通い続けている店 : フランス料理 壺中天

フランス料理 壺中天

(コチュウテン)
2019年Bronze受賞店

The Tabelog Award 2019 Bronze 受賞店

予算:

夜の予算 ¥20,000~¥29,999

昼の予算 ¥5,000~¥5,999

定休日
月曜日 第3日曜日 第5日曜日

この口コミは、ドクターSSさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

ドクターSS

ドクターSS(3967)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]50代後半・男性・愛知県

4

  • 夜の点数:4.4

    • [ 料理・味4.4
    • | サービス4.5
    • | 雰囲気4.3
    • | CP4.0
    • | 酒・ドリンク4.0
  • 使った金額(1人)
    ¥20,000~¥29,999
4回目

2018/12訪問

  • dinner:4.4

    • [ 料理・味 4.4
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.3
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥20,000~¥29,999

通い続けている店

もうこちらのお店については皆さんご存知であろう。私としても「美味しい」という陳腐な表現しかできないのであるが、単に美味しいだけでは飽きもくる。しかし私はこちらのお店に関しては移転前から・・たぶんもう14~5年経つと思うが定期的に通い続けているお店である。しかも何度行っても新鮮さが保たれていて飽きるということが全くないのだ。

かつては隠れ家的なお店であったが、移転してからグランメゾンに変わり、その時には少し戸惑いもあったが今では押しも押されもしない名古屋を代表するフレンチである。来年にはミシュラン名古屋版が出るそうだが、こちらの店ほどそれが似合う店もないだろう。

シェフの上井さんはあくまでも奇をてらわず正統な真っ向勝負のフレンチを楽しませてくれる。シェフの18番を食べたいときもあるし、新しい挑戦の物を食べたいときもある。いつも行くたびにそれを読まれているかの料理が出てくるのだ。

今回もシェフの18番、スペシャリテのオマール海老のコンソメジュレ、カリフラワーソースを食べたいな~と思っていたら最初に出てきた。しかも今回はいつもより高級なブルーオマールである。もちろんこれではない前菜を頂くこともあるのだが、それもたまには嬉しい。しかしこのスペシャリテが出て喜ばない客はいないと思うのだ。オマール海老はプリップリのおそらく生きたものを使っているのだろう。そして雲丹とカリフラワーソースが素晴らしいハーモニーを奏でているのだ。似た様な料理は他のフレンチでも出てくることはあるのだが、こちらほど美味しいものは他では食べたことはない。
今回はタラの白子とトリュフ、そしてメインは鴨ののローストであった。木曽川の鴨はかなりレアで肉の旨味をしっかり堪能できるものであった。

最初から最後まで手抜かりはなし!本当のレストランとはこういうものだよと教えてもらえた気分になれたお店であった。奥様、そしてソムリエの接客も全く完璧で「かゆいところに手が届く」感じでのサービスであった。

気軽に食事を楽しむのも良し、大事なシーンに使うのも良し、いろいろなシーンで使うことができる名古屋では貴重なレストランである。

  • フランス料理 壺中天 -
  • フランス料理 壺中天 -
  • フランス料理 壺中天 -
  • フランス料理 壺中天 -
  • フランス料理 壺中天 -
  • フランス料理 壺中天 -
  • フランス料理 壺中天 -
3回目

2018/04訪問

  • dinner:4.6

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.7
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥20,000~¥29,999

気心の知れた友人との会食にはピッタリ!!

久しぶりの訪問である。こちらのお店は移転前の地下で営業していた頃から通っているのだが、何度行っても全く飽きがこないお店である。しかもそれだけでなく季節ごとに食材が変わり料理も変わるのでシーズンごとに訪れたいお店なのだ。

しかしながら他に行きたいお店が多くて、なかなかそこまでは行けていないのが実情で何とも悩ましい問題なのである。
もうすっかり老舗の風格を漂わせており、押しも押されもしない名古屋のトップのフレンチであることは間違いのないところであろう。

そして何より嬉しいのは奥様やスタッフの方の接客である。食事中、いつも客席から遠くにおられるのだが、何かお願いしようと思うとすっとそばに来られ、まるで人の心が分かるかのような振る舞いをされるのだ。サービスの方があまりそばにずっとおられると私たちも気になってしまうのだが、そんなつかず離れずの心地良い距離感を大事にして下さるので居心地は抜群に良いのである。

今回は10数年来のとても仲の良い友人との会食。行く前からとても楽しみにしていた。気心の知れた友人との会食はやはりこういうお店が一番なのだ。料理も大切なのだが会話はもっと大切、そういう時にはレストランは冒険できないし、場の空気を一番に考えてくれるお店を選んでしまう。そんなときにはここよりピッタリなレストランは正直思いつかないのだ。

今回は私は何もお願いしていないし値段の指定もしていない。奥様に日時をお伝えしただけなのである。こういうお店ではすべてお任せするのが最高の時間を過ごせるからなのだ。

最初のお口取りは久々に復活したボンダボンのペルシュウ、カニをアボカドのクリームで巻いたのもの、そして濃厚なクリームスープのカプチーノ仕立てからであった。ボンダボンのペルシュウは久しぶりの提供になるようであった。最近では名古屋市内ではヴィッチーノでしか食べることができなかったのだが、こちらでも食べれるようになってとても嬉しい。本場のパルマの生ハムでもこちらのペルシュウより美味しいものはどれだけあるか?というぐらい美味なのだ。実際ボンダボンの多田さんが壺中天を訪れて切り方なども指導されたらしい。香りと言い食感と言い最高であった。

そして前菜は期待通りの「オマール海老と雲丹のカリフラワーのムースとコンソメジュレ」であった。これではないときもあるのだが、この日はこれが食べたいなあ~~と思っていたら期待通りに出てきてくれた。まるで心を読まれているようである(笑)
これに関してはもう何も言うことはない。似た様な料理を出す店も多々あるが、どれもどんぐりの背比べ、こちらのレベルに匹敵するようなものは他では食べて事がない。

次は極太のアスパラとホタテ、それを少し酸味の効いたトマトを使ったムース状のソースで頂いたのだが素晴らしいレベルの料理であった。アスパラの火入れが素晴らしい。

そして魚料理は甘鯛のうろこ焼きに新キャベツを使ったソースで頂いた。これも身がとても分厚いかなり大きな甘鯛である。とても食べ応えのあるものであった。

そしてこの日はフランスから直送の仔羊のローストであった羊の香りが程良くするものの、身自体はとてもジューシー、柔らかい、ここ最近では最高の羊であった。

デザートはイチゴのアイスと柑橘系のものを頂いて終了。最初から最後まで全く手抜かりのない最高の料理であった。最後にシェフが出てきてくれていろいろなお話をさせて頂いたのであるが、それがこちら壺中天流。料理の時はシェフはそれに集中し、終わったらほっとした顔を見せてくれるのだ。
そしていつも帰る時には外で姿が見えなくなるまで見送ってくれる。そういう姿を目の当たりにすると心からおもてなしを受けているように思えるのだ。

私を含めてこちらのお店のファンはとても多い。これからも大事にしていきたいレストランだ。

  • フランス料理 壺中天 - 雲丹とオマール海老

    雲丹とオマール海老

  • フランス料理 壺中天 -
  • フランス料理 壺中天 - ボンダボンのペルシュウ

    ボンダボンのペルシュウ

  • フランス料理 壺中天 -
  • フランス料理 壺中天 - フランス産アスパラとホタテ

    フランス産アスパラとホタテ

  • フランス料理 壺中天 - 甘鯛

    甘鯛

  • フランス料理 壺中天 - フランス産仔羊

    フランス産仔羊

  • フランス料理 壺中天 -
  • フランス料理 壺中天 -
2回目

2017/10訪問

  • dinner:4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥20,000~¥29,999

名古屋を代表するフレンチの名店

かなり久しぶりの訪問であった。こちらは私にとっては名古屋一居心地の良いフレンチなのだ。素晴らしい料理を黙々とキッチンで作れられるシェフ、そしてつかず離れずで絶妙な立ち位置をご存じの接客担当の奥様、そして戸田さんなきあと、もうこちら以上のおもてなしをしてもらえるお店は他には知らないのである。

今回も完全にお任せである。こちらは予算も含めてすべてお店にお任せすれば最高の料理を食べさせてくれるのだ。私の知る限り名古屋でこれだけ安定して美味しいものを食べさせてくれるところはこちらが一番だと思うのだ。

今回のスタートはいつものオマールのジュレでなく、桃のスープにキャビアをトッピングしたバケットを添えたものであった。新しい味ではあったが子これはとても美味しく、オマールに代わって壺中天の新しいスペシャリテになるかも、と思えるような素晴らしいものであった。しかしあのオマールのジュレ、次回は食べたいなあ~~

そして2品目はフランス産のフォアグラとイチジクであった。最近ではフランス産の鴨がもう2年に渡って輸入禁止が続いている。有名なシャラン鴨なども最近食べることがなくなってきた。どういう理由か分からないが早く解禁してもらいたいものである。フォアグラは何とかフランス産の物が入るようになったとかで今回の料理にはそれを使用してくださった。食べてみるともうねっとり感が全く違う!!「これは旨い!!」と言えるものであった。

そして魚のメインはアマダイを頂いて、メインは今回こちらでは初めて経験する「ホロホロ鳥」であった。ジビエではなくて国内の生産者からの買い付けの物らしい。しかし脂はほとんど感じられず野性味を感じさせる美味しい鳥であった。そういえばこちらのシェフの18番はウズラの料理であったなあ~~最近食べてなかったからすっかり忘れていた。そろそろそちらも食べたいと思う。

最近の流行りに影響されることなく、季節の素材を生かして素晴らしい料理を食べられるお店だ。筋の通った料理を食べさせてくれる。写真重視で、いわゆる「インスタ映え」、見た目重視の現代フレンチがお好きな方にはご満足いただけないかも知れないが、私はこういうクラシックなフレンチが大好きなのである。硬派なフレンチ好きにはぜひ勧めたい、そんなお店なのだ。


  • フランス料理 壺中天 -
  • フランス料理 壺中天 - 桃のスープ オマール海老

    桃のスープ オマール海老

  • フランス料理 壺中天 - オマール海老

    オマール海老

  • フランス料理 壺中天 -
  • フランス料理 壺中天 - フランス産フォアグラとドライいちじく

    フランス産フォアグラとドライいちじく

  • フランス料理 壺中天 -
  • フランス料理 壺中天 - 甘鯛

    甘鯛

  • フランス料理 壺中天 -
  • フランス料理 壺中天 - ホロホロ鳥

    ホロホロ鳥

  • フランス料理 壺中天 -
  • フランス料理 壺中天 -
  • フランス料理 壺中天 -
1回目

2014/12訪問

  • dinner:4.2

    • [ 料理・味 4.2
    • | サービス 4.4
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥15,000~¥19,999

名古屋で1~2を争うフレンチ!!

この店はマザックビルに移転する前から通っている。以前は穴蔵のような暗い雰囲気にある隠れ家的なお店であったが、今のお店は明るくグランメゾンな雰囲気を保っている。私にとってはいつも行くたびに感動を与えてくれる最高峰のレストランだ。もう何年も季節ごとには通っているのでシェフも奥様も私の好みを分かっていて下さる。初めての緊張感のあるお店も良いが、こういった自分の好みを分かっていてくれるレストランはとっても居心地が良い。
さて今回も完全お任せ、内容も値段も全くリクエストしていない。いつもこのパターンだ。完全にお任せしても100%満足させてくれるのだ。前菜はいつもオマール海老のコンソメジュレ、カリフラワー仕立てなのだが、今回はほとんど初めてとなるがシェフが外してきた。よほど自信があるようだ。
タマゴに白トリュフをまぜ、筒状にしたものの上にまた白トリュフをかけるという贅沢なものだった。やっぱりタマゴと白トリュフは相性バッチリ!!ホント美味しい。白トリュフもそろそろシーズンも終わりに近づいておりシェフも気を使ってくれたのだろう。

もう一つの前菜は今シーズンの松葉ガニを使用したもの。これも最高~~!!

そしていつもの魚料理の代わりに豚の頬肉をフリットにしてその上から細かくした黒トリュフをかけるというまたまた贅沢な逸品!!
ころもがサクサクして美味しい。また中の肉がとってもジューシーで黒トリュフの香りが食欲をそそる。
メインはジビエ。エゾジカのロティだ。ここ壺中天では鹿を1頭買いしているとのことで、今回はロースだったかな??
脂のほとんどない野生のシカの旨みが凝縮していた。

もう何度行っても満足させてくれるレストランだ。私の中では名古屋で1~2を争うフレンチだ!!

  • フランス料理 壺中天 - 前菜のおススメ ウニとオマール海老のコンソメジュレ カリフラワームース仕立て

    前菜のおススメ ウニとオマール海老のコンソメジュレ カリフラワームース仕立て

  • フランス料理 壺中天 -
  • フランス料理 壺中天 -
  • フランス料理 壺中天 - シェフの18番 うずらのロースト

    シェフの18番 うずらのロースト

  • フランス料理 壺中天 - モンブラン

    モンブラン

  • フランス料理 壺中天 -
  • フランス料理 壺中天 - 雉のスープ、バジル

    雉のスープ、バジル

  • フランス料理 壺中天 - 卵に白トリュフ

    卵に白トリュフ

  • フランス料理 壺中天 - 松葉ガニ

    松葉ガニ

  • フランス料理 壺中天 - 豚の頬肉のフリット 黒トリュフがけ

    豚の頬肉のフリット 黒トリュフがけ

  • フランス料理 壺中天 - エゾジカのロティ

    エゾジカのロティ

  • フランス料理 壺中天 - ベリーのデザート

    ベリーのデザート

口コミが参考になったらフォローしよう

ドクターSS

ドクターSS

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

ドクターSS(3967)さんの他のお店の口コミ

ドクターSSさんの口コミ一覧(1467件)を見る

この店舗の関係者の方へ

ユーザーから投稿された口コミに対して、お店側からお礼や情報追加などの返信を行ってみませんか?

店舗情報(詳細)

編集する

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

「フランス料理 壺中天」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗準会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名 フランス料理 壺中天 (コチュウテン)
受賞・選出歴
2019年Bronze受賞店

The Tabelog Award 2019 Bronze 受賞店

2018年Bronze受賞店

The Tabelog Award 2018 Bronze 受賞店

2017年Bronze受賞店

The Tabelog Award 2017 Bronze 受賞店

ジャンル フレンチ
予約・
お問い合わせ

052-508-8850

予約可否

予約可

住所

愛知県名古屋市東区1-19-30 マザックアートプラザ B2F

交通手段

地下鉄新栄駅の1番改札から、マザックアートプラザへの専用通路で徒歩1分
マザックビルの駐車場からすぐ

新栄町駅から57m

営業時間

11:45~13:00(L.O) 18:00~20:30(L.O)

日曜営業

定休日

月曜日 第3日曜日 第5日曜日

予算
[夜]¥20,000~¥29,999 [昼]¥5,000~¥5,999
予算(口コミ集計)
[夜]¥20,000~¥29,999 [昼]¥10,000~¥14,999

予算分布を見る

支払い方法

カード可

(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)

サービス料・
チャージ

サービス料10%

席・設備

席数

38席

個室

(8人可)

貸切

(20人~50人可)

禁煙・喫煙 完全禁煙
駐車場

5000円以上利用で30分サービス

空間・設備

オシャレな空間、落ち着いた空間、席が広い

携帯電話

docomo、au、SoftBank

メニュー

コース

5000円~8000円のコース、8000円~10000円のコース、10000円以上のコース

ドリンク

ワインあり、カクテルあり、ワインにこだわる

料理

野菜料理にこだわる、魚料理にこだわる

特徴・関連情報

利用シーン

接待 知人・友人と

こんな時によく使われます。

サービス

ドリンク持込可、ソムリエがいる

ホームページ

http://kochuten.jp/

オープン日

2010年4月

備考

【名古屋市中区新栄町1-6-28より移転】

初投稿者

ntakntak(1)

最近の編集者

編集履歴を詳しく見る

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

「フランス料理 壺中天」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗準会員(無料)にご登録ください。ご登録はこちら

この店舗の関係者の方へ

食べログ店舗準会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。

店舗準会員になって、お客様に直接メッセージを伝えてみませんか? 詳しくはこちら

ネット予約

周辺のお店ランキング

新栄×フレンチのランキング(点数の高いお店)です。

食べログ特集

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ