口コミ一覧 : アール座読書館

夜の予算
~¥999
昼の予算
~¥999
定休日
月曜定休 祝日の場合は営業、翌火曜休み
  • 料理・味 3.52 |
  • サービス 3.54 |
  • 雰囲気 3.87 |
  • CP 3.54 |
  • 酒・ドリンク 3.52

評価分布

気になっていたレストランの口コミ・評判をお気に入りレビュアーごとにご覧いただけます。

並び替え

これらの口コミは、ユーザーの方々の主観的なご意見・ご感想であり、お店の価値を客観的に評価するものではありません。あくまでも一つの参考としてご活用ください。 また、これら口コミは、ユーザーの方々が訪問した当時のものです。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。 詳しくはこちら

120件を表示 54

表示形式: 全文 通常 簡易リスト

表示件数:

konayuki#

konayuki# (93)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

男性・東京都

  • 昼の点数:3.7

    • [ 料理・味 3.5
    • | サービス 3.4
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.4
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)

    - ¥1,000~¥1,999

    | おすすめ用途:

  • アール座読書館 - 外観写真:うーむ、雰囲気たっぷりです。

  • アール座読書館 - 外観写真:この扉を開くのはちょっと勇気いるかも…

  • アール座読書館 - 料理写真:ティーセットでゆったりと…

  • アール座読書館 - 料理写真:温かいアールグレイが、落ち着きます。

  • アール座読書館 - 料理写真:ブラウニー(200円税込)これは、良いスイーツ♪

  • アール座読書館 - その他写真:綺麗なカップですね。

  • アール座読書館 - 内観写真:静かで独特な空気感です。

  • アール座読書館 - 内観写真:緑のイメージが良い感じです。

  • アール座読書館 - 内観写真:照明も味があります。奥には書物が並んでいます。

  • アール座読書館 - 内観写真:席は自由に座れそれぞれコンセプトがあるみたいです。

  • アール座読書館 - 内観写真:カップなどが陳列されております。

  • アール座読書館 - 内観写真:お手紙セットも販売されてます。

  • アール座読書館 - 内観写真:マスターが、お一人でここで用意されます。

  • アール座読書館 - その他写真:私が、たまたま座れた席にスクリーンがありました。

  • アール座読書館 - その他写真:著作権の切れた様々な絵画が楽しめます。

  • アール座読書館 - その他写真:とっても素敵なシステム。机にもマッチし違和感無しです。

  • アール座読書館 - メニュー写真:ここでの過ごし方が色々書かれているので、初めての方は必見ですよ。

  • アール座読書館 - メニュー写真:お写真と記載されていて、分かりやすいです。

  • アール座読書館 - メニュー写真:メニュー。声で案内出来ない分、丁寧に説明がされてますね。

  • アール座読書館 - メニュー写真:静寂を楽しみ空間…コンセプトは守りましょう。

  • アール座読書館 - その他写真:利用案内。

  • アール座読書館 - その他写真:席について細かく紹介。

  • アール座読書館 - その他写真:落書き帳。色々な悩みが書かれてましたね。

  • アール座読書館 - その他写真:このやりとり、いかにもこのお店らしいです。

  • アール座読書館 - その他写真:外国の方でしょうか?

  • アール座読書館 - その他写真:私もメモに書き置きしました。本当に汚い字で申し訳ございません(笑)
注文は、勿論小声でも大丈夫です、

お昼も食べ終え、何処かでゆっくりしたいと思い高円寺にある
「アール座読書館」さんに訪れました。


事前の口コミではほとんどがお一人様で、会話もない
極上の静寂の空間が味わえるとのこと…これは興味が出ます。

※今回お店のコンセプトに感銘を受け、内観や雰囲気の感想が多くなってます。


南口を出て左、アーケードの脇道にあります。外観はちょっと分かりにくいかも^_^;

私が入ろうとしたところ、後ろにもすぐ二人。
「ここって会話とかできるかな〜」と話していたので、僭越ながら
「噂ではかなり静かな場所らしいので会話するなら他が良いかも知れません」と
伝えたところニッコリと了承されてました。


階段を登り、ドアを開けます…まるで小説の舞台の中に迷いこんだ様な店内。
静かなBGMと水槽の水音だけが、静かに響きます…。


15時頃の訪問でしたが、5人ほどが静かに本など読まれていました。

マスターに注文しようとすると、小声でお好きな席にどうぞとのこと…
何か注文すらも躊躇うような静寂の空間…
(タブレットでは、音がでるので今回静音のiPhoneで撮影しました)


クラシックな机の席に座るとセンスの良い小物が置かれてます。
それぞれ趣向の異なる様々な木のベンチがとても素敵…。


自由に記入出来る落書き帳があり、色々な悩み、イラストが書かれていました。
「そろそろ出ようか?」など書かれているのが、このお店の特徴を表していますね。
これらを見ると色んな人の心情が読み取れとても興味深かったです。


ここに注文を書き、アールグレイ(600円税込)とブラウニー(200円税込)を頼みます。
静かにマスターが用意されます。


それにしても本当に内装が素敵です…癒しを求めここに来るのが良く分かります。
私の席はたまたま、名画が見れるスクリーンが机にあり、これがまた非常にリラックス出来て良いです。

後で気がついたのですが、机にメニューがありました。こちらにはお品書きの他に、
お店の楽しみ方、利用について、席の案内など詳しく記載されています。
(初めて行く方は、参考になると思います。写真で何枚か掲載しときます)


紅茶とお菓子が10分程で、到着。


頂きます…風味があり優しい味のアールグレイが身体も心も温まります…

パウダーのたっぷりかかったブラウニーは、しっとりとしてやや甘め。
紅茶にとっても合います。スイーツもしっかり美味しいですね。
この空間でおいしいティーセットを頂くとまた格別な雰囲気になります。


その後も常連さんが、注文前に静かに決められた自分の席かの様に着席して行きます。
流れとして、その後マスターから水が出されるみたいですね。

この独特な空気…他では中々味わえないかも…静かな空間が好きな方はかなりオススメです。
ただ、お店の広さ上すぐに満席になりそうなので余りの長居はお店側にも考慮して、避けた方が良いかも…。

そして私はブラウニーをもう一つ静かにお代わりし、店を後にしました…
最後に大きな挨拶の代わりに深々と頭を下げるマスターが印象的でした…ご馳走様でした。

おすすめ!

ブラウニー (200円)

隠れ家に籠もって現実逃避

キキムヤヤリ

キキムヤヤリ (196)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

20代後半・男性・千葉県

  • 昼の点数:4.5

    • [ 料理・味 -
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.7
    • | CP 4.3
    • | 酒・ドリンク 4.5 ]
  • 使った金額(1人)

    - ¥1,000~¥1,999

    | おすすめ用途:

  • アール座読書館 - 料理写真:アールグレイ・ショコラ(650円)

  • アール座読書館 - 料理写真:オレンジ・ショコラ(650円)

  • アール座読書館 - 料理写真:お冷や

  • アール座読書館 - 内観写真:

  • アール座読書館 - 内観写真:

  • アール座読書館 - 外観写真:

高円寺の商店街から路地を少し入った、2階にある読書館。
近隣の飲食店が夜の営業を始める前の時間帯だったこともあり、非常に静か。

水槽、観葉植物などが置かれ、リラックスできる座席配置。たまたま空いていた一番狭いと思われる席につく。狭いけど、それだけに自分の世界に入り込める。

この日は特に本などを持ち込んだわけではなかったので、窓から下を眺めたり、メニューブックをじっくり見て、冷たいアールグレイ・ショコラ(650円)を注文。
アールグレイティーにココアを合わせた、香り高い飲み物。甘みがあって後味が上品でたいへん美味しい。

本棚の中から写真集を引っ張り出して見たり、ただぼんやりとしたり、柱時計だけが現実であることを知らせてくれる。
ここでオレンジ・ショコラ(650円)を追加注文。アイスコーヒーにオレンジの香りとココアを合わせた飲み物。メニューブックに「洋菓子のような~」と書かれているが、まさにそんな味わい。

結局1時間半くらい過ごして店を後にした。ドリンクメニューはどれも手がかかりそうな美味しそうなものばかりで、目移りしてしまう。
あまりの居心地の良さに、気を抜くと2~3時間は経ってしまいそうだ。

クッキーを食べに来ましたよと

  • 夜の点数:4.0

    • [ 料理・味 3.3
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.2
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク 3.2 ]
  • 使った金額(1人)

    ~¥999 -

    | おすすめ用途:

  • アール座読書館 - 内観写真:

  • アール座読書館 - 料理写真:ガーワ スパイスのコーヒー

  • アール座読書館 - 料理写真:クッキー盛り合わせ

  • アール座読書館 - その他写真:利用者のらくがき帳

  • アール座読書館 - 外観写真:扉

  • アール座読書館 - 外観写真:

レビューは初めてだが、かれこれ6年くらい来ている。

今年も室では店主の飼育している秋の虫がリーィと鳴いている。
以前、窓辺に置いた虫かごについて、店主が説明してくれた頃は
2時間滞在してもお客が3組程度だったと思う。
今は虫たちのことや虫が取り上げられた和歌などをまとめた冊子が
席に置いてある。
※虫の音は9月いっぱいくらいだそう

1年以上ぶり。
灯りがすこし明るくなり、シート間が整理された気がする。
観葉植物の枝ぶりか。

水槽かジオラマの席に座ることが多いのだが、今回はモニターのある席。

■注文(ウィスパーとジェスチャー)

----コーヒー ガーワ
----クッキー盛り合わせ

  今回は注文のみならず写真許可もジェスチャーでお願いした。
  もっとアーティスティックなマイムでありたい?

  ガーワはアラブのコーヒーの飲み方らしく、カルダモンなどのスパイスが効かせてある。
  クセ有りだけどオツ。
  クッキーはオートミール、ジャム、ナッツなどで、クセのあるガーワと良く合った。
  またこのコーヒーとクッキーがR座の雰囲気にもマッチ。

  子供のように落ち着かないのだが、今回の席ではまず棚の上の透明な蝶の置物に目が。
  虫の冊子を読み、出ていた和歌をネットで調べる。
  クッキーを割る。
  手を拭く。
  利用者のらくがき帳を読む。
  モニターに気が付き、点けてみる。店主が操作を助けて下さる。
  ヨーロッパ絵画などのデータが閲覧できる。
  クッキーを割る。
  カップにコーヒーを満たす。
  そんな風に過ごす。


R座読書館は特別な喫茶室だ。
座り心地の良いイスはひとつもないが、落ち着く。  
水槽や観葉植物があるが、虫や匂いが出てないのは気を遣って管理されているからだと思う。
京都のLagado研究所とこちらには沈黙で熱いエールを送りたい。

扉を開けるとそこは…

のえコム

のえコム (204)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

女性・東京都

  • 昼の点数:4.3

    • [ 料理・味 3.7
    • | サービス 3.7
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 3.7
    • | 酒・ドリンク 3.7 ]
  • 使った金額(1人)

    - ~¥999

    | おすすめ用途:

  • アール座読書館 - 外観写真:お店は2階にあります

  • アール座読書館 - 内観写真:勉強机のような席

  • アール座読書館 - 内観写真:本や雑誌も多少あります

〈2014年5月再訪〉
スランプに陥った時に読む本がある。
図書館よりは非現実的な空間で読むと没頭出来る。
だからここへ来る。


〈2013年1月〉
扉を開けると別世界だった。
宮崎駿の世界に紛れ込んだような…


なるべく人の気配を感じない空間に身を置くため、
店内を見渡す。履いて来た靴がやけにうるさく聞こえた。


早く座って本の続きが読みたい。


アンティークな勉強机のような席に腰を下ろした。

椅子に凹凸があって落ち着かない…
隣の椅子に座り変えた。
こっちも凹凸だったか…

幼稚園児のように何度も店内を見渡した。

どうしても今日の本は腰を据えて読みたい。
席に落ち着くまでに時間がかかった。


メニューを指差し、無言で注文。
キリマンジャロAA 580円

凹凸あるところを避け、椅子の端っこに収まった。
珈琲のほのかな苦みが今日の気分にピッタリだった。


暫く読みふけっていた…
感動のあまり涙がこぼれた。
いけない…
鼻を噛んだら集中している人の気が散る。


店内は音楽が静かに流れ、水槽の水が心地よく聞こえる。
都会の喧騒の中に非日常的な空間。


扉の向こうの不思議な世界をあなたも覗いてみませんか?


最高の一人時間

シトロンたると

シトロンたると (31)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

20代後半・女性・東京都

  • 昼の点数:4.0

    • [ 料理・味 -
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 3.5 ]
  • 使った金額(1人)

    - ~¥999

    | おすすめ用途:

  • アール座読書館 - 内観写真:

高円寺にある会話での利用禁止の、
読書をするための喫茶店。
店内を歩くのでさえためらうほど
静かな空間が広がっている
店内には勉強机のようなテーブルが並び
いたるところに観葉植物が。
音楽もかかっていないその空間に入り込むと
水槽や時計の音、店内に入ってくるやわらかな光など
普段気づかないことにきづき、なんだか全てがいとおしくなるから不思議です。

注文はみんなささやくような声か、ジェスチャーで。
のみもののメニューは充実しています。
ポットで600円ほどの紅茶やコーヒーを注文して
持ち込んだ本をひらきます。

ドリンクがなくなったって
追加の注文はしなくても大丈夫。
気のすむまでどうぞのんびりとすごしてくださいと言わんばかりの雰囲気で
時間を忘れてしまいます。

テーブルには筆談器がおいてあり
会話はこれで、とのこと。
残念ながらそれを使っている方を見かけたことはありません。
ここでの読書は最高の一人時間の過ごし方だとおもいます。

R座読書館

100

100 (530)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

20代後半・女性

  • 昼の点数:4.5

    • [ 料理・味 -
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 4.0 ]
  • 使った金額(1人)

    - ~¥999

    | おすすめ用途:

  • アール座読書館 - 内観写真:

  • アール座読書館 - 料理写真:ガーワ。680円。

  • アール座読書館 - 内観写真:

  • アール座読書館 - メニュー写真:

  • アール座読書館 - 外観写真:

読書好きは絶対行ってみてほしい、一人の時間を最高に演出してくれるカフェ。

高円寺駅のpal商店街を五日市街道方面へ歩き、右へ曲がれる最初の路地を右へ曲がります。
少し歩くと左側に、2階に上がる階段があり、R座読書館の看板が出ています。
ドアは開きにくい雰囲気かも。のぞき窓から中を見れますが、一人で外からのぞくのも勇気がいりそうw

店内はジブリに出てきそうな、半ファンタジーの書斎みたい。
たくさん置かれた木々、インテリアも古めかしい木製です。
水槽があり、常にちょろちょろと水音がしています。
小さな音で流れる音楽も全然聞こえるくらいに静かな店内。
他にも店の中央に置かれた地球儀やランプが、この独特な雰囲気を作っているんだと思います。

席は基本的に一人用ばかりのようで。というかデスク?
本を読むための場所なので、会話をするなら少しだけ、ボリュームはめちゃめちゃ小さく。
店主さんにメニューを聞かれたりする、その話し方がとっても小声でした。
そういうところがまた、店内の雰囲気作りにつながってるんだと思います。

ガーワ。680円。ポットで出ます。
中東アラブのコーヒーで、カルダモンというスパイスで香りづけされているそうです。
オレンジっぽいような、フルーティな風味と香り。これがカルダモンなのかな。
甘いってほどではないですが苦味オンリーでもない。
これは苦味より、砂糖でちょっと甘くした方がおいしいです。

雨の日も憂鬱にならず、むしろ雨の景色を楽しめそう。
隠しておきたいタイプのお店です。
一人でのんびりできるところが混んで入れなくなったってのはやだし。
とにかく今回はとっても気持ちのいい時間をすごすことができました。
またぜひ、読みたい本を抱えてお邪魔したいです。

アール座 読書館 vol.2

ノリノリ3

ノリノリ3 (142)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

女性・東京都

  • 昼の点数:3.0

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)

    - ~¥999

    | おすすめ用途:

  • アール座読書館 - 外観写真:

  • アール座読書館 - 内観写真:

  • アール座読書館 - 内観写真:

  • アール座読書館 - 料理写真:

  • アール座読書館 - 料理写真:

数年ぶりに高円寺の読書喫茶室「アール座読書館」へ行ってきました。
店頭の注意書きにも書いてある通り、読書室ということで会話目的の利用は禁止だそう。

場所は商店街近くの建物の2階で、建物の外観からは想像できないアンティーク感漂う木造作りの空間。
緑が多い西洋の古い書斎みたいなイメージですねー
千冊以上ある本がズラっと本棚に並んでて、ジャンルも写真集や文学、美術書、絵本などなど幅広く、
自分で持込んだ本を読んだりしてもOKとのこと。

店内は色んなタイプの席があって、
目の前にベタ(闘魚)が泳いでる巨大水槽や万華鏡スコープが楽しめる席などなど、
その日の座る席周りの雰囲気で過ごし方も変わるかも。
ちなみに自分は水槽のある席に座って、ゆら~と泳ぐ魚やぶくぶく上がる泡を見たりしてたらちょっと和みました。
メニューは珈琲、紅茶、ソフトドリンクにお茶請けのスイーツが3点のみ。
あくまで読書がメインという印象ですね。
メニューブックにはメニュー案内の他に、お店の説明や注意書きが丁寧に書かれてるので初めて利用する人にも安心。

キリマンジャロAA580円、ポット出しで240cc入り(前回行った時も同じ珈琲を注文してたー)

クッキー盛り合わせ280円、この時は小皿に5枚。
しっとりしてる生地のものをセレクトしてるのか、食べた時サクッ!と音が響きにくかったような(?)
落ち着いて読書するなら身近にある図書館で過ごすのもいいけど、
こじんまりとした読書室でお茶しつつ本を楽しむのもアリだなあと思います。

板や緑で仕切られた小スペースで、水槽の水の流れる音や薄ら流れてるBGMを耳にしながら静かに本を読む。
いつもと違う読書スタイルが楽しめる環境がここにありますよ。

野生のカンタ

野生のカンタ (711)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

60代前半・男性・東京都

  • 昼の点数:3.5

    • [ 料理・味 3.5
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)

    - ~¥999

    | おすすめ用途:

「ネルケン」のレビューを書き、この店のことを思い出した。
名曲喫茶ではないが、それに近いかも——近くないな!
しかし、場所が「ネルケン」から近いことは確かである——関係ないか!
さて書くかと思い、いろいろと思い出そうとしたら、
以前に書いたレビューがコピーしてあったので、修正してアップします。
妻のことがいろいろ書いてあるため、また怒られることになるかもしれないが、
これくらいなら大丈夫だろう・・・たぶん?
でも、ちょっと長いレビューになります(ペコリ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初レビュー(12/06/20)——

一か月ほど前に高円寺に行っていた妻から電話があり、
静かで落ち着ける喫茶店はない?と尋ねられ、教えてあげた店。
私は行ったことはなかったが、妻はその後も毎週のように行っているらしい。
昨日の三時過ぎ、妻から電話が——

 「高円寺の北口にある八百屋で野菜をいっぱい買って、指がちぎれそう」
 「今から台風が来るのに、そんなに買うなよ」
 「台風が来るの?」
 「らしいよ」
 「コインロッカーに入れて、アール座に行くから、二時間くらいしたら迎えにきてよ」
 「・・・」
 「でも、台風が来るんだったら、タクシーで帰るからいいわ」
 安い野菜を買いすぎて、高円寺からタクシーで?
 「・・・いいよ、行くから」

この八百屋が激安であることは私も知っているが、
一人で持ち歩けないほど買って、コインロッカーに——あほか!
ちなみに、家に帰ってから聞いてみると、なめこが5パックで100円、
ジャガイモやニンジンも大きな袋詰めで100円などなど——それなら買うかも?!
それ以外にも皮とヒゲのついたままのベビーコーン、ゴーヤー、ほうれん草、カリフラワーなども
二つの大きな袋に分けられて入っていた。
でも、タクシーで帰ってきたら、近所で買ったほうが安いな!

雨が強くなり、風も出てきた五時過ぎに仕事が一段落したので、家を出る。
JRの中野駅まで歩くのは大変なので、地下鉄で新高円寺駅に。
パル街の南側に延びている「ルック」という商店街を歩いて、アール座を目指す。
途中で石窯焼きのベーカリーを見つけ、翌日の朝食にといくつかのパンを購入。
イケね、荷物が増えてしまった!
この通りもやっぱり新しい店が増えていた。
古そうな店の外観を写メに収めながらぶらぶらと。
かつてお邪魔をした記憶のある店もあるが、何をいただき、どんな味だったかは覚えていない。

六時過ぎに「アール座」に着いた——なぜか緊張する。
というのは、以前妻に「写メを撮ってきてよ」と言ったが、
「そんなことできる雰囲気じゃないわよ」と言われたからである。
とりあえず、看板と入口の写メを撮り、階段を上がる。
扉の横には「長いお話、声高なお話はご遠慮ください。
大変恐縮ですが、お話目的の方はご遠慮ください」と書いてある。
扉を開け、傘を引っ掛けるバーに傘をかける。
掛かっていた持ち手の小さな折りたたみの傘に手が触れ、床に落ちて、その音が店内に響く——シーッ!
先客は妻を含めて五人。皆テーブル(机?)に向かって読書に励んでいる。
妻が私に気づき、広めの席を移動するが、一冊のノートを手渡された。
筆談用のノートである——ゲゲッ。
店の方がメニューを持ってくる。ブラジルを指差し、注文完了。
おとなしめのピアノソロのジャズがかかっているが、
熱帯魚の水槽に注がれる水の音のほうが大きいくらいである。
店内には天井まで届きそうな鉢植えのベンジャミナがいくつか置かれ、奥には書棚がある。
書棚まで歩いていったが、床がきしむ——これは私のせいではない!
文芸書もあるが、画集やコミックや旅行ガイドの本もかなりある。
仕事以外で文字は読みたくないので(食べログのレビューは別である!)、
ピカソやダリなどスペインの画家がまとめられた画集を持って、忍び足で席に戻る。——また床がきしむ。
すでにコーヒーが届けられていた。
青い小さなカップにコーヒーが満たされ、その横には濃紺の小さなポットが。
写メに収めたいが、シャリーンという音が店内に響くのは必至!
あきらめて、忘れないようにといろいろと携帯に文字を打ち込むが、
その音でさえなんとなく場違いなように感じてしまう。
あれっ、ミルクがない!
まずはブラックで一口、さすがブラジル、苦みは強いが酸味はない——好みである。
妻が追加注文したときに、ミルクを持ってきてもらった。
もちろん声を出さずにジェスチャーである。
大音響でジャズがかかっていた私語厳禁の昔のジャズ喫茶を思い出した!
画集を見終えて、手塚治虫の「カノン」という短編傑作集を持ってくる。
また床がきしむ——何度も言うが、これは私のせいではない!
久しぶりの手塚の漫画、かなり面白い。
半分ほど読んだとき、紅茶を飲み終えた妻の耳元に小声で言う、「帰ろうよ」と。
書棚に返して、お会計。
いつもながら面白いジョークを思いついたが、それも言えず。
もし言っていたら、店の方は声を上げて笑っただろうか・・・?
扉を閉めて、階段を下りるときもなぜか小声になる。
妻はとても気に入ったようであるが、私は苦手である。
通りに出て、大きく背伸びをして、「よっしゃー」と雄叫びを。

一人で訪れるべき上質空間

mmat

mmat (78)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

60代前半・男性・東京都

  • 夜の点数:-

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 昼の点数:4.0

    • [ 料理・味 3.5
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)

    - ~¥999

    | おすすめ用途:

  • アール座読書館 - 内観写真:

心地良い音量のクラシック音楽と水の流れる音、次のお客様用に沸かしているお湯の沸騰する音が店内のBGM。たまにコーヒーをミルする音と木製の床を歩く音くらいがこの店の大きな音。
一人で訪れる客に限られた時間ではあるが、くつろぎを与えるために準備された小さな書斎の様な空間。
壁のダ・ヴィンチの「白貂を抱く貴婦人」、私の机の上の水槽のベタ(闘魚)も妙に雰囲気に溶け込む。
ブックカフェと言うカテゴリーに入るカフェだと思うが、ここまで素晴らしいとは予想以上。
飲み物のメニューも充実している。私が選んだのは、大好きなモカ。小ぶりのカップ3杯分のポットで供される。丁寧にいれている事が一口飲んで分かる。
気が付くと、店内はほぼ満席。
壁の時計が14:00を告げた。
歩く時は皆、自然にそっと、そ〜〜っと歩く気持ちになる。
「混んで来たら1〜2時間で切り上げて下さい」という記述がメニューにあった。
自分にご褒美を与える、へこんだ時に自分を見つめるのに最適の店。良い店を見つけた。

妖精の棲む店

yanagima

yanagima (653)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

50代前半・男性・埼玉県

  • 昼の点数:3.5

    • [ 料理・味 -
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 3.5 ]
  • 使った金額(1人)

    - ~¥999

    | おすすめ用途:

食べログのレビューを見て、行ってみたくてしょうがありませんでした。
チャンスが出来て伺いました。

高円寺の駅からゆるやかな坂になっている商店街を下り、途中横道に入ったところにお店あります。
まわりは雑貨やさんとか古着やさんとか、若者の好きそうなお店がいっぱい。

階段を昇ると中の見えない扉、躊躇なく開けますと、静かな店内。
ご主人なのか、男性が迎えてくれます。
席は樹々の中にベンチシートが正面本棚に向かって並んでいます。
各席には1名様づつお客さんが。2人並んで座るのはきつそう。
空いてる席を見つけ、きしむフローリングの床をそーっと擦り足で進みます、他の方の読書の邪魔をしてはいけません。

席の前には読書机、その上には本棚と、小さな鳥かご、中には小鳥(のオブジェ)、メニューは昔の事務用箋を綴じるバインダ様です。
キリマンジャロ580円、ポット240ccだそうです。
濃い青のカップ、同じような色のポット、コーヒーは中くらいの焙煎で、飲みやすい感じです。

席は窓際で、窓辺には植木鉢があり、小さな葉をつけた植物がいっぱい。
本棚の上には鷲のはく製、その上には柱時計。
熱帯魚の水槽で水音がチロチロ、BGMが微かにクラシックとジャズ。
すっかり現世を忘れてしまいます。
妖精が棲んでいるかのような店内。

読書机の抽出しにはらくがき帳がたくさん入っていて、みんなきっちりと文章を書いているか、きっちりとイラストを描いています。
それらを眺め、(ああ皆さんは社会のいやなことから逃れたい思いでここに来るんだ)という印象を受けます。

みなさん本は自分で持ってきて読んでいるようです。
私も3冊持ってきました。
柱時計が30分ごとにぼーんぼーんとなります。
5時になったので帰ろうと思います。
同じことを考えている方が他にも2人、ぞろぞろとお会計。
いつの間にか店長らしき男性はイケメンの若者と交代していました。

ここは高円寺以外ではありえないお店かも知れません。

雨宿り

パドルグラム

パドルグラム (986)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

男性・東京都

  • 昼の点数:4.0

    • [ 料理・味 3.5
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 3.5 ]
  • 使った金額(1人)

    - ~¥999

    | おすすめ用途:

本好きにはたまらない喫茶店。本を持って店に入り、好きな席に座ってメニューを決め、水を持ってきてくれたお店の方に、他人の読書のじゃまにならないよう、ささやくような声で冷たくて甘い珈琲を注文しました。

水槽で泳ぐ小さなお魚さんを独り占めできる席は、残念ながら2つともふさがっていたので、窓際の、風がよく通る席です。
こちらは、600円前後の珈琲やお茶を注文して2、3時間読書を楽しめる喫茶店なのです。
店内にもいろいろ本はあるのですが、今回は持参の本。

土曜の午後、ひとり高円寺駅で電車を降り立つと、あいにくの雨。
傘を持ってないので、アーケード街からほど近いこちらで雨宿りがてら至福の読書タイムです。

ピアノ曲が静かに流れる店内、他とは全く違う、心地よい上質の時間が流れます。雨は、あっという間にやみましたが、そのまま1時間ほど過ごしました。
私の座った場所の書見卓、引出を開けると雑記帳があり、ときどきそれを読んだりもします。読書館に来られる方たちの書く文は、やはり普通のものよりも文学的あるいは内省的ですねぇ。

華麗で叙情的な曲のあと、少しほっとするベートーベンの月光第2楽章が流れはじめたところでなぜか現実世界に戻らねば、と思った私は、本を閉じ、レジに向かいます。3楽章に入らず、別の曲になったなあ、と頭のどこかで思いつつ、650円支払った私は、お店の階段をトントンと降りていきました。

独特な雰囲気を満喫☆

みるみんく

みるみんく (1104)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

女性・東京都

  • 夜の点数:4.0

    • [ 料理・味 3.5
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 2.5
    • | 酒・ドリンク 3.5 ]
  • 昼の点数:4.0

    • [ 料理・味 3.5
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 2.5
    • | 酒・ドリンク 3.5 ]
  • 使った金額(1人)

    - ~¥999

    | おすすめ用途:

  • アール座読書館 - 内観写真:始めの席はこんな雰囲気

  • アール座読書館 - 料理写真:アップ

  • アール座読書館 - 料理写真:ブラジル・ブルボン

  • アール座読書館 - 料理写真:マドレーヌ・クラシック

  • アール座読書館 - 内観写真:席を移動しました

  • アール座読書館 - 内観写真:R座鉱物博物館

お喋り厳禁のこちらのお店(小声で短時間のお喋りはOK)。
1人の時間を満喫するにはうってつけのお店ですね。

店内は本や木や水槽等で独特な雰囲気です。
平日の4時頃伺いましたが、結構席は埋まっています。

禁煙ですが、周りに人がいない時に換気扇の側で吸えるようです。

店内には水槽の水の音が響いてます。

ブラジル・ブルボン ¥650
カップが小さくてポットで出てくるのでゆったり楽しめます。
これは有機の豆だそうです。
酸味と苦味のバランスが良く、飲みやすいですね。

マドレーヌ・クラシック ¥320
手作りだったので頼んでしまいました(^^)
生地はふわっと口溶けが良くて美味しいです☆
胡桃がたっぷり入って、トップにはスライスアーモンドです。

途中で1人用の席が空いたので移動しました。
古い机の引き出しには『R座鉱物博物館』と書かれていて、開けて見るとキレイな鉱物が展示されていました。

こういう雰囲気、良いですね(^-^)

一人の世界に入るならここ!

食方職人

食方職人 (1732)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

40代前半・男性・東京都

  • 昼の点数:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)

    - ~¥999

    | おすすめ用途:

西荻窪のケーキ屋さんで濃厚なレモンタルトとチーズケーキを買ってから高円寺のこちらに。
高円寺南口を荻窪方面に渡り、アーケード商店街を南に進み、一本目を右に曲がり、左手にあるお食事処の何軒か先に昇り階段の入口があり、そこの二階。
ドアを開けると、そこは、とっても静かな図書室。しかも緑の多い研究室みたいです。
珈琲を頂いてなんて思って入ったらちょっと面喰らう静けさです。
水槽や植物がふんだんに置かれた個別の席に店員さんに促されます。それもひそひそ声で。
窓際の席を確保。
二人で来て、他のお客に迷惑がかからない程度だったらしゃべっても良いなんて但し書きがしてあるけど、誰も二人でなんて来て居ないし、一人で静かに本を読んだり、自分の世界に入っている。
私も早速、ブラジルを発注し、一人の世界へ。
珈琲もかなり旨い。ポットで240㍉㍑あり、小さいカップで約4杯を楽しんだ。
注意したいのは、喫煙場所があるのだが他のお客さんが居る時は駄目との事。
異空間だけど気に入りました。

読書たーいむ(笑)

火胃俗皇・K

火胃俗皇・K (590)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

30代前半・男性・千葉県

  • 昼の点数:4.0

    • [ 料理・味 3.5
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 4.0 ]
  • 使った金額(1人)

    - ¥1,000~¥1,999

    | おすすめ用途:

  • アール座読書館 - 料理写真:アイス・コーヒー

  • アール座読書館 - 料理写真:アイス・オレとクッキー盛り合わせ

  • アール座読書館 - 料理写真:クッキー盛り合わせ

  • アール座読書館 - 内観写真:水槽前席のある風景

  • アール座読書館 - 料理写真:ブラウニー

 高円寺駅より徒歩5分圏内に立地。アーケード商店街の中をてくてくと歩き、右に曲がってすぐ先の建物の2階にこの店はある。初めて行った日は休日で、たまには雰囲気がガラリと違う店にでも行ってもみようと思いふらりと立ち寄った、だけだったのだ。しかし、既に2回行ってしまったわけだが、どうやら自分の居住地が変わらない限り、これからかなり長い間付き合うことになりそうな店にぶち当たってしまったらしい。それも、私にはほとんど馴染みのないカフェというジャンルの店で。こういう店があったのかと、新鮮な驚きがあった。

 この店は店名にある通り、読書をするためのカフェだ。なので、読書に不要な話し声は原則一切聞こえないし、してはいけない。店内で聞こえるのは、水槽を流れる水の音や店主がコーヒー類を入れたり、食器類を洗うような音だけ。もしくは、店主とのひそひそ声での会話と他客が本をめくる音くらい。初めて入った時は、本当にこれ位しか音が聞こえないので驚いた。そして、店内には観葉植物がどっさりとあり、やや植物園にも思える(笑) 背を持たれる椅子や机も木で作られたかなり独特の雰囲気がある一品ばかりで、うぬぬぬ。この雰囲気というか空気感の外界との断絶具合が著しく、スバラシイ。

 で、カフェではあるのでコーヒー類やドリンク類は色々とかなり充実している様子。これまでに「アイス・コーヒー」と「アイス・オレ」を飲んだが、どちらもなんかコーヒーも牛乳も凄く濃い味がした(よーな気がした)。「クッキー盛り合わせ」なんかも食べてみたけどそれなりの質があったそれは確かだ。

 ただそれよりも、やはりこの店はこの雰囲気の良さだ。読書に徹することができる雰囲気の良さだ。それがずば抜けている! だから、読書がはかどる、はかどる(笑) 多分、普段の2倍くらいの速さで読めて、内容を深く理解できた(よーな気がした)。たまたまこの時は、是非ともじっくりと読みたい本が2冊ほど手元にあり、結局この店で読み切ることができたのだった。それはかなり有意義で贅沢な時間となったように思え、今度から読みたい本ができたら、この店へ即直行することは間違いなさそう、というか必ず行く。ちなみに、その時読んでいた本で現時点で印象に残ったのは「無理にそうしなくても、何かがなる時は、むこうからやってくるもんです」という会話の中で一文であり、思わず色々と納得(笑)

静かな時間が過ごせる読書館☆ミ

しふぉんたん♪

しふぉんたん♪ (16)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

20代後半・女性・東京都

  • 昼の点数:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 4.0 ]
  • 使った金額(1人)

    - ~¥999

    | おすすめ用途:

一人で本を読みたくなったらここに来ます*

高円寺駅の南口、路地を入ったところにあるのでひっそりしています。
カフェじゃなくて読書館なので本当に静かです☆ミ
本棚もあるし、あの席だけかもしれませんが引き出しがすごくかわいいです*
店内には緑もアクアリウムもあって何ともいえない独特の雰囲気!

飲み物はコーヒー、紅茶、ジュース…値段は⑥◎◎円前後。
でもあまり他では聞かないようなお茶がそろってるし、全部に説明があるのが嬉しいですっ*

食べ物はクッキー盛り合わせとかパウンドケーキとかちょっとしたものがあります。
クッキーはさくさくでおいしかったぁ☆ミ②⑧◎円で④つだから安い〜♪

ほとんど誰もしゃべらない空間なので写真は断念しました(あたしの携帯、シャッター音が大きいんですι)
仕事をしている人や勉強している人も多いみたいですねっ。

ゆっくりしてる人が多いから回転はよくないです。
早めの時間が狙い目だと思います*

おひとりさま向き。

chiro87

chiro87 (30)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

東京都

  • 夜の点数:4.0

    • [ 料理・味 3.0
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク 3.0 ]
  • 使った金額(1人)

    ~¥999 -

    | おすすめ用途:

  • アール座読書館 - 料理写真:キャラメルミルクティーとブラウニー。

  • アール座読書館 - 内観写真:お店の入口。とにかく暗いです。

1人でじっくりと読みたい本があったので、アール座読書館へ行きました。
お店は商店街から横道に入ったビルの2Fにあります。
入口は写真の通り暗く、中もよく見えないので本当に入っていいのかドキドキしました。
入るとマスターが小声で「いらっしゃいませー」。
空いている席を好きに選んで座ります。あちこちに観葉植物などが置いてあり、座席同士があまり見えないようになっています。
また、席のシチュエーションが色々と違いますので(水槽があったり…)来るたびに楽しめると思います。

メニューはドリンク中心です。私が行った時のフードは、クッキー・ブラウニー・パウンドケーキのみでした。
注文したのはキャラメルミルクティーとブラウニー(合計850円)。注文するときも小声でマスターを呼びますが、それすらはばかられるくらい店内は静かでした。

行ったときは、私以外のお客さんもおひとり様ばかり。
そんな中に2人で入るとたとえひそひそ話でも会話が周囲にまる聴こえになってしまいますので、店名通り1人で静かに読書をするのに向いていると思います。
店内にもたくさん本がありますしね。

ララ・甲田

ララ・甲田 (426)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

女性・東京都

  • 昼の点数:3.0

    • [ 料理・味 -
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 2.5
    • | 酒・ドリンク 2.0 ]
  • 使った金額(1人)

    - ~¥999

    | おすすめ用途:

  • アール座読書館 - 内観写真:静謐な時間は都会では貴重。

  • アール座読書館 - 内観写真:珈琲は馥郁たれ。

  • アール座読書館 - 内観写真:木漏れ日疑似体験。

  • アール座読書館 - 外観写真:To the wonderland

  • アール座読書館 - 外観写真:心はanother world へ。

読書が大好きなワタクシはいつかこちらにおうかがいしてみたい、と
思っておりましたの。高円寺の西友の裏手あたり、こっそりひっそりと
でた看板が、2階へと誘います。建物の2階事務所改造ムード全開の
ドアをあけますと、意外にも熱気ムンムンで驚きました。お若い方が
多いせいでしょうか、熱帯魚の水槽のせいでしょうか、大きな室内樹木の
せいでしょうか、「湿度と温度と無言のテンション」が独特のムードで
迫ってきます。広めの正席と狭い準席とあるようで、正席から埋めて
いき、狭い準席にあたると、正席が空いたら待っていた順に正席に
移るというシステムのようです。この日は満員に近く、準席に。
会話は小声でしても良いようですが、総員無言ですので、筆談に。
人の良さ全開のオーナーが細かく気を配っていらっしゃいます。
珈琲680円也と八宝茶(500円?)をオーダーし、持参の本を読み進みます。
お隣のお兄さんはウォークマン、あ、ちがった、iPodミニ、に中国語の
学習ブックを開いてましたよ〜。陽のあるうちに入店し、窓際の準席
だったのですが、日が暮れるとともにムーディーなライト頼みに。
これは「老眼が始まったであろうこの日の同行者」にはキツかった
ようで、正席に移れる前においとますることになりました〜。それと
大変な集中力で本を読み飛ばすタチなのでちっちゃい取っ手のカップ
はひっくりかえしそうでちと恐かったですわ〜。でもそれはどうでもよい
ことかもしれません、ここはカフェというよりも読書というテーマで時間
と異次元スペースを提供しているのですもの〜。しかし、お客様方は
長居のようで、大人の事情を察するに充分な年齢のワタクシとしては
これで採算が取れるのか、と余計な心配をしてしまいましたよ〜。それ
にしても、お若い方が読書、って後ろから見てても良いものですね!
自分が学生の頃、広大な図書館内でこもりっきりになれる場所を求めて
あっちこっち移動しながら、本を大事に読んでいたのを思だしましたよ〜。
次回は是非一人で大型の画集等をじっくり眺める時間を持ちたいものだ、
と微笑ましく思いながらお店を後にしました。


静謐なる時間*空間のときめき

kaoru7

kaoru7 (999)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

50代前半・男性・大阪府

  • 夜の点数:4.0

    • [ 料理・味 3.5
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 3.5 ]
  • 使った金額(1人)

    ~¥999 -

    | おすすめ用途:

  • アール座読書館 - 外観写真:

  • アール座読書館 - その他写真:

  • アール座読書館 - その他写真:

  • アール座読書館 - その他写真:

  • アール座読書館 - 内観写真:

  • アール座読書館 - 内観写真:

  • アール座読書館 - 料理写真:

静謐なる時間において、読書や考え事するには、最適な時間*空間があります。
まさに静謐の美意識がかんじられます。
ある意味、無駄の価値がわかっていらっしゃるオ-ナ―のかただと思います。
利益優先*スピ―ディな問題処理を考える方には、明らかに不向きだとおもいます。
ここの世界は、すべて真逆です。現代の流れに逆行しているように感じます。
スロ―なときの流れを感じる時間の空間がかんじられます。
ココには、静謐がすべて優先されます。
クラシックでいえばグスタフ*レオンハルトのチェンバロの世界感であり、美術でいえば、フェルメ―ルの世界感に共通します。
まさに癒しであり、静謐の中から浮かび上がる美しさというべきでしょうか。
すべて計算され完成されている。
ポットサ―ビスの紅茶やコ-ヒ―が、すべて、600円前後で.2-3時間ゆっくりくつろいで゛くださいとあります。
今の時代なら、あらゆるものがスピ―デイ-が正しいとされ、ゆっくり嗜好することさえできません。しかしながら、ここは逆でスロ―な時間を楽しんでくださいという。追い立てる気持ちがこれぽっちもありません。
読書室だけあって、じっくり本を読める環境が整えられています。
近くに商店街ありますが、そのざわめきも感じられず、店内には、癒しのようにそれにふさわしい音楽がが控えめに流れ、森のような店内です。
話し声も静かに、できれば筆談でしていただきたいようです。
そのためのノ―トもあります。
注文も小声て゛お願いします。とあります。

コ―ヒ-*バニラなどの香りのする紅茶をお願いしましたが、なかなかの味わいて゛す。
デリケ―トなコ―ヒーやバニラの方香に繊細な紅茶のあじわい。
ゆったりした時間が流れてゆきます。
読書したり、物事考えるには、最適な場所のように感じます。

こういう時代だからこそ、価値があると思いました。

失ってはならない大切な場所であると感じました。

K.ハミルトン

K.ハミルトン (2387)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

30代後半・男性・東京都

  • 昼の点数:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス -
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)

    - ~¥999

    | おすすめ用途:

  • アール座読書館 - 料理写真:カルダモンココア(650円)

  • アール座読書館 - 料理写真:カルダモンココア(650円)

  • アール座読書館 - 内観写真:

  • アール座読書館 - 内観写真:

  • アール座読書館 - 内観写真:

  • アール座読書館 - メニュー写真:

  • アール座読書館 - メニュー写真:

  • アール座読書館 - メニュー写真:

  • アール座読書館 - その他写真:

  • アール座読書館 - メニュー写真:

  • アール座読書館 - 外観写真:

  • アール座読書館 - 外観写真:

  • アール座読書館 - 外観写真:

  • アール座読書館 - その他写真:

先日某人気レビュアの方と同席させて頂いたときに、
おススメカフェを尋ねたところ、
こちらの「アール座読書館」が居心地よく何時間でも居られるとのことを聞き、
近くでフレンチを食べた後に行ってみることにしました。

場所はJR高円寺駅より徒歩5分ほど。
南口アーケードを少し歩いて小道を右に折れ、
少し歩くと小さな入口があります。
わかりにいので事前に地図をしっかり見ておいた方がいいでしょう。

細い急な階段を上がって扉を開けると、
どことなく異空間が広がっていました。
静かにクラシックが流れ、都会の喧騒を忘れてしまいそうな感じです。
入店しても特に何も案内されないので、
好きな席を選んで座ることにしました。
窓際もよさそうでしたが、今回は魚が飼育されている水槽の前の席を選びました。

メニューはコーヒー、紅茶、中国茶、ココアなどが数種類。
ドリンクの充実ぶりで優秀なカフェであることが確信できました。
今回は「カルダモンココア(650円)」をお願いしました。

10分ほどで出来上がり。
甘さを控えてスパイスと塩の効いたホットココア。
カルダモンの香りがして飲みやすく、クセになりそうでした。

店内には本が幾つかあります。
美術の本や鉄道の本など様々なジャンルが揃えられています。
私はフランス好きなので、フランス旅行の本を読みました。

椅子は硬めで少々座り心地は悪いことが唯一難点ですが、
のんびりとしたり、本を読んだりするにはとてもいいお店だと思います。

自称元カフェマニアとしても、
こちらのお店は上位に入ることは間違いなく、
明らかにおススメですので、評価を4.0にしています。

静寂の空間を堪能してきました

  • 昼の点数:4.0

    • [ 料理・味 3.5
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 4.0 ]
  • 使った金額(1人)

    - ~¥999

    | おすすめ用途:

  • アール座読書館 - 内観写真:

  • アール座読書館 - 料理写真:

  • アール座読書館 - 内観写真:

  • アール座読書館 - 外観写真:

高円寺でぶらぶらした後、どこかで休憩を、と思ってこのサイトで調べて行ってきました。


路地にお店の小さな看板を見つけ、2階に上るとお店への入口が・・・
初めて入るお店で中が見えないと、妙に緊張します。


そして中に入るとお店の方が小さ~な声で、席へと案内してくれます。

最初は入ってすぐ左にある、小さなテーブルに通されましたが、
すぐに真ん中の個室みたいな席が空いたので、そこに案内してくれました。


お、落ち着く~・・・


普段1人カフェにはウォークマンが必須ですが、この読書館では鞄にしまい、
つかの間の静寂な空間を味わうことが出来ました。


注文したのはキリマンジャロとクッキー。
コーヒーは600円ほど、ポットにも入っていて、計2杯半ぐらいあったので結構お得感ありますね。


結局勉強したり、お店にあった写真集などを見ながら1時間半ほどゆっくりできました。


あの唯一無二の雰囲気、空気感を維持されているは大変だとは思いますが、
いつまでも続けて欲しいお店であると共に、うちの近所にも欲しいお店ですね。

食べログ特集

編集する アール座読書館の店舗情報(詳細)

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名

アール座読書館

ジャンル

カフェ喫茶店コーヒー専門店

TEL・予約

03-3312-7941

※お問い合わせの際は「"食べログ"を見た」とお伝えいただければ幸いです。

予約不可
住所

東京都杉並区高円寺南3-57-6 2F

交通手段

JR高円寺駅南口より徒歩5分

高円寺駅南口を出て線路沿いに右手(西)に進むと、南に向かって伸びるアーケード街「pal商店街」の入口があります。
商店街を入ってしばらく進み、右折出来る最初の路地(100円ショップダイソーの斜向いに路地があります)を右に入って20m程進むと、左手2階にお店があります。
居酒屋さんが何件か並んでいるエリアの向かって左側、入口階段の前にひっそりと看板が出ています。

高円寺駅から195m

営業時間

平日  13:30~22:30(L.O 22:00)
土日祝 12:00~22:30(L.O 22:00)

日曜営業

定休日

月曜定休 祝日の場合は営業、翌火曜休み

予算(ユーザーより)

[夜] ~¥999 [昼] ~¥999

実際にお店へ行った人が使った金額です。 予算分布を見る

席・設備

席数

11席 (4人席1、2人席7)

個室

貸切

(20人以下可)

禁煙・喫煙

完全禁煙
(室内後方の隅に簡易的な喫煙コーナー(換気扇)有り。※混雑時は使用不可)

駐車場

空間・設備

落ち着いた空間、ソファー席あり

携帯電話

SoftBank

特徴・関連情報

こんな時に
オススメ

一人で

多くの方がおすすめする用途です。 用途分布を見る

ホームページ

http://r-books.jugem.jp/ 別ウィンドウで開きます

オープン日 2007年
初投稿者

律(9)

最近の編集者

編集履歴を詳しく見る

ブログに店舗情報を貼る+

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録下さい!

会員登録する 従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

「アール座読書館」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗会員(無料)にご登録下さい。ご登録はこちら

この店舗の関係者の方へ

食べログ店舗会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。

店舗会員になって、お客様に直接メッセージを伝えてみませんか? 詳しくはこちら

このお店を訪れた人はこんなレストランも訪れています

周辺のお店ランキング

第01位
波やし (78)
(寿司)
点数: 4.12
第02位
天すけ (255)
(天ぷら)
点数: 3.63
第03位
七面鳥 (47)
(中華料理)
点数: 3.63
第04位
ビリエット (15)
(ダイニングバー)
点数: 3.62
第05位
じゃぐら (117)
(ラーメン)
点数: 3.61

食べログまとめ投稿キャンペーン まとめを書いて 最大50,000円分のお食事代(×5名)ををGET!! 2014年12月18日(木)14:00~2015年1月6日(火)15:00

周辺のお店ランキング

  • 総合ランキング

高円寺×カフェのランキング(点数の高いお店)です。

高円寺×カフェのランキングをもっと見る

このお店の関係者様へ

外出先でも食べログ!

食べログアプリが
新しくなりました!

スマートフォンアプリならではの機能でお店探しがもっと便利に。

※ダウンロード無料(一部有料)

食べログの情報を携帯からチェック!
ケータイ版限定のコンテンツも掲載

http://m.tabelog.com/

料理の写真をおいしく撮れる
iPhone/Android用カメラアプリ
「食べラ」

※食べログへも写真投稿できます

ページの先頭へ