口コミ一覧 : 京極スタンド

夜の予算
¥1,000~¥1,999
昼の予算
¥1,000~¥1,999
定休日
火曜日
  • 料理・味 3.51 |
  • サービス 3.52 |
  • 雰囲気 3.81 |
  • CP 3.54 |
  • 酒・ドリンク 3.51

評価分布

気になっていたレストランの口コミ・評判をお気に入りレビュアーごとにご覧いただけます。

並び替え

これらの口コミは、ユーザーの方々の主観的なご意見・ご感想であり、お店の価値を客観的に評価するものではありません。あくまでも一つの参考としてご活用ください。 また、これら口コミは、ユーザーの方々が訪問した当時のものです。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。 詳しくはこちら

120件を表示 168

表示形式: 全文 通常 簡易リスト

表示件数:
  • 昼の点数:3.6

    • [ 料理・味 3.0
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)

    - ¥2,000~¥2,999

    | おすすめ用途:

  • 京極スタンド - 料理写真:ビフカツ

  • 京極スタンド - 料理写真:ハムカツ

  • 京極スタンド - 料理写真:ハイボール

  • 京極スタンド - 料理写真:すじ肉煮込みwithこんにゃく

  • 京極スタンド - その他写真:かっこいい伝票

  • 京極スタンド - 外観写真:くぅ~、レトロ!

錦でお土産も買った。
新幹線まで時間が有る。

となれば・・・

おお、今日は結構混んでる。
しかし一角が空いてたので入店。

今日は前回気になっていたビフカツを注文。
やっぱりビーフだよビーフ。

前回来店時は知らなかったが、こちらはあの吉田類氏も来てたんだねぇ。
確かに取り上げられそうな店だ。

ビフカツはハムカツの時と同様、衣が硬く辛口なソースがかかってる。
しかしレタス用?のマヨネーズを合わせると、もうふわっふわで良い感じ。

昼から幸せ~と両隣を見ると、おや、あれは牛ステーキなるものだろうか。
あー、あれも美味しそう。
でも時間がもう無い。

また課題が増えてしまった。
また次回。


*****2013年9月訪問時*****
数年前、新京極通りを観光であてもなく彷徨い見つけたお店。
おおお、なんと渋い佇まい。
しかして、小心者の旅行者には敷居がちと高こうござる・・・。

さて、今年は下調べして来たよ~。
東京への帰りの新幹線までの時間に訪問。

14時頃で元女子会グループや優雅に昼呑みの方がちらほら。
カウンターに陣取りまずは生中。
味のある壁のメニュー、ホワイトボードの品書きに目が移るがまずは無難にハムカツ。
ジョッキがコンっと置かれる。
あ、カウンターは大理石造りなのか、何か良い感じ。

ハムカツは揚げ色薄め、ハムも薄目で衣は硬め。
どろっとかかってるソースの辛みが美味。

さて2杯目はハイボール。
ゆるゆる飲んでると、近所のお店の店員さん達が遅いランチで来店。
普通に食事メニューを食べてる隣で私を含め昼呑みの輩もいる。
いいですなぁ。
外人グループが来てもお店のおばちゃん達が少しも動じないところが観光地。

今日はそこまでお腹減って無いので、すじ肉煮込みこんにゃく入りを。
こんにゃくは円柱の周りにらせん状に溝が付いてて味の辛みが良い。

昼下がりのこの時間だからこその緩やかな感じで、もっとだらだらしていたいけれど、これから高倉屋で漬物を買って京都駅に向かわねば。

食事やしっかり飲みも良いが、こういう昼から飲んで時間調整ができるのはありがたい。
期待してた安くて旨い系とは違うみたいだが、この昭和モダンな雰囲気は気に入った。
独特の伝票で明朗会計だし。
今度は食事で使ってみたい。

今更だけど浅草探検したくなった。

  • 夜の点数:3.0

    • [ 料理・味 3.0
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 2.5
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)

    ¥2,000~¥2,999 -

    | おすすめ用途:

  • 京極スタンド - 料理写真:樽酒(月桂冠)

  • 京極スタンド - 料理写真:カキフライ

  • 京極スタンド - 料理写真:ナマコ

  • 京極スタンド - その他写真:大昔から変わらない伝票

 学生時代によく行きました。昼間から飲んでるおっさんの間で、同じように飲んでたわけですが。

 昼間っから飲んでるおっさんは、当時よく出ると評判の「オメガ」というパチンコ屋で朝から打って、1時になったらここで飲んで食べて、またオメガに戻るなんて人が多かったような気がします。よく出るはずのオメガは、私は相性が良くなくて、そんなに勝った覚えがないんですけどね。私はもっぱら、河原町のホンコンでした。

 京都らしく文化人のお客も多かったお店。でもって、今でもお綺麗なのですが、当時も素晴らしく美人だった女将さん。女優さん?ってくらいお綺麗なんですよね。そんなこんなで、このスタンドさん。イノダコーヒー本店と同じく、京都の社交場であったのでした。

 で、かなり久しぶりに訪問しました。河原町にH&Mがオープンとのことで、見に行ったついでです。

 メニューは全般にかなり高くなっていますけれど、システムに変更なし。魔法のような伝票でお勘定されるのも変更なし。勘定場の大きなレジはまだあったのかな? これは見落とした。ホールの女性陣の年齢が大幅に若返っているのが、目新しいところかな。

 瓶ビール(大瓶640円)でカキフライを。こちらには、お得なセットもあるんですけど、久しぶりだし、あまり飲まないだろうし、これでいいかな?と。
 しかし、瓶ビールを1本空ける頃には調子が出てきちゃって、樽酒へ。樽酒はお皿を受けた一合升に入って出てきます。月桂冠です。440円です。樽の木の香が麗しいですね。ぐびっと空けて樽酒のおかわりとナマコ。ダイエットモードなのでナマコにしたのですけど、酒のアテには最高です。

 今日は日曜日だったので、地元の人ばかりではなく観光客も多かったような感じ。以前と違って、昭和レトロな店等の情報がネットですぐに広まりますから、昔の風情は少々失われつつあるのかもしれません。それでも、京都では今なお珍しい昼酒のできる店。末長く続いて欲しいものです。ごちそうさまでした。

洋食屋さん・・・ですよねぇ

ちー&りー

ちー&りー (2440)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

男性・東京都

  • 夜の点数:4.0

    • [ 料理・味 3.5
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 3.0 ]
  • 使った金額(1人)

    ¥1,000~¥1,999 -

    | おすすめ用途:

  • 京極スタンド - 料理写真:牛かつ

  • 京極スタンド - 料理写真:セットの奴

  • 京極スタンド - 料理写真:セット2皿目

  • 京極スタンド - その他写真:”ドンタス”

  • 京極スタンド - 料理写真:大ジョッキはちゃんと大きかった(^^

  • 京極スタンド - 外観写真:

  • 京極スタンド - 料理写真:中は牛肉、東京ではなかなか無いですね。

京都競馬場ツアー(1日目)
(オフィシャル)2,400レビュー!

祇園での夕食を終え、先斗町・木屋町を散策して、次に向かったのはこちら。
きれいな商店街で、道が合っているか心配だったのですが…ありました(*^▽^*)

マイレビュアーさんがこぞって訪問されているお店、画面上では良く見ました。

( ´∀`) 良いですねぇ

早速中に入ります。
テーブル席へ案内され、予習通りに「ビールセット大」1つと「生ビール」中を2つを先に注文します。
ちゃんとしたでっかいジョッキが嬉しいですねぇ。
(^^)/▽☆▽\(^^)カンパイ
したら、セットの料理が運ばれてきました。
先程の割烹料理も良いですが、こっちも良いですねぇ。
テレビでは日本シリーズ、明日の予定を相談しながら、時々テレビ見て…京都に居る感じじゃないです。
肉が少し食べたくなって、「牛かつ」を追加しました。
バリバリ固い衣に特製ソース。
赤身肉で噛めば味が出てくる感じ。
770円は高く感じましたが、なかなか食べないので、良い経験でした。

味わいのある伝票、小さい頃見た覚えがありますが、どこだったかな?

また違う京都に触れて、来て良かったです。

本物の昭和モダンがここに

いおしろ

いおしろ (644)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

40代後半・男性・東京都

  • 昼の点数:3.6

    • [ 料理・味 3.6
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.6
    • | CP 3.6
    • | 酒・ドリンク 3.5 ]
  • 使った金額(1人)

    - ¥1,000~¥1,999

    | おすすめ用途:

  • 京極スタンド - 料理写真:ホルモン焼

  • 京極スタンド - 料理写真:コロッケ

  • 京極スタンド - 料理写真:コロッケ

  • 京極スタンド - 料理写真:

  • 京極スタンド - 料理写真:胡瓜もみ

  • 京極スタンド - 料理写真:スタンド定食

  • 京極スタンド - 料理写真:スタンド定食

  • 京極スタンド - 外観写真:

  • 京極スタンド - 内観写真:

  • 京極スタンド - 内観写真:

  • 京極スタンド - 内観写真:

  • 京極スタンド - 内観写真:アメリカ製のレジスター

  • 京極スタンド - 内観写真:伝票

  • 京極スタンド - 外観写真:

  • 京極スタンド - メニュー写真:

  • 京極スタンド - メニュー写真:

  • 京極スタンド - メニュー写真:

《2014年7月再訪》

今回は念願のカウンター席を確保、夕方の店内は込み合ってますね、
カウンターもほぼ満席、お隣さんの話題が嫌でも耳に入って来る・・・。

【コロッケ 620円】はまんまるコロッケで熱々ホクホク
ちょっと高いかな~でも手造り感があり美味しくオススメです。

【ホルモン焼 720円】白モツとタマネギを少し甘めの餡かけ風にしたもの、
ゴムゴム感も程よくキュッキュッとした歯ごたえが心地よい。

【胡瓜もみ 400円】スライスきゅうりを軽くもみ酢とちりめんじゃこを和えたもの、
かなり薄味だったので塩と醤油をちょっと垂らししばらく待つと、いい感じに漬かりました。

-------------------------------------------------

新京極通りアーケードの中にある
昭和2年創業という大衆食堂「スタンド」
スタンドといっても立ち飲みではありません。

外観は昭和モダンそのものでシャレオツですねぇwww

店内もやはり昭和モダン特有の雰囲気で良い感じ、
創業当時から使用されているという対面式の大理石ロングカウンター、
20席程度あり、真昼間から中年オヤジ10名ほどが酒を呷っております。

丸いテーブル席もあり、このテーブルも創業当時からあるものらしい。
良く手入れされているということでしょうかね。
この丸テーブルは6人がけで4つ並んでいます。

アメリカ製のレジスターも年代物、
使い込まれて非常に味のあるレジです、
木製の美しい曲線美はまるでバイオリンのよう。

入り口付近には若手芸人のサインなどが飾られているが、
どう見てもお店の方が格上ですね、
飾られるにふさわしい大物に成長することを期待します。

【スタンド定食900円】(牛ステーキとメンチカツのセット)
ゴロッとし角切りの牛肉が旨い、
ニンニクスライスがたっぷり入っていてちょっと食後の臭いが気になりますが、
甘めのステーキソースが程よく絡まり御飯がススむおすすめの一品。
メンチカツは軽やかな食感であっさりとした感じで食べやすい。

ひとつ残念だったのは付け合せに半身のゆで卵と、
グリーンピース入りのスパサラダがついていたにも拘わらず、
小鉢がグリーンピースと玉子を炒めたものだった。

キャノンデール

キャノンデール (1468)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

50代前半・男性・大阪府

  • 夜の点数:3.5

    • [ 料理・味 3.5
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 3.5 ]
  • 使った金額(1人)

    ¥2,000~¥2,999 -

    | おすすめ用途:

  • 京極スタンド - その他写真:

  • 京極スタンド - その他写真:

  • 京極スタンド - その他写真:

  • 京極スタンド - その他写真:

  • 京極スタンド - その他写真:

  • 京極スタンド - その他写真:

  • 京極スタンド - その他写真:

  • 京極スタンド - その他写真:

  • 京極スタンド - その他写真:

  • 京極スタンド - その他写真:

  • 京極スタンド - その他写真:

  • 京極スタンド - その他写真:

  • 京極スタンド - 外観写真:

  • 京極スタンド - 外観写真:

  • 京極スタンド - 外観写真:

  • 京極スタンド - 外観写真:

  • 京極スタンド - 外観写真:

  • 京極スタンド - 外観写真:

  • 京極スタンド - メニュー写真:

  • 京極スタンド - 内観写真:

  • 京極スタンド - 内観写真:

  • 京極スタンド - 内観写真:

  • 京極スタンド - 内観写真:

  • 京極スタンド - 内観写真:

  • 京極スタンド - メニュー写真:

  • 京極スタンド - 料理写真:

  • 京極スタンド - 料理写真:

  • 京極スタンド - 料理写真:

  • 京極スタンド - 料理写真:

  • 京極スタンド - 料理写真:

  • 京極スタンド - 料理写真:

  • 京極スタンド - 料理写真:

  • 京極スタンド - 料理写真:

  • 京極スタンド - 料理写真:

  • 京極スタンド - 料理写真:

  • 京極スタンド - 料理写真:

  • 京極スタンド - 料理写真:

  • 京極スタンド - 料理写真:

  • 京極スタンド - 料理写真:

  • 京極スタンド - 料理写真:

  • 京極スタンド - 料理写真:

  • 京極スタンド - 料理写真:

  • 京極スタンド - 料理写真:

  • 京極スタンド - 内観写真:

  • 京極スタンド - 内観写真:

京阪沿線で育ち、大学も京都だったにも関わらず、東福寺が紅葉の名所だと知ったのは、昨年の秋。
今年こそは見に行こうと思っていましたが、大変な混雑だと聞いて二の足を踏んでいました。

三連休、渋滞や人混みを避けてツーリングも行かず、自宅に引きこもっていましたが、さすがに一日くらいは世間並みに行楽地に出かけてみようと、重たい腰を上げました。

16時が拝観の最終受付、16時半閉門。
ならば、その最終あたりを狙っていけば多少は空いているだろうと思って東福寺へやって来ましたが、駅の周りは人人人。
しかも、私と同じような考えの人も多いのか、東福寺へ向かって歩く人で道はまだまだ大混雑。

拝観券売り場は警備員のトラメガのアナウンスで殺気立った雰囲気です。
「だから京都は嫌なんだよな~」
と奈良派の私は既にうんざりモード。

拝観券を買って通天橋へ。
まるで朝の山手線のような混雑です。
しかも入口辺りで写真を撮ろうとする人たちでごった返して、全く前に進みません。
これでは紅葉を愛でるどころではありません。

早々に通天橋を抜け、庭園に降り立ってようやく少し落ち着いて見学することでできました。

少し人が減ってきたなと思ったら、今度は警備員が無情の追い出しアナウンス。
紅葉は美しかったけれど、グッタリ。
気温も高かったので、汗までかきました。

紅葉狩りの疲れには、冷えた生ビール。
せっかく京都に来たので、四条まで足を伸ばしました。

新京極に狙いの店があるのです。

京極スタンド。

昭和レトロな大衆酒場。

食堂で酒が飲めるというスタイル。

大阪では当たり前の光景ですが、京都の観光地のど真ん中で昼酒が飲める珍しい店。

おかずをつまみに好みの酒を飲むのは、今となっては失われつつある昭和モダニズム。

木製の観音扉に年季を感じます。

1927年創業といいますから、昭和2年。
まさに昭和とともに歩んできた酒場。

「ここが京都?」
と思う昼酒の聖地。
そして、何とも言えないセピアなタイムスリップ感は、私には堪らない空間です。

酒と肴と会話を愛する者同士がテーブルを分かち合う店。
「吉田類の酒場放浪記」のポスターもありました。

まずは生ビール、と思っていましたが、気になるホワイトボードを見つけました。
「これって、この5品が全部ついてくるんですか?」
と元気な女性店員さんに聞くと
「はい、そうです!」
との答え。
「じゃあ、とりあえず中ジョッキセットで」

花より団子、紅葉より生ビール。

先にセットの冷奴が出てきました。
今日は朝からヨーグルトしか食べていないので、腹ペコです。

セットのもう一皿も少しして出てきました。
ミンチカツ、出し巻、スパサラ、枝豆。

私の大好物のスパサラがこんなに。
感涙モノです。

メニューにはミンチカツと書いてありましたが、コロッケでした。
それは気になりませんでしたが、揚げ立てのアツアツでした。
だから少し出てくるのが遅かったのです。
そんな当たり前のことが嬉しい。

これまた大好物の出し巻。

空腹だったのでガッツリ系を。
牛ステーキ。

甘辛いソースにたっぷりのにんにく。
今日の紅葉狩りの疲労に効きそうです。
これで770円とは嬉しい限り。

やはり好物のちくわ天を頼みました。

辛子が添えられていましたが、ちくわ天にはマヨネーズ。
店員さんにマヨネーズを頼みました。
そんな我儘も全く問題ないのが大衆酒場。

せっかくもらったマヨネーズ。
牛ステーキにものせてフル活用。

角ハイボールにチェンジ。

かきフライ。

これまた好物。
この時期ならではの旨さ。

これはタルタルソースで。

もう一杯。
白州森香るハイボール。

本当はハムカツも食べたかったのですが、一皿が大きいので断念。
スパサラをつまみに仕上げ。

お会計はそろばん。

レトロなレジスターは今では使われていませんが、単位にSen(銭)がありました。

大好きな昭和レトロな大衆酒場で一杯飲んで、最高の連休中日。
「家飲み用に旨いツマミでも買って帰ろう」
と錦市場へ足を向けました。

京極スタンド

関連ランキング:居酒屋|河原町駅、祇園四条駅、烏丸駅

にほんブログ村

B級グルメブログランキングへ

joao

joao (239)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

男性・東京都

  • 夜の点数:3.7

    • [ 料理・味 3.6
    • | サービス 3.4
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 3.5 ]
  • 使った金額(1人)

    ¥3,000~¥3,999 -

    | おすすめ用途:

  • 京極スタンド - 料理写真:ハムカツ。昨今のハムカツは厚切りが多いが、こちらは貴重な超薄切り(笑)。写真の色が変ですね。。。

  • 京極スタンド - 料理写真:牛すじコンニャクの煮込み

  • 京極スタンド - 料理写真:おでん

  • 京極スタンド - 料理写真:湯豆腐

 京都日帰り出張、一瞬の自由時間に伺ったのはこちら。もう何回めになろうか?場所もわかりやすいし、行きやすい。そして何より、予約なんかしなくてもいつでも気軽に入れること。そういう点では、よく行っていた三条京阪の「伏見」さんがいつの間にか行列ができるようになってしまい、タイミングにもよるが気軽に入りにくくなってしまったので、こっちのほうが気軽さは上になった。

 確かに全てが古色蒼然としてるのも一つの特徴ではあるのだが、ぼくがこの店が好きなのは、東京は新宿駅の中のBergが好きなのとある意味似ている。予約なんかなしで、一人でぶらりと入れて、使い方も人それぞれ。そして何より食べ物が美味しい。おつまみだけでもよし、がっつりご飯を食べるのもよし。Bergとはジャンルも違うし食べ物も酒も違うのだが、どちらも大好き!
 
 美味しい店を選んで入ろうとすると、予約しておかないと入れない店が意外に多いし、ネットの普及がそれをますます後押ししている。もちろん、それによってたくさんの恩恵を受けているのだが、気軽に入れていた店がそうでなくなったという例もたくさん出ている。そんななかで、こちらのように一人でも二人でもふらりと入れて(もちろん、少し待つこともあるが、列を作る人はいない。これもマナーなのか。)、みんなが思い思いの使い方ができる。学生もいればご老人が一人、外人さんが一人、女性が一人とか、普通の店では入りにくいお一人様でも気軽に過ごせるって、とても大切!

 この気軽さと温かさ、そして料理の種類の豊富さ。なんで新しい形態の店舗は、こんな店のいいところを真似しようとしないんだろうか?ほんとうに勿体ない。

徒も楽

徒も楽 (349)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

40代後半・男性・広島県

  • 昼の点数:3.9

    • [ 料理・味 3.7
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 3.5 ]
  • 使った金額(1人)

    - ¥1,000~¥1,999

    | おすすめ用途:

  • 京極スタンド - 外観写真:この字体からして、ノスタルジーな♪

  • 京極スタンド - 内観写真:天井にも歴史が~

  • 京極スタンド - 内観写真:味わいのある内装~

  • 京極スタンド - 料理写真:生ビール(中) 520円

  • 京極スタンド - 料理写真:ポテトサラダ 450円

  • 京極スタンド - 料理写真:出汁巻き玉子

  • 京極スタンド - 料理写真:ホタテ照り焼き 550円

  • 京極スタンド - 料理写真:レモン酎ハイ 420円

  • 京極スタンド - その他写真:どうやって計算すんでしょう!?

  • 京極スタンド - 料理写真:牛すじこんにゃく煮込み 620円

(2014.11.9訪問)

本家 第一旭 たかばし本店を出た後は、地下鉄で東山まで~青蓮院門跡後→清流殿→知恩院→祇園→建仁寺→河原町へと回りまして、メインイベントに備えるのです。

大学自分の友人もS県から到着して、合流します。
となれば、まぁ一杯やろか!と相成ります(笑)
適当に散策~錦市場までいきましたが、人が多いのですね!(驚)
結局、四条河原町 新京極通りにある「京極スタンド」さんに入店しましたよ!
※何日か前にマイレビ 少年ジャックさんがレビューされていたお店です!

お店の入り口にある看板の文字からしてレトロ♪

ナント創業は昭和2年とか!
関東大震災で東京浅草から移ってこられた一代目が、大正時代の建物で大衆食堂として始められたそう。
何を食べても十銭均一という「十銭食堂」としてスタートされ、当時では大変ユニ-クなこのスタイルが受けたそうです。

店内は、昭和そのまんま!?
なんと、大理石のカウンターも、テーブルも創業当時そのままですって~(@_@)
天井の照明も昭和というより、大正だろ~って感じですし、天井に付いているファンがまたレトロ(´・∀・`)ニヤ
友人と二人で、ココってエライ古そうやなぁとスマホでググってみると、BS-TBSの吉田類の酒場放浪記にも登場しているではないか~♪
全くもって、予習が足りておりませんです。m(__)m

そのような、雰囲気のお店で次々とオーダー

■生ビール(中) 520円
 「大」もありました~(後で気付いた)。
 「大」を出されているお店って、大衆感が増します(笑)

■ポテトサラダ 450円
 チョット高いかなぁと思いましたが、結構ボリュームあります。
 2人でちょうどいい感じ♪

■出汁巻き玉子 ?円
 某レビュアーさんから、徒も楽=玉子焼きのイメージだとか(笑)
 ならば、今回も頼んじゃいますよ~♫
 カタ焼きに近い食感ですが、微妙にふんわり感のある甘めの
 玉子焼きでした。

■ホタテ照り焼き 550円
 照り焼きのタレの焦げた香りが、何気にイイ感じです!
 厚みもあるホタテでしたので、このお値段はお得♪

■酎ハイ(レモン) 420円×2杯
 サクッと飲んで、この日のメインイベントに移動しようと
 思ってたのですが、話は盛り上がるし時間も未だある!
 じゃ~未だ飲むべ(笑)ということで、追加も。

■牛すじこんにゃく煮込み 620円
 出汁の味がよく染みこんでる~
 こんにゃくが入っているんで、食べごたえが出ますね。

他に、メンチカツを食べたんですが、写真がとれていませんでしたm(__)m

面白かったのが、注文を受けて記入される伝票。
単価と思われる数字が入っているんですが、赤鉛筆で数字を囲んで、横線ピーっと書かれていたり。
一体どういう配列で、どう読み取るのか分かりませんでした。

精算時には、デカイそろばんで伝票を見ながら店主がパチパチと計算され、2人で3,300円チョットでした。
入口横で精算ですが、当時では珍しかったであろう電動式のレジもそのまま置かれていたり、昭和初期のポスターも張ったあったりで、昭和レトロな雰囲気がそのまま残っているという、稀有なお店でした♪

※ココは全面喫煙可なので、雰囲気△0.5です。
 7割位の客入りでしたが、吸われている方は少なかったので、まぁセーフでした(笑)

後日、お店のHPを見ると、スタンドにしかないタイムスリップしたような空間で、懐かしい味と心地よい時間をお楽しみください。と書かれておりました。
まさに、タイムスリップですよ!

では、そろそろ時間も迫ってきたので、メインイベントに向かいましょう~

ご馳走様でした!

HIROSHIMA OYSTER

HIROSHIMA OYSTER (548)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

40代前半・男性・広島県

  • 夜の点数:3.9

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 3.7
    • | 雰囲気 4.3
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 3.7 ]
  • 使った金額(1人)

    ¥2,000~¥2,999 -

    | おすすめ用途:

  • 京極スタンド - 料理写真:生ビール 生ビールセットにすればよかった・・・

  • 京極スタンド - 料理写真:ポテトサラダ 箸はテーブルにはなく、料理についてきます

  • 京極スタンド - 外観写真:入口ののれん

  • 京極スタンド - 外観写真:ノスタルジックな外観

  • 京極スタンド - 外観写真:入口右手の食品サンプル

観光や地元の人で溢れかえる商店街の中ほどにあります。

酒場放浪記で吉田類さんが訪問したお店でもあります。

この手のお店は、昼から夕方までか、夕方か夜までかという営業パターンが多く
通し営業されているのは、同じく酒場放浪記で紹介された広島県福山市の自由軒に
通じるものがあります。

通し営業ですと、昼飲みが出来るのがいいですね、、、今回はそういうことでは
なかったのですが、いつかは京極スタンドで昼飲みしてみたいところです。

お店に向かって右側には、食品サンプルのケース、左側がお勘定場となっています。
入口の扉は、2枚扉ですが、左は締切と書いてあります。
これは、開かないことないのですが、お勘定場のところへお店のかたがいる場合が
あるので、そのかたにぶつかるから、開けないでということのようです。

さてさて、お店に入ると、右手に一人客や少数のお客さん用のカウンター形式の席
左手には、6人くらいが囲める丸いテーブル席があります。
もちろん混んでくると、テーブル席も3対3で相席になったりと臨機応変で、お客さんも
慣れたもんです。

この日は、仲間飲みがあったので、私のみ一人のゼロ次会でした。
私は、生ビールとポテトサラダをオーダーしました。
しかし、この組み合わせで950円、価格は決して高くはないのですが、それよりコスパ
が高いのが、生ビールセット!確か生ビール中のセットで1000円ちょっとですが、
おつまみが凄い!!
枝豆などビールに合うおつまみが結構な量ついて、この価格です。
失敗したと思いましたが、後悔先にたたず、、、

次回は、失敗しないようにしたいと思います。

とにかく雰囲気は最高!!

また、京都に行ったら是非立ち寄りたいと思います。

座っててもスタンド(・∀・)

面食いclover

面食いclover (701)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

女性・東京都

  • 昼の点数:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 4.0 ]
  • 使った金額(1人)

    - ¥1,000~¥1,999

    | おすすめ用途:

  • 京極スタンド - 料理写真:ラーメン520円

  • 京極スタンド - 料理写真:生中520円

  • 京極スタンド - 料理写真:

  • 京極スタンド - 料理写真:

  • 京極スタンド - 料理写真:

  • 京極スタンド - 料理写真:

  • 京極スタンド - 外観写真:

  • 京極スタンド - 内観写真:

  • 京極スタンド - メニュー写真:

  • 京極スタンド - その他写真:

打ち合わせ前に
「腹が減っては戦はできぬ」ってことで
ランチタイム~♪

一度行ってみたかったスタンドさんへ(●^o^●)
打合せが四条河原町近くなので丁度良かったのです

昭和モダニズムな店内がタマランチ会長ですぅ♪
ゆっくりとお酒を飲んだりツマミを食べたいところですが…
この後、打ち合わせですから( ;∀;)

鱧天に日本酒が飲みたいなー
と考えながらメニューを恨めしげに眺めます
オリジナルTシャツも売ってるようです(´艸`)

独特なレシートが面白い
思わず「ドンタス」と読んでしまいましたが…(^▽^;)タラー
「スタンド」ですね(^▽^;)

もう!かまんできましぇん!
これから打ち合わせですが
そんなのかんけーねー(`∀´)
とりま生中いっちゃいます520円也
ご自慢の大理石テーブルにビールが映えますね!

ご対麺!!!
ラーメン520円
キタ━━━(゜∀゜)━━━!!!

天井の蛍光灯が映るくらい美しい清湯スープです
素朴な面持ちですが何だか感慨深いです
創業昭和3年ですから

飲みの〆に本来は頂きたい麺です
柔わい麺がノスタルジー溢れる味わい

チャーシューというか煮豚な濃い味わいの豚ちゃん
これがウマイ!久々にウマイ豚ちゃんに出会いました

細いモヤシもノスタルジックなトッピングですな~

あーーーもっとゆっくりしたいわー。・゜・(ノ∀`)・゜・。

プハーーーーっと飲み干し
打合せへGO!ε=ε=ε=ヾ(*~▽~)チコクスルー

ぽぱい

ぽぱい (1808)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

男性・東京都

  • 夜の点数:3.8

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)

    ¥1,000~¥1,999 -

    | おすすめ用途:

  • 京極スタンド - 料理写真:きずし¥600京都では〆サバの事を“きずし”と言います

  • 京極スタンド - 料理写真:スタンド定食(牛ステーキ)¥940

  • 京極スタンド - 料理写真:大好きなグリンピースを→

  • 京極スタンド - 料理写真:ステーキとコロッケにのせちゃいました(笑)

  • 京極スタンド - 料理写真:まぁまぁまぁまぁ…(おっとっとっと♪)

  • 京極スタンド - 内観写真:モノクロが似合うノスタルジックな店内

  • 京極スタンド - 内観写真:有名な大理石のカウンター

  • 京極スタンド - 内観写真:独特な伝票(どうやって計算するの?)

  • 京極スタンド - 外観写真:

  • 京極スタンド - 外観写真:

  • 京極スタンド - 外観写真:京極スタンド@素晴らしき外観

【大人の修学旅行第2弾】

京の台所「錦市場」でたくさん買い物をして大満足、続いて「新京極」に入りました。
新京極は観光客や若者で賑わうアーケード商店街
修学旅行のシーズンになると各地方から出てきた不良学生達の火花がバチバチ飛び交います。
修学旅行で訪れたのは40年も前なので景色はすっかり変わってしまいましたが、新京極の土産物店でペナントを買ったのだけは覚えています。
昔はお土産の定番として流行りましたよね~!

えっペナントを知らない?(゜O゜;)!
そんな新京極に、今回の京都旅行で一番行きたかったお店があるのです…

■京極スタンド
ついに来ました憧れのお店(生きていれば夢は叶いますね~♪)
コチラは昭和2年創業の老舗大衆食堂
「十銭食堂(何を食べても十銭均一)」としてスタートしたところ、一躍京都の人気店になったそうです。
いや~素晴らしい!
昭和LOVERの心をつかんで離さないモダンな看板にうっとり…
外観を眺めるだけで缶ビール2本とロンドン焼き2個は喰えますね(笑)

ワクワクしながら店に入ると、これまたノスタルジックな光景が飛び込んできましたよ~。
有名な大理石のカウンター、テーブルや壁のメニュー板など趣があるものばかり。
そのまま“昭和の博物館”として入場料取れそうです。
残念ながら大理石は満席、お姉さんから代理席(テーブル)に案内されました。

さっそくビール(中瓶)¥640を注文してメニューを吟味。
初めてなので冠(かんむり)料理を頼んでみましょう。

◆スタンド定食(牛ステーキ)¥940
届いた瞬間、ニンニクの良い香りに包まれます。
大皿にはサイコロ状にカットされた牛ステーキがゴロゴロ、コロッケ、茹で玉子(半個)、スパサラ、グリーンサラダが乗っていて、小鉢(グリンピースと玉子の煎り物)、お新香、ライス、みそ汁が付いた豪華版。
ニンニクが効いた牛ステーキは弾力がありながら柔らかい食感、甘辛い特製ソースとバッチリ合っています。
これはガッツリ系で旨いぞ~!

◆きずし¥600
京都では〆サバの事を“きずし”と言うと聞いていたので試しに頼んでみたら、本当に〆鯖が届きました。
酢とおろし生姜が添えられている点が関東と違いますね。
真っ白なきずしは見るからに深〆め、食べても深~い締まり方でした。
これを酢に浸けて食べたらメッチャ酸っぱい。

嫁さんは「おいしい~♪」と言って牛ステーキをご飯と一緒に食べてます。
オイラはコロッケやグリンピースをアテにグビクビ…
ステキな空間で食べる料理は格別だね♪

メニューが豊富なので他にも食べてみたい物ばかり…
いつになるか分からないけれど、また京都を訪れた際には必ず寄りたいお店です。

http://popeye.mo-blog.jp/waraibuta/2014/10/post_9cbd.html

新京極で昼飲みっ!

酒場のイチロー

酒場のイチロー (50)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

40代後半・男性

  • 昼の点数:4.0

    • [ 料理・味 3.5
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 3.5 ]
  • 使った金額(1人)

    - ¥3,000~¥3,999

    | おすすめ用途:

  • 京極スタンド - 内観写真:吉田類さんサイン

  • 京極スタンド - 料理写真:生ビール大

  • 京極スタンド - 内観写真:酒場放浪記#139

  • 京極スタンド - 料理写真:きずし

  • 京極スタンド - 料理写真:ポテトサラダ

  • 京極スタンド - 料理写真:胡瓜もみ

  • 京極スタンド - 料理写真:チューハイ

  • 京極スタンド - 内観写真:

  • 京極スタンド - 内観写真:大理石のカウンター

  • 京極スタンド - 料理写真:ホルモン焼

  • 京極スタンド - 料理写真:すじ肉こんにゃく煮こみ

  • 京極スタンド - その他写真:会計計算伝票

  • 京極スタンド - メニュー写真:

  • 京極スタンド - 外観写真:12時開店!

  • 京極スタンド - 外観写真:開店3分前

創業昭和2年※、新京極の入口を入ってすぐにある大衆食堂で、建物は築約100年とのこと。

※酒場放浪記#139では昭和3年開業とあるが、オフィシャルサイトには昭和2年とある。

その昔、修学旅行関係の仕事をしていた折、新京極は修学旅行生の夜の買い物コースの定番で、よくこのあたりをうろうろしたものだった。

その後、10年くらい前にプライベートで嫁さんとこの店を初めて利用して以来の訪問。

伊丹発18:00の飛行機までの間、昼から酒を飲もうと後輩と共に開店30分前には着いてしまったので、ブラブラと寺町通りなどをキャリーバッグを引きながら散策し、開店12:00と同時に入店した。

僕らはとりあえずは生ビールだが、昼の時間帯でサービス定食のスタンド看板も出ているので、定食やラーメンを注文するお客さんも当然多いが、中高年の方々が昼から飲んでいるのも目につき、ここは単なる食堂ではないことがわかる。

僕らは観光客(一応出張)だが、ほとんどは常連のお客さんのようだ。

京都も3日目につき、京都らしいつまみはほぼ食べた感はあるが、所変われば品変わるで、どこの居酒屋でもあるような見慣れた料理でも、京都のものはいつもと違う味付けや材料である。

さて、オーダーはほとんど待たされることなくスムーズに運ばれてくるので、約1時間も飲んでいい気持になったので、このまま京都のどこかで飲むか、大阪まで出て飲むか、いったんお店を出てから考えましょう、ということでお店を後にした。


マーコラーメン

マーコラーメン (969)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

30代前半・男性・神奈川県

  • 昼の点数:3.3

    • [ 料理・味 3.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク 3.0 ]
  • 使った金額(1人)

    - ¥1,000~¥1,999

    | おすすめ用途:

  • 京極スタンド - 外観写真:

  • 京極スタンド - 内観写真:

  • 京極スタンド - 料理写真:

  • 京極スタンド - 料理写真:

  • 京極スタンド - 料理写真:

  • 京極スタンド - 料理写真:

  • 京極スタンド - 料理写真:

  • 京極スタンド - 料理写真:

  • 京極スタンド - 料理写真:

  • 京極スタンド - 内観写真:

  • 京極スタンド - 内観写真:

  • 京極スタンド - 内観写真:

  • 京極スタンド - 内観写真:

  • 京極スタンド - その他写真:

  • 京極スタンド - メニュー写真:

  • 京極スタンド - メニュー写真:

  • 京極スタンド - メニュー写真:

  • 京極スタンド - メニュー写真:

京都の酒場と言えば「高級」「オシャレ」などとイメージしがちだか、しっかり大衆酒場は存在する。
しかも真昼間から飲めるのだ。
それがに存在する創業昭和3年の『京極スタンド』であり、正確なところ食堂だが店内客の大半が飲んでいるという、
まさに食堂型酒場である。
そして店内に入ると同店の名物とされる「大理石のカウンター」や創業当時の味のあるテーブルが迎えてくれる。

さて、メニュー構成はもちろん定食系メニューだけでなく、酒場メニューもズラリと並ぶが、
その中で名物とされるのが『自家製コロッケ』だ。
ボール型の形しており見た目からインパクトを与えてくれ、周りの「カリカリ感」そして、
中の「イモイモ感」を楽しめる一品である。

また、オムレツも名物とされ、特にどういうというわけではないが、
何か懐かしさを与えくれる味わいなのだ。

【総括】
「いや~京都にこんな面白い酒場があるとは~」という一軒であり、
是非観光のついでに立ち寄っていただきたい。

ネタ度:3(5段階評価)
アウェイ度:1(5段評価)
既食メニュー(名物):自家製コロッケ&オムレツ


P.S.
今まで食べログでUPしてきた居酒屋店舗の一覧ページを作成してみたので、
是非、ご参考にしていただけたらと思う。
ネタ好き必見である(笑)

『マーコ類の酒場放浪記』
http://ma-ko64.com/makorui.html


新京極の老舗大衆食堂♪

  • 夜の点数:3.5

    • [ 料理・味 3.0
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 3.5 ]
  • 使った金額(1人)

    ¥1,000~¥1,999 -

    | おすすめ用途:

  • 京極スタンド - 料理写真:生ビールセット♪( ´▽`)

  • 京極スタンド - 料理写真:生ビール、お漬物

  • 京極スタンド - 外観写真:

  • 京極スタンド - メニュー写真:

  • 京極スタンド - メニュー写真:

珍しく京都出張です。
食べログ断固掲載拒否の焼鳥屋さんの大将が「京都に行くなら、ここで飲んでからスタートするように!」と指令があり、やってきたのは、新京極は中之町の商店街の中にある「京極スタンド」さん。昭和2年創業の大衆食堂です。

ホームページをのぞいてみると…
・とにかく「生ビール」が美味い! こだわってます!
・酒に良く合う厳選した「アテ」もたくさん用意してます
・和洋中、定食、ごはんもの等、メニューはなんと100種類超!
・実は、裏メニューもありますヨ
…とか老舗らしからぬ宣伝文句が並んでいますね(^_^;)

大衆食堂ではありますが「スタンド」と名乗るだけあって、少しモダンな看板が掲げられていますね。お店に入るとテーブル席とカウンター代わりの大きな長テーブルがあります。
人気店と聞いていたので慌ててやってきましたが、お客さんは8割程度、待つこともなく長テーブルの席に案内していただけました♪

座ると同時に、これも大将から指令のあった「生ビールセット(中ジョッキ):1000円(2013年10月)」をお願いしました。
「生ビールセット」は生ビール1杯(中と大が選べます。値段は大が200円アップ)と日替わり2品、えだ豆、やっこ、スパサラがセットになったお得なメニューです。

早速、運ばれてきた生ビールとやっこを頂きながら、店内のテレビを見ると、ジャイアンツとカープのクライマックスシリーズが放送されていますね。土地がら、皆さん関心が薄いご様子ですが…(^_^;)

しばらくすると、「生ビールセット」の他の料理も運ばれてきました。この日の日替わり2品は、だし巻きとメンチカツ。メンチカツにはソースがたっぷり掛けられていますね(-_^)

どの料理も味わいは昔ながらの大衆食堂の味…特別美味しい訳でもないですが、程よく箸が進んでいく感じです♪
結構、ボリュームがあるので、途中生ビールをお代わりしようか迷いましたが、次に行きたいお店もあるので、ぐっと我慢の子(>_<)

ビールを飲み干し、料理も平らげてご馳走さまでした。昔ながら大衆食堂の落ち着く雰囲気でもう少しゆっくりしたかったのですが、また次回に取っておきます。さあ次のお店に向かいましょう♪

昼からやっている大衆酒場の代表店

味覚人肥行物体

味覚人肥行物体 (116)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

40代前半・男性・東京都

  • 昼の点数:3.0

    • [ 料理・味 2.5
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 2.5
    • | 酒・ドリンク 2.5 ]
  • 使った金額(1人)

    - ¥1,000~¥1,999

    | おすすめ用途:

日中、ちょいと酒をやりたくなる。
「さて、どこに行こうか?」「ビール、ちょっとつまみ。メシも食っておきたいな」
そんなときはこの店だ。
昭和生まれにとっては無条件に居心地の良い店内。右側の長いカウンターは自ずと相席となり、吞ん兵衛とのいい具合の距離感を演出してくれる。
数人と利用する場合はテーブル席、一人で行く時はカウンター、そんな感じだ。

さてここに行くとまず、1000円のセットを頼まない手は無い。十分な量のおつまみ盛り合わせ、それがフライ有り、卵焼き有り、スパゲッティのサラダ有りで、これだけで充分だ。それにビール等が付けられる。
実はこのセットに数本の酒を頼んで終わり、という事が多い。なかなか食事までたどり着かない。そうなる前に出来上がってしまうのだ。
価格がべらぼうに安いかと言えばそうではない。ごく一般的な価格設定だ。
だが開いているだけでいい。
京都にはありがたい、昼から開いている大衆酒場の代表である。

  • 昼の点数:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)

    - ¥1,000~¥1,999

    | おすすめ用途:

  • 京極スタンド - 料理写真:こいも450円。キリンビール大瓶640円

  • 京極スタンド - 料理写真:ブタ入り野菜炒め700円

  • 京極スタンド - 料理写真:おでん550円

  • 京極スタンド - 料理写真: コロッケ620

河原町でランチならまずここにいく。
新京極通四条をすこし上ル東側。

昭和の食堂という店構え。
小さなビヤホールでもある。

間口の割に奥が深い。
右手に大理石の長いカウンターが奥までのびる。
客はカウンターをはさみ、むかいあわせにすわる。

ひるから酒をあつらえる客がおおい。

左手には円いテーブルが四つ壁に沿ってならぶ。椅子はスツール。

両脇の壁に細長く鏡がはってある。


この日は、〔ブタ入り野菜炒め〕700円をたのんだ。

なんでもないものがおいしい。
関東ではこうはいかない。
量もたっぷりある。


おでん550円を追加。
たまご、大根、厚揚げ、蒟蒻。
二日つづけておいしいおでんをたべた。


独特な伝票もおもしろい。
各行の最後の赤丸の数字を合計する。


2014-10-09
こいも450円。
ほんのり甘い味付け。


総合★★★★
料理・味★★★★
サービス★★★☆
雰囲気★★★★

ヨシノちゃん

ヨシノちゃん (450)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

女性・京都府

  • 昼の点数:3.5

    • [ 料理・味 2.9
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク 3.5 ]
  • 使った金額(1人)

    - ¥1,000~¥1,999

    | おすすめ用途:

  • 京極スタンド - 料理写真:すじ煮込み

  • 京極スタンド - 料理写真:はもの天ぷら

  • 京極スタンド - 料理写真:どこでもアルコールフリー。左は伝票。これがまたいい感じ。

  • 京極スタンド - 内観写真:昭和レトロな店内

  • 京極スタンド - 外観写真:この雰囲気が昭和っぽいです♪

  • 京極スタンド - 外観写真:食品サンプルがまた昭和感をかもします(^ω^)

じき宮沢さんで、マイレビュさんとお食事後、別のお店に向かっていたのですが、
たまたま新京極を通りかかり、私のリクエストでこちらへ入りました♪
以前からいちど入ってみたいと思っていたので、期待ドキドキ♡で入店です。

店内はお昼ながら、お酒片手に盛り上がるお客さんでいっぱい!
入った途端に、賑やかな空気に包まれます。
使い込まれた木のテーブルとカウンターが並び、ほぼ全員相席。
壁一面に、手書きメニューの紙や、お酒のポスターだらけ。
横長の鏡が貼ってあり、意外に広々とした感じです。
ただし、椅子は座りにくいですが、それも愛嬌でしょう(笑)
昭和中期の日本映画に出てくるような、大衆食堂という感じです(●^o^●)♪
古い邦画ファンの私には、タイムスリップしてその世界に入り込んだような喜び(*´ω`*)

白エプロンのベテランぽい女給さん方が、てきぱき注文を取って行かれます。
マイレビュさんはハイボール、お店の雰囲気にぴったりのセレクトです(^-^)v
私はいつもの烏龍茶…、かっこよくお酒を飲みたいとこなのにΣ(ノд<)

お酒&お茶のお供に、はもの天ぷらとすじ煮込みをお願いしました。
すでにじき宮ざわさんでお腹いっぱいでしたので、食べ物の注文はこれだけ。
二品しか頼んでないので、あまり言及できないのですが、
お料理は可もなく不可もなく…といったところでしょうか。
すじ煮込みはかなり甘かったです。
一味はかかっていましたが、あまり味と調和していない…。
練りからしが欲しかったですね。
はもの天ぷらに梅肉がつけられないか伺ってみましたが、
もちろん、それもなく…。
お塩が添えられているのですが、ジャンキーなこってり天ぷらなので、
お塩ではこれも弱いです。
ウスターソースが合うんじゃないかな~。
あんまりいろんな調味料は置いてない感じで、
味に変化をつけるのが難しいため、途中でちょっと飽きてしまう感じはありました。

でも、雰囲気は大満喫しました♪ヽ(´▽`)/
お昼だからかもしれませんが、ちょい飲みで出て行かれる方ばかりで、
お客さんの回転がすばやいので、少々混んでいても、すぐ座れそうな感じでした。

ワイワイガヤガヤとした活気ある雰囲気の中で、さらにお話は弾みます。
お連れと親睦を深めるにはぴったりのお店かもしれません。
そして、次のお店へと向かうべく、後ろ髪ひかれながら、お店を出ました(; _ ;)/~~

またぜひ伺いたいです♪
ごちそうさまでした(*^^*)

  • 夜の点数:3.4

    • [ 料理・味 3.4
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 3.0
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク 3.0 ]
  • 使った金額(1人)

    ¥1,000~¥1,999 -

    | おすすめ用途:

  • 京極スタンド - 料理写真:すじ肉煮込み(640円)

  • 京極スタンド - 料理写真:焼酎ロック(420円)

  • 京極スタンド - メニュー写真:メニューは上に書かれています

  • 京極スタンド - 内観写真:大きな大理石のテーブル

  • 京極スタンド - 内観写真:反対側は詰めれば6名くらい座れる丸テーブル

  • 京極スタンド - 外観写真:レトロ感がただようお店の外観

今回、おじゃましたのは、阪急河原町駅徒歩3分の新京極にある『京極スタンド』さん

・訪問    20時頃 
・店     店内はレトロ感を醸しながらも明るい雰囲気
・店員    お姉様たちが接客が接客

●すじ肉煮込み(640円)
●焼酎(420円)


お店に入り、大理石の大きなテーブルに案内されました。
20人くらいカウンターのように回りに座れます。
客層は、若者が多く、2人連れや男性グループ、女性グループなどで、定食をいただいている方が多いですね。
酒のみおじさんたちは、昼間に訪問しているのかな。
居酒屋というより、定食屋さんでお酒も飲める雰囲気ですね。
こちらのお店のメニューは、お店の周りに札がかかっているので、周りを見渡します。
定食は、1000円以下で、和洋中がいろいろ揃っていてリーズナブルですね。
500円らーめん食べてる人、美味しそうでした。
つまみ系もありますが、つまみはやや新京極価格かな。

その中から、煮込みと焼酎をお願いししました。
すじ肉煮込みは、牛肉のすじ肉の煮込みで、良く煮込まれていて、柔かく少し甘めの味付けがお酒に合いますね。
コンニャクもいっしょに入っており、コンニャクにも味が浸みこんでいます。
煌びやかな京都の風情とは異なり、京都の別の顔を味わいさせていただきました。
東京には、このような雰囲気のお店は少ないと思いますので、堪能できました。

ごちそうさまでした。

祇園太郎も通うスタンド

月灯 小夜子

月灯 小夜子 (149)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

女性・東京都

  • 夜の点数:3.5

    • [ 料理・味 3.3
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 2.8
    • | 酒・ドリンク 2.8 ]
  • 使った金額(1人)

    ¥2,000~¥2,999 -

    | おすすめ用途:

  • 京極スタンド - 外観写真:不良修学旅行生をスタンドへ案内する祇園太郎。

  • 京極スタンド - 外観写真:「本日定食はありません」7/27(日)

  • 京極スタンド - 料理写真:鱧落とし700円梅ソースで。

  • 京極スタンド - 料理写真:乾杯

  • 京極スタンド - 料理写真:念願のらーめん

  • 京極スタンド - 料理写真:らーめん麺リフト

  • 京極スタンド - 料理写真:牛ステーキ770円

  • 京極スタンド - 料理写真:青唐焼き420円と鰻ざく600円

  • 京極スタンド - メニュー写真:黒板メニュー

  • 京極スタンド - 内観写真:店内鏡越し

  • 京極スタンド - 内観写真:カウンター席

  • 京極スタンド - その他写真:伝票

京都は修学旅行シーズン。
東京から修学旅行で来た中学生の一行を乗せた
太郎であったが、彼らは全く京都に興味がない様子。
「子供には京都のよさわからないのかなあ」と嘆く・・・
太郎は奮起し、中学生たちのハートを掴むべく
京都案内をスタートさせるのであった…。
                   (ワンセグより一部引用)
                 http://www.nhk.or.jp/giontaro/
∵-------------------------------------------------∵

そこでやってきたのが京極スタンドって、ブラボー!太郎
この回見た時興奮して祇園太郎TV画面撮ってました。
太郎憧れのシャルロットさんがバイトしてる喫茶チロル
も実在してて行きたかったんですよねぇ・・・

スタンドの場所もその昔私が修学旅行で来た時は
唯一の自由行動のストリートでしたね新京極。
その頃はお土産に匂い袋と落雁みたいの買ったな・・・
今は・・・ご当地ビール!ヽ(´ρ`)ノ


っで今回頂いたものは・・・
京都の夏と言ったら食べておきたかった鱧。
鱧の有無伺うと「落としと天ぷらありますよ」っと。
あれ?落としってえのが我ら姉妹の食べたい鱧?
「落としってぇーのが梅ソースのですか?」
で無事落としがやってまいりました・・・この流れカッチョワルイ?

何回かお邪魔してて頼みたい々と思っていたのですが
諸事情から却下の憂き目を見ていた牛ステーキ!
イッちゃいました・・・あっという間に完食。
もうちょっと食べたかったかな。

そしてこちらも諸事情で頼まなかったらーめん。
イッちゃいました・・・
小丼もらい妹にも分けてあげたのに なんだ神田の明神下、
小丼取り上げの刑で姉がひとり美味しく頂きました。

そして妹があれば必ず頼む妹イチオシの鰻ざく・・・ボロクソ
知ぃ~らない!
みょうがや千切り生姜が乗ってて欲しかったんですと。


こちら姉的には観光客も地元の人も入り混じって
食事も呑みもいけちゃうとこが利便性大で好きなお店。
「スタンド」の暖簾見てるだけでテンション↑↑なんですがね・・・


修学旅行の不良達も妹に一渇してもらいますか・・・


忠度

忠度 (33)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

50代後半・男性・神奈川県

  • 夜の点数:4.0

    • [ 料理・味 3.0
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 3.5 ]
  • 昼の点数:4.0

    • [ 料理・味 3.0
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 3.5 ]
  • 使った金額(1人)

    ¥3,000~¥3,999 ¥2,000~¥2,999

    | おすすめ用途:

  • 京極スタンド - 内観写真:

  • 京極スタンド - 内観写真:

  • 京極スタンド - 内観写真:

  • 京極スタンド - 内観写真:


'14,7 再訪
宵々々山に再訪したが、この期間中、定食メニューが一時中止されていた。

ビフカツにライスという形の注文はできるが、スタンド定食などは注文できない。
カレーライスやラーメンは注文できる。

去年まではこういうシステムになっていなかったような気もするが、この期間、飲み客中心の店になるようだ。

今年から復活した後祭期間については不明である。

'12,7
多くの方が書き込んでいるので、この店についてわざわざ付け加えるような情報を持ちあわせているわけではない。

レトロな外観とキリンビールに惹かれ、初めて暖簾をくぐったのは、2002年の歳末だった。
それ以来、年に数回上洛するたびに、この店に通うようになった。

いつも混み合っているが、15〜6時前後と20時以降はわりと余裕があることが多い。
それ以外の時間帯でも、1〜2人であれば、相席を厭わないのであれば、
よほどのことがない限り、待たされることはない。

回転はわりと速いので、昨年の宵山の夕方、6人で伺ったときも、
最初は2ヶ所に分散させられたが、20分ほどで席をまとめてくれた。

定食を食べるのもよし。一杯やるのもよし。
雅なだけではない京都の魅力を感じさせてくれる店である。

ディセントラ

ディセントラ (553)さんの口コミ [携帯電話番号認証済]

50代後半・男性・愛知県

  • 夜の点数:5.0

    • [ 料理・味 4.2
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 4.2
    • | 酒・ドリンク 4.2 ]
  • 昼の点数:5.0

    • [ 料理・味 4.2
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 4.2
    • | 酒・ドリンク 4.2 ]
  • 使った金額(1人)

    ¥2,000~¥2,999 ¥2,000~¥2,999

    | おすすめ用途:

  • 京極スタンド - 外観写真:

  • 京極スタンド - 内観写真:

  • 京極スタンド - 内観写真:

  • 京極スタンド - 料理写真:ビフカツ

  • 京極スタンド - 料理写真:自家製コロッケ(580円)

  • 京極スタンド - その他写真:独特の勘定書

  • 京極スタンド - その他写真:年代物のレジスター

  • 京極スタンド - 料理写真:オムレツ

  • 京極スタンド - 料理写真:おでん

  • 京極スタンド - 料理写真:ビフテキ

  • 京極スタンド - 料理写真:ホルモン

  • 京極スタンド - 料理写真:はも落とし

  • 京極スタンド - 料理写真:ラーメン

昼飯時に、ビールも飲みたくて何気なくふらりとのれんをくぐった。
入ってみて驚いた。・・・・そこは別世界だった。

それ以来、京都へ出かけると、
昼には必ずといっていいほどここに立ち寄るようになった。
それどころか、ここをお目当てに京都へ出かけることもたびたび 。

非常に細長いカウンターの両側におじさん達が陣取る。
生ビールのジョッキ、日本酒、焼酎、思い思いのものを飲んでいる。
昼間から腰を落ち着けて飲んでいても、何の違和感もない。 
細いカウンターは一見狭苦しく感じるが、慣れるとかえって落ち着く。 
数人で座るテーブル席もあり、若い人のグループが定食を食べている。
テーブルで生ビールで盛り上がっているグループも当然ある。

カウンターもテーブルも、店構えも内装も、レジスターもみな昭和初期のまま。
独特の勘定書(仕組みは非常に合理的!)も一見の価値がある。

狭い店内を、店のおばちゃんたちがきびきびと通り抜ける。
おばちゃんたちの客あしらいもこの店の名物。
最近、スタッフに若いご婦人が増えたような気がする。
順調に世代交代をはかっているのであれば、結構なことだな。

メニューは洋食メニューを始め、豊富な居酒屋メニュー、和洋中なんでも。
定食メニューもいろいろあり、食事中心の使い方もできる。

驚くほど美味いものはないが、とりあえず一定水準以上のものが出てくる。
注文してから出てくるまでがかなり速い。
その割にはきちんと仕事がされている。
素速く料理が出てくるのも、この手の店では大切なこと。

座って最初に注文することが多いのは大ジョッキとビフカツ。
ビフカツは薄目のものが2枚。ボリュームがあり、ビールがすすむ。
コロッケは自家製、ちゃんと作ってある。
甘辛く濃いめのソースのビフテキにはニンニクがかなり利かせてある。
揚げそばは凄まじいボリューム、覚悟を決めて注文する必要あり。

「熱燗」と頼んだら、二級(400円)ではなく一級(420円)が出てきた。
特級、一級、二級という言い方が懐かしい。
昔よく行った横浜の居酒屋では、特級酒は「つばめ」だったっけ。

はものシーズンにはちゃんとはもの落としなんかもある。
気軽に味わうには十分。
ラーメンも美味しいというお噂もある。確かめてみた。
細麺のあっさりした素直な味のラーメン。
わざわざこちらでいただくほどのものではないかな。
どうしてもこのお店でラーメンでしめたい場合ならありかも。

いつの間にか、私もここで飲むのが似合うおっさんになっていた。
この後どこへ行こうかな、と思いながら酒杯を傾ける。

食べログ特集

編集する 京極スタンドの店舗情報(詳細)

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名

京極スタンド (きょうごくすたんど)

ジャンル

居酒屋コロッケ・フライ定食・食堂

TEL・予約

075-221-4156

※お問い合わせの際は「"食べログ"を見た」とお伝えいただければ幸いです。

予約可
住所

京都府京都市中京区新京極通四条上ル中之町546

交通手段

阪急電鉄京都線河原町下車
地下出口9番より徒歩すぐ

地下鉄烏丸下車東へ徒歩
約10分

京阪電鉄四条下車西へ徒歩
約7分

バス(系統多数)停は河原町下車

河原町駅から154m

営業時間

12時~21時(LO)

ランチ営業、日曜営業

定休日

火曜日

予算(ユーザーより)

[夜]¥1,000~¥1,999 [昼]¥1,000~¥1,999

実際にお店へ行った人が使った金額です。 予算分布を見る

カード

不可

席・設備

席数

36席 (丸テーブル4×4席、長テーブル20席)

個室

貸切

不可

禁煙・喫煙

全面喫煙可

駐車場

空間・設備

カウンター席あり

携帯電話

docomo、au、SoftBank、WILLCOM、イー・モバイル

メニュー

ドリンク

日本酒あり、焼酎あり、ワインあり

特徴・関連情報

こんな時に
オススメ

友人・同僚と 一人で

多くの方がおすすめする用途です。 用途分布を見る

ロケーション

一軒家レストラン

お子様同伴

ドレスコード

なし

ホームページ

http://sutando.aa0.netvolante.jp/ 別ウィンドウで開きます

オープン日 1927年
備考

☆営業時間はラストオーダー
21時ですが、21時20分には
閉店するとのこと。

☆店内煙草販売されてます。

☆英語メニューあり。

初投稿者

PriPriGoPriPriGo(1182)

最近の編集者

編集履歴を詳しく見る

ブログに店舗情報を貼る+

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録下さい!

会員登録する 従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

「京極スタンド」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗会員(無料)にご登録下さい。ご登録はこちら

この店舗の関係者の方へ

食べログ店舗会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。

店舗会員になって、お客様に直接メッセージを伝えてみませんか? 詳しくはこちら

このお店を訪れた人はこんなレストランも訪れています

周辺のお店ランキング

第01位
とくを (85)
(懐石・会席料理)
点数: 4.21
第02位
(焼肉)
点数: 4.16
第03位
食堂 おがわ (39)
(割烹・小料理)
点数: 4.08
第04位
安久 (8)
(割烹・小料理)
点数: 4.08
第05位
三嶋亭 本店 (262)
(すき焼き)
点数: 4.00

ランチのお店を探す

周辺のランチ情報(河原町・木屋町・先斗町)

食べログまとめ投稿キャンペーン まとめを書いて 最大50,000円分のお食事代(×5名)ををGET!! 2014年12月18日(木)14:00~2015年1月6日(火)15:00

周辺のお店ランキング

  • 総合ランキング

河原町・木屋町・先斗町×居酒屋のランキング(点数の高いお店)です。

河原町・木屋町・先斗町×居酒屋のランキングをもっと見る

このお店の関係者様へ

外出先でも食べログ!

食べログアプリが
新しくなりました!

スマートフォンアプリならではの機能でお店探しがもっと便利に。

※ダウンロード無料(一部有料)

食べログの情報を携帯からチェック!
ケータイ版限定のコンテンツも掲載

http://m.tabelog.com/

料理の写真をおいしく撮れる
iPhone/Android用カメラアプリ
「食べラ」

※食べログへも写真投稿できます

ページの先頭へ