煮干し出汁の王道を行く、まとまりの良さ。 : 中華そば まるき

この口コミは、高くて旨いは当たり前さんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

高くて旨いは当たり前

高くて旨いは当たり前(4469)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]50代後半・男性・千葉県

1

  • 夜の点数:4.0

    • [ 料理・味4.0
    • | サービス3.5
    • | 雰囲気3.7
    • | CP3.7
    • | 酒・ドリンク-
  • 昼の点数:4.0

    • [ 料理・味4.0
    • | サービス3.5
    • | 雰囲気3.7
    • | CP3.7
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ~¥999~¥999
1回目

2016/10訪問

  • dinner:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.7
    • | CP 3.7
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999
  • lunch:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.7
    • | CP 3.7
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999

煮干し出汁の王道を行く、まとまりの良さ。

(2016/12 再々稿) ※2016/10訪問分

濃厚な煮干し出汁の煉瓦色のスープに、硬めに茹であげた草村麺。
永福町大勝軒の流れを汲みつつ、かなり独自の進化、良化を遂げた「まるき」さん。
有名人気店がしのぎを削る松戸にありながら、不動の人気を誇っています。

啜るたびに旨さが鼻腔を抜けて行く、ベストバランスの煮干しスープ。
表面を脂が覆い、熱さを閉じ込め、スープに一層のコクを与えてくれます。
硬めに茹でた麺は、啜るたびに少々の粉っぽさとともに小麦の旨さをストレートに訴求してきます。

今回は、炒飯の大盛り(600円)を頼んでシェアします。
ご主人の鍋振りをあらためて拝見していると、ものすごいスピードとリズム。
煽られるたびに宙を舞い、回され、むらなく均一に油がまわって行きます。

一粒一粒に熱さがしっかり回っていて、最高に旨い。
勿論、それだけではなくて、このラーメンにはこの炒飯しかないだろうと思わせる、相性の良さ。
今回も、いつもの定番注文に大満足でした。


(2014/05 再稿)

休日の午後、煮干しのラーメンが無性に食べたくなって、松戸の「まるき」さんへ。
もうすぐ中休みというタイミングだけあって、さすがに店内は我々で貸し切りです。

今回は同行者がいるので、炒飯を頼んでみます。
中華鍋をカンカンに熱して卵を回し、鮮やかな手つきで煽って作る、実にオーソドックスなチャーハン。
玉杓子一杯におさまる量があって、これで400円(小)とは良心的です。
水分を飛ばしきった飯粒一粒一粒に油がきれいに回りつつもしつこくなく、味付けも濃過ぎず。
噂どおり、これは旨いチャーハンですね。

「中華そば」(大900円)は、同行者とシェア。
麺はふた玉なのか、スープの上から少し顔を出すほど。
頂上には、分厚く切った柔らかチャーシュー、メンマ、小松菜・・・

お馴染みの草村麵を啜ると、硬めオーダーの甲斐あって適度な粉っぽさが残り、実に旨い。
永福町発祥、大勝育ちの煮干しスープですが、此処で開花したかのごとき、完成度の高さ。
濃厚煮干しのなかにもガラ系のコクがたっぷり溶け出していて、煮干し特有のエグミを上手に押さえています。
寸胴を覗くと、独特な煉瓦色をした褐色の出汁。
これにカエシを合わせてもなお、丼のスープは薄い乳白の濁りや微かなとろみを纏います。

ああ旨かった・・・
シェアして丁度良いということは、この大盛り、やはりかなりのボリュームなわけで。
丼にスープがなみなみと注がれた大勝軒の大盛りをぺろりと平らげていた頃が懐かしい。
もちろん若い頃のようにはいかないけれど、これからも上手にラーメンと付き合っていきたいものです。


(2012/11 初稿)

松戸駅東口を降りて、何軒もの超人気店の誘惑を振り払いながら目指すのが、煮干し出汁の旨い名店「まるき」さん。
お店の前まで来ると、店に入る前から煮干しの良い香りが漂ってきます。
それが、ドアを開けた途端、さらにフワーッと。
夜遅いとさすがに行列はありませんが、調理場を囲むアットホームなカウンターは、常連たちの熱気に満ちています。

券売機で「中華そば」(中盛り750円)のチケットを買い求め、席に着きます。
出汁の満ちた寸胴には、籠が沈まないほどに詰め込まれた大量の煮干しが。
柄杓で丼へと注がれる出汁の色は、何とも堪らない琥珀色をしています。

カウンター上の大きなボウルには、目の細かな出汁袋にこれから詰めようとする、大量の小鯖。
決してパフォーマンスではない、日常の仕込み風景なのでしょうね。
聞けば、ひと口に煮干しと言っても小鯖のほかにもウルメなど、実に7種類。
さらに5種類の野菜で甘みを出して、豚の拳骨を使うのだと。

待望の一杯、ステンレスの角盆で提供されます。
このステン盆、永福町大勝軒が想起される、実に懐かしい代物。
主人は柏の「大勝」さんで修業されたとのことですから、いわば源流の永福町から脈々と受け継がれているスタイルなのでしょうね。
永福町の場合、この盆に溢れだすほどになみなみ注がれたスープの量が凄いわけで、ここでは極めて常識的な盛り加減ですが・・・・

スープの表面は厚く脂で覆われ、小葱が浮きます。
啜ってみると熱々で、煮干しがストレートに効いてくる、とても芳醇な香り。
サラッとした口当たりですが、さまざまな旨みがギュッと濃縮されています。
大量の脂は鶏油でしょうか、甘みがあって、煮干しのえぐみや苦みを心地よく昇華させる感じです。
それなりに塩辛く、この塩分が旨さの芯を作り、煮干がメインの旨みながら、拳骨などの動物系出汁が上手く引き立てている。
いまどき古風なのかもしれませんが、王道を行く、しっかり旨いスープですね。

シンプルな具は、とても厚く切られた肩ロースのチャーシュー、青菜、メンマ。
麺は、おなじみ草村商店の少し縮れた中太の麺。
最近また旨くなった気がするのですが、ホクホクとしていて、微かに甘みも感じます。
硬茹でのお願いは、脂の量、苦手な具材などの好みとともに、快く聞いてくれます。

中盛りだと1.5玉の麺量ですが、もともとがしっかりした分量なので、夜遅くの食事となると、普通盛で脂控えめくらいでちょうど良いかもしれませんね。
結構食べた気がした腹具合も、結局凭れることはありませんでした。

松戸駅の東口には、ラーメン激戦区の名の通り、超人気店がいくつも存在します。
それらのなかでは、いちばん駅から離れた場所にあるのが、この「まるき」さん。
夜も23:00までと、人気店にしてはかなり遅くまで営業しているので、仕事の都合でどうしても晩飯にありつけなかったときなど、実に重宝するお店です。
それになにより、他店とは一線を画す個性的な旨さ。
しっかり常連客を獲得しているからこそ、場所のハンデなどものともしないのでしょうね。

  • 中華そば まるき - 中華そば(中・800円)

    中華そば(中・800円)

  • 中華そば まるき - 脂身の少ないチャーシューでした。

    脂身の少ないチャーシューでした。

  • 中華そば まるき - 硬め茹での草村麺。

    硬め茹での草村麺。

  • 中華そば まるき - 炒飯(大・600円)

    炒飯(大・600円)

  • 中華そば まるき - 一粒一粒にしっかり熱さと油がまわっています。

    一粒一粒にしっかり熱さと油がまわっています。

  • 中華そば まるき - 中華そば(小・700円)

    中華そば(小・700円)

  • 中華そば まるき - 中華そば(大900円)

    中華そば(大900円)

  • 中華そば まるき - 厚みがあって柔らかいチャーシュー。

    厚みがあって柔らかいチャーシュー。

  • 中華そば まるき - まるきと言えば、濃厚な煮干し出汁。

    まるきと言えば、濃厚な煮干し出汁。

  • 中華そば まるき - ご存知!草村麺。

    ご存知!草村麺。

  • 中華そば まるき - 炒飯にはラーメンの出汁をベースにした、濁ったスープが付きます。

    炒飯にはラーメンの出汁をベースにした、濁ったスープが付きます。

  • 中華そば まるき - 炒飯(小400円)

    炒飯(小400円)

  • 中華そば まるき - 玉子やチャーシューがたっぷりの、オーソドックスなチャーハンです。

    玉子やチャーシューがたっぷりの、オーソドックスなチャーハンです。

  • 中華そば まるき - 狭い区画ですが、上手に使っています。

    狭い区画ですが、上手に使っています。

  • 中華そば まるき - 休日の午後。

    休日の午後。

  • 中華そば まるき - 中華そば(中・750円※2014/04以降800円)

    中華そば(中・750円※2014/04以降800円)

  • 中華そば まるき - 大勝軒永福町を磨き上げた垂涎のスープ!

    大勝軒永福町を磨き上げた垂涎のスープ!

  • 中華そば まるき - 23:00まで営業とはありがたい。

    23:00まで営業とはありがたい。

  • 中華そば まるき - 草村商店の麺

    草村商店の麺

  • 中華そば まるき - これが噂の七種の煮干し!

    これが噂の七種の煮干し!

  • 中華そば まるき -
  • 中華そば まるき - 松戸駅から北へ、市役所を過ぎてさらに進むと右側です。

    松戸駅から北へ、市役所を過ぎてさらに進むと右側です。

口コミが参考になったらフォローしよう

高くて旨いは当たり前

高くて旨いは当たり前

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

高くて旨いは当たり前(4469)さんの他のお店の口コミ

高くて旨いは当たり前さんの口コミ一覧(2470件)を見る

この店舗の関係者の方へ

ユーザーから投稿された口コミに対して、お店側からお礼や情報追加などの返信を行ってみませんか?

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名 中華そば まるき
ジャンル ラーメン、つけ麺
お問い合わせ

047-331-0787

予約可否

予約不可

住所

千葉県松戸市小根本51-2 1F

交通手段

JR常磐線「松戸」駅(東口)から徒歩8分
松戸市役所のすぐ近くです

松戸駅から463m

営業時間・
定休日

営業時間

11:00~15:00
18:00~21:00

日曜営業

定休日

水曜

営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。

予算
[夜]~¥999 [昼]~¥999
予算(口コミ集計)
[夜]~¥999 [昼]¥1,000~¥1,999

予算分布を見る

支払い方法

カード不可

電子マネー不可

席・設備

席数

9席

(カウンター席のみ)

個室

貸切

不可

禁煙・喫煙 完全禁煙
駐車場

近くにリパークのコインパークがあり:約10台(他にも何か所もあります)

空間・設備

落ち着いた空間、カウンター席あり

携帯電話

docomo、au、SoftBank、Y!mobile

特徴・関連情報

利用シーン

家族・子供と 一人で入りやすい 知人・友人と

こんな時によく使われます。

サービス

テイクアウト

お子様連れ

子供可(小学生可)

オープン日

2001年10月2日

初投稿者

密林男密林男(1)

最近の編集者

編集履歴を詳しく見る

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

「中華そば まるき」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗準会員(無料)にご登録ください。ご登録はこちら

この店舗の関係者の方へ

食べログ店舗準会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。

店舗準会員になって、お客様に直接メッセージを伝えてみませんか? 詳しくはこちら

周辺のお店ランキング

松戸×ラーメンのランキング(点数の高いお店)です。

食べログ限定企画

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ