感動の連続、益々、冴えわたる須本シェフ : トゥ・ラ・ジョア

トゥ・ラ・ジョア

(Tout la Joie)

公式情報

お店の営業情報は店舗関係者によって公開されています。

2018年Silver受賞店

The Tabelog Award 2018 Silver 受賞店

  • 料理・味 4.66
  • サービス 4.55
  • 雰囲気 4.36
  • CP 4.45
  • 酒・ドリンク 4.34
  • 行った 620人
  • 保存 15610人

評価分布

この口コミは、bottanさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

bottan

bottan(5303)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]男性・東京都

5

  • 夜の点数:5.0

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス5.0
    • | 雰囲気5.0
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク5.0
  • 昼の点数:5.0

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス5.0
    • | 雰囲気5.0
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク5.0
  • 使った金額(1人)
    ¥20,000~¥29,999¥20,000~¥29,999
5回目

2018/08訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 5.0
    使った金額(1人)
    ¥20,000~¥29,999

感動の連続、益々、冴えわたる須本シェフ

Instagram (bottan222)

ーーーーーーーーーーーーー
2018/08

 約半年ぶりの訪問となりました。
タクシーから降りると須本シェフの笑顔が迎えてくれます、最初の会話が「暑いですね、大丈夫ですか」(笑)、ホント、今日は40℃を越す暑さでした。

部屋に入るとクーラーが効き、寒いぐらいキンキンに冷えております、気持ちが良いです、生き返ります。

「Schramsberg 2008 Reserve」・・・・・賞を独り占めするカルフォルニアのスパークリングワインをマグナム ボトルで

「伊勢海老のサフラン風味」・・・・・さっとボイルした石川県能登の活伊勢海老をふんだんに底に入れ、その上に殻のまま焼いた伊勢海老と野菜のコンソメの煮こごりとスペイン産の最高級のサフラン(10gで6万円ですって)のエスプーマのせてます。
サフランの素晴らしい香りと伊勢海老の旨味と香り、一品目から須本ワールド炸裂です。

「和風だしの贅沢スープ」・・・・・贅沢とはこのことです、早松と蝦夷鮑のスープです、蓋を取ると松茸の良い香りが部屋中に広がりました。
和風出汁は4年物の鹿児島産の ”本枯れ節” から取ってます、早松と蝦夷鮑の他に、胡麻油で揚げ、醤油と味醂で炊き上げた ”利休麩” と ”蓴菜” も入っておりました。
人間って美味しいと笑っちゃうのですね(笑)、今年、”CHIUnE”、”くすのき” に続き3度目の ”早松” でした、今年は運が良いですね(嬉)。

「丸茄子のカツレツ」・・・・・賀茂茄子をくり貫いて、その中に、低温でゆっくり熱を入れて脂分だけを抽出したフォアグラを入れてあります、それを自家製パン粉で揚げたものです、生姜のタレで頂きます。
茄子の旨さと本来のフォアグラの旨味が口中に広がります、生姜のソースが茄子に合います、まさに、須本マジックです。

「Etude Grace Benoist Ranch Carneros Chardonnay 2013 」・・・・・リッチで洗練されたシャルドネの味わいでした。

「和牛と黒豚の蒸し・焼き」・・・・・醤油、味醂、生姜、ニンニク、八角と一緒にトロトロになるまで炊いた宮崎牛のスネ肉を薩摩の純系の黒豚肉で巻いて蒸したものが真ん中に、周りのスープは、名古屋コーチンのモモ肉だけで濃厚な出汁を取り、ジロール茸が大量に入っております。
牛、豚、鶏の3種混合の料理です(笑)。
柚子胡椒から作った辣油が添えてありますので、これをちょっと付けて食べますと、香とコクが増し、また一味違ったものになります。
濃厚だけどキレの良いスープでした、ホント、実に旨い!。

「磯の香の一皿」・・・・・北海道礼文産のミョウバン不使用完全無添加の馬糞雲丹を中に入れ、白いフワフワなものは天然鱸のすり身を蒸したムース、その上にスターレッド キャビアをのせ、熊本県天草産のオリーブオイルを周りに散らしてあります。
仕上げは、あおさ海苔を入れた三重県桑名産の3年もののハマグリの出汁を流し入れ完成です。
おぉ~、素晴らしい磯の香りが立ち上がります、濃厚なハマグリの旨味が口の中に広がります、鱸のムースの美味しいこと、キャビアの塩気が良い味を出しております。

「Tout la Joie 2016 Cabernet Sauvignon」・・・・・トゥ ラ ジョアのオリジナル赤ワインで、カベルネ・ソーヴィニヨンらしく凝縮感、濃厚さがありながら、上品さも併せ持つ赤ワインでした。

「新蓮根と天草牛」・・・・・天草牛のサーロインの芯の部分の肉を表面だけカリカリに焼きますが、勿論、中はレアでジューシー、それを薄くスライスしたものです。
肉の下には、蓮根を擂り下ろしたものとイタリア・ウンブリア産のトリュフのペースト状のものを合わせて団子にし揚げたものが隠れております、トリュフの香りのする揚げ蓮根団子です(笑)。
スライスした肉で蓮根団子とクレソンを包みパクッと頂きます、蓮根の芽も入っておりますが、軟らかく、香りもよく、シャキシャキ感があり美味しい。
牛も美味しいし、蓮根の旨味、トリュフの香り、食感も良い、素晴らしいメイン料理でした。

「Mのサラダ」・・・・・お馴染みのサラダです。

「古代米のお粥」・・・・・古代米は出汁で炊いてあります、上には自家製のカラスミをのせて、添えてある自家製XO醤と一緒に頂きます。

「カフェグルマン」・・・・・クリームチーズと桃で作ったエスプーマ(ムース)、マンゴーのソース、スプーンの上にはドライフルーツの焼き菓子、小さいパイナップルのグラニテ。
「山水仙茶」

 いつも素晴らしい料理ですが、今日は特に素晴らしかった、まさに感動の連続でした。
食材も凄いですが須本シェフの料理の発想が驚きです、丸茄子とフォアグラ、牛、豚、鶏の3種混合、牛肉と蓮根団子 等々、驚き、感動の連続でした。

さぁ~、次はいつ伺うことが出来るのでしょう、まずは予約時に頑張ってみましょう。

  • トゥ・ラ・ジョア - 伊勢海老のサフラン風味

    伊勢海老のサフラン風味

  • トゥ・ラ・ジョア - 和風だしの贅沢スープ

    和風だしの贅沢スープ

  • トゥ・ラ・ジョア - 丸茄子のカツレツ

    丸茄子のカツレツ

  • トゥ・ラ・ジョア - 和牛と黒豚の蒸し・焼き

    和牛と黒豚の蒸し・焼き

  • トゥ・ラ・ジョア - 磯の香の一皿

    磯の香の一皿

  • トゥ・ラ・ジョア - 新蓮根と天草牛

    新蓮根と天草牛

  • トゥ・ラ・ジョア - Mのサラダ

    Mのサラダ

  • トゥ・ラ・ジョア - 古代米のお粥

    古代米のお粥

  • トゥ・ラ・ジョア - カフェグルマン

    カフェグルマン

  • トゥ・ラ・ジョア - 伊勢海老のサフラン風味

    伊勢海老のサフラン風味

  • トゥ・ラ・ジョア - 和風だしの贅沢スープ

    和風だしの贅沢スープ

  • トゥ・ラ・ジョア - 丸茄子のカツレツ

    丸茄子のカツレツ

  • トゥ・ラ・ジョア - 新蓮根と天草牛

    新蓮根と天草牛

  • トゥ・ラ・ジョア - Schramsberg 2008 Reserve

    Schramsberg 2008 Reserve

  • トゥ・ラ・ジョア - Etude Grace Benoist Ranch Carneros Chardonnay 2013

    Etude Grace Benoist Ranch Carneros Chardonnay 2013

  • トゥ・ラ・ジョア - Tout la Joie 2016 Cabernet Sauvignon

    Tout la Joie 2016 Cabernet Sauvignon

  • トゥ・ラ・ジョア - 玉手箱

    玉手箱

4回目

2018/03訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 5.0
    使った金額(1人)
    ¥20,000~¥29,999

感動の連続、益々、冴えわたる須本シェフ

Instagram (bottan222)

ーーーーーーーーーーーーー
2018/03

 ”トゥ ラ ジョア” と云うプラチナ席を名古屋のお姫様からお誘いを受けました、なんと有難いことか、感謝、感謝です。

タクシーを降りると、早速、須本シェフとマダムの優しい笑顔に迎えられます、スタッフの案内で席へ、私達夫婦が一番最後、皆さんは既に席に着いております。

まずは、「Louis Casters Grande Reserve Brut Chardonnay」 のマグナムボトルで乾杯です、マグナムでしたから一味違い、大変に美味しかった。

「NIKUJAGA」・・・・・なんと贅沢な ”肉じゃが” なんでしょう(笑)、蓋を開けるとイタリアのウンブリア産のトリュフの香りがします。
4種類のじゃが芋を蒸して裏漉しして作った葛餅の様なもの上に醤油、ニンニク、生姜、八角 等々で味付けをした宮崎牛のスネ肉をのせてます、スープも宮崎牛のスネ肉を使ったビーフコンソメです、金、銀箔で仕上げてあります。
じゃが芋の練り物が独特の食感で美味しかったです。

「シャンピニオンのスープ」・・・・・岡山県のミツクラ農林のマッシュルームをバターと玉ねぎとニンニクと一緒に炒めたシャンピニオンディクセルを一番下に沈め、その上にマッシュルームだけのスープを入れ、トラ河豚の白子のムニエルを真ん中に、その上にはスペインのオリーブオイルを球体状にしたものをのせてあります。
おぉ~、マッシュルームですね、良い香りです、白子のムニエルも美味しい。

「桜のムース」・・・・・鯛のすり身のふわふわなムース、その上に塩漬けにした桜の花をのせ、周りのピンクのは、塩漬けにした桜の花と葉を塩抜きした後、フードプロセッサーにかけペースト状にし乾燥させたのもです。
スープは鰹の一番出汁、その下にはフキノトウのペーストも沈めてあります。
桜とフキノトウ、春らしい一品ですね、素晴らしい。

「GHOST BLOCK MorgaenLee Vineyard 2016 Sauvignon Blanc Yountville Napa Valley」・・・・・ナパ・ヴァレーのソーヴィニヨン・ブランらしい、リッチな味わいとさわやかさで長い余韻がありました、”桜のムース” からの料理に合わせて頂きましたが、ピッタリでした。

「新玉葱の一皿」・・・・・淡路産の新玉葱、真ん中をくりぬいて北海道産の馬糞雲丹を詰めております、それにエビセンを纏わせて揚げたもの、周りのソースは玉葱のキャラメルソースとビーツのソース。
これもソーヴィニヨン ブランとピッタリと合いますね。

「合馬産筍の昆布風味」・・・・・福岡県小倉の合馬産の筍、ハンマーシャークのフカヒレと北海道の蝦夷アワビも入った贅沢スープです、スープは10年ものの真昆布からとったもの。
別皿に入った生姜のタレと自家製のXO醤を途中から好みに合わせて入れます。
塩だけの味付け、幸せを実感する逸品でした。

「Soda Rock Dry Creek Valley Merlot 2014 Smith Orchard」・・・・・メルローなのにしっかりとした重さをも感じる赤ワインでした、ワイナリーのメンバーにならないと買えないワインで日本には入ってきません、そんな貴重で美味しいワインでした、須本さんが選ぶワインにハズレなしです。

「佐賀牛の網焼き」・・・・・佐賀の放牧牛のサーロイン、回りの脂や筋を全部取り除いた芯だけの部位を備長炭で表面だけ炙り、あとは低温調理されたお肉です。
添えてある自家製のお塩と山葵オイルをつけて頂きます、表面は香ばしく、中はしっとりとした、実に美味しい肉でした。

「Mのサラダ」・・・・・トゥ・ラ・ジョアには何十回と伺っておりますが一度たりとも同じ料理は出てきません、でも、これだけは毎回出される定番料理となっております。

「生湯葉粥」・・・・・土鍋で炊いたお粥と自家製の湯葉のご飯もの、みたらし団子のタレの様なものが回りにかけてあり、真ん中にはスターレッド キャビアを添えてあります。
小さな器の中に青柚子と青唐辛子と生姜で作ったピリッとした味噌みたいの入っており、これを途中から、好みに合わせて湯葉粥に入れます、ピリリッと引き締まった味となります。

「イスパハン」・・・・・ライチ・フランボワーズにバラの風味を加えたクリームで作られたピエール・エルメのマカロンのイスパハンからイメージして作られたデザートです。
ホワイトチョコレートを敷き、その上に、ライチの果汁を入れた焼きマシュマロ、苺を置き、ラズベリーのソースで頂きます。
上のグラスの中は、苺と紅茶で作ったアイスクリーム、白いのは薔薇の香りのする泡で薔薇の花を飾っております。
スプーンの上には、薔薇の香りのするメレンゲの焼き菓子です。
しかし、ピエール・エルメのイスパハンからこれだけのデザートをイメージするとは驚きと感動です、まさに、須本マジックですね。

「山水仙茶」・・・・・中国茶です。

 なんと幸せな一晩なんでしょう、お誘い頂いたお姫様に大感謝です、こんなに楽しく、美味しい ”トゥ ラ ジョア” に次に伺えるのはいつになるのでしょうか、20~30回電話をしても繋がらないと諦めてしまう私(70歳になると根性がなくなります)、お姫様頼りです、宜しくお願い致します。

  • トゥ・ラ・ジョア - NIKUJAGA

    NIKUJAGA

  • トゥ・ラ・ジョア - シャンピニオンのスープ

    シャンピニオンのスープ

  • トゥ・ラ・ジョア - 桜のムース

    桜のムース

  • トゥ・ラ・ジョア - 新玉葱の一皿

    新玉葱の一皿

  • トゥ・ラ・ジョア - 合馬産筍の昆布風味

    合馬産筍の昆布風味

  • トゥ・ラ・ジョア - 佐賀牛の網焼き

    佐賀牛の網焼き

  • トゥ・ラ・ジョア - Mのサラダ

    Mのサラダ

  • トゥ・ラ・ジョア - 生湯葉粥

    生湯葉粥

  • トゥ・ラ・ジョア - イスパハン

    イスパハン

  • トゥ・ラ・ジョア - Louis Casters Grande Reserve Brut Chardonnay

    Louis Casters Grande Reserve Brut Chardonnay

  • トゥ・ラ・ジョア - GHOST BLOCK MorgaenLee Vineyard 2016 Sauvignon Blanc Yountville Napa Valley

    GHOST BLOCK MorgaenLee Vineyard 2016 Sauvignon Blanc Yountville Napa Valley

  • トゥ・ラ・ジョア - Soda Rock Dry Creek Valley Merlot 2014 Smith Orchard

    Soda Rock Dry Creek Valley Merlot 2014 Smith Orchard

3回目

2017/09訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 5.0
    使った金額(1人)
    ¥20,000~¥29,999

感動の連続、益々、冴えわたる須本シェフ

Instagram (bottan222)

ーーーーーーーーーーーーー
2017/09

 今日も名古屋のお姫様からお誘いを受け、貴重な席に参加することが出来ました、感謝、感謝です。

まずは、「Champagne Gosset 15ans/years Brut」 で乾杯。

今日も素晴らしい料理の数々で、感動しっぱなしでした、その料理は次の通り :

「秋トリフの一皿」・・・・・2種類のトリュフ料理、1つは、トリュフのペーストを練りこんだお餅をワッフルマシーンで、じゃが芋とトリュフを合わせたペーストと一緒にカリカリに焼いたもの、仕上げに自家製のトリュフ塩を振り、その上にトリュフ スライスをのせたものです、カリカリですから手で持って食べます。
もう1つは、秋トリュフを細かく刻みコンソメと野菜を入れて78℃で48時間湯煎にかけたもの、所謂、秋トリュフのコンソメです、中にトリュフの千切りも入っております、もの凄い量のトリュフを使っている、贅沢な料理でした、滅茶苦茶に良いトリュフの香りです、勿論、味も滅茶苦茶に美味しいです。

「カリカリ鰻の北京風」・・・・・宮崎県椎葉村の1.5mもある天然うなぎを、中華で使う五香粉と白ワインをかけて蒸し上げ、それをカリカリに焼き上げたもの、それを北京ダックのように胡瓜と自家製甜麺醤、醤油、山椒の実と一緒に北京ダック用の生地で巻いてあります。
鮎の魚醤で風味付けしたスプラウトが添えてあります。

「Calera Jose Jensen Selection Chardonnay Central Coast 2013」

「オニオンスープ」・・・・・コンソメを使っていないオニオンスープ、鹿児島県枕崎から取り寄せた5年物の本枯れ節を大量に使い、濃厚な鰹出汁を作り、そこにバターで炒めた玉葱を大量に入れてオニオン グラタン スープ風に仕上げたもの、中には最高級のウバザメのフカヒレと新銀杏が入っております。
エクストラバージンオイルを塗ってオーブンで焼いたお麩が添えてあります。
鰹節の燻香がベーコンのようでよりオニオン グラタン スープのように感じさせます、良いですね。

「オマール海老の香味揚げ」・・・・・ブルターニュ産のブルーオマール海老の身を薩摩の純系の黒豚の肉で巻き、甘海老を干して、それをパン粉状にしたものを回りに付け、高温の油で30秒だけ揚げたものです、ですから、中のブルーオマール海老は半生の状態。
北海道の礼文島のミョウバンのかかっていない馬糞雲丹が添えてあります、これをソース代わりとしてオマール海老に付けて食べます、当然ですが、滅茶苦茶に美味しいです。
上の器の中身は、オマール海老の頭だけを使った、オマール海老のコンソメスープです。

「和牛栗きんとん」・・・・・熊本産の初物の利平栗の一番栗だけを使った栗きんとん、栗を蒸して裏漉しをして、そこに、醤油、味醂、生姜、ニンニクを入れてトロトロになるまで炊いた宮崎牛のスネ肉を合わせ、茶巾してオーブンで焼いたもの。
一人3個分のフレッシュ ポルチーノ茸をフードプロセッサーに30分かけ、医療用遠心分離機にかけ、サラサラにしたのをスープとしております。
スープの中には、ダイスカットしソテーしたポルチーノ茸も入ってます。
これも、滅茶苦茶に美味しいです

「Robledo Family Winery Cabernet Sauvignon 2005 Napa Valley Fourth Edition」

「十勝牛の網焼き」・・・・・十勝牛のサーロインの部分を備長炭でゆっくりと焼き上げたものです。
北海道産のマッシュルームを玉葱とニンニクと一緒にゆっくりとバターで炒めた ”シャンピニオンディクセル” がソースです。
タスマニア産粒マスタードに赤ワインをあわせたものとキノコが横に添えられ、肉の上には、スネ肉から作ったビーフコンソメの透明のシートにしたものがのせられております、上の黄色いものは、白トリュフオイルに1週間漬け込んだ冷凍ウズラの卵黄を解凍したものです。

「Mのサラダ」・・・・・唯一の定番です。

「汁ビーフン」・・・・・キャビアをのせたビーフンへ、脂の部分を取り除いた名古屋コーチンから取った出汁を入れたもの、中にはスライスした広島産松茸がたっぷりと入っております。
松茸の香りが素晴らしいです。

「無花果と胡桃」・・・・・右のデザートは、3種類のチーズ(ゴルゴンゾーラ、カマンベール、マスカルポーネ)を使ったチーズのムース と 無花果のムース と 無花果のコンポートです。
左の器に入ったデザートは、胡桃のアイスクリーム と 胡桃のキャラメリゼ と 白胡麻と黒胡麻のチュイルです。
ピンク色のソースは無花果から作ったものです。

いつも凄いですが、今日のも凄かった、感動、感動の連続でした、伺うごとに凄さが増すようです、次に伺うのが、今から楽しみです。

  • トゥ・ラ・ジョア - 秋トリフの一皿

    秋トリフの一皿

  • トゥ・ラ・ジョア - カリカリ鰻の北京風

    カリカリ鰻の北京風

  • トゥ・ラ・ジョア - オニオンスープ

    オニオンスープ

  • トゥ・ラ・ジョア - オマール海老の香味揚げ

    オマール海老の香味揚げ

  • トゥ・ラ・ジョア - 和牛栗きんとん

    和牛栗きんとん

  • トゥ・ラ・ジョア - 十勝牛の網焼き

    十勝牛の網焼き

  • トゥ・ラ・ジョア - Mのサラダ

    Mのサラダ

  • トゥ・ラ・ジョア - 汁ビーフン

    汁ビーフン

  • トゥ・ラ・ジョア - 無花果と胡桃

    無花果と胡桃

  • トゥ・ラ・ジョア - 秋トリフの一皿

    秋トリフの一皿

  • トゥ・ラ・ジョア - 秋トリフの一皿

    秋トリフの一皿

  • トゥ・ラ・ジョア - オニオンスープ

    オニオンスープ

  • トゥ・ラ・ジョア - オマール海老の香味揚げのスープ

    オマール海老の香味揚げのスープ

  • トゥ・ラ・ジョア - 汁ビーフン

    汁ビーフン

  • トゥ・ラ・ジョア - Champagne Gosset 15ans/years Brut

    Champagne Gosset 15ans/years Brut

  • トゥ・ラ・ジョア - Calera Jose Jensen Selection Chardonnay Central Coast 2013

    Calera Jose Jensen Selection Chardonnay Central Coast 2013

  • トゥ・ラ・ジョア - Robledo Family Winery Cabernet Sauvignon 2005 Napa Valley Fourth Edition

    Robledo Family Winery Cabernet Sauvignon 2005 Napa Valley Fourth Edition

  • トゥ・ラ・ジョア - 個室 ①

    個室 ①

  • トゥ・ラ・ジョア - 個室 ②

    個室 ②

  • トゥ・ラ・ジョア - 個室 ③

    個室 ③

  • トゥ・ラ・ジョア - 個室 ④

    個室 ④

  • トゥ・ラ・ジョア - テーブルセッティング

    テーブルセッティング

2回目

2017/02訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 5.0

感動の連続、益々、冴えわたる須本シェフ

Instagram (bottan222)

ーーーーーーーーーーーーー
2017/02

 今年も運良く伺う事が出来ました、毎回、そうなんですが、今回も感動の連続でした。

 今日も料理に合わせて須本シェフにワインをマリアージュして頂きました、まずは、「Schramsberg 2010 Blanc de Blancs Brut North Coast」 で乾杯です、では、今日の料理を簡単に説明させて頂きます。

「生湯葉のカクテル」・・・・・自家製の白トリュフ オイルに2週間漬け込んださっとボイルしたフランス産の鶉の玉子、その上に白身魚のムース、そして、その上に自家製の湯葉、自家製の唐墨のシート、仕上げにキャビアをのせてあります、鶉の玉子がオイルに漬け込んだことにより、ニョッキのようにモチモチして食感が良く美味しい、のっけから須本マジック炸裂です。

「ズワイカニのカツレツ」・・・・・ズワイガニの脚の身を静岡県産の金華豚のバラ肉を巻き、牡丹海老をパリパリに乾燥させたものをパン粉代わりにして揚げたカツレツです、ズワイガニと牡丹海老と金華豚の味がします(笑)、手前に見えるズワイガニの蟹味噌ソースや自家製の黒トリュフ塩を付けて頂きます、2時間フライパンで乾煎り繊維状したズワイガニの身をのせてあります、驚きの一品でした。

「Chasseur Lorenzo 2012 Chardonnay Russian River Valley」

「トラフグ白子のシュークリーム」・・・・・サックサクのアンチョビ入りのシュー生地の中に山口県産の虎河豚の白子の胡麻焼きが入っております、シャンピニオンのソースとホウレン草のソースと共に頂きます、スペイン王室御用達 最高級アンダルシア産 EXVオリーブオイル オロバイレンを球体状にしたものが回りにちりばめてあります。

「百合根の碗仕立て」・・・・・器の蓋を開けるとトリュフの素晴らしい香りが広がります、フランス・アルザスの最高級の黒トリュフをたくさん使用した一品、蒸して裏ごしした北海道産の百合根の中に細かくした黒トリュフを練り込んで蒸し器で熱々にしたのも、それをオリジナルコンソメに入れたものです、煮たフォアグラをペーストにし、それをエスプーマで泡状したものがかけられております。 凄い!と云う言葉しか出てきません。

「Shafer Red Shoulder Ranch Chardonnay 2012 Napa Valley Carneros」

「沖鰆のソテー」・・・・・水中の中で活け〆された長崎県五島列島の 4.8kg 鰆、それを氷温で1週間熟成させたものをソテーしたものです、ジャガイモで作ったケースの中に鰆、和牛のリエットを入れ、上には北海道産のミョウバンのかかっていない馬糞雲丹をのせてあります、フランス産の貝の味の濃いスープと共に。

「Big Basin Vineyards Pinot Noir 2013 Santa Cruz Mountains」

「薩摩黒牛と鮑の一皿」・・・・・遠火で1時間備長炭で焼いた薩摩黒牛のサーロインと千葉県房総の活き鮑を自家製のラー油と4日間48度のお湯で取った北海道産真昆布の出汁と共に、表面カッリと中はネットリのサーロイン、抜群でした。

「Mのサラダ」

「中国茶」

「柑橘とチョコレート」・・・・・金柑のコンポート、チョコレート クッキー、柚子のムース、ホワイトチョコの落雁、レモンのソース、自家製生チョコ。

 凄いと思いませんか、感動しっぱなしでした、今年も、あと2~3回伺いたいのですがうまくいきますでしょうか。

  • トゥ・ラ・ジョア - 生湯葉のカクテル

    生湯葉のカクテル

  • トゥ・ラ・ジョア - カニのカツレツ

    カニのカツレツ

  • トゥ・ラ・ジョア - トラフグ白子のシュークリーム

    トラフグ白子のシュークリーム

  • トゥ・ラ・ジョア - 百合根の碗仕立て

    百合根の碗仕立て

  • トゥ・ラ・ジョア - 沖鰆のソテー

    沖鰆のソテー

  • トゥ・ラ・ジョア - 薩摩黒牛と鮑の一皿

    薩摩黒牛と鮑の一皿

  • トゥ・ラ・ジョア - Mのサラダ

    Mのサラダ

  • トゥ・ラ・ジョア - 香茸御飯

    香茸御飯

  • トゥ・ラ・ジョア - 柑橘とチョコレート

    柑橘とチョコレート

  • トゥ・ラ・ジョア - 中国茶

    中国茶

  • トゥ・ラ・ジョア - Schramsberg 2010 Blanc de Blancs Brut North Coast

    Schramsberg 2010 Blanc de Blancs Brut North Coast

  • トゥ・ラ・ジョア - Chasseur Lorenzo 2012 Chardonnay Russian River Valley

    Chasseur Lorenzo 2012 Chardonnay Russian River Valley

  • トゥ・ラ・ジョア - Shafer Red Shoulder Ranch Chardonnay 2012 Napa Valley Carneros

    Shafer Red Shoulder Ranch Chardonnay 2012 Napa Valley Carneros

  • トゥ・ラ・ジョア - Big Basin Vineyards Pinot Noir 2013 Santa Cruz Mountains

    Big Basin Vineyards Pinot Noir 2013 Santa Cruz Mountains

  • トゥ・ラ・ジョア - 10席のテーブル

    10席のテーブル

1回目

2016/12訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 5.0
    使った金額(1人)
    ¥20,000~¥29,999
  • lunch:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 5.0
    使った金額(1人)
    ¥20,000~¥29,999

感動の連続、益々、冴えわたる須本シェフ

Instagram (bottan222)

ーーーーーーーーーーーーー
2016/12

今年は大ラッキーな年でした、年に6回も ”トゥ・ラ・ジョア” に伺えたなんて。
来年も6回とは言いませんが3~4回は伺いたいです、上手くいくと良いのですが。

ーーーーーーーーーーーーー
2016/09

すみません、また伺って参りました、持つべきは友ですね(笑)。

いつもながら料理は美味しく、ラッキーなことに ”中秋の名月” も見ることが出来ました、幸せな一日でした。

ーーーーーーーーーーーーー
2016/07

今日は、銀座の中華のシェフ夫妻、神楽坂のバーのご主人夫妻、新宿の有名とんかつ店のご主人夫妻、大好きな有名な食べログのブロガーさん、そして、特別ゲストとして京都で一番好きなバーのご主人、我々夫婦の10名で伺いました。

今日も皆で ”須本ワールド” を思う存分楽しませて頂きました。

ーーーーーーーーーーーーー
2016/05

幸運なことに2月連続で伺うことが出来ました。

今日の料理は :

「オマール海老とセロリラーブのカクテル」
「新ジャガと新玉葱の椀物」
「真蛸と蓮根の陶板焼き」
「海鮮の中華蒸し」
「貝の一皿」
「宮崎牛と黒豚の低温ロースト」
「Mのサラダ」
「カルボナーラ御飯」
「甘夏の冷たいおしるこ」


合わせて頂きましたワインは :

「Champagne Louis Casters A Damery Selection Brut」
「2012 Sauvignon Blanc Mesa Verde Vineyard Clendenen Family Vineyard」
「Soda Rock 2012 Primitivo - Lytton Station, Alexander Valley」


でした。

今日も感動の晩でした。

ーーーーーーーーーーーーー
2016/04

友人の誕生日祝いに、貴重な席にお呼ばれしました。

今日も、何度も、ため息が出てしまったほどの料理の数々でした。

まずは、「SCHRAMSBERG BLANC DE NOIRS North Coast」 スパークリングで誕生日祝いの乾杯。

「カニ酢」・・・・・トマトと苺を使って作った酢のジュレの中には、福井県産ズワイ蟹の身と蟹味噌が一杯入っており、トマトと苺の酸味と甘味が程よく効いており、蟹を引き立ております。

「具沢山の熱々スープ」・・・・・宮崎牛、利休麩(大徳寺麩)、干しナマコのスープ。
スープは、名古屋コーチン2:鹿児島黒豚4:宮崎牛:4の割合で作った、濃厚でありながら品の良い、意外とあっさりとしたもの。
仄かな松露の香りが良いですね。

「TWOMEY SAUVIGNON BLANC 2014」・・・・・爽快でバランスの良いカルフォルニアの白ワインでした。

「鮃のムース」・・・・・小倉の筍と海燕の巣と薄くスライスしたお餅に鮃のムース、貴重なスターレッド キャビアとプラチナが上に添えられております。
鮃のムースに絡められたお餅が美味しかったぁ~、すみません、勿論、筍も海燕も美味しかったですよ(笑)。

「ホワイトアスパラガスのグラチネ」・・・・・佐賀県産アスパラガスに、惜しげもなく黒トリュフ、白トリュフ、サマートリュフのトリュフ3兄弟が卵黄と共に、ふんだんに掛けられております。

「Sbragia 2009 Gamble Ranch Vineyard Chardonnay」・・・・・シャルドネらしく豊かなワインでした。

「海老 エビ えび」・・・・・手前が伊勢海老の春巻、お椀にはブルーオマール エビのコンソメスープ、最中の中身は富山産 白えびの昆布〆、正に、”海老” ”エビ” ”えび” でした(笑)。

「Soda Rock Alexander Valley Primitivo Lytton Station 2012」

「土佐赤牛と活鮑の一皿」・・・・・58℃のオイルバスで4時間火入れした後に、表面だけ軽く炭火でやいた 土佐赤牛と蝦夷アワビ。
根セロリの根っこのソースとビーフコンソメで。

「Mのサラダ」・・・・・定番のサラダ

「唐墨御飯」・・・・・自家製唐墨御飯、下には大根のみぞれ餡、上には鰹節、山葵の醤油漬けが添えてあります。
シンプルだけど、これが旨いのです。

「甘酒のソルベ」・・・・・生姜のジュレに板飴と苺、抹茶のブリュレにクッキーの粉末。

「中国茶」・・・・・山水仙、他20種類の葉を使った烏龍茶。

「苺のショートケーキ」・・・・・自家製のバースデーケーキ。

今日も、素晴らしく、感動をさせられた料理の数々でした。
そして、誕生日おめでとうございました、また、来年も呼んで下さい(笑)。

ーーーーーーーーーーーーー
2016/02

今年初の ”トゥ・ラ・ジョア”、今回も友人に誘われて、ホント、持つべきものは友ですね(笑)。

早速、今日の素晴らしい料理を紹介致します。

「カリフラワーのカクテル」
「蕗の薹のスープ」
「和牛と越冬白菜の中華蒸し」
「エビ芋と活鮑の一皿」
「海老フリャアー」
「上州牛と六白豚のポッシェ」
「Mのサラダ」
「キノコ御飯」
「落花生のセミフレッド」

今日も、怒涛のように襲ってくる料理の数々に、私はただただ唸るだけでした。

ーーーーーーーーーーーーー
2015/11

今年4回目の ”トゥ・ラ・ジョア”、ホント、持つべきものは友ですね。

今日のも素晴らしかったです、One Of The Best でした。

「北海道産 帆立貝と生雲丹のカクテル」
「和牛と牛蒡のスープ」
「伝助穴子と鮑の壺焼き」
「烏賊の一皿」
「カニの真鱈白子蒸し」
「土佐赤牛の網焼き」
「Mのサラダ」
「伊勢海老のダシ御飯」
「抹茶のアイスと和栗の最中」

料理に合わせて須本シェフが選んでくれたワインは、
「 Champagne J.Lassalle Preference Premier Cru」
「Littorai 2013 B.A.Thieriot Vineyard Sonoma Coast Chardonnay」
「Cedar Ville Vineyard 2009 Cabernet Sauvignon El Dorado」
「Sodarock 2011 Sonoma County Merlot Smith Orchard」

まさに、パーフェクトと云う言葉がピッタリの料理とワインでした。

須本シェフは神ががってきております(笑)。

ーーーーーーーーーーーーー
2015/09

またまた幸運にも、今年3回目の ”トゥ・ラ・ジョア”、持つべきものは友ですね。

今回も圧巻な料理の数々、須本マジックを堪能致しました。

「活き伊勢海老ときのこの一皿」
「国産栗のスープ」
「鮑と燕の巣の壺蒸し」
「フカヒレとポルチーニグラタン」
「百合根団子と和牛の椀仕立て」
「薩摩黒牛と黒豚のロースト」
「Mのサラダ」
「松茸フォー」
「柚子のムースと秋の果物たち」

毎回、美味しい料理を提供して頂けますが、今回のは凄かった、ホント、すごかったです。

ーーーーーーーーーーーーー
2015/05          9枚の写真 (2015/05) を追加しました

幸運にも、また、伺うことが出来ました(笑)。

今日、頂きましたのは :

「甲イカと生ウニの昆布〆」
「海鮮胡麻豆腐の椀仕立て」
「蓬とトウモロコシの冷製スープ」
「和牛の中華パン」
「チョウザメの一皿」
「壱岐牛のロースト」
「Mのサラダ」
「冷し唐墨ラーメン」
「抹茶ココナッツ」

味については、写真を見て、ご自身で想像してみて下さい(笑)。

ワインは :

「Champagne Gosset Brut Grand Millesime 2004」
「Cake bread Cellars 2012 Sauvignon Blanc Napa Valley」
「Kalin Cellars 1995 Chardonnay Sonoma County」
「Kalin Cellars 1999 Pinot Noir Sonoma County」
「A.Rafanelli Zinfandel Dry Creek Valley Sonoma County」


今日も素晴らしい料理の数々でした。
驚きましたのは、本当に熟成肉はやめられたことです、前回も ”熟成肉はやめた” と言われてましたが、嘘だろうと思っておりました(笑)。

さぁ~、今度、伺えるのは、いつのことでしょう(笑)。

ーーーーーーーーーーーーーー
2015/03          13枚の写真 (2015/03) を追加しました

神様からプラチナチケットを1枚授かりましたので、新幹線に乗って、日帰りで伺って参りました。

嬉しさのあまり、30分程早く着き、皆さんが来られる間、須本シェフから色々と貴重なお話をお聞きすることが出来ました。

全員が揃い、まずは、「Champagne Gosset Brut Grand Millesime 2004」 で乾杯。

「フランス産トリフの一皿」
蓋を開けると、素晴らしいトリュフの香り、ずーっと香りを愉しみたいです(笑)。
ビーフコンソメの中には、トリュフが、その上には、裏漉しをした百合根に、細かく刻んだトリュフを入れ、団子状にし、竹炭をつけ、それを揚げたものが入っております。
百合根団子を割ると、これまた、トリュフの良い香りが再び。

「白インゲン豆と海鮮スープ」
北海道産 白インゲン豆のスープの中には、京都の “間人蟹” の身と蟹味噌を沈めてあり、それと、鰹と昆布出汁に漬け込んだ “海燕の巣” も入ってます。
香り付けとし、フレッシュ ギルで作った、ギルオイルが散らしてあります。
白インゲン豆のスープは、なんと優しい味なんでしょう。
味の濃い蟹、これが、どっさりと入っておりました。

「穴子のポピエット」
ポピエットとは、フランス語で “巻く” という意味だそうです。
長崎県産の穴子をバルサミコをベースにしたフュメ・ド・ポワソン(白ワイン、醤油 等々)で炊いてあります。
その穴子の中には、青森県陸奥湾産の帆立貝のムースを詰めて、全体を蒸したもの、上のキャビアはレッドスターです。
スープは安心院の天然スッポンの出汁です。
写真には写ってませんが、お皿の周りには野菜のチップが添えてあり、それをスープに入れたり、穴子に付けたりしながら、それぞれの味を楽しみます。
スッポンのスープがもの凄く綺麗な味です。

「Kalin Cellars Semillon 2000 Livermore Valley」
新鮮でありながら、リッチで長い余韻があり、素晴らしくフルボディなカルフォルニア ワインでした、非常に私好み、東京に帰ってきて、3本買いました(笑)。

「活鮑のカツレツ」
夏に美味しい、北海道の活蝦夷アワビです。
殻付きのまま、昆布出汁で煮て、カツレツにするのですが、驚きです、これ、パン粉ではないのです、カラスミなんです。
上にのっているのは、北海道昆布森の馬糞雲丹です。
添えてあるのは、中華で使う、豆鼓味噌とレモンですが、これらは好みで。
鮑に、この雲丹をのせて食べます、鮑の味、雲丹の味、唐墨の味、これ、堪らんですぞ!。

「トラ河豚の椀仕立て」
トラ河豚は3.8kgの山口県下関市 南風泊(はえどまり)市場から。

一番下には、裏漉しされた “トラ河豚の白子”にフュメ・ド・ポワソンを加えて、熱々に蒸したもの、その上に、10日間熟成した河豚の身をてっさに引いたものを、熱々の “白子” の上に冷たい “てっさ”、この温度差と食感の違いが楽しめます。
一番上にのっているのはカダイフです。

このデミタス カップの中には、河豚のヒレ、骨、皮、身から取った “トラ河豚のスープ”。
それに、スペイン産のサフランで作ったスープを加えたもの、言えば、“河豚のサフラン スープ” ですか(笑)。
上品ながら、河豚の味が濃厚、スープだけでも、非常に美味しい。

まずは、てっさに白子をたっぷりとのせて食べ、スープを一口、これを2~3度程繰り返し、今度は、スープをてっさ椀の中に入れ、混ぜ合わします、そこで、“トラ河豚のブーヤベース” の完成です(笑)。

その美味しさに、もう、ただ笑うしかありません(笑)。

「Kalin Cellars Pinot Noir 1999 Sonoma County」
次の十勝牛にあわせて赤ワインを。
熟成感があり、飲み疲れしない美味しいワインでした。

「十勝牛のマッシュルーム風味」
十勝牛のサーロイン、脂、筋の部分を全部はずして、芯の部分だけにしたもの。
それに、十勝放牧豚のサーロインの肉を薄く切って、牛肉の周りに巻いて、一緒にポッシェ(十勝牛のコンソメと共に、58℃で70分程茹でる)したもの。
周りは、十勝ホワイトマッシュルームで作ったソースと、手前の茶色のは、ブラウンマッシュルームで作ったマッシュルームのペースト。
甘いオニオン ソースも添えてあります(玉葱だけの甘さです)。

これは、熟成肉ではありません、今年から熟成肉は止められたようです。

「Mのサラダ」
唯一の定番料理です。

「鱶鰭の土鍋御飯」
ウバザメの鱶鰭です。
25年物の金華ハムのスープと野菜のスープだけの味付け、ご飯を崩して、鱶鰭とスープと共に頂きます、金華ハムと野菜の上品な味と香り。
半分ぐらい食べてから、添えてある南蛮味噌(田舎味噌に青唐辛子、茗荷、生姜を漬け込んだもの)を加えると、また、和食のような違った味となり、2度楽しめます。

「柚子 & ペッパー」
ブラックペッパーを練りこんだブランマンジェ、苺(やよいひめ)、柚子の果汁とピールがたっぷりと入ったチョコレートのデザート。

「エスプレッソ」

凄い、凄い、今日も凄かったぁ~~~。
須本ワールド、須本マジックが満開でした。

プラチナチケットを授けてくれた神に大感謝です。

ーーーーーーーーーーーーーー
2014/08          19枚の写真 (2014/08) を追加しました

なんと、また伺うことが出来ました。
前日、翌日と用事がありましたので日帰りで、此方に伺うことが出来れば、そんなんことは気になりません(笑)。

今日は、ワインを持参せず、すべて須本シェフにお任せ。

まずは、「Schramsberg 2003 J. Schram」で乾杯。

「海老の一皿」・・・・・三重県鳥羽から取り寄せた ”伊勢海老” です。

48℃で火を入れたあと冷水でキュッと締め、まわりには、フランスから取り寄せた、大量の ”グルコオマール”を擂り潰した、オマール海老のジュレのコンソメを。
上の茶色いのは伊勢海老とオマール海老の味噌を合わせたものです。

もう一品は、20匹分の白海老 と レッドスター キャビアの最中です。
まずは、最中から、、、、うぅ~ん、旨い、ワインにピッタリ、両方とも素晴らしい!。

「白いんげん豆と帆立貝のスープ」・・・・・白インゲン豆 に 干貝柱 のエキス を入れ、ゆっくり煮詰めた温かいスープ。

中央の白いのは、陸奥湾産の帆立貝のホワホワのムース、まわりの透明のソースは ”干貝柱のソース”、上の茶色いのは、帆立貝を練り込んで焼いたダンケルと云うサブレを砕いたものです。

「Clos du Val 2012 Sauvignon Blanc Napa Valley」

「活鮃の生湯葉風味」
愛知県産の一本釣であがった、脂身の少ない、旨味のある ”鮃” を ”蘇” をのせて、オーブンで焼きました。
”蘇” とは大昔のチーズで、須本シェフの自家製です。
その ”鮃” の上に、たっぷりと湯葉がのせてあります。
まわりには、モンサンミッシェルのムール貝から取ったソースが、これまた、たっぷりと。
黄色い粒々は、スペイン産バージンオイルの自家製の球体です(ただ単に、オリーブオイルをかけたのとは、食感、香りが違いました)。
甘い、自家製の乾燥 ”フルーツトマト” も入っておりました。
おぉ~、それと、”Clos du Val 2012 Sauvignon Blanc Napa Valley” が、この料理にピッタリでした。

「蕪の炊き合わせ」
えっ!、どこが ”蕪の料理” だとお思いでしょう、普通、”鮑” や ”サマー トリュフ” が主役なんですが、これは違います、トリュフの下に隠れている ”蕪” が主役で、”鮑” や ”サマー トリュフ” は名脇役なんです。
長崎県五島列島の ”鮑” と 宮崎県産の ”牛タン”、鹿児島産 ”スッポンのスープ”、これらと、”蕪” の炊き合わせですから、”鮑”、”牛タン”、スッポン” の旨味をグググ~ンっと吸い込んだ ”蕪” なんです。
分かりますでしょう、その美味しさが。

「Kalin Cellars 1995 Chardonnay Sonoma County」

「百合根のカリカリ揚げ」
北海道産の ”百合根” を蒸して裏漉したものを、煮含めた 長崎県産の ”穴子” で巻き、その上から細く切ったキタアカリを巻き、低温の油でゆっくり揚げたものです。
北海道産礼文利尻の ”雲丹”(ミョウバンに浸けていない)がたっぷりのせてあります。
下のソースは、干したポルチーニ茸からの出汁に醤油等を入れ、煮きったものです。

なめらか過ぎるほどの ”百合根” とカリカリとキタアカリ、”雲丹” と ”ポルチーニ茸ノソース”、痺れちゃいます。

「なにわ黒牛の椀仕立て」
エイジングは一切していない、”なにわ黒牛” を備長炭で焼いております。
この牛から取った ”ビーフコンソメ” のスープの中に入っており、広島産 ”松茸” と ”利休麩” が付き合わせとなっております。

なんと、素晴らしい肉なんでしょう、上品なサシが入っており、甘くて美味しい。
”ビーフコンソメ” をソースとした理由がわかりました、なるほど、この肉でしたら、エイジングをする必要がないですね。

「Mのサラダ」・・・・・このサラダだけが、唯一の定番、オリジナル・サラダ。
すべて、全国から取り寄せた、無農薬か有機栽培の野菜で、ドレッシングはノンオイルで、オリジナルのもの。
ドライフルーツ(ブルーベリー、プルーン、レーズン、クコの実と蒟蒻のボルドー赤ワインの含め煮)をトッピングにして頂きます。
甘味がありますが、一切砂糖は使ってません、ドライフルーツの甘味です。

Mとは、須本シェフの義父(画家)が絵を描く時には、スコッチを飲みながら、いつもドライフルーツを食べていたそうで、何か、ドライフルーツを使った料理をと、考案したサラダで、義父の名前の頭文字の”M”から、”Mのサラダ”と

「鱶鰭フォー」
”フォー” とは、米から作る平打ち麺です。
鶏ガラスープ に 秋田の ”しょっつる” をナンプラーの代わりに入れて作ってます。
そして、贅沢に 姥鮫(ウバザメ)の鱶鰭が入ってます。

最後に相応しい、なんと、あっさりとした味なんでしょう、小食の私でも完食出来ます(笑)。

「お茶」・・・・・山水仙茶(中国茶)

「シャインマスカットの水饅頭」・・・・・グラスの器は、シャインマスカットと白餡で作った水饅頭、その上に、柚子の泡、シャインマスカットのシャーベット。
スプーンのは、飴でコーティングされた、シャインマスカット飴。

今宵も 「須本ワールド」を堪能。
今年から、料理が2万円となったことで、さらにパワーアップ、感動に次ぐ感動、この様なレストランは、ほんの一握り、日本には5軒あるかないかでしょう。

次に伺えるのは、いつのことかは分かりませんが、最低でも、年に2回は伺いたいものです。

ーーーーーーーーーーーーーー
2014/05          19枚の写真 (2014/05) を追加しました

今年、初のトゥ・ラ・ジョア。
厨房を改装して、新しい厨房器機を入れ、益々、凄い料理を出して頂きました。

「野菜の一皿」・・・・・黒毛和牛の脛肉スープと雪下人参のピューレ フライドオニオン添え、イベリコ豚のパリパリ生ハムとトマトのシャーベット(天使の涙)

「真蛸と鮑のオーブン焼き 馬糞雲丹のせ」・・・・・生姜が添えてあります

「牛舌とホワイトアスパラガスの炊き合せ」・・・・・添えてある、ホワイトアスパラガス塩をアスパラと一緒に

「蓬と帆立貝柱のムース イワナの卵のせ」・・・・・蓬のワッフルの器に、最高級のレッドスター キャビア

「鱶鰭のカツレツ 磯の香り」・・・・・アオサのソース 自家製カラスミ パウターで

「信州アップルビーフの和風仕立て」・・・・・花山葵のソースと粉醤油と共に

「Mのサラダ」

「冷し翡翠麺」・・・・・トリュフ風味 牛肉入り

「西尾産抹茶のデザート」・・・・・乾燥マンゴー、ココナッツのパンナコッタ、メレンゲのアイスクリーム

ホント、今日のメニューは凄かった、数段とレベルが上がりました。

ありがとうございました、須本シェフ、そして、PLEYEL さん、感謝、感謝です。

ーーーーーーーーーーーーーー
<<<<< 岐阜と名古屋の食の旅 第3弾 >>>>>

2013/10                23枚の写真 (2013/10) を追加しました

12名の愉しい会食となりました。

まずは、「「ブリュット グランクリュ マリー ノエル レドリュ」で乾杯。

「天然の茸と生ウニのお浸し」・・・・・長野県の天然舞茸、ハタケシメジとミズノミ(山菜)、そして、仙鳳趾の雲丹のお浸し。
白い泡は10年物の真昆布から取った出汁をエスプーマにかけた、真昆布のみの泡です、、、、、驚きの旨味でした。

「もち麦と豆乳のスープ」・・・・・まずは、グチャグチャに混ぜ合わせます、まったく味付はしておりませんが、底に沈んでいた岩海苔の佃煮が味を出しております。小豆島から取り寄せた3年熟成の醤油の粉末が添えてあります、お好みに合わせて。

「ムルソー ドメーヌ プシャール ペール エ フィス」・・・・・シャルドネ100%、リッチな仕上がりでありながら、非常にエレガント。

「玉ねぎトリフ」・・・・・フランス製の透明のフィルムを開けると、中から素晴らしいトリュフの香りが。
甘さを感じる玉葱の中に、裏漉しした王様百合根と細かく刻まれたトリュフの団子が入っておりました。
コンソメとトリュフのスープが絶妙でした。

「モレ サン ドニ 2010 ドミニク ローラン」・・・・・ピノ ノワールらしい繊細さとモレ サン ドニ の野生味がうまくまとまったワイン。

「帆立貝柱のポルチーニ風味」・・・・・フレッシュ ポルチーニ茸をピューレにしたものが下に敷いてあります、その上に、北海道産帆立貝柱をムースにしたもので蓋をして蒸してます、その上に、ドライのポルチーニ茸で作ったソース、そして、片面だけカリッと焼いた帆立貝と最高級のレッドスターのキャビアをのせてあります。
帆立の旨味、甘味、香りが素晴らしい、勿論、ポルチーニ茸も。

「海鮮の椀物 秋の香り」・・・・・わぁ~、香りが良いけど、何が入っているのでしょうか。
フカヒレ、ズワイ蟹、鮑の肝ソースで煮た蝦夷鮑、と広島産松茸、菊の花びら、その他、出汁は鰹、昆布、アゴ、まったくの和です。

「サガ R ポイヤック バロン ド ロートシルト」・・・・・カベルネソーヴィニオン、メルロー。

「壱岐牛のソテー」・・・・・純系和牛を45日間かけてドライエイジングされたもの。
表面をカリッと、中はミディアムレアー、肉の旨味がほとばしっておりました(笑)。
タレは右から、胡麻とピーナッツで作った濃厚なソース、硫黄塩、山形のあけがらし、です、お好みに合わせて。

「Mのサラダ」・・・・・これのみ、定番です。

「オマール海老ラーメン」・・・・・海老たっぷりのスープが旨い(笑)、真中の味噌みたいなものは、オマール海老の味噌を八丁味噌で炊いたもの、それを溶かして食べると、また、味が一段と美味しくなります。

「お茶」

「五郎島金時 と 早摘みミカン」・・・・・蒸して裏漉しをした”五郎島金時”をクレープに包んで焼き上げたもの、自然の甘味なので、品の良い甘味です。

今日も、素晴らしく、愉しい食事でした。
来年も伺えるよう予約を頑張って取らなくっちゃ(笑)。

ーーーーーーーーーーーーーー
2013/07                25枚の写真 (2013/07) を追加しました

今日は、11名と云う、大人数で伺いました。

「Champagne Henriot Brut Souverain」で乾杯。

「ジュンサイのイタリアン風味」・・・・・広島産 生蓴菜とトマトのジュースのジュレ、焼いたイタリアン プロシュットを散りばめ、上の泡はフレッシュバジルから作ったもの、煎餅みたいなのは、パルミジャーノ・レッジャーノです。
蓴菜以外は、皆、イタリアンテイストですね、フレンチなのに、この様な料理も作られます。

「海鮮の椀物」・・・・・昭和2年に作られた、素晴らしい器が出てきました、蓋を開けますと、、、、
見た目は和食ですが、仕事はすべてフレンチです。
コンソメで煮た冬瓜、魚の出汁で煮アワビにした三重県産の黒アワビ、ブルターニュから届いた、さっと、一瞬だけ炒めたブルーオマール、礼文利尻のミョウバンに漬けていない馬糞雲丹。
スープは、オマール海老の身と野菜で作った、オマール海老のコンソメです。

「三種野菜の冷製スープ」・・・・・一番下には、ブラウンマッシュルームの冷製スープが、緑色のが、朝採りブロッコリーのスープ、中央の黄色いのが熊本産 味来(玉蜀黍)のシャーベット、そして、幻のキャビア スターレット。
水分を一切使っていないので、甘くて、濃厚です、マッシュルームのスープが美味しかったぁ~。
一人前、ブラウンマッシュルーム10個、ブロッコリー1束、玉蜀黍1本を使っています。

「サマートリフのムース」・・・・・イタリア・ウンブリアから取り寄せた、香りの素晴らしい サマートリフ。
細かく刻んだサマートリフ、鯛のすり身、卵白、生クリームを合わせ、蒸したもの、その上下にスライスしたサマートリフをふんだんに。
勿論、スープもサマートリフと牛のすね肉から作っております、お金がかかってますね(笑)。

「夏大根と鰻の一皿」・・・・・コンソメで炊きあげられた長野産 夏大根を下に敷き、その上に、色々な香草を入れた米油に漬け込んだ ”宮崎県椎葉村の天然鰻”を4時間、コンフィしたもの、これを一晩、冷蔵庫に入れ、先程、表面だけをカリカリに焼いたものが置かれております。
浅蜊の出汁の中にカレー風味を付けたものを泡状にしたもの と 鰻の骨や頭で作った、所謂、蒲焼のタレ(シェリー酒入り)が添えられております。
泡で食べるとフレンチ、タレで食べると和、2つのテイストを味わうことが出来ます。
因みに、上の葉は、赤紫蘇の新芽です。


「甲州ワインビーフのソテー」・・・・・1月半、ドライエージングされた甲州ビーフの芯だけを焼いたもの。
フルーツトマトと梅のソース(さっぱりな味に)、胡麻とピーナツで作ったソース(濃厚な味に)が添えられております。
まずは、何も付けずに食べてみました、肉の味が口中に広がります。

「Mのサラダ」・・・・・・2012/03 のレビューを参照して下さい。

「冷やしホタテラーメン」・・・・・干貝柱と生の帆立貝柱のダブル帆立のスープの冷製ラーメン。
ほうれん草を練り込んだ翡翠麺を使用、小さい器に入った生七味を好みに合わせて入れて。
スープは、帆立の甘味と、良い旨味があります。

「佐藤錦のソルベ」・・・・・これまた、素敵な器ですね。
佐藤錦で作ったジャムの上に、佐藤錦で作ったソルベ、そして、サクランボウのリキュールで作ったジュレ、酸味のある赤いシートが蓋ってます。
サクランボウの枝を立てて、全体を大きなサクランボウに見立てております。

伺うごとに凄さが増してきます、素晴らしいの一言。
味わったことがある方しか分からない、素晴らしさです。

ーーーーーーーーーーーーーー
2013/04             24枚の写真 (2013/04) を追加しました

「Louis Roederer Champagne Brut Premier」・・・・・ピノ・ノワール、シャルドネ、ピノ・ムニエ種。口当たりが良く、しっかりとしたコクがあり、フルーティーさを保ちながらも、熟成感のあるシャンパーニュでした。

「新玉葱と生ウニのカクテル」

「蓬のスープ」

「PLANETA Chardonnay 2010」・・・・シャルドネ100%。明るく金色に輝いております。ライムなどのシトラス、ピーチなどフルーツのはっきりとした深い香りがします。新鮮でふくよかな酸味と塩のミネラル感、バターやナッツのようななめらかさとコクがあり、しかも、エレガント、まさに、私好みの白ワインでした。

「筍と桜海老の葛寄せ揚げ」

「鰆とホワイトアスパラガスの蒸し物」

「Chateau D'Armailhac 2008 Grand Cru Classe」・・・・・カベルネ・ソーヴィニヨン50%、メルロ25%、カベルネ・フラン23%、プティヴェルド2%。

「Chanti Classico Castello di Ama」・・・・・サンジョヴェーゼ100%。新鮮な果実味と旨味の余韻が長く感じられた赤ワインでした。

「鮑と鱶鰭の磯の香焼き」

「すだち牛の木の芽風味」

「Mのサラダ」

「落花生とボッタルカの冷製パスタ」

「トロピカルな抹茶」

「お茶」

ーーーーーーーーーーーーーー
2013/02             18枚の写真 (2013/02) を追加しました(入力文字数オーバーしてしまいましたので、料理名のみ、説明文は削除しました)

3回目の訪問。

オール 5 と上方修正致しました。

まずは、「Lamiable Champagne Brut Grand Cru」で乾杯

「オマール海老の一皿」

「里芋と蕗の薹のスープ」

「Pernand Vergelesses Les Combottes 2010 Domaine RAPET」・・・・・シャルドネ100%。 

「Puligny Montrachet Blane 2010 Bouchard Pere & Fils」・・・・・シャルドネ100%。

「青大根と和牛の炊き合せ」

「新玉葱と活帆立の蒸し物」

「Chambolle-Musigny 2009」・・・・・ピノ・ノワール100%。

「海鮮のサフラン風味焼」

「佐賀牛のソテー」

「Chateau Croizet-Bages 2005 Pauillac」・・・・・カベルネソーヴィニヨン50%、メルロ38%、カベルネフラン12%。

「Mのサラダ」

「トラ河豚御飯」

「エスプレッソ」

「生姜のパルフェ」

驚愕の2時間半、まさに、「筆舌に尽くし難い」とはこのことです、もう、素晴らしいとしか言い表せません。
さぁ~、次回はいつでしたっけ、待ち遠しいなぁ~。

ーーーーーーーーーーーーーー
2012/09  26枚の写真 (2012/09) を追加しました。(入力文字数オーバーしてしまいましたので、料理名のみ、説明文は削除しました)

岐阜と名古屋の食の旅 第2弾。

「 Blanc de Blanc Grand Cru SIMON-SELOSSE」で乾杯。
「カニ最中とトマトソルベ」
「MEURSAULT Bouchard Pere & Fils 2009」
「干し椎茸と海老のスープ」
「松茸の百合根饅頭」
「FIXIN Perrot-Minot 2009」
「小烏賊のポルチーニ風味」
「海鮮の中華蒸」
「Chateau Lagrange SAINT-JULIEN 2003」
「信州牛のウニ仕立て」
「Mのサラダ」
「冷製和風カルボナーラ」
「王林のスープ」

ーーーーーーーーーーーーーー
2012/03   初訪問   (入力文字数オーバーしてしまいましたので、料理名のみ、説明文は削除しました)

「Pierre Gimonnet」
「帆立貝と生ウニの春の香」
「和牛頬肉と蓬のスープ」
「Chassagne Montrachet Cateau de la Maltroye」
「蓮根の団子」
「海老のムース」
「VOSNE-ROMANEE 2009」
「「桜鯛のカダイフ巻き」」
「Haut Bages Liberral Pauillac」
「熊本赤牛の木の芽風味」
「Mのサラダ」
「赤米の碗蒸御飯」
「生姜のぶらんまんじぇ」

  • トゥ・ラ・ジョア - オマール海老とセロリラーブのカクテル

    オマール海老とセロリラーブのカクテル

  • トゥ・ラ・ジョア - 新ジャガと新玉葱の椀物

    新ジャガと新玉葱の椀物

  • トゥ・ラ・ジョア - 真蛸と蓮根の陶板焼き

    真蛸と蓮根の陶板焼き

  • トゥ・ラ・ジョア - 海鮮の中華蒸し

    海鮮の中華蒸し

  • トゥ・ラ・ジョア - 貝の一皿

    貝の一皿

  • トゥ・ラ・ジョア - 宮崎牛と黒豚の低温ロースト

    宮崎牛と黒豚の低温ロースト

  • トゥ・ラ・ジョア - Mのサラダ

    Mのサラダ

  • トゥ・ラ・ジョア - カルボナーラ御飯

    カルボナーラ御飯

  • トゥ・ラ・ジョア - 甘夏の冷たいおしるこ

    甘夏の冷たいおしるこ

  • トゥ・ラ・ジョア - 内観①

    内観①

  • トゥ・ラ・ジョア - 内観②

    内観②

  • トゥ・ラ・ジョア - 海老 エビ えび (伊勢海老の春巻)

    海老 エビ えび (伊勢海老の春巻)

  • トゥ・ラ・ジョア - 海老 エビ えび (ブルーオマール エビのコンソメスープ)

    海老 エビ えび (ブルーオマール エビのコンソメスープ)

  • トゥ・ラ・ジョア - 海老 エビ えび (富山産 白えびの昆布〆)

    海老 エビ えび (富山産 白えびの昆布〆)

  • トゥ・ラ・ジョア - 唐墨御飯

    唐墨御飯

  • トゥ・ラ・ジョア - 生姜のジュレに板飴と苺

    生姜のジュレに板飴と苺

  • トゥ・ラ・ジョア - 抹茶のブリュレにクッキーの粉末

    抹茶のブリュレにクッキーの粉末

  • トゥ・ラ・ジョア - カニ酢

    カニ酢

  • トゥ・ラ・ジョア - 具沢山の熱々スープ

    具沢山の熱々スープ

  • トゥ・ラ・ジョア - 鮃のムース

    鮃のムース

  • トゥ・ラ・ジョア - ホワイトアスパラガスのグラチネ

    ホワイトアスパラガスのグラチネ

  • トゥ・ラ・ジョア - 海老 エビ えび

    海老 エビ えび

  • トゥ・ラ・ジョア - 土佐赤牛と活鮑の一皿

    土佐赤牛と活鮑の一皿

  • トゥ・ラ・ジョア - カリフラワーのカクテル

    カリフラワーのカクテル

  • トゥ・ラ・ジョア - 蕗の薹のスープ

    蕗の薹のスープ

  • トゥ・ラ・ジョア - 和牛と越冬白菜の中華蒸し

    和牛と越冬白菜の中華蒸し

  • トゥ・ラ・ジョア - エビ芋と活鮑の一皿

    エビ芋と活鮑の一皿

  • トゥ・ラ・ジョア - 海老フリャアー

    海老フリャアー

  • トゥ・ラ・ジョア - 上州牛と六白豚のポッシェ

    上州牛と六白豚のポッシェ

  • トゥ・ラ・ジョア - Mのサラダ

    Mのサラダ

  • トゥ・ラ・ジョア - キノコ御飯

    キノコ御飯

  • トゥ・ラ・ジョア - 落花生のセミフレッド

    落花生のセミフレッド

  • トゥ・ラ・ジョア - 活き伊勢海老ときのこの一皿 (2015/09)

    活き伊勢海老ときのこの一皿 (2015/09)

  • トゥ・ラ・ジョア - 国産栗のスープ (2015/09)

    国産栗のスープ (2015/09)

  • トゥ・ラ・ジョア - 鮑と燕の巣の壺蒸 (2015/09)

    鮑と燕の巣の壺蒸 (2015/09)

  • トゥ・ラ・ジョア - フカヒレとポルチーニグラタン (2015/09)

    フカヒレとポルチーニグラタン (2015/09)

  • トゥ・ラ・ジョア - 百合根団子と和牛の椀仕立て (2015/09)

    百合根団子と和牛の椀仕立て (2015/09)

  • トゥ・ラ・ジョア - 薩摩黒牛と黒豚のロースト (2015/09)

    薩摩黒牛と黒豚のロースト (2015/09)

  • トゥ・ラ・ジョア - Mのサラダ (2015/09)

    Mのサラダ (2015/09)

  • トゥ・ラ・ジョア - 松茸フォー (2015/09)

    松茸フォー (2015/09)

  • トゥ・ラ・ジョア - 柚子のムースと秋の果物たち (2015/09)

    柚子のムースと秋の果物たち (2015/09)

  • トゥ・ラ・ジョア - テーブルセッティング

    テーブルセッティング

  • トゥ・ラ・ジョア - 今日はどんな料理で楽しましてくれるのでしょう

    今日はどんな料理で楽しましてくれるのでしょう

  • トゥ・ラ・ジョア - 甲イカと生ウニの昆布〆 (2015/05)

    甲イカと生ウニの昆布〆 (2015/05)

  • トゥ・ラ・ジョア - 海鮮胡麻豆腐の椀仕立て (2015/05)

    海鮮胡麻豆腐の椀仕立て (2015/05)

  • トゥ・ラ・ジョア - 蓬とトウモロコシの冷製スープ (2015/05)

    蓬とトウモロコシの冷製スープ (2015/05)

  • トゥ・ラ・ジョア - 和牛の中華パン (2015/05)

    和牛の中華パン (2015/05)

  • トゥ・ラ・ジョア - チョウザメの一皿 (2015/05)

    チョウザメの一皿 (2015/05)

  • トゥ・ラ・ジョア - 壱岐牛のロースト (2015/05)

    壱岐牛のロースト (2015/05)

  • トゥ・ラ・ジョア - Mのサラダ (2015/05)

    Mのサラダ (2015/05)

  • トゥ・ラ・ジョア - 冷し唐墨ラーメン (2015/05)

    冷し唐墨ラーメン (2015/05)

  • トゥ・ラ・ジョア - 抹茶ココナッツ (2015/05)

    抹茶ココナッツ (2015/05)

  • トゥ・ラ・ジョア -  (2015/03)

     (2015/03)

  • トゥ・ラ・ジョア -  (2015/03)

     (2015/03)

  • トゥ・ラ・ジョア - フランス産トリフの一皿 (2015/03)

    フランス産トリフの一皿 (2015/03)

  • トゥ・ラ・ジョア - 白インゲン豆と海鮮スープ (2015/03)

    白インゲン豆と海鮮スープ (2015/03)

  • トゥ・ラ・ジョア - 穴子のポピエット (2015/03)

    穴子のポピエット (2015/03)

  • トゥ・ラ・ジョア - 活鮑のカツレツ (2015/03)

    活鮑のカツレツ (2015/03)

  • トゥ・ラ・ジョア - トラ河豚の椀仕立て (2015/03)

    トラ河豚の椀仕立て (2015/03)

  • トゥ・ラ・ジョア - 十勝牛のマッシュルーム風味 (2015/03)

    十勝牛のマッシュルーム風味 (2015/03)

  • トゥ・ラ・ジョア - Mのサラダ (2015/03)

    Mのサラダ (2015/03)

  • トゥ・ラ・ジョア - Mのサラダ (2015/03)

    Mのサラダ (2015/03)

  • トゥ・ラ・ジョア - 鱶鰭の土鍋御飯 (2015/03)

    鱶鰭の土鍋御飯 (2015/03)

  • トゥ・ラ・ジョア - 柚子 & ペッパー (2015/03)

    柚子 & ペッパー (2015/03)

  • トゥ・ラ・ジョア - エスプレッソ (2015/03)

    エスプレッソ (2015/03)

  • トゥ・ラ・ジョア - 海老の一皿 (2014/08)

    海老の一皿 (2014/08)

  • トゥ・ラ・ジョア - 白いんげん豆と帆立貝のスープ (2014/08)

    白いんげん豆と帆立貝のスープ (2014/08)

  • トゥ・ラ・ジョア - 活鮃の生湯葉風味 (2014/08)

    活鮃の生湯葉風味 (2014/08)

  • トゥ・ラ・ジョア - 蕪の炊き合わせ (2014/08)

    蕪の炊き合わせ (2014/08)

  • トゥ・ラ・ジョア - 百合根のカリカリ揚げ (2014/08)

    百合根のカリカリ揚げ (2014/08)

  • トゥ・ラ・ジョア - なにわ黒牛の椀仕立て (2014/08)

    なにわ黒牛の椀仕立て (2014/08)

  • トゥ・ラ・ジョア - Mのサラダ (2014/08)

    Mのサラダ (2014/08)

  • トゥ・ラ・ジョア - 鱶鰭フォー (2014/08)

    鱶鰭フォー (2014/08)

  • トゥ・ラ・ジョア -  (2014/08)

     (2014/08)

  • トゥ・ラ・ジョア - シャインマスカットの水饅頭 (2014/08)

    シャインマスカットの水饅頭 (2014/08)

  • トゥ・ラ・ジョア - シャインマスカットの水饅頭 (2014/08)

    シャインマスカットの水饅頭 (2014/08)

  • トゥ・ラ・ジョア - シャインマスカット (2014/08)

    シャインマスカット (2014/08)

  • トゥ・ラ・ジョア - 海老の一皿 (白海老 と キャビアの最中) (2014/08)

    海老の一皿 (白海老 と キャビアの最中) (2014/08)

  • トゥ・ラ・ジョア -  (2014/08)

     (2014/08)

  • トゥ・ラ・ジョア -  (2014/08)

     (2014/08)

  • トゥ・ラ・ジョア -  (2014/08)

     (2014/08)

  • トゥ・ラ・ジョア -  (2014/08)

     (2014/08)

  • トゥ・ラ・ジョア -  (2014/08)

     (2014/08)

  • トゥ・ラ・ジョア - 野菜の一皿 (黒毛和牛の脛肉スープと雪下人参のピューレ フライドオニオン添え、イベリコ豚のパリパリ生ハムとトマトのシャーベット(天使の涙) (2014/05)

    野菜の一皿 (黒毛和牛の脛肉スープと雪下人参のピューレ フライドオニオン添え、イベリコ豚のパリパリ生ハムとトマトのシャーベット(天使の涙) (2014/05)

  • トゥ・ラ・ジョア - 野菜の一皿 (黒毛和牛の脛肉スープと雪下人参のピューレ フライドオニオン添え) (2014/05)

    野菜の一皿 (黒毛和牛の脛肉スープと雪下人参のピューレ フライドオニオン添え) (2014/05)

  • トゥ・ラ・ジョア - 野菜の一皿 (イベリコ豚のパリパリ生ハムとトマトのシャーベット(天使の涙) (2014/05)

    野菜の一皿 (イベリコ豚のパリパリ生ハムとトマトのシャーベット(天使の涙) (2014/05)

  • トゥ・ラ・ジョア - 真蛸と鮑のオーブン焼き 馬糞雲丹のせ 生姜が添えてあります (2014/05)

    真蛸と鮑のオーブン焼き 馬糞雲丹のせ 生姜が添えてあります (2014/05)

  • トゥ・ラ・ジョア - 牛舌とホワイトアスパラガスの炊き合せ (2014/05)

    牛舌とホワイトアスパラガスの炊き合せ (2014/05)

  • トゥ・ラ・ジョア - 蓬と帆立貝柱のムース イワナの卵のせ (2014/05)

    蓬と帆立貝柱のムース イワナの卵のせ (2014/05)

  • トゥ・ラ・ジョア - 蓬のワッフルの器に、最高級のレッドスター キャビア (2014/05)

    蓬のワッフルの器に、最高級のレッドスター キャビア (2014/05)

  • トゥ・ラ・ジョア - 鱶鰭のカツレツ 磯の香り アオサのソース 自家製カラスミ パウターで (2014/05)

    鱶鰭のカツレツ 磯の香り アオサのソース 自家製カラスミ パウターで (2014/05)

  • トゥ・ラ・ジョア - 信州アップルビーフの和風仕立て 花山葵のソースと粉醤油と共に (2014/05)

    信州アップルビーフの和風仕立て 花山葵のソースと粉醤油と共に (2014/05)

  • トゥ・ラ・ジョア - 信州アップルビーフの和風仕立て 花山葵のソースと粉醤油と共に (2014/05)

    信州アップルビーフの和風仕立て 花山葵のソースと粉醤油と共に (2014/05)

  • トゥ・ラ・ジョア - Mのサラダ (2014/05)

    Mのサラダ (2014/05)

  • トゥ・ラ・ジョア - Mのサラダ ドライフルーツをのせて (2014/05)

    Mのサラダ ドライフルーツをのせて (2014/05)

  • トゥ・ラ・ジョア - 冷し翡翠麺 トリュフ風味 牛肉入り (2014/05)

    冷し翡翠麺 トリュフ風味 牛肉入り (2014/05)

  • トゥ・ラ・ジョア - 西尾産抹茶のデザート 乾燥マンゴー、ココナッツのパンナコッタ、メレンゲのアイスクリーム (2014/05)

    西尾産抹茶のデザート 乾燥マンゴー、ココナッツのパンナコッタ、メレンゲのアイスクリーム (2014/05)

  • トゥ・ラ・ジョア - 看板です

    看板です

  • トゥ・ラ・ジョア - 綺麗ですね

    綺麗ですね

  • トゥ・ラ・ジョア - 蓬のスープ (2013/04)

    蓬のスープ (2013/04)

  • トゥ・ラ・ジョア - 新玉葱と生ウニのカクテル (2013/04)

    新玉葱と生ウニのカクテル (2013/04)

  • トゥ・ラ・ジョア - 蓬のスープ (2013/04)

    蓬のスープ (2013/04)

  • トゥ・ラ・ジョア - 筍と桜海老の葛寄せ揚げ (2013/04)

    筍と桜海老の葛寄せ揚げ (2013/04)

  • トゥ・ラ・ジョア - すだち牛の木の芽風味 (2013/04)

    すだち牛の木の芽風味 (2013/04)

  • トゥ・ラ・ジョア - 新玉葱と生ウニのカクテル (2013/04)

    新玉葱と生ウニのカクテル (2013/04)

  • トゥ・ラ・ジョア - 筍と桜海老の葛寄せ揚げ (2013/04)

    筍と桜海老の葛寄せ揚げ (2013/04)

  • トゥ・ラ・ジョア - 鰆とホワイトアスパラガスの蒸し物 (2013/04)

    鰆とホワイトアスパラガスの蒸し物 (2013/04)

  • トゥ・ラ・ジョア - 鮑と鱶鰭の磯の香焼き (2013/04)

    鮑と鱶鰭の磯の香焼き (2013/04)

  • トゥ・ラ・ジョア - すだち牛の木の芽風味 (2013/04)

    すだち牛の木の芽風味 (2013/04)

  • トゥ・ラ・ジョア - すだち牛に添えてある、紅芯大根シャーベット (2013/04)

    すだち牛に添えてある、紅芯大根シャーベット (2013/04)

  • トゥ・ラ・ジョア - Mのサラダ のドライフルーツ (2013/04)

    Mのサラダ のドライフルーツ (2013/04)

  • トゥ・ラ・ジョア - Mのサラダ のサラダ (2013/04)

    Mのサラダ のサラダ (2013/04)

  • トゥ・ラ・ジョア - ”Mのサラダ” の出来上がり (2013/04)

    ”Mのサラダ” の出来上がり (2013/04)

  • トゥ・ラ・ジョア - 落花生とボッタルカの冷製パスタ (2013/04)

    落花生とボッタルカの冷製パスタ (2013/04)

  • トゥ・ラ・ジョア - 落花生とボッタルカの冷製パスタ (2013/04)

    落花生とボッタルカの冷製パスタ (2013/04)

  • トゥ・ラ・ジョア - トロピカルな抹茶 (2013/04)

    トロピカルな抹茶 (2013/04)

  • トゥ・ラ・ジョア - トロピカルな抹茶 (2013/04)

    トロピカルな抹茶 (2013/04)

  • トゥ・ラ・ジョア - 和牛頬肉と蓮のスープ

    和牛頬肉と蓮のスープ

  • トゥ・ラ・ジョア - 帆立貝と生ウニの春の香

    帆立貝と生ウニの春の香

  • トゥ・ラ・ジョア - 蓮根の団子

    蓮根の団子

  • トゥ・ラ・ジョア - 海老のムース

    海老のムース

  • トゥ・ラ・ジョア - 桜鯛のカダイフ巻き

    桜鯛のカダイフ巻き

  • トゥ・ラ・ジョア - 熊本赤牛の木の芽風味

    熊本赤牛の木の芽風味

  • トゥ・ラ・ジョア - 赤米の椀蒸御飯

    赤米の椀蒸御飯

  • トゥ・ラ・ジョア - 生姜のブランマンジェ

    生姜のブランマンジェ

  • トゥ・ラ・ジョア - スープを入れます。

    スープを入れます。

  • トゥ・ラ・ジョア - 団子のアップ

    団子のアップ

  • トゥ・ラ・ジョア - いただきまぁ~す。

    いただきまぁ~す。

  • トゥ・ラ・ジョア - 赤牛のアップ

    赤牛のアップ

  • トゥ・ラ・ジョア - Mのサラダ

    Mのサラダ

  • トゥ・ラ・ジョア - サラダのトッピングのドライフルーツ

    サラダのトッピングのドライフルーツ

  • トゥ・ラ・ジョア - 椀蒸御飯

    椀蒸御飯

  • トゥ・ラ・ジョア - 椀蒸御飯のアップ

    椀蒸御飯のアップ

  • トゥ・ラ・ジョア - お待ちしておりました。

    お待ちしておりました。

  • トゥ・ラ・ジョア - カニ最中とトマトソルベ (2012/09)

    カニ最中とトマトソルベ (2012/09)

  • トゥ・ラ・ジョア - カニ最中 (2012/09)

    カニ最中 (2012/09)

  • トゥ・ラ・ジョア - トマトソルベ (2012/09)

    トマトソルベ (2012/09)

  • トゥ・ラ・ジョア - 干し椎茸と海老のスープ (2012/09)

    干し椎茸と海老のスープ (2012/09)

  • トゥ・ラ・ジョア - 松茸の百合根饅頭と松茸 (2012/09)

    松茸の百合根饅頭と松茸 (2012/09)

  • トゥ・ラ・ジョア - 松茸の百合根饅頭 (2012/09)

    松茸の百合根饅頭 (2012/09)

  • トゥ・ラ・ジョア - 小烏賊のポルチーニ風味 (2012/09)

    小烏賊のポルチーニ風味 (2012/09)

  • トゥ・ラ・ジョア - 小烏賊のポルチーニ風味のアップ (2012/09)

    小烏賊のポルチーニ風味のアップ (2012/09)

  • トゥ・ラ・ジョア - 海鮮の中華蒸 (2012/09)

    海鮮の中華蒸 (2012/09)

  • トゥ・ラ・ジョア - 海鮮の中華蒸の中身 (2012/09)

    海鮮の中華蒸の中身 (2012/09)

  • トゥ・ラ・ジョア - 信州牛のウニ仕立て (2012/09)

    信州牛のウニ仕立て (2012/09)

  • トゥ・ラ・ジョア - 信州牛のウニ仕立てのアップ (2012/09)

    信州牛のウニ仕立てのアップ (2012/09)

  • トゥ・ラ・ジョア - サラダ (2012/09)

    サラダ (2012/09)

  • トゥ・ラ・ジョア - ドライフルーツの赤ワイン煮 (2012/09)

    ドライフルーツの赤ワイン煮 (2012/09)

  • トゥ・ラ・ジョア - サラダとドライフルーツの赤ワイン煮を合わせると ”Mのサラダ” に (2012/09)

    サラダとドライフルーツの赤ワイン煮を合わせると ”Mのサラダ” に (2012/09)

  • トゥ・ラ・ジョア - 冷製和風カルボナーラ (2012/09)

    冷製和風カルボナーラ (2012/09)

  • トゥ・ラ・ジョア - 王林のスープ (2012/09)

    王林のスープ (2012/09)

  • トゥ・ラ・ジョア - オマール海老の一皿 ① (2013/02)

    オマール海老の一皿 ① (2013/02)

  • トゥ・ラ・ジョア - オマール海老の一皿 ② (2013/02)

    オマール海老の一皿 ② (2013/02)

  • トゥ・ラ・ジョア - 里芋と蕗の薹のスープ (2013/02)

    里芋と蕗の薹のスープ (2013/02)

  • トゥ・ラ・ジョア - 里芋と蕗の薹のスープ のアップ (2013/02)

    里芋と蕗の薹のスープ のアップ (2013/02)

  • トゥ・ラ・ジョア - 青大根と和牛の炊き合せ (2013/02)

    青大根と和牛の炊き合せ (2013/02)

  • トゥ・ラ・ジョア - 新玉葱と活帆立の蒸し物 (2013/02)

    新玉葱と活帆立の蒸し物 (2013/02)

  • トゥ・ラ・ジョア - なんでしょうか?? (2013/02)

    なんでしょうか?? (2013/02)

  • トゥ・ラ・ジョア - 海鮮のサフラン風味焼 (2013/02)

    海鮮のサフラン風味焼 (2013/02)

  • トゥ・ラ・ジョア - 佐賀牛のソテー (2013/02)

    佐賀牛のソテー (2013/02)

  • トゥ・ラ・ジョア - Mのサラダ (2013/02)

    Mのサラダ (2013/02)

  • トゥ・ラ・ジョア - トラ河豚御飯 (2013/02)

    トラ河豚御飯 (2013/02)

  • トゥ・ラ・ジョア - 生姜のパルフェ (2013/02)

    生姜のパルフェ (2013/02)

  • トゥ・ラ・ジョア - ジュンサイのイタリアン風味 (2013/07)

    ジュンサイのイタリアン風味 (2013/07)

  • トゥ・ラ・ジョア - 海鮮の椀物 (2013/07)

    海鮮の椀物 (2013/07)

  • トゥ・ラ・ジョア - 三種野菜の冷製スープ (2013/07)

    三種野菜の冷製スープ (2013/07)

  • トゥ・ラ・ジョア - 三種野菜の冷製スープ のアップ (2013/07)

    三種野菜の冷製スープ のアップ (2013/07)

  • トゥ・ラ・ジョア - サマートリフのムース (2013/07)

    サマートリフのムース (2013/07)

  • トゥ・ラ・ジョア - サマートリフのムース のアップ (2013/07)

    サマートリフのムース のアップ (2013/07)

  • トゥ・ラ・ジョア - サマートリフのムース を崩しますと (2013/07)

    サマートリフのムース を崩しますと (2013/07)

  • トゥ・ラ・ジョア - 夏大根と鰻の一皿 (2013/07)

    夏大根と鰻の一皿 (2013/07)

  • トゥ・ラ・ジョア - 甲州ワインビーフのソテー (2013/07)

    甲州ワインビーフのソテー (2013/07)

  • トゥ・ラ・ジョア - ワインビーフ のアップ (2013/07)

    ワインビーフ のアップ (2013/07)

  • トゥ・ラ・ジョア - フルーツトマトと梅のソース (2013/07)

    フルーツトマトと梅のソース (2013/07)

  • トゥ・ラ・ジョア - 胡麻とピーナツのソース (2013/07)

    胡麻とピーナツのソース (2013/07)

  • トゥ・ラ・ジョア - Mのサラダ (2013/07)

    Mのサラダ (2013/07)

  • トゥ・ラ・ジョア - 冷やしホタテラーメン (2013/07)

    冷やしホタテラーメン (2013/07)

  • トゥ・ラ・ジョア - 冷やしホタテラーメン のアップ (2013/07)

    冷やしホタテラーメン のアップ (2013/07)

  • トゥ・ラ・ジョア - あららっ、またまた素敵な器ですね (2013/07)

    あららっ、またまた素敵な器ですね (2013/07)

  • トゥ・ラ・ジョア - 佐藤錦のソルベ (2013/07)

    佐藤錦のソルベ (2013/07)

  • トゥ・ラ・ジョア - 夜、伺ったのは初めてでした (2013/07)

    夜、伺ったのは初めてでした (2013/07)

  • トゥ・ラ・ジョア - ようこそ、、、どうぞ。  (2012/09)

    ようこそ、、、どうぞ。 (2012/09)

  • トゥ・ラ・ジョア - 天然の茸と生ウニのお浸し (2013/10)

    天然の茸と生ウニのお浸し (2013/10)

  • トゥ・ラ・ジョア - 天然の茸と生ウニのお浸し (2013/10)

    天然の茸と生ウニのお浸し (2013/10)

  • トゥ・ラ・ジョア - もち麦と豆乳のスープ (2013/10)

    もち麦と豆乳のスープ (2013/10)

  • トゥ・ラ・ジョア - もち麦と豆乳のスープ (2013/10)

    もち麦と豆乳のスープ (2013/10)

  • トゥ・ラ・ジョア - ”もち麦と豆乳のスープ” を掻き混ぜます (2013/10)

    ”もち麦と豆乳のスープ” を掻き混ぜます (2013/10)

  • トゥ・ラ・ジョア - 玉ねぎトリフ (2013/10)

    玉ねぎトリフ (2013/10)

  • トゥ・ラ・ジョア - 玉ねぎトリフ (2013/10)

    玉ねぎトリフ (2013/10)

  • トゥ・ラ・ジョア - 帆立貝柱のポルチーニ風味 (2013/10)

    帆立貝柱のポルチーニ風味 (2013/10)

  • トゥ・ラ・ジョア - 海鮮の椀物 秋の香り (2013/10)

    海鮮の椀物 秋の香り (2013/10)

  • トゥ・ラ・ジョア - 海鮮の椀物 秋の香り (2013/10)

    海鮮の椀物 秋の香り (2013/10)

  • トゥ・ラ・ジョア - 壱岐牛のソテー (2013/10)

    壱岐牛のソテー (2013/10)

  • トゥ・ラ・ジョア - 壱岐牛のソテー (2013/10)

    壱岐牛のソテー (2013/10)

  • トゥ・ラ・ジョア - 壱岐牛のソテー (2013/10)

    壱岐牛のソテー (2013/10)

  • トゥ・ラ・ジョア - Mのサラダ (2013/10)

    Mのサラダ (2013/10)

  • トゥ・ラ・ジョア - オマール海老ラーメン (2013/10)

    オマール海老ラーメン (2013/10)

  • トゥ・ラ・ジョア - 五郎島金時 と 早摘みミカン (2013/10)

    五郎島金時 と 早摘みミカン (2013/10)

口コミが参考になったらフォローしよう

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

bottan(5303)さんの他のお店の口コミ

bottanさんの口コミ一覧(1274件)を見る

店舗情報(詳細)

店舗基本情報

店名 トゥ・ラ・ジョア (Tout la Joie)
受賞・選出歴
2018年Silver受賞店

The Tabelog Award 2018 Silver 受賞店

2017年Silver受賞店

The Tabelog Award 2017 Silver 受賞店

ジャンル イノベーティブ・フュージョン、フレンチ、モダンフレンチ
予約・
お問い合わせ

非公開

予約可否

完全予約制

住所

愛知県名古屋市中区正木1-13-27

交通手段

地下鉄名城線東別院駅から徒歩10分
名鉄山王駅から徒歩10分

JR名古屋駅桜通り口からタクシーで15分

地下鉄金山駅から徒歩約15分

尾頭橋駅から628m

営業時間

11:30~15:00
17:30~
完全予約制で、予約日の前に電話で時間と人数の再確認が必要。

年に1回、その年の予約を電話で取得するみたいです。

日曜営業

定休日

不定休(毎年クリスマス明け26日から1月末までまるまる休みです)

予算(口コミ集計)
[夜]¥20,000~¥29,999 [昼]¥20,000~¥29,999

予算分布を見る

支払い方法

カード不可

席・設備

席数

(4人部屋と10人部屋の二つのみ(昼は二部屋とも4人まで))

個室

(2人可、4人可、6人可、8人可、10~20人可)

昼は4人まで、夜は大部屋10人まで

貸切

(20人以下可)

禁煙・喫煙 全面喫煙可
駐車場

台数に限りがあります。必ず行く前にお店に連絡が必要です。

空間・設備

オシャレな空間、落ち着いた空間、席が広い

携帯電話

docomo、au、SoftBank、Y!mobile

メニュー

コース

10000円以上のコース

ドリンク

ワインあり、ワインにこだわる

料理

野菜料理にこだわる

特徴・関連情報

利用シーン

知人・友人と

こんな時によく使われます。

ロケーション

隠れ家レストラン、一軒家レストラン

サービス

ドリンク持込可

備考

完全予約制で顧客と一緒に一度来店しないとの新規の予約を原則として受け付けてくれません。1年分の予約は前年の12月始めに一斉募集しますが、「特にこの時期には一見さんの予約は完全に断っている」そうです。紹介がない場合はこの時期は絶対に無理ですので避けて、二月以降に電話して、もし偶然キャンセルがあって席が空いている場合に限り、平日昼の予約のわずかな可能性があると思います。

初投稿者

PLEYELPLEYEL(3346)

ブログに店舗情報を貼る

このレストランは食べログ店舗会員等に登録しているため、ユーザーの皆様は編集することができません。

店舗情報に誤りを発見された場合には、ご連絡をお願いいたします。お問い合わせフォーム

食べログ特集

ページの先頭へ