玉村藤岡ラーメン紀行第一文・千思萬考の本搾り鶏そばの本搾り濃厚スープは宇宙を駆ける旨みがあった! ~上州の美味しいお店を巡って~ : 千思萬考

  • 料理・味 3.58
  • サービス 3.53
  • 雰囲気 3.56
  • CP 3.54
  • 酒・ドリンク 3.07
  • 行った 375人
  • 行きたい 942人

評価分布

予算:

昼の予算 ¥1,000~¥1,999

定休日
8月16日から毎週水曜日休み

この口コミは、ウサギのミミーさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

ウサギのミミー

ウサギのミミー(1969)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]男性・群馬県

2

  • 昼の点数:4.5

    • [ 料理・味4.8
    • | サービス4.0
    • | 雰囲気4.3
    • | CP4.7
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999
2回目

2017/05訪問

  • lunch:4.5

    • [ 料理・味 4.8
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.3
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

玉村藤岡ラーメン紀行第一文・千思萬考の本搾り鶏そばの本搾り濃厚スープは宇宙を駆ける旨みがあった! ~上州の美味しいお店を巡って~

2017.5.14に再訪させて頂きました。
玉村町の玉村中学校から西へ50Ⅿ程の所にあります。

自分や彼女のウサ子ちゃん(仮名)は群馬県高崎市に在住していますから、その隣町である佐波郡玉村町や藤岡市には頻繁に良く行きます。
この辺りには美味しいラーメン屋さんが多く、自分も大抵のお店には寄らせて頂いたのですが・・・探しますとまだまだ美味しそうなお店が発掘されまして行きたくなってしまうのです。
今回は玉村町や藤岡市の美味しいラーメン体験を「玉村藤岡ラーメン紀行」というお題にして、紹介していきます。
最初に行きますのは玉村町だけなく、今では群馬でも有名な「鶏そば」があります名店「千思萬考」様で今回は特製+サイドメニューまで紹介させて頂きます。
ですが・・・紀行文っぽく書けるかが問題ですが(笑)。

玉村町にあります「鶏そば」の名店「千思萬考」様。
自分は玉村町には自転車でサイクリングにはよく行きますが、前回にここに寄らせて頂いた時は殆ど玉村町のお店には行った事がありませんでした。
それで、前回は有休を取った平日のプールで泳いだ帰り道に調べて寄ってみたのですが・・・オール鶏の創作ラーメンは群馬でもかなりのレベルの美味しさがあり、自分は感激してしまいました。
ですが、実は心残りな事があり前回の訪店時にいつも一緒のウサギのキーホルダーが
「生の感情丸出しで診断前日にラーメン大盛を食べるなど、これでは健康診断で結果を求めるなど絶望的だ」
と翌日が健康診断があり「特製メニュー」を食べる事が出来ず、奴は妄想内で歴史の立会人にしかすぎない木星帰りの天才みたいな事を言ってきたのです(笑)。
健康診断前日にもかかわらずスープまで完飲してしまい、結果を見て自分の魂は「宇宙を駆けて」しまいましたが(笑)、今回は健康診断はすでに終わっていますから、再び「千思萬考」様の美味しい鶏そばの重力に魂を引かれてしまうのでした(笑)。

2017.5.14。
玉村町なのでミミー号MK-2(自転車)で行こうとしましたら・・・朝から雨です。
「今日という刻(とき)に・・・雨は降ってはいけないんだ!解ってくれ、ウサ子ちゃん!」
と宇宙世紀最高のニュータイプみたいな事を思いますが(笑)、雨が止んだのは10時半過ぎで路面が濡れている為にミミー号MK-2では行けません(ロードバイクなので泥除けが無く、後ろが汚れてしまう為)。
開店直後に行きたかったので早めに出て、車で行きますと・・・着いた頃には晴れ間が見える程で五月の柔らかい日差しに自分は「刻の涙」を見た気がしました(笑)。
お店には1年ちょっとぶりに来たのですが相変わらず、場所はひっそりした所にあり外観は仙人が住んでいる庵みたいな感じで、今回も恐る恐る入ってみますと中は黒が基調のカッコいい内装で
「変わっていない」
と安心しました。
メニューを見て、今回は心残りを消えさせる為に前回の時に躊躇して頼めなかった「特製鶏そば・本搾りの正油(大盛)」
「俺の命に代えても、身体に代えても、サイドメニューだけはーーーーー!」
と最終決戦のカ○ーユみたいにサイドメニューの「とり皮飯」も頼んでしまいます(笑)。

待っている間にメニューを見ていましたら「正油」と記載してあり
「正油と醤油・・・どちらが正しいのだろう?」
と思いますが、またしてもいつも一緒のウサギのキーホルダーが
「フッフッフ・・・。私は貴様の口コミの立会人に過ぎんから、そうも見えるか・・・が、ミミーよりは冷静だ」
とシ○ッコの領分である芝居じみた事を妄想内で言うのです(笑)。
なので前回と同じく
「お前だ!いつもいつも脇から見ているだけで人を弄んで!!女たちの所へ戻るんだーーーー!!!」
と叫びながらシ○ッコの最後と同じく箸で奴を突き刺してやったら(もちろん全て妄想です、笑)、今回もいい匂いがしてカウンターから「特製鶏そば・本搾りの正油(大盛)」「とり皮飯」が運ばれて来ました。

千思萬考様の鶏そば・本搾りの白湯スープは今回も見た目はかなり濃厚そうに見えますがキラキラと鶏油でコーテイングされていて黄金色に煌いていました。
前回と同じく、今回の美味しいポイントはやはり本搾りの白湯スープで青森産六戸シャモロックの丸鳥、鶏ガラ、香味野菜を弱火でじっくり時間を掛けて炊き出し、魚介系を合わせたスープに更に大量のモミジを等を加えて、更に強火で鶏の旨味をトコトン引き出している自慢の美味しいスープなのです。
一口飲んでみると青森産六戸シャモロックの「ギュッ!」と凝縮した濃厚な旨みが出ているのでまさに
「千思萬考の鶏スープを通して出る力」
を感じ、どんな煮干し系や豚骨スープなのにも負けない程の美味しさがあります。
そんな青森産六戸シャモロックの持つ濃厚な旨味とコクが十二分に生かされていますから正油でも合わない訳がなく、ポタージュの様に口当たりが滑らかでほのかな甘みがあり、改めて感動的な味がありました。
麺は低加水の中麺のストレートタイプですが、小麦粉の香りがしてコシがありモッチリしていますから、濃厚な白湯スープの強さにも負けてなく良く絡み、さらにはみじん切りされた玉ねぎが歯触りと爽やかさを演出しスープを美味しく中和してくらます。
鶏胸肉のチャーシューはタンパクですが大変柔らかくて軽く歯を立てますと噛み切れてしまい、逆に鶏つくねは肉汁が出て来て旨味がありやはり両方とも麺とも良く合いました。
面白いのはメンマで今回もかなりタケノコっぽいですが(笑)歯触り良くて、口の中に清涼感を与えてくれますカイワレ、半熟加減が抜群な煮卵と共に素敵な脇役です。
今回もスープの一滴まで嘗め尽くすように綺麗に飲み干してしまいます(笑)。

「とり皮飯」も凄いレベルの美味しさがあるサイドメニューでした。
青森産六戸シャモロックの皮はプリプリの食感で美味しいのですが・・・もう一つの美味しいポイントは皮だけでなく、お肉も入っている事でこのシャモロックのお肉の歯応えがたまらなく美味しく、口に運ぶ度に体の芯から幸せになる素晴らしい一品なのです。
正油味ですから馴染みのある美味しさですが舌に媚びる物があり、すぐに食べ切ってしまいました。

お店の中はカウンター席もテーブル席もお座敷で靴を脱ぐ必要があります。
お店の人が矢沢永吉様のファンなのかグッズやタオルが飾ってあり、店内BGMもイカしています(笑)。

前回の口コミの際に
「本搾りの白湯スープも美味しいのですが後の方が食べていた一番搾りの清湯スープも美味しそうでした」
と記載しており、すっかり忘れていたのですが(笑)、隣の方が食べていた一番搾りの清湯スープも大変綺麗な色をしてまして美味しそうでした。
オール鶏の創作ラーメンは群馬でもかなりのレベルで今回は大幅に評点を上げさせて頂きました。
青森産六戸シャモロックの持つ濃厚な旨味とコクが生かされている本搾りの白湯スープにコシがあってモッチリしているキレのある美味しい麵、柔らかい鶏胸肉のチャーシューにジューシーな鶏つくねは大変完成度が高く、ただのラーメンの枠を超えた美味しさがあり、前回の評点を付けた自分が恥ずかしくなってしまいました。
「とり皮飯」の美味しさはあれから二か月も経ってしまいましたが、まだ忘れられず頼んでも絶対に損はないと思います。
朝から昼過ぎまでしか営業してないみたいですが時間が合う方は寄られてみて、一人でも多くの人に「千思萬考」様の拘りの鶏そばを楽しんで貰いたいものです。
朝ラーメンもやっているみたいなので、自分もサイクリングの帰りにでも行こうとも思いました。

お店を出ますと明るくなり、路面も乾いてきました。
「美味しくてもう満足したから・・・今日は連食はやめて、帰ってからサイクリングに行くかな?」
と思い、お店を後にして家に戻ると蒸し暑い中、自転車に乗ってお店の近くにあります玉村大橋を通ってカロリーを消費するのでした。

美味しい料理は人に元気をくれます。
本当に美味しかったです。ごちそうさまでした。


  • 特製鶏そば・本搾りの正油(大盛)+とり皮飯【料理】

  • 特製鶏そば・本搾りの正油(大盛)【料理】

  • 綺麗な色の味玉とタケノコの形のメンマ【料理】

  • スープは濃厚で旨味とコクがあります【料理】

  • 胸肉のチャーシュー【料理】

  • 大変柔らかいです【料理】

  • 美味しい鶏つくね【料理】

  • 麺リフト【料理】

  • スープリフト【料理】

  • とり皮飯【料理】

  • とり皮飯アップ【料理】

  • 皮だけでなくお肉も入っています【料理】

  • 完食(汚くてすいません)【その他】

  • 鶏そばの説明【メニュー】

  • 青森シャモロックの説明【メニュー】

  • メニュー1【メニュー】

  • メニュー2【メニュー】

  • メニュー3【メニュー】

  • メニュー4【メニュー】

  • 店内1【内観】

  • 店内2【内観】

  • お店【外観】

  • 看板【外観】

1回目

2016/03訪問

  • lunch:4.5

    • [ 料理・味 4.8
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.3
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999

千思萬考・本搾り鶏そばの濃厚スープは豚骨にも負けない宇宙を駆ける旨み! ~上州の美味しいお店を巡って~

2016.3.2に寄らせて頂きました。
玉村町の玉村中学校から西へ50Ⅿ程の所にあります。

自分は玉村町には自転車でサイクリングにはよく行きますが玉村町のお店はほとんど行った事がありませんでした。
中途半端に家から近くいつか行けるだろうと思ってしまっていたからです。
この日は有休で伊勢崎のもつ煮屋日の出食堂様で朝食を済ませるとプールでたっぷり泳ぎます。
13時前にプールから出るとちょうど通り道の玉村で食べていこうと思い調べてみましたら十兵衛様手打らーめん 玄様そして千思萬考様を候補にしますが決め手は営業時間でした。
千思萬考様は営業時間が7:00~10:00と11:00~14:00で夜に営業してないからです。
自分は平日の昼食はほとんど外では食べれないのでダイヤモンドよりも貴重なので(笑)早速寄ってみる事にしました。

玉村大橋へ向かう道から少し離れた所にお店があり
「こんな所にラーメン屋があるんだ・・・」
と思うほどひっそりした所にあり外観は仙人が住んでいる庵みたいな感じでした。
恐る恐る入ってみますと中は黒が基調のカッコいい内装で少々驚き、ランチタイムのピークを過ぎたので二人ほどしかお客様がいなかったのですが自分の後にも頻繁に入って来て人気店と思いました。
メニューを持ってくる際に店員様が
「本搾りのスープは後一食分しかないです。」
と言われてすぐに鶏そば・本搾りの塩(大盛)を注文。
本当は特製にしたかったのですが次の日は健康診断だったのであえて我慢しました(笑)。
ですが
「生の感情丸出しで診断前日にラーメン大盛を食べるなど、これでは健康診断で結果を求めるなど絶望的だ」
といつも一緒のウサギのキーホルダーが歴史の立会人にしかすぎない木星帰りの天才(笑)みたいな事を言ってきたので
「お前だ!いつもいつも脇から見ているだけで人を弄んで!!ここからいなくなれーーーー!!!」
と言いながらシ○ッコの最後と同じく箸で奴を突き刺してやったら(もちろん全て妄想です、笑)いい匂いがしてラーメンが運ばれてきました。

千思萬考様の鶏そば・本搾りの白湯スープは見た目はかなり濃厚そうに見えます。
今回の美味しいポイントはやはり本搾りの白湯スープで一口飲んでみると青森産六戸シャモロックの濃厚な旨みが出ているのですが塩のせいかサラッとしており豚骨スープにも負けない程の美味しさなのです。
麺は中麺のストレートタイプですがコシがありモッチリしておりスープの強さにも負けてなく、さらにはみじん切りされた玉ねぎが歯触りを演出しスープを中和してくらます。
鶏胸肉のチャーシューはタンパクですが柔らかく逆に鶏つくねは旨味があり両方とも麺とも良く合いました。
面白いのはメンマでかなりタケノコっぽいですが(笑)歯触りよく素敵な脇役です。
健康診断前日にもかかわらずスープまで完飲してしまい、これで結果は宇宙を駆ける事が決定してしまいました(笑)。

お店の中はカウンター席もテーブル席もお座敷で靴を脱ぐ必要があります。
お店の人が矢沢永吉さんのファンなのかグッズやタオルが飾ってありました。

本搾りの白湯スープも美味しいのですが後の方が食べていた一番搾りの清湯スープも美味しそうでした。
朝ラーメンもやっているみたいなのでサイクリングの帰りにでも行こうとも思ってしまいます。
オール鶏の創作ラーメンは群馬でもかなりのレベルと思われます。
朝から昼過ぎまでしか営業してないみたいですが時間が合う方は寄られても損はしないと思います。

美味しい料理は人に元気をくれます。
本当に美味しかったです。ごちそうさまでした。

  • 鶏そば・本搾りの塩(大盛)

  • 鶏チャーシュー

  • 鶏チャーシューとつくね

  • 麺リフト

  • タケノコの形のままのメンマ

  • 完食(汚くてすいません)【その他】

  • 店内【内観】

  • お店【外観】

口コミが参考になったらフォローしよう

ウサギのミミー

ウサギのミミー

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

ウサギのミミー(1969)さんの他のお店の口コミ

ウサギのミミーさんの口コミ一覧(652件)を見る

この店舗の関係者の方へ

ユーザーから投稿された口コミに対して、お店側からお礼や情報追加などの返信を行ってみませんか?

店舗情報(詳細)

編集する

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

「千思萬考」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗準会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名 千思萬考
ジャンル ラーメン、つけ麺
予約・
お問い合わせ

不明の為情報お待ちしております

予約可否
住所

群馬県佐波郡玉村町大字福島1075-14

交通手段

クルマ

営業時間

7:00~10:00
11:00~14:00
17:00〜

日曜営業

定休日

8月16日から毎週水曜日休み

予算
[昼]¥1,000~¥1,999
予算(口コミ集計)
[夜] ~¥999 [昼] ~¥999

予算分布を見る

支払い方法

カード不可

席・設備

席数

13席

(カウンター5席、テーブル席(4人×2台))

個室

禁煙・喫煙

完全禁煙

店舗の左右にあります

駐車場

店舗東側、やや停めづらいです、5台

空間・設備

カウンター席あり

携帯電話

docomo、SoftBank、au

特徴・関連情報

利用シーン

家族・子供と 一人で入りやすい 知人・友人と

こんな時によく使われます。

ロケーション

一軒家レストラン

お子様連れ

子供可

特に問題無いですが、子供椅子などはありません。

公式アカウント
オープン日

2014年9月12日

備考

●「群馬のうまいラーメン2016→2017最新版」に掲載。
●2016年より朝と昼の営業に変更(夜はなし)

初投稿者

ポリプテルスポリプテルス(332)

最近の編集者

編集履歴を詳しく見る

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

「千思萬考」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗準会員(無料)にご登録ください。ご登録はこちら

この店舗の関係者の方へ

食べログ店舗準会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。

店舗準会員になって、お客様に直接メッセージを伝えてみませんか? 詳しくはこちら

周辺のお店ランキング

  • 総合ランキング

伊勢崎×ラーメンのランキング(点数の高いお店)です。

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ