思い出の店その4 : 繁ちゃん屋

この口コミは、DNWさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

DNW

DNW(102)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]30代後半・男性・佐賀県

1

  • 夜の点数:4.5

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス3.5
    • | 雰囲気4.0
    • | CP3.8
    • | 酒・ドリンク-
  • 昼の点数:4.5

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス3.5
    • | 雰囲気4.0
    • | CP3.8
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ¥4,000~¥4,999¥4,000~¥4,999
1回目

2014/03訪問

  • dinner:4.5

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.8
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥4,000~¥4,999
  • lunch:4.5

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.8
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥4,000~¥4,999

思い出の店その4

【2014年3月再訪】
今回、オチに下っぽい物が含まれますので、苦手な方はブラウザバックをおねがいしまーす↑

......

....

..



今回は同僚とサシで飲む事に。
このお店の裏手にある甘木鉄道今隈駅に4時50分頃待ち合わせです。

店内は一応予約はしてきましたが、先客は1名のみ。
ひとまず生を二杯とハツ刺しと馬刺し、馬ホル鉄板二人前。
そして今回初めて見た、豚ホルの鉄板も一人前注文してみる事に。
あとは鍋を三人前ですかね。

ハツ刺しと鉄板の美味さはいつもながら安定しているんですけど、
今回初お目見えの豚のホルモン鉄板焼きもかなり美味いですわ。
脂を必要以上に切除されている事も無く、ジューシーさと焼き目の香ばしさ、
そして、豚ホルにもこんなにソースが合うとは。
いやー、値段こそ350円しかしませんが、それ以上の美味さですねぇ、馬には適いませんが。

普段、ビールは350ml飲めばもう一杯一杯で、多くて500ml位しか飲めないのですが、
今日はつまみと飲む相手も良いのか、グイグイ入ります。
更にお店からはそうは見えませんが、サーバー管理が良いのか明らかに何時もの一番絞りとは違うような。
ジョッキを3杯開けた後、そろそろってなモンで鍋に移行。
ここからは焼酎タイムですな。

焼酎も普段あまり飲みませんし、ましてや芋はタバコを止めて以来、
臭くて一部の物を除き飲む事が出来なかったのですが、
この日は黒霧の水割りが結構美味しく感じて、これまたグイグイと。
お喋りも絶好調のまま、鍋もハツ刺しも馬ホル鉄板も追加の嵐。
開始から2時間以上経って、漸く〆の麺を投入。
しかしここでは収まらず......

結局、初めての領域でしたが、麺を二人前食べた後、ラーメン丼に結構な量入ったご飯が投入され、
禁断の雑炊タイムが発動。(恐らくご飯は一合チョイ入ってた筈)
またこの雑炊がごはん物の癖しやがって、焼酎に妙に合うんですな。
量もあるから減らないつまみとして大活躍!
で、水割りガバガバ。(笑)

雑炊も食い尽くした我々はおしゃべりが留まる所を知らない所か、
最高潮が数時間続いている状態で、結局ハツ刺しと鉄板を再追加。
うおおお、最高にハイってヤツだZE!!!
こりゃ、さっきの雑炊の中に何か入っていたかも知れん。(笑)

で、恐らくは致死量に近いニンニクを摂取し、いい加減8時半を過ぎていた事と、
他のお客さんが鍋を食べたいって事で、席を座席からカウンターへ移動。

そこからまた水割りを飲みながらの、真の男が聞く音楽とは、という、
終わりの無い話がスタートし、気が付けば10時過ぎ......
俺等一体何時間居たんだ......

話す事に結構なカロリーを消費したのか、腹八分弱ってところで、
意外と良い〆方だったなぁ、とお会計を頼めば一万七千円強......
まぁコレだけやりたい放題すればこうなりますわな。(笑)

で、やはりと言うか、後日の放出する気体は筆舌に尽くし難い猛臭と言いますか、
地獄の釜を開けてもコレより酷い臭いはしないだろう、って感じでして。
更に最悪だったのが、一番スンゴイのがお洒落なケーキ屋で漏れてしまったという事で......
ヤッヴェ!コレ絶対に異臭騒ぎで騒がれるナリ、とも思ったのですが、
店員さんは知らない顔をしてくださいまして......

ホント、すんませんっしたー!!(土下座)


【2012年6月】

10年前からちょこちょこお邪魔してはいたのですが、最近はとんとご無沙汰でした。

今回、甘木方面へ遠足に行くと決めた時、まず締めをこのお店にしたい、
という所からスタートしたんですよね。
見た目は小汚いラーメン屋みたいな店構えですけどね、
出てくる料理は一品一品癖が有るものの、一度嵌ったらチョイと抜け出せない仕様になっております。(笑)

はいはいはいはい、DNWで御座いまして。
大人の遠足甘木編、第三弾は小郡と太刀洗の狭間に有る、馬ホルモンの名店、
しげちゃんで御座います。


今回の遠足は、このお店に来る前振りみたいなものと言っても過言ではないんですよね、私的に。
それ位、楽しみに来たんですよ。

此方の御店は夕方に差し掛かろうとする、15時から開店なんですけど、
こんな見た目はしょぼそうな(全く持って失礼!)お店に、夕方からは満員になる時も有りますんで、
出来れば予約していくか、早めに仕掛けるかのどちらかをお奨めしますよ。
え?そこまでして行く価値が有るんかって?
食べんと判らん判らん。(ローカルネタ)

約4年振りにこのお店には来ましたよ。
時刻は3時過ぎ、今ならお客も殆ど居ない時間帯。
今日の締めに相応しい、素晴らしいホルモンが食べられることを祈って...
イザ、入店です!

全く店内は変わってねぇ...
少しお兄さんの白髪が増えたでしょうか?
いらっしゃい、と、愛想は良くも無く悪くも無く...
食べる物ははなっから決めてきましたので...って、あー残念、
馬レバー刺しは今日は無いようです。
運任せなんですよね、昔っから。

とりあえず、馬ホルモンの鉄板焼き一人前とハツ刺し一人前、あとウーロン茶と
(結構歩いて喉渇いた為、まずはお茶で。ビールは腹に溜まるので今回はNG)
鍋を2人前。

うい。
このお店には鍋が有るんですよ、ホルスキって名前ですけどね。
まあね、このお店に来たんならね、これ喰わなきゃ嘘ですよ。

近くに住んでるおいさん達は鉄板とビールか焼酎で終わるようですが、
私に言わせれば、この鍋の為に此処に来ていると言っても過言じゃないんです!!
前の会社にいた頃は、社員とバイトで何回ここに来たことでしょう...
鍋を5人で10人前は最低でも食べてたなぁ...

さて、まずは鉄板焼きが運ばれてきます。
こちらは前回の白橋ホルモンの様に、すぐは来ません。
しっかり生から焼かれているようですね。
白橋もそうですが、ソースは自分で掛けて頂きます。
甘木地区に来ないと、ソース味と柚子胡椒が此処まで合うとは誰も思わんでしょうね。
何時食べても奇妙な取り合わせだなぁ、と感じつつ、
モリモリ食べて行きます。
ンンン、んめぇなぁぁ...

次にハツ刺しが来ました。
ここですかさずお酒にチェンジ。
嗚呼...ここでお酒飲むのは、実は初めてなんですよね。
いつもハンドルキーパーだったからなんですけど。

ハツ刺しは最初っからネギと生姜、それと醤油も掛かったまま来ます。
ネギと生姜はいいとして、醤油は掛け過ぎなんだよなぁ...
因みに同じような盛り付け方でレバ刺しも来るんですよね。
いや?十分美味しいですよ?
ただ、醤油を先に掛け回されてると、少し塩気が私には強く感じるんですよね。

あと、今回は頼めませんでしたが、レバ刺しは胡麻油と塩と、少量の醤油で食べるのが、
私のジャスティス。
しかしこのお店に至っては、私も自分の主義主張を捻じ曲げますよ。
いや、本当にね!?このお店のレバ刺しの切り方は神懸かりな迄に厚切りですからね?
判りますよね?食べたことが有る人なら?
あのシャッキシャキの歯触りに全く臭みの無いレバーが、これでもか、と言わんばかりに、
厚切りで来るんですよ。(覚えている範囲では7~8mmは有ったと)
アレを胡麻油と塩で頂けたなら......(ジュルリ)

今日は既に三軒目ですんでね、ゆっくりハツ刺しと鉄板を肴にお酒を飲んでましたが、
いよいよ鍋の準備が出来たようです。
テーブルの真ん中が開けられ、コンロに鍋が置かれます。
そして...ホルモンとたまねぎと細ネギがバットに盛り付けられ置かれます。

これ!!
このホルモンの美しさ!!
正直ね、ホルモンとネギとたまねぎだけの、あのー、こう言っては何ですが、
貧相な鍋ですよ。
これで一人前1300円ですからね。
正直、高いと感じる方も居るとは思います、当然です!


ですが...
ですが、ですが。

このチープな鍋を食べた人でしたら、大概の人は言うと思うんですよ。
こいつぁ、美味い...!、と。

いや、本当にね...
久し振りに食べましたが、やっぱりこのホルモンが4年を経てもナンバー1ですよ。


鍋のベースとなるスープは、ニンニクの醤油漬けに醤油と水と酒と化学調味料を加えた物。
(で、合ってると思います)
かんなりチープでは有りますが、寧ろここまで簡易的に徹したことにより、
ホルモンの凄さが浮き彫りになっているというか。

基本、モツ鍋ってのはモツも主役ではありますが、同じ位、
キャベツやニラも目立つ鍋である、ってのは御存知だとは思いますが、
此処の鍋は、ホルスキという名前の通り、極上のホルモンを如何喰ってもらうか、
ってのを考えた結果こうなった、って鍋なんですよね。

とにかく徹底してホルモンが主役。
そしてこのホルモン!
私も馬ホルモンはそれなりに喰ってきはしてますが、もう正直、段違い。
その弾力、脂の甘み、モツとしての味わい...

判ってます。
あー、判っていますともさ!
それでもこう言わせて頂きましょうか!!?
このホルモンに比べれば、牛も豚も足元にも及ばんと。

この、単純、そして、ホルモンの甘さを引き立たせるかの様な、
醤油辛いスープとの対比と...
そしてそして...この噛めば噛むほどに溢れる、ミルクのような甘く芳しい香り。
全く臓物臭さという物が無く、どれだけ噛んでも脂の、そしてホルモンの甘みが沸き立つこのモツ...


多分...
多分ですが...
最終兵器でしょう、コレは。
関東の人辺りに知られると、あっという間に異常な高騰をみせ、
この辺りの人には手が届かない高級食材になってしまうのでは、と思ってしまいます。
(今でも結構しますがね)

以前は一人前、1000円だったんですよね。(もっと安かったかも)
それがここ数年(と言っても、私がこのお店を知って、もう10年以上経ちますが)
で値上がりし、一人前1300円になってしまいました。

ただ、ね。
それでも、全く問題ない、と思う私が居るんですよね。
其れほどまでに、正に麻薬のように求めてしまいそうなのですよ。

そしてですね、当然、鍋の締めと言えば麺か雑炊なのですが、
此方のお店ではちゃんぽん麺やうどん麺ではなく、ラーメンの麺が用意されていまして。
更に、麺を注文すると、豚骨スープで鍋のスープを割って貰えるんですよね。
暫くすると、麺を鍋に入れていかれます。
カタメンが好きな方は少しすれば、しっかり馴染ませたい方は、そのまま沸騰するのを待てば、
ニンニクたっぷりと、醤油と豚骨がベースになり、更にモツの出汁も出た、
此処だけの、正にONE&ONLYのスープで食べる締めラーメンが食べれるのですよ。


あー...イカン。
お酒を2杯と鍋に閉めのラーメンまで食べては、流石にギブが近いです。
最初はここにおでんと馬刺し、レバ刺しも食べようと企んでいたんですから、
どれだけ計画が破綻していたか、よく判りますね。(笑)

麺まで何とか啜りこんだら、お会計です。
お酒を2杯飲んだにもかかわらず、4000円チョイで済ませる事ができました。

一応、注意点を幾つか。
ま、写真を見てもらえれば判る通り、とんでもない量のニンニクが使用されています。
以前は、このニンニクの醤油漬けが入れ放題だったため、
調子に乗って食した後、そして翌日は深刻な後遺症を引き起こした物ですが...(笑)

それでも御口の匂いは凄いことになってますんで、
この後の予定が有る方は控えめにしましょうね。
私は帰りの電車で、運悪く女子高生の大群と鉢合わせ、
隣や目の前に陣取られた為、鼻で息をするしかない、という状況に追い込まれました。

はぁ、よかった...
おっさん、クセエんだよ!?なんて罵倒されずに済んで...
そんなこと言われたら泣きながら引っ叩くしかなかったんでね。
うむうむ、やはり暴力の時代は終わったんだ...
(当然、冗談ですよ!?(笑))


と言う訳で、今回の大人遠足は是にて終了。
3件をハシゴすると言う、減量明けにはチョイと厳しい企画だったのですが。
いや、久し振りに廻りましたが、やっぱこの辺りに生まれてよかったなぁ、
という、思いは変わらず。

正直、かなり行き辛い立地では有りますが、是非とも県外の方々に食べて貰いたい、
ホルモンですね。
馬のホルモンはこんなに凄いんだぜ!?って知って貰いたい!

そりゃあね?
九州では本場の醤油ラーメンや讃岐うどんを食べれませんし、
(全くではないと思いますが)
流行り廃りに敏感では無いかもしれませんが、地方にだってこういったB級のその上、
特B級とでも言えそうな物だって有るんです!
地方のグルメだって捨てたモンじゃないんですよ!?
私としては、これこそ日本一のホルモンな訳です!!!

  • 今回は夕方5時前に同僚と二人で

  • まずはハツ刺し

  • 今回初お目見えの豚ホルモン350円...だったと思う

  • 安くて美味い ソースもよく合う 焼き手の腕と自慢の鉄板がいいんでしょう

  • お待ちかねの馬ホルモン 通称鉄板

  • 馬刺し

  • いつもビールは量が入らないんですが、この日は違いました

  • メインのホルスキ

  • 皆最初はコレだけ?と聞き返す コレだけでいいんです。

  • 泡に見えるのはニンニク

  • 美味ひ......

  • 豚骨スープで割って......

  • 麺を投入

  • 此処でしか食べられない、馬ホル出汁の豚骨醤油ラーメンニンニク増し増し増し

  • 禁断の雑炊

  • 致死量を摂取......

  • 甘木鉄道、今隈駅からチンタラ徒歩5分

  • レバ刺しは運が絡みます

  • これを喰わんと...

  • ハツ刺し。醤油が多いんだけど、新鮮で美味い

  • ハツUP

  • ホルモン鉄板。3人くらいで行けば4人前くらい頼んでもいいと思う

  • テーブルに備え付けてあるソースを掛けて...

  • 柚子胡椒を載せて...美味い!!(テーレッテレー!)

  • 御酒

  • 鍋のスープ...この下には...

  • 具はこんだけ。

  • しかし、このホルモンの色を見よ!!

  • 煮えますた

  • これを食べた瞬間、今までのモツはなんだったのか、となる

  • 恐ろしい量のニンニク...当日及び翌日は人に会わないようにしましょう

  • 食べ終わったスープに豚骨スープを入れて...

  • 麺の投入だぁぁぁ!

  • ギギギ...美味いとしか言えん、がこの麺に絡みつくニンニクの量を見て察してくださいね

口コミが参考になったらフォローしよう

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

DNW(102)さんの他のお店の口コミ

DNWさんの口コミ一覧(341件)を見る

この店舗の関係者の方へ

ユーザーから投稿された口コミに対して、お店側からお礼や情報追加などの返信を行ってみませんか?

店舗情報(詳細)

編集する

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

「繁ちゃん屋」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗準会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名 繁ちゃん屋
ジャンル ホルモン、馬肉料理、もつ料理
予約・
お問い合わせ

0942-72-4320

予約可否

予約可

住所

福岡県小郡市山隈229-10

交通手段

今隈駅から262m

営業時間

16:00~23:00

定休日

日曜日

予算(口コミ集計)
[夜]¥2,000~¥2,999

予算分布を見る

支払い方法

カード不可

席・設備

席数

20席

個室

貸切

禁煙・喫煙 全面喫煙可
駐車場

空間・設備

カウンター席あり、座敷あり

携帯電話

docomo、au、SoftBank

メニュー

ドリンク

日本酒あり、焼酎あり

特徴・関連情報

利用シーン

知人・友人と

こんな時によく使われます。

ロケーション

一軒家レストラン

サービス

テイクアウト

初投稿者

あやまんJapanあやまんJapan(18)

最近の編集者

編集履歴を詳しく見る

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

「繁ちゃん屋」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗準会員(無料)にご登録ください。ご登録はこちら

この店舗の関係者の方へ

食べログ店舗準会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。

店舗準会員になって、お客様に直接メッセージを伝えてみませんか? 詳しくはこちら

0942-72-4320

周辺のお店ランキング

  • 総合ランキング

秋月・小郡周辺×ホルモンのランキング(点数の高いお店)です。

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ