やっぱり旨いな――♪♪『がれ』(^_^)/ : らーめん がれ

予算:

夜の予算 ~¥999

昼の予算 ~¥999

定休日
月曜日 第1、3、5日曜日

この口コミは、深爪蟹(フカヅメクラブ)さんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

深爪蟹(フカヅメクラブ)

深爪蟹(フカヅメクラブ)(44)さんの口コミ男性・秋田県

6

  • 昼の点数:4.2

    • [ 料理・味-
    • | サービス-
    • | 雰囲気-
    • | CP-
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999
6回目

2019/09訪問

  • lunch:4.2

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク -

やっぱり旨いな――♪♪『がれ』(^_^)/

9月10日(火)

定休日にしている店が多い火曜日、1ヶ月と2週間ぶりのこちらへ。

今日も1番目の入店。暖簾揚げに出てきた若き店主に「お久しぶりッス」 と言われちゃった (^^;;

令和改元後、激ハマりして足繁く通っていたが、ひととうりメニュー堪能したので、足が遠のいていたかも。

『塩チャーシューメン』大盛&メンマTP.を券売機でもとめる。

6席カウンター右端に腰すえ、店主の仕事ぶりガン見。

相変わらずのスムーズな所作。麺茹で前に外注特製麺に手揉み加え、平打ち縮れ麺にする。寸胴の基本スープわき上がる頃合いみてからの麺茹で。

ここで、以前から気になっていた麺茹で時間の短さについて、店主に聞いてみる。

そこ、せめてきましたか??? とニヤリとした店主。以前は自家製麺だったが、持病の腰痛のため外注にしたとのこと。

自分のもとめる、ギリギリの多加水率と無添加にこだわる発注で製麺業者泣かせの特注麺らしい。

多加水平打ち風キロキロ麺に、こんな経緯が!!!???。

塩かどが皆無のまろやかなスープ。コクと深み増加させる鶏油とラードの香味油。

他店では味わえない『塩ラーメン』

大判の肉厚チャーシューと、増量枕木メンマはボリューム満点。

        本日もごっつおさんした m(__)m

  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
5回目

2019/07訪問

  • lunch:4.2

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

1ヶ月ぶり訪問で、旨さの感動倍増!! (^_^)/

7月28日(日)

令和初開拓 (にっく2サンのおかげダスけど) にして激ハマりのこちら 「がれ」

17日(火) に訪れた際、店頭に 「店主ヘルニアの為休業」 の貼り紙あり心配していたところ、SNS.上で23日から再開したとのアナウンスあり、本日さっそくむかってみる。

蒸し暑い日の連続で仕事場ではゲンナリだが、ラーメンのためならナンの苦痛も感じないジャンキーなオイラ。会社の上司がみたら別人28号に見えるかも(笑)

開店10分前の現着。先着車1台で男性1名。

店主暖簾揚げの際に 「腰は大丈夫ッスか? 昨日FB.にコメントしたのオイラだったッス」 と言うと、恐縮して 「おかげさまでありがとうございます。20日ほど前の朝にキクッとやっちゃって……」 とすまなそうな表情。腰痛は持病らしく、オイラが令和改元後に通い始める前から夜営業は中止しているようで、店内の貼り紙には目を通していたが……。

券売機にて 「塩チャーシューメン」 大盛、メンマ、ネギの4枚求め、カウンター最奥の先客から一つあけた スツールに腰下ろす。

当たり前だが、以前と変わらぬスムーズな流れの所作に感心しながら見つめる。

着丼&麺容拝見。

今回が5度めのリポートなので詳細省くが、大判の豚肩ロースチャーシュー3枚と別注の枕木メンマとネギで麺が見えない!!
木製レンゲは、その昔サッポロ系ラーメン店でよく見られた茶褐色の木製で、写メ撮る際にスープの色見が分かりにくいのがタマニキズw

これまで、味噌2回、醤油1回、そして今日塩2回めだが、総合的に『塩』が突出した旨さといえる。

鶏主体に魚介類乾物系(豚の有無不明)基本スープは同一で、3種のタレと2種香味油のさじ加減で差別化していると思われるが、文字通り『三位一体』となっている。

淡黄色のスープはクリーミーで、この店独自の味わい。今までの塩ラーメンの概念を覆す味わい。

この店にたどり着くまで、従来の塩ラーメンは久しく避けていたジャンル。淡麗で1本調子の店が多く、どうしても醸造醗酵の旨みや奥深さがある醤油や味噌に負けているとの概念的な思いを持っていたが、食べず嫌いの間にこんなにも進化遂げていたのか!!??

秋田市 城東地区のホンビスノ貝スープ 「大地」 の塩ラーメンにも感動したが、秋田の塩ラーメンシーン侮りがたし!!!

店主さん、腰はまだまだ、だましだましの状態のようで……、くれぐれも無理なきよう。

本日もごっつおさんした m(__)m

  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
4回目

2019/06訪問

  • lunch:4.2

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

う――――ん、やっぱり旨い !!!! 虜の味。

6月23日(日)

偶数週の日曜は営業日ということなので、又々カミさんと訪問。

オイラ、味噌らーめん・大盛に枕木メンマと辛みtp.
カミさん、塩チャーシューに味玉tp.

ここ1ヶ月で4度目の訪問。実に旨い!!! ヤバい!!!

基本スープのできが素晴らしいから、味噌・塩・醤油どれ食べても旨い。香味油が抜群な仕事っぷり。

ケンチャン風キロキロ極太縮れ麺も秀逸。

もうなにも言うことはない。

皆さんも店の前の蔦屋敷目標に訪れてみて下さい。

      本日もごっつおさんした m(__)m

  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
3回目

2019/06訪問

  • lunch:4.2

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

ドツボにはまった感ありの 「がれ」 !!!

6月15日(土)

横手市 「らーめん がれ」

マイ・フォロワーさんのリポート拝見し、恐る恐るの訪問から激はまりして、今回が3度目の訪問。

小雨降るなか、開店10分前の現着。

店前の極小駐車スペースで、1BOXの男性1名と暖簾あげ待つ。

暖簾あげに出た店主、オイラを覚えてくれてたみたいでニッコリと迎えてくれる。

券売機にて、チャーシューメン大盛とメンマのボタン押し食券購入。

カウンター最奥に座り、着丼待つ。

驚くのは、麺茹であげの短さ!!!。 特注多加水平打ち縮れ麺なれば、通常他店では2・3分の時間とるところ、速攻1分での茹で上げ!!!

それでも、生煮え感なくツルシコ食感のベストなコンディションに仕上がる。

スープは意外にも、醤油のキリリとした主張なくまろやかな味で、塩と見まがう淡麗な味わい。

若干、醤油に添加される化調味あったかも??。

驚くのは、香味油の存在。

本来、脇役のはずだが、先回までの味噌・塩 と今回の醤油味わい、スープの旨さを下ざさえするはずの香味油がかなりの存在感だと感心する。

前回訪問の際に、鶏油(チーユ)と豚脂(ラード)のブレンドだと店主からうかがったが、淡麗基本スープをブラッシュアップする店主のスキルの高さ再認識。

大好きな枕木メンマ、デフォで3本だが増しにすると10本以上あるか??!! というくらいの大増量となり、破顔一笑の大満足。

こじんまりとしたキャパで、粛々と営む隠れ家的店舗。こういう真摯な店に僥倖あれ!!! と願わずにいられない。

本日もごっつおさんした m(__)m

  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
2回目

2019/06訪問

  • lunch:4.2

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

再訪。塩らーめんも旨々二重丸 !!!

6月1日(土)

横手市 「らーめん がれ」

先週、初訪問での感動をぜひともカミさんと共有したく2週続けての訪問。

勢い込んで、開店15分前の11時15分に現着し、本日もシャッター長 (^^;;

早速、入り口左手の券売機にてオイラ 「塩チャーシューメン」 大盛、メンマtp. カミさん 「味噌らーめん」 チャーシューtp. 食券購入。

6席のカウンター最奥に進み、短髪あごひげの若き店主さんに 「先週、あんまり旨めがったんで、カミさん連れて来たッス」 と声がけしつつ食券渡す。
店主さん、オイラを覚えていてくれてたのか恐縮しつつ 「ありがとうございます」 とペコリ。

我々の後に、若い女性2名組とご夫婦と思われるお二方が、カウンター席後ろの2名掛けテーブル席にそれぞれ腰おろす。

その後も、カウンターにカップルが座りほぼ満席状態に。

店内のキャパは、全10席。これを店主お一人で切り盛りしている。

着丼まで、しばし調理作業拝見。

ワンオペ4食らしく、麺茹で用テボ4つにそれぞれ器かぶせて温めながら、トッピング具材準備。

麺量をそれぞれ仕分け、手揉みして縮れ加える。その後、温めた器にそれぞれのカエシをレードルで慎重に入れ、同じく香味油投入。

テボに麺を入れる際に持ち手部分に不具合あったのか、1個を交換する心配りに店主の繊細さ再発見!!!。

さらに、オイラの大盛麺をいち早く入れ、並盛と時間差で茹でる細やかさ。

その後、4つの器にスープをみたす。タイマーが鳴り、丁寧な湯切り。テボを二段に重ねつつひと工程で2杯分の麺入れ。

トッピング盛り付けも素早くスムーズ。

着丼&麺容拝見。

ここから、オイラオーダーの 「塩チャーシューメン」 のリポート報告。

カミさんの 「味噌らーめん」 並盛と比べ、ひとまわり大きめの器に先週初訪問時と大差ない眺め。

大判肉厚豚ロースが3枚、器からはみださんばかり。

特注多加水太麺、味噌では確認出来なかったが、半透明で驚く。先週の印象より多加水寄りだったことを再確認。

まずは、スープをば……???…!!!!  (゚o゚)/ ??? !!!!

スープ、うんま―――――っ !!!!!!

確かに、味噌や醤油のような蔵醸感はないが、それをさしひいてもあまりある深味。

オイラが知る従来の塩味といえば、基本スープの味から一歩も踏み出せず淡麗淡泊でしかなかった。

しかしながら、この度こちらの味は驚愕的な旨さ。

思うに、基本スープは味噌&醤油と同様か???と思われる。

しかし、塩ラーメンと言いつつも魚介の風味が隠れ、香味油由来のコクと深みが助演している逸品。

あまりの旨さに、ぶしつけながら店主に 「香味油はなに使ってるんだすか??」 と、うかがったところ 「ラードとチーユ(鶏油) 、煮干しは片口鰯と真鰯です」 と、惜しげもなくの回答。

また1件、ラーメン馬鹿のオイラにとり目の離せない注目店となりました。

本日もごっつおさんした m(__)m

  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
1回目

2019/05訪問

  • lunch:4.0

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

横手に新たなる金鉱発掘!!

5月25日(土)

マイフォロワーの 「にっく2」 さんのリポートに触発されての訪問。

大曲方面からR13号で横手市に入り、片側2車線を進み右手に 「book off 」望む富士見交差点を左折。陸橋下りた 「かまくら館」 前交差点を右折した最初の信号左手角にこじんまりとした店舗あり。

11時30分開店の10分前の現着。

店前に3台ほどの駐車スペースあり。オイラも初訪問だが、まだあまり知られていないようで他に待ち客なし。

ほどなく、アゴヒゲの30代??らしき男性の暖簾あげ。撮影の許可受け入口付近写メ撮りしながらの入店。

入ってすぐ左手の券売機にて 「味噌らーめん」 \700 大盛 \100 チャーシュー \200 購入し5席(6??)のカウンター最奥に腰おろす。

店主、デニム生地のエプロン。紐がレザーのシャレオツな仕様。これだけでも、ただ者ではないオーラ感あり、期待できそう(ワクワク)

器やチャーシューなど用意してから、麺量計り手揉み入れての麺茹で。
思いのほかタイマー鳴るのが早めで、細麺か?? との見立てだった。

着丼&麺容拝見。

具材構成はスープ・麺の他、チャーシューとメンマ・ネギといたってシンプル。だがチャーシューのデカさに驚く!!!

分厚く大判な豚ロースが3枚。しかも、低温調理のレアチャーシュー!!! あまりの大きさで半分近く丼淵からはみ出す盛り付け。

おそらく、レアチャーシューがスープで加熱され過ぎるコトに配慮した店主の気配りと思われる。

某チェーン店 「K楽苑」 の最近のTVコマーシャルで、デカイチャーシュー3枚を 「ペタ」 と表現していたが、まさしくこちらが 「ペタ」 !!! これに比べたらあちらは 「ペラ」 (^^;

また、枕木メンマも極太。多めの長ネギも斜め切りしてあり、小口切りと白髪ネギのいいとこ取り風で芸が細かい。

白味噌主体と思われるベージュのスープ全面に細かい粒子の背脂が浮いている。

麺は意外なコトに、ケンチャン風の中加水縮れ麺。極太麺に手揉み加え平打ち風のピロピロ麺に仕上げてある。それが証拠に太さがランダム。

どれどれ、まずはスープをば……。??…!! ウンマ!!!

今まで味わったことのない味噌スープ!!!。

味噌ラーメンといえば、野菜や味噌由来の甘味あったり、味噌の風味強めに出したりでのパワフル系主力だったが、こちらは背脂あるのにoily感皆無で甘さも微弱。味噌みそ感も抑えてある。

……なのに、絶妙なバランスで木製レンゲが止まらない!

極太枕木メンマと大判チャーシューの味付けも極力薄くしてある。

平打ち縮れ麺の食感が 「十郎兵衛&にぼすけ」 に酷似していたので 「自家製麺ッスか?」 と尋ねたところ、「以前はそうだったっすけど、今は特別オーダーで作ってもらってます」 とのご返事。

兎にも角にも、にっく2さんのおかげで新たな実力店にたどり着けた!!!! 感謝×感謝。

ごっつおさんした m(__)m

  • らーめん がれ - 味噌らーめん(大盛) チャーシューtp.

    味噌らーめん(大盛) チャーシューtp.

  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ -
  • らーめん がれ - 背脂

    背脂

  • らーめん がれ - 手揉みピロピロ平打ち風麺

    手揉みピロピロ平打ち風麺

  • らーめん がれ - ペロリと完食。

    ペロリと完食。

口コミが参考になったらフォローしよう

深爪蟹(フカヅメクラブ)

深爪蟹(フカヅメクラブ)

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

深爪蟹(フカヅメクラブ)(44)さんの他のお店の口コミ

深爪蟹(フカヅメクラブ)さんの口コミ一覧(48件)を見る

この店舗の関係者の方へ

ユーザーから投稿された口コミに対して、お店側からお礼や情報追加などの返信を行ってみませんか?

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名 らーめん がれ
ジャンル ラーメン
予約・
お問い合わせ

不明の為情報お待ちしております

予約可否
住所

秋田県横手市田中町4-28

交通手段

横手駅から578m

営業時間・
定休日

営業時間

11:30~15:00
17:00〜21:00

日曜営業

定休日

月曜日 第1、3、5日曜日

営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。

予算
[夜]~¥999 [昼]~¥999
予算(口コミ集計)
[昼]~¥999

予算分布を見る

席・設備

駐車場

特徴・関連情報

利用シーン

初投稿者

味頭巾味頭巾(1057)

最近の編集者

編集履歴を詳しく見る

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

「らーめん がれ」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗準会員(無料)にご登録ください。ご登録はこちら

この店舗の関係者の方へ

食べログ店舗準会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。

店舗準会員になって、お客様に直接メッセージを伝えてみませんか? 詳しくはこちら

周辺のお店ランキング

横手市×ラーメンのランキング(点数の高いお店)です。

食べログ特集

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ