ベリーズ&ストライブス【Blue river cafe】 : ブルーリバーカフェ

ブルーリバーカフェ

(Blue River Cafe【旧店名】アオイキッサ)

公式情報

お店の営業情報は店舗関係者によって公開されています。

予算:

夜の予算 ¥1,000~¥1,999

昼の予算 ¥1,000~¥1,999

定休日:
毎週月曜日 月曜日が祭日の場合営業 翌日火曜日が振替休業です。*お店の都合により臨時で休業する場合がございますので、ご来店前に電話にてご確認いただくか、ホームページにてご確認下さい。7月8月の月曜日は12時より営業しております。臨時で休む場合がありますのでご了承ください。

この口コミは、アベレージさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

アベレージ

アベレージ(2028)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]30代後半・男性・滋賀県

7

  • 昼の点数:3.8

    • [ 料理・味4.3
    • | サービス3.6
    • | 雰囲気3.7
    • | CP3.6
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ~¥999
7回目

2018/06訪問

  • lunch:3.8

    • [ 料理・味 4.3
    • | サービス 3.6
    • | 雰囲気 3.7
    • | CP 3.6
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999

ベリーズ&ストライブス【Blue river cafe】

どーもーアベレージです(^^)。

かき氷レビュー563件目は、
【Blue river cafe】です。

自称・杏仁ゴーラーとして、杏仁豆腐かき氷の旅に出ていましたσ(^_^;)。

と言うのも、ひむろしらゆき祭りで、
Blue river cafe の店主が、

『凄く美味しい杏仁豆腐かき氷が、もうすぐ登場します(*^^*)』

と おっしゃっておられたので、色々な杏仁豆腐かき氷を食べて、こちらの杏仁豆腐かき氷の登場を首を長くして待っていました(*^o^*)

お店に着いたのは、6月中頃の土曜日の10時過ぎでしたが、駐車場は、ちょうど自分で満車の大盛況でした。

・・もう、夏ですね(⌒-⌒; )。

いただいた品は、
『ベリーズ&ストライブス(900円)』
です。
(杏仁シロップと3種のベリーソースのかき氷です。)

●料理(⭐️4.3)
〜ベリーズ&ストライブス〜

杏仁シロップベースのかき氷を3種類のベリーが綺麗に彩ります(^^)。

優しい甘さの杏仁シロップに、
ブルーベリーシロップ・ラズベリーシロップが、ストライブ柄にかかっていて、
中にストロベリー果肉が、ゴロゴロと入っています。

杏仁シロップと甘酸っぱい果物の組み合わせが凄く合いますし、見た目も凄く綺麗(o^^o)

食べる毎に味が変化して、最後まで楽しく美味しくいただけました(^人^)。

●サービス(⭐︎3.6)
丁寧な接客です(^^)。

●雰囲気(⭐︎3.7)
駐車場もあり、店内も広いです。

店内には、暖炉があったり、ソファー席やテーブル席など色々な席があります。

本なども置いてあり、くつろげる雰囲気のお店です(o^^o)。

●CP(⭐︎3.6)
・ベリーズ&ストライブス(900円)
・ストロベリーショコラ氷(800円)
・ブルベリーヨーグルト氷(800円)
・カフェラテ氷 (800円)
・クリームチーズラズベリー氷(800円)

値段は、リーズナブルです(*^^*)。

●総評
氷・削り・シロップと隙のない美味しいかき氷です٩(ˊᗜˋ*)و✧*。

もちろん、かき氷以外も美味しいハズ!
(未食σ(^_^;))

ランチもかき氷もモーニングも大人気ですが夏場の週末は、特に混み合うので、時間に余裕をもってどうぞ(^_−)−☆。

かき氷は、モーニングの時間帯には、提供していませんので、お気を付け下さい。

カフェとしてもオシャレで、オススメのお店です(*^^*)。

●かき氷情報2018 in 関西●
(2018年7月現在の評価のです)

〜かき氷通年食べられる店 関西2018年 〜

(もしかすると、急にやめられている場合が、ありますので、一応確認してからの利用をオススメします(>人<;))

〜(◎)は、特にオススメ店〜

京都府・かき氷通年提供店はふ
・二條若狭屋 寺町店(◎)
・お茶と酒 たすき (◎)
・祇園NITI(◎)
・ページワン
・雪の華
・ぎおん徳屋
・清水一芳園(◎)
・THE BAR
・リュボン デ フリューティー アン カフェ
・雪の下
・飲食求道一作
・京はやしや
・鹿の子(◎)
・茶香房 長竹
・cafe baligas
・茶筅
・瓦そば松右衛門
・ サンタ・マリア・ノヴェッラ・ティーサネリーア京都店
・カフェ アリエッテイ
・弥次喜多
・しゃぶ菜
・けずりひや京都
・川文
・すずや

大阪府・かき氷通年提供店
・Cocoo cafe(◎)
・山口果物
・かん袋
・開元カフェ
・雪の下(各店舗)
・アイスモンスター
・茶寮つぼ市製茶本舗
・雪の華
・Wad omotenashi café
・フレンチトースト専門店 to 夜カフェ EBISU
・Motomoto
・フルーツカフェ マイア
・雪桜
・grow
・がるる氷
・八角堂
・カフェソ ラーレ ツムギ ルクア店
・カフェ ソ ラーレ ツムギ 阿倍野店
・一日一麺
・くつろぎの郷 湯楽
・蛸にし家
・チョコレート研究所
・アナ雪
・水春の湯(各店舗 銭湯)
・らんらん(◎)
・七海(◎)
・麺とかき氷 ドギャン谷四店
・ばさら梅々庵
・Marufuji cafe
・cafe 12(◎)
・浪花屋
・甘党まえだ あべのキューズモール
・もぐらや
・風の湯 河内長野店(銭湯)
・珈琲リンツ(◎)
・咲良 天神橋
・カフェマラッカ
・宇治園 喫茶去 阪急三番街店
・宇治園 喫茶去 心斎橋店
・グリーンシェイブアイス
・パテェスリートルクーヘン
・富士園 本店
・りんくうシークル
・雪花の郷 大阪店
・コロミツ堂

兵庫県・かき氷通年提供店
・天然氷の姫路官兵衛堂(◎)
・六花(◎)
・日本茶カフェ 一日ひとひ
・夙川桜庵
・ひとの和心
・marica
・吹上の森
・雪の下
・ピギー
・TAKAMIOKAKI
・ほうらく堂(冬は期間限定かも、、)
・スノーホワイト
・ムートンコーヒー(2店舗共通年)
・しゃぶ菜
・甘味屋うま助

奈良県・かき氷通年提供店
・おちゃのこ
・ほうせき箱(◎)
・柿の葉寿司 平宗 法隆寺店
・ホテル日航 奈良ロビーラウンジ ファウンテン
・cafe ことだま
・カフェ エンメ
・しゃぶ菜
・きとら
・まるや
・cafe de Nature
・cafe R +
・菓匠 千壽庵吉宗 本店
・豚とエスプレッソと

滋賀県・かき氷通年提供店
・草津水春の湯
・奥山の癒し処 風緑
・せんなり亭 二九食や
・伊沙羅
・和彩彩舗
・パンカフェ KOKON〜近江〜

三重県・かき氷通年提供店
・オルオルカフェ
・れもんの木(◎)
・御福餅 本家(◎)
・マウント富士ピザ
・生地たこ焼き げんば
・Ciao
・本家さぬきや上野東店
・名張の湯
・スオミの湯
・食事処 らんど亭(食べログ未登録)
スオミの湯となり

和歌山県・かき氷通年提供
・仲氷屋
・食堂ことぶき

愛知県の通年かき氷店舗です。
(行かれる前に確認をオススメします)
・柴ふく (愛知県)
・大蔵餅 2店舗あります (愛知県)
・あんどりゅ。 (愛知県)
・あんどりゅ。西大須VIP店(愛知県)
・金山トマト (愛知県)
・カフェ サブヒロ (愛知県)
・喫茶 ちゃまめ (愛知県)
・吾妻茶寮 (愛知県)
・アイスモンスター (愛知県)
・A.cocotto (愛知県)
・シズク (愛知県)
・古今茶屋 (愛知県)
・緋毬 (愛知県)
・スリアコーヒー (愛知県)
・Bois Vert terre (愛知県)
・氷菓処 にじいろ (愛知県)
・大黒屋本店 (愛知県)
・澤田商店 (愛知県)
・キングカフェ (愛知県)
・キーウエスト (愛知県)
・今井総本家 (愛知県)
・甘味処 相生(年末より休業中) (愛知県)
・カフェ & バー ドローイング(愛知県)
・尼ケ坂サロン (愛知県)
・cafe さかゑや (愛知県)
・秀月堂 (愛知県)
・花の茶屋 両口屋是清 (愛知県)
・天龍庵 (愛知県)
・尾頭園 (愛知県)
・雀おどり総本店 (愛知県)
・茶屋大和園 (愛知県)
・継手 shop cafe bar (愛知県)
・Waraya (愛知県)
・ギャラリー&カフェ コントレール
(愛知県)
・濱蛸 (愛知県)
・ニワフルーツ (愛知県)

ここからは、普通のオススメ店の紹介。
◎は、特にオススメ店です。

【関西】で、これを食べるならココ!!
〜生フルーツ系〜
・天然氷の姫路官兵衛堂(兵庫県)
・鹿の子 (京都府)
・浪花家(大阪府)
・山口果物(大阪府)
・吹上の森(兵庫県)
・白安(福浦本舗)(和歌山県)

〜抹茶〜
・寿長生の郷(滋賀県)(◎)
・叶 匠寿庵(滋賀県)(◎)
・黒豆茶庵 北尾 錦店(京都府)(◎)
・清水一芳園(京都府)(◎)
・プティマルシェ(奈良県)
・御福餅 本家(三重県)
・天然氷の姫路官兵衛堂(兵庫県)(◎)

〜エスプーマが美味しい〜
・清水一芳園(京都府)(◎)
・ほうせき箱(奈良県)(◎)
・ホテル日航奈良 ロビーラウンジ・ファウンテン(奈良県)
・茶筅(◎)
・らんぷ伊勢店(◎)

〜黒蜜〜
・御菓子司 鶴屋徳満 本店(奈良県)(◎)
・cocco cafe(◎)黒蜜きな粉

〜きな粉〜
・菓匠 千壽庵吉宗 本店(奈良県)(◎)
・一歩
・cocco cafe(◎)黒蜜きな粉
・奈良の氷屋ヒノデさん(◎)

〜ほうじ茶〜
・たすき(京都府)(◎)
・二條若狭屋(京都府)
・六花(兵庫県)
・おちゃのこ(奈良県)
・タツヒトノサトイ(京都府)

〜珈琲〜
・前田珈琲(京都府)
・ウニール(京都府)
・コクウカフェ(大阪府)
・楽食 宝山(奈良県)
・珈専舎たんぽぽ(兵庫県)(◎)
・珈琲リンツ(◎)

〜スイーツ系〜
・マールブランシュ北山本店(京都府)
・マールブランシュ京都伊勢丹店(京都府)
・二條若狭屋(京都府)(◎)
・マツシタキッチン(大阪府)(◎)
・六花(兵庫県)(◎)
・柿の葉寿司 平宗 法隆寺店(奈良県)
・cafe ことだま(奈良県)
・ルクレール(奈良県)
・cafe 12(大阪府)(◎)
・ミスベリー(大阪府)(◎)
・七海(大阪府)(◎)
・チョコレート研究所(大阪府)(◎)

〜プリン氷〜
・マツシタキッチン(大阪府)
(カラメルです)
・チェカ(京都府)
・cafe luce (奈良県)
・チョコレート研究所(大阪府)
・cafe R+(奈良県)

〜ビジュアル重視・インスタ向き〜
・チョコレート研究所(大阪府)
・ミスベリー(大阪府)
・FLAG(大阪府)
・ブラザーズカフェ(大阪府)
・cafe12(大阪府)
・麺とかき氷どぎゃん(大阪府)

〜お酒系〜
・BAR華(大阪府)(◎)
・大極殿 本店(京都府)
・六花(◎)1月のメニューの酒粕
・たすき(◎)1月のメニューの酒粕白味噌
・飲食求道一作(裏メニュー)

〜削りにこだわる〜
・奈良の氷屋ヒノデさん(奈良県)スワン(◎)
・hinodesan 郡山店(奈良県)スワン(◎)
・菓匠 千壽庵吉宗 本店(奈良県)(◎)

〜ずんだ(枝豆)〜
・餅匠しずく(大阪府)

〜サツマイモ〜
・山口果物(大阪府)
・らんらん(大阪府)
・菓匠 千壽庵吉宗 本店(奈良県)
・七海

〜カフェとしてのお店の雰囲気〜
・FLAG(大阪府)(◎)
・楽食 宝山(奈良県)(◎)
・サロン ド ロワイヤル(京都府)(◎)
・cafe12

県別オススメ店一覧表(ジャンル問わず)
オススメは、【自分の食べた品】ですσ(^_^;)。
よろしければ、レビューを参考にして下さいm(__)m。
◎は、特にオススメ店です。

〜三重県〜
・れもんの木
・御福餅 本店
・チャオ

〜滋賀県〜
・抹茶庵けんしん
・叶 匠寿庵
・寿長生の郷
・フクバコ
・伽藍堂

〜京都府〜
・チェカ
・二條若狭屋(◎)
・前田珈琲
・清水一芳園(◎)
・せかん堂
・鹿の子
・マールブランシュ北山本店
・マールブランシュ京都伊勢丹店
・祇園NITI(◎)
・たすき(◎)
・大極殿 本店
・黒豆茶庵 北尾 錦店
・A TABLE!

〜大阪府〜
・コクウカフェ
・マツシタキッチン(◎)
・BAR華
・カカオサンパカ
・山口果物
・かん袋
・ミスベリー(◎)
・浪花屋
・ROCCA & FRIENDS
・七海
・cafe12(◎)
・珈琲リンツ(◎)

〜奈良県〜
・みやけ
・おちゃのこ
・プティマルシェ
・菓匠 千壽庵吉宗 学園登美ヶ丘店
・菓匠 千壽庵吉宗 本店(◎)
・奈良の氷屋ヒノデさん
・ストロベリー工房
・hinodesan 柳町店(◎)
・御菓子司 鶴屋徳満 本店
・楽食 宝山
・柿の葉寿司 平宗 法隆寺店
・ほうせき箱(冬メニューがオススメ)
・ホテル日航奈良 ロビーラウンジ・ファウンテン
・ル クレール(◎)

〜兵庫県〜
・あかちゃ屋
・菊水茶廊本店
・六花(◎)
・こおり屋bambu
・吹上の森
・天然氷の姫路官兵衛堂(◎)
・TAKAMIOKAKI
・珈専舎たんぽぽ(◎)
・バー エトワール
・星の果実園

〜和歌山県〜
・風のとおり道
・仲氷屋
・白安(福浦本舗)
・HASHIGO CAFE
以上です。

ここからは、
関西で食べれる自分の知っている範囲の天然氷のお店についての最新情報のご紹介です。

⚫️滋賀県
・(○)近江牛肉の専門店こにし本店
(彦根市)
・(◎)寿長生の郷(大津市)
・(◎)叶 匠寿庵(草津市)
⚫️京都府(京都市)
・(◎)祇園NITI
・(◎)マールブランシュ北山本店
・(◎)マールブランシュ京都伊勢丹店
・(◯)ボブソンズカフェ
・(△)吉祥菓寮 祇園本店
・(◎)鹿の子
・(◯)サンタ・マリア・ノヴェッラ・ティーサネリーア京都店
・(△)神乃珈琲
⚫️大阪府(大阪市)
・(△)Cafe Bouquet ヨドバシカメラ8階
・(◯)ROCCA & FRIENDS
⚫️兵庫県(姫路市)
・(◎)天然氷の姫路官兵衛堂
・(△)星乃珈琲店 垂水海岸通り店

⚫️三重県(鳥羽市)
・(◎)御福餅 本家
・(△)マウント富士ピザ
位でしょうか(イベントのぞく、限定食べログに掲載されている関西の天然氷のお店)。

一応、現在の正規の認められている天然氷の店は、
(メーカー) (取り扱い店舗)
『三ツ星氷室』・・・ひみつ堂(東京)他
『四代目徳次郎』・・祇園NITI(京都府)他
『阿左美冷蔵』・・阿左美冷蔵(埼玉県)他
『渡辺商会』・カフェシブレット 他
『八義』・・・・・・鹿の子(京都府)他
『松月氷室』・マールブランシュ(京都府)他
『富士山天然氷蔵元不二』
の7社のみです。

ちなみに他に見かける
・富士山の天然水(天然水です)
・中央アルプスの天然水(天然水です)
・天然水の氷
と表記されているものは、純氷ですので、そのおつもりで、、m(__)m。

〜かき氷の歴史〜
奈良県にある氷室神社は、氷の神様の神社で、毎年GW位の時期に『ひむろしらゆき祭』が、行われています。

奈良県には、昔 平城京が、遷都だった時代に春日山の氷室に氷を保存して、献上品として、献氷されていたのが、始まりで、平安時代の枕草子にも かき氷を食べていたという話が、書かれています。

その当時の氷室が、大変貴重なものだった事から、現在は、氷室神社として、氷の神様を祀っていています。
5月1日には、全国から繁盛期前に かき氷屋さんが、参拝されるらしいです。

その流れから、始まったのが、『ひむろしらゆき祭』なんですよね٩(ˊᗜˋ*)و✧*。

さらに知りたい方は、ネットで、調べてみて下さいm(__)m。

ひむろしらゆき祭くらい知ってるよー(*´-`)って方には、関西から日帰りで行ける範囲のかき氷イベントのご紹介です*\(^o^)/*。

かき氷イベントカレンダー
⭐︎ひむろしらゆき祭⭐︎奈良県
2019年は、3月23日24日に開催しますので、ご注意をσ(^_^;)。
全国有名店が20店舗近く出店されます。
当日券と1ヶ月前位から前売り券販売あり。

⭐︎かき氷コレクション⭐︎
2018年5月
近鉄百貨店・あべのハルカスで、5月9日〜開催。

⭐︎冬の氷会⭐︎岐阜県
毎年11月3日
赤鰐主催のかき氷イベント。
ほうせき箱・さくら氷菓など全国から有名店が、来られてました。
店舗数は、6店舗位。
昨年は、当日券のみ。

⭐︎かき氷EXPO2018⭐︎奈良県
2018年・2月24日・2月25日
第1回全国かき氷選手権。
出場条件は、かき氷提供を始めて1年以上など、予選もある模様です。
密かに熱意を燃やしている隠れた名店もありますが、自分のベストな環境で、良い物を提供したいので、イベントには、興味のないと言われる実力店まで、様々あります。

かき氷用語雑学
・ゴーラー かき氷を食べ歩く人
・カキゴーラー かき氷を食べ歩く人
・プロゴーラー かき氷・氷屋などの氷に携わる仕事をしている人

  • ブルーリバーカフェ - ベリーズ&ストライブス

    ベリーズ&ストライブス

  • ブルーリバーカフェ -
  • ブルーリバーカフェ -
  • ブルーリバーカフェ -
6回目

2018/04訪問

  • lunch:3.9

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 3.7
    • | 雰囲気 3.8
    • | CP 3.6
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999

ストロベリーショコラ氷とクリームチーズラズベリー氷オススメです(^_^)。【ブルーリバーカフェ】

どーもーアベレージです(^^)。

かき氷レビュー528件目は、
【ブルーリバーカフェ】です。

岐阜県で、
ike-changさんとcats-99さんと そのご友人と4人で かき氷オフ会を開催しました(^^)。

4月半ばだった事もあり、岐阜県は、営業されている氷屋さんは、限られているので、
今回のコースは、
・ツバメヤ (和菓子)
・赤鰐 (かき氷)
・ブルーリバーカフェ (かき氷)
・緑 (かき氷)
・ダ ジェンナーロ (ピザ)
の4件です。

ツバメヤ・赤鰐を後にし
ランチタイムの時間帯だし、
ブルーリバーカフェ混んでるかな〜と思ったのですが、電話をしてみると、

『今、すいてますよー(^^)♪』

との嬉しい返事があったので、直ぐに向かう事にしました(o^^o)。

無事待つ事なく利用できたので、
今回も みんなでシェアして色々と頂きゆっくりとした時間が過ごせました(^_^)。

さて、今回頂いた品は、
・ストロベリーショコラ氷
・カフェラッテ氷
・ブルーベリーヨーグルト氷
・クリームチーズラズベリー氷
です。

●料理(⭐️4.5)
〜ストロベリーショコラ氷(◎)〜
構成は、
チョコソース
生いちご
生クリーム
チョコソース(ココアベース)
生いちご(中層)
です。
ビターなチョコソースに生いちごに生クリームの組み合わせ(o^^o)。
ベースのチョコシロップは、ココアベースのチョコシロップで、上のチョコシロップとは、また違ったチョコシロップで、2種類のチョコシロップが楽しめる品です。
チョコケーキ好きな方には、ドンピシャのかき氷で、めっちゃ好みの味でした(๑˃̵ᴗ˂̵)و。

〜カフェラッテ氷(◯)〜
構成は、上から
クランチのお菓子
カフェラッテ生クリーム
カフェラッテシロップ
珈琲ゼリー
です。
優しい甘さのカフェラッテシロップに生クリームやクランチや珈琲ゼリーが良いアクセントになっています(^^)。
カフェラッテ・カフェオレ好きオススメのかき氷です(o^^o)。

〜ブルーベリーヨーグルト氷(◯+)〜
ブルーベリーは、甘くて粒がデカく良いものを使用しておられますd(^_^o)。
そして、シロップのヨーグルトと練乳の使い方が絶妙なんです
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆!
ヨーグルトのまろやかな酸味とブルーベリーの甘酸っぱい二種類の酸味に、練乳の甘味が味のまとめ役となり、まろやかな酸味とコク果物の甘味と練乳の甘味が、高次元のバランスで、まとまっており甘さ控え目の食べやすいかき氷です(^^)。

〜クリームチーズラズベリー氷(◎)〜
クリームチーズシロップとラズベリーの甘酸っぱさと生クリーム入り練乳が全体を優しくまとめあげています。
ブルーベリーヨーグルトと双璧の美味しさですが、チーズのコクが、ブルーベリーヨーグルトよもある分、自分は、こちらの方が深みがあり好み(^^)。

●サービス(⭐︎3.7)
とても丁寧な接客です(^^)。

●雰囲気(⭐︎3.8)
駐車場もあり、店内も広いです。

店内には、暖炉があったり、ソファー席やテーブル席など色々な席があります。

本なども置いてあり、くつろげる雰囲気のお店です(o^^o)。

●CP(⭐︎3.6)
・ストロベリーショコラ氷(800円)
・ブルベリーヨーグルト氷(800円)
・カフェラテ氷 (800円)
・クリームチーズラズベリー氷(800円)

値段は、リーズナブルです(*^^*)。

●総評
氷・削り・シロップと隙のない美味しいかき氷です٩(ˊᗜˋ*)و✧*。

もちろん、かき氷以外も美味しいハズ!
(未食σ(^_^;))

ランチもかき氷もモーニングも大人気ですが夏場の週末は、特に混み合うので、時間に余裕をもってどうぞ(^_−)−☆。

かき氷は、モーニングの時間帯には、提供していませんので、お気を付け下さい。

カフェとしてもオシャレで、オススメのお店です(*^^*)。

ここからは、関西在住のアベレージのお送りする かき氷のお話・2018・5月版

〜かき氷情報2018 in 関西〜
ps.本気のマニア情報もあります( ̄ー ̄+)。

これさえ読めば、貴方もかき氷通間違いなし!?
新しく追加したのが、関西のかき氷の種類別で、オススメをまとめてみましたので、参考にしてみて下さい(^_−)−☆。(2018年5月現在の評価のです)

まずは、こちら
!!緊急開催・冬のかき氷店まとめ!!
冬でも、かき氷が、食べたいと言う本物のゴーラーの方様に、まとめました\(^^)/!
(もしかすると、急にやめられている場合が、ありますので、一応確認してからの利用をオススメします(>人<;))

果たして、需要・反響は、あるのか、、σ(^_^;)。
冬に食べるかき氷は、バリエーション豊富で、お店によっては、夏場に食べるよりも、美味しいお店も中には、あります(^.^)。

〜かき氷が、通年食べられる店 in 関西・2018年 今年は、増え過ぎ編(^_^;)!〜

〜(◎)は、特にオススメ店〜

京都府・かき氷通年提供店はふ
・二條若狭屋 寺町店(◎)
・お茶と酒 たすき (◎)
・祇園NITI(◎)
・ページワン
・雪の華
・ぎおん徳屋
・清水一芳園(◎)
・THE BAR
・おづkyoto-maison du sake-(◎)
・リュボン デ フリューティー アン カフェ
・雪の下
・飲食求道一作
・京はやしや
・鹿の子(◎)
・茶香房 長竹
・あんどりゅ。嵐山店(◎)要予約
今年は、しばらく、お休み中、、
・cafe baligasi
(11月15日現在は、提供してますが通年かは、未定。)
・茶筅
・瓦そば松右衛門
・ サンタ・マリア・ノヴェッラ・ティーサネリーア京都店
・カフェ アリエッテイ
・弥次喜多
・しゃぶ菜
・けずりひや京都
・川文
・すずや

大阪府・かき氷通年提供店
・Cocoo cafe(◎)
・山口果物
・かん袋
・開元カフェ
・雪の下(各店舗)
・アイスモンスター
・茶寮つぼ市製茶本舗
・雪の華
・Wad omotenashi café
・フレンチトースト専門店 to 夜カフェ EBISU
・Motomoto
・フルーツカフェ マイア
・雪桜
・grow
・がるる氷
・八角堂
・カフェソ ラーレ ツムギ ルクア店
・カフェ ソ ラーレ ツムギ 阿倍野店
・一日一麺
・くつろぎの郷 湯楽
・蛸にし家
・チョコレート研究所
・アナ雪
・水春の湯(各店舗 銭湯)
・らんらん(◎)
・七海(◎)
・麺とかき氷 ドギャン谷四店
・ばさら梅々庵
・Marufuji cafe
・cafe 12(◎)
・浪花屋
・甘党まえだ あべのキューズモール
・もぐらや
・風の湯 河内長野店(銭湯)
・珈琲リンツ(◎)
・咲良 天神橋
・カフェマラッカ
・宇治園 喫茶去 阪急三番街店
・グリーンシェイブアイス
・パテェスリートルクーヘン
・富士園 本店
・りんくうシークル
・雪花の郷 大阪店
・コロミツ堂

兵庫県・かき氷通年提供店
・天然氷の姫路官兵衛堂(◎)
・六花(◎)
・日本茶カフェ 一日ひとひ
・夙川桜庵
・ひとの和心
・marica
・吹上の森
・雪の下
・ピギー
・TAKAMIOKAKI
・ほうらく堂(冬は期間限定かも、、)
・スノーホワイト
・ムートンコーヒー(2店舗共通年)
・しゃぶ菜
・甘味屋うま助

奈良県・かき氷通年提供店
・おちゃのこ
・ほうせき箱(◎)
・柿の葉寿司 平宗 法隆寺店
・ホテル日航 奈良ロビーラウンジ ファウンテン
・cafe ことだま
・カフェ エンメ
・しゃぶ菜
・きとら
・まるや
・cafe de Nature
・cafe R +
・菓匠 千壽庵吉宗 本店
・豚とエスプレッソと

滋賀県・かき氷通年提供店
・草津水春の湯
・奥山の癒し処 風緑
・せんなり亭 二九食や
・伊沙羅
・和彩彩舗
・パンカフェ KOKON〜近江〜

三重県・かき氷通年提供店
・オルオルカフェ
・れもんの木(◎)
・御福餅 本家(◎)
・マウント富士ピザ
・生地たこ焼き げんば
・Ciao
・本家さぬきや上野東店
・名張の湯
・スオミの湯
・食事処 らんど亭(食べログ未登録)
スオミの湯となり

和歌山県・かき氷通年提供
・仲氷屋
・食堂ことぶき

愛知県の通年かき氷店舗です。
(行かれる前に確認をオススメします)
・柴ふく (愛知県)
・大蔵餅 2店舗あります (愛知県)
・あんどりゅ。 (愛知県)
・あんどりゅ。西大須VIP店(愛知県)
・金山トマト (愛知県)
・カフェ サブヒロ (愛知県)
・喫茶 ちゃまめ (愛知県)
・吾妻茶寮 (愛知県)
・アイスモンスター (愛知県)
・A.cocotto (愛知県)
・シズク (愛知県)
・古今茶屋 (愛知県)
・緋毬 (愛知県)
・スリアコーヒー (愛知県)
・Bois Vert terre (愛知県)
・氷菓処 にじいろ (愛知県)
・大黒屋本店 (愛知県)
・澤田商店 (愛知県)
・キングカフェ (愛知県)
・キーウエスト (愛知県)
・今井総本家 (愛知県)
・甘味処 相生 (愛知県)
・フルーツ・ブティク ゴトウ(愛知県)
・カフェ & バー ドローイング(愛知県)
・尼ケ坂サロン (愛知県)
・cafe さかゑや (愛知県)
・秀月堂 (愛知県)
・ボアヴェールテール (愛知県)
・花の茶屋 両口屋是清 (愛知県)
・天龍庵 (愛知県)
・尾頭園 (愛知県)
・雀おどり総本店 (愛知県)
・茶屋大和園 (愛知県)
・継手 shop cafe bar (愛知県)
・Waraya (愛知県)
・ギャラリー&カフェ コントレール
(愛知県)
・濱蛸 (愛知県)
・ニワフルーツ (愛知県)

ここからは、普通のオススメ店の紹介。
◎は、特にオススメ店です。

【関西】で、これを食べるならココ!!
〜生フルーツ系〜
・天然氷の姫路官兵衛堂(兵庫県)
・鹿の子 (京都府)
・浪花家(大阪府)
・山口果物(大阪府)
・吹上の森(兵庫県)
・白安(福浦本舗)(和歌山県)

〜抹茶〜
・おづkyoto-maison du sake-(京都府)(◎)
・寿長生の郷(滋賀県)(◎)
・叶 匠寿庵(滋賀県)(◎)
・黒豆茶庵 北尾 錦店(京都府)(◎)
・清水一芳園(京都府)(◎)
・プティマルシェ(奈良県)
・御福餅 本家(三重県)
・天然氷の姫路官兵衛堂(兵庫県)(◎)

〜エスプーマが美味しい〜
・清水一芳園(京都府)(◎)
・ほうせき箱(奈良県)(◎)
・ホテル日航奈良 ロビーラウンジ・ファウンテン(奈良県)
・茶筅(◎)
・らんぷ伊勢店(◎)

〜黒蜜〜
・御菓子司 鶴屋徳満 本店(奈良県)(◎)
・あんどりゅ嵐山本店(◎)

〜きな粉〜
・菓匠 千壽庵吉宗 学園登美ヶ丘店(奈良県)
(◎)
・菓匠 千壽庵吉宗 本店(奈良県)(◎)
・一歩
・cocco cafe(◎)黒蜜きな粉

〜ほうじ茶〜
・たすき(京都府)(◎)
・二條若狭屋(京都府)
・六花(兵庫県)(◎)
・おちゃのこ(奈良県)

〜珈琲〜
・前田珈琲(京都府)
・ウニール(京都府)
・コクウカフェ(大阪府)
・楽食 宝山(奈良県)
・珈専舎たんぽぽ(兵庫県)(◎)
・珈琲リンツ(◎)

〜スイーツ系〜
・マールブランシュ北山本店(京都府)
・マールブランシュ京都伊勢丹店(京都府)
・二條若狭屋(京都府)(◎)
・マツシタキッチン(大阪府)(◎)
・六花(兵庫県)(◎)
・柿の葉寿司 平宗 法隆寺店(奈良県)
・cafe ことだま(奈良県)
・ルクレール(奈良県)
・cafe 12(大阪府)(◎)
・ミスベリー(大阪府)(◎)
・七海(大阪府)(◎)
・チョコレート研究所(大阪府)(◎)

〜プリン氷〜
・マツシタキッチン(大阪府)
(カラメルです)
・チェカ(京都府)
・cafe luce (奈良県)
・チョコレート研究所(大阪府)
・cafe R+(奈良県)

〜ビジュアル重視・インスタ向き〜
・チョコレート研究所(大阪府)
・ミスベリー(大阪府)
・FLAG(大阪府)
・ブラザーズカフェ(大阪府)
・cafe12(大阪府)
・麺とかき氷どぎゃん(大阪府)

〜お酒系〜
・おづkyoto-maison du sake-(京都府)(◎)
・BAR華(大阪府)(◎)
・大極殿 本店(京都府)
・六花(◎)1月のメニューの酒粕
・たすき(◎)1月メニューの酒粕白味噌
・飲食求道一作(裏メニュー)

〜削りにこだわる〜
・奈良の氷屋ヒノデさん(奈良県)スワン(◎)
・hinodesan 郡山店(奈良県)スワン(◎)
・おづkyoto-maison du sake-(京都府)
スワン(◎)
・あんどりゅ。(京都府)スワン
・菓匠 千壽庵吉宗 本店(奈良県)(◎)

〜ずんだ(枝豆)〜
・餅匠しずく(大阪府)

〜サツマイモ〜
・山口果物(大阪府)
・らんらん(大阪府)
・菓匠 千壽庵吉宗 本店(奈良県)
・七海

〜カフェとしてのお店の雰囲気〜
・FLAG(大阪府)(◎)
・楽食 宝山(奈良県)(◎)
・サロン ド ロワイヤル(京都府)(◎)
・cafe12

県別オススメ店一覧表(ジャンル問わず)
オススメは、【自分の食べた品】ですσ(^_^;)。
よろしければ、レビューを参考にして下さいm(__)m。
◎は、特にオススメ店です。

〜三重県〜
・れもんの木
・御福餅 本店
・チャオ

〜滋賀県〜
・抹茶庵けんしん
・叶 匠寿庵
・寿長生の郷
・フクバコ

〜京都府〜
・おづkyoto-maison du sake-(◎)
・チェカ
・二條若狭屋(◎)
・前田珈琲
・清水一芳園(◎)
・せかん堂
・鹿の子
・マールブランシュ北山本店
・マールブランシュ京都伊勢丹店
・祇園NITI(◎)
・たすき(◎)
・大極殿 本店
・黒豆茶庵 北尾 錦店
・あんどりゅ。嵐山店
・A TABLE!

〜大阪府〜
・コクウカフェ
・マツシタキッチン(◎)
・BAR華
・カカオサンパカ
・山口果物
・かん袋
・ミスベリー(◎)
・浪花屋
・ROCCA & FRIENDS
・七海
・cafe12(◎)
・珈琲リンツ(◎)

〜奈良県〜
・みやけ
・おちゃのこ
・プティマルシェ
・菓匠 千壽庵吉宗 学園登美ヶ丘店
・菓匠 千壽庵吉宗 本店(◎)
・奈良の氷屋ヒノデさん
・ストロベリー工房
・hinodesan 柳町店(◎)
・御菓子司 鶴屋徳満 本店
・楽食 宝山
・柿の葉寿司 平宗 法隆寺店
・ほうせき箱(冬メニューがオススメ)
・ホテル日航奈良 ロビーラウンジ・ファウンテン
・ル クレール(◎)

〜兵庫県〜
・あかちゃ屋
・菊水茶廊本店
・六花(◎)
・こおり屋bambu
・吹上の森
・天然氷の姫路官兵衛堂(◎)
・TAKAMIOKAKI
・珈専舎たんぽぽ(◎)
・バー エトワール
・星の果実園

〜和歌山県〜
・風のとおり道
・仲氷屋
・白安(福浦本舗)
・HASHIGO CAFE
以上です。

〜全国編〜
〜全国トップクラス◎評価のお店(関西以外の自分の利用した店)〜
・慈げん (埼玉県)
・埜庵 (神奈川県)
・三日月氷菓店 (千葉県)
・厨菓子くろぎ (東京都)
・雪うさぎ (東京都)
・弘法屋 池下店 (愛知県)
・柴ふく (愛知県)
・大蔵餅 (愛知県)
・あんどりゅ。 (愛知県)
・あんどりゅ。西大須VIP店(愛知県)
・金山トマト (愛知県)
・カフェ サブヒロ (愛知県)
・吾妻茶寮 (愛知県)
・茶屋 赤鰐 (岐阜県)
・ブルーリバーカフェ (岐阜県)
・喫茶 緑 (岐阜県)
・池戸(舞子さんちのかき氷)(岐阜県)
・バナナカフェ (岐阜県)
・CLOBEH (静岡県)
・cafe トスカ (静岡県)
・玉氷 (広島県)
など他多数!

ここからは、
関西で食べれる自分の知っている範囲の天然氷のお店についての最新情報のご紹介です。
オススメ度
◎(全国トップクラス)
◯(全国に通用する有名店レベル)
△(その県では、オススメレベル)
で、付けます。
基本的にどこも美味しい天然氷のお店ですが、あえて天然氷のお店で比較するならですが、、評価は、『自分の食べた かき氷』
ですのであしからずm(__)m。

⚫️滋賀県
・(○)小西本店(彦根市)
・(◎)寿長生の郷(大津市)
・(◎)叶 匠寿庵(草津市)
⚫️京都府(京都市)
・(◎)祇園NITI
・(◎)マールブランシュ北山本店
・(◎)マールブランシュ京都伊勢丹店
・(◯)ボブソンズカフェ
・(△)吉祥菓寮 祇園本店
・(◎)鹿の子
・(◯)サンタ・マリア・ノヴェッラ・ティーサネリーア京都店
⚫️大阪府(大阪市)
・(➖)Cafe Bouquet ヨドバシカメラ8階
・(◯)ROCCA & FRIENDS
⚫️兵庫県(姫路市)
・(◎)天然氷の姫路官兵衛堂
・(➖)レ ボ プロヴァンス
・(➖)星乃珈琲店 垂水海岸通り店

⚫️三重県(鳥羽市)
・(◎)御福餅 本家
・(△)マウント富士ピザ
位でしょうか(イベントのぞく、限定食べログに掲載されている関西の天然氷のお店)。
(➖)店は、自分は、未食です。


ひむろしらゆき祭くらい知ってるよー(*´-`)って方には、関西から日帰りで行ける範囲のかき氷イベントのご紹介です*\(^o^)/*。

かき氷イベントカレンダー
⭐︎ひむろしらゆき祭⭐︎奈良県
毎年・5月のゴールデンウィークの最後の土日
(1週目or2週目)
ほうせき箱・赤鰐を始めとする全国有名店が20店舗近く出店されます。
当日券と1ヶ月前位から前売り券販売あり。

⭐︎かき氷コレクション⭐︎
2018年5月
近鉄百貨店・あべのハルカスで、5月9日〜開催。

⭐︎冬の氷会⭐︎岐阜県
毎年11月3日
赤鰐主催のかき氷イベント。
ほうせき箱・さくら氷菓など全国から有名店が、来られてました。
店舗数は、6店舗位。
昨年は、当日券のみ。

⭐︎かき氷EXPO2018⭐︎奈良県
2018年・2月24日・2月25日
第1回全国かき氷選手権。
出場条件は、かき氷提供を始めて1年以上など、予選もある模様です。
密かに熱意を燃やしている隠れた名店もありますが、自分のベストな環境で、良い物を提供したいので、イベントには、興味のないと言われる実力店まで、様々あります。

かき氷用語雑学
・ゴーラー かき氷を食べ歩く人
・カキゴーラー かき氷を食べ歩く人
・プロゴーラー かき氷・氷屋などの氷に携わる仕事をしている人

  • ブルーリバーカフェ -
  • ブルーリバーカフェ -
  • ブルーリバーカフェ -
  • ブルーリバーカフェ -
  • ブルーリバーカフェ -
  • ブルーリバーカフェ -
  • ブルーリバーカフェ -
  • ブルーリバーカフェ -
5回目

2018/01訪問

  • lunch:4.0

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 3.8
    • | 雰囲気 3.8
    • | CP 3.8
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999

ストロベリーショコラ氷めちゃ好みでした(o^^o)【ブルーリバーカフェ】

どーもーアベレージです(^^)。

かき氷レビュー455件目は、
【ブルーリバーカフェ】です。

かき氷は、通年提供です。
赤鰐さんのお弟子さんのお店で
かき氷とハンバーガーがウリのお店です。

ランチ時に料理したので、飛騨牛のA4ランクの牛肉を使用したハンバーガーも気になったのですが、 この後による店もあったので、かき氷だけいただく事にしました。

今回頂いた品は、
『ストロベリーショコラ氷』です。

●料理(⭐️4.6)
〜ストロベリーショコラ氷〜
構成は、
チョコソース
生いちご
生クリーム
チョコソース(ココアベース)
生いちご(中層)
です。

ビターなチョコソースに生いちごに生クリームの組み合わせ(o^^o)。

ベースのチョコシロップは、ココアベースのチョコシロップで、上のチョコシロップとは、また違ったチョコシロップで、2種類のチョコシロップが楽しめる品です。

チョコケーキ好きな方には、ドンピシャのかき氷で、めっちゃ好みの味でした(๑˃̵ᴗ˂̵)و。

●サービス(⭐︎3.8)
とても丁寧な接客です(^^)。

●雰囲気(⭐︎3.8)
駐車場もあり、店内も広いです。

店内には、暖炉があったり、ソファー席やテーブル席など色々な席があります。

本なども置いてあり、くつろげる雰囲気のお店です(o^^o)。

●CP(⭐︎3.8)
・ストロベリーショコラ氷(800円)

値段は、リーズナブルです(*^^*)。

●総評
氷・削り・シロップと隙のない美味しいかき氷です٩(ˊᗜˋ*)و✧*。

もちろん、かき氷以外も美味しいハズ!
(未食σ(^_^;))

ランチもかき氷もモーニングも大人気ですが夏場の週末は、特に混み合うので、時間に余裕をもってどうぞ(^_−)−☆。

かき氷は、モーニングの時間帯には、提供していませんので、お気を付け下さい。

カフェとしてもオシャレで、オススメのお店です(*^^*)。

ここからは、関西在住のアベレージのお送りする かき氷のお話・2018・3月版

〜かき氷情報2018 in 関西〜
ps.本気のマニア情報もあります( ̄ー ̄+)。

これさえ読めば、貴方もかき氷通間違いなし!?
新しく追加したのが、関西のかき氷の種類別で、オススメをまとめてみましたので、参考にしてみて下さい(^_−)−☆。(2018年3月現在の評価のです)

まずは、こちら

!!緊急開催・冬のかき氷店まとめ!!
冬でも、かき氷が、食べたいと言う本物のゴーラーの方様に、まとめました\(^^)/!
(もしかすると、急にやめられている場合が、ありますので、一応確認してからの利用をオススメします(>人<;))

果たして、需要・反響は、あるのか、、σ(^_^;)。
冬に食べるかき氷は、バリエーション豊富で、お店によっては、夏場に食べるよりも、美味しいお店も中には、あります(^.^)。

〜かき氷が、通年食べられる店 in 関西・2018年 今年は、増え過ぎ編(^_^;)!〜

〜(◎)は、特にオススメ店〜

京都府・かき氷通年提供店はふ
・二條若狭屋 寺町店(◎)
・お茶と酒 たすき (◎)
・祇園NITI(◎)
・ページワン
・雪の華
・ぎおん徳屋
・清水一芳園(◎)
・THE BAR
・おづkyoto-maison du sake-(◎)
・リュボン デ フリューティー アン カフェ
・雪の下
・飲食求道一作
・京はやしや
・鹿の子(◎)
・茶香房 長竹
・あんどりゅ。嵐山店(◎)要予約・
今年は、桜の季節まで、お休み中、、
・cafe baligasi
(11月15日現在は、提供してますが通年かは、未定。)
・茶筅
・瓦そば松右衛門
・ サンタ・マリア・ノヴェッラ・ティーサネリーア京都店
・カフェ アリエッテイ
・弥次喜多
・しゃぶ菜
・けずりひや京都
,川文


大阪府・かき氷通年提供店
・Cocoo cafe(◎)
・山口果物
・かん袋
・開元カフェ
・雪の下(各店舗)
・アイスモンスター
・茶寮つぼ市製茶本舗
・雪の華
・Wad omotenashi café
・フレンチトースト専門店 to 夜カフェ EBISU
・Motomoto
・フルーツカフェ マイア
・雪桜
・grow
・がるる氷
・八角堂
・カフェソ ラーレ ツムギ ルクア店
・カフェ ソ ラーレ ツムギ 阿倍野店
・一日一麺
・くつろぎの郷 湯楽
・蛸にし家
・チョコレート研究所
・アナ雪
・水春の湯(各店舗 銭湯)
・らんらん(◎)
・七海(◎)
・麺とかき氷 ドギャン谷四店
・ばさら梅々庵
・Marufuji cafe
・cafe 12(◎)
・浪花屋
・甘党まえだ あべのキューズモール
・もぐらや
・風の湯 河内長野店(銭湯)
・珈琲リンツ(◎)
・咲良 天神橋
・カフェマラッカ
・宇治園 喫茶去 阪急三番街店
・グリーンシェイブアイス
・パテェスリートルクーヘン
・富士園 本店
・りんくうシークル
・雪花の郷 大阪店
・コロミツ堂

兵庫県・かき氷通年提供店
・天然氷の姫路官兵衛堂(◎)
・六花(◎)
・日本茶カフェ 一日ひとひ
・夙川桜庵
・ひとの和心
・marica
・吹上の森
・雪の下
・ピギー
・TAKAMIOKAKI
・ほうらく堂(冬は期間限定かも、、)
・スノーホワイト
・ムートンコーヒー(2店舗共通年)

奈良県・かき氷通年提供店
・おちゃのこ
・ほうせき箱(◎)
・柿の葉寿司 平宗 法隆寺店
・ホテル日航 奈良ロビーラウンジ ファウンテン
・松籟〜まつのおと〜
(↑ちょっとやってるか不明です。)
・cafe ことだま
・カフェ エンメ
・しゃぶ菜
・きとら
・まるや
・cafe de Nature
・cafe R +

滋賀県・かき氷通年提供店
・草津水春の湯
・奥山の癒し処 風緑
・せんなり亭 二九食や
・伊沙羅
・和彩彩舗
・パンカフェ KOKON〜近江〜

三重県・かき氷通年提供店
・オルオルカフェ
・れもんの木(◎)
・御福餅 本家(◎)
・マウント富士ピザ
・生地たこ焼き げんば
・チャオ
・さぬきや伊賀の湯店
・名張の湯

和歌山県・かき氷通年提供
・仲氷屋
・食堂ことぶき

愛知県の通年かき氷店舗です。
(行かれる前に確認をオススメします)
・柴ふく (愛知県)
・大蔵餅 2店舗あります (愛知県)
・あんどりゅ。 (愛知県)
・あんどりゅ。西大須VIP店(愛知県)
・金山トマト (愛知県)
・カフェ サブヒロ (愛知県)
・喫茶 ちゃまめ (愛知県)
・吾妻茶寮 (愛知県)
・アイスモンスター (愛知県)
・A.cocotto (愛知県)
・シズク (愛知県)
・古今茶屋 (愛知県)
・緋毬 (愛知県)
・スリアコーヒー (愛知県)
・Bois Vert terre (愛知県)
・氷菓処 にじいろ (愛知県)
・大黒屋本店 (愛知県)
・澤田商店 (愛知県)
・キングカフェ (愛知県)
・キーウエスト (愛知県)
・今井総本家 (愛知県)
・甘味処 相生 (愛知県)
・フルーツ・ブティク ゴトウ(愛知県)
・カフェ & バー ドローイング(愛知県)
・尼ケ坂サロン (愛知県)
・cafe さかゑや (愛知県)
・秀月堂 (愛知県)
・ボアヴェールテール (愛知県)
・花の茶屋 両口屋是清 (愛知県)
・天龍庵 (愛知県)
・尾頭園 (愛知県)
・雀おどり総本店 (愛知県)
・茶屋大和園 (愛知県)
・継手 shop cafe bar (愛知県)
・Waraya (愛知県)

ここからは、普通のオススメ店の紹介。
◎は、特にオススメ店です。

【関西】で、これを食べるならココ!!
〜生フルーツ系〜
・天然氷の姫路官兵衛堂(兵庫県)
・鹿の子 (京都府)
・浪花家(大阪府)
・山口果物(大阪府)
・吹上の森(兵庫県)
・白安(福浦本舗)(和歌山県)

〜抹茶〜
・おづkyoto-maison du sake-(京都府)(◎)
・寿長生の郷(滋賀県)(◎)
・叶 匠寿庵(滋賀県)(◎)
・黒豆茶庵 北尾 錦店(京都府)(◎)
・清水一芳園(京都府)(◎)
・プティマルシェ(奈良県)
・御福餅 本家(三重県)
・天然氷の姫路官兵衛堂(兵庫県)(◎)

〜エスプーマが美味しい〜
・清水一芳園(京都府)(◎)
・ほうせき箱(奈良県)(◎)
・ホテル日航奈良 ロビーラウンジ・ファウンテン(奈良県)
・茶筅(◎)
・らんぷ伊勢店(◎)

〜黒蜜〜
・御菓子司 鶴屋徳満 本店(奈良県)(◎)
・あんどりゅ嵐山本店(◎)

〜きな粉〜
・菓匠 千壽庵吉宗 学園登美ヶ丘店(奈良県)
(◎)
・菓匠 千壽庵吉宗 本店(奈良県)(◎)
・一歩

〜ほうじ茶〜
・たすき(京都府)(◎)
・二條若狭屋(京都府)
・六花(兵庫県)(◎)
・おちゃのこ(奈良県)

〜珈琲〜
・前田珈琲(京都府)
・ウニール(京都府)
・コクウカフェ(大阪府)
・楽食 宝山(奈良県)
・珈専舎たんぽぽ(兵庫県)(◎)
・珈琲リンツ(◎)

〜スイーツ系〜
・マールブランシュ北山本店(京都府)
・マールブランシュ京都伊勢丹店(京都府)
・二條若狭屋(京都府)(◎)
・マツシタキッチン(大阪府)(◎)
・六花(兵庫県)(◎)
・柿の葉寿司 平宗 法隆寺店(奈良県)
・cafe ことだま(奈良県)
・ルクレール(奈良県)
・cafe 12(大阪府)(◎)
・ミスベリー(大阪府)(◎)
・七海(◎)

〜プリン氷〜
・マツシタキッチン(大阪府)
(カラメルです)
・チェカ(京都府)
・cafe luce (奈良県)
・チョコレート研究所(大阪府)

〜ビジュアル重視・インスタ向き〜
・チョコレート研究所(大阪府)
・ミスベリー(大阪府)
・FLAG(大阪府)
・ブラザーズカフェ(大阪府)
・cafe12(大阪府)
・麺とかき氷どぎゃん(大阪府)

〜お酒系〜
・おづkyoto-maison du sake-(京都府)(◎)
・BAR華(大阪府)(◎)
・大極殿 本店(京都府)
・六花(◎)1月のメニューの酒粕
・たすき(◎)1月メニューの酒粕白味噌
・飲食求道一作(裏メニュー)

〜削りにこだわる〜
・奈良の氷屋ヒノデさん(奈良県)スワン(◎)
・hinodesan 郡山店(奈良県)スワン(◎)
・おづkyoto-maison du sake-(京都府)
スワン(◎)
・あんどりゅ。(京都府)スワン
・菓匠 千壽庵吉宗 本店(奈良県)(◎)

〜ずんだ(枝豆)〜
・餅匠しずく(大阪府)

〜サツマイモ〜
・山口果物(大阪府)
・らんらん(大阪府)
・菓匠 千壽庵吉宗 本店(奈良県)
・七海

〜カフェとしてのお店の雰囲気〜
・FLAG(大阪府)(◎)
・楽食 宝山(奈良県)(◎)
・サロン ド ロワイヤル(京都府)(◎)
・cafe12

県別オススメ店一覧表(ジャンル問わず)
オススメは、【自分の食べた品】ですσ(^_^;)。
よろしければ、レビューを参考にして下さいm(__)m。
◎は、特にオススメ店です。

〜三重県〜
・れもんの木
・御福餅 本店
・チャオ

〜滋賀県〜
・抹茶庵けんしん
・叶 匠寿庵
・寿長生の郷
・フクバコ

〜京都府〜
・おづkyoto-maison du sake-(◎)
・チェカ
・二條若狭屋(◎)
・前田珈琲
・清水一芳園(◎)
・せかん堂
・鹿の子
・マールブランシュ北山本店
・マールブランシュ京都伊勢丹店
・祇園NITI(◎)
・たすき(◎)
・大極殿 本店
・黒豆茶庵 北尾 錦店
・あんどりゅ。嵐山店
・A TABLE!

〜大阪府〜
・コクウカフェ
・マツシタキッチン(◎)
・BAR華
・カカオサンパカ
・山口果物
・かん袋
・ミスベリー(◎)
・浪花屋
・ROCCA & FRIENDS
・七海
・cafe12(◎)
・珈琲リンツ(◎)

〜奈良県〜
・みやけ
・おちゃのこ
・プティマルシェ
・菓匠 千壽庵吉宗 学園登美ヶ丘店
・菓匠 千壽庵吉宗 本店(◎)
・奈良の氷屋ヒノデさん
・ストロベリー工房
・hinodesan 柳町店(◎)
・御菓子司 鶴屋徳満 本店
・楽食 宝山
・柿の葉寿司 平宗 法隆寺店
・ほうせき箱(冬メニューがオススメ)
・ホテル日航奈良 ロビーラウンジ・ファウンテン
・ル クレール

〜兵庫県〜
・あかちゃ屋
・菊水茶廊本店
・六花(◎)
・吹上の森
・天然氷の姫路官兵衛堂(◎)
・TAKAMIOKAKI
・珈専舎たんぽぽ(◎)
・バー エトワール
・星の果実園

〜和歌山県〜
・風のとおり道
・仲氷屋
・白安(福浦本舗)
・HASHIGO CAFE
以上です。

〜全国編〜
〜全国トップクラス◎評価のお店(関西以外の自分の利用した店)〜
・慈げん (埼玉県)
・埜庵 (神奈川県)
・三日月氷菓店 (千葉県)
・厨菓子くろぎ (東京都)
・雪うさぎ (東京都)
・弘法屋 池下店 (愛知県)
・柴ふく (愛知県)
・大蔵餅 (愛知県)
・あんどりゅ。 (愛知県)
・あんどりゅ。西大須VIP店(愛知県)
・金山トマト (愛知県)
・カフェ サブヒロ (愛知県)
・吾妻茶寮 (愛知県)
・茶屋 赤鰐 (岐阜県)
・ブルーリバーカフェ (岐阜県)
・喫茶 緑 (岐阜県)
・池戸(舞子さんちのかき氷)(岐阜県)
・バナナカフェ (岐阜県)
・CLOBEH (静岡県)
・cafe トスカ (静岡県)
・玉氷 (広島県)
など

ここからは、
関西で食べれる自分の知っている範囲の天然氷のお店についての最新情報のご紹介です。
オススメ度
◎(全国トップクラス)
◯(全国に通用する有名店レベル)
△(その県では、オススメレベル)
で、付けます。
基本的にどこも美味しい天然氷のお店ですが、あえて天然氷のお店で比較するならですが、、評価は、『自分の食べた かき氷』
ですのであしからずm(__)m。

⚫️滋賀県
・(○)小西本店(彦根市)
・(◎)寿長生の郷(大津市)
・(◎)叶 匠寿庵(草津市)
⚫️京都府(京都市)
・(◎)祇園NITI
・(◎)マールブランシュ北山本店
・(◎)マールブランシュ京都伊勢丹店
・(◯)ボブソンズカフェ
・(△)吉祥菓寮 祇園本店
・(◎)鹿の子
・(◯)サンタ・マリア・ノヴェッラ・ティーサネリーア京都店
⚫️大阪府(大阪市)
・(➖)Cafe Bouquet ヨドバシカメラ8階
・(◯)ROCCA & FRIENDS
⚫️兵庫県(姫路市)
・(◎)天然氷の姫路官兵衛堂
・(➖)レ ボ プロヴァンス
⚫️三重県(鳥羽市)
・(◎)御福餅 本家
・(△)マウント富士ピザ
位でしょうか(イベントのぞく、限定食べログに掲載されている関西の天然氷のお店)。
(➖)店は、自分は、未食です。

アベレージ的かき氷講座
〜天然氷編〜
天然氷は、プールの様な ため池に水をはり自然に時間をかけて凍らせた氷で、普通の冷凍庫の氷より温度が高く溶けやすいのが特徴で、冷凍庫の氷は、マイナス7度に比べて天然氷は、マイナス1〜2度と温度が高いため、食べても冷凍庫の氷に比べて急激に体が冷えないので、血管が収縮しにくく、頭がキーンとなる頭痛になりにくいんです。

天然氷や純氷などでも氷の温度が冷たいまま削るとアイスキャンディなどの様に頭がキーンとなりやすいので、温度管理ができてないと、どんな氷でも頭痛がする場合があります。

それと、溶けかけた温度管理が出来た氷などでも運動直後などの体温の上がった状態から、かき氷を食べて、一気に体を冷やすと純氷や天然氷の様な溶けやすい温度の高い氷でも頭が、キーンとなる場合もありますので、ご注意をσ(^_^;)。

これが、俗に言うアイスクリーム頭痛です。

もし、アイスクリーム頭痛になったら、常温の水を飲むとピタリと治まります(^^)。

という事からも外の気温と氷の温度の差がより少ない冬場のかき氷の方がより美味しく感じるのかも知れません。

天然氷の作られている氷屋さんは、主に栃木県で、に関西は、天然氷は、関東よりも運搬コストがが、かかる為に少し天然氷の値段が高いです。
大体、純氷の8倍位の仕入れ価格だそうですσ(^_^;)

でも、滋賀県の小西商店と大阪のボブソンズは、天然氷のかき氷が、500円で、食べれます(^^)。

天然氷は、全国で、7社のみが取り扱っています。

先日、滋賀県の河内の鍾乳洞の隣にある去年オープンした『風緑』さんを利用した時でした。

すぐ隣にある河内の川の湧き水を凍らせた氷を使用しているというお店で、かき氷は、食べた時に、天然氷と遜色のない氷だと感じて、他にお客様は、誰もいかなかった事もあり、店員さんにお話を聞かせてもらいました。

氷は、河内の川の源泉を凍らせたものらしいです。
源泉とは、川の始まりの山からの湧き水・ミネラル豊富で不純物が、ほぼ無いです。
天然氷も同じ物を使用しています。

それを、特殊な冷凍庫&冷凍方法で、2日間かけて、大きなブロックの氷にします。

他にも奈良県の『食楽※宝山』さんは、天川村ごろごろ水を自分で汲みに行って、自家製の氷を作っておられます。

本来の天然氷は、外のプールの様な所で、自然の気温で、2日間くらい時間をかけて、ゆっくり大きなブロックの氷を作ります。

どちらも、その後、氷をブロックに切り分けて、保存します。
そして、その切り分けたブロックを かき氷にします。
一応、現在の正規の認められている天然氷の店は、
(メーカー) (取り扱い店舗)
『三ツ星製氷』・・・ひみつ堂(東京)他
『四代目徳次郎』・・祇園NITI(京都府)他
『阿左美冷蔵』・・阿左美冷蔵(栃木県)他
『渡辺商会』・ちもと総本店(長野県)他
『八儀』・・・・・・鹿の子(京都府)他
『松月氷室』・・・・叶 匠寿庵(滋賀県)他
『不二』
の7社のみです。

ちなみに他に見かける
・富士山の天然水(天然水です)
・中央アルプスの天然水(天然水です)
・天然水の氷
と表記されているものは、純氷ですので、そのおつもりで、、m(__)m。

一応後にも書いてますが、氷の貴重さ・味を分けると上から順に。

天然氷
(今年は、四代目徳次郎さんと五代目徳次郎さんが、凄く良い天然氷が、出来たそうで、天然氷も日々進化しています。)

舞阪純氷
(静岡県・氷工房にはし の氷、120時間以上かけて凍らせている氷彫刻様の氷。)

日乃出製氷や仲氷店の純氷
(72時間以上かけて凍らせる、奈良県の日乃出製氷さんや和歌山県の仲氷屋の純氷)

準天然氷
(湧き水や天然水を48時間以上かけて凍らせる)


一般的な純水
(48時間以上かけて凍らせる氷屋さんの氷)

市販のアイスブロック(スーパーとかで売ってる)

家庭用などの急速冷凍の小さなブロック氷
となります(自分の感覚ですf^_^;)。

でも、水の凍らせ方や軟水・硬水や合わせるシロップによっても変わりますので、一概には、言えませんので、参考までに。


〜かき氷の歴史〜
奈良県にある氷室神社は、氷の神様の神社で、毎年GW位の時期に『ひむろしらゆき祭』が、行われています。

奈良県には、昔 平城京が、遷都だった時代に春日山の氷室に氷を保存して、献上品として、献氷されていたのが、始まりで、平安時代の枕草子にも かき氷を食べていたという話が、書かれています。

その当時の氷室が、大変貴重なものだった事から、現在は、氷室神社として、氷の神様を祀っていています。
5月1日には、全国から繁盛期前に かき氷屋さんが、参拝されるらしいです。

その流れから、始まったのが、『ひむろしらゆき祭』なんですよね٩(ˊᗜˋ*)و✧*。

さらに知りたい方は、ネットで、調べてみて下さいm(__)m。

ひむろしらゆき祭くらい知ってるよー(*´-`)って方には、関西から日帰りで行ける範囲のかき氷イベントのご紹介です*\(^o^)/*。

かき氷イベントカレンダー
⭐︎ひむろしらゆき祭⭐︎奈良県
毎年・5月のゴールデンウィークの最後の土日
(1週目or2週目)
ほうせき箱・赤鰐を始めとする全国有名店が20店舗近く出店されます。
当日券と1ヶ月前位から前売り券販売あり。

⭐︎かき氷コレクション⭐︎兵庫県
2017年6月
デザインクリエイティブ神戸で行なわれるかき氷イベントで、今年で4回目。
関西の名店だけでなく、関東からも有名店が参加されます。

⭐︎冬の氷会⭐︎岐阜県
毎年11月3日
赤鰐主催のかき氷イベント。
ほうせき箱・さくら氷菓など全国から有名店が、来られてました。
店舗数は、6店舗位。
昨年は、当日券のみ。

⭐︎かき氷EXPO2018⭐︎奈良県
2018年・2月24日・2月25日
第1回全国かき氷選手権。
出場条件は、かき氷提供を始めて1年以上など、予選もある模様です。
密かに熱意を燃やしている隠れた名店もありますが、自分のベストな環境で、良い物を提供したいので、イベントには、興味のないと言われる実力店まで、様々あります。
果たして、自分が、焚き付けてきたσ(^_^;)関東や関西の隠れた名店は、かき氷選手権に意欲を示してましたが、予選は、通過するのでしょうか( ̄ー ̄+)

超実力店で出店されない店もありますが、きちんと予選もありますし、間違いなくレベルの高いお店が、沢山出てきますので、要チェックイベントですよ(^_−)−☆。

ちなみに、チケット販売は、2018年1月中頃からネットで販売されてますので、氷室しらゆき祭りさんのインスタグラムやホームページをチェックして下さい(^_−)−☆。

かき氷用語雑学
・ゴーラー かき氷を食べ歩く人
・カキゴーラー かき氷を食べ歩く人
・プロゴーラー かき氷・氷屋などの氷に携わる仕事をしている人

では、ここからは、
アベレージ的美味しいかき氷の5つのポイントを説明したいと思います。
(個人的主観ですので、ご参考までに)

〜その1〜
◎水と氷
かき氷には、大きく3種類の氷と3つの水が、あります。
①天然氷(山からのミネラル豊富な水を自然の寒さで、48時間かけて凍らせた氷で、透き通る様な透明な氷)
②純水、ミネラルウォーター(限りなく不純物のない氷を48時間かけて凍らせました。透き通る様な透明な氷)
③普通の一般的な氷(水道水を冷凍庫で、凍らせた氷等・氷の中に白い気泡があるのが、特徴)
天然氷と純氷は、水の種類としては、限りなく同じです。
純氷と一般的な氷は、不純物の割合が、違い不純物が多いほど雑味を感じやすいです。
天然氷は、マイナス2度
純氷は、マイナス7度
位で大体削ります。

なので、天然氷は、溶けやすく削るのが難しいですが、口当たり・口溶けが、凄く優しいですが、関西凝ったトッピングや盛り付けには、氷が溶けやすく 向いていません。
仕入れ価格も純氷の8倍位します(関西の場合)。
トッピングや盛り付けにこだわりたい場合は、実力氷が、オススメです。

〜その2〜
◎氷の削り方
細かく薄く削るか粉砕した氷を使うか等削り方次第で、舌に乗せた時の味が変わります。

薄い氷・細かい氷の方が、直ぐに溶けて、体温を下げにくく、味がしっかりと分かります。
マイナス7度の普通の氷より、天然氷の方が、溶けやすいので、薄く削ずりやすいです。
ただし、機械の刃の手入れや、機械自体の性能によっては、天然氷を使用しているお店でも氷の美味しさに差が大分ありますし、マイナス7度の氷でも削り方次第では、天然氷の美味しさに負けないお店が、沢山あります(日乃出製氷さんの72時間かけて凍らせた純氷は、匹敵するクラスです)。

かき氷機は、主に
・初雪
・スワン
の2種類が、主な日本の業務用だと思います。
(他には、台湾・韓国の機械があります。)

刃にもよりますが、個人的な感想は、
・初雪
基本的に細長く立った氷のフワフワ系ですが、刃や削り手 により変わるイメージがあります。
(刃は、鋼で研いで再利用します。刃は、もって30貫位でへたります。刃の値段は、高いです。研ぎは、基本的に外注の研ぎ屋さんに頼まれています。)

・スワン
刃は、ステンレス製で、鋼と比べると柔らかいです。
シロップが、染み込みやす細かい削り方の氷のイメージで、粘度のゆるいシロップだと こちらの方が、氷とシロップの一体感が、でる感じがします。
もちろん刃次第ですけどねf^_^;。

ステンレス製の刃は、鋼に比べると安いですが、基本的に使い捨てで、当たりハズレがあり1杯のかき氷も作れずに刃を変えるというお店もあります。

という見解をおもちの方が、ほとんどだと思いますが、実は、スワンのステンレス製の刃を2枚(取り付けてるのと、予備)だけで、通年かき氷を提供している凄い店がありますΣ(・□・;)。
もちろん削りは、超一流で、自分でステンレスの刃を研がれていますが、この刃が、他店で見た事のない かき氷機専用の刃に研がれていました!(◎_◎;)。

話を聞くと成る程!理にかなっている!これが、究極の刃の角度なんですね_φ(❐_❐✧メモメモ。
(一応、企業秘密にして置きますσ(^_^;)。)

店によっては、刃を毎日新品に変えていたり、良い研ぎ師さんの所を探して、利用したりされいますが、結局は、メーカーも研ぎ屋さんもかき氷の機械の特性と刃の設計を考えて、実際に何千倍も かき氷を作られてないから、この角度の刃には、削られないのかなと思いました(^_^;)。

かき氷機専用の刃の角度ここに極まれり
( ̄ー ̄+)

他にもう1.2店舗、スワン用のステンレスの刃を外注でとがれている店も凄く削りが、良いので、使い捨ての刃といわれてるステンレスの刃を上手に研ぐのが1番オススメなのかも知れません。

後は、氷は、削る前に常温に馴染ませるのも大事です( ´ ▽ ` )ノ。
冷凍庫から取り出したてで、削ると硬く冷たく、天然氷・純氷でもアイスクリーム頭痛や舌の霜焼けや味が尖った感じの原因になります。
良い店は、常温にあらかじめ出しておいて馴染ませたり、発泡スチロールなどに入れて、表面が溶けた状態の物を使います。

荒技ですが、急なお客様で氷が、馴染んでない場合は、水を霧吹きでかけたり、電子レンジで、氷を温めるお店もあります。

表面の溶けた部分は、使わず削りとり、溶けてない部分から、かき氷として使われているお店が、天然氷・純氷を上手く使われているお店だと思います。

簡単に削りにこだわられている店の見分け方は、かき氷の機械から氷が削れて出て来るところに目線があるかどうか。
これは、氷の削れ状態を目で見て、刃の出し具合を瞬時に調整できるかどうかや、削った氷がどう削れて出てきているかどうかだと思います。

氷の削れる良い状態順に勝手に命名しましたσ(^_^;)。

1位〜天使の羽〜
ひらひらと舞う花びらの様に揺れながら落ちて来る削り
(奈良・奈良の氷屋ヒノデさん等)

2位は、4つあります。
〜氷柱〜
長細く立った削り。見た目のボリュームもあり、中はエアリー(京都・鹿の子さん等)

〜染み込み系〜
細かく薄い優しい口当たりの削り
(大阪・cocco cafeさん等)

〜粉雪〜
粉雪の様なふわふわなキメの細かい氷
(愛知県・カフェサブヒロさんや
京都府・古の花さん、)
(ただし、台湾氷やスノーアイスなどのフレーバー氷は、含みません)

3位は、2つあります。
(ここまでは、プロの削り)
〜よく馴染んだフワフワ氷〜
細かくふんわりとした削りですが、溶けやすいです(ほうせき箱さん等)

〜よく馴染んだフワフワ氷・フレーバー系〜
細かくふんわりとした削りですが、普通のかき氷の様に食べる場所によって味が変わるわけでは、なく飽きやすいのと、後口が、濃厚です。
(アイスモンスターやスノーアイスや台湾氷など)

一般的によく見かけるレベルは、4位です。
〜ガリガリ氷〜
フラッペなどの四角いブロックの氷。
濃厚なシロップに合わせる様に融点を計算して、この氷を使用している店は、プロレベルで良いですが、ただ単にガリガリ氷に市販シロップなのは、夜店レベルです。
頭キーンとなる系(>_<)。

〜シャラシャラ氷〜
氷と会話していない(-_-;)
(削り状態を見てない・氷の繊維通りに削れてない)
機械は、良いのに削る方の腕の問題の場合。
氷の削りを見ずに、ボタン押して、削って止めて、の作業の繰り返しで、盛り具合は、見てるけど、機械の刃は、見ていなく素人が削った氷みたい、、。
機械を扱いきれてなく、盛り具合が、ペシャンコで、すぐ溶けるし、氷同士がくっ付いて固まる。
削りの練習が必要かな(-_-;)。
でも、夏の短い期間限定で他の料理と兼任されている店などは、仕方なしかな(^_^;)。

〜家庭用〜
初雪やスワンやISMなどの業務用機械でなく、家庭用の数千円のかき氷機を使用していたり、家庭用氷を使用して、初雪やスワンやISMなどでも、刃や機械のメンテナンスをせず、無理やり削ってる。
腕どうこうより、機械の問題。
削っておられる機械が、ガガガッ、ガッガて、音を立てて泣いてる(>_<)。
メンテは、定期的にしましょう。

〜その③〜
◎シロップ
これが、1番分かりやすいですね(^.^)。
フルーツソースを使用しているシロップ等は、生果汁やフルーツの質。
和風シロップの場合は、小豆や黄な粉や砂糖(和三盆等)の質。
後は、保存料や着色料や人工甘味料の使用などですね。
当然、使用してない方が、体に優しく自然な甘さが、感じられます。
夜店で見かける昔ながらのシロップは、全部同じシロップに着色料と香料をつけてるだけで、実際の果汁などは、一切入ってないです(^_^;)。
着色料の入ったシロップだと食べた後、シロップの色が口や舌に付いちゃいますし、子供が、服などにこぼしたら中々落ちないので、ご注意を。

あとは、シロップのかけ方も重要で、味の変化の計算をされていたり、味の層の作り方が、ポイントです。

〜その④〜
◎環境・道具
環境は、店内の気温ですね〜(;^_^A
店内の温度を かき氷を食べる環境に合わせて高い温度に設定しています୧(୧ˊ͈ ³ ˋ͈)⋆ೄ。

美味しくて食べれる環境って大事です(^^)。
(暑すぎてもNGです。)

他には、温かいお茶(白湯)を出して下さる お店です。
温かいお茶で、冷えた身体もホッコリです(´,,•ω•,,)。

かき氷を食べてる途中に温かいお茶の差し入れは、タイミングバッチリ(๑˃̵ᴗ˂̵)و。

先に出されてると ぬるくなるし、食べ終わった後だと、デカイかき氷の場合は、食べている途中で、寒くなるし(٥﹏٥` )。

道具は、スプーンと器ですね〜(^_^*)。
基本的に漆塗りやステンレス製スプーンが、オススメです(^^)

鉄のスプーンだと氷により冷えると鉄っぽい味がしますし、冷えやすいので、氷が、溶けにくいんです(~_~;)。

漆塗りのスプーンだと冷えにくく、氷が溶けやすいので、口に入れた時に、優しい口当たりで、氷の尖った感じがなく、シロップの味を美味しく感じやすいんですよね(*´∇`)ノ。

木のスプーンも良いのですが、乾くのが遅かったり、菌の発生も気になります(^_^;)。

アベレージ的、理想のスプーンの定義!
・重さが軽い
・氷を潰さない
・氷でスプーンが冷えない
・氷が、スプーンの上で溶けやすい
(常温に近づく)
・かき氷の山にスプーンをさしてもナダレが起きにくい。
・シロップも氷も一緒にバランス良くすくえる。
・口に含んだ時の体積が、スプーンよりも氷の体積が、いかに多いかどうか。
・口からスプーンが、引っかかりなく自然にスッと抜けるかどうか。

今は、自分的にカレー専用スプーンと関西でも一部の店舗が使用しているステンレス製のスプーンが熱いと思います( ̄ー ̄+)。

ステンレススプーンは、東京の
『くろぎ』さん他、関西の店舗一部
カレー用スプーンは、京都の
『あんどりゅ。』さん
などが使用しています。

器は、陶器が、理想です。
(保温性が高く、外気温が高くても熱を通しにくいです。)
後は、基本的に凍らしあり最低でも冷やす事。
でないと最後は、氷が、溶けてしまいます
(-_-;)。
(例外として、器に直接エスプーマや器の大きさ熱電動率の低いジャムシロップを塗るなどもオススメです。)
オシャレな店で、純氷を使用するならパフェの様に下層を見栄え良く色を入れたりすると写真映えします(^_−)−☆。

でも、神社や古民家カフェや和菓子屋なら、意外にお椀を凍らせるのもありです
( ̄ー ̄+)。
雰囲気にもあってますし、凍らせたお椀は、ガラスや焼き物やプラスチックよりも熱が伝わりにくく氷が、溶けにくいんです(^^)。
(味噌汁をお椀に入れると持ってもあまり熱くないというと分かりやすいかな(^_^;)。)

他には、機械自体のメンテナンスもとっても重要です。

〜その⑤〜
◎相性
削り方・シロップの相性ですね〜(*^_^*)。
ガリガリ荒い系氷や粉雪系やフワフワ系氷や平べったい氷や味付き氷に合うシロップの物を選ぶとベストです。
味付き氷ならシャーベットみたいな感じで食べられるので、『アイスモンスター』の様な平べったいく大きくフワッと系。

平べったい系なら味の濃いフルーツ系や紅茶・コーヒー系が、オススメ(*^ー゚)b。

粉雪系は、粉末系シロップや粘度の高いシロップが、合うと思います。

紅茶・珈琲・お酒・お茶は、いかに香りを引き出せるか。
粉系は、氷との量のバランスや氷と粉末の口に入れた時の融解温度を計算しているかや冷やしても香りが出るかどうかなど。

その店の削り方に合ったシロップが、その店の かき氷のポテンシャルを1番引き出すと思うので、迷った時には、参考までに(。´・∀・)ノ゙

以上アベレージ的 美味しいかき氷の5箇条でしたm(__)m。

オススメかき氷店については、携帯からネット検索で、アベレージ かき氷で、検索や食べログ アベレージ 検索でのトップページからジャンルや場所を入れても手軽に検索できますよ〜(*^^*)

  • ブルーリバーカフェ -
  • ブルーリバーカフェ -
  • ブルーリバーカフェ -
  • ブルーリバーカフェ -
  • ブルーリバーカフェ -
  • ブルーリバーカフェ -
  • ブルーリバーカフェ -
  • ブルーリバーカフェ -
  • ブルーリバーカフェ -
4回目

2017/11訪問

  • lunch:3.8

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999

通常利用外口コミ

この口コミは試食会・無料招待・レセプション利用、出店・物産展の場合など、通常とは異なるサービス利用による口コミです。

第2回・冬の氷会【ブルーリバーカフェ】

どーもーアベレージです(^^)。

かき氷レビュー396件目は、
【ブルーリバーカフェ】さんです。


11月3日に行われた第2回岐阜の氷会に参加して来た時のレビューです(^.^)。

イベントは、チケット販売1時間前には、列んでるお客様で既に全店舗のチケット売り切れになるほどの大盛況で、明らかに
昨年よりも冬のかき氷人気が高まっています
Σ(・□・;)。

さて、ブルーリバーカフェさんが、提供していた品は、

『アップルシナモンミルクティー氷
志古羅んがけ』です。

●料理(⭐️4.0)
〜アップルシナモンミルクティー氷
志古羅んがけ〜
シロップは、アップルシナモンフレーバーシロップと赤鰐直伝のミルクシロップ。

シロップ自体は、さっぱりと軽いですが、
赤鰐直伝のミルクシロップにニッキの味がプラスされて、後口に深みがあります。

シナモンは、控え目で、りんごの味の引き立て役としてひと役かっています。

トッピングには、『志古羅(しこらん)』という餅米を乾燥させニッキ飴で固めたご当地のオコシ菓子を砕いてトッピングしてあり、オコシの食感とニッキの味が良いアクセントになっています(^.^)。

イベントの為、味のみの評価となりますm(__)m。

ここからは、関西在住のアベレージのお送りする かき氷のお話・2017・12月版

〜かき氷情報2017 in 関西〜
ps.本気のマニア情報もあります( ̄ー ̄+)。

これさえ読めば、貴方もかき氷通間違いなし!?
新しく追加したのが、関西のかき氷の種類別で、オススメをまとめてみましたので、参考にしてみて下さい(^_−)−☆。(2017年12月現在の評価のです)

まずは、こちら

!!緊急開催・冬のかき氷店まとめ!!
冬でも、かき氷が、食べたいと言う本物のゴーラーの方様に、まとめました\(^^)/!
(もしかすると、急にやめられている場合が、ありますので、一応確認してからの利用をオススメします(>人<;))

果たして、需要・反響は、あるのか、、σ(^_^;)。
冬に食べるかき氷は、バリエーション豊富で、お店によっては、夏場に食べるよりも、美味しいお店も中には、あります(^.^)。

〜かき氷が、通年食べられる店 in 関西・2017年 今年は、増え過ぎ編(^_^;)!〜

〜(◎)は、特にオススメ店〜

京都府・かき氷通年提供店
・二條若狭屋 寺町店(◎)
・お茶と酒 たすき (◎)
・祇園NITI(◎)
・ページワン
・雪の華
・ぎおん徳屋
・清水一芳園(◎)
・THE BAR
・おづkyoto-maison du sake-(◎)
・リュボン デ フリューティー アン カフェ
・雪の下
・飲食求道一作
・京はやしや
・鹿の子(◎)
・茶香房 長竹
・あんどりゅ。嵐山店(◎)要予約
・cafe baligasi
(11月15日現在は、提供してますが通年かは、未定。)
・茶筅
・瓦そば松右衛門
・ サンタ・マリア・ノヴェッラ・ティーサネリーア京都店
(コースのデザートが天然氷のかき氷)
・カフェ アリエッテイ
・弥次喜多

大阪府・かき氷通年提供店
・Cocoo cafe(◎)
・山口果物
・かん袋
・開元カフェ
・雪の下(各店舗)
・アイスモンスター
・茶寮つぼ市製茶本舗
・雪の華
・Wad omotenashi café
・フレンチトースト専門店 to 夜カフェ EBISU
・タルマジカフェ
・yuan縁
・Motomoto
・フルーツカフェ マイア
・雪の華
・雪桜
・grow
・がるる氷
・八角堂
・カフェソ ラーレ ツムギ ルクア店
・カフェ ソ ラーレ ツムギ 阿倍野店
・一日一麺
・くつろぎの郷 湯楽
・蛸にし家
・チョコレート研究所
・アナ雪
・水春の湯(各店舗)
・らんらん
・七海(◎)
・麺とかき氷 ドギャン谷四店
・ばさら梅々庵
・Marufuji cafe
・cafe 12(◎)
・JAM
・宇治園 喫茶去 心斎橋店
・甘党まえだあべのキューズモール店

兵庫県・かき氷通年提供店
・天然氷の姫路官兵衛堂(◎)
・六花(◎)
・日本茶カフェ 一日ひとひ
・夙川桜庵
・ひとの和心
・marica
・吹上の森
・雪の下
・ピギー
・TAKAMIOKAKI
・ほうらく堂(冬は期間限定かも、、)

奈良県・かき氷通年提供店
・おちゃのこ
・ほうせき箱(◎)
・柿の葉寿司 平宗 法隆寺店
・Sugano-cafe(酢香野カフェ)
・パパ ド ウルス丘の上 食堂
・ホテル日航 奈良ロビーラウンジ ファウンテン
・松籟〜まつのおと〜
(↑ちょっとやってるか不明です。)
・cafe ことだま
・咲良

滋賀県・かき氷通年提供店
・草津水春の湯
・奥山の癒し処 風緑
・せんなり亭 二九食や
・伊沙羅
・和彩彩舗

三重県・かき氷通年提供店
・オルオルカフェ
・れもんの木
・御福餅 本家(◎)
・マウント富士ピザ

和歌山県・かき氷通年提供
・仲氷屋

ここからは、普通のオススメ店の紹介。
◎は、特にオススメ店です。

【関西】で、これを食べるならココ!!
〜生フルーツ系〜
・天然氷の姫路官兵衛堂(兵庫県)
・鹿の子 (京都府)
・浪花家(大阪府)
・山口果物(大阪府)
・吹上の森(兵庫県)
・白安(福浦本舗)(和歌山県)

〜抹茶〜
・おづkyoto-maison du sake-(京都府)(◎)
・寿長生の郷(滋賀県)
・叶 匠寿庵(滋賀県)
・黒豆茶庵 北尾 錦店(京都府)
・清水一芳園(京都府)(◎)
・プティマルシェ(奈良県)
・御福餅 本家(三重県)
・天然氷の姫路官兵衛堂(兵庫県)

〜エスプーマが美味しい〜
・清水一芳園(京都府)
・ほうせき箱(奈良県)(◎)
・ホテル日航奈良 ロビーラウンジ・ファウンテン(奈良県)
・ル クレール(奈良県)
・茶筅(◎)
・らんぷ伊勢店(◎)

〜黒蜜〜
・御菓子司 鶴屋徳満 本店(奈良県)(◎)

〜きな粉〜
・菓匠 千壽庵吉宗 学園登美ヶ丘店(奈良県)
(◎)
・菓匠 千壽庵吉宗 本店(奈良県)(◎)
・一歩

〜ほうじ茶〜
・たすき(京都府)(◎)
・二條若狭屋(京都府)
・六花(兵庫県)(◎)

〜珈琲〜
・前田珈琲(京都府)
・ウニール(京都府)
・コクウカフェ(大阪府)
・楽食 宝山(奈良県)(◎)
・珈専舎たんぽぽ(兵庫県)(◎)

〜スイーツ系〜
・マールブランシュ北山本店(京都府)
・マールブランシュ京都伊勢丹店(京都府)
・二條若狭屋(京都府)(◎)
・マツシタキッチン(大阪府)(◎)
・六花(兵庫県)(◎)
・柿の葉寿司 平宗 法隆寺店(奈良県)
・cafe ことだま(奈良県)
・ルクレール(奈良県)
・cafe 12(大阪府)(◎)
・ミスベリー(大阪府)(◎)

〜プリン氷〜
・マツシタキッチン(大阪府)
(カラメルです)
・チェカ(京都府)
・cafe luce (奈良県)

〜ビジュアル重視・インスタ向き〜
・チョコレート研究所(大阪府)
・ミスベリー(大阪府)
・FLAG(大阪府)
・ブラザーズカフェ(大阪府)
・cafe12(大阪府)

〜お酒系〜
・おづkyoto-maison du sake-(京都府)(◎)
・BAR華(大阪府)(◎)
・大極殿 本店(京都府)

〜削りにこだわる〜
・奈良の氷屋ヒノデさん(奈良県)スワン(◎)
・hinodesan 郡山店(奈良県)スワン(◎)
・おづkyoto-maison du sake-(京都府)
スワン(◎)
・あんどりゅ。(京都府)スワン

〜ずんだ(枝豆)〜
・餅匠しずく(大阪府)

〜サツマイモ〜
・山口果物(大阪府)
・らんらん(大阪府)
・菓匠 千壽庵吉宗 本店(奈良県)

〜カフェとしてのお店の雰囲気〜
・FLAG(大阪府)(◎)
・楽食 宝山(奈良県)(◎)
・サロン ド ロワイヤル(京都府)(◎)

県別オススメ店一覧表(ジャンル問わず)
オススメは、【自分の食べた品】ですσ(^_^;)。
よろしければ、レビューを参考にして下さいm(__)m。
◎は、特にオススメ店です。

〜三重県〜
・れもんの木
・御福餅 本店

〜滋賀県〜
・抹茶庵けんしん
・叶 匠寿庵
・寿長生の郷
・フクバコ

〜京都府〜
・おづkyoto-maison du sake-(◎)
・チェカ
・二條若狭屋(◎)
・前田珈琲
・清水一芳園(◎)
・せかん堂
・鹿の子
・マールブランシュ北山本店
・マールブランシュ京都伊勢丹店
・祇園NITI(◎)
・たすき(◎)
・大極殿 本店
・黒豆茶庵 北尾 錦店
・あんどりゅ。嵐山店
・A TABLE!

〜大阪府〜
・コクウカフェ
・マツシタキッチン(◎)
・BAR華
・カカオサンパカ
・山口果物
・かん袋
・ミスベリー(◎)
・浪花屋
・ROCCA & FRIENDS
・七海
・cafe12(◎)

〜奈良県〜
・みやけ
・おちゃのこ
・プティマルシェ
・菓匠 千壽庵吉宗 学園登美ヶ丘店
・菓匠 千壽庵吉宗 本店(◎)
・奈良の氷屋ヒノデさん
・ストロベリー工房
・hinodesan 柳町店(◎)
・御菓子司 鶴屋徳満 本店
・楽食 宝山
・柿の葉寿司 平宗 法隆寺店
・ほうせき箱(冬メニューがオススメ)
・ホテル日航奈良 ロビーラウンジ・ファウンテン
・ル クレール

〜兵庫県〜
・あかちゃ屋
・菊水茶廊本店
・六花(◎)
・吹上の森
・天然氷の姫路官兵衛堂(◎)
・TAKAMIOKAKI
・珈専舎たんぽぽ(◎)
・バー エトワール
・星の果実園

〜和歌山県〜
・風のとおり道
・仲氷屋
・白安(福浦本舗)
・HASHIGO CAFE
以上です。

〜全国編〜
〜全国トップクラス◎評価のお店(関西以外)〜
・慈げん (埼玉県)
・埜庵 (神奈川県)
・三日月氷菓店 (千葉県)
・厨菓子くろぎ (東京都)
・雪うさぎ (東京都)
・弘法屋 池下店 (愛知県)
・柴ふく (愛知県)
・大蔵餅 (愛知県)
・あんどりゅ。 (愛知県)
・あんどりゅ。西大須VIP店(愛知県)
・金山トマト (愛知県)
・カフェ サブヒロ (愛知県)
・吾妻茶寮 (愛知県)
・茶屋 赤鰐 (岐阜県)
・ブルーリバーカフェ (岐阜県)
・喫茶 緑 (岐阜県)
・池戸(舞子さんちのかき氷)(岐阜県)
・バナナカフェ (岐阜県)
・CLOBEH (静岡県)
・cafe トスカ (静岡県)

ここからは、
関西で食べれる自分の知っている範囲の天然氷のお店についての最新情報のご紹介です。
オススメ度
◎(全国トップクラス)
◯(全国に通用する有名店レベル)
△(その県では、オススメレベル)
で、付けます。
基本的にどこも美味しい天然氷&準天然氷のお店ですが、あえて、天然氷のお店で比較するならですが、、
評価は、『自分の食べた かき氷』
ですのであしからずm(__)m。

⚫️滋賀県
・(○)小西本店(彦根市)
・(◎)寿長生の郷(大津市)
・(◎)叶 匠寿庵(草津市)
⚫️京都府(京都市)
・(◎)祇園NITI
・(◎)マールブランシュ北山本店
・(◎)マールブランシュ京都伊勢丹店
・(◯)ボブソンズカフェ
・(△)吉祥菓寮 祇園本店
・(◎)鹿の子
・(➖)サンタ・マリア・ノヴェッラ・ティーサネリーア京都店(コースのデザート)
⚫️大阪府(大阪市)
・(➖)Cafe Bouquet ヨドバシカメラ8階
・(◯)ボブソンズ千里中央店
・(◯)ROCCA & FRIENDS
⚫️兵庫県(姫路市)
・(◎)天然氷の姫路官兵衛堂
⚫️三重県(鳥羽市)
・(◎)御福餅 本家
・(△)マウント富士ピザ
位でしょうか(イベントのぞく、限定食べログに掲載されている関西の天然氷のお店)。
(➖)店は、自分は、未食です。

ただし、天然氷のお店ですが、天然氷を作られている氷屋以外だと、在庫や気温や湿度 次第で、純氷を使われている事が、よくあります(^_^;)。
氷自体の味の差は、ごく僅かで、ほぼわかりませんが、純氷を使った方が、上手く削りやすい時もあるので、特に上質な純氷を使った時は、天然氷で、ない方が、美味しいかもしれませんσ(^_^;)。
それくらい削りの技術や機械って大事なんです( ´ ▽ ` )ノ。

天然氷を使用している店が、純氷を使用している時が、ある事を あまり知られてない方も多いので、気になる方は、確認してみては、いかがでしょうか
アベレージ的かき氷講座
〜天然氷編〜
天然氷は、プールの様な ため池に水をはり自然に時間をかけて凍らせた氷で、普通の冷凍庫の氷より温度が高く溶けやすいのが特徴で、冷凍庫の氷は、マイナス7度に比べて天然氷は、マイナス1〜2度と温度が高いため、食べても冷凍庫の氷に比べて急激に体が冷えないので、血管が収縮しにくく、頭がキーンとなる頭痛になりにくいんです。

天然氷や純氷などでも氷の温度が冷たいまま削るとアイスキャンディなどの様に頭がキーンとなりやすいので、温度管理ができてないと、どんな氷でも頭痛がする場合があります。

それと、溶けかけた温度管理が出来た氷などでも運動直後などの体温の上がった状態から、かき氷を食べて、一気に体を冷やすと純氷や天然氷の様な溶けやすい温度の高い氷でも頭が、キーンとなる場合もありますので、ご注意をσ(^_^;)。

これが、俗に言うアイスクリーム頭痛です。

もし、アイスクリーム頭痛になったら、常温の水を飲むとピタリと治まります(^^)。

という事からも外の気温と氷の温度の差がより少ない冬場のかき氷の方がより美味しく感じるのかも知れません。

天然氷の作られている氷屋さんは、主に栃木県で、に関西は、天然氷は、関東よりも運搬コストがが、かかる為に少し天然氷の値段が高いです。
大体、純氷の8倍位の仕入れ価格だそうですσ(^_^;)

でも、滋賀県の小西商店と大阪のボブソンズは、天然氷のかき氷が、500円で、食べれます(^^)。

天然氷は、全国で、7社のみが取り扱っています。
それ以外の天然氷と表記してある氷は、準天然氷(私が、勝手に命名f^_^;)です。

先日、滋賀県の河内の鍾乳洞の隣にある去年オープンした『風緑』さんを利用した時でした。

すぐ隣にある河内の川の湧き水を凍らせた氷を使用しているというお店で、かき氷は、食べた時に、天然氷と遜色のない氷だと感じて、他にお客様は、誰もいかなかった事もあり、店員さんにお話を聞かせてもらいました。

氷は、河内の川の源泉を凍らせたものらしいです。
源泉とは、川の始まりの山からの湧き水・ミネラル豊富で不純物が、ほぼ無いです。
天然氷も同じ物を使用しています。

それを、特殊な冷凍庫&冷凍方法で、2日間かけて、大きなブロックの氷にします。

他にも奈良県の『食楽※宝山』さんは、天川村ごろごろ水を自分で汲みに行って、自家製の氷を作っておられます。

本来の天然氷は、外のプールの様な所で、自然の気温で、2日間くらい時間をかけて、ゆっくり大きなブロックの氷を作ります。

どちらも、その後、氷をブロックに切り分けて、保存します。
そして、その切り分けたブロックを かき氷にします。
一応、現在の正規の認められている天然氷の店は、
(メーカー) (取り扱い店舗)
『三ツ星製氷』・・・ひみつ堂(東京)他
『四代目徳次郎』・・祇園NITI(京都府)他
『阿左美冷蔵』・・阿左美冷蔵(栃木県)他
『渡辺商会』・ちもと総本店(長野県)他
『八儀』・・・・・・鹿の子(京都府)他
『松月氷室』・・・・叶 匠寿庵(滋賀県)他
『不二』
の7社のみです。

ちなみに他に見かける
・富士山の天然水(天然水です)
・中央アルプスの天然水(天然水です)
・三重県産の天然氷
と表記されているものは、風緑さんと同じ準天然氷ですので、そのおつもりで、、m(__)m。

一応後にも書いてますが、氷の貴重さ・味を分けると上から順に。

天然氷
(今年は、四代目徳次郎さんと五代目徳次郎さんが、凄く良い天然氷が、出来たそうで、天然氷も日々進化しています。)

舞阪純氷
(静岡県・氷工房にはし の氷、120時間以上かけて凍らせている氷彫刻様の氷。)

日乃出製氷や仲氷店の純氷
(72時間以上かけて凍らせる、奈良県の日乃出製氷さんや和歌山県の仲氷屋の純氷)

準天然氷
(湧き水や天然水を48時間以上かけて凍らせる)

一般的な純水
(48時間以上かけて凍らせる氷屋さんの氷)

市販のアイスブロック(スーパーとかで売ってる)

家庭用などの急速冷凍の小さなブロック氷
となります(自分の感覚ですf^_^;)。

〜かき氷の歴史〜
奈良県にある氷室神社は、氷の神様の神社で、毎年GW位の時期に『ひむろしらゆき祭』が、行われています。

奈良県には、昔 平城京が、遷都だった時代に春日山の氷室に氷を保存して、献上品として、献氷されていたのが、始まりで、平安時代の枕草子にも かき氷を食べていたという話が、書かれています。

その当時の氷室が、大変貴重なものだった事から、現在は、氷室神社として、氷の神様を祀っていています。
5月1日には、全国から繁盛期前に かき氷屋さんが、参拝されるらしいです。

その流れから、始まったのが、『ひむろしらゆき祭』なんですよね٩(ˊᗜˋ*)و✧*。

さらに知りたい方は、ネットで、調べてみて下さいm(__)m。

ひむろしらゆき祭くらい知ってるよー(*´-`)って方には、関西から日帰りで行ける範囲のかき氷イベントのご紹介です*\(^o^)/*。

かき氷イベントカレンダー
⭐︎ひむろしらゆき祭⭐︎奈良県
毎年・5月のゴールデンウィークの最後の土日
(1週目or2週目)
ほうせき箱・赤鰐を始めとする全国有名店が20店舗近く出店されます。
当日券と1ヶ月前位から前売り券販売あり。

⭐︎かき氷コレクション⭐︎兵庫県
2017年6月
デザインクリエイティブ神戸で行なわれるかき氷イベントで、今年で4回目。
関西の名店だけでなく、関東からも有名店が参加されます。

⭐︎冬の氷会⭐︎岐阜県
2017年11月
赤鰐主催のかき氷イベント。
ほうせき箱・さくら氷菓など全国から有名店が、来られてました。
店舗数は、6店舗位。
昨年は、当日券のみ。

⭐︎かき氷EXPO2018⭐︎奈良県
2018年・2月24日・2月25日
第1回全国かき氷選手権。
出場条件は、かき氷提供を始めて1年以上など、予選もある模様です。
密かに熱意を燃やしている隠れた名店もありますが、自分のベストな環境で、良い物を提供したいので、イベントには、興味のないと言われる実力店まで、様々あります。
果たして、自分が、焚き付けてきたσ(^_^;)関東や関西の隠れた名店は、かき氷選手権に意欲を示してましたが、予選は、通過するのでしょうか( ̄ー ̄+)

超実力店で出店されない店もありますが、きちんと予選もありますし、間違いなくレベルの高いお店が、沢山出てきますので、要チェックイベントですよ(^_−)−☆。

かき氷用語雑学
・ゴーラー かき氷を食べ歩く人
・カキゴーラー かき氷を食べ歩く人
・プロゴーラー かき氷・氷屋などの氷に携わる仕事をしている人

では、ここからは、
アベレージ的美味しいかき氷の5つのポイントを説明したいと思います。
(個人的主観ですので、ご参考までに)

〜その1〜
◎水と氷
かき氷には、大きく3種類の氷と3つの水が、あります。
①天然氷(山からのミネラル豊富な水を自然の寒さで、48時間かけて凍らせた氷で、透き通る様な透明な氷)
②純水、ミネラルウォーター(限りなく不純物のない氷を48時間かけて凍らせました。透き通る様な透明な氷)
③普通の一般的な氷(水道水を冷凍庫で、凍らせた氷等・氷の中に白い気泡があるのが、特徴)
天然氷と純氷は、水の種類としては、限りなく同じです。
純氷と一般的な氷は、不純物の割合が、違い不純物が多いほど雑味を感じやすいです。
天然氷は、マイナス2度
純氷は、マイナス7度
位で大体削ります。

なので、天然氷は、溶けやすく削るのが難しいですが、口当たり・口溶けが、凄く優しいですが、関西凝ったトッピングや盛り付けには、氷が溶けやすく 向いていません。
仕入れ価格も純氷の8倍位します(関西の場合)。
トッピングや盛り付けにこだわりたい場合は、実力氷が、オススメです。

〜その2〜
◎氷の削り方
細かく薄く削るか粉砕した氷を使うか等削り方次第で、舌に乗せた時の味が変わります。

薄い氷・細かい氷の方が、直ぐに溶けて、体温を下げにくく、味がしっかりと分かります。
マイナス7度の普通の氷より、天然氷の方が、溶けやすいので、薄く削ずりやすいです。
ただし、機械の刃の手入れや、機械自体の性能によっては、天然氷を使用しているお店でも氷の美味しさに差が大分ありますし、マイナス7度の氷でも削り方次第では、天然氷の美味しさに負けないお店が、沢山あります(日乃出製氷さんの72時間かけて凍らせた純氷は、匹敵するクラスです)。

かき氷機は、主に
・初雪
・スワン
の2種類が、主な日本の業務用だと思います。
(他には、台湾・韓国の機械があります。)

刃にもよりますが、個人的な感想は、
・初雪
基本的に細長く立った氷のフワフワ系ですが、刃や削り手 により変わるイメージがあります。
(刃は、鋼で研いで再利用します。刃は、もって30貫位でへたります。刃の値段は、高いです。研ぎは、基本的に外注の研ぎ屋さんに頼まれています。)

・スワン
刃は、ステンレス製で、鋼と比べると柔らかいです。
シロップが、染み込みやす細かい削り方の氷のイメージで、粘度のゆるいシロップだと こちらの方が、氷とシロップの一体感が、でる感じがします。
もちろん刃次第ですけどねf^_^;。

ステンレス製の刃は、鋼に比べると安いですが、基本的に使い捨てで、当たりハズレがあり1杯のかき氷も作れずに刃を変えるというお店もあります。

という見解をおもちの方が、ほとんどだと思いますが、実は、スワンのステンレス製の刃を2枚(取り付けてるのと、予備)だけで、通年かき氷を提供している凄い店がありますΣ(・□・;)。
もちろん削りは、超一流で、自分でステンレスの刃を研がれていますが、この刃が、他店で見た事のない かき氷機専用の刃に研がれていました!(◎_◎;)。

話を聞くと成る程!理にかなっている!これが、究極の刃の角度なんですね_φ(❐_❐✧メモメモ。
(一応、企業秘密にして置きますσ(^_^;)。)

店によっては、刃を毎日新品に変えていたり、良い研ぎ師さんの所を探して、利用したりされいますが、結局は、メーカーも研ぎ屋さんもかき氷の機械の特性と刃の設計を考えて、実際に何千倍も かき氷を作られてないから、この角度の刃には、削られないのかなと思いました(^_^;)。

かき氷機専用の刃の角度ここに極まれり
( ̄ー ̄+)

他にもう1.2店舗、スワン用のステンレスの刃を外注でとがれている店も凄く削りが、良いので、使い捨ての刃といわれてるステンレスの刃を上手に研ぐのが1番オススメなのかも知れません。

後は、氷は、削る前に常温に馴染ませるのも大事です( ´ ▽ ` )ノ。
冷凍庫から取り出したてで、削ると硬く冷たく、天然氷・純氷でもアイスクリーム頭痛や舌の霜焼けや味が尖った感じの原因になります。
良い店は、常温にあらかじめ出しておいて馴染ませたり、発泡スチロールなどに入れて、表面が溶けた状態の物を使います。

荒技ですが、急なお客様で氷が、馴染んでない場合は、水を霧吹きでかけたり、電子レンジで、氷を温めるお店もあります。

表面の溶けた部分は、使わず削りとり、溶けてない部分から、かき氷として使われているお店が、天然氷・純氷を上手く使われているお店だと思います。

簡単に削りにこだわられている店の見分け方は、かき氷の機械から氷が削れて出て来るところに目線があるかどうか。
これは、氷の削れ状態を目で見て、刃の出し具合を瞬時に調整できるかどうかや、削った氷がどう削れて出てきているかどうかだと思います。

氷の削れる良い状態順に勝手に命名しましたσ(^_^;)。

1位〜天使の羽〜
ひらひらと舞う花びらの様に揺れながら落ちて来る削り
(奈良・奈良の氷屋ヒノデさん等)

2位は、4つあります。
〜氷柱〜
長細く立った削り。見た目のボリュームもあり、中はエアリー(京都・鹿の子さん等)

〜染み込み系〜
細かく薄い優しい口当たりの削り
(大阪・cocco cafeさん等)

〜粉雪〜
粉雪の様なふわふわなキメの細かい氷
(愛知県・カフェサブヒロさんや
京都府・古の花さん、)
(ただし、台湾氷やスノーアイスなどのフレーバー氷は、含みません)

3位は、2つあります。
(ここまでは、プロの削り)
〜よく馴染んだフワフワ氷〜
細かくふんわりとした削りですが、溶けやすいです(ほうせき箱さん等)

〜よく馴染んだフワフワ氷・フレーバー系〜
細かくふんわりとした削りですが、普通のかき氷の様に食べる場所によって味が変わるわけでは、なく飽きやすいのと、後口が、濃厚です。
(アイスモンスターやスノーアイスや台湾氷など)

一般的によく見かけるレベルは、4位です。
〜ガリガリ氷〜
フラッペなどの四角いブロックの氷。
濃厚なシロップに合わせる様に融点を計算して、この氷を使用している店は、プロレベルで良いですが、ただ単にガリガリ氷に市販シロップなのは、夜店レベルです。
頭キーンとなる系(>_<)。

〜シャラシャラ氷〜
氷と会話していない(-_-;)
(削り状態を見てない・氷の繊維通りに削れてない)
機械は、良いのに削る方の腕の問題の場合。
氷の削りを見ずに、ボタン押して、削って止めて、の作業の繰り返しで、盛り具合は、見てるけど、機械の刃は、見ていなく素人が削った氷みたい、、。
機械を扱いきれてなく、盛り具合が、ペシャンコで、すぐ溶けるし、氷同士がくっ付いて固まる。
削りの練習が必要かな(-_-;)。
でも、夏の短い期間限定で他の料理と兼任されている店などは、仕方なしかな(^_^;)。

〜家庭用〜
初雪やスワンやISMなどの業務用機械でなく、家庭用の数千円のかき氷機を使用していたり、家庭用氷を使用して、初雪やスワンやISMなどでも、刃や機械のメンテナンスをせず、無理やり削ってる。
腕どうこうより、機械の問題。
削っておられる機械が、ガガガッ、ガッガて、音を立てて泣いてる(>_<)。
メンテは、定期的にしましょう。

〜その③〜
◎シロップ
これが、1番分かりやすいですね(^.^)。
フルーツソースを使用しているシロップ等は、生果汁やフルーツの質。
和風シロップの場合は、小豆や黄な粉や砂糖(和三盆等)の質。
後は、保存料や着色料や人工甘味料の使用などですね。
当然、使用してない方が、体に優しく自然な甘さが、感じられます。
夜店で見かける昔ながらのシロップは、全部同じシロップに着色料と香料をつけてるだけで、実際の果汁などは、一切入ってないです(^_^;)。
着色料の入ったシロップだと食べた後、シロップの色が口や舌に付いちゃいますし、子供が、服などにこぼしたら中々落ちないので、ご注意を。

あとは、シロップのかけ方も重要で、味の変化の計算をされていたり、味の層の作り方が、ポイントです。

〜その④〜
◎環境・道具
環境は、店内の気温ですね〜(;^_^A
店内の温度を かき氷を食べる環境に合わせて高い温度に設定しています୧(୧ˊ͈ ³ ˋ͈)⋆ೄ。

美味しくて食べれる環境って大事です(^^)。
(暑すぎてもNGです。)

他には、温かいお茶(白湯)を出して下さる お店です。
温かいお茶で、冷えた身体もホッコリです(´,,•ω•,,)。

かき氷を食べてる途中に温かいお茶の差し入れは、タイミングバッチリ(๑˃̵ᴗ˂̵)و。

先に出されてると ぬるくなるし、食べ終わった後だと、デカイかき氷の場合は、食べている途中で、寒くなるし(٥﹏٥` )。

道具は、スプーンと器ですね〜(^_^*)。
基本的に漆塗りやステンレス製スプーンが、オススメです(^^)

鉄のスプーンだと氷により冷えると鉄っぽい味がしますし、冷えやすいので、氷が、溶けにくいんです(~_~;)。

漆塗りのスプーンだと冷えにくく、氷が溶けやすいので、口に入れた時に、優しい口当たりで、氷の尖った感じがなく、シロップの味を美味しく感じやすいんですよね(*´∇`)ノ。

木のスプーンも良いのですが、乾くのが遅かったり、菌の発生も気になります(^_^;)。

アベレージ的、理想のスプーンの定義!
・重さが軽い
・氷を潰さない
・氷でスプーンが冷えない
・氷が、スプーンの上で溶けやすい
(常温に近づく)
・かき氷の山にスプーンをさしてもナダレが起きにくい。
・シロップも氷も一緒にバランス良くすくえる。
・口に含んだ時の体積が、スプーンよりも氷の体積が、いかに多いかどうか。
・口からスプーンが、引っかかりなく自然にスッと抜けるかどうか。

今は、自分的にカレー専用スプーンと関西でも一部の店舗が使用しているステンレス製のスプーンが熱いと思います( ̄ー ̄+)。

ステンレススプーンは、東京の
『くろぎ』さん他、関西の店舗一部
カレー用スプーンは、京都の
『あんどりゅ。』さん
などが使用しています。

器は、陶器が、理想です。
(保温性が高く、外気温が高くても熱を通しにくいです。)
後は、基本的に凍らしあり最低でも冷やす事。
でないと最後は、氷が、溶けてしまいます
(-_-;)。
(例外として、器に直接エスプーマや器の大きさ熱電動率の低いジャムシロップを塗るなどもオススメです。)
オシャレな店で、純氷を使用するならパフェの様に下層を見栄え良く色を入れたりすると写真映えします(^_−)−☆。

でも、神社や古民家カフェや和菓子屋なら、意外にお椀を凍らせるのもありです
( ̄ー ̄+)。
雰囲気にもあってますし、凍らせたお椀は、ガラスや焼き物やプラスチックよりも熱が伝わりにくく氷が、溶けにくいんです(^^)。
(味噌汁をお椀に入れると持ってもあまり熱くないというと分かりやすいかな(^_^;)。)

他には、機械自体のメンテナンスもとっても重要です。

〜その⑤〜
◎相性
削り方・シロップの相性ですね〜(*^_^*)。
ガリガリ荒い系氷や粉雪系やフワフワ系氷や平べったい氷や味付き氷に合うシロップの物を選ぶとベストです。
味付き氷ならシャーベットみたいな感じで食べられるので、『アイスモンスター』の様な平べったいく大きくフワッと系。

平べったい系なら味の濃いフルーツ系や紅茶・コーヒー系が、オススメ(*^ー゚)b。

粉雪系は、粉末系シロップや粘度の高いシロップが、合うと思います。

紅茶・珈琲・お酒・お茶は、いかに香りを引き出せるか。
粉系は、氷との量のバランスや氷と粉末の口に入れた時の融解温度を計算しているかや冷やしても香りが出るかどうかなど。

その店の削り方に合ったシロップが、その店の かき氷のポテンシャルを1番引き出すと思うので、迷った時には、参考までに(。´・∀・)ノ゙

以上アベレージ的 美味しいかき氷の5箇条でしたm(__)m。

オススメかき氷店については、携帯からネット検索で、アベレージ かき氷で、検索や食べログ アベレージ 検索でのトップページからジャンルや場所を入れても手軽に検索できますよ〜(*^^*)

  • ブルーリバーカフェ -
  • ブルーリバーカフェ -
  • ブルーリバーカフェ -
  • ブルーリバーカフェ -
3回目

2017/05訪問

  • lunch:-

    • [ 料理・味 4.2
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999

通常利用外口コミ

この口コミは試食会・無料招待・レセプション利用、出店・物産展の場合など、通常とは異なるサービス利用による口コミです。

ひむろしらゆき祭り編〜かき氷レビュー202件目〜【ブルーリバーカフェ】

どーもーアベレージです(^^)。

ひむろしらゆき祭り編ですが、イベントの為に
サービス・雰囲気・CPは、評価せず味のみの評価にしたいと思います。

なので総合点は、評価せず、味の評価個別のみに付けたいと思います。

そして、味に関してですが、ひむろしらゆき祭りの場合は、使い捨て容器・使い捨てスプーンの使用・かき氷の機械は、貸し出しで初雪かスワンは、選べるのですが機械の種類・刃の調整・(多分氷も全部同じ物)などは、選べないので、思い通りに削れなかったり、本来お店で使用している機械でない為に本来のポテンシャルが発揮出来てないお店もあった様に感じますので、お店で食べられる方は、今回ひむろしらゆき祭りで付けた自分点数より もう少し評価が、高くなると思いますので、そのおつもりでσ(^_^;)。

さて、ひむろしらゆき祭り1件目【平宗】さんに次いで、2件目は、岐阜の名店赤鰐さんの1番弟子の【ブルーリバーカフェ】さんです。

冬にブルーリバーカフェさんを利用した時に、店長さんが、ひむろしらゆき祭りで、新作出すんで、楽しみにして置いて下さい(^_−)−☆。
と言われたので、今回は、その新作をいただく事にしました。

ブルーリバーカフェさんからは、2種類のメニューがあり、
お店の定番『ブルーベリーヨーグルト氷』
今回の新作『クリームチーズラズベリー氷』
がありました。

ブルーベリーヨーグルトの美味しさは、お店で実証済みだったので、新作のクリームチーズラズベリーをいただきました。

●料理(⭐︎4.2)
・クリームチーズラズベリー(700円)
クリームチーズシロップとラズベリーの甘酸っぱさと生クリーム入り練乳が全体を優しくまとめあげています。
ブルーベリーヨーグルトと双璧の美味しさですが、チーズのコクが、ブルーベリーヨーグルトよもある分、こちらの方が深みがあり好み
(o^^o)。
削りも流石ですが、お店と比べると、機械や調整が違う為か、やや削りが、荒いのとシロップの染み込みが少ない気がしましたが、まあ、回転率重視の祭り&盛り付けなので、仕方がないのかなσ(^_^;)。

でも、今回食べた中では、境外のお店では、トップの味だったと思います。

余談ですが、、、赤鰐さんの2番弟子の『緑』さんで、3月に
『きなこクリームラズベリー氷』を食べていたので、今回の新作は、凄く似てると思いました
σ(^_^;)。

  • ブルーリバーカフェ - ひむろしらゆき祭りにて。

    ひむろしらゆき祭りにて。

2回目

2017/02訪問

  • lunch:4.1

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.8
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999

岐阜の かき氷名店!赤・青・緑の食べ比べ(๑•̀ㅂ•́)و✧〜かき氷レビュー163件目〜【ブルーリバーカフェ】

どーもーアベレージです(^^)。

〜かき氷レビュー163件目〜

冬でもかき氷〜(๑˃̵ᴗ˂̵)b。

かき氷大好きアベレージのお送りする

『真冬のかき氷シリーズ!10連発!』

知られていない名店から有名店の限定メニューまで、通年提供のお店をレビューします!

第7弾『ブルーリバーカフェ』

教えたくないアベレージの取って置きの かき氷お店の一つです(^_^;)。

2月12日の大雪警報の日に決行された

第2回『かき氷オフ会 in 岐阜』

・アベレージ
・鉄道王さん (愛知県No.1かきゴーラー)
・sillybublyさん(京都府No.1かきゴーラー)
・sillybublyさんの友人
(台湾まで、かき氷を食べに行く かき氷通)
の4名で、利用しました。

今回のテーマは、赤・青・緑の食べ比べです(^^)。

(赤・青・緑は、以下のお店の名前です)

岐阜県の有名店『赤鰐』さんは、かき氷通の方には、有名なお店ですが、赤鰐さんで、修行されて、独立されたお店が、岐阜に2件あるのをご存知でしょうか?

今回は、赤鰐さんを含む、お弟子さんのお店、
『ブルーリバーカフェ』さん
『緑』さん
を周る かき氷3件を食べ比べです(๑˃̵ᴗ˂̵)b。

こちらで、いただいた品は、
・ロイヤルミルクティー
・生いちご
・ブルーベリー
・ラムレーズン
です。

●料理(⭐︎4.6)
かき氷を撮影してから、ゆっくりと食べているのに最後まで、氷が、溶けないのにビックリです!(◎_◎;)。
硬い氷を削っているのだと思いますが、口溶けもよく、冷たく尖がった感じがなく、
削り&氷の扱いには、驚かされました(๑˃̵ᴗ˂̵)/。

〜ロイヤルミルクティー氷(◎)〜
赤鰐直伝のロイヤルミルクティーのかき氷です。
濃厚な甘みの深みがあるエスプレッソの
ミルクティーみたいな感じです。
氷と食べると濃厚なロイヤルミルクティーですが、後口が、スッキリです(o^^o)。

シンプルながらに深い品です(*´∀`*)。


〜生いちご氷(◎)〜
いちごの甘酸っぱい感じが全面に出ています。

生クリーム入りのミルクシロップもかかっていて、普通のミルクシロップよりも、苺と相性が、バッチリです(o^^o)。

トッピングの生いちごは、食べやすい様に半分にカットしてあるのですが、苺の断面を氷面に寝かしてあるのもポイント高いです(o^^o)。

カットした苺は、見た目も良いし食べやすく、
包丁で、切った断面は、空気に触れると酸化して、酸味が出やすく味が、落ちやすいのですが、断面を氷に当てていて、味の劣化を防いでいます。


〜ブルーベリーヨーグルト氷(◎)〜
ブルーベリーは、甘くて粒がデカく良いものを使用しておられますd(^_^o)。

そして、シロップのヨーグルトと練乳の使い方が絶妙なんです☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆!

ヨーグルトのまろやかな酸味とブルーベリーの甘酸っぱい二種類の酸味に、練乳の甘味が味のまとめ役となり、まろやかな酸味とコク
果物の甘味と練乳の甘味が、高次元のバランスで、まとまっています( ̄O ̄;)。


〜ラムレーズン氷(◎)〜
ラムレーズンのラム酒の香りの奥行きが、凄いですΣ( ̄。 ̄ノ)ノ。
自家製で付けてるのかな?
今まで、食べたラムレーズンと比べると深みが、グンッとありました\(^-^)/。

ミルクシロップに生クリームが、入っているので、普通のミルクシロップ比べて、ラムレーズンとの一体感が、段違いです( ̄ー ̄+)。


氷・削り・シロップと3拍子揃った実力店です
(o^^o)。

●サービス(⭐︎4.0)
とても丁寧な接客です(^^)。

3ヶ月以上前にこちらで、1人で、ふらっと立ち寄り、こっそり、かき氷を食べていたのですが、
『以前来て下さってましたよね(^∇^)』
と覚えておられたのには、ビックリしました
(^_^;)。

特に話をしていた訳でもないのですが、覚えておられたので、1人1人のお客様を大切にされているお店だと思います(o^^o)。

かき氷を食べていると、温かい昆布茶を出して下さいました(^人^)。

かき氷に 昆布茶を合わせたのは、初めてですが、昆布茶の塩味が、甘いシロップの かき氷の舌をリセットしてくれます(*^^*)。

●雰囲気(⭐︎4.0)
駐車場もあり、店内も広いです。

店内には、暖炉があったり、ソファー席やテーブル席など色々な席があります。

本なども置いてあり、くつろげる雰囲気のお店です(o^^o)。

●CP(⭐︎3.8)
・ロイヤルミルクティー氷 (700円)
・ブルーベリーヨーグルト氷(750円)
・生いちご氷 (800円)
・ラムレーズン氷 (650円)

値段は、リーズナブルです(*^^*)。


●総評
氷・削り・シロップと隙のない美味しいかき氷です٩(ˊᗜˋ*)و✧*。。

カフェとしてもオシャレで、オススメのお店です(*^^*)。

行きたいけど、岐阜県までは、遠い(>_<)!

という関西の かきゴーラーの方は、
2017年5月6日(土)7日(日)に奈良県の氷室神社で、行われる『氷室しらゆき祭』出店されますので、そちらでも食べれますよ(o^^o)。

ブルーリバーカフェさんの方は、境外で、お店を出される為に、前売りチケットは、なく当日列び順となっていますので、どなたでも利用しやすいです(*^^*)。

ブルーリバーカフェカフェさんは、新作を引っさげて、氷室しらゆき祭にやって、来られるようで、期待しておいて下さい(^_−)−☆。

との事です(@ ̄ρ ̄@)。


ここからは、関西在住のアベレージのお送りする かき氷のお話・2017年度版です(^^)。

!!緊急開催・冬のかき氷店まとめ!!

冬でも、かき氷が、食べたいと言う本物のゴーラーの方様に、まとめました\(^^)/!

(もしかすると、急にやめられている場合が、ありますので、一応確認してからの利用をオススメします(>人<;))

果たして、需要・反響は、あるのか、、σ(^_^;)。

冬に食べるかき氷は、バリエーション豊富で、お店によっては、夏場に食べるよりも、美味しいお店も中には、あります(^.^)。

〜かき氷が、通年食べられる店 in 関西〜

京都府・かき氷通年提供店
・二條若狭屋 寺町店
・お茶と酒 たすき
・祇園NITI
・ページワン
・雪の華
・ぎおん徳屋
・清水一芳園
・THE BAR
・おづkyoto-maison du sake-
・リュボン デ フリューティー アン カフェ
・雪の下
・飲食求道一作
・丸久小山園 西洞院店
・京はやしや
・鹿の子

大阪府・かき氷通年提供店
・Cocoo cafe
・山口果物
・かん袋
・甘党 三好
・開元カフェ
・雪の下(各店舗)
・アイスモンスター
・茶寮つぼ市製茶本舗
・雪の華
・Wad omotenashi café
・フレンチトースト専門店 to 夜カフェ EBISU
・かんみこより
・タルマジカフェ
・yuan縁
・Motomoto
・フルーツカフェ マイア
・雪の華
・雪桜
・grow
・がるる氷
・八角堂
・カフェソ ラーレ ツムギ(ルクア店・阿倍野店)
・一日一麺
・くつろぎの郷 湯楽
・蛸にし家
・チョコレート研究所
,アナ雪

兵庫県・かき氷通年提供店
・天然氷の姫路官兵衛堂
・六花
・日本茶カフェ 一日ひとひ
・夙川桜庵
・ほうらく堂 ドライブイン ほうらく 神出店
・ひとの和心
・marica

奈良県・かき氷通年提供店
・おちゃのこ
・ほうせき箱
・柿の葉寿司 平宗 法隆寺店
・Sugano-cafe(酢香野カフェ)
・パパ ド ウルス丘の上 食堂
・ホテル日航 奈良ロビーラウンジ ファウンテン
・松籟〜まつのおと〜 (松籟・・しょうらい)
・cafe ことだま

滋賀県・かき氷通年提供店
・草津水春の湯

ここからは、
関西で食べれる自分の知っている範囲の天然氷のお店についての最新情報のご紹介です。
オススメ度
◎(全国トップクラス)
◯(全国に通用する有名店レベル)
△(その県では、オススメレベル)
で、付けます。
基本的にどこも美味しい天然氷&準天然氷のお店ですが、あえて、天然氷のお店で比較するならですが、、
評価は、『自分の食べた かき氷』
ですのであしからずm(__)m。

⚫️滋賀県
・(◯)小西本店(彦根市)
・(◯)寿長生の郷(大津市)
・(◎)叶 匠寿庵(草津市)
⚫️京都府(京都市)
・(◯)祇園NITI
・(◎)たすき
・(◎)マールブランシュ北山本店
・(◯)ボブソンズカフェ
・(△)吉祥菓寮 祇園本店
⚫️大阪府(大阪市)
・(△)氷菓子処 にじいろ ルクア イーレ店
・(◯)ボブソンズ千里中央店
⚫️兵庫県(姫路市)
・(◎)天然氷の姫路官兵衛堂

位でしょうか(イベントのぞく、限定食べログに掲載されている関西の天然氷のお店)。

ただし、天然氷のお店ですが、天然氷を作られている氷屋以外だと、在庫や気温や湿度 次第で、純氷を使われている事が、よくあります(^_^;)。

氷自体の味の差は、ごく僅かで、ほぼわかりませんが、純氷を使った方が、上手く削りやすい時もあるので、特に上質な純氷を使った時は、天然氷で、ない方が、美味しいかもしれませんσ(^_^;)

それくらい削りの技術や機械って大事なんです
( ´ ▽ ` )ノ。

天然氷を使用している店が、純氷を使用している時が、ある事を あまり知られてない方も多いので、気になる方は、確認してみては、いかがでしょうか?

関西の◎評価の純水氷仕様➕自家製シロップのお店の紹介です(^o^)/。
(2017年1月現在の評価のです)

〜各県別・純水氷➕自家製シロップ仕様〜
自分の味の◎評価の店〜
〜三重県〜
・れもんの木

〜滋賀県〜
・抹茶庵けいしん

〜京都府〜
・おづkyoto-maison du sake-
・チェカ
・二條若狭屋
・古の花
・前田珈琲
・清水一芳園
(お店には、天然氷と表記していますが、天然氷では、なく天然水を凍らせた氷です。恐らく降ろされている氷メーカーのHPには、富士山の天然水を凍らせた氷と書いています。)

〜大阪府〜
・ワド オモテナシ
・コクウカフェ
・開元カフェ
・ピンピンホァ
・マツシタキッチン
・BAR華
・カカオサンパカ
・ブラザーズカフェ
・FLAG
・山口果物

〜奈良県〜
・みやけ
・おちゃのこ
・プティマルシェ
・菓匠 千壽庵吉宗 学園登美ヶ丘店
・奈良の氷屋ヒノデさん
・ストロベリー工房
・日乃出製氷郡山営業所直営店
・御菓子司 鶴屋徳満 本店
・楽食 宝山
・柿の葉寿司 平宗 法隆寺店
・ほうせき箱(冬メニューのみ)

〜兵庫県〜
・あかちゃ屋
・菊水茶廊本店
・六花

〜和歌山県〜
・該当なし

以上です。

〜全国編〜
〜全国トップクラス◎評価のお店(関西以外)〜
・慈げん (埼玉県)
・埜庵 (神奈川県)
・三日月氷菓店 (千葉県)
・厨菓子くろぎ (東京都)
・弘法屋 池下店 (愛知県)
・柴ふく (愛知県)
・大蔵餅 (愛知県)
・あんどりゅ。 (愛知県)
・あんどりゅ。西大須VIP店(愛知県)
・カフェ サブヒロ (愛知県)
・吾妻茶寮 (愛知県)
・茶屋 赤鰐 (岐阜県)
・ブルーリバーカフェ (岐阜県)
・みどり (岐阜県)

氷・削り・シロップの3拍子揃ったお店です。

それでは、いつものお時間となりました。

アベレージ的かき氷講座のお時間です(๑˃̵ᴗ˂̵)و。

かき氷用語雑学
・ゴーラー かき氷を食べ歩く人
・カキゴーラー かき氷を食べ歩く人
・プロゴーラー かき氷・氷屋などの氷に携わる
仕事をしている人

アベレージ的かき氷講座
〜天然氷編〜
天然氷は、プールの様な ため池に水をはり自然に時間をかけて凍らせた氷で、普通の冷凍庫の氷より温度が高く溶けやすいのが特徴で、冷凍庫の氷は、マイナス7度に比べて天然氷は、マイナス1〜2度と温度が高いため、食べても冷凍庫の氷に比べて急激に体が冷えないので、血管が収縮しにくく、頭がキーンとなる頭痛になりにくいんです。

天然氷氷以外の場合は、ゆっくりと食べて体を急激に冷やさなければ、頭がキーンとなりにくいので、溶けるかもしれないですが、ゆっくり食べないと頭が、キーンとなりますσ(^_^;)。

これが、俗に言うアイスクリーム頭痛です。

もし、アイスクリーム頭痛になったら、常温の水を飲むとピタリと治まります(^^)。

天然氷の作られている氷屋さんは、主に栃木県で、に関西は、天然氷は、関東よりも運搬コストがが、かかる為に少し天然氷の値段が高いです。

でも、滋賀県の小西商店と大阪のボブソンズは、
天然氷のかき氷が、500円で、食べれます(^^)。

天然氷は、全国で、5社のみが取り扱っています。
それ以外の天然氷と表記してある氷は、準天然氷(私が、勝手に命名f^_^;)です。

先日、滋賀県の河内の鍾乳洞の隣にある去年オープンした『風緑』さんを利用した時でした。

すぐ隣にある河内の川の湧き水を凍らせた氷を使用しているというお店で、かき氷は、食べた時に、天然氷と遜色のない氷だと感じて、他にお客様は、誰もいかなかった事もあり、店員さんにお話を聞かせてもらいました。

氷は、河内の川の源泉を凍らせたものらしいです。
源泉とは、川の始まりの山からの湧き水・ミネラル豊富で不純物が、ほぼ無いです。
天然氷も同じ物を使用しています。

それを、特殊な冷凍庫&冷凍方法で、2日間かけて、大きなブロックの氷にします。

本来の天然氷は、外のプールの様な所で、自然の気温で、2日間くらい時間をかけて、ゆっくり大きなブロックの氷を作ります。

どちらも、その後、氷をブロックに切り分けて、保存します。

そして、その切り分けたブロックを かき氷にします。

一応、現在の正規の認められている天然氷の店は、
・『三ツ星製氷』
・『四代目徳次郎』
・『阿左美冷蔵』
・『渡辺商会』
・『八儀』
さんのみです。

ちなみに他に見かける
・富士山の天然氷
・中央アルプスの天然氷
・三重県産の天然氷
と表記されているものは、風緑さんと同じ準天然氷ですので、そのおつもりで、、m(__)m。

一応後にも書いてますが、氷の貴重さ・味を分けると上から順に。

天然氷(新氷・冬場)

純水の純氷(72時間かけて凍らせる。奈良県の日乃出製氷さん等)

準天然氷(湧き水を48時間かけて凍らせる)
天然氷(夏場)

純水の純氷(48時間かけて凍らせる氷屋さんの氷)

市販のアイスブロック

家庭用などの急速冷凍の小さなブロック氷

となります(自分の感覚ですf^_^;)。

1番美味しい天然氷の新氷って何?
って方もおられると思いますので、説明しますが、かき氷好き以外は、オススメしません(^_^;)

説明を聞いて、天然氷の新氷を食べたいと思った方は、真のかき氷好きを名乗って良いと思いますd(^_^o)。

ちなみに関西でも2店舗だけ、天然氷の新氷を食べれるお店があります( ´ ▽ ` )ノ。

そのお店は、京都の祇園にある
・『たすき』さん
・『祇園NITI』さん
・『天然氷の姫路官兵衛堂』さん
です。

そして、天然氷の新氷とは、、、( ̄O ̄;)

冬に出来たての天然氷の事です∑(゚Д゚)。

つまり、1年で、かき氷シーズンの真逆!
冬場の氷が、出来始めた時期の新しい氷で、保存してない分、鮮度が良く保存してある天然氷よりも遥かに美味しいみたいですf^_^;。

関西で、通年通して、天然氷が、頂けるお店は、上記2店舗だけですが、冬場に祇園で、最高のかき氷を食べたい氷好きの方は、新氷シーズンに利用してみては、いかがでしょうか(^^;;?

〜かき氷の歴史〜
奈良県にある氷室神社は、氷の神様の神社で、毎年GW位の時期に『ひむろしらゆき祭』が、行われていて、
大阪『COCCO café』さん
岐阜県『赤鰐』さん
奈良県『おちゃのこ』さん
奈良県『ほうせき箱』さん
他多数のお店が、昨年は、出店されています。

奈良県には、昔 平城京が、遷都だった時代に春日山の氷室に氷を保存して、献上品として、献氷されていたのが、始まりで、平安時代の枕草子にも かき氷を食べていたという話が、書かれています。

その当時の氷室が、大変貴重なものだった事から、現在は、氷室神社として、氷の神様を祀っていています。
5月1日には、全国から繁盛期前に かき氷屋さんが、参拝されるらしいです。

その流れから、始まったのが、『ひむろしらゆき祭』なんですよね٩(ˊᗜˋ*)و✧*。

さらに知りたい方は、ネットで、調べてみて下さいm(__)m。

ここまで、読んでくれた方に朗報です(^^)。
氷室しらゆき祭2017では、おそらく ほうせき箱さんが、参加されるようで、お話を聞かせていただくと、氷室しらゆき祭のチケット販売は、3月1日から店舗・ネットで、販売されるとの事です。

では、ここからは、

アベレージ的美味しいかき氷の5つのポイントを説明したいと思います。
(個人的主観ですので、ご参考までに)

〜その1〜
◎水と氷
かき氷には、大きく3種類の氷と3つの水が、あります。
①天然氷(山からのミネラル豊富な水を自然の寒さで、48時間かけて凍らせた氷で、透き通る様な透明な氷)
②純水、ミネラルウォーター(限りなく不純物のない氷を48時間かけて凍らせました。透き通る様な透明な氷)
③普通の一般的な氷(水道水を冷凍庫で、凍らせた氷等・氷の中に白い気泡があるのが、特徴)

天然氷と純氷は、水の種類としては、限りなく同じです。
純氷と一般的な氷は、不純物の割合が、違い不純物が多いほど雑味を感じやすいです。

〜その2〜
◎氷の削り方
細かく薄く削るか粉砕した氷を使うか等削り方次第で、舌に乗せた時の味が変わります。

薄い氷・細かい氷の方が、直ぐに溶けて、体温を下げにくく、味がしっかりと分かります。
マイナス7度の普通の氷より、天然氷の方が、溶けやすいので、薄く削ずりやすいです。
ただし、機械の刃の手入れや、機械自体の性能によっては、天然氷を使用しているお店でも氷の美味しさに差が大分ありますし、マイナス7度の氷でも削り方次第では、天然氷の美味しさに負けないお店が、沢山あります(日乃出製氷さんの72時間かけて凍らせた純氷は、匹敵するクラスです)。

かき氷機は、主に
・初雪
・スワン
の2種類が、主な業務用だと思います。

刃にもよりますが、個人的な感想は、
・初雪
基本的にフワフワ系ですが、刃や削り手 次第で、良くも悪くもなる気がします。

・スワン
初雪に比べると使っている店は、少ないイメージです。
シロップが、染み込みやす細かい削り方の氷のイメージで、粘度のゆるいシロップだと こちらの方が、氷とシロップの一体感が、でる感じがします。
もちろん刃次第ですけどねf^_^;。

後は、氷は、削る前に常温に馴染ませるのも大事です( ´ ▽ ` )ノ。

冷凍庫から取り出したてで、削ると硬く冷たく、天然氷・純氷でもアイスクリーム頭痛や舌の霜焼けや味が尖った感じの原因になります。

良い店は、常温にあらかじめ出しておいて馴染ませたり、発泡スチロールなどに入れて、表面が溶けた状態の物を使います。

表面の溶けた部分は、使わず削りとり、溶けてない部分から、かき氷として使われているお店が、天然氷・純氷を上手く使われているお店だと思います。

〜その③〜
◎シロップ
これが、1番分かりやすいですね(^.^)。
フルーツソースを使用しているシロップ等は、生果汁やフルーツの質。
和風シロップの場合は、小豆や黄な粉や砂糖(和三盆等)の質。
後は、保存料や着色料や人工甘味料の使用などですね。
当然使用してない方が、体に優しく自然な甘さが、感じられます。

着色料の入ったシロップだと食べた後、シロップの色が口や舌に付いちゃいますし、子供が、服などにこぼしたら中々落ちないので、ご注意を。

〜その④〜
◎環境・道具
環境は、店内の気温ですね〜(;^_^A
店内の温度を かき氷を食べる環境に合わせて高い温度に設定しています୧(୧ˊ͈ ³ ˋ͈)⋆ೄ。

美味しくて食べれる環境って大事です(^^)。

他には、温かいお茶(白湯)を出して下さる お店です。
温かいお茶で、冷えた身体もホッコリです(´,,•ω•,,)。

かき氷を食べてる途中に温かいお茶の差し入れは、タイミングバッチリ(๑˃̵ᴗ˂̵)و。

先に出されてると ぬるくなるし、食べ終わった後だと、デカイかき氷の場合は、食べている途中で、寒くなるし(٥﹏٥` )。

道具は、スプーンですね〜(^_^*)。
基本的に木のスプーンが、オススメです(^^)

ステンレス製のスプーンだと氷により冷えると鉄っぽい味がしますし、冷えやすいので、氷が、溶けにくいんです(~_~;)。

木のスプーンだと冷えにくく、氷が溶けやすいので、口に入れた時に、優しい口当たりで、氷の尖った感じがなく、シロップの味を美味しく感じやすいんですよね(*´∇`)ノ。

〜その⑤〜
◎相性
削り方・シロップの相性ですね〜(*^_^*)。

ガリガリ荒い系氷や粉雪系やフワフワ系氷や平べったい氷や味付き氷に合うシロップの物を選ぶとベストです。
味付き氷ならシャーベットみたいな感じで食べられるので、『アイスモンスター』の様な平べったいく大きくフワッと系。

平べったい系なら味の濃いフルーツ系や紅茶・コーヒー系が、オススメ(*^ー゚)b。

粉雪系は、粉末系シロップや粘度の高いシロップが、合うと思います。

その店の削り方に合ったシロップが、その店の かき氷のポテンシャルを1番引き出すと思うので、迷った時には、参考までに(。´・∀・)ノ゙


以上アベレージ的 美味しいかき氷の5箇条でしたm(__)m。

オススメかき氷店については、携帯からネット検索で、アベレージ かき氷で、検索や食べログ アベレージ 検索でのトップページからジャンルや場所を入れても手軽に検索できますよ〜(*^^*)

  • ブルーリバーカフェ - 濃厚なエスプレッソロイヤルミルクティーみたいです。(紅茶花伝のエスプレッソミルクティーみたいな感じ)

    濃厚なエスプレッソロイヤルミルクティーみたいです。(紅茶花伝のエスプレッソミルクティーみたいな感じ)

  • ブルーリバーカフェ - 冬〜5月中頃まで、限定。
      生いちごなので、収穫時期のみの提供です。

    冬〜5月中頃まで、限定。 生いちごなので、収穫時期のみの提供です。

  • ブルーリバーカフェ - 大粒のブルーベリーが入ってます(๑˃̵ᴗ˂̵)g
      以前食べた時と変わらぬ美味しさで、オススメ(*^^*)

    大粒のブルーベリーが入ってます(๑˃̵ᴗ˂̵)g 以前食べた時と変わらぬ美味しさで、オススメ(*^^*)

  • ブルーリバーカフェ - ラムレーズンの存在感が凄いですΣ( ̄。 ̄ノ)ノ!
      味がよく染みていて、ラム酒の香りもgood(^^)です。

    ラムレーズンの存在感が凄いですΣ( ̄。 ̄ノ)ノ! 味がよく染みていて、ラム酒の香りもgood(^^)です。

  • ブルーリバーカフェ - ゆったりと くつろげる席です(*´∀`*)。

    ゆったりと くつろげる席です(*´∀`*)。

  • ブルーリバーカフェ - 暖炉がありました(*^^*)。

    暖炉がありました(*^^*)。

  • ブルーリバーカフェ - かき氷メニュー

    かき氷メニュー

  • ブルーリバーカフェ - かき氷メニュー

    かき氷メニュー

  • ブルーリバーカフェ - かき氷メニュー

    かき氷メニュー

  • ブルーリバーカフェ - かき氷メニュー

    かき氷メニュー

  • ブルーリバーカフェ - かき氷メニュー

    かき氷メニュー

1回目

2016/11訪問

  • lunch:4.0

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 3.8
    • | CP 3.6
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999

岐阜の名店『赤鰐』直伝のかき氷が、通年頂ける穴場カフェ。かき氷レビュー135件目【ブルーリバーカフェ】

どーもー最近は、寒いけど、かき氷通年提供のお店を遠征しているアベレージです(^^)。

かき氷の通年提供には、訳がある!

それは、『美味しい!』

これに尽きると思います(*^^*)。

夏場は、激混みのお店でも、この時期ならば、すんなりと、、

〜岐阜県1番の人気店〜
一一一一一一一一一
| ____ 赤鰐_______|
\_________________\
|| 入口 ||
|| ____ || 11月でも
|| | || 行列です(^_^;)
||⚪︎ | || ↓
||____|_人人人人人人人人人人人人人人人


  ∧、_∧ 『まじですか!?』
`Σ(;゜┌┐゜) ガビーン
  /し└┘J
  し——J

と、なった貴方は、『ブルーリバーカフェ』 をオススメします(^o^)/。

こちらのお店は、
岐阜の かき氷の名店『赤鰐』さんに惚れ込んだ方が、赤鰐さん直伝のかき氷を通年提供しておられるお店です(*^^*)。

味の方も赤鰐さんと変わらないレベルのかき氷で、赤鰐さんで、提供されている人気の品は、もちろん、こちらのオリジナルのかき氷も提供されています٩(ˊᗜˋ*)و✧*。

自分が、注文した品は、今まで ありそうでなかった かき氷。

『ブルーベリーヨーグルト氷!』

を注文しました(๑˃̵ᴗ˂̵)و。

もーーっ!このビジュアル

見るからに美味しそう☆*:.。.o(≧▽≦)o .。.:*☆

いや美味しい確定でございます٩(๑>∀<๑)۶。

という訳で、実食&レビュー!三っ•̀.̫•́)っ

⚫️料理(⭐️4.6)
〜ブルーベリーヨーグルト氷〜
氷は、純氷を使用しておられます。

フワフワに削られた赤鰐タイプの氷で、とても美味しいです(*^^*)!

ブルーベリーは、甘くて粒がデカく良いものを使用しておられますd(^_^o)。

そして、シロップのヨーグルトと練乳の使い方が絶妙なんです☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆!

ヨーグルトのまろやかな酸味とブルーベリーの甘酸っぱい二種類の酸味に、練乳の甘味が味のまとめ役となり、まろやかな酸味とコク
果物の甘味と練乳の甘味が、高次元のバランスで、まとまっています( ̄O ̄;)。

氷・削り・シロップ共に高いレベルで完成された かき氷に、寒い時期でも、思わず顔がほころぶ美味しさです(o^^o)。

モーニングやフレンチトーストもウリの様ですが、こちらに来たら かき氷は、外せないお店です(^o^)/。

『もう冬やぞ!』 『それでも外せない』
( ๑´•ω•)۶”(ㆆᴗㆆ)

ボソッ、
|・д・。) お腹壊したら自己責任で。

⚫️サービス(⭐️3.8)
丁寧な接客です(^^)。

雑誌も沢山置いてあります。

駐車場も広いです。

かき氷は、10時からの提供です。

⚫️雰囲気(⭐️4.0)
純喫茶風のお店で、ソファー席などもあり20人以上入れるので、夏場も比較的利用しやすいと思います(o^^o)。

⚫️CP(⭐️3.6)
・ブルーベリーヨーグルト(750円)

お手頃価格です(^^)。

⚫️総評
赤鰐さんの直伝と言うだけあって、レベルの高い かき氷で、赤鰐さん直伝の品以外のかき氷もとても美味しく穴場なお店だと思います(*^^*)。
ここからは、いつものコーナーです。

オススメかき氷店・全国版追加しました(*^^*)。

天然氷を食べ歩き続けて、更に意外なマニア事実が発覚した、天然氷の実態!
興味のある方は是非読んでみてください(^^)。

美味しい関西のかき氷が、わかる簡易データも付け足しました(o^^o)。

〜数は少ないですが、オススメかき氷の全国編も追加しました(^o^)/
全国編は、全国トップクラスのみのご紹介〜

どちらも新しいかき氷のレビューにて、良いお店が、増えれば、随時更新しますm(__)m。

〜かき氷のお話〜
さて、ここからは、まずは、関西で食べれる自分の知っている範囲の天然氷のお店についての最新情報のご紹介&オススメ度
◎(全国トップクラス)
◯(全国に通用する有名店レベル)
△(その県では、オススメレベル)
で、付けます。
基本的にどこも美味しい天然氷&準天然氷のお店ですが、あえて、天然氷のお店で比較するならですが、、
評価は、『自分の食べた かき氷』
ですのであしからずm(__)m。

⚫️滋賀県
・(◯)小西本店(彦根市)
・(◯)寿長生の郷(大津市)
・(◎)叶 匠寿庵(草津市)
⚫️京都府(京都市)
・(◯)祇園NITI
・(◎)たすき
・(◎)マールブランシュ北山本店
・(◯)ボブソンズカフェ
・(△)吉祥菓寮 祇園本店
⚫️大阪府(大阪市)
・(◎)上辻園
・(△)氷菓子処 にじいろ ルクア イーレ店
・(◯)ボブソンズ千里中央店
・カフェ ソラーレ(未訪問)
⚫️兵庫県(姫路市)
・(◎)天然氷の姫路官兵衛堂

位でしょうか(イベントのぞく、限定食べログに掲載されている関西の天然氷のお店)。

ただし、天然氷のお店ですが、天然氷を作られている氷屋以外だと、在庫や気温や湿度 次第で、純氷を使われている事が、よくあります(^_^;)。

氷自体の味の差は、ごく僅かで、ほぼわかりませんが、純氷を使った方が、上手く削りやすい時もあるので、特に上質な純氷を使った時は、天然氷で、ない方が、美味しいかもしれませんσ(^_^;)

それくらい削りの技や機械って大事なんです
( ´ ▽ ` )ノ。

天然氷を使用している店が、純氷を使用している時が、ある事を あまり知られてない方も多いので、気になる方は、確認してみては、いかがでしょうか?

関西の◎評価の純水氷仕様➕自家製シロップのお店の紹介です(^o^)/。
(2016年10月現在の評価のです)

〜各県別・純水氷➕自家製シロップ仕様〜
自分の味の◎評価の店〜
〜三重県〜
・れもんの木

〜滋賀県〜
・抹茶庵けいしん

〜京都府〜
・チェカ
・二条若狭屋
・古の花
・前田珈琲
・清水一芳園
(お店には、天然氷と表記していますが、天然氷では、なく天然水を凍らせた氷です。恐らく降ろされている氷メーカーのHPには、富士山の天然水を凍らせた氷と書いています。)

〜大阪府〜
・ワド オモテナシ
・コクウカフェ
・開元カフェ
・ピンピンホァ
・マツシタキッチン
・BAR華
・カカオサンパカ
・ブラザーズカフェ
・FLAG

〜奈良県〜
・みやけ
・おちゃのこ
・プティマルシェ
・菓匠 千壽庵吉宗 学園登美ヶ丘店
・奈良の氷屋ヒノデさん
・ストロベリー工房
・日乃出製氷郡山営業所直営店
・御菓子司 鶴屋徳満 本店
・楽食 宝山
・柿の葉寿司 平宗 法隆寺店

〜兵庫県〜
・あかちゃ屋
・菊水茶廊本店
・六花

〜和歌山県〜
・該当なし

以上です。

〜全国編〜
〜全国トップクラス◎評価のお店(関西以外)〜
・慈げん (埼玉県)
・埜庵 (神奈川県)
・三日月氷菓店 (千葉県)
・厨菓子くろぎ (東京都)
・弘法屋 池下店 (愛知県)
・柴ふく (愛知県)
・大蔵餅 (愛知県)
・あんどりゅ。西大須VIP店(愛知県)
・茶屋 赤鰐 (岐阜県)
・ブルーリバーカフェ (岐阜県)

氷・削り・シロップの3拍子揃ったお店です。

アイスモンスターなども美味しいですが、シャーベット&パフェなので、外しています(^_^;)。

あくまで、氷・削り・シロップの王道の かき氷に こだわった王道のお店ばかりです(^^)。


それでは、いつものお時間となりました٩(ˊᗜˋ*)و✧*。

さらなる進化を遂げより詳しい情報を掘り下げたアベレージ的かき氷講座のお時間です(๑˃̵ᴗ˂̵)و。

アベレージ的かき氷講座
〜天然氷編〜
天然氷は、プールの様な ため池に水をはり自然に時間をかけて凍らせた氷で、普通の冷凍庫の氷より温度が高く溶けやすいのが特徴で、冷凍庫の氷は、マイナス7度に比べて天然氷は、マイナス1〜2度と温度が高いため、食べても冷凍庫の氷に比べて急激に体が冷えないので、血管が収縮しにくく、頭がキーンとなる頭痛になりにくいんです。

天然氷氷以外の場合は、ゆっくりと食べて体を急激に冷やさなければ、頭がキーンとなりにくいので、溶けるかもしれないですが、ゆっくり食べないと頭が、キーンとなりますσ(^_^;)。

これが、俗に言うアイスクリーム頭痛です。

さて、皆さんは、天然氷のかき氷のお店で、かき氷が何故1年中食べれるのかご存知ですか!?(・_・;?

冷凍庫で冷やしてるわけではないんです(^_^;)

冷凍庫で冷やしたら普通の氷と変わらない硬い霜の降りた氷になってしまいますしねσ(^_^;)

氷室という自然の冷蔵庫を使ってるんす。
わかりやすく言うと、洞窟などの涼しい所で、保管しているんです(・ω・)ノ。

で、必要分を配送してるというわけです。

ですが、その氷室が、今は、時代の流れと共に減り、関東の『松月氷室』さんや『四代目徳次郎』さんなどの僅かな氷屋のみになり、希少価値が、高くなりました。

もちろん『松月氷室』さん『四代目徳次郎』さんは、氷屋で、ありながら、天然氷のかき氷の食べれるお店でもありますので、天然氷の聖地に興味のある方は、栃木県にGO!!・:*。・:*三( o'ω')o

アベレージの今年の初かき氷は、『松月氷室』さんでした( ๑>ω•́ )۶。

天然氷は、全国で、5社のみが取り扱っています。
それ以外の天然氷と表記してある氷は、準天然氷(私が、勝手に命名f^_^;)です。

先日、滋賀県の河内の鍾乳洞の隣にある今年オープンした『風緑』さんを利用した時でした。

すぐ隣にある河内の川の湧き水を凍らせた氷を使用しているというお店で、かき氷わ、食べた時に、天然氷と遜色のない氷だと感じて、他にお客様は、誰もいかなかった事もあり、定員さんにお話を聞かせてもらいました。

氷は、河内の川の源泉を凍らせたものらしいです。
源泉とは、川の始まりの山からの湧き水・ミネラル豊富で不純物が、ほぼ無いです。
天然氷も同じ物を使用しています。

それを、特殊な冷凍庫&冷凍方法で、2日間かけて、大きなブロックの氷にします。

本来の天然氷は、外のプールの様な所で、自然の気温で、2日間くらい時間をかけて、ゆっくり大きなブロックの氷を作ります。

どちらも、その後、氷をブロックに切り分けて、保存します。

そして、その切り分けたブロックを かき氷にします。

一応、現在の正規の認められている天然氷の店は、
・『三ツ星製氷』
・『四代目徳次郎』
・『阿左美冷蔵』
・『渡辺商会』
・『八儀』
さんのみです。

ちなみに他に見かける
・富士山の天然氷
・中央アルプスの天然氷
・三重県産の天然氷
と表記されているものは、風緑さんと同じ準天然氷ですので、そのおつもりで、、m(__)m。

一応後にも書いてますが、氷の貴重さ・味を分けると上から順に。

天然氷(新氷、シーズン作りたて)

天然氷(古氷、保存されてる天然氷)

純水の純氷(72時間かけて凍らせる。奈良県の日乃出製氷さん等)

準天然氷(湧き水を48時間かけて凍らせる)

純水の純氷(48時間かけて凍らせる氷屋さんの氷)

市販のアイスブロック

家庭用などの急速冷凍の小さなブロック氷

となります(自分の感覚ですf^_^;)。

1番美味しい天然氷の新氷って何?
って方もおられると思いますので、説明しますが、かき氷好き以外は、オススメしません(^_^;)

説明を聞いて、天然氷の新氷を食べたいと思った方は、真のかき氷好きを名乗って良いと思いますd(^_^o)。

ちなみに関西でも2店舗だけ、天然氷の新氷を食べれるお店があります( ´ ▽ ` )ノ。

そのお店は、京都の祇園にある
・『たすき』さん
・『祇園NITI』さん
です。

そして、天然氷の新氷とは、、、( ̄O ̄;)

冬に出来たての天然氷の事です∑(゚Д゚)。

つまり、1年で、かき氷シーズンの真逆!
冬場の氷が、出来始めた時期の新しい氷で、保存してない分、鮮度が良く保存してある天然氷よりも遥かに美味しいみたいですf^_^;。

関西で、通年通して、天然氷が、頂けるお店は、上記2店舗だけですが、冬場に祇園で、最高のかき氷を食べたい氷好きの方は、新氷シーズンに利用してみては、いかがでしょうか(^^;;?

〜かき氷の歴史〜
奈良県にある氷室神社は、氷の神様の神社で、毎年GW位の時期に『ひむろしらゆき祭』が、行われていて、
大阪『COCCO café』さん
岐阜県『赤鰐』さん
奈良県『おちゃのこ』さん
奈良県『ほうせき箱』さん
他多数のお店が、出店されています。

奈良県には、昔 平城京が、遷都だった時代に春日山の氷室に氷を保存して、献上品として、献氷されていたのが、始まりで、平安時代の枕草子にも かき氷を食べていたという話が、書かれています。

その当時の氷室が、大変貴重なものだった事から、現在は、氷室神社として、氷の神様を祀っていています。
5月1日には、全国から繁盛期前に かき氷屋さんが、参拝されるらしいです。

その流れから、始まったのが、『ひむろしらゆき祭』なんですよね٩(ˊᗜˋ*)و✧*。

さらに知りたい方は、ネットで、調べてみて下さいm(__)m。

では、ここからは、

アベレージ的美味しいかき氷の5つのポイントを説明したいと思います。
(3つのポイントより5つに増やしましたが、あくまで、個人的主観ですので、ご参考までに)。

〜その1〜
◎水と氷
かき氷には、大きく3種類の氷と3つの水が、あります。
①天然氷(山からのミネラル豊富な水を自然の寒さで、48時間かけて凍らせた氷で、透き通る様な透明な氷)
②純水、ミネラルウォーター(限りなく不純物のない氷を48時間かけて凍らせました。透き通る様な透明な氷)
③普通の一般的な氷(水道水を冷凍庫で、凍らせた氷等・氷の中に白い気泡があるのが、特徴)

①と②は、水の種類としては、限りなく同じですが、凍らせ方が違うので、氷にした時の温度が違います。
②と③は、凍らせ方は、同じです。
水として飲む分には、①も②もほぼ同じなのですが、氷の温度が違うので、②の氷は、頭がキーンとなりやすいです。

味的には、天然氷も純水もミネラルウォーターも ゆっくり食べればほぼ大差はないです。

〜その2〜
◎氷の削り方
細かく薄く削るか粉砕した氷を使うか等削り方次第で、舌に乗せた時の味が変わります(個人的には、薄く平べったく長いのが美味しい氷だと思います)。

薄い氷の方が、直ぐに溶けて、体温を下げにくく、味がしっかりと分かります。
マイナス7度の普通の氷より、天然氷の方が、溶けやすいので、薄く削ずりやすいです。
ただし、機械の刃の手入れや、機械自体の性能によっては、天然氷を使用しているお店でも氷の美味しさに差が大分ありますし、マイナス7度の氷でも削り方次第では、天然氷の美味しさに負けないお店が、沢山あります(日乃出製氷さんの72時間かけて凍らせた純氷は、匹敵するクラスです)。

かき氷機は、主に
・初雪
・スワン
の2種類が、主な業務用だと思います。

刃にもよりますが、個人的な感想は、
・初雪
基本的にフワフワ系ですが、刃や削り手 次第で、良くも悪くもなる気がします。

・スワン
初雪に比べると使っている店は、少ないイメージです。
シロップが、染み込みやす細かい削り方の氷のイメージで、粘度のゆるいシロップだと こちらの方が、氷とシロップの一体感が、でる感じがします。
もちろん刃次第ですけどねf^_^;。

後は、氷は、削る前に常温に馴染ませるのも大事です( ´ ▽ ` )ノ。

冷凍庫から取り出したてで、削ると硬く冷たく、天然氷・純氷でもアイスクリーム頭痛や舌の霜焼けや味が尖った感じの原因になります。

良い店は、常温にあらかじめ出しておいて馴染ませたり、発泡スチロールなどに入れて、表面が溶けた状態の物を使います。

表面の溶けた部分は、使わず削りとり、溶けてない部分から、かき氷として使われているお店が、天然氷・純氷を上手く使われているお店だと思います。

〜その③〜
◎シロップ
これが、1番分かりやすいですね(^.^)。
フルーツソースを使用しているシロップ等は、生果汁やフルーツの質。
和風シロップの場合は、小豆や黄な粉や砂糖(和三盆等)の質。
後は、保存料や着色料や人工甘味料の使用などですね。
当然使用してない方が、体に優しく自然な甘さが、感じられます(^_−)−☆。

着色料の入ったシロップだと食べた後、シロップの色が口や舌に付いちゃいますし、子供が、服などにこぼしたら中々落ちないので、ご注意を。

〜その④〜
◎環境・道具
環境は、店内の気温ですね〜(;^_^A
ベストは、兵庫県かき氷ランキングNo.1の『あかちゃや』さんや奈良県の『菓匠 千壽庵吉宗 学園登美ヶ丘店』さんの様に店内の温度を かき氷を食べる環境に合わせて高い温度に設定しています୧(୧ˊ͈ ³ ˋ͈)⋆ೄ。
美味しくて食べれる環境って大事です(^^)。

大阪の『つぼ市製茶本舗』さんや滋賀県の『風緑』さんなんかは、かなり寒すぎたので、こちらで、かき氷を、食べられる時は、少し暖かめの服装をオススメしますf^_^;。
もちろん、2店舗とも美味しい かき氷なんですけどね(^_^;)。

次点、で温かいお茶(白湯)を出して下さる お店です。
温かいお茶で、冷えた身体もホッコリです(´,,•ω•,,)。
更に求めるなら京都府の『チェカ』さんの様に、かき氷を食べてる途中に温かいお茶の差し入れは、タイミングバッチリ(๑˃̵ᴗ˂̵)و。

先に出されてると ぬるくなるし、食べ終わった後だと、デカイかき氷の場合は、途中で、寒くなるし(٥﹏٥` )。

道具は、スプーンですね〜(^_^*)。
基本的に木のスプーンが、オススメです(^^)

ステンレス製のスプーンだと氷により冷えると鉄っぽい味がしますし、冷えやすいので、氷が、溶けにくいんです(~_~;)。

木のスプーンだと冷えにくく、氷が溶けやすいので、口に入れた時に、優しい口当たりで、氷の尖った感じがなく、シロップの味を美味しく感じやすいんですよね(*´∇`)ノ。

〜その⑤〜
◎相性
削り方・シロップの相性ですね〜(*^_^*)。

ガリガリ荒い系氷や粉雪系やフワフワ系氷や平べったい氷や味付き氷に合うシロップの物を選ぶとベストです。
味付き氷ならシャーベットみたいな感じで食べられるので、『アイスモンスター』の様な平べったいく大きくフワッと系。

平べったい系なら味の濃いフルーツ系や紅茶・コーヒー系が、オススメ(*^ー゚)b。

粉雪系は、粉末系シロップや粘度の高いシロップが、合うと思います。

その店の削り方に合ったシロップが、その店の かき氷のポテンシャルを1番引き出すと思うので、迷った時には、参考までに(。´・∀・)ノ゙


以上アベレージ的 美味しいかき氷の5箇条でしたm(__)m。

PCサイトの方でアベレージのレビューで、かき氷で、検索したら色々出てきますので、そちらの各店の味の評価を参考にしてもらう方が、手っ取り早いかも、、(ただ、利用したけど、書けてない店が、結構あるので、ご了承下さい(^^;;。

携帯からネット検索で、アベレージ かき氷で、検索や食べログ アベレージ 検索でのトップページからジャンルや場所を入れても手軽に検索できますよ〜(*^^*)

最後まで読んで頂いた方に、関西で1番食べて欲しい かき氷のお店の発表です(^_−)−☆


マイレビ様も まだ利用されていないお店で、氷と削り方が、こちら以上のお店は、ないと思います(^_−)−☆。

関西で1番といいましたが、削り方は、全国かき氷ランキング1位・2位の埜庵さん・慈げんさん以上かも、、(^_^;)。

そのお店は、、、
・奈良の氷屋ヒノデさん
・日乃出製氷郡山営業所直営店さん
です。

日乃出製氷さんの直営店は、
流石 氷のプロ(^o^)/!!

天然氷に匹敵する氷と、匠の削り技が、素晴らしいです(^_−)−☆。

奈良の最後の製氷所という事で、かき氷の存続を危機に思い立ち上がった製氷所の直営店。
氷の凍らせ方だけでなく、その日の気温・湿度に合わせて、刃を調整して、削り、更にそれでも削り方が、上手くいかない時は、機械に負担をかけてしまうような裏技的な削り方まで、スタッフさん みんなが習得していています(((o(*゚▽゚*)o)))。

更に3種類あるかき氷機の使い分けにもビックリしました( ̄O ̄;)。

また、きになる方は、また来年どうぞーm(__)m。

  • ブルーリバーカフェ -
  • ブルーリバーカフェ - 店内

    店内

  • ブルーリバーカフェ - 店内

    店内

  • ブルーリバーカフェ - 店内

    店内

  • ブルーリバーカフェ - 看板

    看板

  • ブルーリバーカフェ - メニュー

    メニュー

  • ブルーリバーカフェ - メニュー

    メニュー

  • ブルーリバーカフェ - メニュー

    メニュー

  • ブルーリバーカフェ -
  • ブルーリバーカフェ -
  • ブルーリバーカフェ -

口コミが参考になったらフォローしよう

アベレージ

アベレージ

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

アベレージ(2028)さんの他のお店の口コミ

アベレージさんの口コミ一覧(1744件)を見る

店舗情報(詳細)

店舗基本情報

店名 ブルーリバーカフェ (Blue River Cafe【旧店名】アオイキッサ)
ジャンル カフェ、ハンバーガー、かき氷
お問い合わせ

058-387-4534

予約可否

予約不可

夏場は店内が混み合い電話応対ができない場合がございますのであらかじめご了承願います。

住所

岐阜県羽島郡笠松町下本町82

交通手段

(名鉄 笠松駅・西笠松駅 徒歩10分~15分)をご利用ください。

西笠松駅から457m

営業時間・
定休日

営業時間

[火~土]
11:00~18:00(LO17:30)
[日・祝日]
11:00~17:00(LO16:30)
夏場は営業時間の延長がございます。

日曜営業

定休日

毎週月曜日 月曜日が祭日の場合営業 翌日火曜日が振替休業です。*お店の都合により臨時で休業する場合がございますので、ご来店前に電話にてご確認いただくか、ホームページにてご確認下さい。7月8月の月曜日は12時より営業しております。臨時で休む場合がありますのでご了承ください。

予算
[夜]¥1,000~¥1,999 [昼]¥1,000~¥1,999
予算(口コミ集計)
[昼]~¥999

予算分布を見る

支払い方法

カード不可

電子マネー可

席・設備

席数

40席

個室

貸切

(20人~50人可)

禁煙・喫煙 完全禁煙
駐車場

10台分のスペースを確保していますが、満車の場合はそれ以上停められないのでご了承ください。近くにコインパーキングなどはございません。

空間・設備

オシャレな空間、落ち着いた空間、ソファー席あり

特徴・関連情報

利用シーン

知人・友人と

こんな時によく使われます。

ロケーション

一軒家レストラン

公式アカウント
備考

ゴールデンウィークは休まず営業します。
5月 7日・8日 は臨時休業します。

初投稿者

はずこはずこ(153)

ブログに店舗情報を貼る

このレストランは食べログ店舗会員等に登録しているため、ユーザーの皆様は編集することができません。

店舗情報に誤りを発見された場合には、ご連絡をお願いいたします。お問い合わせフォーム

周辺のお店ランキング

各務原・羽島×カフェのランキング(点数の高いお店)です。

食べログ特集

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ