新型コロナウイルス感染拡大防止に関する要請について

この値段でいいのか?と本気で心配になった : いまい

公式

お店の営業情報は店舗関係者によって公開されています。

予算:

夜の予算 ¥6,000~¥7,999

昼の予算 ¥4,000~¥4,999

定休日:
日曜日(昼の部のみ毎週月曜日もお休みです)

この口コミは、blueboyさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

blueboy

blueboy(1690)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]50代後半・男性・愛知県

1

  • 昼の点数:3.4

    • ¥4,000~¥4,999 / 1人
      • 料理・味 3.6
      • |サービス 3.0
      • |雰囲気 3.0
      • |CP 3.2
      • |酒・ドリンク 3.2
1回目

2016/08訪問

  • lunch:3.4

    • [ 料理・味 3.6
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 3.0
    • | CP 3.2
    • | 酒・ドリンク 3.2
    ¥4,000~¥4,999
    / 1人

この値段でいいのか?と本気で心配になった

愛知県道319号西尾環状線"徳次町"信号交差点を北に約100m左手。

西尾の知人宅に出向くことになり、「以前から出向いてみたいと思っていた店があるので行ってみないか」と知人を誘えば、「是非」という返事。
早速電話してみると、その日、夜は満席ながら昼は人数分の空きがあるというので迷うことなく予約を入れる。

当日は11時30分の開店時間5分前に到着。
程なく、店主らしき男性が脚立をもって現れ、脚立に登ると入口に白地の暖簾をかける。
目が合うと、「○○様ですか?」と聞くので、そうだと応じると、「お待たせしました。どうぞお入り下さい」と物腰の柔らかい応対。

入口の右手から奥に続く通路を抜けると、調理場に対面したカウンター席がある。
カウンター席の後方にはテーブル席の用意もあるようだが、目隠しになっていて見通せない。
予約時にカウンター席と言われていたので、左端から三席を占領する。

紅色のカウンターに黒い盆のコントラストは刺激的だが、ステンレスで統一された調理場は、レンジフードはもちろん、随所まで手入れが行き届いていて気持ちがいい。

「ビールの銘柄は?」と聞くと、「中瓶になりますが、キリン、アサヒ、サントリーをご用意しています」とのこと。
ビールの銘柄を選べるという当たり前の気配りすら出来ない店も少なくないので感心。
最初から気分がいい。
渇いた喉を潤すのはKIRIN 一番搾り(中瓶)

【先付】胡麻豆腐
舌触りが滑らかな胡麻豆腐の上には、微塵に叩いたオクラ、雲丹、食用花は山査子か。
雲丹の上に乗せられたおろし山葵が嬉しい。
昨今は、胡麻豆腐のたれも凝ったものが多いが、生醤油をベースにしていて、それがいい。

【椀盛】鱧真薯、冬瓜、炙り椎茸
尾張三河といえば、鰹であれ昆布であれ、出汁はやたらと厚めの店が多い。
誰にでもわかりやすいといえばわかりやすいかも知れないが、味の品格という意味ではいかがなものかと思わされることも少なくない。
厚い出汁は男性的な印象があり、板前が拵える分にはそれもありかも知れないが、だからこそ、繊細な出汁だと感心する。
鱧真薯も上手く拵えてある。
鱧の風味はしっかり残し、食感で楽しませることが店主の狙いであるなら、これはまんまと引っかかった。
冬瓜も程良い固さ、炙り椎茸の香りの見せ方もいい。
蓋を取った瞬間、ふわっと漂う香りの中に、しっかり存在感はあるものの、押しすぎることもない。
透明度の高い京風出汁は、加速度的に豊かな味わいとなって飽きさせない。

調理場では向付の準備が進む。
刺身ときたら日本酒が飲みたい。
ランチでも酒の用意はあるのか確認するとメニューが運ばれる。
初孫 辛口純米 魔斬(東北名醸/山形県)を選ぶ。
涼しげなガラス徳利と猪口で供され、向付の登場を待つ。

【向付】伊佐木、甘海老、鯣烏賊
夏場に旬を迎える伊佐木だが、初夏から文月までが最高潮だという人は少なくない。
産卵期のことを指しているのだと思うが、そこは目利き次第。
この時期、脂のりよりもさっぱりとした口あたりの方が嬉しい向きは少なくない。
甘海老も、身がしっかりとしていて文句はなく、夏烏賊の別名をもつ鯣烏賊は、もっちりとした独特の食感も楽しめていい。

【揚物】里芋饅頭
湯葉と蟹肉、三つ葉の餡がかけられた里芋饅頭は、調味料としての甘味に依存しないところは好感。
三つ葉の香りもいい仕事をしているし、湯葉も存在感がしっかりとある。
何より里芋饅頭が丁寧に作られていることを一口一口感じられ、思わず、「これは美味い」と独りごちてしまった。

【八寸】卵焼き、酸漿トマト、獅子唐挟み揚げ、鮭幽庵焼き、薩摩芋檸檬煮、茄子の和蘭陀煮
卵焼きが甘いのは意外だったが、細長い八寸皿に並べられた一口サイズの一品は、ここまでの流れに反することなく、きっちりと拵えられている。
夜ともなれば八寸は酒肴だが、日もまだ高い正午過ぎ。
ビールだの純米酒だのとだらしのないことを言っているのはカウンター席のみで、テーブル席は地元マダムと思しき方々を中心に上品に会食が進行中。
そこでは当然のことながら、おかずになる。
同行した知人夫妻の奥方が、「お弁当に入れたくなります」と嬉しそうに言っていたが、なるほど、入れられそうな体ではある。

【御飯】御飯、赤出汁
温暖な三河の地は米作には向かないと言われていているが、こちらの御飯は炊き方も固さもいい。
赤出汁は、風味、味わいとも、やや中途半端な気はしたが、まあ、好みか。

【水菓子】葛切り
目の前で葛粉を溶き、湯煎で固めて氷水に入れられる。
つまり、目の前で葛切りを作り出す。
冷えた葛を包丁で切り、黒糖の蜜と一緒に供される。
熱い焙じ茶が添えられてくるのも嬉しい。
出来立ての葛切りはツルツルとコシがあり、舌触りも楽しく申し分ない。
黒糖の蜜がいい。
甘味は苦手で、水菓子は大抵同行者に譲るのが常だが、この日は全部食べてしまった。
甘味より、黒糖の香ばしい香りや濃密さが際立ち、ついつい食べてしまった。

饒舌とはいえないが、無愛想というわけではなく、どこまでも一つ身を引いた店主の物言いや接客は、ふと京都の職人を連想させる。
もちろん、個人差があることは承知しているが、そこはイメージだ。

「こんな言い方をしたら失礼かも知れないが、なぜ西尾で店をだそうと思ったのか」と聞いてみた。
これだけの腕があれば、名古屋はもちろん、どこでも勝負できると思う。
聞けば、この界隈の出らしく、地元で店を出したいと思っていたとのこと。
しかし、ここまで丁寧な仕事をして3,000円では厳しいのではないかと言うと、「頑張らせていただいてます」と謙虚。

CPがいいという場合、だから多少のことは目を瞑るということも少なくないが、ここはそのようなエクスキューズは皆無。
料理はもちろん、磨かれた調理場を含む雰囲気も、接客も、マイナス要素が見当たらない。
3,000円という枠内で、ここまでの料理を供する店となると珍しいのではないか。
地元の知人の意見では、この界隈ではランチは2,000円、夜は5,000円を超えると高いと思われるらしい。

予約時に夜は満席と言われたことを拾い、流行っているらしいから予約は難しいかと店主を冷やかすと、「今日はたまたまです」と謙遜する。
以前から出向いてみたいと思っていたが、出向いてみれば同行した西尾の知人宅からは徒歩圏。
帰り際、「この二人がちゃんと来てるかどうか、今度来た時に聞くからちゃんと覚えておいてやってくれ」と言い残すと、困ったような顔をしながら肯いていた。

  • いまい - 【先付】胡麻豆腐

    【先付】胡麻豆腐

  • いまい - 【椀盛】鱧真薯、冬瓜、炙り椎茸

    【椀盛】鱧真薯、冬瓜、炙り椎茸

  • いまい - 【椀盛】鱧真薯、冬瓜、炙り椎茸

    【椀盛】鱧真薯、冬瓜、炙り椎茸

  • いまい - 【向付】伊佐木、甘海老、鯣烏賊

    【向付】伊佐木、甘海老、鯣烏賊

  • いまい - 【揚物】里芋饅頭

    【揚物】里芋饅頭

  • いまい - 【揚物】里芋饅頭

    【揚物】里芋饅頭

  • いまい - 【八寸】卵焼き、酸漿トマト、獅子唐挟み揚げ、鮭幽庵焼き、薩摩芋檸檬煮、茄子の和蘭陀煮

    【八寸】卵焼き、酸漿トマト、獅子唐挟み揚げ、鮭幽庵焼き、薩摩芋檸檬煮、茄子の和蘭陀煮

  • いまい - 【御飯】御飯、赤出汁

    【御飯】御飯、赤出汁

  • いまい - 【水菓子】葛切り

    【水菓子】葛切り

  • いまい -
  • いまい -
  • いまい - KIRIN 一番搾り(中瓶)

    KIRIN 一番搾り(中瓶)

  • いまい - 初孫 辛口純米 魔斬(東北名醸/山形県)

    初孫 辛口純米 魔斬(東北名醸/山形県)

  • いまい -
  • いまい -
  • いまい -
  • いまい -
  • いまい -

口コミが参考になったらフォローしよう

blueboy

blueboy

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

blueboy(1690)さんの他のお店の口コミ

blueboyさんの口コミ一覧(794件)を見る

店舗情報(詳細)

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名 いまい
ジャンル 懐石・会席料理
予約・
お問い合わせ

0563-53-3901

予約可否

完全予約制

当日キャンセルをされた場合におきましてはキャンセル料を頂戴する場合がございます。
あらかじめご了承お願い申し上げます。

住所

愛知県西尾市徳次町宮廻15-1

交通手段

名鉄西尾線「西尾駅」からタクシー5分

西尾口駅から1,028m

営業時間・
定休日

営業時間

12:00~14:00(最終入店 12:30)
18:00~21:30(最終入店 19:00 )

定休日

日曜日(昼の部のみ毎週月曜日もお休みです)

新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

予算
[夜]¥6,000~¥7,999 [昼]¥4,000~¥4,999
予算(口コミ集計)
[夜]¥8,000~¥9,999 [昼]¥4,000~¥4,999

予算分布を見る

支払い方法

カード不可

電子マネー不可

サービス料・
チャージ

チャージ料なし

席・設備

席数

15席

(カウンター5席、テーブル4席と6席)

個室

貸切

禁煙・喫煙

全席禁煙

駐車場

6台

空間・設備

オシャレな空間、落ち着いた空間、カウンター席あり、バリアフリー、車椅子で入店可

携帯電話

docomo、au、SoftBank

メニュー

ドリンク

日本酒あり、焼酎あり

料理

魚料理にこだわる

特徴・関連情報

利用シーン

デート 知人・友人と

こんな時によく使われます。

ロケーション

隠れ家レストラン

お子様連れ

恐れ入りますが、当店はゆっくりお食事を楽しんでいただくために、未就学のお子様のご入店はお断りさせて頂いております。あらかじめご了承お願い申し上げます。

ドレスコード

スマートカジュアル

ホームページ

https://www.r-imai.jp/

公式アカウント
オープン日

2012年12月1日

備考

ホームページにて、随時、最新情報を掲載しております。

お店のPR

たまにはゆったり会席料理を

日本料理いまいは「たまに行くならこんな店」をコンセプトに、厳選した新鮮で良質な食材を使った会席料理を提供いたします。

初投稿者

pen E-P3pen E-P3(1471)

最近の編集者

編集履歴を詳しく見る

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

周辺のお店ランキング

吉良・西尾・幸田町周辺×日本料理のランキング(点数の高いお店)です。

  • 1 いまい - 料理写真:正面入り口

    いまい (懐石・会席料理)

    3.50

  • 2 三水亭 - 料理写真:

    三水亭 (うなぎ、割烹・小料理)

    3.49

  • 3 ふくなが亭 - 料理写真:

    ふくなが亭 (うなぎ、とんかつ、割烹・小料理)

    3.41

  • 4 花翆 - 料理写真:木箱二段

    花翆 (懐石・会席料理)

    3.33

  • 5 魚寅 - 料理写真:

    魚寅 (懐石・会席料理、うなぎ、釜飯)

    3.31

食べログ限定企画

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ