口コミ一覧 : アルカナイズ

夜の予算
¥30,000~
昼の予算
¥30,000~
定休日
無休
  • 料理・味 3.14 |
  • サービス 3.44 |
  • 雰囲気 3.94 |
  • CP 2.79 |
  • 酒・ドリンク 3.52

評価分布

気になっていたレストランの口コミ・評判をお気に入りレビュアーごとにご覧いただけます。

並び替え

これらの口コミは、ユーザーの方々の主観的なご意見・ご感想であり、お店の価値を客観的に評価するものではありません。あくまでも一つの参考としてご活用ください。 また、これら口コミは、ユーザーの方々が訪問した当時のものです。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。 詳しくはこちら

120件を表示 46

表示形式: 全文 通常 簡易リスト

表示件数:

自然の中で心身ともにほぐされて…

  • 夜の点数:3.8

    • [ 料理・味 3.8
    • | サービス 3.8
    • | 雰囲気 4.3
    • | CP 3.3
    • | 酒・ドリンク 3.6 ]
  • 使った金額(1人)

    ¥30,000~ -

    | おすすめ用途:

伊豆は修善寺湯ヶ島にあるオーベルジュです。
狩野川の渓流を望むお部屋には、部屋付き露天風呂があり、
川のせせらぎを聞きながらゆっくりと体と心がほぐされていく…
そんな上質な大人の隠れ家的なホテルです。

お夕食は、ダイニングで頂き、コースで饗されます。
「神秘」と「伊豆の大地」の二種類が用意されておりました。
二泊しましたので、両方を頂くことができました。
両コースとも、伊豆の自然の恵みをふんだんに用いたものであり、
どのお料理も目にも鮮やか、味も滋味あふれ
自然の活力をこれでもかと取り込めるような構成になっています。

お酒は、グラスで頂きました。
ソムリエの方が料理に合わせてセレクトしてくれましたが、
少々、個性的なワインが出てくることとなりました。
決して口に合わなかったわけではありませんが、
お料理とのマリアージュがもう少し…

朝食は、夕食と同じダイニングで頂きます。
二泊でしたので、洋風、和風とお気遣いをいただき、
揺れる木々をぼーっと眺めながら至福の朝食を味わうことができました。

雰囲気としては、とても上質なホテルです。
自然に囲まれ、川のせせらぎが聞こえ、夜には満天の星空を見ることができます。
あんなにきれいな星空を見るのは本当に久しぶりでした。

関西からは少し遠くはあります。
しかし、ゆっくりと時間の流れる自然に囲まれ、温泉に浸かり、
美味しいお食事をゆっくりと楽しむ、これほど贅沢な空間はなかなかありません。
ぜひ訪れてみる価値はあると思います。

美酒佳肴

美酒佳肴 (16)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

40代前半・男性・神奈川県

  • 夜の点数:4.5

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 3.5 ]
  • 使った金額(1人)

    ¥30,000~ -

    | おすすめ用途:

  • アルカナイズ - 料理写真:[前菜]アルカナイズ・スペシャリテ 大自然・伊豆の輝き60種類以上のお野菜を色々な調理法で

  • アルカナイズ - 料理写真:[地場野菜]色々なお野菜を説明して下さりました。

  • アルカナイズ - 内観写真:[レストラン内観]

  • アルカナイズ - 料理写真:[食前酒]モエシャン

  • アルカナイズ - 料理写真:[アミューズ]地場野菜のピクルス

  • アルカナイズ - 料理写真:[前菜]中トロ鮪とトマトのコンソメ

  • アルカナイズ - 料理写真:[白ワイン]

  • アルカナイズ - 料理写真:[前菜]オマール海老とリードヴォー

  • アルカナイズ - 料理写真:[前菜]フォアグラのソフトキュイ

  • アルカナイズ - 料理写真:[白ワイン]アルザス

  • アルカナイズ - 料理写真:[魚料理]稲取の金目鯛と根セロリのピューレ

  • アルカナイズ - 料理写真:[肉料理]伊豆牛

  • アルカナイズ - 料理写真:[肉料理]乳のみ子羊

  • アルカナイズ - 料理写真:[口直し]野菜の小さなデザート

  • アルカナイズ - 料理写真:[デザート]河津の完熟マンゴーとライムのソルベ

  • アルカナイズ - 料理写真:[朝食]アルカナ メリーゴーランド

3度目の訪問、お気に入りのお宿です。
静かな山の中、部屋からは川のせせらぎが聞こえ、露天風呂に入りながらゆったり森林浴。
テレビも無くゆったりと過ぎる時間は普段の喧騒から離れて本当に贅沢です。

こちらの宿のお気に入りの理由はそんな雰囲気とともにライブ感あふれるオープンキッチンでのディナー。
料理は通常コースをアップグレードして、アルカナイズのスペシャリテ60種類の地場産野菜を使用した大自然伊豆の輝きのプレートを含んだコースを注文。
料理とともに料理に合うグラスワインのコースも。

料理は野菜を多く使っていて、どれも手が込んでいて野菜の色々な味を味わえ、オススメのワインともよく合います。
サービスを担当されている方も、みなさんさり気なく気を使ってくださり、楽しく食事をすることが出来ました。
料理のことを質問しても、すぐに答えてくれるし、よく勉強されているのが分かります。

こちらの宿のサービスは、みなさん笑顔で本当に気持ちが良いです。
また訪れたいと思います。

まりも1号

まりも1号 (65)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

40代前半・男性・埼玉県

  • 夜の点数:4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 3.0 ]
  • 使った金額(1人)

    ¥20,000~¥29,999 -

    | おすすめ用途:

  • アルカナイズ - 内観写真:

  • アルカナイズ - メニュー写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 外観写真:

先日、伊藤に住んでいる恩人のお宅に遊びに行き
夜はレストランを予約しているという事で
伊藤から車でドライブがてら天城越えを楽しみ
こちらへお世話になりました。山の中の国道を
走り小道にそれる・・・こんなところにお店があるのか?
と思いましたが・・・
ついてみると入り口には小さな看板が一つ
凄くかっこいい雰囲気
サービスの方がお出むかえしてくれて車のドアまで開けてくれる
まるで高級ホテルのようなサービスだなと感激していたら
ホテルだった (笑)

そして広大な素敵なお庭があり
ダイニングに案内されるとカウンターの向こうの大きなガラスには
素敵な大きな木がライトアップ
雰囲気は最高でサービスも最高です。

お料理も美味しく演出も素敵です。
沢山のシェフたちが丁寧にお料理を創りサービスを
してくださいます。

とても素敵な時間を過ごさせていただきました。
こんどはお泊りでご利用させていただきます。

7年振りに伺いました。

Lady hana

Lady hana (598)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

30代後半・女性・東京都

  • 夜の点数:2.7

    • [ 料理・味 2.5
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 2.0
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 昼の点数:-

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)

    ¥30,000~ ¥30,000~

    | おすすめ用途:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - その他写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - その他写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 内観写真:

  • アルカナイズ - 内観写真:

  • アルカナイズ - 外観写真:

  • アルカナイズ - 外観写真:

  • アルカナイズ - 内観写真:

  • アルカナイズ - 内観写真:

  • アルカナイズ - 内観写真:

だいぶ前に伺った時は食事が合わなかったんですが部屋のお風呂がとっても良かったので再挑戦してみました。

敷地は結構な水流の早い川沿いにあり森の緑に囲まれた絶好のロケーションの中にあります。
部屋にはテレビがなく川の流れる音と鳥のさえずりを聞きながら時間を忘れ自然を満喫出来ます。
スタイリッシュでシンプルモダンなインテリア。

食事は食事処で頂きます。
食事処はカウンター席とその後ろに横並びの席が壇上にあり全ての席がカウンター席に向けられてます。カウンター席の前はオープンキッチンでその後ろには全面大きなガラス張りになっていて生い茂ってる木々の葉が風に揺られてリズムを刻んでるのを見ながら食事が出来ます。森の一部を切り取ったような借景で都会にはない贅沢な空間です。

食事は宿泊料金で通常\14256のコースが頂けますが食材をグレードアップさせた¥21384のコースを差額を払って頂けます。
通常のコースに魅力を感じなかったので¥21384のコースをお願いしました。

頂いたのは
~入口~
・【旨味をとじこめた黒鮑】
  (ガラスの保存容器の中にスープに浸った黒鮑、そら豆、キノコが入ってます。一緒に鮑の肝のペーストが塗られたバケットとクルトンが添えられてます。鮑は少し硬めでした。クルトンは鮑の出汁が出たスープを余すことなく頂くために浸して頂きます。クルトンに浸すとスープが優しい味なのでちょっとボケた印象になってました。)

~冷前菜~
・【金目鯛・アルカナキャビア、若菜】
  (ガラスの器に黄色や紫の花びらと若菜の緑の中で桜色の金目鯛が違和感なく溶け込んだ爽やかな見た目。最後にドレッシングをスポイトでかけます。金目鯛は脂がのっていてキャビアの塩気とよく合います。)

~スペシャリテ~
・【伊豆の大地が育んだカラフル野菜の菜園】
  (ひと皿に60種類の野菜が色々な調理方法で頂けます。揚げたり蒸したりピューレにしたり様々な形で野菜を堪能しました。酸味や甘味、苦味など野菜本来の味が楽しめ見た目も鮮やかなひと皿。)

~温前菜~
・【香ばしい赤座海老と凝縮したホワイトアスパラガス 黒トリュフのベールをかけて】
  (ホワイトアスパラガスは太くて甘みがありましたが茹で過ぎて水分が多く食感が悪かったです。トリュフも香りがなかったです。)

~魚料理~
・【駿河湾産鬼カサゴと優しい新玉ねぎ 旨味の気泡と乾燥春キャベツをのせて】
  (鬼カサゴはふっくらして甘みがありキャベツと玉ねぎと頂いてもより甘さが増して美味しかったです。)

~肉料理~
・【地元ひらい牧場・伊豆牛フィレ肉とランプ2種類の部位 シンプルなジュとオリーブの香り】
  (メインは3種類の中から選べます。伊豆牛はフィレもランプも硬くてパサパサしててあっさりし過ぎてるし旨味がなく全然美味しくなかったです。)

~軽いデザート~
・【野菜のグラニテ】
  (ワサビのグラニテにレモンのフォームがのってます。ワサビのぴりっとした辛さが鼻に抜けさっぱりと。)

~デザート~
・【下田・どんぐり農園のみかんとほうじ茶】
  (みかんとホワイトチョコのアイスにほうじ茶のプリンがのったお皿に最後に柑橘系のシャーベットを盛り付けてくれます。柑橘類とほうじ茶の組み合わせは合わないと思いました。)

~お茶菓子~
・【コーヒーと小菓子】(ミニロールケーキやタルトが出ましたが普通です。)


《朝食》
~アルカナ遊園地「シースルー観覧車」~
・【グリーンサラダ】
・【バジルの野菜クリームスープ】 (味が薄かったです。)
・【アルカナ自家製2週間熟成ロースハム】 (あまり美味しくなかったです。)
・【オムレツ】
・【パンの盛り合わせ】
・【蜂蜜とチーズ】(蜂蜜が濃厚な甘さで美味しかったです。)
・【苺とビーツのシュワシュワ、スティックブロッコリーアンチョビマヨ、金華豚のリエット、あまごのコンフィ、インカのめざめアボカドディップ、そばの実フリット、アーモンドのエスプーマ】
  (一口で頂けるサイズで楽しめました。)


ディナーは都内で頂くこの金額のコースと比べてしまうと金額と内容が全く合ってないように感じました。
地産地消はいいと思いますがコスパが悪すぎです。
朝食はテーマがあり運ばれてきてテンションがあがります。ちょっとづつ色んなものを頂けるのるので楽しめました。
温泉につかりくつろいでいるのに夕飯はまだしも朝食までも洋服に着替えないといけないのはかなりめんどくさかったです。
食事だけではなくトータルしても伊豆の中ではコスパがよくない宿だと改めて思いました。


hekota

hekota (247)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

女性・東京都

  • 夜の点数:4.1

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 3.5 ]
  • 使った金額(1人)

    ¥30,000~ -

    | おすすめ用途:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - メニュー写真:

最近、旅行に行っていない!
という鬱憤が溜まりに溜まり。
でも休みは1日しか取れないという制約あり。
あと、肩が凝ってるからのんびり癒したいなぁ。

そんなわけで、都内から行きやすい温泉に行ってみようということに。
いわゆる温泉宿で日本食ではなく、
オーベルジュでフレンチが今の気分。
そういって条件に合っていたのがこちらのお宿。

東京駅から修善寺まで踊り子号で2時間余り。
そこからタクシーで15分で到着。なんて楽々。

そして、そこで待っていたのは
日常からかけ離れた極上空間!!
ヴィラタイプ?な部屋は他の宿泊客の存在を全く感じさせない。
ワイドな窓から見下ろすのは渓谷。
特筆すべきは渓谷を見下ろしながら入れる部屋付の露天風呂。
人の目を気にすることなく、いつでも入れる自由。
フリーで飲めるビール片手に入っちゃうさ♪

夕食は部屋から出てすぐのところにあるダイニングで
伊豆の食材をたっぷり使用したフレンチ。
カウンター席からはオープンキッチンで調理が進む様子が
目の前で見られる。

お料理はこちらのスペシャリテを頂きたかったので
「神秘」というコースに。
60種類の野菜を使用しているというこのスペシャリテ、
見た目が華やかでとても美しい。
そして色々な野菜が色々な調理法で仕上げられていて
味も賑やかで楽しい。

その他のお料理も野菜多めでしみじみと美味しいものが多かった。
旅先という開放感とも相まって、心から寛いひと時を過ごせた。
スタッフの方のサービスも程よい距離感とフランクさで心地よかった。

朝食は同じダイニングで
見た目にも美しく遊び心溢れるもの。
観覧車に見立ててずらり並んだガラスの器の中には
それぞれに一口分ずつのお料理が。
少しずつ色々な味を楽しめるのはすごく嬉しい。

夕食前には美容鍼で肩をほぐしたし、
心も体もリフレッシュすることができた。
小トリップ、はまりそう。
嬉しい

  • 夜の点数:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 3.5 ]
  • 昼の点数:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 5.0 ]
  • 使った金額(1人)

    ¥20,000~¥29,999 ¥2,000~¥2,999

    | おすすめ用途:

  • アルカナイズ - 料理写真:伊豆の大地

  • アルカナイズ - 料理写真:伊豆の大地

  • アルカナイズ - 料理写真:伊豆の大地

  • アルカナイズ - 料理写真:伊豆の大地

  • アルカナイズ - 料理写真:伊豆の大地

  • アルカナイズ - 料理写真:伊豆の大地

  • アルカナイズ - 料理写真:神秘

  • アルカナイズ - 料理写真:神秘

  • アルカナイズ - 料理写真:神秘

  • アルカナイズ - 料理写真:神秘

  • アルカナイズ - 料理写真:特注ノンアルコールカクテル

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:神秘・60種類の野菜

  • アルカナイズ - 料理写真:神秘・食材

  • アルカナイズ - 料理写真:神秘

  • アルカナイズ - 料理写真:朝食遊園地のイメージだそうです

始めてオーベルジュに泊まりました。通常のコース(伊豆の大地)とグレードアップのコース(神秘)をチョイス。画像は一部ごちゃまぜと欠落が有りますのでご承知下さいませ。樹齢200年の楠がライトアップされて雰囲気は抜群。お料理は今時の(乾燥させたり泡泡させたり)のお料理。盛り付けはイマイチかな~…美味しければ印象に残りますが残念ながらそれがなかった。特にグレードアップの神秘にはがっかり、+¥7.500は正直無駄でした。デザートは美味しかったです。パンは焼き立てで良かったのですがピザソース風なソースが付いていたのにははてな?濃い味のソースは料理の味に影響すると思いますがどうなんでしょう。朝食は楽しいものでしたが若い給仕の方の有り得ない言動で興ざめ。後からバトラー総出でフォローされたので忘れる事にしましたが(忘れてませんよね~笑)とは言え大阪や東京にも店を出されていますし(東京は主人が行きました。アルカナ東京KARATO)鄙には稀な洗練された空間とサービスが受けられますので伊豆で宿泊予定が有る方には一興かと思います。カップル向きですのでお心遣いには感謝ですが高齢者(母)にはやや場違いでした。お世話になりました。

至福の時

さなえ

さなえ (81)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

女性・東京都

  • 夜の点数:4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 3.8
    • | 酒・ドリンク 3.8 ]
  • 使った金額(1人)

    - -

    | おすすめ用途:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - その他写真:

  • アルカナイズ - その他写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - その他写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:朝食

  • アルカナイズ - メニュー写真:朝食のメニュー

どこに予約を取ったのか教えてもらえず、連れて行かれました。
踊子号で修善寺まで、レンタカーを借りて山の方へ・・・下ったところにあり、スタッフの方が出迎えてくれました。車を預け、フロントがないので直接、お部屋に案内してくれました。
サービスはとても丁寧。
海外のアパートメント風な・・・自然を味わえる印象。
お部屋は一番奥の1Fでした。扉を開けて一面ガラス張りの窓から木々と下に流れる川が・・・
小ぢんまりとした部屋で温泉も付いています。落ち着いた色調のシンプルモダンな雰囲気ある素敵な空間。
ウェルカムドリンクでオリジナルのスパークリングワインと小菓子がサービスで用意してもらえました。
早速お風呂へ・・・やや冷たい風でちょっと長風呂が出来る気候
夕食の時間までのんびりと、冷蔵庫に入っているものは無料
瓶ビールもあったので飲むことに・・・
テレビは無く、窓に向いたソファーで、ボサノヴァを聴きながら〜
異空間。
夕食は敷地内の別棟で、そちらも一面ガラス張り、カウンターで外の眺めを楽しみながらお食事といった感じ。
「神秘」というコース
◆金目鯛  キャビア  雲丹 
小さな前菜です。鯛はスモークしたまま蓋代わりの器には雲丹とキャビアとその他お野菜が彩られています。

◆秋の味覚とフォアグラの出会い
~ 芋・栗・南瓜 ~
フォアグラは美味しかったです。

◆大自然・伊豆の輝き
伊豆の自然が育んだカラフル野菜の菜園
60種類が楽しめるとの事ですが、目でお腹いっぱいになってしまうほど私は一番最初に食べたかったです。

既にお腹いっぱいですが・・・
◆小さな器に入ったぷりっぷりの赤座海老と毛蟹
様々に形を変えた蕪とご一緒に
蕪が器になって上には蟹の身が・・・食べ応えある蟹でした。

◆黒土をまとった駿河湾の極上鮮魚
黒トリュフ香る球体と大地の恵みとともに
黒いパンの中からお魚さんが登場。
色々なソースで楽しめるという事でした。

◆お肉料理(3種からチョイス)
フランス・シャラン産クロワゼ鴨のロングペッパー風味
柔らかい鴨肉でした。

野菜の小さなデザート
大人のモンブラン
静岡県産落花生と戸田の塩をアイスで
一口のお楽しみ
デザートは食べられなかったのでお部屋に持って帰りお部屋で食べました。

ワインはアルザスリースリングとシャトーカマンサック

スタッフの方は丁寧な接客でとても好印象でした。
ただ雰囲気を壊さないためか、周りに気を使っているのか、声が小さ過ぎて聞こえないことがしばしば。

しかし空間演出にとても配慮してるんだろうな〜と感心。
色々な要望も出来る限りは聞いてもらえるみたいですし、良い時間でした。

翌朝の朝ごはんは「アルカナ遊園地 シースルー観覧車」と言うタイトルで朝食を演出。
面白いです。

スタッフは気が利いた配慮ある対応でよかったです。

何回も伺えれるような場所ではありませんが、また行きたいですね。

マダム・エ・ムシュー

たなかひ

たなかひ (54)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

女性・大阪府

  • 夜の点数:4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク 4.0 ]
  • 昼の点数:4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク 4.0 ]
  • 使った金額(1人)

    ¥20,000~¥29,999 ¥3,000~¥3,999

    | おすすめ用途:

2013年9月家人と2泊3日で利用しました。
中伊豆、狩野川沿いの緑いっぱいの隠れ家オーベルジュ

お部屋でチェックインした後、お部屋付きの露天風呂でのんびり
してから
きちんとドレスアップしてレストラン棟に向かいます。
「メイクなんてしなくていいのに~」と家人は言いますが
この身なりを整えながら気持ちを高めていくのが楽しいんですよね。
写真を撮る雰囲気ではなかったので、ほとんど写真なしです。

ロマンスグレーのメートルさんが、レストラン前でお出迎え。
「今夜はよろしくお願いします」とお互いに一礼。

このメートルさんが、素敵な方でレストランにいる間、ずっと
わたくしのことを「マダム」
家人のことを「ムッシュー」と呼んでくれます。

最初、ボケかと思い(関西人なので)笑っちゃいましたが
「ああ、この場(アルカナ)では、わたくしは『マダム』なのね・・・・・」
と、背筋が伸びる感じがしました。

堅苦しくなく、品のいいサービスをしていただいて終始楽しませていただきました。

アルコールは
泡→白ワイン→赤ワイン がそれぞれグラスででてくるテイスティングセットに
白ワイングラスをセットの白ワインと赤ワインの間に追加で頼んで丁度よかった
です。食後酒もいろいろ揃ってます。


1日目の夕食
伊豆の大地~青嵐~

本日の一皿 
アミューズとよばれるフレンチの一口目はオーケストラのチューニングに
例える話を聞いたことがあります。これから聴かせてもらえる音楽に心を
ときめかせる一瞬です。

冷前菜
バルサミコのシートを浮かべた濃厚な南瓜のブルーテ
熱々の富士金華豚のコンフィを添えて
低温で調理された豚さんがあつあつジューシー。

温前菜
帆立貝柱のプランチャー焼き
様々な形に変化したカリフラワーとスパイシーなソース
帆立の火入れの状態がすごくよくて。

鮎のコンフィ(特別料理)
狩野川の鮎です。頭からがぶりと。
ほろ苦いおなかのとこがワインをすすめます。


魚料理
しっとり仕上げた近海の地魚
酸味の利いた野菜 ジンジャーをまとって

地味深き味わい お肉料理
家人は
シャラン産鴨肉の炭焼きロースト
ブドウのエキスの入ったビーツと無花果のキャラメリゼ

わたくしは
ドンブ産鶉のカリカリ焼
ぽろ葱とマスタードの食感

ここで、チーズプレートをおススメされます。
普段は(食べすぎないように)デザートとチーズをコンバートする
ことが多いのですが、今回はチーズをそのままふた切れずつ
追加しました。
食後酒(家人はソーテルヌ 私はドライシェリー)とともに。


デセール
家人は
水のデセール

私は
魅惑の黄色い果実
エキゾチックフルーツのカネロニ

一口のお楽しみ

朝食は明るい緑をながめながら。
2日目の朝食


2日目の夕食
神秘~水の綾~


黒鮑 海藻 雲丹


対馬産穴子・フォアグラ・修善寺の黒米のアンサンブル
太陽をいっぱい浴びたグリーンアスパラガスのサラダ

大自然・伊豆の輝き
伊豆の自然が育んだカラフル野菜の菜園
60種類の「香り」「味わい」「食感」がお愉しみいただけます
一皿に夏の大自然のエッセンスが満載
・みなさんコメントされていますが、「圧巻」のお皿です。お野菜を選ぶ・作る手間
を考えると気が遠くなります。
ひとくちひとくちが小さいので、味わって食べるために「お箸」をいただいて
気楽に味わいました。



ホワイトアスパラガスの気泡に包まれたブルターニュ産オマール海老
爽やかなハーブトキャビアをのせて


バニラ香る白なすと天然鮮魚
美のアロマをまとった食感の違う夏野菜

滋味ぶかき味わいお肉料理
家人は
乳飲み子羊
わたくしは
伊豆牛

野菜の小さなデザート

瑞々しい桃のドーム
清涼感のあるバジルと白葡萄のエキス

一口のお楽しみ

3日目の朝食
2日目とは、メニューを変えて頂けます。
美味しいジュース(グレープフルーツ・トマト・オレンジ)・牛乳
をいくらでも注いでくれるところはいっしょ。
卵料理が選べます
家人もわたくしもプレーンオムレツにしました。
フレンチトーストか、パンか、リゾットか、も選べます。
家人はフレンチトースト、私はリゾットにしました。
この「朝ごはんの選択」は2日目の夕食の後にさりげなく
バトラーさんが訊いてくれます。

arcana izu 夕食 ③

うひひの日

うひひの日 (132)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

30代後半・女性・東京都

  • 夜の点数:4.5

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク 4.0 ]
  • 使った金額(1人)

    ¥30,000~ -

    | おすすめ用途:

  • アルカナイズ - メニュー写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 内観写真:

  • アルカナイズ - 内観写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

夕食は外に出て、木立の中を歩いて独立しているダイニングへ。

 ちゃんと服を着て(みなさん結構ドレスアップしてる)行くので

 浴衣のまま気楽に、が好きな人には面倒かも。。

 オーベルジュは大体そういうシステムのようだけど。

 メニューは基本が「伊豆の大地」。

 追加料金で「神秘」にも変えられるそうだけど今回はそのままで。

 どんなのが出てくるかすごく楽しみ*:.。☆..。.(´∀`人)

  シャンパンを部屋で飲んだのでノンアルコールのカクテル。

  ざくろジュースにミントのジュレが入ってる。

  見た目より涼やか。

 

 磨きあげられたカウンター。

 間接照明のみなのだけど、暗すぎなくて正面に見える夜の森がムーディー。

 

 オープンキッチンでシェフさん達が5人ぐらいキビキビと働いててる。

 細長いカウンターは16人ぐらい座れそうな長さ。

 後ろにも正面を向いたシート席があってかなりの広さなのだけど

 すごく静かな雰囲気で落ち着く。

 アミューズはタマネギの冷製スープにきゅうりのジュレ。

 濃厚でタマネギの甘さがすごく出てる。

 野菜はほとんど敷地内で作ってるそう。

 地産地消の極み。

 焼きたてのパン。

 添えられたトマトソースはこちらのお土産で人気があるそう。

 名前を失念^^;

 お野菜がとにかく美味しい。

 バトラーさんが上品過ぎるのか、お料理の説明の声がひそひそで外側が大根らしいことしかわからず。

 見た目はちょっとアレですが。。

 イカ墨のニョッキです。

 牛乳の泡がのってて、下に雲丹が隠れてました。濃厚。

 フレンチではこの「何でも泡にする」のが流行ってるのか、朝食の時も泡があったなあ。

 駿河湾でとれたお魚をポテトのシートで巻いたもの。

 下にリゾットが隠れてます(´∀`)

 メインはホロホロ鳥にしました。

 これが一番美味しかった(*´∀`*)♪

 フレンチではよくあるけど、違うお肉みたい。ピンク色で柔らかくて、もう一皿いけそうな勢い。

 連れは追加を払って伊豆牛を頼んでました。

 こちらも美味しかったけど、ホロホロ鳥のほうが。。

 メインも終わり、一息ついてると悪魔の囁き。。

 バトラーさんが赤ちゃんの頭ほどもあるミモレットを持ってきてオススメされたので

 チーズに目がない私が断れるわけもなく、カマンベールと一緒にお願いしました^^;

 チーズを欠いたデザートは片目を欠いた美女。

 とどこかのフランス人作家が言ってたような。

 いや美味しかったです(´∀`)

 また泡が!!(;ロ)゜゜

 桃のジェラードに違う味の泡がかかってたのですが

 またしても失念^^;

 食後はコーヒー・紅茶・ラテと何でもできるそうですが

 arcanaブレンドのハーブティーがあるそうなのでそちらをお願いしました。

 レモングラスとリンデンのよう。

 すっきりして消化にも良さそう(´∀`)

 最後のデザート

 スプーンに入った栗のティラミス、抹茶のダコワースにコーヒーのムース。

 どれももちろん美味しいんです♪

 19時過ぎから食べ始めたのだけど、気がついたら22時近くになってました。

 不思議とお腹は苦しくない(´・ω・)

 懐石みたいに「最後にご飯」じゃないからかな。

 創作的なフレンチで面白かったです(*´∀`*)

 お部屋に帰るとターンダウンが済んでいて、冷やしたカモミールティーが置いてあり

 「ゆっくりおやすみください」とカードが置いてありました。

 少し露天に浸かって、いつの間にか気絶するように夢の中。。

chococco

chococco (1012)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

30代前半・女性・千葉県

  • 夜の点数:4.5

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.7
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク 4.0 ]
  • 昼の点数:4.5

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.7
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク 4.0 ]
  • 使った金額(1人)

    - -

    | おすすめ用途:

  • アルカナイズ - 料理写真:なんだか美味しいサツマイモのチップス

  • アルカナイズ - その他写真:夕飯は素敵な雰囲気の中で

  • アルカナイズ - 料理写真:サヨリと自家製キャビアとクレソンのスープ

  • アルカナイズ - 料理写真:アワビと自家製キャビアのアミューズ(+料金)

  • アルカナイズ - 料理写真:毛ガニと雲丹を使った冷たい前菜

  • アルカナイズ - 料理写真:パンとトマトソース。どちらも美味しい

  • アルカナイズ - 料理写真:雲丹の上にトリュフがのったあたたかい前菜

  • アルカナイズ - 料理写真:なんと60種類もの調理法、香、味が詰まった野菜が!?

  • アルカナイズ - その他写真:お皿の下には本物の葉っぱと土が!?

  • アルカナイズ - 料理写真:クエのグリルと焼きリゾット

  • アルカナイズ - 料理写真:伊豆鹿ロース肉のグリル

  • アルカナイズ - その他写真:紅茶はフランスのダマン…名前しか聞いたことがなかったですが美味しいです

  • アルカナイズ - メニュー写真:紅茶まで選べます

  • アルカナイズ - 料理写真:一口デザート:レンコンにチョコレート…好みがあるかな

  • アルカナイズ - 料理写真:誕生日ケーキ

  • アルカナイズ - 料理写真:デザート:紅ほっぺが甘くって美味しいです

  • アルカナイズ - 料理写真:デザート:小松菜のシャーベットが珍しい

  • アルカナイズ - 料理写真:アールグレイにしました

  • アルカナイズ - その他写真:

  • アルカナイズ - その他写真:デザート

  • アルカナイズ - 内観写真:横長のカウンターの目の前でコックさんが料理してくれます

  • アルカナイズ - 料理写真:朝食でお飲物は?と聞かれて選びきれず、オレンジジュースとトマトジュース

  • アルカナイズ - 料理写真:観覧車をイメージしたという朝食メニュー

  • アルカナイズ - メニュー写真:芸術的な朝食メニュー

  • アルカナイズ - その他写真:蜂蜜!!!これがめっちゃ美味しいんです!

  • アルカナイズ - 料理写真:蜂蜜入りヨーグルト

  • アルカナイズ - 料理写真:カフェオレ

  • アルカナイズ - その他写真:お砂糖入れ:お皿には本物の葉っぱが…

  • アルカナイズ - その他写真:

  • アルカナイズ - その他写真:落水荘♪気分はフランク・ロイド・ライト!?

  • アルカナイズ - その他写真:部屋からは川が見えます

  • アルカナイズ - その他写真:

  • アルカナイズ - その他写真:露天風呂付きです

  • アルカナイズ - その他写真:到着の一杯と小菓子

  • アルカナイズ - その他写真:部屋の窓が大きくって気持ちがいい!

去年の誕生日に相方さんが連れてきてくれました♪
「持ち物は?」
「大体揃っていると思うけど、テレビも無いお宿だから、ちゃんと本とか買ってくるんだよ!」

新幹線で三島まで行き、登山鉄道で修善寺駅。
修善寺駅からバスで20分、歩いて20分くらいだったかな。
車で来ている人が多いみたいですが、
緑の多い土地は歩いて気持ちのいいものでした♪

宿に着くと、早速部屋に案内。
ロビーとか受付っていうものが無いんですね。
部屋でチェックインもチェックアウトもします。
美味しいウエルカムドリンクを飲みながら、広くって素敵な部屋でボーっと…
いや~いいですねぇ。
ソファの座り心地も寝心地もとってもいいです(-.-)zzz
外に見える川を見ながらひたすらボーっと。
部屋にある無料のドリンクだけで事足りたので、
外にも出ず部屋付きの露天風呂に入ったりしながらひたすらボーっと。
気持ちいい。。。
お風呂の温度も私にちょうどいいし、
寝間着の着心地もいいし。。。

何かあれば、
専用のバトラーさん(お世話をしてくださる方)がいらっしゃって全部やってくださいます。
部屋の電話にバトラーっていうボタンがあって、すぐ呼べました。
私はそこまで用は無かったのですが、
このお宿の素敵なオプションサービスを2つほど頼んじゃいました。
一つはレゴのアーキテクチャを借りられること♪落水荘を借りて作っちゃいました♪♪♪
もう一つは、行ってからのお楽しみということで書くのをやめておきますが、
あまり他ではみかけないなかなかのオプションが揃っていました。
有閑倶楽部に入って、お嬢様になった気分だわ。

あぁ、食べログだからご飯の話しもしないと。
お夕飯はリュミエール・アルカナ イズというレストランでいただきます。
とっても大きな窓の前のカウンターでコース料理が一品ずつ出てきます。
お料理名をメモし忘れたので、度忘れしているものもありあすが
旬のものをうまく使っていてどれも標準以上に美味しかったと思います。
好みだったのは鹿ロース肉のグリル。
ジューシィで柔らかくって臭みがなくって、
少し酸味のあるソースとよく合いました。
それと60種類の野菜・調理法のサラダは圧巻でした。
食べてもなんだかよくわからない野菜が沢山ありましたが、
ちょっとずつ沢山って、すっごく贅沢です!!
生のもの、焼いたもの、煮たもの、揚げたもの、干したもの、
それに調味料もいろいろあって、とっても楽しみながらいただけます。
これだけ違ったものが載っているのにどこを食べても美味しいってすごいです。感動。
家庭では絶対に出来ない贅沢…ここまで来たかいがありました。
あと、基本のパンも美味しかったです。
自家製の窯で焼いているみたいですが、
添えられた甘味濃縮トマトソースとよくあいました。
こちらのトマトソース、お土産に購入してしまいました。

朝食は、観覧車をテーマにしたという
遊び心のある作品。
野菜スープとかラタトゥイユとか美味しかったなぁ。
あぁ、そうだ、満足度が高いと思ったら野菜が美味しいんです。
旬とかの関係もあるので運が良かったのかもしれませんが
食材のレベルが高いと思いました。

料理も空間も非日常。
サービスも非常に良かったです。
夕食から帰ってきたら、部屋にバースデーソングが流れていたのは嬉しかったです(*^^*)
たまにはいいですよね、こういうところに来ても。
本当に心の底から休めました。
また頑張れる気がします。ありがとうございます!

okamooo

okamooo (2255)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

40代前半・男性・東京都

  • 夜の点数:4.2

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク 4.0 ]
  • 昼の点数:4.2

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 2.5
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)

    ¥30,000~ ¥30,000~

    | おすすめ用途:

  • アルカナイズ - 内観写真:

  • アルカナイズ - 内観写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - その他写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - その他写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - その他写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - その他写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

カテゴリ:【伊豆】アルカナイズ
さあ!待ちに待った・・・おディナーな時間ッス!

18時から夕食とのことで・・もちろんフライングで5分前に押しかけます!

レストランはかなりロイヒーでシャレオツです。緊張のあまりご挨拶のコマネチさえもできず。

甘めにカリっと揚がったサツマイモのチップス・・・永遠に食い続けたい旨さッス。

タコのマリネを春菊のソースでいただいたんですが・・・

これまた春菊のホロにがさがしっかり出てて文句なしッス。

そしてトマトソースをパンにつけて食うんですが・・・

このソースがフレッシュで止まらない。買って帰りたかったけど値段見て断念。

ここから前菜
寒い土の中でしっかり甘味を蓄えた蕪のプルーテ 瞬間天火焼きした帆立貝柱とスポイトエキス

名前長いけど気にしないでください・・・タテホのエキスを自分でスポイトでたらす・・・

もちろんタテホも香ばしさがあってうまかったけど・・・カブ!味が濃くってこんな旨いカブがあるものかと。

エピス香るフォアグラのコンフィ 色んな形に変化したピーツのデッサン

色々つけてみたけど・・・フォアグラとその上に乗ったゼリーが旨すぎてそのままが一番でした。
こんなにマッタリしているのに味はフレッシュなまま。

これはどうしても食べてみたくて追加したもの
リュミエールアルカナイズスペシャリテの一皿、大自然・伊豆の輝き +4000円

このビジュアルを写真で見た時からヒトメボレ。
しかし野菜ひとつひとつが小さくて歯ごたえで楽しめないし味もわかりずらい。
美しさに期待しすぎたのもあるけど・・・どうしても野菜の切れ端感が払拭できない。
ソースも野菜もひとつひとつが美味しいものだろうだけにもったいないというか・・・

駿河湾で獲れた鮟鱇のポアレ 西洋牛蒡と黒大根のファルスを濃厚なソースで

地元・天城の仔イノシシ 煮溶けたフォアグラと栗のソース +2000円
しっかりした肉質と味の濃い赤身にほんのり甘い栗の香りがよかった~☆
けど!カリッと焼かれた脂身!この旨味は飲み込むのをためらうほど。

皮目を香ばしくカリカリに焼いたシャラン鴨 蜂蜜酒と滋味深い2種のソースで

どれもフレンチらしくソースに甘味を風味付けしているんだけど自然であたる感じがない。
このあたりはほんっと極上って言ってもいいと思います。

ズーチーはひときれ500円ということで2切れお願いしました。

もし1切れ50円だったら永遠に食い続けたと思います・・・

沼津・西浦の焼きミカンブリュレ 富士見台農園の蜜柑蜜をかけて

あかねりんごの生シブースト仕立て 三島・杉正農園の小松菜とりんごのアイス +1000円

圧倒的に旨かったのは総じて「野菜」
甘み・旨味が強くて使い方や合わせ方にため息ばかりです。
そして伊豆の食材の使い方が自然。むりに使ってる感がまったくなくてあるべくアルといったところがいいなあと。

雰囲気以上に味で大満足でした。

伊豆のオーベルジュ アルカナイズ

  • 夜の点数:3.7

    • [ 料理・味 3.7
    • | サービス 3.3
    • | 雰囲気 3.7
    • | CP 2.0
    • | 酒・ドリンク 3.3 ]
  • 使った金額(1人)

    ¥30,000~ -

    | おすすめ用途:

  • アルカナイズ - 外観写真:

  • アルカナイズ - 外観写真:

  • アルカナイズ - 外観写真:

  • アルカナイズ - 内観写真:

  • アルカナイズ - 内観写真:

  • アルカナイズ - その他写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - メニュー写真:

  • アルカナイズ - メニュー写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - メニュー写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - その他写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 内観写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 内観写真:

  • アルカナイズ - 内観写真:

  • アルカナイズ - 内観写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 内観写真:

  • アルカナイズ - 外観写真:

  • アルカナイズ - 外観写真:

  • アルカナイズ - 外観写真:

  • アルカナイズ - 外観写真:

  • アルカナイズ - 外観写真:

  • アルカナイズ - 外観写真:

  • アルカナイズ - 内観写真:

  • アルカナイズ - 内観写真:

  • アルカナイズ - メニュー写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 内観写真:

新婚旅行3日目

以前から行ってみたかったあさばさんと當店に行く為に新婚旅行のスケジュール・場所を組んだようなものです。

横浜の日清カップヌードルミュージアムで閉館まで楽しんでしまって、21:00前に到着いたしました。(スミマセン...。)
お部屋にご案内頂いて、その後レストランへ異動します。

「リュミエール アルカナイズ」 心斎橋のリュミエールの姉妹店です。
伊豆の食材をリュミエール流に調理したアルカナイズでしか食べる事の出来ない料理。
期待は高まります!!

21:00スタートの食事ですが焦らせられる事なく、ゆっくりと目の前のライブキッチンで調理して頂けました。

メニューは「伊豆の大地」と「神秘(ランクアップ)」
がございます。

それぞれ頼んでもオッケーとの事でしたので1名分ランクアップさせて頂きました。

ディナーでもひと際印象に残ったのが當店のスペシャリテ

「大自然・伊豆の輝き」
内容はこう、うたわれています。

「伊豆の自然が育んだカラフル野菜の菜園
60種類の『香り』『味わい』『食感』がお愉しみいただけます
一皿の中に大自然のエッセンスが満載」

タイトルの通り輝いていました!!

その他のメニューは前日が横浜 うかい亭だった為か感動するものはありませんでした。

朝食も同じレストランで頂きます。

朝はまたライブキッチンの後ろの大きな窓から自然が見れて夜とは違った良さが出ます。

朝食は「アルカナ遊園地」と題された大プレート

ドレッシングが選べたり、色んな料理が少量づつのっていて、目で見ても楽しめるとっても素敵な朝食でした。
絵で描かれたメニュー表も素敵ですね!!
今までの朝食の中ではセントレジス オオサカの次に素敵でした!

コストはかなり張りますのでCPでいうと評価はどうしても低くなります(このコストであれば素晴らしい旅館・ホテルは沢山ある)が、
一度は行ってみる価値はあると思います。


最悪でした

deliHaPy

deliHaPy (373)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

30代後半・女性・東京都

  • 夜の点数:1.0

    • [ 料理・味 3.0
    • | サービス 1.0
    • | 雰囲気 2.0
    • | CP 1.0
    • | 酒・ドリンク 1.0 ]
  • 昼の点数:1.0

    • [ 料理・味 3.0
    • | サービス 1.0
    • | 雰囲気 2.0
    • | CP 1.0
    • | 酒・ドリンク 1.0 ]
  • 使った金額(1人)

    ¥30,000~ ¥30,000~

    | おすすめ用途:

2011年12月に再訪しました。
たまにはどこかで一泊したいと思って宿を探しましたが、行きたい宿がことごとく満室だったため
私はあまり気が進まなかったのですが、連れが「ここで良い」と言うのでここに決めました。


《良かった点》
・前回ダメダメだった朝食が素晴らしく良くなりました。
 今回一番良かったのは朝食です。
 いろいろなお料理がちょっとづつ楽しめて最高でした。

・前回の口コミに書いた「お風呂の中にもうひとつ段がほしい」というのが
 実際に採用されていてびっくりしました。
 湯船の中に陶器の椅子が1つ入っていました。
 おかげで半身浴などができて良かったです。


《ディナーについて》
・ディナーの「イノシシ肉」が想像を絶する美味しさで驚きました。

・相方は3年前のシェフの子羊肉のお料理が最高だったと言っていて再訪を楽しみにしていましたが、
 今回の子羊肉はとても臭みがあって前回とは差がありました。

・デザートがしょぼくて拍子抜けしました。
 あまりにも簡易的すぎて食事の締めくくりが残念な印象に。

・工夫が凝らされているのは分かるけど、それが味に結びついていないお料理がいくつかありました。
 「フォアグラを乾燥して粉砕した粒子」が添えられているお皿がありましたが、 それは味が全くありませんでした。

・通常コースにしましたが量が少なすぎました。物足りなさすぎ。

一品一品はどれもとても美味しかったです。
でも量や見た目が簡素で、全体的な食事としての満足度が低かったです。


最悪だったこと
前回あんなに最高だった露天風呂ですが、今回は最悪な思いをしました。
前回は最上階の部屋でしたが今回は最下階のお部屋でした。
湯船に浸かっていると上の階の部屋のお風呂のお湯が私達の湯船のふちに落ちてくるのです。
その落ちて来たお湯が湯船の淵にあたって跳ね返り、私達の身体や顔にビシャビシャかかりました。
しかもその状態は上の人が湯船に入っている間ずっと続きました。
本来くつろぎ癒されるはずの露天風呂なのに、上から落ちてくる他人のフロのお湯を浴びせられ
私はかなりイライラしました。
考えられないことです。

そのことを一休.comの口コミに書き込んだところすぐに返事が来て
「これには対応をしてまいりましたが、今一度勢いよく溢れた際の更なる対策を検討いたします。」
とのこと。
恐らくこのことは以前からも苦情があったのでしょう。
当然だと思います。
それで何か対策を施したつもりだったのでしょう。
しかし、実際には改善されていません。
「対応をしてまいりましたが」というのは一体何のつもりなんでしょうか(怒)
対応したけど実際には改善されていないのだから対応していないのと同じです!!
言い訳が小学生並でさらに怒りが増しました。

そしてこのような不快な状況があると承知の部屋によく客を平気で他の部屋と同じ料金で通せるものです。
そのことが一番考えられません。
不備のある部屋なら少々値段を安くするなど何か客の立場に立った対応はできなかったでしょうか。
私だったらこんなことは申し訳なくて恥ずかしくてできませんけどね。
こんな不愉快な思いをさせられて、そうではない部屋と同じ料金を払わされたと思うと本当に腹立たしいです。
客をバカにしているとしか思えません。


そしてもう1つ、寝ている時の大きな物音。
就寝しようとしたところ、ちょうどベッドの上の天井付近から「バチンッ、バチンッ」と2連発何か大きな衝撃音が聞こえました。
この衝撃音は2分〜5分おきぐらいにずっと聞こえてきました。
おかげで気になってイライラして寝付けませんでした。
そして寝付けそうになったところでまた「バチンッ、バチンッ」と大きな音で何度も何度も目が覚めてしまいました。
私の予想では上の部屋の配水管がベッドの上に位置していて、一部に水漏れあって下の部屋の天井に直接漏れた水が当たっているのでは?という感じ。
朝になったら聞こえなかったので恐らく上の部屋の人のお風呂のお湯に関係しているのではと思いました。

その音が聞こえた時に苦情を言おうと思いましたが、運転で疲れている相方がすでに就寝していたので
もし私がこの物音に対して何か言えばスタッフが確認しに来たり、何か面倒なことがあって相方がゆっくり休めないことになるのではと思って
必死に我慢して布団をかぶって寝ました。
しかし翌日に「よく眠れた?」と相方に聞いたら「…」と沈黙。
実は寝ていたように見えて眠れてなかったようです。

95,000円もする宿泊費を払ってこんなひどい設備に不快な思いをするなんて信じられない。
本当バカバカしい。
最悪でした。


《嫌な点》
やたらオプション料金や追加料金を取ろうとする行為があからさまで居心地が悪い。

95,000円を事前に支払いしているのに、わざわざ最後に入泉料300円を請求された時は思わず笑いました。
300円ぐらい宿泊料金に含めればいいのに…めんどくさい。


**********2008年10月の口コミ**********

1泊の滞在状況はブログにたっぷりとまとめてありますので
そちらをご覧ください。
http://chocodoll.exblog.jp/7561925/

感想を簡潔にまとめると。。。

〜宿泊施設について〜
【良い点】
とにかく露天風呂が最高!!
森と川だけを眺めながらの露天風呂は何時間浸かっても飽きません。
滞在中合計すると8時間お風呂に入っていました。
お風呂は広くて深くて贅沢です。
1つ注文をつけるなら浴槽の中にひとつ段があると良いと思います。
半身浴状態になってちょうど良いのに。。。と思いました。
あと、ご年配の方がこの深さの浴槽に入るのは困難だろうなとも思いました。


ソファがフカフカ♪

キレイ♪(※もちろん新しいから)

ネコと遊べる♪(※ノラ猫なので居るかどうかはその時次第)


【悪い点】
トイレに扉がない。
トイレ最中の姿をさらけ出せる関係ってほとんど無くないですか?
トイレに扉が、あるより無い方が良いと言う人がいるのでしょうか?


〜〜ディナー〜〜

野菜が抜群に美味しい!
特に茸を使ったお料理が美味しくて感動でした。
客席係の人に茸について訊ねたら、
シェフ自身で山に行って茸を採取しているそうです。
地元の素材にこだわっているのがよくわかります。
あと、いくつかのお皿に登場したトマトも甘くて濃厚で美味しくて印象的でした。

でも、野菜が濃厚で美味しすぎるせいか
「浜松・焼きトウモロコシのポタージュ
   〜トウモロコシのギャレットとフォアグラのポワレ〜」
というお料理は、トウモロコシの味が濃厚すぎて
フォアグラの味が全然しませんでした。
せっかくのフォアグラが堪能できなかったので残念だと思いました。

秀でて美味しいものもあれば、無表情で食べ終えたものもあります。
「また食べたい!」と思ったものは1,2品でした。

フレンチのフルコースで約7品登場してコースとしては十分なのですが、
私にとっては腹8分目だったのでちょっと物足りなさを感じました。

お酒の勧め方はちょっといやらしいです。
食事の途中で突然ワインのボトルを4本ぐらい目の前に並べ出して説明を始めて
「結構です」って言いにくい状況を作り出してるな〜と思いました。

ディナーだけで評すると、決してまた食べに行きたいレストランとは言えないです。


〜〜朝食〜〜

はっきり言って全然満足できません。
パンの構成が悪すぎる!!
シェフ手作りのジャムが出されているのにジャムをつけて食べるタイプのパンが少ない。
しかも、「パン オ ショコラ、ブリオッシュ、胡桃のパウンドケーキ」と
甘いケーキ感覚のパンをこんなに朝食で食べたい人がいるでしょうか??
ロールパンや食パンやクロワッサンなど、食事に合うパンをもっと用意してほしいです。

それ以外の料理の内容はこれといって特別なものはなく普通です。
量は朝食としては普通かもしれませんが、せっかくの"オーベルジュ"なのだから
もうちょっと豪華な朝食を食べれるかと思っていたので
あまりにも普通でこぢんまりとした内容だったのでがっかりでした。


最後、チェックアウトする時は「帰りたくな〜い!」とごねていました。
居心地の良さは今まで泊まったどのホテルよりも格段に上です。
私にとってはこの宿の印象の90%が露天風呂でした。
オーベルジュなのにお料理の印象が薄いのが残念です。
 

リュミエール アルカナ イズ

孫ゴハン

孫ゴハン (103)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

30代後半・男性・東京都

  • 夜の点数:3.8

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 3.8
    • | 雰囲気 3.8
    • | CP 3.4
    • | 酒・ドリンク 3.4 ]
  • 使った金額(1人)

    ¥15,000~¥19,999 -

    | おすすめ用途:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

先日、伊東のアルカナイズへノンビリしに行ってきました。宿泊を兼ねたこの施設はお部屋は北欧的な感じで、レストランは天高が高くここちいい、シンプルな作りでした。席のお勧めは絶対にカウンター。そして、お部屋に入ったら少しお洒落をしてレストランに出掛けると良いかと思います。さてさて、お料理の方ですが、全体的に◎ 特に、朝食は良かったです。
しかし、残念な点は..押し売り的なドリンクの売り込みでした。記念日などに使うだろう、施設での押し売りは男性的に不快かと。しかも、ドリンクリストを見ると↑は十万以上の品物もあるとくる。
担当がかわる度に、何度もドリンクを勧められ、相方さんも不快に感じでいました。まあ、僕たちは図太いので一番安いだろう八千円のワインとビールとミネラルウォーターをいただきましたが(笑)

あとは、とても◎です。
少し高い利用にはなりますが、たまにはこういう利用も良いかと思います。

また利用します!

良い所でした♪

ともちん♪

ともちん♪ (254)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

女性・東京都

  • 夜の点数:3.5

    • [ 料理・味 3.5
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 昼の点数:3.5

    • [ 料理・味 3.5
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)

    - -

    | おすすめ用途:

  • アルカナイズ - 料理写真:アミューズ・ブーシュ

  • アルカナイズ - 料理写真:優しくコンフィした桜鱒 ほんのり山葵のアロマ ライムの香るジュレと新緑野菜のサラダ

  • アルカナイズ - 料理写真:蟹身のエフィロッシュと滑らかなユリ根のプリン 燻製クリームのクロケット ビスクのソース

  • アルカナイズ - 料理写真:帆立貝のコロレと軽く温めた鴨のフォワグラ 伊豆トマトのタルタル 林檎と根セルフィーユのエカゼ

  • アルカナイズ - 料理写真:「大自然・伊豆の輝き」伊豆の自然が育んだカラフル野菜の菜園

  • アルカナイズ - 料理写真:近海の薫り高いお魚 乳化した菜花のピュレ 緑アスパラガスのファルスとバジルをからめた白隠元豆

  • アルカナイズ - 料理写真:29ヶ月飼育 地元ひらい牧場の伊豆牛ロース肉 煮溶けたエシャロットのコンディマン 牛テールのソース

  • アルカナイズ - 料理写真:皮目に蜂蜜をラケして焼き上げたシャラン鴨 ポテトブラバスの付け合せ 蜂蜜酒と内臓のソース 

  • アルカナイズ - 料理写真:パイナップル ヴァニラ 塩キャラメルの取り合わせ カリカリしたミルフィーユを添えて

  • アルカナイズ - 内観写真:可愛い小菓子とコーヒー

  • アルカナイズ - 内観写真:

  • アルカナイズ - 内観写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 内観写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:

  • アルカナイズ - メニュー写真:

まずは夕食。
コースはスタンダードなコース「伊豆の大地」と、アップグレードした「神秘」があります。
アップグレードのも魅力的ですが、今回は普通ので♪

「アミューズ・ブーシュ」
イチゴとお刺身のマリネチックなもの。

「優しくコンフィした桜鱒 ほんのり山葵のアロマ
ライムの香るジュレと新緑野菜のサラダ」
サラダはアボカドベース。
山葵のアロマは本当にほんのりで、もう少し強い方が楽しめるかも。

「蟹身のエフィロッシュと滑らかなユリ根のプリン
燻製クリームのクロケット ビスクのソース」
こちらは、全部一緒に食べると蟹クリームコロッケになります、とのこと。

席は、このようにカウンターになっていて、大きな窓の緑をバックに、
シェフ達が調理する様子を見ることができます。
ですが、私は目の前で調理されると、あまり落ち着かないということが分かったので、
次の機会の時は、後ろの席にしようと思います。

「帆立貝のコロレと軽く温めた鴨のフォワグラ
伊豆トマトのタルタル 林檎と根セルフィーユのエカゼ」

旦那さん用
「「大自然・伊豆の輝き」伊豆の自然が育んだカラフル野菜の菜園
60種類の『香り』 『味わい』 『食感』 がお愉しみいただけます。 
一皿の中に大自然のエッセンスが満載(+1,500円)」

こういうお野菜、ハヤリですが、ここのは圧巻!!
野菜の種類もすごいし、ソースやスパイスも何種類もあるので、
結局同じ味、ってことも無く、まぁ、どちらかというと甘酸っぱいソースがメインですが、
とってもおいしかったです♪
代表的なお野菜だけでも、名前のメモがあれば、もっと楽しいかもしれませんネ♪

「近海の薫り高いお魚 乳化した菜花のピュレ
緑アスパラガスのファルスとバジルをからめた白隠元豆」
お魚は確か甘鯛でした。

「29ヶ月飼育 地元ひらい牧場の伊豆牛ロース肉
煮溶けたエシャロットのコンディマン 牛テールのソース(+2,000円)」
お肉は脂はほとんど無いけど、やわらかくて、なかなかおいしかったです。

旦那さん用
「皮目に蜂蜜をラケして焼き上げたシャラン鴨
ポテトブラバスの付け合せ 蜂蜜酒と内臓のソース」
少しもらいましたが、鴨がやわらかくておいしかったです♪

「パイナップル ヴァニラ 塩キャラメルの取り合わせ
カリカリしたミルフィーユを添えて」
おいしいんだけど、塩キャラメルアイスの塩が強すぎて、しょっぱかった。

「可愛い小菓子とコーヒー。」
ゼリーやムースっぽい物。

総評としては、おいしすぎる~っという域では無かったです。
もう1回食べたいと思ったのが、カラフル野菜の菜園と鴨くらいだったので。
塩分については、温かいお料理から、ちょい強めだけど大丈夫という程度が続き、
それを全部食べると、やっぱしょっぱかったぁーという印象です。
一品一品では、それほど気にならなず、許容範囲なのですが。
(私がお酒を飲まないのもあると思います。)
そして、量が多かったので、次の機会があれば、
好きな物を入れた、品数少ないバージョンを出してもらえるように、お願いしてみようと思います♪


そして、朝食。
レストランはこんなふうになってました。
左のソファー席のさらに後ろに、半個室風のソファーテーブル席もあって、
そこは4〜5人は座れそうでした。(もっとかも。)
扉は無く、景色は裏庭になります。

今回は後ろの席へ。
いやぁ〜、ホントキレイ!

まずは、ジュース。私は北海道のトマトジュースにしてみました。
いつもは選ばないけど、お部屋のメニューか何かに、かなり推しの言葉が書いてあったので。
結果、トマトジュースはトマトジュースでした。
オレンジジュースの方がおいしかった・・・。

そして、大きな箱からコムハニーをすくって、

フロマージュ・ブランに載せた物。
とぉ〜ってもおいしかったです!
コムハニーの甘さが優しくて、ハチミツだけでも食べられそう♪

そして登場、朝食セット。
arcana遊園地 大自然バージョンって名前が付いています。
いろいろあって、楽しー!!

上段は右手から、
蕪のブルーテ・白身魚のベニエ・田舎風パテ・杉正農園のフレッシュ野菜
トマトと水牛モッツァレラ・胡瓜とミント・ハチミツレモンと果実。
あと、コンフィチュールやトマトバター・ピーナツバター、半熟卵、野菜スープ、
自家製ロースハム、オリーブマリネ、自家製パン、狩野川の天然クレソンサラダ。

口頭でもご説明頂きましたが、こんなふうに手描きの絵の説明があって、
確認しながら楽しく頂きました♪

パンはどうしても、もっと上を求めてしまうのですが、
他の物はおいしく頂きました。
少量ずつで、そんなに全体量は多くないんじゃないかなと思ったのですが、
食べ終わってみると、かなりおなかパンパン!
ちょっとした、いや、しっかりしたランチコースくらいの内容ですよね。

お宿としては、お部屋もとっても良かったし、
久々にパーソナルな温かいサービスを受けた気がします。
また、フロントが無く、すぐ部屋&すぐ帰れるっていうのは、すごく気楽で良いですネ♪
勝手にもう一つの我が家気分です(笑)
次は、お料理を自分好みに相談させてもらって、他の季節や他のお部屋で、
リピートしたいなぁと思いました♪♪

arcana izu

  • 夜の点数:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク 3.5 ]
  • 昼の点数:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク 3.5 ]
  • 使った金額(1人)

    ¥30,000~ ¥30,000~

    | おすすめ用途:

偶々ここの宿を訪問する機会ができた。数年前に存在を知りながら縁無く、
記憶の片隅にその名をおぼろげにストックしているだけだったが、
偶然に勢いを得、行ってみる。

このごろ、宿自体を目的に旅をすることも増えてきた。
それは、レストランで食事をするのと同じように楽しみではあるが、
やはり少しの非日常を味わうという意味では、レストラン以上であるのも確かだ。

伊豆市の湯ヶ島という温泉地にある。
東京方面から向かうと、修善寺を少し越えたくらいの距離感。
温泉地としてはローカルな部類だろう。こじんまりとした旅館街ではある。

幾つかの日本旅館を横目に車を走らせると、小さなサインが目に入る。
看板のようなものは殆ど無く、あることを知らなければ通り過ぎてしまうくらい。

ちょっと拍子抜けするくらい短いアプローチを抜けると、小さなロータリのようなエントランス。
スタッフの方が幾人もで出迎えをされている。
やはりチェックイン時間に合わせて来る方が多いようだ。
車をお願いして、そのまま宿泊の部屋へ向かう。
フロントはおろか、レストランの他は共用の建屋すら無い。
ウエルカムドリンクを頂きながら、ルームチェックインで説明を受け、
しばし夕食のヒアリングを受ける。エクストラチャージの料理の意向など、だ。

また、部屋にワインリストが置いてある。ワイン好きにとっては、ちょっと嬉しいのでは。
席上であれこれ悩むのは同席者の手持ち無沙汰を気にして気がそぞろになる。
これであればそんな悩みもなく、気の済むまであれこれ悩み、今夜のテーブルに想いを馳せることもできる。

部屋は、2人までの滞在なら充分な広さ。正面は大きなピクチャーウインドウになっていて、
眼下に川を望み、野性味あふれる木々を眺めることができる。
天井も高く、その天井近くまで窓となっているので、日光を反射する緑は本当に迫力がある。
一方、部屋の中には、少しの置物や額が掛けられているくらいで、コンテンポラリーな雰囲気。
備品として、BoseのWave music systemが置いてあったり、
abwoodworkingのプライウッドのダストボックスがあったり、クオリティのいいものが置かれている印象。
TVを置かないなどのコンセプトも好み。(1日¥2,000-でDVDプレーヤーとスクリーンのレンタルもある)
大きめのソファに横になりながら、持参した雑誌など捲っている内に夕食の時間になる。

歩いて、1分程の距離のレストラン棟「Lumiere, arcana izu」へ。
エントランスのドアを開けて席へ。カウンターへ通される。カウンターは12席程はあるだろうか。
カウンターの後ろには、やや高くなったハイバックの椅子席。
さらにその後ろには、テーブル席のスペースもあるよう。

この日は、la terre izu(伊豆の大地)というスタンダード・コースで。
但し、幾つかex.チャージのお皿をお願いした。

ドリンクは、散々リストを眺めてはいたが、グラスワインのセットを。泡、白、赤の計3杯で、\6,000-。
この日の構成は、ブルーノバイヤールのNV、イタリアの白、コシュ・ビズアールのモンテリー1erCRU2005(赤)。
それぞれサーヴはたっぷりで、100ml前後はあるのでは。ちょっとうれしい。
ちなみにリストのワインは、若いヴィンテージが多い印象はあるが、
大体ボトルで\10,000-台後半のものが多い印象。
お得に見えるプライスのものやちょっと高めに見えるものが混じっており、中々悩ましい(笑)

まずは、アミューズ・ブーシュ。
金目鯛と苺を和えたひと皿。赤とピンクの色調でグラデーションを描いていてきれい。
金目鯛の脂と苺の酸味、甘さが互いに旨みを引き立てる。金目鯛は伊豆地方の代表的な魚。いいスタート。

お次は、冷前菜「優しくコンフィした沼津沖の桜鱒 ほんのり山葵のアロマ ライムの香るジュレと新緑野菜のサラダ」
桜鱒も脂の乗った身だが、まったりした脂がおいしい。山葵のムースがほんのり効いている。
新緑野菜のサラダにも、山葵のソースが。

温前菜、「蟹身のエフィロッシュと滑らかなユリ根のプリン 燻製クリームのクロケット ビスクのソース」
こちらは、それぞれ具材を別に盛りつけたひと皿。全部を一緒に食べると、カニクリームコロッケになる、というもの。
それぞれ単品で食べてみると、かなり味わいや塩気が強く、ちょっと微妙。
しかし、勧められるように全部を一緒に食べてみると、確かに口の中でカニクリームコロッケ!
しかもちょうどいい塩梅の味付けが完成する。これは面白い。

そしてここで、標準メニューからアップグレードした、
「大自然・伊豆の輝き 60種のサラダ」
品種数をメニュウ名にするくらいですので、見た目に華やか。そして何より香りが圧倒的。
お皿から様々な香りが渦を成して立ち上がってくるのを感じるくらいのパワーがある。花束をそのまま食べるような。
さすがに1つづつの味わいを確認しながら食べるようなものでもないので、ザーッと掬って食べる。
所々にそっと幾種かのソースが配置してあって、食べ進めていくうちに味わいも変わっていき美味しく、楽しい。
でも、ex.チャージの+\1,500-は少し高いか。。。

続いてはポアソン。
「近海の薫り高いお魚 乳化した菜花のピュレ 緑アスパラガスのファルスとバジルをからめた白隠元豆」
この日の魚はアマダイ。火入れが秀逸で、脂のジューシイさと身のふっくら感、皮のパリパリさ、
これらがそれぞれにほぼ完璧のように思えるくらい、立体的に存在していた。美味しいひと皿。

そして、ヴィアンド。
「皮目に蜂蜜をラケして焼き上げたシャラン鴨 ポテトブラバスの付け合せ 蜂蜜酒と内臓のソース」
時期柄、アニョー・ド・レのメニュウもあって、そちらと悩んだが、事前にHPを見て楽しみにしていたこちらをチョイス。
これまた時期もののホワイトアスパラのソテー(+\1,000-)をプラス。
レストラン内には、スタッフがこの場でおススメするためか、
シャンパンフリーザの中に土を入れてこのホワイトアスパラがディスプレイしてあったりして目でも楽しめる。
口に入れてみると、これまたジューシイでスープが口の中にあふれ出す。
鴨は、肉質がしっとり繊細。ナイフを入れるとまるでチーズのような切れ具合。全体にほんのりのピンクの色味。
そしてソース。蜂蜜酒のソースと内臓のソースが、それぞれ赤みのある茶色と明るめの茶色で2色でコントラスト。
それぞれで味わっても個性があるものだが、混ぜ合わせると、いい。
甘みとエグみがそれぞれに互いの足りなかったところを補完し、旨みの深さが増す。
たっぷり肉につけて味わえば、もうたまならい美味しさ。。。このチョイスでヨカッタ。

パンは折々で空けばサービスしてもらえる。
はじめは自家製フォカッチャなどのものから、お替りからカンパーニュ。
そこまで特徴的な味わいではなく、お皿の邪魔をしない。

メインが終わると、フロマージュのワゴンが登場。特別所望したわけではないのだけど、
いい加減酔いも回って気分良くなっていたので、勧められるがままにお願いしてしまう。
¥500-/種。ドライフルーツなどと合わせて。グラスでランシュ・ムーサの1997と。
1997のボルドーは飲み頃かと思っていましたが、若干まだ若い気も。
リリース時の硬さはだいぶ取れて、充分に調和はしているのですが、発展していかないというか。

そして、デセール。
こちらもex.(+\1,000-)でスペシャルな?ティラミスを。
ムースやアイス、パウダーなどの、普通ではないものを組み合わせて普通のティラミスに仕立てる、というもの。
遊び心が感じられて楽しいです。お味は普通に。

ドリンクで、ハーブティ。ポットでのサービス。それにミニャルディーズ。
ここまでくるとだいぶお腹一杯です。フロマージュを反省(泣)。

全体的に、多分、1番忙しい時間帯から始まったと思いますが、
特にお皿を「待つ」ような印象もなく、快適な食事でした。
カウンタースタイルがメインですが、調理をしているシェフの方々との会話になることはなく、
専ら、サーヴィスの皆様方と。勿論それでもいいのですが。

すっかり満足して就寝。

翌朝の朝食。こちらはワンプレートのブレックファストをいただきます。
同じレストランながら、空間の音楽と明度の違いで、
昨日はモダンなヨーロピアンのような空間だったのが、カリフォルニアあたりのレストランみたいな雰囲気に。
アルカナ遊園地と名づけられたもの。少量多品種で、朝食にはちょうどいいスタイル。
甘・塩・酸が取り混ぜてあって、楽しくなる。
シェフお手製(確か)バターなどの調味料も柔らかな味わいがおいしく、
ライトながら、プロの作った料理を食べていることを実感できてよかった。
半熟卵とラタトゥイユのお皿は、もっちりした白身の作り方・味わいが秀逸。美味しい。
デザート代わりの蜂蜜+フロマージュブランも美味しかった。蜂蜜は目の前で取り崩してくれます。
ザラッとした甘みは野生味が溢れていておいしい。
また、昨夜は気づかなかったが、レストランの入り口では物販もある。

全体的にこじんまりしながらも、メリハリがあるファシリティのお陰で、小さく感じることもなくスケール感がある。
そして、なんといっても美味しい料理で楽しめた。
東京の著名なレストランのお皿のような、完成度や迫力があるもの(やもすれば堅苦しさも)ではないが、
休みにのんびり訪れて、ゆっくりして食すにはちょうどいい様な、気兼ねなく寄り添うフレンチ。
もちろんクオリティは伴っている。

部屋も居心地良く過ごせ、懐事情が赦すならば、意外に種類のあるルームサービスなども楽しみながら、
2泊3日くらいで、ひたすら昼寝と読書などをして滞在してみたいものだ。
唯一違和感をもったとすれば、高額な宿の割りにちょこちょこex.チャージが発生するところくらいか。
(全室に部屋つき露天風呂もあるのだが、今回私には良くも悪くも存在感が無かった(笑))

ぜひまた訪れてみたい。

釣バカまっど

釣バカまっど (39)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

50代前半・男性・神奈川県

  • 夜の点数:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 5.0 ]
  • 使った金額(1人)

    ¥30,000~ -

    | おすすめ用途:

  • アルカナイズ - 外観写真:アルカナ・イズの中にルミエールはあります。

  • アルカナイズ - 外観写真:看板

  • アルカナイズ - 内観写真:大きなキッチン

  • アルカナイズ - メニュー写真:12600円のコース

  • アルカナイズ - 料理写真:アミューズ

  • アルカナイズ - 料理写真:パンにはトマトのソースをつけて

  • アルカナイズ - 料理写真:蟹身とホタテ貝のカネロニ仕立て

  • アルカナイズ - 料理写真:鶉肉と干しぶどうのパエリア、様々なキノコのファルシ

  • アルカナイズ - 料理写真:大自然・伊豆の輝き 60種類のカラフル野菜

  • アルカナイズ - 料理写真:アップ!

  • アルカナイズ - 料理写真:これらの野菜がはいってます!

  • アルカナイズ - 料理写真:金目鯛

  • アルカナイズ - 料理写真:アイスランド産仔羊のロースト

  • アルカナイズ - 料理写真:ひらい牧場の伊豆牛ロースト

  • アルカナイズ - 料理写真:チーズの盛り合わせ(2200円)

  • アルカナイズ - 料理写真:葡萄のグラニテ

  • アルカナイズ - 料理写真:伊豆の香りの一口菓子

  • アルカナイズ - 内観写真:シェフ

  • アルカナイズ - 料理写真:朝食

  • アルカナイズ - 内観写真:目の前の木々を見ながら朝食を

  • アルカナイズ - 内観写真:

  • アルカナイズ - その他写真:部屋のお風呂

  • アルカナイズ - その他写真:紅葉

  • アルカナイズ - その他写真:部屋

  • アルカナイズ - その他写真:部屋

  • アルカナイズ - その他写真:お風呂

友人の紹介で今週は家内とアルカナ・イズに来た。

宿の周りは何も無くて、こんなところにホテルがあるのか?と思っていたら、アルカナ・イズのエントランスが。

静々と車で入ると直ぐにスタッフ4名がお出迎え。荷物を運んでもらい、車は駐車場まで運んで頂き、直ぐに部屋へ。フロントとかあるのかと思ったら、ここは宿泊の部屋とレストランがあるだけで、フロントとかホールのようなものはないとのこと。へぇ〜。

部屋に入ると目の前に大きな窓とその向こうには紅葉が始まった木々が出迎えてくれた。部屋でチェックインして直ぐにお風呂へ。

目の前に狩野川と紅葉を眺めながら湯船に浸かると体が溶けて行くよう・・・ 部屋の冷蔵庫にある飲み物は全てフリーとのことで風呂に入りながら麒麟の一番搾りを呑む。ああああ、最高だぁ。 

湯から上がり、CDを聞きながらソファーに横たわっていたら思わず寝てしまった。心地いいんだよねこういう寝方は。

食事の30分前に家内に起こされ、いよいよフレンチレストラン リュミエールへ。ネットでみるとここは大阪が本店のようで、ミシュランで2つ星をとっているとのことで期待大。

レストランに入ってビックリ。高い天井、大きな窓、大きなオープンキッチンに大勢のスタッフ。それに超セレブそうなお客さん達。

座ったのはシェフが料理の仕上げをする場所の目の前。シェフの仕事を見る事ができて中々良い席。 まずはソムリエの小林さんからシャンパンを頂いて乾杯。料理への期待が高まるなぁ。

まずはアミューズ。トマトの甘みが際立った一品。パンが出てくるがなんとトマトのソースをつけて食べるそうな。酸味が効いたソースでこれだけでバクバク食べられてしまう。美味い〜。

次に蟹身とホタテ貝のカネロニ仕立てが供される。蟹にホタテが巻いてありこれをバーナーで焦げ目がつけてあり、セロリのソースがまた合うんだよね。シャンパンと合わせて食べるとホタテと蟹の旨味が口に広がる。

次は鶉と星葡萄のパエリア、その周りに10種類のキノコがソテーして盛りつけてある。なんでもレストランの方が富士山の周りで採取したり、フランスから取り寄せた30種類以上のキノコの中から選んでいるとのこと。オープンキッチンにはその豊富なキノコが並んでいて、次々に料理されていく。 キノコはそれぞれ風味、味、歯ごたえが独特でまさに秋を堪能できる味。また鶉はミディアムレアの抜群の火加減とスモークで香りをつけた香ばしさが鼻をくすぐる。 小林ソムリエからは料理にあったワインを少しずつ出しましょうか?とのことで、出して頂いた赤ワインがこの鶉と相性抜群だった。

次に出てきた料理をみて思わず「うわぁあああ」と言ってしまった。大自然・伊豆の輝き 60種類のカラフル野菜。皿一面に野菜がちりばめられている。ボイルした海老と一緒に盛りつけられた野菜は小さくカットされているにも関わらず、どれもが香りと食感を主張していて、それでいてハーモニーが取れていてシェフの感性が感じられた一品だった。 食べ進めると野菜の下に敷かれたガラス皿の下からなんと土が見えてきた。土の上で野菜が育っているイメージなのかぁ。でも皿の上に土が盛られ居るなんて初めての経験。斬新だ!

次は金目鯛。豆の甘みとキンメの脂、皮の香ばしさがマッチした一品。でももう少し大きいキンメを使った方がもっとキンメの美味さが出たかもなぁ。 小林ソムリエからはきりっとした白の一品がサーブされる。キンメとあうねぇ。

次はアイスランド産仔羊のロースト。目の前でローストした仔羊を切り分けているのを見ていると肉の端を切り落として美味しい部分だけを盛りつけている。切り落としたお肉も食べたいところだったが、肉の一番美味いところだけを使う事で余計な雑味が入らないようにしているんだろうなぁ。吟醸酒をつくる時にコメを磨くようなもんだろうなぁ。こういうところで料理の味が変わってくるんだろう。仔羊は脂身が甘く、柔らかい肉は滋味タップリだった。 小林ソムリエからはスペインの赤ワインが出され、これが羊の風味とバッチリ。(マリアージュっていうんだっけ?)

ここまで来るとかなりお腹一杯になってきたが、最後にチーズのワゴンが目の前に来ると思わず「少しずつ全部食べたい!」と言ってしまった。 スペインの赤もグイグイ進んでしまうな。

ようやくチーズを食べ終わると最後にこれまた面白い一品。葡萄のグラニテ。ホワイトチョコの中にラムレーズン、レアチーズが入っていて初めて食べるデザート。

香り高いコーヒーを飲んでいると、これが本当に最後の伊豆の香りの一口菓子。試験管に入っているのはレモンをフリーズドライにしたお粉。口に含むと柚子のような風味が口に広がるのでした。

あああ、美味しいものを食べると幸せになる。家内も大満足。料理をつくった吉田シェフは32歳とのことでまだお若いのに繊細な料理と独創的な感性でただものではないと思いました。そうそう朝食も自家製のローストハムやオリーブなど全て自家製で真面目に一つ一つ作られているのが伝わってくる料理でした。

部屋に帰って、夜の紅葉を見ながらまたひと風呂浴びる。CDを聞きながら本を読む。川の流れの音を聞きながら眠る・・・非常に癒される時間だ。 このオーベルジェは部屋の心地よさと料理を徹底的に追及し、それ以外のいわゆる一般的なホテルや旅館にあるような大浴場や公共の場等を排除していてファミリー向けではないけど、この潔いコンセプトに共感しリピーターとなる人達は多いだろうな。 スタッフのサービスが行き届いているのが最大のこのオーベルジェの売り物だろう。

初めて満点。

おしまい

幾分改善されたよーな・・・

優裕

優裕 (60)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

50代前半・男性・東京都

  • 夜の点数:4.2

    • [ 料理・味 3.8
    • | サービス 3.4
    • | 雰囲気 4.6
    • | CP 2.3
    • | 酒・ドリンク 1.7 ]
  • 使った金額(1人)

    ¥30,000~ -

    | おすすめ用途:

武井シェフ時代に最初に訪れ、2回目にはシェフがかわり、今回3回目になります。武井シェフと共に、多くのスタッフも抜けたようで、料理のみならずにサービスも人が足りない様子で、ぎこちなさが感じられましたが、交代から半年以上たって幾分こなれてきたような感じです。
渓流の景色と緑が楽しめる、快適な露天風呂がお部屋についており、13時チェックアウトですので、朝食後もゆっくりできて1泊で2泊の感じ。ゆったりできます。
食べろぐですので、お食事のレポートを。チェックインの時に2つあるメニューを選択させられますが、今回は、安い方の「伊豆の大地」を。変わっていたかもしれませんが、前回の「60種の・・」は、少量のものが数多く供されるので、試食しているような感じだったのと、地元の人間でないので、地のものが多い方がうれしかったからです。
レストランは後ろにボックス席もありますが、長いカウンターがついたオープンキッチン越しに高い天井まで一面の窓から、ライトアップされた緑が鑑賞できます。都会にない景色ですので個人的にはとっても好みです。シェフも違うのでまったく同じではないでしょうが、昨夏他のコースで供されていた、地元狩野川の鮎のコンフィがはいっていました。鮎というより稚鮎ですね。これはカリッとしていてなかなか美味。コース外のサービスの「トマトのエキス」これもおいしかったです。その他の料理は伊豆でこれならいいのかなという感じでした。東京のレストランと比べると、垢抜けない感じは否めません。興ざめだったのは、試験管で出されたこと。面白いと思う方もいらっさるかと思いますが、試験管を使っていたものとしては、ちょっとしらけてしまいます。奇をてらわずに、じっくり作ってほしいものです。
サービスは、いかんせん人が足りないのかなという感じ。バトラーさんなど同じ顔もサービスにでていて、一人何役も頑張っている様には頭が下がりますが、それでも人が足りていないようす。効率的経営ということに関してはよく配置されているということでしょうが、お値段もそれなりに支払うわけですから、もう少しと思ってしまいます。
なにより改善してほしいのは飲み物です。以前、グラスで頼んだときは、「あれっ」といいうほどの少なさ。ワインもフランス物だけですが、かなり高い値付けがされています。都心でワインが割高なお店と同等といったところでしょうか。他国のもも入れるとか、掛け率を低くするとかしてほしいものです。
朝食は「アルカナ遊園地」というもの。よくも悪くもまさしく遊園地。朝シャンも選べるようになりました。トマトジュースは秀逸です。卵の焼き方と、パンかリゾットを選択します。リゾットはけっこうおいしかった。チェックアウトが遅く、朝食も遅い時間も選べるので、遅めのブランチ感覚で、リゾットというのもいいですね。パンは、甘いパンが多く出されます。余ると包んで持たせてもらえます。コンフィチュールにも力をいれているようですが、つけて食べるパンが少ない。おみあげにすることを考えると、バッケットなど追加して供した方がいいような気がしました。

なぜか爆睡(^u^)

  • 夜の点数:3.5

    • [ 料理・味 2.5
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 2.0
    • | 酒・ドリンク 3.0 ]
  • 昼の点数:3.0

    • [ 料理・味 2.0
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 2.0
    • | 酒・ドリンク 3.0 ]
  • 使った金額(1人)

    ¥30,000~ -

    | おすすめ用途:

  • アルカナイズ - 料理写真:ウェルカムドリンク

  • アルカナイズ - 内観写真:部屋の露天

  • アルカナイズ - 内観写真:窓からは緑と狩野川

  • アルカナイズ - 内観写真:

  • アルカナイズ - 料理写真:毛蟹・サマートリュフ

  • アルカナイズ - 料理写真:オリジナルのトマトのソース

  • アルカナイズ - 料理写真:仔鳩のスモークとフォアグラが詰まった椎茸

  • アルカナイズ - 料理写真:60種類の野菜

  • アルカナイズ - 料理写真:オマールエビのスケルトン包み焼き

  • アルカナイズ - 料理写真:中身

  • アルカナイズ - 料理写真:海老のスープ

  • アルカナイズ - 料理写真:仔羊ちゃん

  • アルカナイズ - 料理写真:旦那は仔牛ちゃん

  • アルカナイズ - 料理写真:裏庭のハーブ

  • アルカナイズ - 料理写真:デザート

  • アルカナイズ - 料理写真:一口小菓子

  • アルカナイズ - 料理写真:部屋に戻ると・・・

  • アルカナイズ - 外観写真:朝・~天気がいい

  • アルカナイズ - 外観写真:レストラン

  • アルカナイズ - 料理写真:トマトジュースと牛乳

  • アルカナイズ - 料理写真:全貌

  • アルカナイズ - 料理写真:自家製パン

  • アルカナイズ - 料理写真:アルカナでとれた野菜

  • アルカナイズ - 料理写真:半熟玉子にラタトゥユ

  • アルカナイズ - 料理写真:クラムチャウダー?????

  • アルカナイズ - 料理写真:自家製ロースハム

  • アルカナイズ - その他写真:お土産

  • アルカナイズ - 外観写真:中身

まえまえから、行ってみたかった「アルカナ・イズ」さんへ。
連休ということもあり、満室だったようです。

リバーテラススイートに泊まりました。
部屋に通され、まず夕食を選択する。せっかくだからと高い方の「arcana 神秘」を選択。

ここはテレビが無いので、CDを聴きながら、まったり。癒されまくり。
DVDのプロジェクターの貸し出し、ソフトの貸し出ししているようでしたが、値段が高かったので(観たいソフトもなく)やめました。
冷蔵庫の中身は無料。一番搾りをいただく。
露天はかけ流しで、温度もちょうどよく、気持ちがいい。お湯は無色透明。
天気がよかったので、緑がまぶしい~!!

2009年11月から、シェフが唐渡 泰氏にかわっていました。
皆さんの口コミを読むと、やはり前任者の武井氏の評判がかなりいいようですね。

では、食事に行きましょうか・・・。
レストランは、天井が高く解放感があり、いい雰囲気。
部屋と同じく、目の前はガラスで、ライトアップされた緑が見えます。
満室ということもあり、混んでます。
客層は、年齢層の高い夫婦がほとんど。あと、家族連れが1組。
20代はいなかったんじゃないかな~??(いたらごめんなさい)
写真に少し内容を載せておきました。
料理は期待していただけに残念な感じでした。

細かいのですが、60種類の野菜。60種類もあるのですから、一つ一つがとても小さい。
ドレッシングとの相性はいいのですが、食べるのが面倒。飽きてしまう。
スケルトンの包み焼き。出来上がったリゾットを透明のフィルムで包んでむすんだだけ。
下にひいてある白い石のようなもので、食べずらい。
中身も冷えてるし・・・。包む意味があったのでしょうか?
海老のスープは薄くて。濃厚な海老のスープを想像して飲んだらびっくり。

メインは、選択で、私は仔羊、旦那は仔牛。
仔羊は、まずぱさぱさしてて、あの独特の風味がない。メリメロの仔羊に遠く及びません。
旦那の仔牛は美味しいと言ってました。仔牛にしとけばよかった。
二人でグラスワインを6杯いただきました。

夕食が終わり、部屋に戻るとarcanaオリジナルドリンクが置いてありました。
「消化促進と安眠をお手伝いいたします」
二人でごくごく。

もう一度露天に入り、寝ました。
朝まで爆睡。2人とも、マイナスイオンとこのドリンクのせいではないのか???
なぜだろう??
外のライトアップが消された後は、虫さん達が押し寄せます。
露天も入れません。
虫嫌いの方は無理でしょうね・・・。

朝食は、すべてが中途半端。凝ってるのに、味が追いついてない。
自家製のパンも・・焼き立て~!!!って感じは全くない。ロースハムはしょっぱいし。
朝の敏感な舌には、駄目でした。クラムチャウダーにクラムは入ってないし。(ミネストローネの間違いではないのだろうか)朝食は☆2.5

2人で129100円。
CP悪すぎだと思いました。
帰りには、シェフまで見送り。ありがとうございました。
パティシエからですとお土産までいただきました。

  • 夜の点数:4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 3.0 ]
  • 昼の点数:4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 3.0 ]
  • 使った金額(1人)

    ¥30,000~ -

    | おすすめ用途:

  • アルカナイズ - その他写真:ウェルカム・シャンパンから非日常の時間がはじまります。

  • アルカナイズ - 料理写真:絶品の金目鯛のポワレ!

  • アルカナイズ - 料理写真:朝食にこそその宿の真価が問われると…。みよ、この充実度を!

ひえーっ、先日、arcana izu からきたメルマガで、
11月3日をもって武井シェフが退任とのお知らせ。

もう一度ぜったい行こうと思っていたので、これはショックです。

下記は、08年1月に宿泊した時のメモ。
×          ×           ×

我が家は、四谷・ミクニでよくしていただいた
シェフソムリエの方から予約をいれていただきました。

テラスに部屋専用の露天風呂。天然温泉の掛け流し。
後日のテレビ番組で温泉評論家の女性が、この泉質は、
化粧水とほぼ同じものだと評されていましたが、
無色無臭ですが、ほんとに肌にやわらかくて、美肌・美顔のお湯でした。

ミーハーな我が家ですので、せっかくの部屋専用露天風呂ですから、
お約束のお湯につかりながら、シャンパンを美味しくいただいたのは、
言うまでもありません。

アーリーチェックイン・レイトチェックアウトで最大25時間ステイが可能。
我々は翌日午後2時までいて、全部で4回はいりました。

食事棟に移動して、さてディナーをいただきます。
入ると横長の巨大なカウンター。その奥に大きなピクチャーウインドウがあり、
湯が島の森が、まるで絵のように。
まさに、ミクニマルノウチで総料理長をしていて、
昨年こちらで独立した武井シェフの晴れの舞台のようです。

お料理は、確かに、どれも美味しいものでした。
なかでも特筆すべきは、
わざわざシェフ自ら我々のオペラシートのテーブルまで運んでくれた金目鯛のポワレ。

うろこカリカリ、なかジュシー。カリカリのお煎餅のようなうろこの食感と、
ふんわり甘く焼き上がった身の対照的な美味しさ。

そして、そのソース・ベルジュが絶品でした。
葡萄の調味料ベルジュの甘酸っぱさとクリーミーなホワイトソースの甘さが、
まさに金目鯛にベストマッチ。
これを食べにまた来たいと思った、シェフ渾身の自信作とみました。


さすがにちゃんとした料理人のつくるオムレツはすごい、
この牛乳も美味すぎる、でもって最近はコンフィチュールとか言うのですねの
パッションフルーツをはじめとするジャムも絶品、
(もちろん、我が家でいただくために買って帰りました)
ということで、美味しく素晴らしい朝食を堪能し、

なんとお昼ごはんも、シェフ特製の野菜てんこもりのパスタと
こんな肉ふつうはぜったいカレーにはいれないんじゃないのと思わせる
激烈に美味なるビーフカレーをいただき、
いやはや、3食アルカナ三昧でした。

×          ×           ×

ということで、アルカナ貯金と称して、
ガラスのパスタ瓶を貯金箱に
こちらにくるために、夫婦ふたりで、小金をためていたのにー。

武井さんをはじめ、スタッフは総とっかえになるのでしょう。

オーベルジュの草分けとかいう箱根の某フレンチで萎えまくり、
それでも懲りもせずに、旅の醍醐味は食にありということで、
何軒か自称オーベルジュというところに泊まり、都度、がっかりし、
やっと本物のお料理をいただけるオーベルジュを見つけたという思いでいただけに、
ほんとに今回のお知らせは残念でなりません。

今後の武井さんのさらなるご活躍をお祈りしつつ。


食べログ特集

編集する アルカナイズの店舗情報(詳細)

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名

アルカナイズ (ARCANA IZU)

ジャンル

旅館フレンチオーベルジュ

TEL・予約

0558-85-2700

※お問い合わせの際は「"食べログ"を見た」とお伝えいただければ幸いです。

住所

静岡県伊豆市湯ケ島1662 ARUCANA IZU アルカナ・イズ

交通手段

車、駅よりバス・タクシー

営業時間

Check In 15:00
Check Out 13:00

朝食8:00~
夕食18:00~

定休日

無休

予算(ユーザーより)

[夜]¥30,000~ [昼]¥30,000~

実際にお店へ行った人が使った金額です。 予算分布を見る

カード

(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)

席・設備

禁煙・喫煙

完全禁煙

駐車場

空間・設備

オシャレな空間、落ち着いた空間、カウンター席あり

メニュー

料理

野菜料理にこだわる

特徴・関連情報

こんな時に
オススメ

デート

多くの方がおすすめする用途です。 用途分布を見る

サービス

ソムリエがいる

ホームページ

http://www.arcanaresorts.com/ 別ウィンドウで開きます

初投稿者

でかぷり夫でかぷり夫(973)

最近の編集者

編集履歴を詳しく見る

ブログに店舗情報を貼る+

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録下さい!

会員登録する 従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

「アルカナイズ」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗会員(無料)にご登録下さい。ご登録はこちら

この店舗の関係者の方へ

食べログ店舗会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。

店舗会員になって、お客様に直接メッセージを伝えてみませんか? 詳しくはこちら

このお店を訪れた人はこんなレストランも訪れています

周辺のお店ランキング

第01位
落合楼村上 (13)
(旅館)
点数: 3.54
第02位
あせび野 (19)
(旅館)
点数: 3.45
第03位
白壁荘 (4)
(旅館)
点数: 3.11
第04位
(その他)
点数: 3.10
第05位
(旅館)
点数: 3.00

食べログまとめ投稿キャンペーン まとめを書いて 最大50,000円分のお食事代(×5名)ををGET!! 2014年12月18日(木)14:00~2015年1月6日(火)15:00

周辺のお店ランキング

  • 総合ランキング

韮山~修善寺×旅館のランキング(点数の高いお店)です。

韮山~修善寺×旅館のランキングをもっと見る

このお店の関係者様へ

外出先でも食べログ!

食べログアプリが
新しくなりました!

スマートフォンアプリならではの機能でお店探しがもっと便利に。

※ダウンロード無料(一部有料)

食べログの情報を携帯からチェック!
ケータイ版限定のコンテンツも掲載

http://m.tabelog.com/

料理の写真をおいしく撮れる
iPhone/Android用カメラアプリ
「食べラ」

※食べログへも写真投稿できます

ページの先頭へ