚。この肉厚は凄い。こんなサイズ滅多に揚がらない筈。焼き物は他に喉黒、鰻、穴子が選べますが、この時期、鰻は養殖ということで、この太刀魚が今日のお店の一押しでした(^◇^)

    瀬戸内の太刀魚。この肉厚は凄い。こんなサイズ滅多に揚がらない筈。焼き物は他に喉黒、鰻、穴子が選べますが、この時期、鰻は養殖ということで、この太刀魚が今日のお店の一押しでした(^◇^)

  • 白鷹 - これだけは宗谷岬産。九月の数日しか摘まれません。漁協が管理し、都度都度、出荷されるようです。ネバネバが半端有りません(^◇^)

    これだけは宗谷岬産。九月の数日しか摘まれません。漁協が管理し、都度都度、出荷されるようです。ネバネバが半端有りません(^◇^)

  • 白鷹 - 吉田牧場のカチョカバロの磯辺焼き

    吉田牧場のカチョカバロの磯辺焼き

  • 白鷹 - 山葵と醤油で混ぜ混ぜ

    山葵と醤油で混ぜ混ぜ

  • 白鷹 - 海苔を所望します

    海苔を所望します

  • 白鷹 - 即席のイカウニ手巻きの完成です

    即席のイカウニ手巻きの完成です

  • 白鷹 - 干しこの子。瀬戸内の海鼠の産地、周防大島産

    干しこの子。瀬戸内の海鼠の産地、周防大島産

  • 白鷹 - 大野の浅蜊の合わせ味噌椀

    大野の浅蜊の合わせ味噌椀

  • 白鷹 - 大女将が握るオニギリ。紫蘇昆布を選びました

    大女将が握るオニギリ。紫蘇昆布を選びました

  • 白鷹 - オニギリに付いている香の物

    オニギリに付いている香の物

  • 白鷹 - 呉の銘酒。限定品

    呉の銘酒。限定品

  • 白鷹 - 白鷹の播州特Aはたけの酒米使用品。大好きやねん(^◇^)

    白鷹の播州特Aはたけの酒米使用品。大好きやねん(^◇^)

  • 白鷹 - 安芸津の銘酒。精米機メーカーのサタケと組んだ扁平米で仕込みます

    安芸津の銘酒。精米機メーカーのサタケと組んだ扁平米で仕込みます

  • 白鷹 - 雨後の月。酒卸の大和屋とコラボした別注品

    雨後の月。酒卸の大和屋とコラボした別注品

  • 白鷹 - 西条の銘酒、亀齢の隠し酒。こんなの酒屋に出回らないよ\(//∇//)\

    西条の銘酒、亀齢の隠し酒。こんなの酒屋に出回らないよ\(//∇//)\

  • 白鷹 - 八幡川。佐伯区の酒蔵

    八幡川。佐伯区の酒蔵

  • 白鷹 - 最初はビール、寒いけど・・・

    最初はビール、寒いけど・・・

  • 白鷹 - 通り沿いの看板

    通り沿いの看板

  • 白鷹 - それにしても灘の白鷹のロゴデザインはカッコ良い

    それにしても灘の白鷹のロゴデザインはカッコ良い

2回目

2018/07訪問

  • dinner:4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥30,000~¥39,999

流川逍遥

金曜日の夜です。

広島は流川です。
中国地方随一の夜の街ですが、やはり豪雨災害の影響なのか、心なしか歩く人は少な目。

一年ぶりにお伺いしたこちらのお店も、関東からのお客様のキャンセルが、いくつか生じたようです。

六時前ですが、行燈が灯っていることを確認し、引き戸を開けます。

最初の客でした。板前さんの正面に座ります。

昨年は両隣を賑やかな方に囲まれ、一人静かに盃を傾けることは出来ませんでしたが、今夜はその願いも叶いそう。

レモングラスの香るキリッと冷えたオシボリで両手の汗を拭い、エビスの中瓶で取り敢えず、喉を潤します。

クゥー! アウーッ!
喉がゴキュゴキュ、歓声を上げている。

美味しいものを好きなだけ食せる健康体に乾杯。

いただいたものは以下の通りです。

全てオーソドックスな割烹料理の数々。トリュフやキャビアなどの外来ものは使わず、虚飾を排した仕上がりが、小デブの胃袋をつかみます。

今夜の食事で再確認しましたが、私はやはり保守的なのかも。

和の食材。それも地場産で織りなすその街の味が大好き。それが故郷の、子供の頃から舌が記憶している味ならこの上なし。

地産地消、万歳。

たいへん美味しくいただきました。
そしてご馳走さまでした。

<お料理>

●アコウの煮凍り:
瀬戸内産。関東ではキジハタかな。今が旬。チャンクした身も煮汁も美味い。柚子の香りがアクセント

●枝豆:
湯がきたて。割烹なので、当たり前ですが両端を綺麗に切りそろえています。瀬戸内の細かい塩を振りかけ目の前に。青い香りが鼻腔を突き抜けます。アッチッチー。つまむ指が悲鳴

●お造りの四点盛り:
白いか:
いわゆる剣先イカ。ソーメン仕立て。チョー、ネットリ。これは後から赤ウニと合わせよう

伊佐木:
肉厚、尻尾側の身なので、繊維が太く、グミュッっとした食感。鯛と似た旨味

真鯛:
切り口にキラリと光る脂。鯛は魚の王様です

鳥貝:
これも瀬戸内産。名残かな

●天然鰻の白焼き:
宇品の汽水域で網にかかりました。炭火なので皮目も身の表面もカリッカリで中身はシットリ。ゴーヤの煮物添え。肉厚で皮裏が甘い、さすが天然

●天然鰻の肝焼き:
太い。鮮度が違う。真ん中の白い部分は卵。これからマリアナ海溝への長い旅路。大事に卵を抱えて太田川から降って海に出たのに、敢え無く漁師さんの網にかかってしまいました。
卵はフワフワのスフレのような食感。舌の上で溶けました。まるで淡雪

●ウニホーレン:
ほうれん草を軽く湯通しし、雪印バターでソテー。仕上げに日本海側の山口の赤ウニを加え、軽くフライパンを一振り。
バターの塩味と黒胡椒の刺激で食べさせる一皿。何故か小学生の頃の家庭科の授業を思い出しました。もちろん、生ウニは入っていませんでしたが

●生穴子の炭焼き:
こちらも白焼きで。酢橘の香りとヤマモモの酸味が繊細な穴子臭とマリアージュ

●天然じゅん菜酢:
西条産。小粒だけどゼラチン質の面積が大きい。青柚子の香りも合う。酢まで全て飲み干しました。口直しに最適

●吉田牧場のカチョカバロ磯辺焼き:
炙ったカチョカバロはバターの香り。海苔は勿論、三國屋。伊勢丹や高島屋でも販売している西日本随一の海苔商店

●きんぴら牛蒡:
お野菜も摂らないと

●白イカと赤ウニ:
手巻きにします。メニューに無いのに所望してしまいました。だって絶対、合うもん。美味しいんだもん。
最後はこざらの中で混ぜ混ぜして味変

●フィレ肉の炭焼き:
100g単位で肉屋さんに真空パックをお願いしているそう。フィレとロースを見せていただき、脂の少ないフィレをチョイス。
牛は神石か三次で飼育されている、いわゆる広島牛。

●沢煮椀:
小デブの大好物。豚の背脂のコクが胃袋を刺激します。野菜は分かる限りですが、アスパラガス、シメジ、人参、牛蒡、大根、オクラ、椎茸、蓮根、モロッコインゲン、隠元、クワイ、アボカド、エノキ、水前寺海苔、じゅん菜、他にもまだ入っていそう

●トウモロコシご飯:
トウモロコシがある事を知り、ご飯に混ぜていただきました

●お漬物:
青ウリ、ナス、カブ、生食可能なカボチャ

<お酒>

●エビスビール:中ビン
●白鷹:純米大吟醸、灘
●賀茂鶴:大吟醸、西条
●宝剣:純米吟醸八反錦、呉
●八幡川:夏限定超辛口純米酒、広島
各一合なので計四合

  • 白鷹 - お造りの四点盛り。山葵は静岡からタネ分けした吉和産。

    お造りの四点盛り。山葵は静岡からタネ分けした吉和産。

  • 白鷹 - 宇品の汽水域で網にかかった天然鰻の白焼き

    宇品の汽水域で網にかかった天然鰻の白焼き

  • 白鷹 - ウニホーレン

    ウニホーレン

  • 白鷹 - 天然鰻の肝。白い部分は卵。これから産卵にマリアナ海溝まで長い旅路の直前に網にかかっちゃいました。ゴメンね

    天然鰻の肝。白い部分は卵。これから産卵にマリアナ海溝まで長い旅路の直前に網にかかっちゃいました。ゴメンね

  • 白鷹 - 広島牛のフィレ肉、炭火焼き

    広島牛のフィレ肉、炭火焼き

  • 白鷹 - 白イカと赤ウニ

    白イカと赤ウニ

  • 白鷹 - 沢煮椀

    沢煮椀

  • 白鷹 - 穴子の白焼き。赤いのは山桃

    穴子の白焼き。赤いのは山桃

  • 白鷹 - アコウの煮凍り、これぞ割烹の腕の見せ所

    アコウの煮凍り、これぞ割烹の腕の見せ所

  • 白鷹 - 注文してから湯がきます

    注文してから湯がきます

  • 白鷹 - 真鯛の表面の脂の煌めきが写っているかな?

    真鯛の表面の脂の煌めきが写っているかな?

  • 白鷹 - 向原産の豆胡瓜。スイカの白いところのような味

    向原産の豆胡瓜。スイカの白いところのような味

  • 白鷹 - 中には天然鰻の白焼きが

    中には天然鰻の白焼きが

  • 白鷹 - ちょっと遊んでしまいました。興奮していたので(^◇^)

    ちょっと遊んでしまいました。興奮していたので(^◇^)

  • 白鷹 - 西条の生じゅん菜

    西条の生じゅん菜

  • 白鷹 - カエルの卵みたい

    カエルの卵みたい

  • 白鷹 - ゼラチン質が豊富

    ゼラチン質が豊富

  • 白鷹 - 箸休めのキンピラゴボウ

    箸休めのキンピラゴボウ

  • 白鷹 - 吉田牧場のカチョカバロの炙り磯辺

    吉田牧場のカチョカバロの炙り磯辺

  • 白鷹 - 手巻きで

    手巻きで

  • 白鷹 - トウモロコシご飯

    トウモロコシご飯

  • 白鷹 - お漬物

    お漬物

  • 白鷹 -
  • 白鷹 -
  • 白鷹 - 賀茂鶴に入っている金粉が二枚。寄り添います。

    賀茂鶴に入っている金粉が二枚。寄り添います。

  • 白鷹 -
  • 白鷹 -
  • 白鷹 - ケンゾーのワインが揃います

    ケンゾーのワインが揃います

  • 白鷹 - 単価はやはり高い

    単価はやはり高い

1回目

2017/07訪問

  • dinner:4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥20,000~¥29,999

流川漂流

木曜日の夜です。

生まれ育った広島です。

実家の両親に元気な顔を見せ、一人、平和記念公園、本通り、流川をブラブラ散策します。

八十を超えた二人のことを考えると、敢えてホテルに泊まります。
いざ実家に泊まると、部屋を掃除したり、布団を干し直したり、色々と面倒が生じますよね。私が帰った後に、ドォーッと疲れが襲ってきて、寝込まれてしまっても困るので。

それにしても広島は暑い。

ホテルで一休みし、再び、流川に向かいます。
まだ明るいので、中四国随一の繁華街に隠微な空気は有りません。

小デブが子供の頃は、仁義なき戦いシリーズの舞台。共政会と山口組。足を踏み入れる勇気は有りませんでした。

ちょっと古い路地のドン突きに、白鷹のロゴを発見。西宮の酒蔵と同じロゴマークです。

書体は分からないけれど、デザイン化された漢字は美しい。完璧なスタイル。意味は理解しないけど、漢字の墨を入れるYOU達の気持ちが良くわかります。

引き戸を開けると、着物姿も艶やかなお姉様が一人カウンターに・・・

おおっー、同伴。恐らく社長待ち。
さすが流川。

カウンターの中には、割烹着のおば様、若い板さんがお二人いらっしゃいます。

帳場を仕切る女将が奥から出てきました。
美人。典型的な瓜実顔。思わず背筋が伸びる小デブ。

牛田新町小学校の初恋相手のゆかりちゃんに似ている。鼓動が早まる。血圧も上がる。

いかん!

旅先での客死など、シャレにもならん。サイン・コサイン・タンジェントと算数を呟き、興奮するハートにブレーキを掛けます。

程なく、品位は薄口だけどマネーで補える社長様が現れ、同伴完成。
他に『センセー、先生』と、代議士だか医学部の教授だかを声だかに接待する社用族三名。
ご常連のご高齢夫婦(前夜は銀座のアリスで愉しまれたそうです)、お一人様の出張者、で満席となりました。

前評判から、しっぽりと一人で白鷹を愛でる雰囲気を期待して居たのですが、なかなかの賑やかさ。

理想と現実は一致しません。
でも一つ一つの料理は美味しかった。

割烹の醍醐味を味わえました。

いただいたものは以下の通り。
変わらず、食べ過ぎ飲み過ぎの贅沢な時間。健康に乾杯。
そしてご馳走様でした。

追伸:
親方が少しだけ顔を出されました。
脳溢血か何かで倒れられた後のリハビリ中とのこと。件のゆかりちゃんは奥様?まさかの娘さん?

<料理>

オシボリ:
レモングラスの香りが漂います。いきなりのジャブに早くもダウン寸前。

●お通し:
豆乳豆腐。スプーンもアイスペールで冷却済み。さすが、流川。

●衣被:
里芋の一種。手で摘んでツルッと押し出します。まるでゴリラの乳首。きな粉塩を振りかけます。

●枝豆:
作り置きでは有りません。注文を受けてから、その都度湯がきます。

●アコウ:
ハタの一種。高級魚。勿論瀬戸内産。アムッアムッと抜群の弾力。

●真子鰈:
尻尾部分を短冊で。瀬戸内産

●タイラギ:
平貝の別名。瀬戸内産。愛知より旨味が強いのは地元贔屓の錯覚か。

●戻りカツオ:
薬味は、揚げニンニクチップ、小玉ねぎのスライス、カイワレ大根、大葉と茗荷。紅葉おろしを乗っけて自家製ポン酢で。

●小鰯:
七回洗って鯛の味、と祖母が言うとりました。確かにその通り。今が生の旬。東京では冷凍しかないので、婆ちゃんの顔を思い出しながら、ウルッ、とする小デブ。別にゆかりちゃんの気を引いている訳では有りません。
お昼の寿司屋と比べ、鮮度も違えば手当も違う。

●赤ウニ:
聞かなかったけど、日本海側の山口あたりか、愛媛、もしくは徳島?

六種類のお造りをいただきましたが、薬味の本山葵がなんと、広島は中国山地の西のはずれに近い吉和町産。
調べたら、島根県益田市の匹見山葵が日本三大山葵の一つとのこと。距離も20km程度と近いので、その流れでしょうか。

●鯛の酒盗:
鮎の焼ける間、お酒のアテに出していただきました。
鯛の内臓です。全く臭みは有りません。強目の塩味が白鷹を引き立てます。

●鯵の南蛮漬け:
瀬戸内の豆アジと思いきや、かなりの大型。鰹出汁の効いた酢が小デブの舌をくすぐります。勿論全て飲み干します。
『あーら、綺麗なお皿だこと・・・』ゆかりちゃんの気を引けました。

●天然鮎の塩焼き:
地元の太田川産。小デブが子供の頃、泳いでいた川。
頭から丸齧り。皮はパリッと、身はシットリと。直火の遠火で時間をかけただけの逸品。
蓼酢も美味い。飲み干します。

●吉田牧場のチーズ:
カチョカヴァロの磯辺巻き。
まるでバター。自宅のフライパンで焼いて、アボカドに乗せると美味そう

●浅蜊の酒蒸し:
宮島の対岸の大野産。そういえばガキンチョの頃、潮干狩りをしておりました。

●天然鰻の白焼き:
広島湾であえなく漁師さんに捕まる。残念。マリアナ海溝まで帰省して、沢山産卵して欲しかった。

●沢煮椀:
25種類の野菜入りとのこと。判明したのは、ベビーコーン、人参、椎茸、大根、ジュンサイ、レンコン、エノキ、しめじ、ごぼう、クワイ、インゲン、アボガド、アスパラガス、ナタ豆、キュウリ、アロエ、水前寺のり、カブ、の18種類。
野菜ソムリエが隣にいれば良かった。


<お酒>

●山崎12年:ハイボール
●白鷹:特選 二合、灘
●宝剣:純米吟醸 二合、呉

  • 白鷹 - 9時の位置から、小鰯、鰈、アコウ、赤ウニ、タイラギ

    9時の位置から、小鰯、鰈、アコウ、赤ウニ、タイラギ

  • 白鷹 - 太田川の鮎の塩焼き

    太田川の鮎の塩焼き

  • 白鷹 - 吉田牧場のカチョカヴァロの磯辺巻き

    吉田牧場のカチョカヴァロの磯辺巻き

  • 白鷹 - 広島湾の天然鰻の白焼き

    広島湾の天然鰻の白焼き

  • 白鷹 - 25種類の野菜が入った沢煮椀

    25種類の野菜が入った沢煮椀

  • 白鷹 - 戻り鰹のタタキ

    戻り鰹のタタキ

  • 白鷹 - 衣被の断面

    衣被の断面

  • 白鷹 - 大野の浅蜊の酒蒸し

    大野の浅蜊の酒蒸し

  • 白鷹 - 鯵の南蛮漬け

    鯵の南蛮漬け

  • 白鷹 - お造り。生姜と山葵用の醤油皿が二つ

    お造り。生姜と山葵用の醤油皿が二つ

  • 白鷹 - 登り鮎

    登り鮎

  • 白鷹 - その都度茹でる枝豆

    その都度茹でる枝豆

  • 白鷹 - 鯛の内臓の酒盗

    鯛の内臓の酒盗

  • 白鷹 - 豆乳豆腐

    豆乳豆腐

  • 白鷹 - 衣被

    衣被

  • 白鷹 - 懐かしの黒電話

    懐かしの黒電話

  • 白鷹 - この日のお勧め

    この日のお勧め

  • 白鷹 - 有名な書家が書いたんだろうなぁ

    有名な書家が書いたんだろうなぁ

  • 白鷹 - 路地のドン突き

    路地のドン突き

口コミが参考になったらフォローしよう

raccostar

raccostar

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

raccostar(3841)さんの他のお店の口コミ

raccostarさんの口コミ一覧(850件)を見る

この店舗の関係者の方へ

ユーザーから投稿された口コミに対して、お店側からお礼や情報追加などの返信を行ってみませんか?

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名 白鷹 (はくたか)
ジャンル 割烹・小料理、魚介料理・海鮮料理、郷土料理(その他)
予約・
お問い合わせ

082-241-0927

予約可否

予約可

住所

広島県広島市中区流川町1-6

交通手段

広電本線胡町駅 徒歩約5分

胡町駅から231m

営業時間・
定休日

営業時間

17:00~24:00

定休日

日曜・祝日

営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。

予算(口コミ集計)
[夜]¥20,000~¥29,999

予算分布を見る

支払い方法

カード可

(JCB、AMEX、Diners)

席・設備

個室

禁煙・喫煙 完全禁煙
駐車場

空間・設備

落ち着いた空間、カウンター席あり、座敷あり

メニュー

ドリンク

日本酒あり、焼酎あり、ワインあり

料理

野菜料理にこだわる、魚料理にこだわる

特徴・関連情報

利用シーン

接待 一人で入りやすい 知人・友人と

こんな時によく使われます。

ロケーション

隠れ家レストラン

お店のPR

味、酒、雰囲気と三拍子が揃った、路地裏の名割烹

広島随一の繁華街、流川町の路地裏に暖簾を掲げ約60年。市内でも最も古い割烹のひとつがここ【白鷹】です。その名は、前身である大正年間創業の万屋にあり、当時灘の酒『白鷹』 を扱っていたことに由来。初代が創業時に灘の酒蔵までお願いに出向き、屋号を授かったといいます。もちろん、その『白鷹』は広島の地酒とともに今も店の顔に。そんな酒と合わせるのが、手仕事の光る料理です。昔からのこだわりという刺身は、鮮...

初投稿者

いてりーいてりー(27)

最近の編集者

編集履歴を詳しく見る

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

「白鷹」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗準会員(無料)にご登録ください。ご登録はこちら

この店舗の関係者の方へ

食べログ店舗準会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。

店舗準会員になって、お客様に直接メッセージを伝えてみませんか? 詳しくはこちら

周辺のお店ランキング

流川×日本料理のランキング(点数の高いお店)です。

  • 1位

    白鷹 - 料理写真:舞茸と酒盗玉子(付きだし)

    白鷹 (割烹・小料理、魚介料理・海鮮料理、郷土料理(その他))

    点数: 3.80

    [ 口コミ 30 ]

  • 2位

    とみ助 - 料理写真:

    とみ助 (割烹・小料理、魚介料理・海鮮料理)

    点数: 3.75

    [ 口コミ 67 ]

  • 3位

    石まつ 三代目 - ドリンク写真:

    石まつ 三代目 (居酒屋、魚介料理・海鮮料理、割烹・小料理)

    点数: 3.58

    [ 口コミ 44 ]

  • 4位

    安芸茶寮 - 内観写真:ゆったりとしたカウンター

    安芸茶寮 (懐石・会席料理、割烹・小料理、寿司)

    点数: 3.56

    [ 口コミ 58 ]

  • 5位

    ひぐち - 料理写真:河豚ですよ!

    ひぐち (懐石・会席料理、割烹・小料理)

    点数: 3.55

    [ 口コミ 33 ]

食べログ限定企画

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ