サービス精神溢れるミールス : 106 サウスインディアン 福岡天神店

この口コミは、Fisher.Lionさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

Fisher.Lion

Fisher.Lion(1256)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]50代前半・男性・大分県

2

  • 昼の点数:4.3

    • [ 料理・味4.3
    • | サービス4.0
    • | 雰囲気3.0
    • | CP3.3
    • | 酒・ドリンク3.0
  • 使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999
2回目

2017/05訪問

  • lunch:4.3

    • [ 料理・味 4.3
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 3.0
    • | CP 3.3
    • | 酒・ドリンク 3.0
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

サービス精神溢れるミールス

2017.05 昼

・休日ミールス 1480円

 1年ぶりの106サウスインディアン。
 ラシジャさんはお元気だった。
 スワミさんは見かけなかった。
 玉井さんがちょっとだけ福岡に来てたんだって。
 久しぶりに玉井さんのカレーを食べたかったな。

 休日だったので、休日ランチミールスに。
 休日ランチミールスが前からこうなのかは分からないけど、
 スワミさんの平日ランチミールスの方が好き。
 もう食べられないのかもしれないけど。
 最小構成で、俺の味はこうだぜって主張があったんだ。
 揺ぎ無い自信に溢れたスパイス使いって言うかね。
 今回の休日ランチミールスは、誰でも食べやすさがあって、
 もちろん美味しい。すごく丁寧。
 かわりに個性が薄まった感じ。


・休日ミールス (4.3)
 ライス、チャパティ、パパド半分、ラッサム、サンバル、クートゥ、
 カード、チャトニ、ポリヤル4種、それに飲み物。
 飲み物はラシジャさんにお願いして、
 メニュー外のソルティーラッシーに。
 ありがとうラシジャさん。
 種類たくさん、それぞれ単独でもけっこう美味しい。
 サービス精神に溢れてる。
 でもね、これだけのポリヤルをどう食べる?
 ラッサムとサンバルが足りなくなってしまう。
 単品で美味しいから、特にラッサムなどグビグビ飲んでしまうし。
 スワミさんのは単品で飲んでも尖り過ぎてて、なんじゃこりゃって。
 混ぜたら、激変で、ニンジンのクセのある甘さが立ちまくり。
 こういう事かって、混ぜた後の味で作られているんだって。
 そんなマニアックさが無いかわりに、どれをどう食べても、イケる。
 優しい味になってる。
 ポリヤルはそれぞれの野菜毎に、少しずつスパイス使いが違って。
 もちろんスターターにはマスタードシードのらしさがあって。
 でも、混ぜた後の味が似てたりして。
 パチャディとか、カーランとか、トーレンとか、オーランとか、イステューとか、アヴィアルとか、エリセリとか、
 欲しくなったりして。ははは。
 ラッサムとサンバルのおかわりが欲しいって言ったら別料金だった。
 え? 意地でおかわりせずに食っちゃった。
 ミールスって本当は、何でも全部おかわり無料なんです。
 前はおかわり不用のバランスだったから、おかわりしなかったけど。
 ソルティーラッシーは、うん、ソルティーなラッシーでした。


 前のが強烈な個性がある美味しさだったから、今回は僕には物足りなく感じた。
 いえ、これでもじゅうぶん美味しいんですよ。
 奥さんは美味しい美味しいって食べてたし。
 少なくとも東京の人気店のようなヤッツケ感は無いし。
 まわりのお客さんは、みなさん普通のカレー&ナンで、
 グツグツ煮えてるデリー風タンドリーチキンも。
 だんだんそうなっちゃうのかなぁ。
 味の博多化が進んだようで、ちと寂し。

  • 106 サウスインディアン - ・休日ミールス 1480円

    ・休日ミールス 1480円

  • 106 サウスインディアン - ・ラッサム

    ・ラッサム

  • 106 サウスインディアン - ・サンバル

    ・サンバル

  • 106 サウスインディアン - ・クートゥ

    ・クートゥ

  • 106 サウスインディアン - ・カード

    ・カード

  • 106 サウスインディアン - ・ポリヤル(オクラ)

    ・ポリヤル(オクラ)

  • 106 サウスインディアン - ・ポリヤル(カボチャ)

    ・ポリヤル(カボチャ)

  • 106 サウスインディアン - ・ポリヤル(エダマメ)

    ・ポリヤル(エダマメ)

  • 106 サウスインディアン - ・ポリヤル(キャベツ)

    ・ポリヤル(キャベツ)

  • 106 サウスインディアン - ・チャパティ、米、パパド

    ・チャパティ、米、パパド

  • 106 サウスインディアン - ・チャトニ

    ・チャトニ

  • 106 サウスインディアン - ・僕のソルティーラッシーと奥さんのマンゴーラッシー

    ・僕のソルティーラッシーと奥さんのマンゴーラッシー

1回目

2016/05訪問

  • lunch:4.5

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 3.0
    • | CP 3.3
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

ついに天神に真打ち登場、ピリっとタミルでガチなベジミールスだ!(コアな南インド好きのみ推奨)

2016.05 昼

・平日ランチミールス 1200円

 さよならスワミさん、あなたの味を忘れない。
 経験上、初めて食べた時のミールスの美味しさは1番でした。
 作ってくれたのはレジェンドなタミル人コック、スワミさん。
 最初は、スワミさんの事は知らなかったけど、美味しさにぶったまげ、
 カレー友に話をしたら、デリーの田中社長も絶賛だった伝説の方。
 (ラシジャさんもスワミさんもデリーの元社員)
 食べログでレジェンドとかなんとか書かれてても鼻でフンっと笑うだけ。
 でもスワミさんは本物だ。タミルらしい尖りと骨太な揺ぎ無さを感じた。

 そのスワミさんが5月17日に福岡から帰るとラシジャさんが言ってた。
 どこに帰るのかは知らないよ。帰る前に食べられてラッキーだった。
 奥さんも一緒で、あまりの美味しさに今まで食べなかったことを後悔していた。


・平日ランチミールス (4.7)
 もちろんベジだけ。
 休日ミールスと構成はほぼ一緒で1200円。これなら安い。
 下世話な話は置いといて、
 幾分か丸くなった感じはあるけど、前に食べた時に比べ、
 ニンジンのポリヤルの処理が細かく甘味が良く出ていたり、
 ラッサムやサンバルが煮込まれてフレッシュネスが薄くなる代わりに
 まろみが出ていたり、だと思う。
 前回と変わらない、タミルらしいペッパー使いとカード使いは健在だ。
 ケララに比べると、ペッパーがものすんごく多くて、カードも多い。
 尖るところと丸くなるところがはっきりしたエッジーな味。酸味がキンキン。
 酸味定番のマスタードシード、カレーリーフ、カード、タマリンド、だけではない。
 ショウガももちろんね。ペッパーが香りや辛さだけでなく、酸味にも影響していて。
 タイ料理でまれに出てくる、プリックタイ(生胡椒)を使っているのか?
 っと言う風味がある。そうなると、どうなるか。
 ボディーが違うんだよ。どっしりとしたコクを感じさせる。
 もちろんエグみなどあろうハズが無く、スッキリ爽やかでもあり。
 少数構成で、1品ずつがドーンとあって。
 品数が多かったり、彩り鮮やかだったり、そげなんと違う地味ミールス。
 ミールスって本来、庶民の日常食で、これで良いって質実剛健な迫力もある。
 ミールスやネパールのダルバートって本来はそういう日常食でしょ。
 大森のケララの風や巣鴨のプルジャさんとこと同じ雰囲気を感じるんですよ。
 ご馳走ではなく、何度も食べたい、毎日でも食べたい味。
 このタミル味ミールスは他では経験できない。


 すごいもん食っちゃった感がある。
 たわけの色ものな町、福岡市天神でいぶし銀の異彩を放つカレー。
 食べログではご馳走的なものばかり高評価になってるけど、
 こういう本質的に良い普段飯こそ高評価になって欲しい。
 ラシジャさん、お願いだ、この味はスワミさんがいなくなってもキープしてください。
 僕の中ではレジェンドなインド人コックさんはスワミさんとラマナイヤさん。。だけ。

-------------------------------------------------------------

2015.10 昼

・ミールス 1598円 (税込)

 北九州市若松のラシジャさんのお店の支店。
 ミシュランに掲載されて繁盛しているのだろう、天神に支店進出だ。
 ラシジャさんも天神のお店にいらっしゃった。
 ラシジャさんはデリーの六本木店に勤めていた方で、カレー女将の玉井さんとも同門で仲良し。
 久しぶりで、いろいろ話したけど省略。
 真のデリー系で、デリー本店より美味しいデリーのカレーを提供してくれる。
 でもね、福岡はデリーインスパイアなカレーだらけでしょ。
 北九州の人気店ガネーシャも、もともとはラシジャさんの味だし。
 デリーインスパイアなカレー屋さん、そこどけそこどけ、真打ちが来たぞって。
 僕はデリーの日本人考案インドカレー、カシミールなどには興味は無いんだけどね。

 雰囲気はシャレた感じで、けっこうな大箱。夜はカウンターならバー的にもなる。
 店先の看板に小さくミールスあります。店名通り南インドですよ。
 ミールスをつい一週間前から始めたらしい。これが、値段は高いけど、タミルらしく最高だ。

 タミル・ナードゥはインド最南端の州で、辛くスパイシーな事で有名。
 ミールスは南インドの定食。辛くて酸っぱいネコマンマ。
 多くの人がカレーはルー(グレービー)に美味しさを求めていると思う。
 インドのカレーはそうじゃなく、いかに具を美味しく食べられるか。
 ミールスはその具のバラバラ集合体を好みで混ぜて美味しく食べるサラサラした米料理。
 食べる側にも知識と技量が必要なんですね。
 ねっとりしたカレーっぽさは無いんです。
 それに、ここのは尖り過ぎてて初心者にはすすめられません。


・ミールス (4.6)
 ラシジャさんの味ではなく、3人いるコックさんのうちの1人、タミル出身の方の故郷の味だそうな。
 彫りの深いタミル人の特徴的なお顔、精悍です。
 飲み物は選べるが、提供方式は上級者向けで、個別の料理説明や食べ方説明など無い。
 これが、タミルの味のミールスなんだと思う。
 尖りまくって、辛さが強く、しょっぱさ強め、もちろん野菜だけ。
 僕がタミルらしさを感じる部分は、渋み苦みの大人味部分。
 チャトニであったり、ヒング使いであったり。分かってる人しか食べなくて良いよって感じ。

 なれていない人、知らない人が食べても美味しいとは思えない確率70%だ。
 味の鎖国の福岡なら90%以上かも。中間市のKALAを上回る敷居の高い味。
 何がそう思わせるか、容赦無い辛さ、食べ方の分からない提供方法、普通の日本人とは違う味覚感覚。
 例えば、カード。ヨーグルトを、ご飯にドバっとかけるんですね。
 それが味のベース。お店の接客係りの方さえ分かっておらず、砂糖を持ってきてくれた。
 即時にいらないっと答えたけど。砂糖などまぜずに、プレーンヨーグルトをそのままご飯にかけるんですよ。
 砂糖は九州は甘味が強いと言い切る博多らしい対応だ。西九州はそんなに甘くは無いからね。
 しかも、カードがタップリある。かなり嬉しい。コックさんは分かってるなーって感じ。
 これに砂糖が必要なのが福岡市民、おこちゃま味覚だよ。

 ミールスはインドでは、おかわり無料なんです。
 ここはどうだか聞いて無いけど、おかわり出来ないかもしれない。
 好みで混ぜて食べるので、足りないものが出てきたりするからね。
 それが、きっちり全部使い切って調度良い味に持って行ける。
 さすが、タミル人だっと思わせる分量。
 それぞれの味はエッジが立って、バラバラ向きの味。
 カボチャの甘さ、カードの酸っぱさ、アヴィヤルのきゅんとくるホッコリ感、
 サンバルの尖り気味ほっこり感、ギンギンなラッサム。
 スパイスがガツンと効いてると言うより、最小限のスパイスで具材の風味を立たせた味。
 具材の味のバラバラ加減が強まっていて、混ぜるのが楽しい。
 辛さはかなりある。
 見た目は冴えない雰囲気があるけど、分かってる人、コアなミールス好きな人には満足感あり。
 最初は紙オシボリをくれただけだったが、カードをドバっとご飯にかけた瞬間にラシジャさんは布のオシボリをスッと。
 さすがだ。手食はしないけど。


<ミールスの構成>

◎サンバル
 尖り気味。単品で食べても美味しい。味噌汁的な。メインのスープ担当。
 ラッサムが激しく尖り、サンバルも尖り気味なバランスで美味しいのは初めて。
 普通はラッサムが単品でも美味しく、サンバルはそうでも無いんだけどね。
 ここのは逆だね。ラッサムが単品で美味しいわけではない。
 甘いトーレン、酸っぱいカード、ホッコリのアヴィヤルと、バラバラ向きの味を混ぜたらすごくバランスが良い。

◎野菜いろいろアヴィヤル(たぶん)
 超ホッコリ味の野菜のヨーグルト炒め。ココナツも入っているかも。
 サラサラではなく、トロみあり。主菜1。

◎カボチャのトーレン
 カボチャの蒸し和え。
 ドライなので、汁気を混ぜて、ご飯と混ぜて。甘味担当の主菜2。

◎ラッサム
 キンキンに尖ってます。スカっとして、ペッパーたっぷり、魔法の白い粉(ヒング)たっぷり。
 ヒングが強過ぎて単品で飲んでもそれほど美味しく無いが、混ぜたら、全体を引き締める。
 このラッサムとサンバルの組み合わせは初めてのパターンだった。
 主菜3。(普段なら、これがメインのスープ)

○カード
 普通のヨーグルト。酸味担当。

○パパド
 普通の豆センベイ。ふりかけ担当。

○プーリ
 揚げパン。味見用おまけ。
 南インドは何故か最初に油っぽいものをすすめる。

○バスマティライス
 普通のバスマティ。日本米入り。もちろん主食。

○チャトニ2種
 1つは青唐辛子のチャトニ。激しく渋辛い。
 もう1つはマンゴーチャトニだと思う。
 柔らかめの渋辛さ。途中からの味変担当。


 最初にプーリをアヴィヤルやサンバルやラッサムで食べてしまう。
 その時の味見で、混ぜる構成を考えておこう。
 ラッサムとサンバルだけ、カトリに入れたままで、他のは食べやすさ、混ぜやすさを考えてカトリからターリーに出す。
 バスマティはほぐして、上からカードを全部ドバっと。(本来は最後の方だけど、僕はカード好きなので)
 パパドを齧りながら手で砕いてご飯にふりかける。
 アヴィヤルやトーレンをご飯に混ぜながら、ラッサムやサンバルをかけて味を調整しながらいただく。
 最初は淡い味からスタートし、徐々にチャトニを混ぜつつ、辛い味に持っていく。
 そうすると、最後まで飽き難いもんね。
 今はこんなにも尖っているけど、段々とヌルくなって行くかも。
 願わくばこのままでいて欲しい。だって福岡だもんなぁ。
 カシミールを食べながら、さすがは本場インドの味とか言っちゃって、美味しい美味しいと食べてた福岡市民。
 唐辛子で辛いのはスパイシーでは無いのだよ。
 それに、カシミールは東京の田中さん考案の日本のカレーだ。


 ミールスやビリヤニを食べにまた来たい。
 天神周辺で、また来たいカレー屋さんは、今のところこことザエカだけ。
 ラシジャさんは日本の野菜の旬など、インド人らしからず、しっかり押さえてます。
 (きっと)季節のカレーも美味しいに違い無い。
 福岡は味の鎖国でつまんねーやって人にはここのミールスは超オヌヌメ。
 知らない人には決しておすすめしません。


<付録>福岡県のミールスまとめ 2015秋版

ミールスを知らずに食べても美味しいと思える予想確率(初心者向け度)
1. 100% 朝倉市 月と亀
2.  70% 福岡市 ゼリージュ(予想 同率で)福岡市 ポラポラ
3.  50% 福岡市 マノマ
4.  30% 中間市 KALA
5.  10% 福岡市 106

僕が勝手に美味しいと思うトップ3
1. 5.5 中間市 KALA 個人的日本1、ケララベースのぶっ飛び味
2. 4.6 福岡市 106  妥協無きタミル、上級者だけ向け
3. 4.5 朝倉市 月と亀  日本味ミールス、初心者にも上級者にも

  • 106 サウスインディアン - (new)2016.05・平日ランチミールス 1200円

    (new)2016.05・平日ランチミールス 1200円

  • 106 サウスインディアン - (new)2016.05・平日ランチミールス ポリヤル

    (new)2016.05・平日ランチミールス ポリヤル

  • 106 サウスインディアン - (new)2016.05・平日ランチミールス クートゥかな、ヨーグルト煮、おふくろ式な具だくさんが嬉しい

    (new)2016.05・平日ランチミールス クートゥかな、ヨーグルト煮、おふくろ式な具だくさんが嬉しい

  • 106 サウスインディアン - (new)2016.05・平日ランチミールス ラッサム、前回より煮込み感が見た目にあるでしょ

    (new)2016.05・平日ランチミールス ラッサム、前回より煮込み感が見た目にあるでしょ

  • 106 サウスインディアン - (new)2016.05・平日ランチミールス サンバル、前回より煮込み感が見た目にあるでしょ

    (new)2016.05・平日ランチミールス サンバル、前回より煮込み感が見た目にあるでしょ

  • 106 サウスインディアン - (new)2016.05・平日ランチミールス カード

    (new)2016.05・平日ランチミールス カード

  • 106 サウスインディアン - (new)2016.05・平日ランチミールス パパド、プーリ、チャトニ、ライス

    (new)2016.05・平日ランチミールス パパド、プーリ、チャトニ、ライス

  • 106 サウスインディアン - 2015.10・ミールス 1598円 (税込)

    2015.10・ミールス 1598円 (税込)

  • 106 サウスインディアン - 2015.10・ミールス ラッサム

    2015.10・ミールス ラッサム

  • 106 サウスインディアン - 2015.10・ミールス サンバル

    2015.10・ミールス サンバル

  • 106 サウスインディアン - 2015.10・ミールス 野菜いろいろアヴィヤル(たぶん)

    2015.10・ミールス 野菜いろいろアヴィヤル(たぶん)

  • 106 サウスインディアン - 2015.10・ミールス カボチャのトーレン

    2015.10・ミールス カボチャのトーレン

  • 106 サウスインディアン - 2015.10・ミールス カード

    2015.10・ミールス カード

  • 106 サウスインディアン - 2015.10・ミールス チャトニ2種

    2015.10・ミールス チャトニ2種

  • 106 サウスインディアン - 2015.10・ミールス プーリ、バスマティ、パパド

    2015.10・ミールス プーリ、バスマティ、パパド

  • 106 サウスインディアン - 2015.10・ミールス  さて混ぜましょう

    2015.10・ミールス  さて混ぜましょう

  • 106 サウスインディアン - 2015.10・アイスチャイ

    2015.10・アイスチャイ

  • 106 サウスインディアン - 2015.10・近くで見つけた、屋台収納場所

    2015.10・近くで見つけた、屋台収納場所

口コミが参考になったらフォローしよう

Fisher.Lion

Fisher.Lion

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

Fisher.Lion(1256)さんの他のお店の口コミ

Fisher.Lionさんの口コミ一覧(2001件)を見る

店舗情報(詳細)

店舗基本情報

店名 106 サウスインディアン 福岡天神店
ジャンル インドカレー、インド料理
予約・
お問い合わせ

050-5590-4994

予約可否

予約可

住所

福岡県福岡市中央区今泉1-17-14 IMAIZUMI二十四節季ビル 1F

交通手段

☆地下鉄天神南駅~徒歩2分
☆福岡駅~徒歩5分
☆【今泉のTSUTAYA裏スグ!】

西鉄福岡駅(天神)から295m

営業時間

11:30~15:00(L.O.14:30)
17:00~23:00(L.O.22:30)

土、11:30~23:00(22:30)
日、11:30~22:00(21:30)

定休日

不定休

予算
[夜]¥2,000~¥2,999 [昼]¥1,000~¥1,999
予算(口コミ集計)
[夜]¥2,000~¥2,999 [昼]¥1,000~¥1,999

予算分布を見る

支払い方法

カード可

サービス料・
チャージ

無し

席・設備

席数

35席

(カウンター7席、2人掛け8席、4人掛け3席)

個室

貸切

(20人~50人可)

禁煙・喫煙 分煙

ランチは全面禁煙になります。

駐車場

近隣にコインパーキングあり

空間・設備

オシャレな空間、落ち着いた空間、席が広い、カウンター席あり

携帯電話

docomo、au、SoftBank

メニュー

飲み放題コース

飲み放題、3000円以下の飲み放題コース、4000円~5000円の飲み放題コース

コース

3000円以下のコース

ドリンク

焼酎あり、ワインあり、カクテルあり

料理

野菜料理にこだわる

特徴・関連情報

利用シーン

一人で入りやすい

こんな時によく使われます。

ロケーション

隠れ家レストラン、一軒家レストラン

サービス

テイクアウト

お子様連れ

お子様用の椅子をご用意しております。

オープン日

2015年10月6日

電話番号

092-791-1065

初投稿者

fautrierfautrier(563)

お得なクーポン

全部で2枚のクーポンを全て見る

  • ※ クーポンごとに条件が異なりますので、必ず利用条件・提示条件をご確認ください。

ブログに店舗情報を貼る

このレストランは食べログ店舗会員等に登録しているため、ユーザーの皆様は編集することができません。

店舗情報に誤りを発見された場合には、ご連絡をお願いいたします。お問い合わせフォーム

食べログ特集

ネット予約

ページの先頭へ