3月のダイア : ビストロ ダイア

ビストロ ダイア

(BISTRO DIA)

公式情報

お店の営業情報は店舗関係者によって公開されています。

2019年Bronze受賞店

The Tabelog Award 2019 Bronze 受賞店

予算:

夜の予算 ¥15,000~¥19,999

定休日:
日曜日・第三月曜日、ただし土日月三連休の場合は営業、翌火曜休み。年末年始休業有 祝日の場合営業翌日休み

この口コミは、PLEYELさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

PLEYEL

PLEYEL(3382)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]

25

  • 夜の点数:-

    • [ 料理・味-
    • | サービス-
    • | 雰囲気-
    • | CP-
    • | 酒・ドリンク-
  • 昼の点数:4.0

    • [ 料理・味4.0
    • | サービス4.0
    • | 雰囲気4.0
    • | CP4.0
    • | 酒・ドリンク4.0
  • 使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999¥3,000~¥3,999
25回目

2019/03訪問

  • lunch:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥3,000~¥3,999

3月のダイア

本日は公立高校入試の合格発表日だったようで、目出度いテーブルがたくさんあり、あちらこちらで花火付きケーキを持って写真を撮っていました。

さて3月は、

まずは、絶妙な甘さの新玉ねぎのスープ
前菜はクミン風味の砂肝と燻製うずら卵入りサラダ
魚介類の和風アヒージョ

これが辛さを押さえて日本酒を使ったアヒージョで、海老やホタルイカがたっぷり入っていて素晴らしかったです。2月のメニューでしたが人気で今月も延長して作っているとか(^o^)

メインは
スズキのロースト、アメリケーヌソース
米国牛リブロース

デザートが
ココナッツのパンナコッタと、抹茶アイスクリーム桜風味
抹茶アイスには少し蜂蜜が入っているそうで、抹茶の風味が強烈で桜風味と合わさってとても美味しかったです。

  • ビストロ ダイア - 新玉ねぎのスープ

    新玉ねぎのスープ

  • ビストロ ダイア - クミン風味の砂肝と燻製うずら卵入りサラダ

    クミン風味の砂肝と燻製うずら卵入りサラダ

  • ビストロ ダイア - 魚介類の和風アヒージョ

    魚介類の和風アヒージョ

  • ビストロ ダイア - サラダが添えられています

    サラダが添えられています

  • ビストロ ダイア - スズキのローストアメリケーヌソース

    スズキのローストアメリケーヌソース

  • ビストロ ダイア - 牛リブステーキ

    牛リブステーキ

  • ビストロ ダイア - ココナッツのパンナコッタと桜風味の抹茶アイス

    ココナッツのパンナコッタと桜風味の抹茶アイス

24回目

2018/12訪問

  • lunch:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 4.0

12月もドーンとビストロ料理が出てきました

毎月通ったダイアの料理も今年はこれで最後!

6月から森田君がシェフになって、美味しいスープ、どっさり野菜の前菜に、メインもドーンのビストロ料理が復活してすっかり定着したようです。

半年ぶりの定番オマールのビスク、ほうれん草のキッシュにサーモンマリネサラダ。

メインがイトヨリのポワレ、キャベツとホタテのクリームソースと赤身牛のステーキパセリにんにくソースと、すべて定番メニュー。

デザートは南瓜のモンブランと絶品フォンダンショコラ。最近他の店で食べるフォンダンショコラは冷たいものばかりでしたが、今日は久しぶりにやけどしそうなくらいに熱いチョコレートが中からトロリと出てきて最高でした。

本日フロアの客は、私以外全員女性で満席!皆さん楽しそうに時間を使ってらっしゃいました。来年も楽しみなビストロダイアです(^o^)

  • ビストロ ダイア - オマールのビスク(あっ写真撮り忘れた)

    オマールのビスク(あっ写真撮り忘れた)

  • ビストロ ダイア - サーモンマリネサラダ

    サーモンマリネサラダ

  • ビストロ ダイア - ほうれん草のキッシュ

    ほうれん草のキッシュ

  • ビストロ ダイア - 豪州産赤身牛のステーキ、パセリにんにくソース

    豪州産赤身牛のステーキ、パセリにんにくソース

  • ビストロ ダイア - イトヨリのポワレ、キャベツとホタテクリームソース

    イトヨリのポワレ、キャベツとホタテクリームソース

  • ビストロ ダイア - 南瓜のモンブラン仕立て

    南瓜のモンブラン仕立て

  • ビストロ ダイア - 絶品熱々のフォンダンショコラ

    絶品熱々のフォンダンショコラ

23回目

2018/11訪問

  • lunch:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 4.0

11月のダイア

  • ビストロ ダイア - カプチーノ仕立てのスープ

    カプチーノ仕立てのスープ

  • ビストロ ダイア - 前菜はバロティーヌ

    前菜はバロティーヌ

  • ビストロ ダイア - サーモンマリネサラダ

    サーモンマリネサラダ

  • ビストロ ダイア - 取り分けた羊とブイヤベース風魚介

    取り分けた羊とブイヤベース風魚介

  • ビストロ ダイア - 久しぶりの美味しいクレープシュゼット

    久しぶりの美味しいクレープシュゼット

  • ビストロ ダイア -
22回目

2018/10訪問

  • lunch:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥3,000~¥3,999

10月メニューはビストロオランジュ大復活

9月の料理がイマイチさえず、レビューしていなかったのですが、10月はオランジュ時代のメニュー大復活で味も大満足でした。

10年前からあるメニュー!新鮮でプリプリしたブリをたっぷり使ったカルパッチオに、和牛ミンチで作った巨大ハンバーグ!これにスープとデザートと珈琲が付いて3000円ですから、最強ランチ復活でしょう。オランジュ時代の写真載せておきます(^o^)

パンについてくるようになったリエットもレバーが増えて味も良くなり、パンがどんどん進みます。

思えば10年近く前、水口君が雇われシェフをしていた「ビストロオランジュ」では現在ここのシェフになった森田君が一緒に料理を作っていて、亜美ちゃんがホール担当、また先月から駅前のキ〇チを卒業して?接客に入った安倍君も、当時客として店に来て、水口君と一緒に働きたいと語り合っていたとか・・・

名古屋も狭いですね(^o^)

  • ビストロ ダイア - 安納芋のポタージュ

    安納芋のポタージュ

  • ビストロ ダイア - ブルーチーズとベーコンのポテトサラダ

    ブルーチーズとベーコンのポテトサラダ

  • ビストロ ダイア - ブリのカルパッチオ

    ブリのカルパッチオ

  • ビストロ ダイア - こちらはオランジュ時代の寒ブリのカルパッチオ

    こちらはオランジュ時代の寒ブリのカルパッチオ

  • ビストロ ダイア - 懐かしのダイア風和牛ハンバーグ

    懐かしのダイア風和牛ハンバーグ

  • ビストロ ダイア - オランジュ時代のハンバーグ

    オランジュ時代のハンバーグ

  • ビストロ ダイア - 仔羊のナヴァラン

    仔羊のナヴァラン

  • ビストロ ダイア - パン

    パン

  • ビストロ ダイア - 紅玉のキャラメリゼ

    紅玉のキャラメリゼ

21回目

2018/09訪問

  • lunch:3.5

    • [ 料理・味 3.5
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

9月のダイア

  • ビストロ ダイア - じゃがいものヴィッソワーズカプチーノ仕立て

    じゃがいものヴィッソワーズカプチーノ仕立て

  • ビストロ ダイア - 鱈の白子とカキのフリット、ブルゴーニュ風ソース

    鱈の白子とカキのフリット、ブルゴーニュ風ソース

  • ビストロ ダイア - 蝦夷鹿のシンタマ、ジロール茸のソース

    蝦夷鹿のシンタマ、ジロール茸のソース

  • ビストロ ダイア - 自家製パン

    自家製パン

  • ビストロ ダイア - 豚のリエットが付きます

    豚のリエットが付きます

  • ビストロ ダイア - 巨峰のソルベ、周りはシャインマスカット

    巨峰のソルベ、周りはシャインマスカット

20回目

2018/08訪問

  • lunch:3.5

    • [ 料理・味 3.5
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

ビストロ路線継続中です

月替わりになった新ダイアランチ3回目の訪問です。

スープ、たっぷり野菜の入った前菜、量もたっぷりしたメインをそれぞれ何種類から好きなものを選べ、パン食べ放題、きちんとしたデザートに飲み物で基本2800円と言うのは出来過ぎと言っても良いくらいなのですが・・・

それにも関わらず、すでに以前と比べた常連さんから、かなり辛口のレビューもアップされているようです。

昨年10月笹島にイノベーティブフュージョンのグランドダイアがオープンし、オーナーシェフの水口君がいなくなりましたが、久保田シェフが同じ路線を今年の6月まで続けたので、ビストロにもかかわらず名古屋の他の高級レストランを凌駕する素晴らしい食材と料理は続いていましたが、6月からは(普通の)ビストロ路線になったとでも言いましょうか?その変化がまだ受け入れられていないのかもしれません。

またソムリエ君が辞めたこともあり、ホールは以前3人だったのが亜美ちゃん一人になってさすがにもうレストラン並みのサービスは無理ですし、厨房も一時期10人くらいいたのが、森田シェフと若い二人だけになり、以前と同じクオリティを維持することはできません。

でも若い新人君盛り付けの才能があるようで美しい皿を作りますし、ホールもまた一人増えるとのことですので、8月の厳しいレビューを糧にしてまた頑張ってほしいです。

P.S.
高級路線から普通のビストロ路線になったと言っても、厨房やホールの人数は明らかに減ってひずみは出ていますが、実は北海道産を中心に食材はまだ他店を凌駕する素晴らしいものを使っています。いまだにランチは満席ですし、店側も客側も新しい路線にこれからだんだん慣れていくのでしょう。

  • ビストロ ダイア - トウモロコシの冷製スープ

    トウモロコシの冷製スープ

  • ビストロ ダイア - 紅ズワイガニと夏野菜のテリーヌ

    紅ズワイガニと夏野菜のテリーヌ

  • ビストロ ダイア - 天然ブリのカルパッチョ

    天然ブリのカルパッチョ

  • ビストロ ダイア - 自家製フォカッチャとバゲット

    自家製フォカッチャとバゲット

  • ビストロ ダイア - 仔羊肩ロースのロースト行者にんにくソース

    仔羊肩ロースのロースト行者にんにくソース

  • ビストロ ダイア - 北海道恵庭市産放牧豚肩ロースのロースト柚子胡椒風味の赤ワインソース

    北海道恵庭市産放牧豚肩ロースのロースト柚子胡椒風味の赤ワインソース

  • ビストロ ダイア - パッションフルーツムース レモンミントソルベ添え

    パッションフルーツムース レモンミントソルベ添え

  • ビストロ ダイア - 珈琲

    珈琲

  • ビストロ ダイア - 昼のメニューです

    昼のメニューです

19回目

2018/07訪問

  • lunch:4.0

    • [ 料理・味 3.5
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥5,000~¥5,999

月替わりの2800円ランチが好評のようです

6月からがっつりビストロに戻った森田シェフのビストロダイア、2回目のランチ訪問です。

スープ、どっかり前菜、メイン、デザート、飲み物がそれぞれチョイスで、税込3000円強とお値打ちです。

今回は何と言っても、蝦夷鹿のシンタマ(ウチモモ)のローストが追加料金なしというのがダイアらしくて嬉しいですね(^o^)

岐阜県瑞浪の「柳家」や名古屋の「柳家錦」のレビューで、仕入れ力の凄さが他の店を圧倒していて半端無いと毎回書いていますが、水口君の出身地である北海道の食材に関しては、こちらビストロダイアの仕入れ力も他店を圧倒していて凄いです。

真夏はどこのレストランも比較的席が取りやすいようでしので、初めての方はチャンスです(^o^)

  • ビストロ ダイア - 南瓜ニョッキ入りポタージュ

    南瓜ニョッキ入りポタージュ

  • ビストロ ダイア - パンにはリエットが付くようになりました

    パンにはリエットが付くようになりました

  • ビストロ ダイア - グランドダイアの七夕マカロン(ビスクとフォアグラ入り))

    グランドダイアの七夕マカロン(ビスクとフォアグラ入り))

  • ビストロ ダイア - 三河地鶏胸肉のポッシェのサラダ

    三河地鶏胸肉のポッシェのサラダ

  • ビストロ ダイア - ベーコンとブルーチーズ入りポテトサラダ

    ベーコンとブルーチーズ入りポテトサラダ

  • ビストロ ダイア - 甘鯛の鱗焼きと帆立貝のポワレマリニエールソース

    甘鯛の鱗焼きと帆立貝のポワレマリニエールソース

  • ビストロ ダイア - 蝦夷鹿シンタマのロースト行者にんにくソース

    蝦夷鹿シンタマのロースト行者にんにくソース

  • ビストロ ダイア - パイナップルのキャラメリゼ、アプリコットソルベ添え

    パイナップルのキャラメリゼ、アプリコットソルベ添え

  • ビストロ ダイア - ランチは2800円です

    ランチは2800円です

18回目

2018/06訪問

  • lunch:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥3,000~¥3,999

ビストロ大復活!!!

定期訪問のランチです。オーナーシェフの水口君がグランドダイアから週2回昼手伝いに来ているそうです。

6月から昼は2800円夜は5000円で、半月ごとにメニューが変わるシステムにしたとは聞いていましたが、カウンターも改装して7年目の新たなスタートと言った感じです。

写真のように「がっつりビストロ復活」が嬉しいです。夜のメインは肉の三種盛りが標準!!!ダイアらしいですね(^o^)

今日はランチから、生後1歳2カ月北海道石田めん羊牧場の子羊ロースト行者ニンニクソースもあってご機嫌です。やはり6月はラムを食べないとね(^o^)

北海道産ホワイトアスパラは、どっさりトリュフもかかってこちらも大満足。

楽しいランチでした!

  • ビストロ ダイア -
  • ビストロ ダイア -
  • ビストロ ダイア - オマールのビスク

    オマールのビスク

  • ビストロ ダイア - クラムチャウダー

    クラムチャウダー

  • ビストロ ダイア - 名物になったジャガイモとサバのテリーヌ

    名物になったジャガイモとサバのテリーヌ

  • ビストロ ダイア - ホワイトアスパラガスとポーチ・ド・エッグと生ハム添え(+¥1,000)

    ホワイトアスパラガスとポーチ・ド・エッグと生ハム添え(+¥1,000)

  • ビストロ ダイア - 北海道石田めん羊牧場 子羊のロースト 行者ニンニクソース

    北海道石田めん羊牧場 子羊のロースト 行者ニンニクソース

  • ビストロ ダイア - 錦爽鶏モモ肉のパリパリソテー

    錦爽鶏モモ肉のパリパリソテー

  • ビストロ ダイア - ブラッドオレンジのソルベとパンナコッタ

    ブラッドオレンジのソルベとパンナコッタ

  • ビストロ ダイア -
  • ビストロ ダイア -
  • ビストロ ダイア -
  • ビストロ ダイア -
  • ビストロ ダイア -
  • ビストロ ダイア -
  • ビストロ ダイア -
  • ビストロ ダイア -
17回目

2018/05訪問

  • lunch:4.5

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥5,000~¥5,999

新たに森田ダイアが始まります

定期訪問に行ったら、何と久保田シェフが今日を最後にグランドダイアに行くとのこと。すでに岩佐君が向こうに行って、森田シェフが帰ってきたのは聞いていましたが、これからビストロダイアの厨房は森田シェフと若い新人二人になるそうです。

私の回りでも久保田君の料理は非常に人気だったので、彼がいなくなるのはとても残念ですが、森田君が戻って、オランジュ時代のようなビストロが戻るならそれも嬉しいです。

今日は二人の料理のコンビネーションでしょうか?ただパティシエもいないし人数も足りないし、今後デザートや自家製パン類は、しばらくの間制限されるかもしれませんね・・・

  • ビストロ ダイア - 前菜盛り合わせ

    前菜盛り合わせ

  • ビストロ ダイア - ホワイトアスパラの冷製ポタージュ、平貝炙りと紫アスパラ

    ホワイトアスパラの冷製ポタージュ、平貝炙りと紫アスパラ

  • ビストロ ダイア - 具だくさんのサラダグルマン

    具だくさんのサラダグルマン

  • ビストロ ダイア - 鴨のスモークとイチジクとか・・・

    鴨のスモークとイチジクとか・・・

  • ビストロ ダイア - 人気のパテとか・・・

    人気のパテとか・・・

  • ビストロ ダイア - リエットとか肉々しいニース風サラダです

    リエットとか肉々しいニース風サラダです

  • ビストロ ダイア - 器の中は・・・

    器の中は・・・

  • ビストロ ダイア - 瞬間スモークした鱒

    瞬間スモークした鱒

  • ビストロ ダイア - 甘鯛の鱗焼き、春キャベツのブレゼとアサリ風味のサフランクリームソース

    甘鯛の鱗焼き、春キャベツのブレゼとアサリ風味のサフランクリームソース

  • ビストロ ダイア - 北海道ジャージー牛カイノミのロースト

    北海道ジャージー牛カイノミのロースト

  • ビストロ ダイア - 生ローリエ香るパンナコッタ、宮崎産メロンのスープ仕立て

    生ローリエ香るパンナコッタ、宮崎産メロンのスープ仕立て

  • ビストロ ダイア -
16回目

2018/04訪問

  • lunch:4.5

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥5,000~¥5,999

宮崎マンゴーのパブロヴァ

ロシアの伝説的バレリーナ故アンナ・パブロヴァの瀕死の白鳥のイメージなんでしょうか?焼きメレンゲのお菓子でオーストラリアとニュージーランドが本家争いしているそうです。シェフの久保田君は東京でオーストラリア料理の店に在籍したこともあって、見事な「宮崎マンゴーのパブロヴァ」を作ってくれました。美味しい!!!(^O^)

もったいなくも「本マグロ中トロ」を炙ってニース風サラダにしたり、仔羊のラビオリにロックフォールソース、メインは赤ワインで10時間煮込んだ「厚みのあるタン」とか、ホウボウのポワレとアスパラに添えられた何の臭みもない「ホタルイカソース」とか・・・今日のランチもいつものようにとても美味しかったです!

柳橋の「肉魂」は装い新たに居酒屋「海のダイア」に変わったそうで、営業時間は何と深夜営業の16:00~26:00!!!食べログ登録はまだですね。セントレアのナポリダイアもカルツォーネ(揚げピザ)をやめて普通の窯焼きピザへにして大人気とか。大ちゃん相変わらず判断力(変わり身)早いですね。

  • ビストロ ダイア - 絶品デザート、宮崎マンゴーのパブロヴァとソルベ

    絶品デザート、宮崎マンゴーのパブロヴァとソルベ

  • ビストロ ダイア - 前菜盛り合わせ

    前菜盛り合わせ

  • ビストロ ダイア - 沖縄産トウモロコシのスープ

    沖縄産トウモロコシのスープ

  • ビストロ ダイア - 炙り本マグロ中トロのニース風サラダ

    炙り本マグロ中トロのニース風サラダ

  • ビストロ ダイア - 仔羊のラビオリ、ロックフォールソース

    仔羊のラビオリ、ロックフォールソース

  • ビストロ ダイア - 自家製パン

    自家製パン

  • ビストロ ダイア - ホウボウのポワレ、ホタルイカソース

    ホウボウのポワレ、ホタルイカソース

  • ビストロ ダイア - 牛タンの赤ワイン10時間煮込み

    牛タンの赤ワイン10時間煮込み

  • ビストロ ダイア - この大きさです

    この大きさです

  • ビストロ ダイア -
15回目

2018/03訪問

  • lunch:4.5

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥5,000~¥5,999

ビストロデビューはやはりこちらの店で(^o^)

2歳半の孫がカミさんの作るビッソワーズの大ファンなので、そろそろフレンチも連れていくかとビストロダイアのランチでビストロデビューです。

今までは和食や中華の個室でしか外食に連れ出したことはありませんでしたが、こちらのランチは個室でなくても(勿論きちんとしつけられているという条件付きですが)幼児可で、1800円で写真の特製オムライスを作ってもらえます。

オムライスは出てきたとたんに四方八方から手が伸びて大人の味見となりましたが、アルデンテのデミグラス肉入りライスに半熟卵がかかっていてとても美味しいです。甘い玉ねぎスープもついていました(^o^)。で、孫の方はと言うと、最初は上にかかっていたケチャップの赤い色を警戒していましたが、一口食べて味に納得しあっという間に平らげてしまいました。

大人の方はおまかせメニューでしたが、久保田君が中津川産サフォーク種18か月のボゲットの足を持って登場!ローストして食べましたが、ラムより少し育った仔羊なので羊臭さは出てきているものの柔らかくて羊らしい味で美味しかったです。

前菜は、蕗の薹アンチョビソースを使ったバーニャカウダに、桜海老と菜の花のキッシュ。グリーンアスパラをタリアテッレ風に平たく切ってカリフラワーのスープ(ブルーテ)をかけたりと春気分満載です。味も見た目も久保田流爆発でした。

本日のテリーヌは、ウサギとフルーツトマトに、鳥とかなりフレッシュなフォアグラの二種類でしたが、どちらも素晴らしかったです。

2月は空席もありましたが、3月からは満席で安泰なようです(^^)

  • ビストロ ダイア - 久保田シェフ登場

    久保田シェフ登場

  • ビストロ ダイア - 人気の子供専用オムライス

    人気の子供専用オムライス

  • ビストロ ダイア - 18か月の仔羊(サフォーク種のボゲット)

    18か月の仔羊(サフォーク種のボゲット)

  • ビストロ ダイア -
  • ビストロ ダイア -
  • ビストロ ダイア - 春らしい前菜三種

    春らしい前菜三種

  • ビストロ ダイア - 桜海老と菜の花のキッシュ

    桜海老と菜の花のキッシュ

  • ビストロ ダイア - 蕗の薹ソースのバーニャカウダ

    蕗の薹ソースのバーニャカウダ

  • ビストロ ダイア - スモークカツオのタルティーヌ

    スモークカツオのタルティーヌ

  • ビストロ ダイア -
  • ビストロ ダイア - 絶品テリーヌ

    絶品テリーヌ

  • ビストロ ダイア - タラバガニとアスパラガスのタリアテッレ

    タラバガニとアスパラガスのタリアテッレ

  • ビストロ ダイア - カリフラワーのブルーテを入れて完成です

    カリフラワーのブルーテを入れて完成です

  • ビストロ ダイア - 仔羊のロースト

    仔羊のロースト

  • ビストロ ダイア - いちごのパフェ

    いちごのパフェ

14回目

2018/02訪問

  • lunch:4.5

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.0

モリーユ茸香る蒸しアワビのフリカッセ

今月のダイアは新春料理でした。

何と言ってもフランス直輸入のモリーユ(きぬがさ茸)と、ホワイトアスパラガスに蒸しアワビのフリカッセ!!!日本のフレンチでは、いったん蒸した後バターで炒める黒アワビのステーキが志摩観(光ホテル)の名物料理として有名になり全国に広まっていますが、ホワイトソースのフリカッセも素晴らしかったです。

最初に出てきたカプレーゼに苺ソースを合わせたのも見事でしたし、岩佐君が焼いたのか?渥美半島の熟成保美豚の炭火焼も自家製塩レモンとタスマニア産粒マスタードで食べましたが、とても美味しかったです。

パティシエールがグランドダイアに行ってしまったため、自家製パンもデザートも久保田君がすべて作っているそうですが、シュークリームは絶品!塩キャラメルのアイスもナイス。

土日に余裕があるときはデザートのワゴンサービスを始めたそうで、これも人気が出そうです。

  • ビストロ ダイア - 自家製ハム、フルーツトマト、ブラッターチーズのカプレーゼ。

    自家製ハム、フルーツトマト、ブラッターチーズのカプレーゼ。

  • ビストロ ダイア - 新玉ねぎのポタージュ、ホタルイカと春の山菜のソテー入り

    新玉ねぎのポタージュ、ホタルイカと春の山菜のソテー入り

  • ビストロ ダイア - 北海道産本鱒のミキュイ、ほろ苦い春野菜のサラダ仕立て

    北海道産本鱒のミキュイ、ほろ苦い春野菜のサラダ仕立て

  • ビストロ ダイア - フランス産フレッシュモリーユとホワイトアスパラ、蒸しアワビのフリカッセ

    フランス産フレッシュモリーユとホワイトアスパラ、蒸しアワビのフリカッセ

  • ビストロ ダイア - 自家製塩レモンとタスマニア産粒マスタードで食べる、熟成保美豚

    自家製塩レモンとタスマニア産粒マスタードで食べる、熟成保美豚

  • ビストロ ダイア - 金目鯛、蛤、ムール貝のポルトゲーゼ(トマト煮込み)

    金目鯛、蛤、ムール貝のポルトゲーゼ(トマト煮込み)

  • ビストロ ダイア - チョコレートブラウニー、塩キャラメルアイス、シュークリーム、カプレーゼの盛り合わせ

    チョコレートブラウニー、塩キャラメルアイス、シュークリーム、カプレーゼの盛り合わせ

  • ビストロ ダイア - メニュー

    メニュー

  • ビストロ ダイア - 今日のおすすめの黒板書きもできました

    今日のおすすめの黒板書きもできました

13回目

2018/01訪問

  • lunch:4.5

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.0

新春の久保田ダイアお勧めです(^o^)

新春フレンチ始めはビストロダイアから(^o^)

オーナーシェフの水口君から料理を任せてもらった久保田君、焼き方の岩佐君と組んで自由にやりたい放題!で、豊かな発想を爆発させています。素晴らしいランチでした。

口取りにいきなり出てきたのが、フォアグラの燻製のサンドイッチ!スペインの羊のチーズマンチェゴがフォアグラに乗っていて、これがまたいい味を出している「また食べたい逸品!!!」でした。

美味しい「蛤と蕪のすり流し」は高級クラムチャウダーと言った感じで、続いて出てきたのが、オマールエビとル・レクチュ(最近流行りの洋ナシ)とライムの泡のサラダ。これが素晴らしいフルーツサラダと言った感じで感心しました。

魚は甘鯛を松かさ焼きにして、ユリ根や冬野菜のアロス・カルドソ(マドリッド風雑炊)の上に乗せてあります。甘鯛は油を感じさせない見事な焼き上がりで、七草がゆを西洋風にアレンジしたと言うアロス・カルドソも新鮮でおいしかったです。

肉は、和牛頬肉のビール煮スパツェル添えと、木曽川網獲りの熟成コルベール(青首鴨)のロティサルミソース。どちらもなかなか美味しかったです。

久保田君の豊かな発想は、水口君ともまた少し違っていて、こちらも満点。ビストロダイアは安泰です(^o^)

  • ビストロ ダイア - 青首鴨を持つ久保田君

    青首鴨を持つ久保田君

  • ビストロ ダイア - 燻製フォアグラのサンドイッチ

    燻製フォアグラのサンドイッチ

  • ビストロ ダイア - 蛤と蕪のすり流し、コトリアード仕立て

    蛤と蕪のすり流し、コトリアード仕立て

  • ビストロ ダイア - オマールエビとル・レクチェの絶品サラダ仕立て

    オマールエビとル・レクチェの絶品サラダ仕立て

  • ビストロ ダイア - 甘鯛のポワレ、冬野菜のアロス・カルドソ

    甘鯛のポワレ、冬野菜のアロス・カルドソ

  • ビストロ ダイア - 和牛頬肉のビール煮込み、スパツェル添え

    和牛頬肉のビール煮込み、スパツェル添え

  • ビストロ ダイア - 木曽川の網取り青首鴨

    木曽川の網取り青首鴨

  • ビストロ ダイア - コルベールのロティサルサソース

    コルベールのロティサルサソース

  • ビストロ ダイア - あまおうのヴァシュラン、ピスタチオアイス添え

    あまおうのヴァシュラン、ピスタチオアイス添え

  • ビストロ ダイア - 新春仕様のナプキンでしょうか?

    新春仕様のナプキンでしょうか?

  • ビストロ ダイア - 本日のメニュー

    本日のメニュー

12回目

2017/12訪問

  • lunch:4.5

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.0

久保田君フル回転

水口シェフが笹島のグランドダイアに移ってから二回目のビストロダイアです。

常連客に合わせて特別料理を作ってくれたようで、久保田君のフルメニューは新鮮で面白く美味しかったです。

まず天王寺カブのムースとコンソメジュレと、次にカリフラワーのブルーテ帆立の炙りヴィエノワーズで始まり、次に出てきたのが

「北海道産鱈の白子のパイ包み焼き!」

鱈の白子と黒トリュフをちり緬キャベツで包んで、さらにパイに包んで焼き上げてあります。ソースはゴルゴンゾーラに蜂蜜で白子と相性バッチリです。白子の濃厚さにムニュっとした食感と、パイのパリパリした食感が組み合わされて、見事な料理でした。

また次のカスレも絶品でした。

名古屋のビストロでは、カスレと言っても大抵はソーセージと白インゲン豆の煮込みですが、こちらはきちんとしたトゥルーズ風。鴨の足をコンフィにして、自家製ソーセージと砂肝が入った本格的なものです。ソースに肉が混じっていると思ったら、粘りを出すために、ガチョウの脂の代わりに豚鼻と耳のゼリー寄せを入れたとのこと。オーブンで焼き上げてあるので、鴨足のコンフィが絶妙に仕上がっていて、骨までしゃぶりつくしました。

金目鯛、ムール貝、ホタテなどが入ったブイヤベースは大きなサザエに入っているという凝りよう。猪のモモ肉赤ワイン煮も美味しかったです。

水口君から免許皆伝の許しも出たようで、お店を任されて久保田君の実力満開と言った感じです(^O^)

水口君時代に比べると量は減って、「これでもかぁ」と言うほど何もかもがどっさりと出てきて、「どうしよう」と悩むことがなくなったのは少し寂しいですが、今後もどんな料理が出てくるか楽しみです(^o^)

ビストロダイア、間違いなく安泰です(^o^)

  • ビストロ ダイア - 天王寺株のムースとコンソメジュレ、紅ズワイガニ添え

    天王寺株のムースとコンソメジュレ、紅ズワイガニ添え

  • ビストロ ダイア - あっつ!写真の前にカリフラワーのスープを飲んでしまった

    あっつ!写真の前にカリフラワーのスープを飲んでしまった

  • ビストロ ダイア - タラ白子のパイ包み焼きブルーチーズソース

    タラ白子のパイ包み焼きブルーチーズソース

  • ビストロ ダイア - 白子と黒トリュフをちり緬キャベツで包んでパイ包み焼きにしてあります

    白子と黒トリュフをちり緬キャベツで包んでパイ包み焼きにしてあります

  • ビストロ ダイア - 鴨のコンフィと自家製ソーセージ、砂肝のカスレ

    鴨のコンフィと自家製ソーセージ、砂肝のカスレ

  • ビストロ ダイア - 岡山県美作産猪背肉のローストとモモ肉の赤ワイン煮(シヴェ)

    岡山県美作産猪背肉のローストとモモ肉の赤ワイン煮(シヴェ)

  • ビストロ ダイア - ブイヤベースサザエのつぼ焼き仕立て

    ブイヤベースサザエのつぼ焼き仕立て

  • ビストロ ダイア - 愛媛県産みかんのサヴァランとレモンソルベ

    愛媛県産みかんのサヴァランとレモンソルベ

  • ビストロ ダイア -
  • ビストロ ダイア - ジビエもあります

    ジビエもあります

11回目

2017/11訪問

  • lunch:4.5

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.0

久保田ダイアが始まりました

グランドダイアの様子見も終わって、今度はこちら久保田君がシェフになったビストロダイアです。

と思ったら何と(水口)大ちゃんいるじゃない!!!

グランドダイアもやっと落ち着いて、新人の入ったビストロダイア指導しに来たそうで・・・

と言っても、料理はあくまで久保田君と岩佐君?でやっているようです。

さて、いきなり飛び切り美しい「彩どり野菜のテリーヌ」とホタテのタルタルです。野菜それぞれの味の個性が出ていなかったのが少し残念ですが、それが出来ればパーフェクトな三ツ星料理です。

濃厚マッシュルームの温かいポタージュも満点。中にはつぶ貝と菊芋のソテーが入っています。

自家製シャルキュトリーの盛り合わせも、定番のテットドフロマージュやパテのほかに、羊のソーセージ等が出てきてこれも満点。

白身魚のクネルにメインはエゾ鹿の背ロースのローストに実山椒風味の赤ワインソース、魚はイサキのブールブランソースです。

デザートはイチジクのシブースト。これはパイの上にイチジクが乗ってその上にクレームキャラメルが乗った感じの3層構造でした。

この料理でしたら、十分これからもやっていけると確信です。

P.S.
店内の黒板には、パーティ用の7500円コースが載っていました。肉主体の大地プランと魚中心の海プランがあるそうです。飲み放題2500円と合わせて1万円コース。これなら幹事さんも安心でしょう。

  • ビストロ ダイア - あれっつ?久保田君に任せたんじゃないの?

    あれっつ?久保田君に任せたんじゃないの?

  • ビストロ ダイア - 彩り野菜のテリーヌ

    彩り野菜のテリーヌ

  • ビストロ ダイア - 濃厚マッシュルームのポタージュ、ツブ貝と菊芋のソテー入り

    濃厚マッシュルームのポタージュ、ツブ貝と菊芋のソテー入り

  • ビストロ ダイア - 自家製シャルキュトリーの盛り合わせ

    自家製シャルキュトリーの盛り合わせ

  • ビストロ ダイア - 羊のソーセージ

    羊のソーセージ

  • ビストロ ダイア - テリーヌや豚耳のゼリー寄せ

    テリーヌや豚耳のゼリー寄せ

  • ビストロ ダイア - 白身魚のクネルのオーブン焼き

    白身魚のクネルのオーブン焼き

  • ビストロ ダイア - イサキのポワレとムール貝、柚子風味のブールブランソース

    イサキのポワレとムール貝、柚子風味のブールブランソース

  • ビストロ ダイア - 蝦夷シカ背ロースのロースト、実山椒風味の赤ワインソース

    蝦夷シカ背ロースのロースト、実山椒風味の赤ワインソース

  • ビストロ ダイア - イチジクのジブースト

    イチジクのジブースト

  • ビストロ ダイア - パイ、いちじく、クレームブリュレの三層構造です

    パイ、いちじく、クレームブリュレの三層構造です

  • ビストロ ダイア - 珈琲

    珈琲

  • ビストロ ダイア -
  • ビストロ ダイア -
  • ビストロ ダイア -
10回目

2017/09訪問

  • lunch:4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.0

水口シェフ最後のビストロダイア

10月笹島にグランドダイアがオープンし、水口君はそちらに移るので、彼の料理をビストロダイアで食べるのは(イベント時はともかく)今回が最後になりそうです。

結局こちらには久保田君とあみちゃんが残ることになったそうです。久保田君は料理のアイデアがタップリなので今後とても楽しみです。

さて先日、札幌の「イディア(ル・ミュゼ)」で石井シェフの素晴らしい料理を食べたことをレビューしましたが、「北海道赤平市の素晴らしい鳩」と「奥尻島の素晴らしいワイン」の話を水口君に教えて食べに行くように勧めたところ、早速ミュゼまで食べに行って、石井シェフの紹介で奥尻島まで行ってワインを譲ってもらったそうです。ミネラルと塩分をたっぷり含んだ素晴らしいピノグリを出してくれました。

北海道江差沖の奥尻島は、確かほとんど溶岩でできた島のはずですが、ワイン畑に石灰を持ち込んだのでしょうか???日本は石灰質の土壌が稀なので、フランスワインのような強いミネラル分を感じることは稀なのですが、こちらのワインはブラインドで飲んだら日本のワインとは思えないくらいミネラルに富んでいます。魚介類にはばっちり合います。ワイナリーで最初はもう販売用が残ってないと断られたそうですが、名古屋から北海道の奥尻島までわざわざ訪ねていけば、そりゃぁ何とかして譲ってくれますよね(^O^)

メインは北海道赤平市エルムケップ山で育てた国産の鳩!!!ル・ミュゼで食べて以来二度目です。5年前にフランスから鳩を100羽連れてきて、日本向けに育てたそうですが、ついに日本でもこんな鳩を食べられるようになったかと、生産者にも大感謝です!前回はローストしてスモーク、今回は内臓タップリのサルサソースで食べましたが絶品でした。この料理なら、オープンするグランドダイアで出せば名物料理になるでしょう。

口取りの牡蠣のレモンエスプーマも見事!ダイアの牡蠣料理はまず外れることはありません。

フグと松茸の組み合わせもうまくいってましたし、ホタテのラビオリにポルチーニソースが美味しくないはずはありません。

タラの白子カダイフ巻き揚げにゴルゴンゾーラ・ヴァンブランソースは聞いただけでスーパー美味しいことが想像できます。

水口ビストロダイア最後にふさわしい、素晴らしいランチでした(^O^)

改めてビストロダイア6年間で毎月食べた料理の写真を見直すと、味わった感動が次々によみがえってきます。名古屋で食べた本格的なフランス料理では、やはりここが一番印象深いです。料理写真は下の方に300枚以上アップしてありますので、お暇な方はごらんになってください。

  • ビストロ ダイア - 牡蠣の冷製レモンのエスプーマ

    牡蠣の冷製レモンのエスプーマ

  • ビストロ ダイア - 奥尻島のワイン

    奥尻島のワイン

  • ビストロ ダイア - 鶏のパルティーヌとかぼちゃのスープ

    鶏のパルティーヌとかぼちゃのスープ

  • ビストロ ダイア - トラフグと焼き茄子のマリネ、焼き松茸

    トラフグと焼き茄子のマリネ、焼き松茸

  • ビストロ ダイア - 杏子茸とトランペット茸のフリカッセと帆立のラビオリ、ポルチーニソース

    杏子茸とトランペット茸のフリカッセと帆立のラビオリ、ポルチーニソース

  • ビストロ ダイア - 金目鯛のソテー、タラの白子のカダイフ巻揚げ、ゴルゴンゾーラソース

    金目鯛のソテー、タラの白子のカダイフ巻揚げ、ゴルゴンゾーラソース

  • ビストロ ダイア - エルムピジョンのサルサソース

    エルムピジョンのサルサソース

  • ビストロ ダイア - 栗のフィナンシュ、ジャスミン茶のムースとカシスのソルベ

    栗のフィナンシュ、ジャスミン茶のムースとカシスのソルベ

9回目

2017/08訪問

  • lunch:4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.0

10月5日、いよいよ新店『Libra Sasashima Grand Dia』オープンです

8月も、北海道に出向いて仕入れた新食材中心に美味しいメニューでした。

9月で豊田のユーロダイアを閉めて、笹島にオープンするグランド・ダイアに全力投球するそうです。オープン日も10月5日に決まり、水口君は今日もそちらに行って準備で大変なようです。

さて北海道の奥尻島まで行って仕入れてきたと言う日本海のエゾバフンウニのロワイヤルで始まりましたが、真イワシとインカのめざめ(ジャガイモ)のテリーヌが見事でした。フォアグラのペーストに黒トリュフまで乗っていてごちゃごちゃしすぎているかなと思ったらそんなことはなく、じゃがいもがフォアグラやトリュフと相性が良いので、すべてが一体になっていました。これも名物料理になるかもしれません。

次に出てきた鱧のベニエ(フリット)は、トマトの泡とバジルとの組み合わせが良く、鱧もこんな食べ方があるのだなと好印象です。

北海道の北十勝ファームのオーガニック短角牛は、とても柔らかく癖がないので、好きな方もいると思います。今回はカイノミのローストでしたが、他の部位もどんな感じか食べてみたいです。

久しぶりのメロンソーダで締めましたが、新しい店はどんな感じになるのでしょう?早速予約を入れてきました。


  • ビストロ ダイア - 奥尻島産ウニのロワイヤル

    奥尻島産ウニのロワイヤル

  • ビストロ ダイア - 夏野菜とトマトの冷製スープ、炙り帆立と牡蠣のスモーク入り

    夏野菜とトマトの冷製スープ、炙り帆立と牡蠣のスモーク入り

  • ビストロ ダイア - 真イワシとインカの目覚めのテリーヌ、黒トリュフの香り

    真イワシとインカの目覚めのテリーヌ、黒トリュフの香り

  • ビストロ ダイア - 鱧のベニエ、トマトとバルサミコのソース

    鱧のベニエ、トマトとバルサミコのソース

  • ビストロ ダイア - 北十勝ファーム短角牛、カイノミのロースト

    北十勝ファーム短角牛、カイノミのロースト

  • ビストロ ダイア - メロンスープ

    メロンスープ

8回目

2017/07訪問

  • lunch:4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.0

7月のダイアは夏の絶品揃い

水口シェフは夏の食材を仕入れに先週北海道に行っていて、私と入れ違いに帰ってきたとか(^O^)

まずウニのカクテルは、大間のバフンウニの上に大量のキャビア乗せ!下はピュアホワイトのムースときゅうりなど夏野菜の角切りにコンソメジュレです。海の幸はロブションがカリフラワーのムースで合わせてから猫も杓子も状態ですが、ほのかに甘いトウモロコシのピュアホワイトのムースもばっちりの相性でした。胡瓜などがこりこりした食感を与えてこれもまたバッチリ!素晴らしい一品でした。

次は噴火湾の毛蟹のほぐした身をタップリ盛った上にトリュフ乗せ!わぁっと思ったら、完成している訳では無くこれにジャガイモとねぎの冷製スープを注いで、あっという間にヴィッソワーズ・ロワイヤルです。これ以上何を望みましょう(^O^)

毛ガニと言うとオホーツク海をイメージされる方が多いかもしれませんが、北海道人?にとっては、夏の噴火湾の毛ガニが最高です。タップリ入った味噌の味が違います(^O^)オホーツクの毛ガニが美味しくなるのは流氷明けの丸々太った時期です。

もともと本州から移住してきた人達は、毛ガニなんぞ見たこともなかったし気味悪くて口にせず、長い間自分の出身地で馴染んだズワイガニを北海道に来てからも食べていたそうです。ところが、噴火湾の夏の毛ガニの美味しさを知った村長さんかな?食べないのはもったいないと、森から長万部で蟹弁当を作って駅で出したところこれが大当たりして、皆さん毛ガニの美味しさに気がついたそうで・・・

30品目の彩りサラダは北海道伊達市の農家から仕入れた、彩り鮮やかな野菜たちです。

メインはまず、貝、白エビ、魚の味噌入りブールブランソース。肉はニュージーランドの仔羊のパセリパン粉付けローストに黒豆のエキゾチックコロッケ!

マスカルポーネのシャーベットを食べてコーヒーを飲んで、ランチ無事終了です。

今日は28人の団体が入っていて、厨房は大変そうでした。カウンターだったので、料理を作るところから、最後はまかないの炒飯を準備するところまで見られて楽しかったです(^O^)


  • ビストロ ダイア - 大間バフンウニのカクテルはキャビア乗せ

    大間バフンウニのカクテルはキャビア乗せ

  • ビストロ ダイア - 中はカリフラワーではなくピュアホワイト(トウモロコシ)のムースです

    中はカリフラワーではなくピュアホワイト(トウモロコシ)のムースです

  • ビストロ ダイア - 噴火湾の毛ガニの上にトリュフ

    噴火湾の毛ガニの上にトリュフ

  • ビストロ ダイア - ジャガイモとねぎの冷製スープを注ぎ・・・

    ジャガイモとねぎの冷製スープを注ぎ・・・

  • ビストロ ダイア - あっという間に絶品ヴィッソワーズ・ロワイヤル???の出来上がり

    あっという間に絶品ヴィッソワーズ・ロワイヤル???の出来上がり

  • ビストロ ダイア - 先週ミシェルブラスのガルグイユ食べてきたそうで、北海道伊達の野菜を使った30品目の彩りサラダです

    先週ミシェルブラスのガルグイユ食べてきたそうで、北海道伊達の野菜を使った30品目の彩りサラダです

  • ビストロ ダイア - 海の幸味噌入りブールブランソース

    海の幸味噌入りブールブランソース

  • ビストロ ダイア - ニュージーランド産の仔羊はパセリとパン粉を付けて焼き、エキゾチックな味の黒豆のコロッケが添えられています

    ニュージーランド産の仔羊はパセリとパン粉を付けて焼き、エキゾチックな味の黒豆のコロッケが添えられています

  • ビストロ ダイア - えっ!セージを天ぷらにしたの?

    えっ!セージを天ぷらにしたの?

  • ビストロ ダイア - 黒豆コロッケ

    黒豆コロッケ

  • ビストロ ダイア - マスカルポーネのシャーベットにるバーブのアイスと苺のエスプーマ

    マスカルポーネのシャーベットにるバーブのアイスと苺のエスプーマ

  • ビストロ ダイア - 最後はコーヒーで

    最後はコーヒーで

  • ビストロ ダイア - 包丁は磁石で・・・

    包丁は磁石で・・・

  • ビストロ ダイア - 28人の団体さんが入って、厨房は凄いことになっていました

    28人の団体さんが入って、厨房は凄いことになっていました

7回目

2017/06訪問

  • lunch:4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.0

絶品の夏鹿ロース!!!

ダイアの定期訪問です。この日は水口シェフはセントレアの店に行っていて不在でしたが、故郷北海道から白糠の鹿のロースが送られてきたそうで、早速メインで出てきました。

夏の鹿(もちろん蝦夷鹿)なので、背脂は少なかったそうで綺麗に落として、赤身だけのローストに赤ワインソースです。

今回のロースは何の臭みもなくあっさりしていて、繊維は鹿らしく緻密でスーッと歯が通り、わずかな鉄分(血)を感じる素晴らしい肉でした。日本はもちろん欧州でもずいぶん鹿は食べましたが、今回の夏鹿はまさに最上級の絶品でした!二切れしか食べられなかったのが残念ですが、今回のロースは送ってきた時点で切り分けられていたとのことで、きっと北海道のフレンチレストランか、どこか有名な店何か所かに分けられたのでしょう。食べられた人は幸運です。

前菜のフォアグラにはバパマンガソースが添えられていましたが、これはバナナとパッションフルーツとマンゴーのソースだそうでパッションフルーツの酸味があって、名古屋で人気のフォアグラマンゴーと並ぶニューバージョンとなるかもしれません。

  • ビストロ ダイア - トラフグと白子の冷製ロワイヤル、炙りウニ乗せ

    トラフグと白子の冷製ロワイヤル、炙りウニ乗せ

  • ビストロ ダイア - フォアグラのバパマンガソース

    フォアグラのバパマンガソース

  • ビストロ ダイア - 鱧と枝豆と青柳

    鱧と枝豆と青柳

  • ビストロ ダイア - キンキとホタテのブイヤベース風

    キンキとホタテのブイヤベース風

  • ビストロ ダイア - 白糠のエゾ鹿ロースト赤ワインソース

    白糠のエゾ鹿ロースト赤ワインソース

  • ビストロ ダイア - 琵琶のコンポートとブランマンジェ

    琵琶のコンポートとブランマンジェ

6回目

2017/05訪問

  • lunch:4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.0

えっつ、海老足だけのエビグラタン!!!・・・(^_^;)

「今日は凄いの入ってます」「今日は凄そうですよ」などなど、本日のダイアは席に着いた途端、スタッフからうらやましそうに声がかかります。水口シェフがやって来て、「○○円ほど追加がかかりますがこれは滅多に食べられないと思いますよ」と言った後に持ってきたのが写真の伊勢海老。何と1.5Kg超だそうで・・・

昨夜店にやって来て水槽で寝ていたそうで、元気に足を動かしています。水族館では見ることもありますが、このサイズを食べるのはさすがに初めてです。当然、料理法はおまかせで食べさせてもらいました。

まず凄かったのは、足だけのグラタン。なんと身(本体)は入っていません(^_^;)写真のように、足(とヒゲ)だけでタップリ二人分あります。

蟹の足と違って、海老の足は細かく繊維に崩れることは無く、かまぼこのようにごろっとしっかりしています。水口君一本一本殻から取り出したそうで・・・当然マカロニなんぞ入れる必要もなく、伊勢海老の味噌とマカロニ代わりの弾力のある食感の足だけのグラタン!もう一生食べることは無いでしょうが絶品でした。

伊勢海老のタルタルはしっかりした噛みごたえ、そしてメインで使われた伊勢海老のビスクこれが凄かったです。普通ビスクを作るときは伊勢海老を何匹も使って作るのでしょうが、超大きな一匹だけで作ったビスクは雑味がないというか、濃厚で香りがあり、もう凄まじい美味しさでこれを飲んでしまうと、今後はどこかの店でビスクが出てくる度に、これを思い出していつも物足りなく感じるだろうなと逆に悲しくなってしまいます。

カミさんと二人で一匹丸ごと食べましたが貴重な経験をしました。皆さんも、どこかのレストランでもし巨大な伊勢海老を注文できる幸運に恵まれたら「足はグラタン」「ビスクは一匹だけを使ってたっぷり作ってもらう」と贅沢することをお勧めします。


P.S.
伊勢海老だけで本文が終わりましたが、カニ身とコリアンダーを詰めたフルーツトマトにアサリとサフランのソースをかけた前菜も、牛ランプ肉黒ビール煮の自家製フェットチーネも素晴らしかったです(^O^)

  • ビストロ ダイア - 今日は1.5Kg超の伊勢海老などいかがでしょうか(^○^)

    今日は1.5Kg超の伊勢海老などいかがでしょうか(^○^)

  • ビストロ ダイア - ウニのビーツソース

    ウニのビーツソース

  • ビストロ ダイア - コリアンダー風味の蟹が入ったフルーツトマトにアサリのソース

    コリアンダー風味の蟹が入ったフルーツトマトにアサリのソース

  • ビストロ ダイア - 伊勢海老のタルタルとサーモン

    伊勢海老のタルタルとサーモン

  • ビストロ ダイア - グラタンになる予定の海老の足!!!(容器になっている殻の大きさにも注目してください)

    グラタンになる予定の海老の足!!!(容器になっている殻の大きさにも注目してください)

  • ビストロ ダイア - 牛ランプの黒ビール煮と自家製フェットチーネ

    牛ランプの黒ビール煮と自家製フェットチーネ

  • ビストロ ダイア - 海老グラタン一丁あがり~

    海老グラタン一丁あがり~

  • ビストロ ダイア - やはり蟹とは一味?違います

    やはり蟹とは一味?違います

  • ビストロ ダイア - 特製酢飯

    特製酢飯

  • ビストロ ダイア - 半分食べた後、入れて混ぜて、海老ごはんに

    半分食べた後、入れて混ぜて、海老ごはんに

  • ビストロ ダイア - 身の方は超絶ビスクソースで

    身の方は超絶ビスクソースで

  • ビストロ ダイア - 肉は鴨です

    肉は鴨です

  • ビストロ ダイア - デザート盛り合わせ

    デザート盛り合わせ

5回目

2017/04訪問

  • lunch:4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.0

春のダイア

秋にオープン予定のグランドダイアの内装打ち合わせなど、大忙しの水口君です。

こちらの厨房は若い人も交じって大忙しで、ホールでも若い女性が二人働いていました。

本日の料理は春の季節感にあふれていました。前菜担当の久保田君は東京の有名店で働いていましたが、奥さんの実家のある名古屋に行こうかとネットでダイアの募集を見て、履歴書不要「髪型自由」と言う文章に惹かれて名古屋まで面接にやってきたとか・・・

レストランのスタッフ募集の文章に「髪型自由」を入れるとは、水口君さすがです。

前にも書きましたが、美味しい料理を作る能力と、他人を使って美味しい料理を作らせる能力、育てる能力、また人材発掘など、それぞれはまったく別のもののはずですが、それら全てを兼ね備えた人物が沢山の弟子を作り、将来大シェフとなって名前を残していくのだと思います。

工夫した前菜三種盛りは、久しぶりのタブリエドサブール(トリッパのカツ)、ホタルイカのバーニャカウダ、鳥羽の岩ガキにはセロリとリンゴのシャーベット!

白魚とつまみ菜のマリネは魚卵ソース、次にニース風サラダ。

メインの鴨料理は、オランジュ時代を思い出して大胆に大きな器でフランスのマグレ・ド・キャナールに春野菜とオレンジを入れて蒸し焼きです。取り分けたのもまな板の上で、二人分ドーンと出てきました(^o^)

デザートのソースも桜だったりと、最初から最後まですっかり春っぽい料理でした。

P.S.
写真はニース風サラダが抜けています。

  • ビストロ ダイア - 前菜盛り合わせはタブリエドサブール、ホタルイカのバーニャカウダ、岩ガキにセロリとリンゴのシャーベットのせ

    前菜盛り合わせはタブリエドサブール、ホタルイカのバーニャカウダ、岩ガキにセロリとリンゴのシャーベットのせ

  • ビストロ ダイア - 白魚とつぼみ菜のマリネ、魚卵ソース

    白魚とつぼみ菜のマリネ、魚卵ソース

  • ビストロ ダイア - 大きな鍋で蒸し焼きです

    大きな鍋で蒸し焼きです

  • ビストロ ダイア - まな板に載せて登場

    まな板に載せて登場

  • ビストロ ダイア - 鴨と春野菜の蒸し焼き

    鴨と春野菜の蒸し焼き

  • ビストロ ダイア -
  • ビストロ ダイア - ヨーグルトのアイスが秀逸

    ヨーグルトのアイスが秀逸

  • ビストロ ダイア - 厨房はあふれかえっています

    厨房はあふれかえっています

4回目

2017/03訪問

  • lunch:4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.0

水口シェフ完全復帰です(^o^)

セントレアにオープンした「ナポリ・ダイア」の新メニュー作りと監修など、向こうに行ってかなり時間を取られていましたが、順調に回るようになり本店に復帰したようです。

実に昨年11月以来4か月ぶりの水口君の料理です。

水口君がいない間、森田・久保田コンビの料理も素晴らしく、美味しい一流レストランとして十分やっていけるレベルでしたが、オランジュ時代からの水口ファンとしては少し寂しい思いをしていたのも事実です。

さて今年の10月には、笹島にレストラン「グランド・ダイア」のオープンも決まり、ビストロダイアで普段水口君の料理を食べられるのはあと半年のようです。ベットラ・オチアイのマネージャーだった佐藤さんも新しく加わり、新店の準備も順調なようで、そちらの店も楽しみです。

さて3月の料理は、写真の通り。

いきなり綺麗な石を持ってきたと思ったら、昨日東急ハンズで買ってきた石だそうで・・・写真のように、竹炭を練り込んで黒くした「レバーペーストシュークリーム」とか「ピザ生地」とか、どれが料理か石か分からない面白い試みでした。

綺麗に飾られたカリフラワーのビッソワーズに仙台牛のカルパッチオと食べて魚料理は、たくさん貝の入った絶品チャウダーと思ったら貝の下に大きなイトヨリが敷いてありました。

メインのパイ包み焼きですが、昨年はボギューズ風で、スズキとオマールを重ね周りにはトリュフ入りホタテのムースにシャロンソースでしたが、今年はオマールをキャベツで巻いて周りは牛ミンチでした(^o^)

いつものことですが、ここに来ると楽しくて、美味しくて、お腹も膨れて、幸せな気分で店を出ることができます(^o^)

  • ビストロ ダイア - 綺麗な石の上に料理が・・・

    綺麗な石の上に料理が・・・

  • ビストロ ダイア - どれが料理で、どれが石か見分けがつきますか???

    どれが料理で、どれが石か見分けがつきますか???

  • ビストロ ダイア - カリフラワーのビッソワーズに蟹とウニ

    カリフラワーのビッソワーズに蟹とウニ

  • ビストロ ダイア - 綺麗に飾られています

    綺麗に飾られています

  • ビストロ ダイア - 仙台牛のカルパッチオ

    仙台牛のカルパッチオ

  • ビストロ ダイア - 白貝、ムール貝、アサリ、ハマグリのチャウダー・・・

    白貝、ムール貝、アサリ、ハマグリのチャウダー・・・

  • ビストロ ダイア - と思ったら、大きなイトヨリが下に入っていました

    と思ったら、大きなイトヨリが下に入っていました

  • ビストロ ダイア - 大きなパイの中身は・・・

    大きなパイの中身は・・・

  • ビストロ ダイア - 水口君が切り分けてくれます

    水口君が切り分けてくれます

  • ビストロ ダイア - オマールのキャベツと牛ミンチ巻き!

    オマールのキャベツと牛ミンチ巻き!

  • ビストロ ダイア - この大盛りがね・・・えへっ

    この大盛りがね・・・えへっ

  • ビストロ ダイア - デザートもココナッツのスフレの下は・・・

    デザートもココナッツのスフレの下は・・・

  • ビストロ ダイア - マンゴプリンとバジルジェラートと面白い組み合わせです

    マンゴプリンとバジルジェラートと面白い組み合わせです

3回目

2017/01訪問

  • lunch:4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク -

水口シェフ不在でも頑張っています

セントレアに新規オープンした「ナポリダイア」に水口シェフが行っているため、ビストロダイアのランチは、森田・久保田コンビで頑張っています。

今日はメインが森田君、前菜デザートが久保田君とか。

がや(北海メバル)のデュグレレソース、ウサギとフォアグラのテリーヌ、フグ白子の生ハム巻、なかなか美味しかったです。いずれ水口シェフは新しいレストランをオープンしてそちらをメインにするかもしれませんが、たとえそうなっても、こちらビストロダイアは安泰のようです(^O^)

  • ビストロ ダイア - 毛ガニとうにのリンゴ酢ジュレかけ

    毛ガニとうにのリンゴ酢ジュレかけ

  • ビストロ ダイア - 筍皮の下は

    筍皮の下は

  • ビストロ ダイア - ホタルイカとうるい、こごみ、たけのこのサラダ

    ホタルイカとうるい、こごみ、たけのこのサラダ

  • ビストロ ダイア -
  • ビストロ ダイア - ウサギとフォアグラのテリーヌ

    ウサギとフォアグラのテリーヌ

  • ビストロ ダイア - フグ白子の生ハム巻

    フグ白子の生ハム巻

  • ビストロ ダイア -
  • ビストロ ダイア - がや(北海メバル)のデュグレレソース

    がや(北海メバル)のデュグレレソース

  • ビストロ ダイア - 鴨のオレンジソース

    鴨のオレンジソース

  • ビストロ ダイア - チーズケーキ

    チーズケーキ

2回目

2016/12訪問

  • lunch:4.5

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.0

こんなランチ食べたくないですか???

新しいプログラムで写真200枚制限が外れたようですので追加しましたが、写真の並びがおかしくなるようです。

水口シェフが乗りにノッていて、おまかせがもの凄くなってきたと書きましたが写真が掲載できなくて残念でした。

こちらが5月のランチです。

新人がたくさん入り厨房が満杯状態でしたが、せっかくだから代表的な料理を作って新人にも勉強させてやろうと、ポール・ボギューズの名品「スズキのパイ包み焼きシャロンソース」を作ってくれました。ラッキー!!!ランチですよ(^o^)

新ニンジンの甘さが絶妙なビッソワーズに始まり

北海道大滝村の香りの良いセリとトリュフ
鱧の落としのサラダ
生の北海シマエビの玉ねぎソース


北海シマエビは網走の尾岱沼だけに棲む淡水の海老ですが、通常冷凍で季節の2週間ほどしか生では食べられません。卵は甘エビのように青ではなくて何と緑色でびっくりしました。

スズキのパイ包み焼きシャロンソース

スズキとオマールを重ね、周りにはトリュフ入りホタテのムース。これをパイ包み焼きにした超豪華な料理ですが、見事に焼き上がっていて絶品でした!!!

そして取り分けてくれたこの量を見て下さい(^o^)これぞビストロの醍醐味!高級レストランでは、バランスを超えたこの超大盛り付けは絶対に無理でしょう。味も量も大満足~

しっかり肉料理のリドヴォも出てきて満腹の二度重ねですが

デザートの焼パイナップルにココナッツアイスは別腹で入ります。

それにしても凄いランチでした。料理内容はどこにも負けない「高級」フレンチなのに、高級レストランでは絶対に味わえないこの独特の満足感。こんなランチを食べると、その日は一日中身も(腹も)心も幸せいっぱいになります。水口シェフと同時代を名古屋で過ごせて幸せでだなぁ・・・

2017年は、ビストロダイア本店、トヨタのユーロダイア、柳橋の肉魂、セントレアのナポリダイアに加え、笹島にもう一店舗出店予定とか。水口シェフはあちらこちら飛び回るのに忙しくなって、なかなか本人のお任せ料理を食べられなくなりそうですが、いつまでもこのレベルの料理を食べたいです。

  • ビストロ ダイア - 徳島産新ニンジンのビッソワーズ

    徳島産新ニンジンのビッソワーズ

  • ビストロ ダイア - アスパラと北海道大滝産セリとトリュフの口取り

    アスパラと北海道大滝産セリとトリュフの口取り

  • ビストロ ダイア - 鱧の落としのサラダ

    鱧の落としのサラダ

  • ビストロ ダイア - 生の北海シマエビ(尾岱沼産)に玉ねぎソース

    生の北海シマエビ(尾岱沼産)に玉ねぎソース

  • ビストロ ダイア - 北海シマエビの卵は緑色でした

    北海シマエビの卵は緑色でした

  • ビストロ ダイア - ポール・ボキューズ風スズキのパイ包み焼きシャロンソース(絶品)

    ポール・ボキューズ風スズキのパイ包み焼きシャロンソース(絶品)

  • ビストロ ダイア - 水口君が切り分けてくれます

    水口君が切り分けてくれます

  • ビストロ ダイア - パイの中にはスズキ、オマールにホタテのムースが入ってます。シャロンソースで・・・

    パイの中にはスズキ、オマールにホタテのムースが入ってます。シャロンソースで・・・

  • ビストロ ダイア - ビストロだから許される、バランスを越えたこの一人前サイズ!!!幸せです・

    ビストロだから許される、バランスを越えたこの一人前サイズ!!!幸せです・

  • ビストロ ダイア - 女性用でもこの大きさ

    女性用でもこの大きさ

  • ビストロ ダイア - 肉はリドヴォです

    肉はリドヴォです

  • ビストロ ダイア - 焼パイナップルにココナッツアイス

    焼パイナップルにココナッツアイス

1回目

2016/12訪問

  • dinner:-

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999
  • lunch:4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 3.5

ダイアグループはいまだ発展中です!!!

私が毎月一度の予約を一年分(永久に)入れて通うフランス料理のお店です。

昨年からは全国より名古屋を訪問される美食家にもこの店を推選することにしました。紹介した東京の方達からも「こんな店は東京には絶対に無い」と絶賛され続けています。

まずはともかく、私がアップした料理の写真200枚をご覧ください!定番料理は食べつくし最近はシェフお任せになりましたが、4年間毎月違う料理を食べ続けています。特に美味しかった絶品料理を最初の方にまとめました。貴女も食べに行きたくなりませんか???

オーナーシェフ水口君の出身地北海道から取り寄せる新鮮で豊富な食材は、高級フレンチ店を含め他の店を圧倒していますし、新鮮なアイデア料理や古典料理など、次々と繰り出されるのが本当に楽しいです。

HPのコンセプトを引用すると

「高級レストランで働くのに疲れた水口シェフがアットホームに、自分が食べたい・作りたい料理を提供しているちょっとワンランク上のネオ・ビストロです」

と言うことですが
、定番料理を任せられるスタッフもそろい、シェフ本人が作る自分が食べたい料理(=おまかせ料理)は、その半分以上がグランターブル・キタムラミクニナゴヤなど名古屋の値段の高い超一流?レストランの料理を味も内容もはるかに越えていて、味に関しては現在名古屋では3本指に間違いなく入るでしょう。

私はジョエル・ロブションが30代後半から40代だった全盛時代に幸運にもパリに住んでいたので、ジャマンの料理を食べに行くのが楽しみでしたが、今は名古屋で、トウ・ラ・ジョアの須本さんが作る独創的な素晴らしい料理と、30歳で今後どこまで伸びるか想像すらできないダイアの水口君の料理を毎月食べられて、本当に幸せです。

繊細な盛りつけと子供のいない静かな落ち着いた雰囲気を期待する方は、どこかの高級レストランを選べば良いでしょう。ここはあくまで値段が半分?いやもっとお値打ちなネオビストロとして、素材と料理の味で勝負のお店です。(そう言いつつ、前菜サラダ類は最近盛り付けが豪快だけではなくとても綺麗です!)

・・・・・・・・
2016年

12月

今年も最終営業日のランチに行ってきました。

今年は柳橋に「肉魂」、セントレアに「Napoli Dia」をオープンさせて、水口君は大忙しです。本日も本店は森田君や久保田君を始め若いスタッフで支えていました。来年は名古屋に新規レストランオープンの予定もあり、どうなっていくのか目が離せません。

写真は日記でご覧ください。

11月

柳橋の肉魂も順調でスタッフに任せ、水口シェフは本店に戻ってきました。

口取りに出てきたポロ葱のムースと蟹とリンゴのジュレにアボガドアイスクリームの組み合わせが絶妙で見事でした。前菜の白子、リドヴォ、牡蠣のソテーの下には何とモンドールのリゾット!デザートのリンゴのキャラメリゼに添えられたのはゴルゴンゾーラのセミフレッドと、久しぶりに飲んだワインと相性もバッチリでした。

写真は日記で・・・

6月
5月はガッツリしたメイン作っていますと言って出てきたポール・ボギューズ風スズキのパイ包みシャロンソース。スズキとオマールをトリュフ入りホタテのムースで包みパイ生地を巻いて焼いてあります。ソースは定番のシャロン!

4月は絶品の海の幸のキャベツ包みにビストロダイア風クスクス

3月は昼からフルコース!
是非日記の写真を見て下さい。素晴らしかったです!!!

2月は春の料理になりました。
パルメザンチーズを炭と焼いて黒い土に見立てた、春の花壇のサラダとか、いつも絶品の北海道の魚介類の前菜とか、水口シェフは長男も生まれて絶好調です。

1月
今年もダイアの新春は、海の宝石の缶詰(北海道産帆立、イクラ、生うにの缶詰 冬野菜のマケドニア風、カリフラワーのムース)で始まります。すっかり名物料理になりました。隣の美女3人組はソムリエのアドバイスでトゥレーヌの白と合わせていました。


・・・・・・
2015年

12月の料理は一段と美しいです。懐かしいオニオングラタンスープの後に、素晴らしいホタテのサラダが登場。美しく美味しく野菜の量もうれしくなるくらいに多くて満点でした。メインはカスベ(エイ)の頬っぺたとタラ白子の焦げバターソースに、高山で獲れた170Kgの熊のロース!こちらはバルサミコ入り出汁ソースが面白かったです。詳しくは日記でご覧になってください。

10月は水口シェフがいきなり「今日の前菜凄いですから」、次にマダムの杏美ちゃんも「何か今日凄いの作ってますよ」・・・

期待して待っていたら、写真の牡蠣の大皿が出てきました。しっかり12個1ダース!!!

岩手4個、仙鳳趾(北海道)4個、広島2個、三重2個とそれぞれ、トマトとバジルジュレとか、スモークキャビアとか、アボガド添えとか工夫を凝らしています。ミルキーなプリプリの仙鳳趾産に岩牡蠣サイズの巨大な岩手産、これだけガッツリ牡蠣食べたのは何年ぶりでしょうか?感動的に素晴らしかったです!!!

メインは石田綿羊牧場の仔羊に、フランス産野鳩、いよいよジビエの始まりですね。

9月は
水口君が「今日のメインの食材当ててみてください」と謎かけ!

赤身で大きな四足動物だということはすぐに分かりましたが、鹿や蝦夷鹿よりもっと繊維がしっかりしていて、カモシカほど固くはありません。「馬にしては少し硬いから違うよね」と話していたら、何とイタリア産の(ロンバルディア)食用ロバでした!!!

イタリア人凄すぎ!!!そんな食材を仕入れて美味しく仕上げる水口シェフも凄すぎ!!!

snowdropさんが「躍動感のある料理」と表現していましたが、今年の水口シェフの料理を表すのにぴったりの言葉かもしれません。

8月は
水口シェフが、北海道に自ら仕入れに行ってきた道産食材揃いでした。圧巻だったのは北海道あか牛とフォアグラのオペラにパッションフルーツのキャラメリゼ!フォアグラとマンゴーの組み合わせは名古屋では最近食べ飽きるくらいですが、見事に味付けされたフォアグラとパッションフルーツのソースの組み合わせも素晴らしかったです!

7月は
アルギン酸を使って注射器で作った、シーカーサーのソース球をかけた「昆布盛の牡蠣」で度肝を抜かれ、デザートは宮崎マンゴーを凍らせて削った、台湾風「マンゴーかき氷」などで楽しませてもらいました。

水口シェフは、今年は余裕があるのか、アイデアが湧いてどうしようもない感じです!

6月

日進に土地を借りて自家製ハーブなどを栽培始めたそうです。花が咲き始めたレモンバウムのハーブティーが素晴らしかったです。また沖縄に行って綺麗なガラスの器を20個自分で作ってきたとか、美味しい塩を仕入れてきたとか、今年の水口君は非常に充実していて、料理にも自信が満ち溢れています。

5月

魚と肉のタルタルの競演となり素晴らしかったです。

まず口取りに、北海道のホタテと和歌山のマグロ(トロ)のタルタルに、国産のグレープフルーツとフルーツトマトで作ったガスパッチョをかけて、スープ仕立てのタルタルです。柑橘類とトマトの甘味が加わった独特のガスパッチョとタルタルが調和して新鮮で面白い味になりました。まずここでグッときました。

前菜はワゴンサービスで、仙台牛のタルタルです。バーナーで微かに炙り、後は細く切った後ケッパーや玉ねぎ、クミンなどの調味料と混ぜます。最後に生卵と、たっぷりトリュフをかけて完成です。素晴らしく美味しかったです。写真を見て食べたくなった方は今すぐお店に行ってください。タルタルは自宅で熊本の馬肉で作って以来一年ぶりでしたが、今の季節良いですねぇ・・・

同伴者の前菜は、二色のアスパラ入りオムレツにこちらもトリュフサラダ!

メインはブロターニュの10か月の仔牛のあばら骨付グリル。肉はまだ白っぽく20年ぶりくらいに美味しい仔牛を食べました。日本でもこういう美味しい仔牛を売ってくれる生産者がいると良いですね。

魚はマグロの赤身のグリルにニース風ソースでした。

デザートがホワイトチョコレートのムース、宮崎マンゴー、レモンシャーベット、柑橘類と炭酸の泡と四つの味と食感の組み合わせでした。絶品でした。昨年はマンゴーとパンナコッタでしたが、今回は味も完成度もはるかに高くどこに出しても評価されるであろう素晴らしいデザートに仕上がっていました。

薄味で少量ずつ料理が出てくる店が多い名古屋ですが、こちらビストロダイアは、しっかりとした味付けでドーンと大きなポーションで料理が出てくるのはいつまでたっても変わりません。オランジュ時代の廉価なビストロ料理から、ここ3年で料理はどんどん高級化してきましたが、スタイルはしっかり守られています。

そして食材はとにかく他の店を圧倒しています。北海道から取り寄せるだけではなく、東海地方の食材も素晴らしいものを仕入れているのは水口君の感性がしっかりしているからでしょう。

2月

いよいよ2500円のランチがメニューから消えましたがお店は相変わらず満席です。席が少し減ってゆったりしたムードになりました。

1月
今年のダイア食べ初めには、昨年末のサプライズメニューがいくつか出てきました。

いきなり出てきた口取りは「海の宝石の缶詰!!!」開けるとびっくりするくらい色とりどりで綺麗です。蕪のプリンが敷いてあって味といい美しさといい見事な料理でした。前菜のマグロとブリのカルパッチオとズワイガニの下にはカリフラワームースがあってこの料理も美味しく食べられました。

オマール海老と金目鯛のカルトファット包みは桜エビ入りのブイヤベース風に!金目鯛もアナゴもきちんと骨が取り除いてあって、こういうところが日本のシェフの凄さでしょうか。この料理にしても、ガッルーラのカッポンマーグロにしても、魚介類のフランス料理やイタリア料理は、取り扱いに慣れたシェフが作る日本で食べるのが一番美味しい様な気さえします。

・・・・・・・・・
2014年10月

先月お店は絶好調のまま三周年パーティを終えましたが、どこまで進化してゆくのか末恐ろしいビストロです。

本日最初に出て来た、ソフトシェルタラバガニと次郎柿のタルタル、蜂蜜と白ワインと紫キャベツのソースは、絶品でした。看板料理になるかもしれません。ソースは白バルサミコが無かったので即興で作ったと言ってましたが、色と味からは想像が付かず面白かったです。

その後は大根のスープに続き、牡蠣のチーズグラタン、兎肉?とフォアグラのパテ・アンクルート、兎背肉とマッシュルームの網脂包みポルチーニのリゾット添え(生バジルが絶妙)、和牛のブフ・ブルギニョン、セミフレッド、栗のデザートと豪華なランチを楽しんできました。

・・・・・・・・・
2014年7月

7月の前菜は、北海道産鴨のタルタルステーキ!

ガーリックトーストに乗せて食べますが、アニスの風味が素敵です。鴨のタルタルは生まれて初めて食べました。

デザートのマンゴーハーフカットロマノフ風も完熟で幸せでした!

・・・・・・・
2104年6月

お店がオープンして3年近く、毎月ランチを食べていてすでに写真が200枚近くになり・・・3年間毎月違う料理を食べさせてもらっていると言うこの事実が、水口シェフの実力というか、この店の凄さですね(^o^)

・・・・・・・・
2014年5月

オランジュ時代のブラッスリー的なビストロから始まり、いよいよ本格的レストランだけれど値段はお安めの「ネオビストロ」に進歩したようです。

ホワイトアスパラのムースにグリーンアスパラのポタージュの素晴らしい口取りに始まり、前菜のホワイトアスパラにセージとタイムのクリームソース、メインがマルガリッツァ豚の炭焼き、デザートにココナッツのブランマンジェ宮崎マンゴー添え、と完璧なランチでした。

・・・・・・・・
2014年4月

今月は前菜に桜鯛のカルパッチオを食べましたが、せとか(甘い蜜柑)が乗っていて、この組み合わせに痺れました。メインはブルゴーニュワインだけを使ったブフ・ブルギニョン。PLEYEL家でもよく作る家庭料理ですが、プロに作ってもらうとやはり美味しいです。カミさんは羊のナバラン・クスクス添え。クスクスはお湯で戻した後ベーコンや野菜と合わせてあり、この食べ方も早速PLEYEL家で採用です。

・・・・・・・・
2014年1月

今年のダイア食べ初めは、オレンジのココット鍋。

開けると、フランス産フォアグラのソテーにセップ(ポルチーニ)のソース、下には北海道産百合根のロワイヤル(西洋風茶碗蒸し)。人気のメニューで復活させたそうですが、組み合わせが本当に美味しいし百合根の食感も独特で、名物料理になりそうな絶品でした。

続いて前菜はペルー産ホワイトアスパラ、サンジャック(帆立)のソテーと生ハム、ポーチドエッグ添え。新春は毎年ここでホワイトアスパラ食べていますが、帆立の火の通り具合も良くて酢のきいたソースで今年の料理が一番でした。

後は定番で間違いない、「自家製サーモンのマリネたっぷりサラダ、フレッシュトマトとバジルのソース」や久しぶりに復活した「三河地鶏もも肉 皮目をパリパリに焼いたソテー、角切り野菜のグリーンソース」

宮崎牛は前回はランプでしたが、今回はサーロイン。刺しが凄くて食べるのが大変な位に強烈でした。

デザートは黒糖と三温糖のクレムブリュレが絶妙。オール苺のデザートも楽しかったです。

オーナーシェフの大ちゃんは、お正月地元に帰ってルスツスキー場でリフレッシュしてきたとか。三年目に入り気合いが入っているようです。

昨年後半は新店オープンの影響もあり大変だったようですが、すっかり落ち着いて、ディナーのコースメニューは1万円一本に絞るなど、ネオビストロという分野を名古屋に自らの手で定着させそうな勢いで、今年も本当に楽しみです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2013年12月

夜にはなかなか行けないので、前日に電話で頼んでランチタイムに雷鳥の料理を作ってもらいました。

マスカットを真空調理で雷鳥と一緒に焼いてソースを作ったとか・・・血と肉汁とマスカットの素晴らしいソースです!!!ここ3年間で一番美味しい雷鳥でした。おそらく地べたを走っているのでしょう、太ももが発達していてかじり付くと最高です。

口取りに白菜と昆布森の牡蠣のスープ、前菜に蝦夷鹿のカルパッチョに林檎のソース、自家製半生のスモークサーモンに、デザートはラ・フランスのスープと、幸せな気分になれる最高のランチでした!

同伴者も瞬間燻製レアサーモンが初めてだったようで、宮崎牛のソテーのトリュフ・ソース共々感動していました。

オランジュ時代は月替わりランチでしたが、ダイアになってからは人気の定番メニューが季節替わり程度に固定されてきました。しかし訪問回数が多い客に対しては同じ料理で飽きさせないように、いつもの決まったメニュー以外にも柔軟に対応してくれるだけの能力も応用力もあります。これが本来のレストランの姿でしょう。

自らネオ・ビストロと名乗っていますが、実際三年目に入って、ランチに関しては、その総合力・応用力で1000円-1500円の名古屋の他のビストロや高価なレストランとは差が付いてきて、ダイア独自のスタイルが定着してきたと思います。総合☆を0.5上げておきます。

・・・・・・・
2013年9月

9月からランチは2500円と3800円に値上げになりました。お店は二周年を迎えて、創作系に走っていた料理を一度原点に戻そうと、懐かしい味のビストロ料理が並んでいます。

口取りの自然な甘さのくり南瓜のスープに続き、前菜はオランジュ風のキッシュ。野菜がタップリ盛られていてうれしくなります(フチテイも開店当時は野菜タップリだったのですが・・・)。今回はカウンターでしたが、単なるサラダでもしっかりと野菜の水を切って、ステンレスボールでお弟子さんではなく水口君が油を絡めてくれると、これが微妙にまた美味しいんですよね。

メインはこれまた懐かしビストロ定番料理の、鶏のクリームソース。焼き野菜とライスが添えられていてソースと絡めて食べると幸せです。

デザートはブランマンジェに生姜のアイスクリーム。これに珈琲を飲んで2500円ですので、高いと文句を言う人はいないでしょう。

スタッフは豊田店にだいぶ取られてこちらの厨房忙しそうですが、ランチ満席は今後もしばらく続きそうです。

それにしても28歳で二店舗目オープンとは!

・・・・・・・・・
2013年6月

久しぶりのダイアです。

まず手長海老のガスパッチョ、中トロとアボガドのタルタル添え。胡瓜の香りがする酸味の効いた美味しいガスパッチョを口に含んだ後、マグロとアボガドのタルタルに舌鼓を打ち、海老味噌のシャーベットを崩して味の変化を楽しみます。

続いて喜茂別のホワイトアスパラにはサマートリュフ。定番の田舎風パテは野菜タップリです。

メインは、久しぶりの肉汁タップリドイツ風ハンバーグ。オランジュ時代の定番メニューです。ナイフを入れると和牛の肉汁がジューと溢れ出ます。

デザートは上から下までマンゴー尽くし。昨年のメロンから始まった特製デザートは桃と苺と続きマンゴーで一回りしたとか。メロンと言えばコート・ドールのベルナール・ロワゾー、桃(ペッシュ)と言えばオーベルジュ・ド・リルのエーベルラン・・・と名前が浮かびますが、マンゴは思い浮かばないので、完成度を高めてダイアの名前が付くようなデザートが出来ると良いですね。特製デザート四つまとめて写真並べておきます。

いつも通りに野菜たっぷりが嬉しい、美味しくて楽しいランチでした。

・・・・・・・・・
2013年3月

2月のブイヤベースに続き、今月はオランジュ時代の人気メニュー「ハンバーグのパイ包み焼き」をお願いしておきましたが、あとは写真のように春らしい料理の連続です。

口取りはホワイトアスパラ、新タマネギ、卵、トリュフの組み合わせ!定番ですね。キッシュロレーヌも色鮮やかな野菜の組み合わせが綺麗です。この店は店内がとても明るいので野菜類がとても綺麗に見えます。2011年のキッシュの写真を隣に置きましたが、先月のパテ同様に2013年バージョンは盛りつけがいっそう綺麗になっているのが分かります。

三河の平目は苺と桜のソースで、石田緬羊牧場の仔羊のラムチョップに、ハンバーグのパイ包み焼き。どちらも巨大です!しっかり焼けたパイのカリッとした食感が堪らないんですよね。今シーズンのディナーでは、ジビエのパイ包み焼きを作ったそうです。秋にはフォアグラとトリュフのパイ包み焼きを作ってもらおうかな・・・

デザートは苺のバリエ。苺や木の実のシロップ漬けの上に蜂蜜ジェラートとプチプチする苺のエスプーマがかかっています。

すっかり春の気分満喫で幸せなランチでした。


2月

2月のランチは今シーズン初のブイヤベースです。今年は甘エビの頭、昆布、オレンジを加え昨年以上に美味しい料理に仕上がっていました。ブイヤベースは、魚を知り尽くした日本人シェフが作る物が絶対に世界一だと思います。

今月もTV出演あるそうですが、5分放映のために収録は6時間に及び、料理は8回作り直したそうです。TVは本当に大変ですね!

1月

新春のビストロ・ダイアは、定番の前菜田舎風パテの盛りつけにびっくり。写真のように美しいものに変わっていました。比較のために昨年までのパテの写真を横に乗せておきます。お皿も綺麗なものや変わった形のものがどんどん増えています。盛りつけの意欲が掻き立てられるんでしょうね。

定番のニース風サラダは野菜も内臓もたっぷり、超巨大なムール貝は北海道の日本海側「増毛」産だそうです。

・・・・・・・・・・

2012年12月

年末最終営業日のランチに家族で行ってきました。

前菜にはトリュフとブルーチーズのオムレツ!オムレツの中には粒トリュフ、上からスライスと、これでもかという感じで至福至福でした。10月からやや営業方針も変わって夜は高級化していますが、相変わらず昼も夜も満席とのことで・・・名古屋人の心をがっちり掴んでいるようです。

12月

今回のお昼は写真のように豪華です!

東海テレビの収録(5分で作るフランス料理らしいです)の前、慌ただしい中で水口シェフが自ら作ってくれました。

昆布森の牡蠣にトマトと昆布ジュレの口取りに始まり、前菜は二品。まず蝦夷鹿のカルパッチョ。これは鹿肉をサングリアに漬けて(凍らせ)ルイベにして、たっぷりのリンゴサラダとディルで食べるのですが、この三者の組み合わせが最高。一つ抜けてもガクンと落ちるでしょう。

次は鱈の白子カリふわとろ焼き。表面はカリカリでトロッとした中身との食感の差が見事です。上には牛蒡のフリットが乗っていてパリパリ感を増しています。美味しい~。

続いてメインは魚と肉で、まず「がや」(北海メバル)のロースト。上にはホタテのペーストが塗ってあります。さらにソースは普通のアメリケーヌではなく、セイコ蟹(ズワイ蟹のメス)の内子と味噌に甘エビの頭部を加えて、少しあっさりめで香りのよいビスクを作っているのですが、この味が最高!桜蝦の唐揚げも乗っています。

肉は滝川の鴨。ハスカップソースが酸味を添えて、下には甘い安納芋のソースと富良野のかぼちゃ(雪化粧)のピューレがあって、またこれが普通の南瓜とは違って最高。全てバゲットに塗って食べました。

デザートはエキゾチックな味の紅茶のブランマンジェで、中には蜂蜜のアイス、回りには丁子、シナモン、黒胡椒が散りばめられています。

今回の料理は迷わず☆4.5です。久しぶりに水口シェフ全開で実力発揮でした。前日の夜から料理考えていたとか・・・基本は夜のメニューだったようですが、他の方の写真を見るとソースやピューレ、香草など微妙に変えてあり、それがまたドンピシャでした。

9月

オープン1周年記念パーティに行ってきました。

写真のビュッフェでしたが、三河湾や北海道の新鮮な魚、蟹、石田めん羊牧場の仔羊丸焼き(半身ずつ)等、相変わらず食材は豪華でみなさん楽しんでらっしゃいました。

まだ一年しか経っていないのに、スタッフは12人もいるそうです。それでも今後新店舗を出して拡大するつもりはなく、料理教室などに力を入れていきたいと話していました。

お店は10月1日より、日曜祝日・第3月曜日が休みで、水曜日は通常営業になります。


8月

8月は家族で訪問しました。長野県からはもうツキノワグマとうり坊(仔猪)、北海道からは6Kgの一本釣り大助(キングサーモン)、タスマニア産仔羊、北海道の雉など、食材の仕入れは見事です。水口シェフ自らネオビストロと呼んでいますが、ビストロの価格設定とスタイルながら自ら東奔西走して仕入れた食材は、ビストロの範疇を超えて名古屋のフレンチレストランでは一二を争うと思います。

ソースに関しては名古屋には数人しかいない超一流シェフと比べればまだ差はありますが、他店にはない様々な食材が圧倒的な量でドカーンと提供されるこのスタイルが名古屋で支持されているのは明らかです。9月29日で一周年ですが、よくぞオープン以来満席を続けていると感心です。従業員の週休二日も守っているそうで、こちらも大したものです。


7月

7月はカウンターの端で、はしりとなごりと新作のランチでした。

前菜は、はしりと言うより今年初のサンマを使ったサラダ・・・いよいよ釧路にサンマがあがり始めました。油が乗り切る前のサンマ絶妙です!

メインは、なごりの長崎産リ・ド・ヴォーのジロール茸ソース・・・生のリ・ド・ヴォーはもう終わりですね、びっくりするくらい巨大な胸腺でした。仔牛は育ってしまったので、もう胸腺は小さくなるばかりです。これからしばらくは冷凍でしょう。

デザートは、新作のペッシュ・エーベルラン風、桃のコンポートとピスタチオアイスクリームにサバイヨンソース・・・昨月のロワゾー風メロンスープは、今月かなり形を変えて簡略化された上で一般メニューに入ったようですが、こちら桃のコンポートはこのままそう変わらずに来月のメニューに入るかもしれませんね。水口シェフに聞いたら、リオンのボギューズのところで勉強していた時に、2週間ほどアルザスのリルの厨房に遊びに行ってきたそうです。さすが要領が良いですね。

あとは定番のランチメニューで、

ローストビーフサラダ山わさびのソース、
皮目をパリッとした小樽の鮭、あさりのサフランソースと季節の野菜
三河地鶏のパリパリ焼き、ベーコン・玉ねぎ・人参の角切りグリーンソース

厨房は若いスタッフであふれかえってます。全員キビキビとした動きで気持ち良いです。水口シェフの調理学校時代の同期のスタッフが入り、厨房はさらに強化されたみたいです。


6月

定期訪問でランチに行ってきました。

写真は新作の「大人のメロンソーダ」

メロンスープと言えばベルナール・ロワゾーが有名ですが、こちらはロワゾー風にマスクメロンのスープを作り赤い富良野メロンを丸くくり抜いて浮かせた後に、エスプーマでココナッツミルクの酸味のある泡を作って乗せ、コリアンダーを振り掛けてあります。器も二重で中の氷でスープが冷やしてあって、見事な一皿に仕上がっていました。これはもうビストロ料理というより一流レストランの豪華な一皿ですね。(値段考えると恐ろしいですけれど・・・)。メニューに入れる際は簡略化するのでしょうが、この段階の料理を食べられたのはラッキーでした。

大阪のFujiya1935の泡はもっと酸味があってプチプチ弾ける感じでしたが、こちらはもっと優しい感じでした。最終的にどう仕上がるか楽しみです。

前菜はこちらも新作の、玉ねぎのムース・菜の花のジュレソース。風味が豊かで新玉ねぎの甘さも引き立っていて美味しかったです。

メインは定番のコック・オ・ヴァンと、石田綿羊牧場の三か月仔羊の内臓ラビコットソース。春は仔羊が美味しいですね!

厨房のスタッフは全部で12人になったとか、所狭しという感じで若い人たちがひしめいています。

5月

シェフから「北海道のアスパラがようやく入荷したので席を用意しました」と連絡があり、ランチに行ってきました。

前菜は富良野のグリーンアスパラ。皿の溝に一本ずつ並べてあり野菜や生ハムが色鮮やかにディスプレイされています。まるで、色とりどりの花が一斉に咲き誇る北海道の春~初夏のように美しかったです。白トリュフオイルが香ります。土のイメージで振り撒かれているのは紫蘇ではなく黒オリーブでした。昨秋のオープン時から、春になったらアスパラの前菜はこの溝付きの皿に並べて出そうと心に決めていたそうです。

別メニューのホワイトアスパラは旭川の南、神楽産でポーチドエッグと黒トリュフソースの味付けです。メインは豚のとろとろ煮、相方はスズキのグリル、ウニクリームソース。このままイタリアン風にパスタを入れて食べたくなる味でした。新鮮な食材を出身地の北海道から仕入れるのも見事に機能しています。

デザートはガトーショコラと定番の蜂蜜アイスクリーム。コーヒーがついてランチコース2000円はお値打ちで人気があるのは当然でしょう。

水口シェフは「オランジュ」時代は全て自分でメイン料理を作っていましたが、現在は結構スタッフに任せているようです。自分で美味しい料理を作る能力と、他人を使って自分の料理を美味しく作らせる能力は全く別です。この若さでそれをマネージメントできる能力は天性のものなのでしょう。

昨年10月の開店以来満席が続き、ホールはマダムとシェフ二人だったのでかなり無理があり余裕もなかったようですが、春になりホール専任のスタッフやアルバイトも数名入ったようで、これからは問題ないでしょう。


2012年1月

新年最初の土曜日のランチはビストロ・ダイアに行ってきました。

大通り側が一面窓の明るい店内で、水口シェフはじめスタッフの明るいムードの中、質も量も満足できるランチを食べると、行くたびに幸せな気分になれるのが何よりです。

写真は2000円のランチの前菜三連発。サーモンマリネも鶏砂肝のコンフィもキッシュもご覧のように野菜たっぷりなのが嬉しいです。野菜は新鮮で本日はレンコンや百合根も入っていました。しっかりドレッシングと馴染んでいます。

メインはタスマニア産の仔羊でしたが、食べたことのなかったオマールのアメリケーヌソースを追加しました。この大きさで3900円と嬉しいです!

・・・・・・・・・・
2011年12月

12月はランチでブイヤベースです。ストウブの楕円形の鍋に二人分入って、熱々で出てくるのが嬉しいです。さらに写真のように、きちんとアイオリ(にんにくマヨネーズ)とルイユ(にんにくソース)とチーズが付いてくるのが堪りません!(分かる人には分かっていただけるでしょう)

スープもたっぷり入っているので、最初はアイオリやルイユをクルトン仕立てのバゲットの薄切りに盛ってチーズも入れてスープを楽しみ、次にスープで浸した魚や貝を改めて盛りつけ、二段階で食べることもできます。マルセイユ風ですねぇ・・・

フランスで食べるとどうしても(良くも悪くも)生臭さが残るブイヤベースですが、こちらは日本人向けに徹底的に下処理してあるので、生臭さは全く感じられずこれはこれで本当に美味しいです。イノーべのスープ・ド・ポアソンも大好きですが、ブイヤベースはこちらの方が美味しいかもしれません。

夜は本場マルセイユのように、基本スープにオマール海老や各種魚を選んで追加できます。何を入れるか悩んじゃいそうですね。

定番の美味しいデザートもお皿が立派になりました。

11月

フォアグラと黒トリュフのパイ包み焼きを食べに、ディナーへ行ってきました。

ディナーもランチ同様お値打ちにセットコースで済ますこともできますが、ジビエやトリュフなど豪華食材を夜に食べたい時は、いつもワイン込み一人1~2万円で「シェフお任せ」にして頼んでいます。

この料理もともとは一年半前に私が、パイ包み焼きの上手な水口シェフに黒トリュフが手に入ったら是非「丸ごと一個入れて作って」と頼んであったのですが、昨年オランジェでは10回ほど作ったらしいですが、頼んだ私自身が食べるチャンスがなくて一年後ビストロ・ダイアでのリベンジです。

ライオールのナイフでパイを切る瞬間から、中ではあのコリコリとした感じ!そうそうジャガイモより堅いトリュフを切るあの感覚です。牛ミンチとフォアグラと共に顔を出した真っ二つに切れたトリュフからは、モワッとしたむせる香りが・・・これにあわせてポムロールのワイン、メルロー95%で土の香りがする、シャトー・クロワ・デュ・キャスが用意されていました。

今年の秋は、ポルチーニ(セップ)と白トリュフが不作だった分、黒トリュフを食べる機会が例年より多くなり、11月は黒トリュフ三連荘!!!まず「ラ・リリアーナ」ではフォアグラと黒トリュフのラザーニャをルイジ・バウダーナのバローロ(もちろんぶどうはネッビオーロ)で楽しみ、「オステリア・リュウ」では最高級のアルバ産黒トリュフソースでむせかえるウンブリッチェリにカベルネ95%のスーパータスカン、カンポーラとマリアージュを楽しんできましたが、今回はなんと言っても黒トリュフ丸い一個をナイフで切って、メルローを合わせて食べるという最高の贅沢!

生まれて初めてシャトー・ペトリュスを自宅で飲んだとき、コルクを抜いたとたんトリュフの香りが部屋中に広がり、「そうかフランス人はこの香りが好きなんだ」と納得しました。果実味豊かなメルロー種の赤ワインも、本当に良いものは熟成と共に土の香りというより「トリュフの香り」がするんですね。

一度はそんな赤ワインとアルバ産の黒トリュフとのマリアージュを楽しみたいな・・・一年に一回は食べたいなぁ、丸ごとトリュフ。来年は牛ミンチは抜いてもらい、フォアグラと黒トリュフと、さあ何を入れて作ってもらおうか・・・悩みます。

ついでに巨大なトリュフが手に入ったら、今度はロブション(旧ジャマン)のスペシャリテ、「トリュフとジャガイモのミルフィーユ」も水口シェフに頼んで作ってもらおう・・・なんて、ここは夢がどんどん膨らむ素敵なお店です。


■さてディナーはルイ・ロデレール(シャンパン)で始め、口取りはホタテと牛のたたきまでは普通ですが、なんとスプーンに入っていたのは「生フォアグラのワサビ和え」!

■前菜は「昆布ジュレで固めた、真サバと焼きなすのテリーヌ」これはりんごの香りさわやかなソービニョン・ブランで。

■魚料理は、酸味と樽香がやや強いルフレーブのピュリニー・モンラッシェで。「シャンパン蒸しの小牡蠣、オマール、たらの白子のバターソース」牡蠣が味濃くて美味しかったぁ~!これはなかなかの料理です。

■そしてメインが「フォアグラと黒トリュフのパイ包み焼き」

■ここでカウンターに移り、残った赤ワインは冷蔵庫から出てきたモンドール(柔らかい白カビチーズ)で楽しみ、

■デザートが「ラ・フランスの赤ワインコンポート」とアイスクリーム、さらに塩チョコ。とてもデザートワインは飲めません。

■後は食後酒にマール・ド・ブルゴーニュとシガー。

これはフランス料理ですね。満足しました。27歳でこんな店作って繁栄させちゃうって凄いですね。ビストロの本質をつかんでいるからだと思います。末恐ろしいです・・・

・・・・・・・・・・

2011年10月

新店オープンが続きます。

名古屋市内のビストロの雇われシェフとして2年半腕を振るい、お店を超人気店にした水口シェフとマダムが独立して、今度は葵にビストロ・ダイアをオープンです。若くしてオーナーシェフとなりました。写真ご覧ください(掲載了承済み)、うれしそうですね!オープンしたばかりなのにもう満席です。

二年前に、前のお店の初レビューで、


楽しくて、明るくて、お腹が膨れて、CPも良くて、食べた後は幸せな気分で一日いられる廉価なビストロがまたオープンです


と、書かせていただきましたが、もう一度この言葉を繰り返したいと思います。今度は、廉価なビストロでは名古屋ナンバーワン!と付け加えます。

本質を水口シェフはガッチリ掴んでいてはずすことはありません。名古屋以外の大都市でも、フランス人がやっている「ルグドゥノム ブション リヨネ」のような店をのぞき、なかなかこのクラスの廉価なビストロはないと思いますので、☆も高評価にしています。

新しいお店は、内装も見違えるように奇麗で、昔のイメージと重なるのはオレンジ色のアクセントとポップ調の文字くらいです。広くなった上に、かなり高級感が出ました。

  • ビストロ ダイア - 幸せ~(^.^)

    幸せ~(^.^)

  • ビストロ ダイア - ポール・ボキューズ風スズキのパイ包み焼きシャロンソース(絶品)

    ポール・ボキューズ風スズキのパイ包み焼きシャロンソース(絶品)

  • ビストロ ダイア - スズキ、オマールにホタテのムースが入ってます。シャロンソースで・・・

    スズキ、オマールにホタテのムースが入ってます。シャロンソースで・・・

  • ビストロ ダイア - ビストロだから許される、バランスを越えたこの一人前サイズ!!!幸せです・

    ビストロだから許される、バランスを越えたこの一人前サイズ!!!幸せです・

  • ビストロ ダイア - ダイア風牡蠣の饗宴。それぞれソースが違います。これで二人分の前菜ですよ
      !!!

    ダイア風牡蠣の饗宴。それぞれソースが違います。これで二人分の前菜ですよ !!!

  • ビストロ ダイア - すっかり、ダイアの名物料理となった、海の宝石の缶詰。(北海道産帆立、イクラ、生うにの缶詰 冬野菜のマケドニア風、カリフラワーのムース)

    すっかり、ダイアの名物料理となった、海の宝石の缶詰。(北海道産帆立、イクラ、生うにの缶詰 冬野菜のマケドニア風、カリフラワーのムース)

  • ビストロ ダイア - 手長海老のガスパッチョ、中トロとアボガドのタルタル添え。胡瓜の香りがする酸味の効いた美味しいガスパッチョを口に含んだ後、タルタルに舌鼓を打ち、海老味噌のシャーベットを崩して味の変化を楽しみます。

    手長海老のガスパッチョ、中トロとアボガドのタルタル添え。胡瓜の香りがする酸味の効いた美味しいガスパッチョを口に含んだ後、タルタルに舌鼓を打ち、海老味噌のシャーベットを崩して味の変化を楽しみます。

  • ビストロ ダイア - 長万部のあか牛とフォアグラのオペラ。上はチョコレートではなくポルト種のジュレでパッションフルーツのキャラメリゼとの相性が最高!

    長万部のあか牛とフォアグラのオペラ。上はチョコレートではなくポルト種のジュレでパッションフルーツのキャラメリゼとの相性が最高!

  • ビストロ ダイア - 北海道産ユリ根のロワイヤル(西洋茶碗蒸し)、フォアグラのポアレとセップ(ポルチーニ)のソース・・・絶品でした!

    北海道産ユリ根のロワイヤル(西洋茶碗蒸し)、フォアグラのポアレとセップ(ポルチーニ)のソース・・・絶品でした!

  • ビストロ ダイア - 桜鯛のカルパッチョ・サラダ。せとか(みかん)との組み合わせが堪りません

    桜鯛のカルパッチョ・サラダ。せとか(みかん)との組み合わせが堪りません

  • ビストロ ダイア - ペドロ―(ヤマウズラ)と、フォアグラとトリュフと縮緬キャベツが重層構造になって、さらにパイ包み焼き(^o^)

    ペドロ―(ヤマウズラ)と、フォアグラとトリュフと縮緬キャベツが重層構造になって、さらにパイ包み焼き(^o^)

  • ビストロ ダイア - 水口シェフが、タルタルステーキをを目の前で作ってくれます

    水口シェフが、タルタルステーキをを目の前で作ってくれます

  • ビストロ ダイア - 皿に盛って

    皿に盛って

  • ビストロ ダイア - カサゴ、エビ、イカ、アサリ、ムール貝、タラで一杯

    カサゴ、エビ、イカ、アサリ、ムール貝、タラで一杯

  • ビストロ ダイア - 特製ブイヤベース。フランスのレストランも含め、過去最高の味でした。

    特製ブイヤベース。フランスのレストランも含め、過去最高の味でした。

  • ビストロ ダイア - がや(北海メバル)のホタテペースト乗せロースト。セイコ蟹(ズワイ蟹のメス)の内子と味噌に甘エビの頭部を加えた香りのよいビスクが最高!!!

    がや(北海メバル)のホタテペースト乗せロースト。セイコ蟹(ズワイ蟹のメス)の内子と味噌に甘エビの頭部を加えた香りのよいビスクが最高!!!

  • ビストロ ダイア - 雷鳥のフォアグラ添え、マスカットソース。マスカットの香りと雷鳥の血と肉汁で素晴らしいソースでした。

    雷鳥のフォアグラ添え、マスカットソース。マスカットの香りと雷鳥の血と肉汁で素晴らしいソースでした。

  • ビストロ ダイア - お好きなアスパラをどうぞ

    お好きなアスパラをどうぞ

  • ビストロ ダイア - ナイフを入れて開いた、海の幸のキャベツ包み(絶品)

    ナイフを入れて開いた、海の幸のキャベツ包み(絶品)

  • ビストロ ダイア - ビストロダイア風クスクス

    ビストロダイア風クスクス

  • ビストロ ダイア - マンゴーのデザート、ビストロ・ダイア風?一年分一回りしましたので、季節の特製デザートをまとめて四つ並べておきます。

    マンゴーのデザート、ビストロ・ダイア風?一年分一回りしましたので、季節の特製デザートをまとめて四つ並べておきます。

  • ビストロ ダイア - ロワゾー風?富良野メロンのスープ

    ロワゾー風?富良野メロンのスープ

  • ビストロ ダイア - エーベルラン風?ペッシュ(桃)のデザート。暖かいサバイヨンソースをかけて食べます

    エーベルラン風?ペッシュ(桃)のデザート。暖かいサバイヨンソースをかけて食べます

  • ビストロ ダイア - こちらは苺のバリエ。苺や木の実のシロップ漬けの上には、蜂蜜ジェラートと酸味のあるエスプーマ

    こちらは苺のバリエ。苺や木の実のシロップ漬けの上には、蜂蜜ジェラートと酸味のあるエスプーマ

  • ビストロ ダイア - 完熟マンゴーロマノフスタイル。昼からマンゴーを二分の一個食べられて幸せです。

    完熟マンゴーロマノフスタイル。昼からマンゴーを二分の一個食べられて幸せです。

  • ビストロ ダイア - 岐阜で発作買いした、手回しの器械で凍らせた宮崎マンゴーを削ります

    岐阜で発作買いした、手回しの器械で凍らせた宮崎マンゴーを削ります

  • ビストロ ダイア - 台湾風マンゴーかき氷の完成です!

    台湾風マンゴーかき氷の完成です!

  • ビストロ ダイア - 噴火湾のホタテをたっぷり使った美しくて美味しいサラダ。野菜もたっぷりなのが嬉しいです。

    噴火湾のホタテをたっぷり使った美しくて美味しいサラダ。野菜もたっぷりなのが嬉しいです。

  • ビストロ ダイア - お隣のテーブルの料理も、あまりにも彩が綺麗だったので写真を撮らせてもらいました(^^;)

    お隣のテーブルの料理も、あまりにも彩が綺麗だったので写真を撮らせてもらいました(^^;)

  • ビストロ ダイア - ツキノワグマのロースはバルサミコ入り出汁ソースで・・・

    ツキノワグマのロースはバルサミコ入り出汁ソースで・・・

  • ビストロ ダイア - クリスマスバージョンのチョコレート卵の中には、イチゴやラズベリーとココナッツのブランマンジェが・・・

    クリスマスバージョンのチョコレート卵の中には、イチゴやラズベリーとココナッツのブランマンジェが・・・

  • ビストロ ダイア - 岩手の牡蠣はスモークキャビアと

    岩手の牡蠣はスモークキャビアと

  • ビストロ ダイア - 広島のカキはトマトとバジルジュレで

    広島のカキはトマトとバジルジュレで

  • ビストロ ダイア - 仙鳳趾(厚岸)の牡蠣はアボガドジュレで

    仙鳳趾(厚岸)の牡蠣はアボガドジュレで

  • ビストロ ダイア - 9月は何と「ロバ!!!」のグリル

    9月は何と「ロバ!!!」のグリル

  • ビストロ ダイア - 液体窒素でココナッツとラズベリーのエスプーマを凍らせます。

    液体窒素でココナッツとラズベリーのエスプーマを凍らせます。

  • ビストロ ダイア - 7月は小樽のエゾバフンウニが小ぶりで甘くて美味しいです。下はパプリカの二色ムース。

    7月は小樽のエゾバフンウニが小ぶりで甘くて美味しいです。下はパプリカの二色ムース。

  • ビストロ ダイア - 昆布森の牡蠣はトウモロコシのムースとシーカーサーの粒が・・・

    昆布森の牡蠣はトウモロコシのムースとシーカーサーの粒が・・・

  • ビストロ ダイア - ジャガイモのビッソワーズにカニとコンソメジュレがたっぷり乗っているのが嬉しいです。器は沖縄に行って自分で20個作ってきたとか

    ジャガイモのビッソワーズにカニとコンソメジュレがたっぷり乗っているのが嬉しいです。器は沖縄に行って自分で20個作ってきたとか

  • ビストロ ダイア - 自家製レモンバウムティー

    自家製レモンバウムティー

  • ビストロ ダイア - 国産グレープフルーツとフルーツトマトのガスパッチョ

    国産グレープフルーツとフルーツトマトのガスパッチョ

  • ビストロ ダイア - ホタテとマグロのタルタルにかけます

    ホタテとマグロのタルタルにかけます

  • ビストロ ダイア - 仙台和牛です

    仙台和牛です

  • ビストロ ダイア - トリュフと玉子を乗せて完成です

    トリュフと玉子を乗せて完成です

  • ビストロ ダイア - こちらの前菜は、2色のアスパラのオムレツとトリュフサラダ

    こちらの前菜は、2色のアスパラのオムレツとトリュフサラダ

  • ビストロ ダイア - ブロターニュの仔牛のグリル、玉ねぎソース

    ブロターニュの仔牛のグリル、玉ねぎソース

  • ビストロ ダイア - 和歌山産マグロ、ニース風

    和歌山産マグロ、ニース風

  • ビストロ ダイア - ホワイトチョコレートのムース、宮崎マンゴー、レモンシャーベット、柑橘類と炭酸の泡

    ホワイトチョコレートのムース、宮崎マンゴー、レモンシャーベット、柑橘類と炭酸の泡

  • ビストロ ダイア - 四つの味が調和して、絶品のデザートでした

    四つの味が調和して、絶品のデザートでした

  • ビストロ ダイア - 最近はもろさきで、自家農園のハーブ栽培にはまっています

    最近はもろさきで、自家農園のハーブ栽培にはまっています

  • ビストロ ダイア - 素晴らしい火入れの噴火湾ホタテ

    素晴らしい火入れの噴火湾ホタテ

  • ビストロ ダイア - 古典的料理にも興味があるようです

    古典的料理にも興味があるようです

  • ビストロ ダイア - ほのかに甘い新玉ねぎのスープ

    ほのかに甘い新玉ねぎのスープ

  • ビストロ ダイア - サラダは噴火湾の回遊鱒のスモークと刺身

    サラダは噴火湾の回遊鱒のスモークと刺身

  • ビストロ ダイア - たち(タラの白子)と分葱のパスタ柚子風味

    たち(タラの白子)と分葱のパスタ柚子風味

  • ビストロ ダイア - 石田綿羊牧場の子羊、リブロース、もも肉、レバー、トリッパとアスパラ、行者にんにくソース

    石田綿羊牧場の子羊、リブロース、もも肉、レバー、トリッパとアスパラ、行者にんにくソース

  • ビストロ ダイア - デザートはクレームダンジュ(クリームチーズとラズベリーソース)

    デザートはクレームダンジュ(クリームチーズとラズベリーソース)

  • ビストロ ダイア - 開けると、綺麗な海の幸の下には、蕪のプリンが敷いてあります

    開けると、綺麗な海の幸の下には、蕪のプリンが敷いてあります

  • ビストロ ダイア - マグロ、ブリのカルパッチョと、ズワイガニ、カリフラワームース添え

    マグロ、ブリのカルパッチョと、ズワイガニ、カリフラワームース添え

  • ビストロ ダイア - 金目鯛とオマール海老のカルタファタ包み 白老産桜海老の香り

    金目鯛とオマール海老のカルタファタ包み 白老産桜海老の香り

  • ビストロ ダイア - 蝦夷鹿のロースト

    蝦夷鹿のロースト

  • ビストロ ダイア - ホワイトチョコレートの中は?

    ホワイトチョコレートの中は?

  • ビストロ ダイア - 中には苺が・・・

    中には苺が・・・

  • ビストロ ダイア - 綺麗な器も少しずつ増えています

    綺麗な器も少しずつ増えています

  • ビストロ ダイア - 口取りの、能登半島輪島の殻付き牡蠣、エゾバフンウニ添えトマトジュレ

    口取りの、能登半島輪島の殻付き牡蠣、エゾバフンウニ添えトマトジュレ

  • ビストロ ダイア - 蝦夷鹿のルイベ、リンゴサラダ、ディル乗せ。サングリアに漬けて凍らせた鹿肉と、林檎とディルの組み合わせが最高です。

    蝦夷鹿のルイベ、リンゴサラダ、ディル乗せ。サングリアに漬けて凍らせた鹿肉と、林檎とディルの組み合わせが最高です。

  • ビストロ ダイア - ブルーチーズとトリュフたっぷり入りのオムレツ(最高!)

    ブルーチーズとトリュフたっぷり入りのオムレツ(最高!)

  • ビストロ ダイア - 北海道産鴨のタルタルステーキ。アニスのアクセントが素敵です。

    北海道産鴨のタルタルステーキ。アニスのアクセントが素敵です。

  • ビストロ ダイア - たらの白子パリパリロースト、牛蒡のフリット。表面はカリカリでトロッとした中身との食感の差が見事です。上には牛蒡のフリットが乗っていてパリパリ感を増しています。

    たらの白子パリパリロースト、牛蒡のフリット。表面はカリカリでトロッとした中身との食感の差が見事です。上には牛蒡のフリットが乗っていてパリパリ感を増しています。

  • ビストロ ダイア - すべて揃っています

    すべて揃っています

  • ビストロ ダイア - 北海道滝川産スノーホワイトチェリーバレー鴨のロースト、ハスカップソースが酸味を添えて、下には甘い安納芋のソースと富良野のかぼちゃ(雪化粧)のピューレがあって最高。全てバゲットに塗って食べました。

    北海道滝川産スノーホワイトチェリーバレー鴨のロースト、ハスカップソースが酸味を添えて、下には甘い安納芋のソースと富良野のかぼちゃ(雪化粧)のピューレがあって最高。全てバゲットに塗って食べました。

  • ビストロ ダイア - 兎背肉の網脂包み、トランペット茸、マッシュルーム、ポルチーニリゾット添え。生バジルのアクセントがたまりません!

    兎背肉の網脂包み、トランペット茸、マッシュルーム、ポルチーニリゾット添え。生バジルのアクセントがたまりません!

  • ビストロ ダイア - 牡蠣のチーズグラタン

    牡蠣のチーズグラタン

  • ビストロ ダイア - 兎?鳩?とフォアグラのパテ・アンクルート

    兎?鳩?とフォアグラのパテ・アンクルート

  • ビストロ ダイア - 定番ですが、今回特に美味しかったブフ・ブルギニョン

    定番ですが、今回特に美味しかったブフ・ブルギニョン

  • ビストロ ダイア - コンビーフのように、牛の繊維がバラッとなる感じで、素晴らしかったです

    コンビーフのように、牛の繊維がバラッとなる感じで、素晴らしかったです

  • ビストロ ダイア - 熊本栗のデザート

    熊本栗のデザート

  • ビストロ ダイア - セミフレッド

    セミフレッド

  • ビストロ ダイア - お店は三周年を迎えました

    お店は三周年を迎えました

  • ビストロ ダイア - 店の前もお祝いの花で埋まっています

    店の前もお祝いの花で埋まっています

  • ビストロ ダイア - 宮崎牛のランプステーキ

    宮崎牛のランプステーキ

  • ビストロ ダイア - 定番となった、鯖のテリーヌ

    定番となった、鯖のテリーヌ

  • ビストロ ダイア - オマールエビと白身のクネル、蟹味噌ソース

    オマールエビと白身のクネル、蟹味噌ソース

  • ビストロ ダイア - 夏蝦夷鹿のロースト、行者ニンニクソース

    夏蝦夷鹿のロースト、行者ニンニクソース

  • ビストロ ダイア - 生姜のクレム・ブリュレ

    生姜のクレム・ブリュレ

  • ビストロ ダイア - ホワイトアスパラのブランマンシェとグリーンアスパラのポタージュ

    ホワイトアスパラのブランマンシェとグリーンアスパラのポタージュ

  • ビストロ ダイア - 函館産極太ホワイトアスパラにセージとタイムのクリームソース、生ハム自家製パスタとポーチドエッグ添え

    函館産極太ホワイトアスパラにセージとタイムのクリームソース、生ハム自家製パスタとポーチドエッグ添え

  • ビストロ ダイア - サマートリュフも付いています

    サマートリュフも付いています

  • ビストロ ダイア - マンガリッツァ豚の炭焼き、レッドクイーンとキタカムイ添え

    マンガリッツァ豚の炭焼き、レッドクイーンとキタカムイ添え

  • ビストロ ダイア - 宮崎マンゴーとココナッツのパンナコッタ

    宮崎マンゴーとココナッツのパンナコッタ

  • ビストロ ダイア - ブルゴーニュワインだけのブフ・ブルギニョン

    ブルゴーニュワインだけのブフ・ブルギニョン

  • ビストロ ダイア - 羊のナバラン、クスクス添え

    羊のナバラン、クスクス添え

  • ビストロ ダイア - ダイアのマーク入りクレームキャラメル

    ダイアのマーク入りクレームキャラメル

  • ビストロ ダイア - ため息が出るくらい野菜たっぷりのニース風サラダ

    ため息が出るくらい野菜たっぷりのニース風サラダ

  • ビストロ ダイア - 蝦夷鹿のカルパッチオ、林檎ソース。美味しい野菜もタップリです。

    蝦夷鹿のカルパッチオ、林檎ソース。美味しい野菜もタップリです。

  • ビストロ ダイア - 伊勢海老のロースト

    伊勢海老のロースト

  • ビストロ ダイア - 北海道滝川の巨大な鴨の背肉

    北海道滝川の巨大な鴨の背肉

  • ビストロ ダイア - ランチ定番のステーキ

    ランチ定番のステーキ

  • ビストロ ダイア - オレンジのクレープシュゼット

    オレンジのクレープシュゼット

  • ビストロ ダイア - ガトー・ショコラ

    ガトー・ショコラ

  • ビストロ ダイア - ホワイトアスパラのグリルと帆立のソテー、生ハム、ポーチドエッグ添え。

    ホワイトアスパラのグリルと帆立のソテー、生ハム、ポーチドエッグ添え。

  • ビストロ ダイア - 自家製サーモンのマリネ たっぷりサラダ フレッシュトマトとバジルのソース

    自家製サーモンのマリネ たっぷりサラダ フレッシュトマトとバジルのソース

  • ビストロ ダイア - 宮崎牛のサーロイン、ポルトソース

    宮崎牛のサーロイン、ポルトソース

  • ビストロ ダイア - 三河地鶏もも肉 皮目をパリパリに焼いたソテー 角切り野菜のグリーンソース

    三河地鶏もも肉 皮目をパリパリに焼いたソテー 角切り野菜のグリーンソース

  • ビストロ ダイア - 甘みが独特な、黒糖と三温糖のクレムブリュレ

    甘みが独特な、黒糖と三温糖のクレムブリュレ

  • ビストロ ダイア - エスプーマもアイスクリームもポルト酒のコンポートも「オール苺」

    エスプーマもアイスクリームもポルト酒のコンポートも「オール苺」

  • ビストロ ダイア - 牡蠣と白菜のスープ

    牡蠣と白菜のスープ

  • ビストロ ダイア - 身が厚い自家製瞬間燻製レアサーモンとサラダ。どこの店も、ランチにこれくらい野菜盛って欲しいです!

    身が厚い自家製瞬間燻製レアサーモンとサラダ。どこの店も、ランチにこれくらい野菜盛って欲しいです!

  • ビストロ ダイア - 12月の新作デザート、ラ・フランスのスープ、蜂蜜のアイスとココナッツのエスプーマ添え。最近は季節の果物の美味しいスープが続きます。

    12月の新作デザート、ラ・フランスのスープ、蜂蜜のアイスとココナッツのエスプーマ添え。最近は季節の果物の美味しいスープが続きます。

  • ビストロ ダイア - アップルパイ

    アップルパイ

  • ビストロ ダイア - 新作デザート、長野県産巨峰のスープ、カモミールのジュレとシャーベット添え

    新作デザート、長野県産巨峰のスープ、カモミールのジュレとシャーベット添え

  • ビストロ ダイア - デザート用のカトラリーはギンギンに冷やしてありました

    デザート用のカトラリーはギンギンに冷やしてありました

  • ビストロ ダイア - 日高産和牛のポアレ

    日高産和牛のポアレ

  • ビストロ ダイア - いつものパテはフォアゲラ付きでした

    いつものパテはフォアゲラ付きでした

  • ビストロ ダイア - 今年もジビエ類は充実しているようです。

    今年もジビエ類は充実しているようです。

  • ビストロ ダイア - 口取りに、くり南瓜のスープ

    口取りに、くり南瓜のスープ

  • ビストロ ダイア - いつも野菜たっぷりがうれしいですね

    いつも野菜たっぷりがうれしいですね

  • ビストロ ダイア - これも懐かしい鶏のクリーム煮

    これも懐かしい鶏のクリーム煮

  • ビストロ ダイア - ブランマンジェ

    ブランマンジェ

  • ビストロ ダイア - 自家製サーモンのマリネ たっぷりサラダ フレッシュトマトとバジルのソース

    自家製サーモンのマリネ たっぷりサラダ フレッシュトマトとバジルのソース

  • ビストロ ダイア - 石田緬羊牧場の羊肉ロースト、行者大蒜ソース

    石田緬羊牧場の羊肉ロースト、行者大蒜ソース

  • ビストロ ダイア - 桃のコンポート、アイス添え

    桃のコンポート、アイス添え

  • ビストロ ダイア - 喜茂別のホワイトアスパラ、サマートリュフ添え

    喜茂別のホワイトアスパラ、サマートリュフ添え

  • ビストロ ダイア - 定番の野菜タップリ田舎風パテ

    定番の野菜タップリ田舎風パテ

  • ビストロ ダイア - クルミパンも増えました

    クルミパンも増えました

  • ビストロ ダイア - 三河地鶏の皮パリパリロースト

    三河地鶏の皮パリパリロースト

  • ビストロ ダイア - 口取りはアスパラ、新タマネギ、卵とトリュフ、ベーコンの組み合わせ

    口取りはアスパラ、新タマネギ、卵とトリュフ、ベーコンの組み合わせ

  • ビストロ ダイア - 三河湾で上がった4Kgの平目のカルパッチオ、桜と苺のソース

    三河湾で上がった4Kgの平目のカルパッチオ、桜と苺のソース

  • ビストロ ダイア - 新鮮な野菜タップリなのが嬉しいです

    新鮮な野菜タップリなのが嬉しいです

  • ビストロ ダイア - いつものキッシュロレーヌは、ベーコン、タマネギ、ブルーチーズ。2013年バージョンは、色鮮やかな野菜がいっぱい!

    いつものキッシュロレーヌは、ベーコン、タマネギ、ブルーチーズ。2013年バージョンは、色鮮やかな野菜がいっぱい!

  • ビストロ ダイア - オランジュ時代定番だった、ハンバーグのパイ包み焼き、マデラソース

    オランジュ時代定番だった、ハンバーグのパイ包み焼き、マデラソース

  • ビストロ ダイア - ご覧のようにカリッと焼かれたパイの中はびっちりハンバーグです。

    ご覧のようにカリッと焼かれたパイの中はびっちりハンバーグです。

  • ビストロ ダイア - 石田緬羊牧場のラムチョップ

    石田緬羊牧場のラムチョップ

  • ビストロ ダイア - 盛りつけが綺麗なクランベリー入りパテ

    盛りつけが綺麗なクランベリー入りパテ

  • ビストロ ダイア - 鯖とジャガイモのテリーヌ

    鯖とジャガイモのテリーヌ

  • ビストロ ダイア - ワゴンでサービス

    ワゴンでサービス

  • ビストロ ダイア - 田舎風パテ、Ver2013年(美しい盛りつけに注目)

    田舎風パテ、Ver2013年(美しい盛りつけに注目)

  • ビストロ ダイア - 比較に普通の盛りつけだった、2011年の田舎風パテです。

    比較に普通の盛りつけだった、2011年の田舎風パテです。

  • ビストロ ダイア - 北海道「増毛(ましゅけ)」の巨大ムール貝の白ワイン蒸し

    北海道「増毛(ましゅけ)」の巨大ムール貝の白ワイン蒸し

  • ビストロ ダイア - 内臓たっぷりのニース風サラダ

    内臓たっぷりのニース風サラダ

  • ビストロ ダイア - 口取りの金時人参のムースと海老のタルタル

    口取りの金時人参のムースと海老のタルタル

  • ビストロ ダイア - 三河鶏のパリパリ焼き

    三河鶏のパリパリ焼き

  • ビストロ ダイア - 仔羊のロースト

    仔羊のロースト

  • ビストロ ダイア - ガトー・ショコラ

    ガトー・ショコラ

  • ビストロ ダイア - 店の前の唐辛子

    店の前の唐辛子

  • ビストロ ダイア - 釧路昆布森の牡蠣をトマトと昆布ジュレで

    釧路昆布森の牡蠣をトマトと昆布ジュレで

  • ビストロ ダイア - 紅茶のブランマンジェ、蜂蜜のアイス、回りには丁子、黒胡椒、シナモン

    紅茶のブランマンジェ、蜂蜜のアイス、回りには丁子、黒胡椒、シナモン

  • ビストロ ダイア - 新作のデザート、イチジクのコンポート、カルダモンとターメリックアイスクリーム乗せ

    新作のデザート、イチジクのコンポート、カルダモンとターメリックアイスクリーム乗せ

  • ビストロ ダイア - 鯖とじゃがいものテリーヌ

    鯖とじゃがいものテリーヌ

  • ビストロ ダイア - 白老牛のランプステーキ

    白老牛のランプステーキ

  • ビストロ ダイア - オードブル

    オードブル

  • ビストロ ダイア - 北海道の新鮮な魚

    北海道の新鮮な魚

  • ビストロ ダイア - 石田めん羊牧場の仔羊の丸焼き。このために作った特製まな板に乗ってます。

    石田めん羊牧場の仔羊の丸焼き。このために作った特製まな板に乗ってます。

  • ビストロ ダイア - 仕上がりました。粒マスタードソースで。

    仕上がりました。粒マスタードソースで。

  • ビストロ ダイア - デザート

    デザート

  • ビストロ ダイア - レニエの特製ケーキ

    レニエの特製ケーキ

  • ビストロ ダイア - 新サンマとナスとジャガイモのミルフィーユ

    新サンマとナスとジャガイモのミルフィーユ

  • ビストロ ダイア - 雉とフォアグラのテリーヌ

    雉とフォアグラのテリーヌ

  • ビストロ ダイア - 大助のポワレ、アサリサフランソース

    大助のポワレ、アサリサフランソース

  • ビストロ ダイア - ツキノワグマのロースト(長野産オス)

    ツキノワグマのロースト(長野産オス)

  • ビストロ ダイア - タスマニア産仔羊肩ロースのロースト

    タスマニア産仔羊肩ロースのロースト

  • ビストロ ダイア - 初サンマのサラダ

    初サンマのサラダ

  • ビストロ ダイア - ローストビーフサラダ山わさびのソース

    ローストビーフサラダ山わさびのソース

  • ビストロ ダイア - ビストロ定番ステーキフリット

    ビストロ定番ステーキフリット

  • ビストロ ダイア - リ・ド・ヴォ、ジロール茸のソース

    リ・ド・ヴォ、ジロール茸のソース

  • ビストロ ダイア - 皮目をパリッとした小樽の鮭、あさりのサフランソースと季節の野菜

    皮目をパリッとした小樽の鮭、あさりのサフランソースと季節の野菜

  • ビストロ ダイア - 三河地鶏のパリパリ焼き、ベーコン・玉ねぎ・人参の角切りグリーンソース

    三河地鶏のパリパリ焼き、ベーコン・玉ねぎ・人参の角切りグリーンソース

  • ビストロ ダイア - エーベルラン(オーベルジュ・ド・リル)風、桃のコンポート

    エーベルラン(オーベルジュ・ド・リル)風、桃のコンポート

  • ビストロ ダイア - 新作「大人のメロンソーダ」

    新作「大人のメロンソーダ」

  • ビストロ ダイア - 鳩とフォアグラのパテ・アンクルート

    鳩とフォアグラのパテ・アンクルート

  • ビストロ ダイア - 新玉ねぎのムース、菜の花のジュレソース

    新玉ねぎのムース、菜の花のジュレソース

  • ビストロ ダイア - 石田綿羊牧場の三か月仔羊の内臓(ハラミ、舌、心臓)ラビコットソース

    石田綿羊牧場の三か月仔羊の内臓(ハラミ、舌、心臓)ラビコットソース

  • ビストロ ダイア - コック・オ・ヴァン

    コック・オ・ヴァン

  • ビストロ ダイア - アスパラ用に買ってあった皿に美しく盛られた富良野のグリーンアスパラ

    アスパラ用に買ってあった皿に美しく盛られた富良野のグリーンアスパラ

  • ビストロ ダイア - 神楽のホワイトアスパラ、トリュフソース

    神楽のホワイトアスパラ、トリュフソース

  • ビストロ ダイア - 豚のトロトロ煮

    豚のトロトロ煮

  • ビストロ ダイア - スズキのグリル、ウニクリームソース

    スズキのグリル、ウニクリームソース

  • ビストロ ダイア - ガトーショコラと蜂蜜のアイスクリーム

    ガトーショコラと蜂蜜のアイスクリーム

  • ビストロ ダイア - 前菜の砂肝のコンフィ入りサラダ

    前菜の砂肝のコンフィ入りサラダ

  • ビストロ ダイア - サーモンマリネ入りサラダ

    サーモンマリネ入りサラダ

  • ビストロ ダイア - キッシュ・ロレーヌとサラダ

    キッシュ・ロレーヌとサラダ

  • ビストロ ダイア - オマールのロースト、アメリケーヌソース

    オマールのロースト、アメリケーヌソース

  • ビストロ ダイア - タスマニア産仔羊のロースト、行者にんにく入り赤ワインソース

    タスマニア産仔羊のロースト、行者にんにく入り赤ワインソース

  • ビストロ ダイア - デザートのブラン・マンジェ

    デザートのブラン・マンジェ

  • ビストロ ダイア - 素敵な額がかかっていました。(ルイ・ヴィトンのシティガイドです)

    素敵な額がかかっていました。(ルイ・ヴィトンのシティガイドです)

  • ビストロ ダイア - ランチのブイヤベース(二人分)

    ランチのブイヤベース(二人分)

  • ビストロ ダイア - きちんとアイオリやルイユが付いているのが嬉しい!

    きちんとアイオリやルイユが付いているのが嬉しい!

  • ビストロ ダイア - スズキのアラ!!!あとはムールや烏賊とジャガイモ

    スズキのアラ!!!あとはムールや烏賊とジャガイモ

  • ビストロ ダイア - 定番のクレームブリュレとカマンベールアイス

    定番のクレームブリュレとカマンベールアイス

  • ビストロ ダイア - 濃厚なチョコレートケーキ(ガトー・ショコラ)と蜂蜜アイス

    濃厚なチョコレートケーキ(ガトー・ショコラ)と蜂蜜アイス

  • ビストロ ダイア - フォアグラと黒トリュフのパイ包み焼き

    フォアグラと黒トリュフのパイ包み焼き

  • ビストロ ダイア - 丸々一個入った黒トリュフは、ポムロールの土の香りのするワインと(シャトー・クロア・デュ・キャス)

    丸々一個入った黒トリュフは、ポムロールの土の香りのするワインと(シャトー・クロア・デュ・キャス)

  • ビストロ ダイア - 右のスプーンは、生フォアグラとわさび!

    右のスプーンは、生フォアグラとわさび!

  • ビストロ ダイア - 昆布ジュレで固めた、真サバと焼きなすのテリーヌ

    昆布ジュレで固めた、真サバと焼きなすのテリーヌ

  • ビストロ ダイア - シャンパン蒸しの小牡蠣、オマール、たらの白子のバターソース

    シャンパン蒸しの小牡蠣、オマール、たらの白子のバターソース

  • ビストロ ダイア - ラフランスの赤ワインコンポートとアイスクリーム、塩チョコ

    ラフランスの赤ワインコンポートとアイスクリーム、塩チョコ

  • ビストロ ダイア - 熟成中のベキャス(山シギ)

    熟成中のベキャス(山シギ)

  • ビストロ ダイア - ドイツ風ハンバーグ

    ドイツ風ハンバーグ

  • ビストロ ダイア - 豚肩肉の煮込み

    豚肩肉の煮込み

  • ビストロ ダイア - かぼちゃのミルフィーユ(さくさくです)

    かぼちゃのミルフィーユ(さくさくです)

口コミが参考になったらフォローしよう

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

PLEYEL(3382)さんの他のお店の口コミ

PLEYELさんの口コミ一覧(1159件)を見る

店舗情報(詳細)

編集する

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名 ビストロ ダイア (BISTRO DIA)
受賞・選出歴
2019年Bronze受賞店

The Tabelog Award 2019 Bronze 受賞店

2018年Bronze受賞店

The Tabelog Award 2018 Bronze 受賞店

2017年Bronze受賞店

The Tabelog Award 2017 Bronze 受賞店

ジャンル ビストロ、フレンチ
予約・
お問い合わせ

052-934-1011

予約可否

予約可

住所

愛知県名古屋市中区2丁目13-30 アマーレ葵1F

交通手段

JR地下鉄千種駅5番出口より徒歩6分
地下鉄東山線 新栄町駅2番出口より徒歩4分
地下鉄桜通線 車道駅4番出口より徒歩8分

新栄町駅から377m

営業時間

Lunch  11:30~15:00 L.O.14:00
Dinner 18:00~23:00 L.O.22:00

日曜営業

定休日

日曜日・第三月曜日、ただし土日月三連休の場合は営業、翌火曜休み。年末年始休業有 祝日の場合営業翌日休み

予算
[夜]¥15,000~¥19,999
予算(口コミ集計)
[夜]¥15,000~¥19,999 [昼]¥3,000~¥3,999

予算分布を見る

支払い方法

カード可

(JCB、AMEX、Diners、VISA、MASTER)

電子マネー不可

席・設備

席数

40席

個室

貸切

(20人以下可、20人~50人可)

禁煙・喫煙 完全禁煙

昼夜とも店内完全禁煙

駐車場

 周りにコインパーキングがたくさんあるので、駐車に困ることはまずありません

空間・設備

オシャレな空間、落ち着いた空間、席が広い、カウンター席あり、オープンテラスあり、車椅子で入店可

携帯電話

docomo、au、SoftBank

メニュー

コース

3000円以下のコース、3000円~4000円のコース、4000円~5000円のコース、5000円~8000円のコース、8000円~10000円のコース、10000円以上のコース

ドリンク

ワインあり、カクテルあり

特徴・関連情報

利用シーン

家族・子供と 知人・友人と

こんな時によく使われます。

サービス

お祝い・サプライズ可、ソムリエがいる

お子様連れ

子供可、お子様メニューあり、ベビーカー入店可

ホームページ

http://bistrodia.com/

オープン日

2011年9月29日

備考

公式ホームページよりWeb予約できます。

http://bistrodia.com/

初投稿者

ふじゆみふじゆみ(165)

最近の編集者

編集履歴を詳しく見る