台風19号の影響にともない、サイトに掲載の営業日、営業時間通りの営業が困難な場合がございますので、事前にご確認ください。

愛しの「じゃんぼかつ丼」再訪、再感動♪ : ゆき藤

この口コミは、kazutansさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

kazutans

kazutans(1141)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]男性・群馬県

2

  • 昼の点数:4.0

    • [ 料理・味4.0
    • | サービス4.0
    • | 雰囲気4.0
    • | CP4.0
    • | 酒・ドリンク4.0
  • 使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999
2回目

2017/12訪問

  • lunch:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

愛しの「じゃんぼかつ丼」再訪、再感動♪

【 (119) メガ盛行脚レビュー その32-2】

家族で沼田に出掛けたついでに、群馬県下のメガ盛各店でも、5本の指に入るとされる、正に屈指のデカ盛り店を再訪してきた。昨晩、少々呑み過ぎたこともあり、多少胃腸の調子が悪くて、本日の『メガ盛』はやめておこうかとも考えたのだが、お目当てにしていた別の店が休業だったので、急遽こちらへ行くことになり、ここへ行くのならやはり、、、と考えての『メガ盛』チャレンジである。

【再訪】

『とんかつのゆき藤』
群馬県沼田市久屋原町531
0278-22-5805


関越自動車道沼田 IC を降りて、R120 へ左折(東折)して乗り、「日光・尾瀬・老神」方面に向かうと、IC 出口から東進すること 3.5km 程の道路右手(南側)に『とんかつのゆき藤』はある。

この R120 の道筋は、正式には「日本ロマンチック街道」と呼ばれているが、通称「上州沼田とんかつ街道」とも呼ばれており、一番人気の『とんかつのゆき藤』を初め、『食事処あづま』『とんかつ げんき』『とんかつトミタ』『とんかつ金重』『和八』など、人気店が近隣にずらりと立ち並ぶ「とんかつ」の大激戦区でもある。〔2016.1.15(水)に、この道筋にある10店舗が手を携えて「上州沼田とんかつ街道」を発足し、スタンプラリーや各種企画を行っている。因みに『ゆき藤』は未加盟である〕


本日の沼田行はりんごの購入がその趣旨である。いつものように、奥さんとお袋の3人連れでのお出かけだ。『たくみの里』の『ふれあいの家』を営業している「本多果樹園」がお袋の行きつけで、そこへドライブがてら出向き、りんごを購入、「りんご狩り」など一切なしの、ただただ購入するだけの訪問だ。ただ買うだけなら、わざわざ出向かなくても、、、との声が聞こえてきそうだが、そこはお袋の趣向にお付き合いなのである。親孝行の一環と言うことでご容赦戴きたい。そのお昼ご飯にこちらへ寄ってきた。


『とんかつのゆき藤』には、2017.4.22(土)に初訪、「じゃんぼかつ丼」2,600円、かつ丼本体総重量(実測値)2,509g を、9分52秒8 で既に平らげているのだが、懲りない『メガ盛』通の私としては、せっかく来たんだからと、本日もまた「じゃんぼかつ丼」2,600円に再挑戦すると言う流れになった。全くもってどうしていつもこうなんだろう。。。(笑´∀`)

前回の訪問時間は 12:10、その折りは既に満席状態になっていて 4組の空席待ちをしたのだが、今回は 11:58 に現着、たまたまテーブル席 1席が空いていて、すぐに着席できた。
メニューを見ながら注文品を検討している間にどんどん来店客があって、あっという間に満席となり、我々が退店するまでの間に、何組もの退店客がいる中、空席待ちの列がなくなることはなかった。さすがは沼田一の「とんかつ」人気店。その繁盛振りは正に恐るべしだ。
また、退店時に駐車場の車のナンバープレートを見ると、県外ナンバーの車が何台もあって、その知名度の高さにも驚かされた。


こちら『とんかつのゆき藤』には、最終兵器とも言える「世界一」と言う名の「超巨大かつ丼」がある。このメニューは要予約、価格 8,600円、米一升の代物で、グループシェアを基本としており、本来単独制覇は想定外のメニューである。
店内に貼られている「世界一」を記した数多くの色紙も、グループシェアによる完食が目についた。
いずれにしても、私には確実に制覇不能のメニューである。。。(>o<)


と言うことで、今回食したのも、やはりこちらの №2 メニューである。


「じゃんぼかつ丼」2,600円


女将さんが注文を受けに来てくれ、お袋の「わかめラーメン」、奥さんの「ロースかつ レディス」の後、私の「じゃんぼかつ丼」を発注したところ、

「『じゃんぼかつ丼』なら、3人でも他のものは何も要らない。充分に足ります。」

と返ってきた。3人でシェアして食べるのが良かろうとのサジェスチョンのようであったので、

「いやいや、『じゃんぼかつ丼』は私 1人で食べます。あそこに貼られてますから。」

と、前回チャレンジ成功の折りの色紙を指し示すと、

「あっ、あちらの方。それは失礼しました。『じゃんぼかつ丼』ねぇ~、はい、お待ちくださーい。」

と、ようやくにして注文が通る。
「あちらの方」と言う表現は、「あちらの色紙の方」と言う意味が含まれているのだろうが、何やら「行っちゃってる方」とか「人間の域を越えちゃってる方」「普通の人と違っちゃってる方」のような意味合いが感じられ、「おいおい、そこまででは、、、」と思って、少々笑わせて戴いた。(笑´∀`)

店舗として「じゃんぼかつ丼」の受注には、毎回、細心の注意を払っていらっしゃるようで、通常量ではないことを知らずに頼むお客さんがかなり多いのであろうと、逆にその量の凄さを思わずにはいられなかった。


注文から10分程で、私以外の二人の配膳が済み、後は私の「じゃんぼかつ丼」のみとなって、二人の品に遅れること 3分余り、注文から 13分程で「じゃんぼかつ丼」が配膳となった。
退店していくお客さんや入店するお客さんが、私の品に気づくと、皆々一瞬目を見張り、中には「大っきい~!」と何度となく声に出すお客さんもいた。


配膳写メを撮影し、「かつ丼」本体、「味噌汁」「キャベツ」「お新香」と計量をして、徐に実食へと移った。

公称値 米 4合に、横幅18cm × 縦長 8~10cm × 厚さ 1cm の巨大「とんかつ」が2枚載っている姿は、相変わらずの圧巻であった。それが盛られた器のサイズは、直径 24cm、高さ 10.5cm。一目見てその大きさに圧倒されること請け合いである。
蓋をかぶった状態で配膳され、見た目、お重のような上品な出で立ちなのだが、その蓋を開けると、お上品どころか、凶悪な面持ちで襲いかかってくるかのような錯覚さえ覚える。

とんかつの隙間となる丼の周縁部を具材のタマネギと閉じた玉子が覆い、下に埋もれる4合の米をまるでひた隠しに隠しているかのようだ。二度目のご対面なのだが、やはり凄いことには変わりがない。


お味の方だが、今回もまた、とにかく「とんかつ」が箸で楽々切れる。柔らかく繊細な味わいであり、上質な肉を使用して、店主が丁寧に揚げているのであろう。調理する者の心がこもっているのが伝わってくる味わいであった。チャレンジとして、やや早食いで戴いていてもその旨さが、しっかりと伝わってくる。

味付けはやや甘め、実に食べ易い「かつ丼」である。前回は、なかなかのつゆだくであったが、今回はつゆの量が抑えられていて、程良い量であった。米のぱさつき感をなくしてくれるのに充分なつゆの量で、それでいてご飯が解れて食しにくいというようなことのない、正に適量のつゆであった。


味噌汁の器が大きいのは、「じゃんぼかつ丼」だからと言うわけではなく、奥さんの「ロースかつ レディス」の味噌汁の椀も同サイズであった。けっこうな量かと思いきや、盛り方が 6分目程度だったので、もてあます程の量ではない。喉湿し、箸休めにちょうどいい量である。

キャベツも適量であろうか。分量的には 100g 少々であるから驚く程の分量ではない。通常のとんかつの枕として敷かれているのと同量程度だと言えよう。今回は、付属するフレンチドレッシングをかけて一番最後に戴いた。

お新香はご愛敬、一口でぺろりである。


こちら『とんかつのゆき藤』、メガ盛系のお店でありがちな、「多かろう不味かろう」と言うことは一切ない。量だけが売りなのではなく、味で売っている店なのである。
だいたいお店の混雑振りからしても、その点は一目瞭然である。誰もがこの「じゃんぼかつ丼」にチャレンジするわけではないのだから、通常メニューが旨くなければ、ここまで混み合うこともないだろう。

そんなこんなで、今回も無事に完食。完食時間は 9分16秒1。前回の完食時間 9分52秒8 をわずかに36秒ほど上回った。特に難航することもなくすんなりとした完食であった。若干不調な胃腸ではあったが、無事にチャレンジ終了である。


兎にも角にも、総じて実に美味しうござった。


前回、自分で書いて店に置いていった、店舗貼付用の完食記念「色紙」

「ジャンボ機撃墜」by kazutans

これが貼られているところを、こうして目に出来たのは嬉しい。女将さんは、「何回色紙を書いてもらっても好いんですよ」と仰ってくれたが、まあ、今回の色紙記入は遠慮しておいた。混雑する店内で、空席待ちの方々を更にお待たせしてもうまくないだろう。


さて、本日の実測値は、

「じゃんぼかつ丼」2,600円
総重量(実測値)2,620g
器サイズ
直径 24cm、高さ 10.5cm、器重量 715g

「味噌汁」総重量(実測値)338g
器サイズ
直径 15cm、高さ 7.5cm、器重量 48g
「キャベツ」総重量(実測値)122g(直接振りかけたドレッシングを含む)
器サイズ
直径 16.5cm、高さ 4.5cm、器重量 48g
「お新香」総重量(実測値)20g
器サイズ
縦長 9cm、横幅 6.5cm、高さ 2.5、器重量 48g

実食総重量 3,100g

半分量達成時間 : 4分24秒
完食時間 : 9分16秒1

訪問日 : 2017.12.3(日)


因みに、この体調であってもなお、この量を食し尽くさせる『とんかつのゆき藤』の味わいに評価点アップで答えたい。ご馳走様であった。〔評価点 3.7 → 4.0〕


やはり呑み過ぎはよくない。前日の深酒で、胃の入口(胃と食道の境)である噴門付近が炎症を起こしている可能性がある。時々、「何でこんなに」と後になって思う程、酒を呑み過ぎてしまうことがある。やはり酒に呑まれていたのだろう。

『酒は飲むべし飲むべからず』by 全辞書検索JLogos
○人生を楽しくするとか、人との付き合いに必要だという意味では酒は飲むべきである。しかし、飲みすぎて醜態をさらしたり、体をこわしたりするという意味では飲むべきではない。人それぞれの選択で決めればよいが、飲まないにこしたことはないということ。

『酒は飲むとも飲まるるな』by 全辞書検索JLogos
○酒は飲んでも一向にかまわないが、酔っぱらって理性を失ったり、他人に迷惑をかけたりするようでは酒に飲まれたも同然である。そんな飲み方はせず、適度に楽しめということ。


「愛酒詩」坂本龍馬

酒者可呑酒可飮
人生只有酒開膽
醉中快樂人無知
大地爲蓐天爲衣
英雄生涯眞乎夢
厭迄呑酒醉美姫

酒は呑むべし 酒は飲むべし
人生只だ酒有りて 膽(むね)を開く
醉中の快楽 人 知る無し
大地を蓐(しとね)と爲して 天を衣と爲す
英雄の生涯 真に夢なりて
厭く迄酒を呑みて 美姫に醉はん
酒は呑むべし 酒は飲むべし


坂本龍馬のように、お酒を楽しんで呑みたいものである。「美姫」に醉わなくともいいから、「醉中の快楽」は後悔することがないように存分に堪能したいものだ。(^^ゞ

  • ゆき藤 - 「じゃんぼかつ丼」2,600円

    「じゃんぼかつ丼」2,600円

  • ゆき藤 - 「じゃんぼかつ丼」接写。柔らかく繊細な味わいであり、上質な肉を使用して、店主が丁寧に揚げているのであろう。

    「じゃんぼかつ丼」接写。柔らかく繊細な味わいであり、上質な肉を使用して、店主が丁寧に揚げているのであろう。

  • ゆき藤 - 「じゃんぼかつ丼」「とんかつ」断面接写。「とんかつ」が箸で楽々切れる。柔らかく繊細な味わいである。

    「じゃんぼかつ丼」「とんかつ」断面接写。「とんかつ」が箸で楽々切れる。柔らかく繊細な味わいである。

  • ゆき藤 - 「じゃんぼかつ丼」2,600円 全セット。味付けはやや甘め、実に食べ易い「かつ丼」である。つゆの量が抑えられていて、程良い量であった。

    「じゃんぼかつ丼」2,600円 全セット。味付けはやや甘め、実に食べ易い「かつ丼」である。つゆの量が抑えられていて、程良い量であった。

  • ゆき藤 - 「じゃんぼかつ丼」上から。とんかつの隙間となる丼の周縁部を具材のタマネギと閉じた玉子が覆い、下に埋もれる4合の米をまるでひた隠しに隠しているかのようだ。

    「じゃんぼかつ丼」上から。とんかつの隙間となる丼の周縁部を具材のタマネギと閉じた玉子が覆い、下に埋もれる4合の米をまるでひた隠しに隠しているかのようだ。

  • ゆき藤 - 「じゃんぼかつ丼」半分量達成時点断面図。半分量達成時間は、4分24秒であった。

    「じゃんぼかつ丼」半分量達成時点断面図。半分量達成時間は、4分24秒であった。

  • ゆき藤 - 完食時間は 9分16秒1。前回の完食時間 9分52秒8 をわずかに上回った。

    完食時間は 9分16秒1。前回の完食時間 9分52秒8 をわずかに上回った。

  • ゆき藤 - うちの奥さんが注文した「ロースかつ レディス」1,370円

    うちの奥さんが注文した「ロースかつ レディス」1,370円

  • ゆき藤 - 「ロースかつ レディス」のとんかつ

    「ロースかつ レディス」のとんかつ

  • ゆき藤 - 「ロースかつ レディス」のとんかつ接写。

    「ロースかつ レディス」のとんかつ接写。

  • ゆき藤 - 「ロースかつ レディス」のとんかつ断面。

    「ロースかつ レディス」のとんかつ断面。

  • ゆき藤 - 『とんかつのゆき藤』メニュー表

    『とんかつのゆき藤』メニュー表

  • ゆき藤 - 『とんかつのゆき藤』店舗外観1。冬の日差しが南側から差し込んできて眩しいアングルであった。

    『とんかつのゆき藤』店舗外観1。冬の日差しが南側から差し込んできて眩しいアングルであった。

  • ゆき藤 - 『とんかつのゆき藤』店舗外観2

    『とんかつのゆき藤』店舗外観2

  • ゆき藤 - 『とんかつのゆき藤』店舗入口

    『とんかつのゆき藤』店舗入口

  • ゆき藤 - 『とんかつのゆき藤』大看板1〔店舗東側〕

    『とんかつのゆき藤』大看板1〔店舗東側〕

  • ゆき藤 - 『とんかつのゆき藤』大看板2〔店舗西側〕

    『とんかつのゆき藤』大看板2〔店舗西側〕

  • ゆき藤 - 『とんかつのゆき藤』店舗内観

    『とんかつのゆき藤』店舗内観

  • ゆき藤 - 『とんかつのゆき藤』テーブル付属の各種調味料類。「とんかつソース」

    『とんかつのゆき藤』テーブル付属の各種調味料類。「とんかつソース」

  • ゆき藤 - 『とんかつのゆき藤』店舗内観。「じゃんぼかつ丼」「世界一」のチャレンジャーたちの一筆が何枚となく掲示されている。

    『とんかつのゆき藤』店舗内観。「じゃんぼかつ丼」「世界一」のチャレンジャーたちの一筆が何枚となく掲示されている。

  • ゆき藤 - 『とんかつのゆき藤』店舗内観。この下の色紙が、前回の私のチャレンジ成功の証である。「ジャンボ機撃墜」by kazutans これが貼られているところを、こうして目に出来たのは嬉しい。

    『とんかつのゆき藤』店舗内観。この下の色紙が、前回の私のチャレンジ成功の証である。「ジャンボ機撃墜」by kazutans これが貼られているところを、こうして目に出来たのは嬉しい。

  • ゆき藤 - 『とんかつのゆき藤』店舗入口にも各種色紙が掲示されている。

    『とんかつのゆき藤』店舗入口にも各種色紙が掲示されている。

  • ゆき藤 - 「じゃんぼかつ丼」2,600円 総重量(実測値)2,620g.

    「じゃんぼかつ丼」2,600円 総重量(実測値)2,620g.

  • ゆき藤 - 「味噌汁」総重量(実測値)338g、「キャベツ」総重量(実測値)122g(直接振りかけたドレッシングを含む)、「お新香」総重量(実測値)20g。

    「味噌汁」総重量(実測値)338g、「キャベツ」総重量(実測値)122g(直接振りかけたドレッシングを含む)、「お新香」総重量(実測値)20g。

  • ゆき藤 - メニュー表の裏には、何やら書き込まれたメモが??

    メニュー表の裏には、何やら書き込まれたメモが??

  • ゆき藤 - 完食 !! ご馳走様でした。

    完食 !! ご馳走様でした。

  • ゆき藤 - 『たくみの里』の『ふれあいの家』を営業している「本多果樹園」にて購入した「サンふじ」

    『たくみの里』の『ふれあいの家』を営業している「本多果樹園」にて購入した「サンふじ」

  • ゆき藤 - 「サンふじ」に含まれているこの濃密な蜜が堪らない。因みに、「ふじ」を無袋で天日にさらして栽培したものが「サンふじ」で品種は全くの同種である。

    「サンふじ」に含まれているこの濃密な蜜が堪らない。因みに、「ふじ」を無袋で天日にさらして栽培したものが「サンふじ」で品種は全くの同種である。

1回目

2017/04訪問

  • lunch:3.7

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 3.0
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

じゃんぼ爆撃機を見事に撃墜!

【 (40) メガ盛行脚レビュー その32-1】

群馬県下のメガ盛各店でも、5本の指に入るとされる、まさに屈指のデカ盛り店


『とんかつのゆき藤』
群馬県沼田市久屋原町531
0278-22-5805


を、訪問する時が遂にやって来た。
2017.4.22.(土)、一大決心の後、満を持して北関東自動車道に乗り、高崎ジャンクションから一路関越自動車道を北上。走行時間40分ほどで到着。12:00に10分ほど余裕を持っての訪問となったのだが、流石は人気店。既に満席で、私を含めて4組の空席待ちとなった。10分少々待機していると席へのご案内。この屋のお孫さんであろうか、10代前半(前半も前半か?)の可愛らしい店員さんが誘導してくれた。

こちら『とんかつのゆき藤』には、最終兵器とも言える「世界一」と言う名の超巨大かつ丼があるが、このメニューは要予約、価格8,600円、米一升の代物で、グループシェアを基本としており、本来単独制覇は想定外なのではなかろうか。
お店に張られている数多くの色紙も、グループシェアによる完食が目についた。
が、管見にて詳細を知らぬだけで、世の中には化け物さんが数多くいらっしゃるから、この「世界一」すら単独制覇された方もいることだろう。
まっ、間違いなく私には無理であるが。。。(~_~;)


と言うことで、今回食したのは、こちらの№2メニュー


「じゃんぼかつ丼」2,600円


である。
先ほどの10代のお若いウェイトレスさんに注文をしたのだが、即座に女将さんが「じゃんぼ、大丈夫ですか」と確認に来た。
先ずは注文を制止したくなる量なのであろう。
実物を目にしたとき、正に巨大なる円盤型爆撃機を思わせる強烈なその見た目は、食さんとする者に恐怖を与え、それを遠巻きに見る者に驚嘆の声を上げさせるのである。

が、米4合と言う事前情報に大いにビビリつつも、注文後はゆったりと配膳を待った。巨大サイズのロースカツ2枚が載る丼なので、調理時間もそれなりにかかろうかというもの、焦らずただただ大人しく待った。

待つこと15分程度。ついに配膳。先ほどの10代前半と思われる可愛らしい店員さんが運んできてくれた。

蓋が載ったお重のような丸い平型丼。そのサイズは、

直径24cm、深さ10cm
かつ丼本体総重量(実測値)2,509g

その器からはみ出るかのように盛られた、長さ 20cm × 幅 8cm 強 × 厚さ約 1cm の大振りとんかつが2枚。
とんかつの隙間となる周りは具材のタマネギが覆い、下に埋もれる4合の米がそのままでは上からまるで見えない。

付属するのは、

「味噌汁」器直径 15cm、重量 334g
「キャベツ」器直径 17cm、深さ 5cm、重量 173g(直接振りかけたドレッシングを含む)
「お新香」重量 13g

である。取り敢えずの配膳時の総重量は、2,509 + 334 + 173 + 13、驚愕の 3,029g。正しく 3kg 超えの熾烈な戦いとなった。

お味の方だが、前評判通り、とにかくとんかつが箸で切れる。柔らかく繊細な味わいであり、調理人の心がこもっているのが伝わってくる。チャレンジ的な食し方をしてしまって申し訳なく感じるほどの旨さであった。
味付けはやや甘め、食べやすいつゆだくの卵とじかつ丼である。
このつゆによって、米のぱさつき感をなくしてくれるので、最後までのどに渇きを覚えることなく食せた。

味噌汁の器が大きく、けっこう量があるかと思ったが、盛り方が大人し目というか、6分目程度だったので、箸休めにちょうどいい量であった。
キャベツ・お新香はご愛敬だ。凶悪な盛りではなく「肉系を食する方用にお野菜も」と言った優し目の分量である。お新香に至っては、最後手でつかんでぺろりといってしまった。(笑´∀`)


量だけが売りというわけではない、味で売っている店『とんかつのゆき藤』。混雑ぶりも頷けるお味。

店内の雰囲気も家庭的で、親しみ深いイメージがある。メガ盛通御用達と言う形ではなく、ご近所から愛され、メガ盛でも有名なお店といった方がいいだろう。


兎にも角にも、総じて実に美味しうござった。


食するのにかかった時間だが、

半分量達成時間 4分12秒
完食時間(キャベツ、味噌汁、お新香も含む) 9分52秒8

であった。


帰り際、色紙を頂戴し、店舗貼付用に完食記念を書かせて戴いた。

「ジャンボ機撃墜」by kazutans etc.

と書かれているのが私の色紙である。
ちなみに、色紙に記載した完食時間だが、少量の味噌汁を残した状態で、かつ丼自体を完食した瞬間、ストップウォッチを見た時に表示されていたのが 9分40秒だったので、その時間を記載させてもらっている。
更に、実は「お新香」の存在に、丼に隠れていて気づけなかったことで多少手間取ってしまい、10秒余りのロスタイムを経た事実があり、こちらに記載した完食時間は、全てを完全に食べ尽くした時間として、ストップウォッチを止めた時間、9分52秒8 をそのまま書かせてもらった。

また、色紙を書き上げてお渡しする際に、女将さんが「10人目くらいですよ、完食したのは」と仰ってくれたのだが、これはお愛想として、感謝しつつも、流し気味で聞いておきたい。世の中には、本当に化け物さんがいらっしゃるわけで、私など足下にも及ばない方々がわんさかいるのだ。TV出演クラスの方々は言うまでもなく、食べログレビューワーの方々の中にも大勢のデカ盛りファイターがいらっしゃる。こちらの店の超凶悪メニュー「世界一」であれば、確かに10人の完食者はいないことだろうが、この「じゃんぼかつ丼」の完食者は10人では到底きくまい。

が、何はともあれ、そう言った完食者の方々のお仲間に入ることが出来て幸せである。楽しい沼田遠征のひとときを過ごせて何よりであった。

  • ゆき藤 - 巨大なる円盤形爆撃機「じゃんぼかつ丼」。10代のお若いウェイトレスさんに注文をしたのだが、即座に女将さんが「じゃんぼ、大丈夫ですか」と確認に来た。

    巨大なる円盤形爆撃機「じゃんぼかつ丼」。10代のお若いウェイトレスさんに注文をしたのだが、即座に女将さんが「じゃんぼ、大丈夫ですか」と確認に来た。

  • ゆき藤 - 「じゃんぼかつ丼」真横から。直径24cm、深さ10cm。実物のでかさは、やはり写メでは伝わりにくい。直接目で見て欲しいところである。

    「じゃんぼかつ丼」真横から。直径24cm、深さ10cm。実物のでかさは、やはり写メでは伝わりにくい。直接目で見て欲しいところである。

  • ゆき藤 - 配膳時の写真。蓋のある御重の様な丼である。味噌汁椀とのサイズ対比は、味噌汁椀の器直径が 15cm であり、通常サイズの直径 11.5cm の 1.5 倍ほどあるので留意したい。

    配膳時の写真。蓋のある御重の様な丼である。味噌汁椀とのサイズ対比は、味噌汁椀の器直径が 15cm であり、通常サイズの直径 11.5cm の 1.5 倍ほどあるので留意したい。

  • ゆき藤 - 半分量達成時間4分12秒。今回は気合を入れて臨んでみた。

    半分量達成時間4分12秒。今回は気合を入れて臨んでみた。

  • ゆき藤 - どうにかこうにか完食。完食時間は、味噌汁・キャベツ・お新香も全て含めて、9分52秒8。まずまずのタイムであろう。帰り際、女将さんから「10人目くらいですよ、完食したのは」と言っていただいたが、それはお追従であろう。完食者数はもっと多いに違いない。

    どうにかこうにか完食。完食時間は、味噌汁・キャベツ・お新香も全て含めて、9分52秒8。まずまずのタイムであろう。帰り際、女将さんから「10人目くらいですよ、完食したのは」と言っていただいたが、それはお追従であろう。完食者数はもっと多いに違いない。

  • ゆき藤 - 『とんかつのゆき藤』メニュー表。手書きというところがなかなか味があっていい♪

    『とんかつのゆき藤』メニュー表。手書きというところがなかなか味があっていい♪

  • ゆき藤 - 『とんかつのゆき藤』外観。12:00前だと言うのに、すでに満席。行列とまではいかないにせよ、空席待ちのきゃくが私を含めて4組あった。

    『とんかつのゆき藤』外観。12:00前だと言うのに、すでに満席。行列とまではいかないにせよ、空席待ちのきゃくが私を含めて4組あった。

  • ゆき藤 - 大看板1

    大看板1

  • ゆき藤 - 大看板2

    大看板2

  • ゆき藤 - 『とんかつのゆき藤』内観1

    『とんかつのゆき藤』内観1

  • ゆき藤 - 『とんかつのゆき藤』内観2

    『とんかつのゆき藤』内観2

  • ゆき藤 - 『とんかつのゆき藤』内観3。数々の色紙。完食者記載のものや、著名人のサイン色紙もある。

    『とんかつのゆき藤』内観3。数々の色紙。完食者記載のものや、著名人のサイン色紙もある。

  • ゆき藤 - 『とんかつのゆき藤』内観4。「世界一」のグループシェア完食の色紙が数多く見られる。

    『とんかつのゆき藤』内観4。「世界一」のグループシェア完食の色紙が数多く見られる。

  • ゆき藤 - 『とんかつのゆき藤』内観5。このTVの近くで、今回食させて戴いた。

    『とんかつのゆき藤』内観5。このTVの近くで、今回食させて戴いた。

口コミが参考になったらフォローしよう

kazutans

kazutans

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

kazutans(1141)さんの他のお店の口コミ

kazutansさんの口コミ一覧(541件)を見る

この店舗の関係者の方へ

ユーザーから投稿された口コミに対して、お店側からお礼や情報追加などの返信を行ってみませんか?

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名 ゆき藤 (ゆきふじ)
ジャンル とんかつ、かつ丼・かつ重、定食・食堂
予約・
お問い合わせ

0278-22-5805

予約可否

予約可

住所

群馬県沼田市久屋原町531

交通手段

関越自動車道 沼田ICから車で5分~10分

営業時間・
定休日

営業時間

11:00~15:00
17:00~20:30

日曜営業

定休日

火曜日

営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。

予算(口コミ集計)
[夜]¥1,000~¥1,999 [昼]¥1,000~¥1,999

予算分布を見る

席・設備

席数

44席

(カウンター無し、テーブル4、座敷5のみ)

個室

禁煙・喫煙 全面喫煙可
駐車場

空間・設備

席が広い、座敷あり

携帯電話

docomo、au、SoftBank

メニュー

ドリンク

日本酒あり

特徴・関連情報

利用シーン

家族・子供と 知人・友人と

こんな時によく使われます。

ロケーション

一軒家レストラン

サービス

テイクアウト

お子様連れ

子供可

備考

原則喫煙可ですが、色々張り紙があり吸いづらい雰囲気です。でも吸えます。
安易に大盛りを頼まないで下さい

初投稿者

大王大王(249)

最近の編集者

編集履歴を詳しく見る

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

「ゆき藤」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗準会員(無料)にご登録ください。ご登録はこちら

この店舗の関係者の方へ

食べログ店舗準会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。

店舗準会員になって、お客様に直接メッセージを伝えてみませんか? 詳しくはこちら

周辺のお店ランキング

沼田×とんかつのランキング(点数の高いお店)です。

  • 1位

    そば源 - 料理写真:そばがき(小370円)

    そば源 (そば、とんかつ、定食・食堂)

    点数: 3.64

    [ 口コミ 75 ]

  • 2位

    ゆき藤 - 料理写真:ロースかつ定食 戸倉・・・とんかつ断面です

    ゆき藤 (とんかつ、かつ丼・かつ重、定食・食堂)

    点数: 3.48

    [ 口コミ 46 ]

  • 3位

    食事処 あづま - 料理写真:そば・ひれかつセット

    食事処 あづま (とんかつ、そば)

    点数: 3.42

    [ 口コミ 18 ]

  • 4位

    山彦 - 料理写真:

    山彦 (とんかつ、郷土料理(その他))

    点数: 3.40

    [ 口コミ 23 ]

  • 5位

    味処 みよし - 料理写真:おろしカツ定食。これ、絶品!
おろしは、別盛りにしてもらいました。
通常は、カツが見えないほど。。。。

    味処 みよし (とんかつ)

    点数: 3.39

    [ 口コミ 12 ]

食べログ特集

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ