ガッツリ戦いたい気分。 : 羅漢

羅漢

(ラカン)

この口コミは、fischermagneticさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

fischermagnetic

fischermagnetic(78)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]男性

3

  • 夜の点数:4.0

    • [ 料理・味-
    • | サービス-
    • | 雰囲気-
    • | CP-
    • | 酒・ドリンク-
  • 昼の点数:4.0

    • [ 料理・味-
    • | サービス-
    • | 雰囲気-
    • | CP-
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
3回目

2019/01訪問

  • dinner:4.0

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク -

ガッツリ戦いたい気分。

 今日も一日頑張りました。やりきった自分にご褒美。肉系でガッツリ一戦交えたい気分です。では、4月以来10ヶ月ぶりの訪問となりました、横手市「羅漢」。

 平日の、閉店も近い時間。横手の行列店ですが、さすがにお客さんは数えるほど。券売機を見ると…あれ? 300円ほど、小銭が放置されています。食券を購入して席に着いてから、ワンオペご主人にお釣りが残っていた旨を伝えると、「それ私かも」と若い女性のお客さん。よかったよかった。

 さて、久しぶりのワタシがオーダーしたのは、辛痺ラーメン¥780+野菜増し¥50+トッピング盛り合わせ¥350、かなり贅沢。いくら仕事を頑張っても誰も褒めてくれないので、自分にご褒美です。スタンプカードがあれば麺大盛り無料なのですが、期限が切れてしまいました。トッピングをガッツリ載せることもあり、そこはまあいいか。さあ着丼。

 うあ…自分で注文しといて言うのもなんですが、凄え…!(゜∀゜;ノ)ノ 大曲のG5も確かに迫力がありますが、普通盛りではそこまでではないし、ただただ盛りが雑とも言えます(G5さんごめんなさい)それに比べるとこちらは、美しい暴力といった感じです。ヤサイの巨大な牙城を取り囲む、荒々しい角煮の巌とでも言えるでしょうか。さあ、いつまでも見とれていないで、勝負しましょう。

 まずはヤサイから、そして角煮、低温調理チャーシューと、山の部分を崩していきます。ようやく水面が見えてきたところで、久しぶりの辛痺スープを一口。お?前よりも山椒が強くなった気が。レベル指定を言い忘れたため、辛さ1痺れ1のデフォルトで提供されましたが、それにしても山椒の主張がストレートに来る感じ。ついついレンゲが進んでしまいます。
 そして麺とご対面。全粒粉の麺ですが、前よりもボソボソ感がなくなり、モチモチ度が強くなった気がします。美味い美味い! どんどんいける!

 と、実は角煮をあまりやっつけていない自分に気がつきました。こちらのお店の豚は、チャーシューブロックではなく、あくまで角煮です。甘辛く煮付けられた角煮、これだけ量があると残念ながらくどく感じられ始めてしまい…。何でワタシは努力して角煮を食べているのだろう(-_-;)
 店主さんが、表に閉店の札を掛けに行きました。ワタシ以外のお客さんも、そろそろ終わりという感じです。何とか食べ終え、名残惜しくスープを味わい、ごちそうさまでした!

 こちらのお店、初めの頃は限定メニューもやっていたのですが、その後は限定も新メニューもなく、デフォルトの羅漢ラーメン、辛痺ラーメン、羅漢海老ラーメン、カレーラーメン、つけ麺のみという状況が続いています。やはり店主さんのワンオペでは限界があったのでしょう。でも、この店主さんならではの新メニューも味わってみたいなあ…。またお邪魔します。


 

  • 羅漢 - 偉容その1

    偉容その1

  • 羅漢 - 偉容その2

    偉容その2

  • 羅漢 - 横から見ても凄い

    横から見ても凄い

  • 羅漢 - 鉛直方向から

    鉛直方向から

  • 羅漢 - 麺リフト!

    麺リフト!

  • 羅漢 - 角煮どアップ!

    角煮どアップ!

  • 羅漢 - 低温調理チャーシュー?

    低温調理チャーシュー?

  • 羅漢 - スープ

    スープ

2回目

2018/03訪問

  • lunch:4.0

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク -

何を食べたいかは、身体に聞いてみる

 休日だけどやっぱり仕事、何だか低血糖みたいなフラフラ加減で、運転するのも辛くなり、一度車を停めて休憩。新年度の準備で、休みなく2週間ちょっとハードワークしたのが身体に来たのか?

 やや回復して、エネルギーを入れてやれば元気になるかなと思い、身体に聞いてみます。「さあ、何が食べたい?」すると「辛いヤツをガッツリ!」
 体調と食欲は反比例するだろ、普通^^;…現在地は横手、なら「羅漢」ですね。しばらくぶりの訪問になりました。「節屋かつら」ももちろん興味アリアリなのですが、今日身体が欲するのはこちらなのです!

 13時くらい、カウンター席がほぼ埋まり、待ちはなし。「辛痺ラーメン」をポイントカードの大盛り無料、プラス野菜増し¥50。元気なら「トッピング盛り合わせ」もいいのですが、こちらのお店の甘く煮た角煮は、たくさん食べるにはちょっと辛く感じるようになりました。さあ着丼。

 実に、実に素晴らしいビジュアルですね! ちょっと前に大曲のゴールデンファイブヌードルで、かなり残念な体験をしたこともあり、二郎系を名乗るならこうでなければ!というビジュアルをキチンとやってくれていることが、本当に嬉しく感じられます。

 スープはもちろん疑いようのない安定感。辛さを指定するのを忘れてしまいました。もうちょっと辛い味でいきたかったな。前は苦手だった山椒が気にならないのは嗜好の変化か? そして何だか以前よりも、デフォルトでアブラが少ない気が。スープに浮かぶ白いツブツブのアブラ塊がそれほど目につかないし、いつもならちょっとしつこめに感じられるアブラフレーバーも、そんなに攻めてきません。ブレなのか進化なのか? ワタシにとっては総合的に食べやすい一杯になった気がします。

 ヤサイ増しにすると、250グラムのモヤシが2袋茹で上げられ、丼上に載ります。すばらしい山盛り感! 鳥海山もかくやという姿です。しばらくはヤサイと格闘。大きめの数片のキャベツが青々として、彩りになっているのがいいですね。3分の2ほど減らしたら麺がこんにちは。ツルモチなんだけど、噛みしめるとややボソ感というか小麦の粒感+小麦フレーバーがしっかり感じられる、相変わらずの美味しい麺。大盛りにはしたけれどどんどん行けます。
 最後に名残惜しくスープを数回レンゲで味わい、ごちそうさまでした!

 帰宅すると、立っていられる気がせず、すぐ横になり、気づいたら夜の7時過ぎ。やっぱり疲れ果てていたのか。そのあとたまたま電話した知人には「羅漢の大盛り食べきれるんなら、十分元気だろ」とバッサリ(笑)ハイ、反論できません…。でも、そのあともベッドに入って寝付けないなんて事はなく、すぐに夢の中へ。せめてこの日曜だけは、スイッチオフの一日にしたいものです。


  • 羅漢 - 美しい全容!

    美しい全容!

  • 羅漢 - やっぱりこうでないと!

    やっぱりこうでないと!

  • 羅漢 - 角煮は手ぶれ(笑)

    角煮は手ぶれ(笑)

  • 羅漢 - 麺リフト!

    麺リフト!

1回目

2017/07訪問

  • dinner:4.0

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク -

秋田総県でも際立つ個性

秋田の数少ない二郎系として、もはや説明不要の人気を誇る「羅漢」。秋田の魚醤調味液「しょっつる」を使い、他にはない個性を放っています。

そもそも二郎系と言っても、共通点はもやしマウンテン、ニンニクの有無を聞かれること、麺量の多さくらいのことで、味としてはまったくの別物です。
ワタシはポイントカードを2周してしまい、さすがにそんなに惹かれることは無くなりましたが(笑)どうかするとふと昼飯の選択肢にしそうな自分がいます。

「羅漢ラーメン」
豚と鶏の出汁、それに先述のしょっつる、数種類の醤油を合わせたスープに、最初からかなりの背脂が溶けています。初めて食べたときには、体験したことのない味わいに、ちょっと衝撃を受けました。うまく説明ができないので、興味のある方は実食を(笑)。卓上のカエシで濃さの調整ができます。

「辛痺ラーメン」
十数種類のスパイスが、複雑な辛さと味わいを出しています。辛さ(赤唐辛子)と痺れ(山椒)は、3段階まで指定できます。私は山椒のスースーする風味がどうしても苦手なため、「山椒はごく少なめで」とお願いしたら、ちゃんと調整してくれました。もやしマウンテンにふりかけられた赤唐辛子のパウダーが直接唇に触れれば、そりゃ当然辛いのですが、辛さ3にしても、非常識な辛さではありません。(人によってはおなかにこたえるかも)

「羅漢カレーラーメン」
ごく普通のフルーティーなカレーラーメン、とメニューに書いてありますが、ごく普通ってどういうことなんだろう?(笑)十分おいしいです。意外と刺激は多めです。

「羅漢海老ラーメン」
海老の頭をカリッと焼いて粉砕して、スープに加えてあります。基本のスープに激しくフィットして、とーっっても優しい味わい。よくぞ海老フレーバーの添加アイデアを思い付いたもんだ❗時々うわーっと食べたくなります。

「つけ麺」
魚介豚骨のつけ麺。麺はもちもちでとてもおいしい。あつもりも可能、スープ割りできます。十二分においしいですが、この店でしか食べられないものではないかなと(この辺だとここしかないけど(笑)。辛痺バージョンもあります(ワタシは未食)。


その他、トピックとしては…

・ヤサイはもやしのみ。彩りに食用菊が散らされる。
・豚は甘く煮た角煮、デフォルトで一塊。
・ニンニクは刻みでなくおろし。食券を渡す時に有無を聞かれる。
・トッピング盛り合わせは、燻製玉子、角煮数個、低温調理の豚スライス数枚、海苔とかなり豪華。
・紙エプロン、女性用の髪をまとめるゴムが用意されていて親切。
・全てのオペレーションは店主さん一人で行っている。他の人の手が加わるのが嫌なのか?混んでいる時など、店主さんが倒れてしまわないか心配になる(笑)
・お客さんたちが、二郎的な席の詰め方を知らないし、店主さんも何も言わない(言う暇がない)ので、数人で来た人たちがいつまでも待ちの先頭をふさいで、後の人が長く待たされ迷惑することがけっこうある。


…長々と書いてしまいました。書いてたら食べたくなってきた(笑) またお邪魔します❗


追伸…使われている背脂、なんかワタシにはちょっとくどくて、そのくどさが口に残る感じがします。他のお店のラーメンでは感じることはないので、使われているアブラの種類とか部位が違うんだろうか?
前に、他の人が「アブラ少な目で」と注文していたのを見て、ワタシも言ってみたのですが、アブラは初めからスープに溶け込んでいる形なので、調整は不可能なのかも知れません。
ちなみに、掲載した画像は、撮影がヘタクソなワタシが撮った奇跡の一枚です。我ながら旨そうだー❗


  • 羅漢 - 辛痺ラーメントッピング盛り合わせ

    辛痺ラーメントッピング盛り合わせ

口コミが参考になったらフォローしよう

fischermagnetic

fischermagnetic

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

fischermagnetic(78)さんの他のお店の口コミ

fischermagneticさんの口コミ一覧(91件)を見る

この店舗の関係者の方へ

ユーザーから投稿された口コミに対して、お店側からお礼や情報追加などの返信を行ってみませんか?

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名 羅漢 (ラカン)
ジャンル ラーメン、つけ麺
予約・
お問い合わせ

不明の為情報お待ちしております

予約可否
住所

秋田県横手市条里3-2-5

交通手段

横手駅から747m

営業時間・
定休日

営業時間

11:30~14:15(L.O)
17:30~20:00(L.O)

日曜営業

定休日

木曜日

営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。

予算(口コミ集計)
[夜]¥1,000~¥1,999 [昼]~¥999

予算分布を見る

席・設備

席数

11席

(カウンター席のみ)

個室

駐車場

空間・設備

カウンター席あり

携帯電話

SoftBank、au

特徴・関連情報

利用シーン

一人で入りやすい 知人・友人と

こんな時によく使われます。

ホームページ

http://www.ramen-rakan.jp/

オープン日

2014年4月14日

備考

焼肉米沢亭のとなりです。

初投稿者

bakuraibakurai(842)

最近の編集者

編集履歴を詳しく見る

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

「羅漢」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗準会員(無料)にご登録ください。ご登録はこちら

この店舗の関係者の方へ

食べログ店舗準会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。

店舗準会員になって、お客様に直接メッセージを伝えてみませんか? 詳しくはこちら

周辺のお店ランキング

横手市×ラーメンのランキング(点数の高いお店)です。

食べログ特集

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ