趣向を凝らしたツマミと美味しい握り : 菊鮨

菊鮨

(【旧店名】菊寿司)

公式情報

お店の営業情報は店舗関係者によって公開されています。

2018年Silver受賞店

The Tabelog Award 2018 Silver 受賞店

  • 料理・味 4.24
  • サービス 4.23
  • 雰囲気 4.24
  • CP 4.44
  • 酒・ドリンク 3.90
  • 行った 545人
  • 行きたい 4665人

評価分布

この口コミは、misspepperさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

misspepper

misspepper(6453)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]女性・福岡県

6

  • 夜の点数:4.7

    • [ 料理・味4.7
    • | サービス4.2
    • | 雰囲気4.0
    • | CP4.5
    • | 酒・ドリンク4.0
  • 昼の点数:4.0

    • [ 料理・味4.0
    • | サービス3.8
    • | 雰囲気3.8
    • | CP4.0
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ¥15,000~¥19,999¥5,000~¥5,999
6回目

2018/07訪問

  • dinner:4.7

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.2
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥15,000~¥19,999

趣向を凝らしたツマミと美味しい握り

福岡郊外「大野城市」にある人気店。
西鉄電車利用でしたら「春日原駅」か「白木原駅」からのタクシー利用が便利。

◆主人は「ビール」、私はまだお酒を頂けませんので「ウーロン茶」を。

お任せは、12000円。
◆つぶ貝とジュンサイの酢の物。丸い品は「氷に見立てた大根」
優しいお酢の味わいで、一品目に頂くには最適。

◆甘鯛(昆布〆)とやいと鰹のお造り・・甘鯛は〆加減もよく旨みを感じますし、やいと鰹も美味しい。

◆主人は焼酎を。「大和桜(鹿児島)」、「ナカムラ(鹿児島)」

◆鰯の炙り・・焼き味噌と大根と共に海苔に挟んでいただきますけれど、鰯の旨みと味噌の味わいがよく合います。

◆鱧のお椀・・鱧は直前に目の前で骨切りされていました。
昆布の鰹を丁寧に引いたお出汁もいい味わい。

◆のど黒(対馬)・・レア感が残る絶妙な焼き具合。脂がのり美味しいこと。

◆鮑、雲丹、鮑の肝という豪華コラボ・・鮑の調理は企業秘密でしょうから詳細は書きませんが、絶妙の火入れで柔らかく
雲丹の甘みと相まって美味しい。
*下には「シャリ」が、、肝ソースやウニと共に頂きました。

◆毛蟹入り茶碗蒸し、上にはコノワタ・・お酒がすすむ茶碗蒸しですね。呑めないのが残念。

◆シャリの仕上げ・・シャリは「赤酢」と「白酢に赤酢を混ぜたもの」2種類用意されネタにより使い分けられます。

◆ガリ
◆鯛(壱岐)・・4日寝かせた品。熟成度がよく美味。
◆金目鯛・・甘いですね、美味しい。
◆キス・・水分を抜かないよう〆てあるので、旨みが凝縮。
◆北寄貝・・直前に殻から外されたので、より旨みを感じます。

◆大トロづけ・・これ秀逸。づけにすることで、脂がより上品になりとても美味しい。

◆立派な団扇海老・・こんな大きさの品を見たのは初めて。
団扇海老の味噌と共に握られ、甘さと味噌の旨みが重なり美味しいこと。

◆煮ハマグリ(五島)・・九十九里の品を頂くことが多いので、五島の品は初めてです。
蛤自体もいい味わいですけれど、ツメの味わいも好み。

◆車海老・・甘いですね。
◆鯵(五島)・・少し冷やすことで旨みが増しています。
◆雲丹(唐津)・・タップリ盛られます、嬉しい。

◆なめこ入り赤だし

◆穴子の手巻き
*穴子を手巻きで頂くのは初めてですが、海苔の質もいいこと。

◆玉

追加で
◆先ほど頂いた「大トロづけ」の鉄火巻き。なんと贅沢な、、もちろん美味しい。

ツマミも毎回旬の食材を工夫されていますし、握りも美味しかったですね。
次回も愉しみ。♪

ビール2杯、焼酎2杯、烏龍茶1杯、鉄火巻追加して、二人で31、000円弱。
この内容のお料理をこのお値段でいただけるのは嬉しいですね。♪

  • 菊鮨 - 主人は「ビール」、私はまだお酒を頂けませんので「ウーロン茶」を。

    主人は「ビール」、私はまだお酒を頂けませんので「ウーロン茶」を。

  • 菊鮨 - ◆つぶ貝とジュンサイの酢の物。丸い品は「氷に見立てた大根」 優しいお酢の味わいで、一品目に頂くには最適。

    ◆つぶ貝とジュンサイの酢の物。丸い品は「氷に見立てた大根」 優しいお酢の味わいで、一品目に頂くには最適。

  • 菊鮨 - 甘鯛(昆布〆)と鰹のお造り・・甘鯛は〆加減もよく旨みを感じますし、やいと鰹も美味しい。

    甘鯛(昆布〆)と鰹のお造り・・甘鯛は〆加減もよく旨みを感じますし、やいと鰹も美味しい。

  • 菊鮨 - 鰯の炙り・・焼き味噌と大根と共に海苔に挟んでいただきますけれど、鰯の旨みと味噌の味わいがよく合います。

    鰯の炙り・・焼き味噌と大根と共に海苔に挟んでいただきますけれど、鰯の旨みと味噌の味わいがよく合います。

  • 菊鮨 - ◆鱧のお椀・・鱧は湯引きする直前に骨切りされていました。 昆布の鰹を丁寧に引いたお出汁もいい味わい。

    ◆鱧のお椀・・鱧は湯引きする直前に骨切りされていました。 昆布の鰹を丁寧に引いたお出汁もいい味わい。

  • 菊鮨 - のど黒(対馬)・・レア感が残る絶妙な焼き具合。脂がのり美味しいこと。

    のど黒(対馬)・・レア感が残る絶妙な焼き具合。脂がのり美味しいこと。

  • 菊鮨 - ◆鮑、雲丹、鮑の肝という豪華コラボ・・鮑は企業秘密でしょうから書きませんが、絶妙の火入れで柔らかく 雲丹の甘みと相まって美味しい。

    ◆鮑、雲丹、鮑の肝という豪華コラボ・・鮑は企業秘密でしょうから書きませんが、絶妙の火入れで柔らかく 雲丹の甘みと相まって美味しい。

  • 菊鮨 - *下には「シャリ」が、、肝ソースやウニと共に頂きました

    *下には「シャリ」が、、肝ソースやウニと共に頂きました

  • 菊鮨 - 毛蟹入り茶碗蒸し、上にはコノワタ・・お酒がすすむ茶碗蒸しですね。呑めないのが残念。

    毛蟹入り茶碗蒸し、上にはコノワタ・・お酒がすすむ茶碗蒸しですね。呑めないのが残念。

  • 菊鮨 - 主人は焼酎を。「大和桜(鹿児島)」、「ナカムラ(鹿児島)」

    主人は焼酎を。「大和桜(鹿児島)」、「ナカムラ(鹿児島)」

  • 菊鮨 - ◆シャリの仕上げ・・シャリは「赤酢」と「白酢に赤酢を混ぜたもの」2種類用意されます。

    ◆シャリの仕上げ・・シャリは「赤酢」と「白酢に赤酢を混ぜたもの」2種類用意されます。

  • 菊鮨 - ガリ・・お砂糖不使用で好みのテイスト

    ガリ・・お砂糖不使用で好みのテイスト

  • 菊鮨 - 鯛(壱岐)・・4日寝かせた品。熟成度がよく美味。

    鯛(壱岐)・・4日寝かせた品。熟成度がよく美味。

  • 菊鮨 - 金目鯛・・甘いですね、美味しい。。

    金目鯛・・甘いですね、美味しい。。

  • 菊鮨 - ◆キス・・水分を抜かないように〆てあるので、旨みが凝縮されています。

    ◆キス・・水分を抜かないように〆てあるので、旨みが凝縮されています。

  • 菊鮨 - ◆北寄貝・・直前に殻から外されたので、より旨みを感じます。

    ◆北寄貝・・直前に殻から外されたので、より旨みを感じます。

  • 菊鮨 - 大トロづけ・・これ秀逸。づけにすることで、脂がより上品になりとても美味しい。

    大トロづけ・・これ秀逸。づけにすることで、脂がより上品になりとても美味しい。

  • 菊鮨 - 立派な団扇海老・・こんな大きさの品を見たのは初めて。

    立派な団扇海老・・こんな大きさの品を見たのは初めて。

  • 菊鮨 - 団扇海老は味噌と共に握られ、甘さと味噌の旨みが重なり美味しいこと。

    団扇海老は味噌と共に握られ、甘さと味噌の旨みが重なり美味しいこと。

  • 菊鮨 - ◆煮ハマグリ(五島)・・九十九里の品を頂くことが多いので、五島の品は初めてです。 蛤自体もいい味わいですけれど、ツメの味わいも好み。

    ◆煮ハマグリ(五島)・・九十九里の品を頂くことが多いので、五島の品は初めてです。 蛤自体もいい味わいですけれど、ツメの味わいも好み。

  • 菊鮨 - ◆車海老・・甘いですね。

    ◆車海老・・甘いですね。

  • 菊鮨 - 鯵(五島)・・少し冷やすことで旨みが増しています。

    鯵(五島)・・少し冷やすことで旨みが増しています。

  • 菊鮨 - ◆雲丹(唐津)・・タップリ盛られます、嬉しい。

    ◆雲丹(唐津)・・タップリ盛られます、嬉しい。

  • 菊鮨 - ◆なめこ入り赤だし

    ◆なめこ入り赤だし

  • 菊鮨 - 穴子の手巻き

    穴子の手巻き

  • 菊鮨 - *穴子を手巻きで頂くのは初めてですが、海苔の質もいいこと。

    *穴子を手巻きで頂くのは初めてですが、海苔の質もいいこと。

  • 菊鮨 - 玉

  • 菊鮨 - 追加で・・大トロ鉄火巻

    追加で・・大トロ鉄火巻

  • 菊鮨 - 外観・内観

    外観・内観

5回目

2018/04訪問

  • dinner:4.6

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 4.2
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥15,000~¥19,999

旬の上質食材を堪能・・

大野城にある人気鮨店。
夜は18:00と20:30の2部制。
お任せは、12000円。

◆ビールと日本酒。日本酒は合計で3合(横山五十・而今・東鶴)を。

◆煮ホタテ、アスパラ 青唐辛子入りの辛子酢味噌で。
煮ホタテは旨みを感じますし、辛子酢味噌の味わいもよく美味しい。

◆金目鯛(銚子)・・寝かせてから塩〆されたとか。
脂がのり美味。金目は美味しいですね。

◆鯛の真子とうるい
真子大好きですので、これは嬉しい。優しいお味付で煮含められています。
「うるい」がいい彩に・・

◆鮑酒蒸し 雲丹のせ 肝ソースで
鮑を低温で3時間蒸した後、薄く衣をつけて揚げてありますが、
これも美味しい。

◆毛蟹と合馬の筍 茶碗蒸しで
毛蟹の濃厚な味わいと旬の筍の味わいもいいですが、茶碗蒸し自体もいい味わい。

◆桜鱒の温かい鮨
桜鱒は旬ですので旨みを感じますし「自然薯」と合います。

◆甘鯛の煮びたし 木の芽・九条葱添え
薄味仕立てですので「甘鯛」のお味を損なわないですね。

◆この日の「鮪」:美しい・・

◆ガリ
◆烏賊・・甘味を感じ美味しい。
◆鯛(玄海)・・ねっとり感があり美味。
◆赤貝(宇部)
◆細魚(熊本)・・食感・味わい共にいいですね。
◆大トロ(壱岐)・・上品な脂を感じ美味しい。
◆コハダ(天草)・・〆加減が絶妙
◆煮蛤(九十九島)・・何時もながらに美味しい。
◆車海老(大分)・・甘くて美味しい。
◆鯵・・身が厚く旨みを感じる品。
◆雲丹(歯舞)・・粒が大きく美味しいこと。
◆ノドグロ(対馬)・・脂がのっています。
◆ネギトロ巻・・先ほどの鮪の中落ちを使用した贅沢な品。
◆玉子焼

追加で・・
◆鉄火巻

春らしい食材のツマミ、握りともに良い味わいで愉しめました。
ご主人の物腰の柔らかい接客も感じがいいですし。。
ただ握り方を変えられたのか、これまでに比べ柔らかく弱いように感じました。
シャリが指に付く品もありましたので、握り方としては前回までの方が好みです。
また伺いますね。^^

  • 菊鮨 - ◆煮ホタテ、アスパラ 青唐辛子入りの辛子酢味噌で。 煮ホタテはホタテの旨みを感じ、辛子酢味噌の味わいもよく美味しい。

    ◆煮ホタテ、アスパラ 青唐辛子入りの辛子酢味噌で。 煮ホタテはホタテの旨みを感じ、辛子酢味噌の味わいもよく美味しい。

  • 菊鮨 - ◆金目鯛(銚子)・・寝かせてから塩〆。 脂がのり美味。金目は美味しいですね。

    ◆金目鯛(銚子)・・寝かせてから塩〆。 脂がのり美味。金目は美味しいですね。

  • 菊鮨 - ◆鯛の真子とうるい 真子大好きですので、これは嬉しい。優しい味わいで煮含められています。 うるいがいい彩に・・

    ◆鯛の真子とうるい 真子大好きですので、これは嬉しい。優しい味わいで煮含められています。 うるいがいい彩に・・

  • 菊鮨 - ◆鮑酒蒸し 雲丹のせ 肝ソースで 鮑を低温で3時間蒸した後、薄く衣をつけて揚げてあります。

    ◆鮑酒蒸し 雲丹のせ 肝ソースで 鮑を低温で3時間蒸した後、薄く衣をつけて揚げてあります。

  • 菊鮨 - ◆毛蟹と合馬の筍 茶碗蒸しで 毛蟹の濃厚な味わいと旬の筍の味わいもいいですが、茶碗蒸し自体もいい味わい。

    ◆毛蟹と合馬の筍 茶碗蒸しで 毛蟹の濃厚な味わいと旬の筍の味わいもいいですが、茶碗蒸し自体もいい味わい。

  • 菊鮨 - ◆桜鱒の温かい鮨

    ◆桜鱒の温かい鮨

  • 菊鮨 - ◆甘鯛の煮びたし 木の芽・九条葱添え 薄味仕立てですので「甘鯛」のお味を損なわないですね。

    ◆甘鯛の煮びたし 木の芽・九条葱添え 薄味仕立てですので「甘鯛」のお味を損なわないですね。

  • 菊鮨 - 壮観

    壮観

  • 菊鮨 - 鮪・・美しい

    鮪・・美しい

  • 菊鮨 - ネタ

    ネタ

  • 菊鮨 - ◆ガリ

    ◆ガリ

  • 菊鮨 - ◆烏賊 ・・甘味を感じ美味しい。

    ◆烏賊 ・・甘味を感じ美味しい。

  • 菊鮨 - ◆鯛(玄海)・・ ねっとり感があり美味。

    ◆鯛(玄海)・・ ねっとり感があり美味。

  • 菊鮨 - ◆赤貝(宇部)

    ◆赤貝(宇部)

  • 菊鮨 - ◆細魚(熊本)・・ 食感・味わい共にいいですね。

    ◆細魚(熊本)・・ 食感・味わい共にいいですね。

  • 菊鮨 - ◆大トロ(壱岐)・・上品な脂を感じ美味

    ◆大トロ(壱岐)・・上品な脂を感じ美味

  • 菊鮨 - ◆コハダ(天草)・・〆加減が絶妙

    ◆コハダ(天草)・・〆加減が絶妙

  • 菊鮨 - ◆煮蛤(九十九島)・・何時もながらに美味しい。

    ◆煮蛤(九十九島)・・何時もながらに美味しい。

  • 菊鮨 - ◆車海老(大分)・・甘くて美味しい。

    ◆車海老(大分)・・甘くて美味しい。

  • 菊鮨 - ◆鯵・・身が厚く旨みを感じる品。

    ◆鯵・・身が厚く旨みを感じる品。

  • 菊鮨 - 赤だし

    赤だし

  • 菊鮨 - ◆雲丹(歯舞)・・粒が大きく美味しいこと。

    ◆雲丹(歯舞)・・粒が大きく美味しいこと。

  • 菊鮨 - ◆ノドグロ(対馬)・・良い脂がのっています。

    ◆ノドグロ(対馬)・・良い脂がのっています。

  • 菊鮨 - ネギトロ巻

    ネギトロ巻

  • 菊鮨 - 玉子焼

    玉子焼

  • 菊鮨 - 鉄火巻

    鉄火巻

  • 菊鮨 - ◆ビールと日本酒。日本酒は合計で3合(横山五十・而今・東鶴)を。

    ◆ビールと日本酒。日本酒は合計で3合(横山五十・而今・東鶴)を。

  • 菊鮨 - 外観・内観

    外観・内観

4回目

2018/01訪問

  • dinner:4.6

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 4.2
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.8
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥15,000~¥19,999

旬の最上食材を頂けるお気に入り店。

「大野城市」にある人気鮨店。
我が家からは遠いのですが美味しいので、12月に続き1月も伺いました。
18:00と20:30の2部制で、18:00の利用。
カウンター席は9席、この日も満席です。
若きご主人が笑顔で迎えてくださいます。

まずは「ビール」「小と大」を頂きました。
その後「横山五十」「而今」「日高見」を。

お任せは、12000円。
◆蛤と昆布のお椀・・調味料は何も加えず食材の旨みで頂きますが、美味しい。

◆ミル貝(岡山)、菜の花の昆布〆、ウルイ・・春の食材の色合いが美しいこと。
ミル貝の食感もいいですし、菜の花の味わいも好みでした。

◆鮃(平戸)・・ネットリ感もいいですし、美味しい。エンガワが厚くとても美味しい。

◆トラフグ・・表面は軽く炙ってあり、梅入りポン酢醤油でいただきます。
河豚は厚く切られているので甘みを感じますし、ポン酢のお味もいいこと。

◆タイラギ・・厚みがある立派な品。炙ってお醤油を塗り海苔で挟んでいただきます。
海苔の香ばしさとタイラギの旨みが重なり美味しい。

◆河豚のから揚げ・・衣の味わいがいいですね。

◆鮑(唐津)とバフンウニの茶碗蒸し・・なんて贅沢な茶碗蒸し。^^
鮑は5時間低温調理され柔らかいこと。バフンウニの濃厚な甘味が加わりとても美味しい。

◆白子様、登場。^^

次も贅沢な品。
◆白子様と毛蟹の餡かけ・・白子様だけでも満足しますの、それに毛蟹まで。これぞ口福ですね。^^
かけられた餡もいいお味です。

ここから「にぎり」、赤酢のシャリと、ほんの少し赤酢が入った米酢のシャリを使い分けられます。
◆鮃・・この日の鮃は質がよく美味しい。
◆赤貝(豊前)・・赤貝らしい旨みを感じる品。
◆細魚・・間に芝海老のそぼろが挟んであり旨みが加味されています。
細魚は美しいですね。この食感が好きです。
◆歯鰹・・これも熟成度がよく美味しいこと。
◆中トロ・・上質な鮪ですので、脂が上品で美味しい。
◆コハダ・・〆加減が絶妙。
◆蛤(九十九里浜)・・少しレア感が残る仕上がりですので、蛤自体の旨みを感じますね。
◆カマス(大阪)・カマスは淡白なイメージでしたが、炙ることで旨みが増しています。

◆車海老・・甘くて美味しい。
◆鰆・・軽く燻してありますので香りもよく、熟成度も絶妙で美味。

◆赤だし。

◆雲丹・・バフンウニは美しく美味しい。
◆穴子(対馬)・・口の中に入れるとトロケマス。ツメもいい味わい。
◆玉子焼き。

追加で・・
◆鮃・・主人がこの日の鮃は美味しいと。
◆私は白子様を。焼いた白子様はクリーミーで美味しいですね。シアワセ。♡♡
◆鉄火巻き・・鮪タップリで美味しいそう。

今宵も美味しく頂きました。
ご主人はお若いですが感じのいい方ですので居心地もいいですし・・
追加は別料金ですが、12000円でこの内容を頂けるのは嬉しいですよ。
次回も愉しみです。

お任せ×2、ビール(小)(大)、日本酒3合、追加で「鮃」「白子様」「鉄火巻き」を頂き
合計 35000円弱でした。

  • 菊鮨 - お任せは、12000円。 ◆蛤と昆布のお椀・・調味料は何も加えず食材の旨みで頂きますが、美味しい。

    お任せは、12000円。 ◆蛤と昆布のお椀・・調味料は何も加えず食材の旨みで頂きますが、美味しい。

  • 菊鮨 - ◆ミル貝(岡山)、菜の花の昆布〆、ウルイ・・春の食材の色合いが美しいこと。 ミル貝の食感もいいですし、菜の花の味わいも好みでした。

    ◆ミル貝(岡山)、菜の花の昆布〆、ウルイ・・春の食材の色合いが美しいこと。 ミル貝の食感もいいですし、菜の花の味わいも好みでした。

  • 菊鮨 - ◆鮃(平戸)・・ネットリ感もいいですし、美味しい。エンガワが厚くとても美味しい。

    ◆鮃(平戸)・・ネットリ感もいいですし、美味しい。エンガワが厚くとても美味しい。

  • 菊鮨 - ◆トラフグ・・表面は軽く炙ってあり、梅入りポン酢醤油でいただきます。 河豚は厚く切られているので甘みを感じますし、ポン酢のお味もいいこと。

    ◆トラフグ・・表面は軽く炙ってあり、梅入りポン酢醤油でいただきます。 河豚は厚く切られているので甘みを感じますし、ポン酢のお味もいいこと。

  • 菊鮨 - ◆タイラギ・・厚みがある立派な品。炙ってお醤油を塗り海苔で挟んでいただきます。 海苔の香ばしさとタイラギの旨みが重なり美味しい。

    ◆タイラギ・・厚みがある立派な品。炙ってお醤油を塗り海苔で挟んでいただきます。 海苔の香ばしさとタイラギの旨みが重なり美味しい。

  • 菊鮨 - ◆河豚のから揚げ・・衣の味わいがいいですね。

    ◆河豚のから揚げ・・衣の味わいがいいですね。

  • 菊鮨 - ◆鮑(唐津)とバフンウニの茶碗蒸し・・なんて贅沢な茶碗蒸し。^^ 鮑は5時間低温調理され柔らかい。バフンウニの濃厚な甘味が加わりとても美味しい。

    ◆鮑(唐津)とバフンウニの茶碗蒸し・・なんて贅沢な茶碗蒸し。^^ 鮑は5時間低温調理され柔らかい。バフンウニの濃厚な甘味が加わりとても美味しい。

  • 菊鮨 - ◆白子様、登場ですよ。^^

    ◆白子様、登場ですよ。^^

  • 菊鮨 - ◆白子様と毛蟹の餡かけ・・白子様だけでも満足しますの、それに毛蟹まで。これぞ口福ですね。^^ かけられた餡もいいお味です。

    ◆白子様と毛蟹の餡かけ・・白子様だけでも満足しますの、それに毛蟹まで。これぞ口福ですね。^^ かけられた餡もいいお味です。

  • 菊鮨 - ◆鮃・・この日の鮃は質がよく美味しい。

    ◆鮃・・この日の鮃は質がよく美味しい。

  • 菊鮨 - ◆赤貝(豊前)・・赤貝らしい旨みを感じる品。

    ◆赤貝(豊前)・・赤貝らしい旨みを感じる品。

  • 菊鮨 - ◆細魚・・間に芝海老のそぼろが挟んである旨みが加味されています。 細魚は美しいですね。この食感が好きです。

    ◆細魚・・間に芝海老のそぼろが挟んである旨みが加味されています。 細魚は美しいですね。この食感が好きです。

  • 菊鮨 - ◆歯鰹・・これも熟成度がよく美味しいこと。

    ◆歯鰹・・これも熟成度がよく美味しいこと。

  • 菊鮨 - ◆中トロ・・上質な鮪ですので、脂が上品で美味しい。

    ◆中トロ・・上質な鮪ですので、脂が上品で美味しい。

  • 菊鮨 - ◆コハダ・・〆加減が絶妙。

    ◆コハダ・・〆加減が絶妙。

  • 菊鮨 - ◆蛤(九十九里浜)・・少しレア感が残る仕上がりですので、蛤自体の旨みを感じますね。

    ◆蛤(九十九里浜)・・少しレア感が残る仕上がりですので、蛤自体の旨みを感じますね。

  • 菊鮨 - ◆カマス(大阪)・カマスは淡白なイメージでしたが、炙ることで旨みが増しています。

    ◆カマス(大阪)・カマスは淡白なイメージでしたが、炙ることで旨みが増しています。

  • 菊鮨 - ◆車海老・・甘くて美味しい。

    ◆車海老・・甘くて美味しい。

  • 菊鮨 - ◆鰆・・軽く燻してありますので香りもよく、熟成度も絶妙で美味。

    ◆鰆・・軽く燻してありますので香りもよく、熟成度も絶妙で美味。

  • 菊鮨 - ◆赤だし。

    ◆赤だし。

  • 菊鮨 - ◆雲丹・・バフンウニは美しく美味しい。

    ◆雲丹・・バフンウニは美しく美味しい。

  • 菊鮨 - ◆穴子(対馬)・・口の中に入れるとトロケマス。ツメもいい味わい。

    ◆穴子(対馬)・・口の中に入れるとトロケマス。ツメもいい味わい。

  • 菊鮨 - ◆玉子焼き。

    ◆玉子焼き。

  • 菊鮨 - 追加◆鮃・・主人がこの日の鮃は美味しいと。

    追加◆鮃・・主人がこの日の鮃は美味しいと。

  • 菊鮨 - 追加◆私は白子様を。焼いた白子様はクリーミーで美味しいですね。シアワセ。♡♡

    追加◆私は白子様を。焼いた白子様はクリーミーで美味しいですね。シアワセ。♡♡

  • 菊鮨 - 追加◆鉄火巻き

    追加◆鉄火巻き

  • 菊鮨 - まずは「ビール」「小と大」を頂きました。 その後「横山五十」「而今」「日高見」を。

    まずは「ビール」「小と大」を頂きました。 その後「横山五十」「而今」「日高見」を。

  • 菊鮨 - 外観・内観

    外観・内観

3回目

2017/12訪問

  • dinner:4.6

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 4.2
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.8
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999

今宵も美味しい品々で大満足でした。

福岡の郊外・大野城にある人気鮨店。
美味しいお鮨を頂きたくなり、3か月ぶりに伺いました。

18時と20時30分の2部制で18時の利用。
店内は落ち着いた雰囲気でカウンターは9席。奥に個室もありますが、夜は使用されていないような。

◆日本酒は3種類頂きましたが、酒器が同じですのでお写真は1枚だけ。
頂いたのは「横山五十」「田中六十五」「伯楽星」など。

お任せは、1万円。
◆蛤と昆布のお出汁・・蛤と昆布のいいお出汁を感じ美味しいこと。
寒くなったので温かいものからという、お気遣いが嬉しいですね。

◆いろは島の牡蠣・・いろは島の牡蠣は小ぶりですが、旨みが凝縮していて美味しいのです。
鬼おろしともみじおろしが、いいアクセントに。

◆立派な「アラ」が登場。20kgの品だそう。2週間寝かせた品。
*惜しげもなく厚く大きな切り身で出されます。
ねっとり感もいいですし、甘味を感じとても美味しい。

◆鰆(玄海)・・1週間寝かせ、藁で炙った品。玉ねぎのすりおろし、出し醤油で頂きます。
鰆は藁の香りもよく、厚く切られているので旨みを感じ美味しいこと。出汁醤油などもよく合っています。

◆香箱蟹・・出された瞬間「ワッ ^^」
下処理が大変だったと話されていましたが、蟹好きにはとても嬉しい品。
有難く頂きました。
*香箱蟹らしい甘みを感じて美味しい。外子・内子ともにタップリ。
日本酒がすすみますヨ。

◆お焦げと解禁されたばかりの「桜海老の素揚げ」、蟹で取ったお出汁かけ。
お米を握りを出す時間を逆算して炊き上げられるのですが、その際のお焦げをこのように出されるのはいいですね。
お焦げ大好きですし、桜海老がまた美味しくて。蟹で取られたお出汁もいい味わい。

◆タチ・・低温調理し、昆布出汁に半日浸したしな。
上質なタチで美味しいこと。白子好きには堪りませんワ。

◆ノドグロ(対馬)の蒸し鮨、自然薯かけ。
ノドグロは脂がのり美味しいですが、自然薯と共に頂くと旨みが加算されます。

ここから「にぎり」、シャリは「米酢+少々の赤酢」と「赤酢」の2種類をネタにより使い分けられます。
◆ガリ、好みです。

◆登場したのは立派な「まぐろ(長崎産)」、、美しいですねぇ。
*血合いなどを削ぐとこのように。これを頂けるのかと、ワクワクします。^^

◆アオリイカ・・薄く削いだものを重ねて出されるので食感がいいこと。
烏賊自体も甘みを感じ美味しい。

◆アマダイ(島原)昆布〆・・熟成度もよくアマダイの旨みを感じ美味しい。

◆細魚・・しっとり感を感じますし、いい味わいですこと。

◆づけ(大間)・・漬けられの味わいもいいですし、マグロ自体も美味しいこと。

◆先ほど見せていただいた長崎の「鮪」、中トロ部分。見るかに脂がのっているのがわかります。
口に入れると上品な脂を感じトロケマスネ。とても美味しい。

◆コハダ(天草)・・どちらかと言うと強めの〆加減ですが、良い味わい。

◆煮はまぐり(九十九里浜)・・絶妙の火入れですね。ツメもいい味わい。

◆車海老・・甘いこと。味噌の味わいもよく美味。

◆主人には「鯖鮨」・・鯖が厚みがあり美味しいそうな。
◆私には「鰹」・・海苔で包んでいただきますが、海苔の質が良いこと。

◆鰤(佐渡)・・この時期が旬だそう。イカを食べているので旨みが増すとか。
上質な脂を感じこれも美味。

◆雲丹(昆布森)・・昆布森の雲丹は美しいですね。甘いこと。

◆赤だし・・ワカメ・賽の目に切ったお豆腐入り。

◆穴子・・フワフワ。

◆玉

追加で・・
◆鉄火巻き・・先ほどの長崎産鮪がタップリ入り、贅沢ですよ。もちろん美味しい。

◆帆立・・低温で火入れし3日寝かせた品。口に入れるとトロケルそうですよ。

美味しかったですね。立派なアラと鮪には驚きましたよ。
笑顔を絶やさないご主人の接客も印象がいいですし、キップのいいこと。
この内容でお任せ1万円は、素晴らしいCPですし、客に美味しい物を食べさせたいという心意気を感じます
また伺いますね。

  • 菊鮨 -  ◆蛤と昆布のお出汁・・蛤と昆布のいいお出汁を感じ美味しいこと。

    ◆蛤と昆布のお出汁・・蛤と昆布のいいお出汁を感じ美味しいこと。

  • 菊鮨 - ◆いろは島の牡蠣・・いろは島の牡蠣は小ぶりですが、旨みが凝縮していて美味しいのです。 鬼おろしともみじおろしが、いいアクセントに。

    ◆いろは島の牡蠣・・いろは島の牡蠣は小ぶりですが、旨みが凝縮していて美味しいのです。 鬼おろしともみじおろしが、いいアクセントに。

  • 菊鮨 - ◆立派な「アラ」が登場。20kgの品だそう。2週間寝かせた品。

    ◆立派な「アラ」が登場。20kgの品だそう。2週間寝かせた品。

  • 菊鮨 - *惜しげもなく厚く大きな切り身で出されます。 ねっとり感もいいですし、甘味を感じてとても美味しい。

    *惜しげもなく厚く大きな切り身で出されます。 ねっとり感もいいですし、甘味を感じてとても美味しい。

  • 菊鮨 - ◆鰆(玄海)・・1週間寝かせ、藁で炙った品。玉ねぎのすりおろし、出し醤油で頂きます。

    ◆鰆(玄海)・・1週間寝かせ、藁で炙った品。玉ねぎのすりおろし、出し醤油で頂きます。

  • 菊鮨 - ◆香箱蟹・・出された瞬間「ワッ ^^」 下処理が大変だったと話されていましたが、蟹好きにはとても嬉しい品。 有難く頂きました。

    ◆香箱蟹・・出された瞬間「ワッ ^^」 下処理が大変だったと話されていましたが、蟹好きにはとても嬉しい品。 有難く頂きました。

  • 菊鮨 - *香箱蟹らしい甘みを感じて美味しい。外子・内子ともにタップリで、より美味しい。 日本酒がすすみます。

    *香箱蟹らしい甘みを感じて美味しい。外子・内子ともにタップリで、より美味しい。 日本酒がすすみます。

  • 菊鮨 - シャリは2種(米酢:少量の赤酢入りと赤酢の用意されます。

    シャリは2種(米酢:少量の赤酢入りと赤酢の用意されます。

  • 菊鮨 - ◆お焦げと解禁されたばかりの「桜海老の素揚げ」、蟹で取ったお出汁かけ。

    ◆お焦げと解禁されたばかりの「桜海老の素揚げ」、蟹で取ったお出汁かけ。

  • 菊鮨 - ◆タチ・・低温調理し、昆布出汁に半日浸したしな。 上質なタチで美味しいこと。白子好きには堪りませんワ。

    ◆タチ・・低温調理し、昆布出汁に半日浸したしな。 上質なタチで美味しいこと。白子好きには堪りませんワ。

  • 菊鮨 - ◆ノドグロ(対馬)の蒸し鮨、自然薯かけ。

    ◆ノドグロ(対馬)の蒸し鮨、自然薯かけ。

  • 菊鮨 - ◆素晴らしい、、眺めるだけで幸せな気持ちになります。

    ◆素晴らしい、、眺めるだけで幸せな気持ちになります。

  • 菊鮨 - ◆ガリ、好みです。

    ◆ガリ、好みです。

  • 菊鮨 - ◆登場したのは立派な「まぐろ(長崎産)」、、美しいですねぇ。

    ◆登場したのは立派な「まぐろ(長崎産)」、、美しいですねぇ。

  • 菊鮨 - ◆血合いなどを削ぐとこのように。これを頂けるのかと、ワクワクします。^^

    ◆血合いなどを削ぐとこのように。これを頂けるのかと、ワクワクします。^^

  • 菊鮨 - ◆アオリイカ・・薄く削いだものを重ねて出されるので食感がいいですね。 烏賊自体も甘みを感じ美味しい。

    ◆アオリイカ・・薄く削いだものを重ねて出されるので食感がいいですね。 烏賊自体も甘みを感じ美味しい。

  • 菊鮨 - ◆アマダイ(島原)昆布〆・・熟成度もよくアマダイの旨みを感じ美味しいですね。

    ◆アマダイ(島原)昆布〆・・熟成度もよくアマダイの旨みを感じ美味しいですね。

  • 菊鮨 - ◆細魚・・しっとり感を感じますし、いい味わいですこと。

    ◆細魚・・しっとり感を感じますし、いい味わいですこと。

  • 菊鮨 - ◆づけ(大間)・・漬けられの味わいもいいですし、マグロ自体も美味しいこと。

    ◆づけ(大間)・・漬けられの味わいもいいですし、マグロ自体も美味しいこと。

  • 菊鮨 - ◆先ほど見せていただいた長崎の「鮪」、中トロ部分。見るかに脂がのっているのがわかります。 口に入れると上品な脂を感じトロケマスネ。とても美味しい。

    ◆先ほど見せていただいた長崎の「鮪」、中トロ部分。見るかに脂がのっているのがわかります。 口に入れると上品な脂を感じトロケマスネ。とても美味しい。

  • 菊鮨 - ◆コハダ(天草)・・どちらかと言うと強めの〆加減ですが、良い味わい。

    ◆コハダ(天草)・・どちらかと言うと強めの〆加減ですが、良い味わい。

  • 菊鮨 - ◆煮はまぐり(九十九里浜)・・絶妙の火入れですね。ツメもいい味わい。

    ◆煮はまぐり(九十九里浜)・・絶妙の火入れですね。ツメもいい味わい。

  • 菊鮨 - ◆車海老・・甘いこと。味噌の味わいもよく美味。

    ◆車海老・・甘いこと。味噌の味わいもよく美味。

  • 菊鮨 - ◆主人には「鯖鮨」・・鯖が厚みがあり美味しいそうな。

    ◆主人には「鯖鮨」・・鯖が厚みがあり美味しいそうな。

  • 菊鮨 - ◆私には「鰹」・・海苔で包んでいただきますが、海苔の質が良いこと。

    ◆私には「鰹」・・海苔で包んでいただきますが、海苔の質が良いこと。

  • 菊鮨 - ◆鰤(佐渡)・・この時期が旬だそう。イカを食べているので旨みが増すとか。 上質な脂を感じこれも美味。

    ◆鰤(佐渡)・・この時期が旬だそう。イカを食べているので旨みが増すとか。 上質な脂を感じこれも美味。

  • 菊鮨 - ◆雲丹(昆布森)・・昆布森の雲丹は美しいですね。甘いこと。

    ◆雲丹(昆布森)・・昆布森の雲丹は美しいですね。甘いこと。

  • 菊鮨 - ◆赤だし・・ワカメ・賽の目に切ったお豆腐入り。

    ◆赤だし・・ワカメ・賽の目に切ったお豆腐入り。

  • 菊鮨 - ◆穴子・・フワフワ。

    ◆穴子・・フワフワ。

  • 菊鮨 - ◆玉

    ◆玉

  • 菊鮨 - 追加で・・ ◆鉄火巻き・・先ほどの長崎産鮪がタップリ入り、贅沢ですよ。もちろん美味しい。

    追加で・・ ◆鉄火巻き・・先ほどの長崎産鮪がタップリ入り、贅沢ですよ。もちろん美味しい。

  • 菊鮨 - ◆帆立・・低温で火入れし3日寝かせた品。口に入れるとトロケルそうですよ。

    ◆帆立・・低温で火入れし3日寝かせた品。口に入れるとトロケルそうですよ。

  • 菊鮨 - ◆日本酒は3種類頂きましたが、酒器が同じですのでお写真は1枚だけ。 頂いたのは「横山五十」「田中六十五」「伯楽星」など。

    ◆日本酒は3種類頂きましたが、酒器が同じですのでお写真は1枚だけ。 頂いたのは「横山五十」「田中六十五」「伯楽星」など。

  • 菊鮨 - 内観

    内観

2回目

2017/09訪問

  • dinner:4.3

    • [ 料理・味 4.3
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999

今後も通いつづけたい・・

夜に伺いたいと思いながら機会がなく、ようやく伺えました。
お酒を頂きたいので西鉄電車で春日原まで向かい、そこからタクシー利用(1000円弱程度)。

店内はお洒落で落ち着いた雰囲気。
ご主人が優しい笑顔で迎えてくださいます。

◆まずはビール。このあと日本酒を頂きたいので「小サイズ」にしました。

◆この日いただいたお酒。器が同じですので区別しずらいですが
上:壱岐・横山五十。口当たりもよく美味しい。3種の中ではこれが好み。
左下:山形・正宗。辛口。
右下:久留米・にのや。夏らしい濁り酒。

◆秋刀魚・焼きナス・なめこ
お醤油風味もよく最初に頂くにはいい品。

◆甘鯛・・塩と昆布で〆られたそうですが、甘鯛特有の旨みとねっとり感もあり美味しいこと。

◆北海道産・つぶ貝と秋田のジュンサイ。
*薄くスライスされているので食べやすいですね。
優しい味わいのお出汁とよく合います。

◆のどぐろ・・脂がのり美味しい。

◆箸休めの胡瓜。

◆山口の渡り蟹・・甘くていいお味、出汁で作られたジュレが美味しくて。

◆いくら・余市のムラサキウニ。
直送された雲丹もいい味わいですが、イクラのお味付がいいこと。

◆鰆の蒸し鮨
身の厚い鰆の上に自然薯がかけらています。優しい味わいですね。

ここから「にぎり」、シャリは「米酢」と「赤酢」を使い分けされていますが、
大雑把に言うと前半「米酢」後半「赤酢」という感じかしら。
◆金目鯛(銚子)・・上品な脂がのり美味しい。

◆ヤリ烏賊(鐘崎)・・特有のねっとり感と食感のいい品。

◆キス・・独自の〆方をされているそうですが、キスってこんなに美味しいのね、と思えた品。

◆づけ(大間)・・見るからにキレイな赤身です。もちろん美味しい。

◆中トロ(大間)・・脂がのり口の中でトロケマス、美味。

◆コハダ(天草)・・3枚重ねで出されました。酢でしっかり〆た印象。

◆煮ハマグリ(九十九里浜)・・蛤の水分を残して握られているので、旨みをより感じます。

◆鯖の押し鮨・・昆布で巻きしばらく時間を置いて出されました。。美味しいそうですよ。

◆私には「鯖」の代わりに「鰆(波津)」・・九州の鰆は美味しい。

◆赤だし・・お豆腐とワカメ入り。

◆歯鰹・・身が厚く軽くあぶってありますので香ばしさがプラスされいい味わい。

◆車海老・・大きさもあり甘いこと。

◆赤雲丹・・赤雲丹らしい旨みを感じる品。

◆穴子・・出す直前に炭火で炙られます。フワトロ。

◆玉子焼き・・フワフワ。
*****
追加で・・
◆鉄火巻き・・中トロと有明の最高級海苔を使用した、贅沢な品。もちろん美味しい。

◆鰆・・感想は上と同じ。

この内容でお任せが10000円というのは素晴らしいですね。
二人でビール(小)2杯・日本酒3合頂き、追加分も含め、合計28000円弱でした。
ご主人の柔らかい接客も感じがいいですし、遠くても今後通い続けたいお店です。

  • 菊鮨 - ◆秋刀魚・焼きナス・なめこ お醤油風味もよく最初に頂くにはいい品。

    ◆秋刀魚・焼きナス・なめこ お醤油風味もよく最初に頂くにはいい品。

  • 菊鮨 -
  • 菊鮨 - ◆北海道産・つぶ貝と秋田のジュンサイ。

    ◆北海道産・つぶ貝と秋田のジュンサイ。

  • 菊鮨 - *薄くスライスされているので食べやすいですね。 優しい味わいのお出汁とよく合います。

    *薄くスライスされているので食べやすいですね。 優しい味わいのお出汁とよく合います。

  • 菊鮨 - ◆のどぐろ・・脂がのり美味しい。

    ◆のどぐろ・・脂がのり美味しい。

  • 菊鮨 - ◆箸休めの胡瓜。

    ◆箸休めの胡瓜。

  • 菊鮨 - ◆山口の渡り蟹・・甘くていいお味、出汁で作られたジュレが美味しくて。

    ◆山口の渡り蟹・・甘くていいお味、出汁で作られたジュレが美味しくて。

  • 菊鮨 - ◆いくら・余市のムラサキウニ。 直送された雲丹もいい味わいですが、イクラのお味付がいいこと。

    ◆いくら・余市のムラサキウニ。 直送された雲丹もいい味わいですが、イクラのお味付がいいこと。

  • 菊鮨 - ◆鰆の蒸し鮨 身の厚い美味しい鰆の上に自然薯がかけらています。優しい味わいですね。

    ◆鰆の蒸し鮨 身の厚い美味しい鰆の上に自然薯がかけらています。優しい味わいですね。

  • 菊鮨 - ◆金目鯛(銚子)・・上品な脂がのり美味しい。

    ◆金目鯛(銚子)・・上品な脂がのり美味しい。

  • 菊鮨 - ◆ヤリ烏賊(鐘崎)・・特有のねっとり感と食感のいい品。

    ◆ヤリ烏賊(鐘崎)・・特有のねっとり感と食感のいい品。

  • 菊鮨 - ◆キス・・独自の〆方をされているそうですが、キスってこんなに美味しいのね、と思えた品。

    ◆キス・・独自の〆方をされているそうですが、キスってこんなに美味しいのね、と思えた品。

  • 菊鮨 - ◆づけ(大間)・・見るからにキレイな赤身です。もちろん美味しい。

    ◆づけ(大間)・・見るからにキレイな赤身です。もちろん美味しい。

  • 菊鮨 - ◆中トロ(大間)・・脂がのり口の中でトロケマス、美味。

    ◆中トロ(大間)・・脂がのり口の中でトロケマス、美味。

  • 菊鮨 - ◆コハダ(天草)・・3枚重ねで出されました。酢でしっかり〆た印象。

    ◆コハダ(天草)・・3枚重ねで出されました。酢でしっかり〆た印象。

  • 菊鮨 - ◆煮ハマグリ(九十九里浜)・・蛤の水分を残して握られているので、旨みをより感じます。

    ◆煮ハマグリ(九十九里浜)・・蛤の水分を残して握られているので、旨みをより感じます。

  • 菊鮨 - ◆鯖の押し鮨・・昆布で巻きしばらく時間を置いて出されました。。美味しいそうですよ。

    ◆鯖の押し鮨・・昆布で巻きしばらく時間を置いて出されました。。美味しいそうですよ。

  • 菊鮨 - ◆私には「鯖」の代わりに「鰆(波津)」・・九州の鰆は本当に美味しい。

    ◆私には「鯖」の代わりに「鰆(波津)」・・九州の鰆は本当に美味しい。

  • 菊鮨 - ◆赤だし・・お豆腐とワカメ入り。

    ◆赤だし・・お豆腐とワカメ入り。

  • 菊鮨 - ◆歯鰹・・身が厚く軽くあぶってありますので香ばしさがプラスされいい味わい。

    ◆歯鰹・・身が厚く軽くあぶってありますので香ばしさがプラスされいい味わい。

  • 菊鮨 - 大きさもあり甘いこと。

    大きさもあり甘いこと。

  • 菊鮨 - ◆赤雲丹・・赤雲丹らしい旨みを感じる品。

    ◆赤雲丹・・赤雲丹らしい旨みを感じる品。

  • 菊鮨 - ◆穴子・・出す直前に炭火で炙られます。フワトロ。

    ◆穴子・・出す直前に炭火で炙られます。フワトロ。

  • 菊鮨 - 玉子焼き

    玉子焼き

  • 菊鮨 - 追加で・・ ◆鉄火巻き・・中トロと有明の最高級の李を使用した、贅沢な品。もちろん美味しい。

    追加で・・ ◆鉄火巻き・・中トロと有明の最高級の李を使用した、贅沢な品。もちろん美味しい。

  • 菊鮨 - 追加:鰆。

    追加:鰆。

  • 菊鮨 - 外観

    外観

  • 菊鮨 - 内観

    内観

  • 菊鮨 - まずはビール。

    まずはビール。

  • 菊鮨 - 上:壱岐・横山五十。口当たりもよく美味しい。3種の中ではこれが好みでした。 左下:山形・正宗。辛口。 右下:久留米・にのや。夏らしい濁り酒。

    上:壱岐・横山五十。口当たりもよく美味しい。3種の中ではこれが好みでした。 左下:山形・正宗。辛口。 右下:久留米・にのや。夏らしい濁り酒。

1回目

2016/11訪問

  • lunch:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 3.8
    • | 雰囲気 3.8
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥5,000~¥5,999

お洒落空間で頂く美味しい寿司。

福岡郊外・春日市にある老舗お鮨屋さん。
駐車場はお店の前に3台分ですが、1台の幅が少し狭いような・・

現在のご主人がモナコに行かれる前から知人達よりこちらのことは聞いておりましたが、中々伺う機会がなく。
店内はお洒落で落ち着いた空間ですよ。
ご主人が笑顔で迎えてくださいます。

お昼は「お任せのみ(4500円:外税)」
◆上:主人には「鯖の押し寿司」・・「鯖」のお味を前面に出すのではなく、優しい味わいで美味しいとか。
◆下:「鯖」を頂けない私には「鰹」が出されます。
1週間熟成させた品で、仕上げに軽くスモークされていますので、香りもいいこと。

◆梅の茶碗蒸し・・優しい味わいの「梅」ですね。茶碗蒸しも丁寧に作られ美味しい。
◆ガリは「新生姜」。私は好みでしたが、主人は少し好みではなかったらしく珍しく残しておりました。

シャリはネタにより「赤酢」と「白酢」を使い分けられています。
握りの大きさは、やや小ぶり。
◆上:11kgのアラ。噛むほど旨みが出ますね。
◆下:細魚。昆布〆ではなく「昆布だし」で〆てあるそう。ほんのり昆布のお味がして美味しい。

◆上:鰤・・少し旬には早いそうですが、上品な脂を感じる品。
◆下:赤だし、優しい味わいです。

◆上:歯鰹ヅケ。よくいただく品ですけれど、ヅケにするとまた美味しいですね。
◆下:壱岐産・380kgの鮪。かなり大きな品ですよ。上品な脂を感じ美味しい。

◆上:天草のコハダ。軽い〆具合に感じましたが、十分美味しい。
◆下:タチ(鱈の白子)・・タチが美味しい季節になりました。これも昆布出汁で漬けこまれ、低温調理された品。

◆上:帆立。立派な品で、勿論美味しい。
◆下:カマス。これ美味しい。口に入れた瞬間トロケマスネ。

◆上:北海道・昆布森の「バフンウニ」。昆布森の雲丹は質のいい昆布を主食としていますので、
上質で旨み&甘みがあり好きな品です。海苔もいい品を使用されていますね。
◆下:鰆。軽くスモークされていますので、香りも食感もいい品。

◆上:穴子。フワッ&カリッ=美味しい。
◆下:玉。すり身の旨みを感じる品ですが、表面はもう少し軽い焼きでもいいような。
折角の「すり身」のお味が負けるように感じました。

追加で、、お会計から逆算すると、2貫で1400円程度。
◆カマス。
◆バフンウニ。

◆デザート。

追加を除けば、5000円弱でこの内容の品を頂けるのは嬉しいですね。
ネタケースを拝見しても、良い仕入れをされているのがわかりました。
終始笑顔で接客されるご主人も感じがいいですし、何より美味しく頂きました。
次回は夜に伺いたいですね。

  • 菊鮨 - ◆上:主人には「鯖の押し寿司」◆下:「鯖」を頂けない私には「鰹」が出されます。

    ◆上:主人には「鯖の押し寿司」◆下:「鯖」を頂けない私には「鰹」が出されます。

  • 菊鮨 - ◆梅の茶碗蒸し・・優しい味わいの「梅」ですね。茶碗蒸しも丁寧に作られ美味しい。
      ◆ガリは「新生姜」。私は好みでしたが、主人は少し好みではなかったらしく珍しく残しておりました。

    ◆梅の茶碗蒸し・・優しい味わいの「梅」ですね。茶碗蒸しも丁寧に作られ美味しい。 ◆ガリは「新生姜」。私は好みでしたが、主人は少し好みではなかったらしく珍しく残しておりました。

  • 菊鮨 - ◆上:11kgのアラ。噛むほど旨みが出ますね。
      ◆下:細魚。昆布〆ではなく「昆布だし」で〆であるそう。ほんのり昆布のお味がして美味しい。

    ◆上:11kgのアラ。噛むほど旨みが出ますね。 ◆下:細魚。昆布〆ではなく「昆布だし」で〆であるそう。ほんのり昆布のお味がして美味しい。

  • 菊鮨 - ◆上:鰤・・少し旬には早いそうですが、上品な脂を感じる品。
      ◆下:赤だし、優しい味わいです。

    ◆上:鰤・・少し旬には早いそうですが、上品な脂を感じる品。 ◆下:赤だし、優しい味わいです。

  • 菊鮨 - ◆上:歯鰹。よくいただく品ですけれど、ヅケにするとまた美味しいですね。
      ◆下:壱岐産・380kgの鮪。かなり大きな品ですよ。上品な脂を感じ美味しい。

    ◆上:歯鰹。よくいただく品ですけれど、ヅケにするとまた美味しいですね。 ◆下:壱岐産・380kgの鮪。かなり大きな品ですよ。上品な脂を感じ美味しい。

  • 菊鮨 - ◆上:天草のコハダ。軽い〆具合に感じましたが、十分美味しい。
      ◆下:タチ(鱈の白子)・・タチが美味しい季節になりました。これも昆布出汁で漬けこまれ、低温調理された品。

    ◆上:天草のコハダ。軽い〆具合に感じましたが、十分美味しい。 ◆下:タチ(鱈の白子)・・タチが美味しい季節になりました。これも昆布出汁で漬けこまれ、低温調理された品。

  • 菊鮨 - ◆上:帆立。立派な品です。勿論美味しい。
      ◆下:カマス。これ美味しい。口に入れた瞬間トロケマスネ。

    ◆上:帆立。立派な品です。勿論美味しい。 ◆下:カマス。これ美味しい。口に入れた瞬間トロケマスネ。

  • 菊鮨 - ◆上:北海道・昆布森の「バフンウニ」。◆下:鰆。軽くスモークされていますので、香りも食感もいい品。

    ◆上:北海道・昆布森の「バフンウニ」。◆下:鰆。軽くスモークされていますので、香りも食感もいい品。

  • 菊鮨 - ◆上:穴子。フッワッ&カリッ=美味しい。
      ◆下:玉。すり身の旨みを感じる品ですが、表面はもう少し軽い焼きでもいいような。
      折角のすり身のお味が負けるように感じました。

    ◆上:穴子。フッワッ&カリッ=美味しい。 ◆下:玉。すり身の旨みを感じる品ですが、表面はもう少し軽い焼きでもいいような。 折角のすり身のお味が負けるように感じました。

  • 菊鮨 - 追加で、、お会計から逆算すると、2貫で1400円程度。
      ◆カマス。
      ◆バフンウニ。
      ◆デザート。

    追加で、、お会計から逆算すると、2貫で1400円程度。 ◆カマス。 ◆バフンウニ。 ◆デザート。

  • 菊鮨 - 内観。

    内観。

  • 菊鮨 - 外観。

    外観。

口コミが参考になったらフォローしよう

misspepper

misspepper

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

misspepper(6453)さんの他のお店の口コミ

misspepperさんの口コミ一覧(2482件)を見る

店舗情報(詳細)

店舗基本情報

店名 菊鮨 (【旧店名】菊寿司)
受賞・選出歴
2018年Silver受賞店

The Tabelog Award 2018 Silver 受賞店

ジャンル 寿司
予約・
お問い合わせ

092-575-0718

予約可否

完全予約制

※事前の予約をお願いします。

住所

福岡県春日市春日公園3-51-3

交通手段

大野城駅から615m

営業時間

12:00~
18:00~
20:30~
※要予約

日曜営業

定休日

月曜日

予算
[夜]¥10,000~¥14,999 [昼]¥5,000~¥5,999
予算(口コミ集計)
[夜]¥10,000~¥14,999 [昼]¥6,000~¥7,999

予算分布を見る

支払い方法

カード可

(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)

席・設備

席数

20席

個室

貸切

禁煙・喫煙 完全禁煙
駐車場

空間・設備

落ち着いた空間、カウンター席あり、座敷あり

携帯電話

docomo、au、SoftBank

メニュー

コース

4000円~5000円のコース、8000円~10000円のコース、10000円以上のコース

ドリンク

日本酒あり、焼酎あり、ワインあり、日本酒にこだわる

料理

魚料理にこだわる

特徴・関連情報

利用シーン

知人・友人と

こんな時によく使われます。

ロケーション

隠れ家レストラン、一軒家レストラン

ホームページ

http://www.kikuzushi.org/index.html

備考

ストリートビュー http://hokkaido-sv.com/shop/kikuzushi

初投稿者

あやたろうあやたろう(3)

ブログに店舗情報を貼る

このレストランは食べログ店舗会員等に登録しているため、ユーザーの皆様は編集することができません。

店舗情報に誤りを発見された場合には、ご連絡をお願いいたします。お問い合わせフォーム

食べログ特集

ページの先頭へ