クリーミーな絶品博多豚骨 : 博多一双 博多駅東本店

レストランランキングTOP5000

博多駅/博多ラーメン/豚骨ラーメン

博多一双 博多駅東本店

公式情報

お店の営業情報は店舗関係者によって公開されています。

  • 料理・味 3.61
  • サービス 3.58
  • 雰囲気 3.58
  • CP 3.59
  • 酒・ドリンク 3.22
  • 行った 5993人
  • 行きたい 18049人

評価分布

この口コミは、ラスカル½さんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

ラスカル½

ラスカル½(429)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]20代後半・男性・埼玉県

1

  • 昼の点数:4.6

    • [ 料理・味4.6
    • | サービス4.0
    • | 雰囲気4.0
    • | CP4.5
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ~¥999
1回目

2017/01訪問

  • lunch:4.6

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999

クリーミーな絶品博多豚骨

平日の昼1時頃、評判の高い若手ラーメン店である一双へ。

博多駅東の交差点を曲がり一双のある通りへ向かう途中から早くも豚骨の良い匂いがしてくる。
間違いなくこの匂いの元こそ一双だ。

店内はこじんまりとしているものの、お客で溢れ活気に満ちている。
購入したラーメンの食券を手渡し、バリカタを申告して満員のカウンター席に着席する。

カウンター越しにみえる厨房の店員達は忙しいながらも冷静に丁寧な仕事をしている印象で期待が持てる。
待つこと6、7分でお待ちかねのラーメンが登場。
客入りの割には出来上がりは早かったです。

見るからにクリーミーに泡立つ博多豚骨を早速いただきます。
やはり、スープは見た目と同じく納得の濃厚クリーミーだが、後味は嫌なギトギト感が全く残らない。
一口すすった瞬間で分かる、流石の本場博多味。
バリカタで仕上がったやや芯の残る極細麺もちょうど良くスープに絡んで次々と流し込める。

バリカタ→カタ→カタ→普通の順で次々と替え玉を流し込みつつ、にんにくと紅生姜、辛子高菜を少しずつ好みで使用していく。

あっという間に満足いくまで胃に麺を流し込み、幸せなひとときが幕を下ろした。
客層をみると地元の方々が結構多く、中には日中からビールを片手にラーメンを楽しむ方も。
地元の方からも支持される博多豚骨なのだから、間違いない名店なのだと思いました。
博多一幸舎で修行された方が開業された店だと聞きましたが、遥かに一幸舎を凌ぐコクのあるクリーミーなスープでした。

また博多に立ち寄ったときには必ず伺いたいです、ご馳走様でした!

  • 博多一双 -

口コミが参考になったらフォローしよう

ラスカル½

ラスカル½

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

ラスカル½(429)さんの他のお店の口コミ

ラスカル½さんの口コミ一覧(154件)を見る

店舗情報(詳細)

店舗基本情報

店名 博多一双 博多駅東本店
ジャンル ラーメン、餃子
お問い合わせ

092-472-7739

予約可否

予約不可

住所

福岡県福岡市博多区博多駅東3-1-6

交通手段

博多駅から徒歩6分

博多駅から577m

営業時間

11:00~24:00

定休日

不定休

予算
[夜] ~¥999 [昼] ~¥999
予算(口コミ集計)
[夜] ~¥999 [昼] ~¥999

予算分布を見る

支払い方法

カード不可

電子マネー不可

席・設備

席数

21席

個室

貸切

不可

禁煙・喫煙 分煙

~15時禁煙/15時~喫煙OK

駐車場

近隣にコインパーキング有り

空間・設備

落ち着いた空間、カウンター席あり

携帯電話

docomo、au、SoftBank、Y!mobile

特徴・関連情報

利用シーン

家族・子供と 一人で入りやすい 知人・友人と

こんな時によく使われます。

お子様連れ

子供可

オープン日

2012年11月27日

初投稿者

ロートタムロートタム(408)

ブログに店舗情報を貼る

このレストランは食べログ店舗会員等に登録しているため、ユーザーの皆様は編集することができません。

店舗情報に誤りを発見された場合には、ご連絡をお願いいたします。お問い合わせフォーム

食べログ特集

ページの先頭へ