柏 レストラン 口コミ検索 [食べログ]

柏市のレストランの口コミ一覧

柏市にあるレストランのお店について書き込まれた5,907件の夜の口コミを更新日順にご覧いただけます。
気になっていたレストランのお店の口コミ・評判が簡単にご覧いただけます。

「柏市」「レストラン」で検索しました。

これらの口コミは、ユーザーの方々の主観的なご意見・ご感想であり、お店の価値を客観的に評価するものではありません。あくまでも一つの参考としてご活用ください。 また、これら口コミは、ユーザーの方々が訪問した当時のものです。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。 詳しくはこちら

120件を表示 5907

表示形式: 全文 通常 簡易リスト

表示件数:

ラジェスタリー (インドカレー、インド料理 / 柏)

[ 口コミ 22 ]

晴遊雨読

晴遊雨読 (77) [携帯電話番号認証済]

60代後半・男性・千葉県

  • 夜の点数:4.2

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 4.0 ]
  • 使った金額(1人)

    ¥4,000~¥4,999 -

    | おすすめ用途:

  • ラジェスタリー - 料理写真:H27.05.28夜 『ミックスグリル』のハーフ グリルの一部を取り除くと鉄板の上に敷き詰められた野菜が見える

  • ラジェスタリー - 料理写真:H27.05.28夜 『ブロンマサラ』と『ナン(プレーン)』

  • ラジェスタリー - 料理写真:H27.05.28夜 デザートの『クルフィ』

  • ラジェスタリー - メニュー写真:H27.05.28夜 メニューブックのうち「土釜炭火焼き料理」

  • ラジェスタリー - メニュー写真:H27.05.28夜 メニューブックのうち「インドのパン」

  • ラジェスタリー - メニュー写真:H27.05.28夜 メニューブックのうち「チキンカリー」

  • ラジェスタリー - メニュー写真:H27.05.28夜 メニューブックのうち「マトンカリー」

  • ラジェスタリー - メニュー写真:H27.05.28夜 メニューブックのうち「野菜カリー」

  • ラジェスタリー - メニュー写真:H27.05.28夜 メニューブックのうち「シーフードカリー」

  • ラジェスタリー - メニュー写真:H27.05.28夜 メニューブックのうち「デザート」

【平成27年5月28日夜訪問 5月30日投稿】
柏に所用。3日前に「鮨辰」さんを訪問したので、今宵は「ラジェスタリー」さんに。
オーナーシェフが笑顔で出迎えてくれる。
まずは、生ビール。相変わらず旨い。
料理は、『ミックスグリル』のハーフと、『ナン(プレーン)』、『ブロンマサラ』のベリーマイルドを注文。
オーナーシェフから「料理が出来るまで」と、『パパダ』が。パリパリとして旨い。ビールにも合うが、白ワインにも合う。で、白ワインのグラスを注文。マダムが白ワインのグラスを運んできた。愛妻が「マダム、いつも、肌がお綺麗ね」。愛妻は他人を褒める。私「そう云うお前も、綺麗」。
『ミックスグリル』のハーフが登場。本口コミの下に掲載した写真に見られるとおり、グリルの一部を取り除くと鉄板には野菜が敷き詰めらている。タンドリーチキン・シークカバブ・海老などのグリルも旨いが、グリルの肉などの旨味を吸い込んだ野菜も旨い。
次いで、『ナン(プレーン)』、『ブロンマサラ』のベリーマイルドが登場。愛妻が「こちらのナンは、ナンだけで食べても美味しいわね」。そして、『ブロンマサラ』は愛妻の好物。しかし、愛妻・私共々、年のせいか食が細くなり、完食が出来なくなったので、残りを持ち帰りにしてもらった。持ち帰りには、『ナン(プレーン)』、『ブロンマサラ』のベリーマイルドを、もう一人前づつ追加。
〆のデザートは『クルフィ』。これがさっぱりとしていて、カリーの後に打って付け。そして、『チャイ』。
「ラジェスタリー」さんには、何度か寄らせてもらっているが、メニューブックの写真を撮ったことが無い。で、メニューブックのうち、「土釜炭火焼き料理」(タンドール)、「インドのパン」(ナン)、「カリー」(チキン・マトン・野菜・シーフードの4種類)、「デザート」の写真を撮らせてもらった。
「カリー」の種類が豊富。オーナーシェフが腕を振るうので、旨さは一押し。サブシェフがタンドールで焼く「土釜炭火焼き料理」や「ナン」も逸品。そして、マダムの気配りの行き届いたサービス。「ラジェスタリー」さんの三位一体


【平成27年3月12日夜訪問 同日投稿】
《口コミのタイトル》オーナーシェフが作るカレーは、やはり、天下一品の味。ナンも旨い。
〔総合評価:4.2〕 (料理4.5 サービス4.5 雰囲気4.0 CP4.0 酒4.0)
3月6日昼、柏の街中で、「ラジェスタリー」さんのマダムと、ばったり。暫し、立ち話。帰宅して愛妻に報告したら、愛妻「そういえば、ラジェスタリーさんには、ご無沙汰。今度、柏に出かける時に、食べに行きましょうよ」。
で、3月12日の夜、愛妻と、「ラジェスタリー」さんを訪問。オーナーシェフが笑顔で「お久しぶり」。私「マスター、この間、マダムと会った」。オーナーシェフ「聞いてます」。マダムは、お休みの模様。
まずは、愛妻が生ビールのジョッキ。愛妻、一口飲んで「ウマっ!」。「ラジェスタリー」さんのジョッキは綺麗に洗浄され適温に冷やされているため、生ビールの旨さが生きる。ちなみに、禁酒期間中の私は、ジンジャーエール。
料理は、最初に、タンドリーチキンとケバブが入った『ミックスグリル』のハーフを注文。オーナーシェフが「出来上がるまで、どうぞ」と『パパダ』を出してくれた。生ビールに良く合う。『ミックスグリル』のハーフが登場。旨い。タンドリーでじっくりと焼き上げたタンドリーチキンとケバブは、ジューシーで旨さが満杯。
次いで、愛妻のお好みの『ブロムマサラ』のベリーマイルドと『ナン』。『ブロムマサラ』には大きな海老がゴロゴロ。愛妻が目を細めて堪能している。私もお相伴。旨い。オーナーシェフが作るカレーは、やはり、天下一品の味。そして、ベテランのサブシェフが焼く『ナン』も、相変わらずの旨さ
テイクアウトした『ブロムマサラ』、『キーマカレー』、『ナン』を、明日のランチで食べるのが楽しみだ。


【平成26年10月11日昼訪問 10月13日投稿】
《口コミのタイトル》『Aランチ』は、野菜サラダとナンまたはライス、カレーは5種類の中からチョイス。そして、ナンとライスは、お代わりが出来、これで750円はお値打ち。でも、最高のお値打ちは、マダムの気配り。
昼時に柏に所用があったので、所用の前に、「ラトリエ ドゥ ドロップス」でクッキーを買い、「ラジェスタリー」で久しぶりに昼飯。ドアを開けたら、マダムが、にっこりと微笑みながら「お久しぶりです。奥様は?」。私「今日は、別口で」。
『Aランチ』と生ビールを注文。『Aランチ』は、野菜サラダとナンまたはライス、カレーは5種類の中からチョイス。そして、ナンとライスは、お代わりが出来、ナンとライスの両方のオーダーも可能との由。これで750円はお値打ち。
そして、マダム「カレーは何にします?」。私「キーマカレー、ホットでお願いします」。マダム「骨折の具合は如何ですか」。前回の訪問は、今年の1月で9か月前なのに、よく覚えてくれている。先客は5人、私が店を出る時までに更に9人の客が入ってきたが、マダムは、笑顔を絶やさず、きびきびとした接客。マダムの気配りが、最高のお値打ち
生ビールが登場。ジョッキの洗浄が徹底していて、冷やしてある。生ビールも適温。美味い。野菜サラダを食べている最中に飲み終えたので、お代わりを注文。このような美味い生ビールを出すのは、柏界隈では、ここラジェスタリーとステーションモール新館のタバーン柏ぐらい。
オープンキッチンの中には、コックが2人。うち一人は、以前からのベテランのサブシェフで、タンドリーでの焼きを担当。残りの一人は、今年の1月訪問時とは違う若い人。カレー担当かな。マスターは、お休みとの由。『キーマカレー』が登場。マスターが作る『キーマカレー』とは、違う味。
ナン2枚、ブロムマサラ(と云うんだっけ。大きな海老の入ったカレー)のベリーマイルドとチキンカレーのホットをテイクアウト。翌12日の昼に、愛妻がブロムマサラ、私がチキンカレーでランチ。カレーは陶器の皿に移し替え、ラッピングして、電子レンジで2分程チン。ナンは、水を少々振りかけ、ラッピングして、電子レンジで1分20秒チン。以前、マスターに「ここのナンは、持ち帰りして翌日食べても美味しい」と伝えたら、マスターは、「小麦粉が違う」と、ナンの旨さが判る客の反応にご満悦の風だったが、その時のマスターの表情が、記憶から蘇った。


【平成26年1月10日夜訪問 1月11日投稿】
《口コミのタイトル》マスターの腕・心意気とマダムの気配りに、ナマステ!
昨年10月初めに左足腓骨下部を骨折。今年に入り、トレッキングステッキ2本で近距離歩行を始めた。ラジェスタリーは柏駅からちょっと離れているが、歩行訓練を兼ねて久しぶりにラジェスタリーを訪問。マダムがにこやかに迎えてくれる。
最初は生ビール。中性洗剤の洗い残しの味が全く無く、ジョッキとビールの冷え具合が良い。このような美味い生ビールを出すのは、柏界隈では、ここラジェスタリーとステーションモール新館のタバーン柏ぐらい。
注文は、シーフードカレー(海老入り、マイルド)、キーマカレー(ホット)、ナン、ラジェスタリーホームメイドのクリーミーアイス、チャイ。テイクアウトは、ミックスグリルのフルサイズ。
マダムが生ビールのつまみにと出してくれたパパダを食べながら、厨房を見ると、マスター自らカレーを作っている。ベテランのコックが焼いたナンが登場。女房は「ここのナンはナンだけで食べても美味しい」。
程無くカレーが登場。美味い。マスターが作ると、カレーの味がグレードアップする。
私はキーマカレーを完食。女房が満腹で食べ残したカレーとナンは、テイクアウトに。併せて、シーフードカレー(海老入り、マイルド)一人前をテイクアウトに追加。
家に帰り、テイクアウトの品々を開いたところ、マダムがきっちりと包装してくれているため、零れていない。
そして、今日(11日)の昼飯は、テイクアウトの品々。電子レンジでチンして温める前に、冷えている品々を試しに一口頬張ると、美味い。美味しいものは、冷えていても美味しい。
マスターの腕・心意気とマダムの気配りに、ナマステ!


【平成25年7月5日夜訪問 7月6日投稿】
《口コミのタイトル》カイロのスークで食べたケバブに匹敵する旨さのケバブ。きめ細やかなサービスとハイコラボ
お中元を出すため、柏高島屋のとら屋へ。今年春に新任の店長が、にこやかに対応。さて、どこで夕飯にしようか。来週の月曜日は、タバーン柏に予約を入れているので、今宵は和食系で寿司にしようかと女房にお伺いを立てたら、「久しぶりにラジェスタリーに行きましょうよ。あそこの料理は美味しいから」。
で、ラジェスタリーに。日本人女性のウエイトレスが、中からドアを開け、笑顔で「いらっしゃいませ」。
我々夫婦の定番は、生ビールとタンドリーチキン、その後にナン、カレー、ホームメイドのアイス、チャイだが、ケバブも捨て難い。メニューを見ると、タンドリーチキンとケバブが入ったミックスグリルが。ハーフとフルの2種類。フルを食べたら、その後にカレーやナンが食べれなくなりそうなので、ハーフを頼む。
生ビールが運ばれてくる。そして日本人女性のウエイトレス(オーナーの奥さんかな)が、「焼きあがるまで、少々お時間をいただきますので」と、パパダ(という名前だったっけ)と付け合わせのマサラを。れんず豆のちょいピリ辛せんべいは、生ビールに相性が良い。女房はそのままで、私はマサラをつけて、パパダをぱりぱり。生ビールのジョッキが空になったので、白ワインのデカンタを。冷やし加減が絶妙で、ウマ!
ミックスグリルが登場。タンドリーチキン、ケバブが美味しい。20年程前に出張でカイロに行った時に、スークの広場に面した店で、ケバブを食べた。その店は外人観光客向けの宣伝はしておらず、地元の客相手の店だったが、その店で種無しパンに挟んで食べたケバブの味が忘れられない。その後、東京をベースに日本各地を転勤し、「本格インド料理」を謳い文句にする店でケバブを食べたが、カイロで食べたケバブの足元にも及ばない。しかし、ラジェスタリーのケバブは、カイロのスークのケバブに匹敵する旨さ。「本格インド料理」と仰々しい宣伝をせずに、この旨いケバブをさり気なく出すオーナーの心意気がイイですね。
ちなみに、ここのナンも美味しい。以前、オーナーに「ここのナンは、持ち帰りして翌日食べても美味しい」と伝えたら、オーナー曰く「小麦粉が違う」。ナンの旨さが判る客の反応に、ご満悦の風。
ハーフのミックスグリルで満腹になったので、ナン、シーフードカレー、キーマカレーは、持ち帰りに。そして、女房は、ラジェスタリーホームメイドのクリーミーアイス。女房のお気に入り。このラジェスタリーホームメイドのクリーミーアイスは、HPで通信販売したら、間違いなく売れそう。最後に、チャイで仕上げ。
旨さが群を抜いている料理と、日本人女性のウエイトレスのきめ細やかなサービスの、ハイコラボを堪能しました。
※P.S.
6日の昼、持ち帰りのナン、カレーを食べた。ナンは、水を少々振りかけ、ラッピングして、電子レンジで1分20秒チン。旨い。キーマカレーとシーフードカレーは陶器の皿に移し替え、ラッピングして、電子レンジで2分程チン。キーマカレーはウマ。でも、シーフードカレーは、食べ進むと硬いものが歯に当たる。小さな木片位の大きさ。口から出して手に取ると、赤い色の小片。なんだろう。香り出しの香辛料かな。昨年10月にラジェスタリーでカレーを食べた時も、そうだった。それ以前は、そのようなことは無かったのに。臥龍点睛を欠く思い。

竹やぶ 柏本店 (そば / 北柏、柏)

[ 口コミ 133 ]

  • 夜の点数:3.0

    • [ 料理・味 3.0
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 3.0
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)

    ¥3,000~¥3,999 -

    | おすすめ用途:

  • 竹やぶ - 料理写真:せいろ

  • 竹やぶ - 料理写真:そばがき

  • 竹やぶ - 料理写真:にしんそば

  • 竹やぶ - 料理写真:水あずき&冷煎茶

風雅な門をくぐり、つづら折りの長い石段を登ると、
やがて長い暖簾が掛けられた石屋根の第二の門に辿り着く。
フランスのオートリーブという村にあるシェバルの城をモチーフにした古瓦を葺き、
割れた皿やビー玉を埋め込んだアプローチや店の内装にいたるまで意匠の狙いは感じられるが、
僕には風情ある佇まいも、フレンチ風も響かなかった。

店主の阿部孝雄氏が一門の師匠として、育てた弟子により数々の名店を生み出している功績は認める。
亀有の吟八亭やざ和さんなど素晴らしい蕎麦を提供している。
しかし、出て来た蕎麦の何とも普通な事に大きなギャップを感じた。
他のレビュアーの方もそんなギャップに戸惑い、評価が完全に分かれているのも頷ける。

限定10食の蕎麦三昧コースを注文。蕎麦がき、せいろ、にしんそば、甘味のコース。

蕎麦がき
もっちりとした食感と蕎麦の香りは良いのだが、つゆ薬味とのバランスが悪い。今日の料理全てに共通に感じた欠点、完成形への味のイメージが貧弱。もしかしたら今日は助手さんが担当したのだろうか?<評価3.0>
せいろ
蕎麦の香りは立つものの、東京なら街の普通の蕎麦屋の蕎麦との違いが見えず、つゆもエッジが感じられずインパクトも弱い。<評価3.0>
にしんそば
にしんの風味豊かな味わい、つゆの上品なバランス、それぞれは良いのだが、蕎麦&にしん&つゆが合体した完成形はなぜか不味い。にしんの濃い味に麺もつゆも完全に負けている。<評価3.0>
甘味(水あづき&冷煎茶)
最高級十勝あずきで育った北海道出身の僕はあずきを使った甘味には殊更うるさい。これは売り物にならないレベルだと思う。極普通の冷煎茶も含め、何の工夫もまして技も感じられず。<評価2.5>

本当は、北海道産の季節限定アスパラの天ぷらも楽しみにしていたのだが、
ここまでの料理の出来で、天麩羅への期待は持てず注文せずに店を出た。 

あん (焼鳥 / 増尾)

[ 口コミ 2 ]

美味しすぎる‼️

  • 夜の点数:4.5

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 3.8
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 4.0 ]
  • 使った金額(1人)

    ¥5,000~¥5,999 -

    | おすすめ用途:

  • あん - 料理写真:

お店の前の設計事務所の社長に連れてきてもらいました。
五目釜飯・つくね等最高に美味しかったです‼️
また、焼鳥がメインではありますが刺身も最高に美味しかったです。
今日は6人でお邪魔しました!
焼鳥を何種類か頼みました。砂肝を和辛子で食べたのですがとても美味しかったで〜す❗️
いわしとかつを、金目のさしみが最高っ✊
家族連れでも楽しめると思います⁉️
また設計事務所の社長にお願いして連れて行ってもらいます✌️

カレーの店 ボンベイ 西口店 (カレーライス、カフェ、ダイニングバー / 柏)

[ 口コミ 45 ]

極辛のカシミールカレー

  • 夜の点数:3.6

    • [ 料理・味 3.6
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)

    ~¥999 -

    | おすすめ用途:

  • カレーの店 ボンベイ - 外観写真:お店入り口

  • カレーの店 ボンベイ - 料理写真:カシミールカレー

  • カレーの店 ボンベイ - 料理写真:カシミールカレーと大盛りライス

出張で柏市に言った時ふと目に止まったカレー屋さん。
近くにインドカレーのお店もあるが日本の方が営業してる模様。外から見ても活気があり
人もいっぱい入っている。気になって翌日の夜に訪問。
お店に入ると大きなズンドウでカレー作っている厨房が目の前に。香辛料
のいい香りが店内に漂う。席に座ってメニュー見ると、カレーが一杯
店員さんにお薦めを聞くとカシミールカレーという事なのでそれ注文
少し待つとステンレス製の水入れとカレー、ライス登場
今回ライス大盛りで頼んだのですが人目見て量かなり多い!お皿でか!
カレーは黒っぽいカレーで大きな肉が数個浮いてるのが見えます
カレーはとろみはほとんどなく、さらっとしています。
ライスにかけて食べると香辛料が辛い!でも心地よい辛さです
粘り気の少なめのライスにカレーの味が染み込みなんともいえない。
食べ進むとだらだらと汗が。。汗を拭いながら食べ切りました。
席を立とうとするとコーヒーが付いているとの事。
コーヒーまで付いて¥1000以下なら安いじゃないか。コーヒーも美味しい
一つ残念なのはここのカレーはライスなのでナンで食べたらもっと美味しいだろうなあ。

屋台とんこつらーめん めん吉 柏駅店 (ラーメン、餃子、つけ麺 / 柏)

[ 口コミ 52 ]

ふめふめ

ふめふめ (9)

40代前半・女性・千葉県

癖がない醤油豚骨。

  • 夜の点数:3.5

    • [ 料理・味 3.5
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 3.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 3.5 ]
  • 使った金額(1人)

    ~¥999 -

    | おすすめ用途:

2回目訪問。
定番の醤油豚骨ラーメン、麺中盛、背油多目、味濃い目、マー油多目で注文。
今回は瓶ビール(モルツ)と餃子を注文。
餃子は特徴のない普通の餃子・笑
ラーメンは背油が入っているのでコッテリではあるけれど、味も濃い口位でも丁度良いのでわ?
私はコレにお酢を少々かけるのが好みです。
チャーシューは私好みでとろみがあってホロホロ系。
煮卵もついてモヤシも少々のって650円は結構お得でわ。
のせいもあってか、学生さんが多いです。駅前ってこともあるのかも。
大盛にも変更できるし、これで650円はCPが良いかも。
味は、癖のない醤油豚骨。
博多の長浜ラーメンにくらべるとあっさり醤油豚骨に感じます・笑
今度は辛子ラーメンも食べてみようと思っています。

おすすめ!

豚骨醤油らーめん (650円)

日本料理 オカモト (懐石・会席料理、魚介料理・海鮮料理、そば / 柏)

[ 口コミ 14 ]

晩酌三合

晩酌三合 (113) [携帯電話番号認証済]

30代後半・男性・千葉県

柏で人気の和食店

  • 夜の点数:4.1

    • [ 料理・味 4.2
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)

    ¥6,000~¥7,999 -

    | おすすめ用途:

  • 日本料理 オカモト - 料理写真:筍と白魚のお椀

  • 日本料理 オカモト - 料理写真:お造り

  • 日本料理 オカモト - 料理写真:焼き物

  • 日本料理 オカモト - 料理写真:

  • 日本料理 オカモト - 料理写真:山菜の天ぷら

  • 日本料理 オカモト - 料理写真:ゆば

  • 日本料理 オカモト - 料理写真:メインの手打ちそば

  • 日本料理 オカモト - 料理写真:和食っぽくないデザートですが美味しかったです^^

三月のとある平日。日頃お世話になっている方たちと四人で訪問してきました。
周囲から高評価のこちらのお店。楽しみにしての訪問です。
柏駅から柏銀座を通り抜け、とんかつの志津川さんの交差点を右折してしばらく直進。
前にレビューをしたイタリアンの『イルジリオ』さんを通り過ぎたさらに奥に位置します。
駅からはゆっくり歩くと15分くらいかかりますでしょうか。

お店に到着して席に案内されます。
扉はありませんが個室風のテーブル席に通されました。
にこやかな女将さんのお出迎え。生ビールを注文して乾杯しました。

この日いただいたお料理は5400円のコースです。
メモをなくしてしまったため、詳細は写真をご参照ください^^;

『筍と白魚のお椀』は出汁の味も優しく。滋味深い味わいで美味しかったです。
筍の歯触りもしゃっきしゃきで良かったです。てんぷらや焼き物も良い加減で満足でした。

お料理全般、盛り付けも美しく、旬の素材が優しい味わいで調理されていてとっても良かったです。
今後も利用させていただきたいと思います!

喜多そば 柏2号店 (そば、うどん / 柏)

[ 口コミ 2 ]

axis green

axis green (1351) [携帯電話番号認証済]

40代後半・男性・千葉県

コロッケそば

  • 夜の点数:3.0

    • [ 料理・味 2.9
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 3.0
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 昼の点数:3.0

    • [ 料理・味 2.9
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 3.0
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)

    ~¥999 ~¥999

    | おすすめ用途:

  • 喜多そば - 料理写真:コロッケそば360円

  • 喜多そば - 料理写真:コロッケそば360円

  • 喜多そば - 外観写真:

  • 喜多そば - メニュー写真:

JR柏駅の1,2番ホーム中頃にある”喜多そば 柏2号店”。
1番線は常磐線・各駅停車上りで、
2番線は常磐線・各駅停車下りのりば。
中央口への階段下に設けられた店舗は
昔ながらの駅蕎麦の雰囲気。
平日の21時頃伺うと先客数名が見える。
券売機で購入して店内に入り、
カウンター越しに食券を渡す。

*コロッケそば360円
 茹で置き麺をテボに入れてお湯で温め、
 スープを張った丼に入れて具を乗せる。

早速いただくと、
想像通りコシや風味とは対極に位置する蕎麦で、
モサモサでヤワヤワな細いうどんと言った方が良い。
汁は醤油と鰹の一般的なものだが、
コロッケに秘策ありだ。
十字に切込みを入れてジャガイモに十分汁を吸わせる。
この部分を食べると懐かしい肉じゃが味。
衣の油が麺と汁に行き渡り、
気持ちまろやかな風味になる。
麺とコロッケを交互に食べる。
そばに揚げ玉を乗せて、
汁で戻した乾燥マッシュポテトを乗せたら近い味になるだろう。
興味のある方は試して欲しい。
残った汁は飲み干さないで、ごちそうさま。

スーパーなどで売っている生麺は30%以上そばが入っていないと、
そばと表記できない(生めん類の表示に関する公正競争規約)。
干しそばは1割未満でもそばと表記できるが、
1割未満と表記する必要がある。
ちなみにこのような規定は立ち食いそばにはない。

どないしてまんねん (焼鳥、串揚げ・串かつ、居酒屋 / 柏)

[ 口コミ 2 ]

焼き鳥たべてまんねん

  • 夜の点数:3.5

    • [ 料理・味 3.6
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.2
    • | CP 3.2
    • | 酒・ドリンク 3.0 ]
  • 使った金額(1人)

    ¥2,000~¥2,999 -

    | おすすめ用途:

  • どないしてまんねん - 外観写真:お店の正面

  • どないしてまんねん - 料理写真:ハツ

  • どないしてまんねん - 料理写真:

  • どないしてまんねん - 料理写真:

柏駅前で寝る前にちょっと飲んで行くかとふと立ち寄った焼き鳥屋さん
一杯と焼き鳥ちょっと食べて眠ろうかと気軽に入ってみました
カウンターに座って見ると、キャベツはおかわり出来る模様。
取り敢えず生中と、 もも、せせり、ハツ、レバーを注文。
出て来た串で印象に残ったのはハツ。
沢山串に刺さっていて結構量がありますハツ少なめのお店が多いので。焼き鳥や
せせりもちょっと太め。
レバーは良く火が通っていたので店員さんに聞いて見ると昔はレアに近い状態で
出していたが今は何かあるといけないので、との事。
時代が時代なので仕方ないですね。とはいえ美味しくいただきました。
お店を出てホテル入り口探してたら大将がお店から出てきて入り口
教えてくれました。ちょっとした心遣いが嬉しかったですね

かに福 柏店 (ふぐ、かに、懐石・会席料理 / 柏)

[ 口コミ 1 ]

  • 夜の点数:4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 4.0 ]
  • 使った金額(1人)

    ¥10,000~¥14,999 -

    | おすすめ用途:

  • かに福 - 料理写真:ふぐ鍋

  • かに福 - 料理写真:お通し

  • かに福 - 料理写真:かに酒

  • かに福 - 料理写真:ヒレ酒!たまらなくうまい!

  • かに福 - その他写真:水槽のフグ

  • かに福 - 料理写真:

  • かに福 - 料理写真:テッサ ふぐの刺身です

  • かに福 - 料理写真:ふぐの唐揚げ

  • かに福 - 料理写真:かにの刺身

  • かに福 - 料理写真:かにみそ

  • かに福 - 料理写真:かにしゃぶ

  • かに福 - 料理写真:ふぐの白子大 逸品です

食べログ初です!

我孫子在住ですので、我孫子、柏周辺をメインに食べ歩きしてます。

今までは、食べログを見る側でしたが、どうしても口コミを書きたいお店があったので食べログに登録しました。
そのお店がこちら「かに福」です。ここ3ヶ月位で5回は行ってますかね。

今まで柏で蟹を食べる時は某かに本店がメインでしたが、これからは「かに福」に世話になりそうです。
柏東口の裏通りにある、隠れ家風のお店で、店内には水槽がありフグが泳いでます。

店内の雰囲気は落ち着いており接待にも利用出来ます。まだオープンして2年位らしいのですが、お客さんはどんどん増えてる感じがします。

肝心の料理ですが、カニもフグもとにかく美味しい!!
カニはしゃぶしゃぶ、フグはテッサと唐揚げが個人的に好きです。
フグの白子はふわとろ濃厚でやばいです。うますぎる。

そこにヒレ酒が最高にあうね〜。何杯も呑めちゃう。

単品でいろいろ食べるのも良いですが、コースの方がお得でお腹いっぱいになります。

私が最初に家族で行ったときに子供3人がとにかく落ち着きなくて騒がしかったのですが、
お店のスタッフの男性がとっても親切で、子供に紙とペンを用意してくれて、子供は喜んでお絵描きタイムです。
そういう心遣いって簡単そうで、誰でも出来るもんじゃないですよね。

私が4.5を付けさせて頂いたのは、このような美味しい料理を落ち着いていただけるように、気遣いをして頂いた接客が大きいです。5にしなかったのは、伸びしろに期待してるだけです。

一つ言うならば、茹でカニの身がカニスプーンで取りにくい事かな。特に足の根元部分?
茹でカニの足の根元部分はだいたい取りにくんですけど、この間のは特に取れなくて結構残しちゃいました。言えば取ってくれたのかもしれないですけどね。。

まぁ、そんな事は大した事ではないです。

このお店の横に「吉里」という鰻屋がありまして、こちらも同系列で、先日初めて行きましたが、
ひつまぶしめっちゃ美味しかったです。〆のお茶漬けが最高でしたね。

これからも通わせて頂きます!ごちそうさまでした!


鮨辰 柏店 (寿司、懐石・会席料理、魚介料理・海鮮料理 / 柏)

[ 口コミ 9 ]

晴遊雨読

晴遊雨読 (77) [携帯電話番号認証済]

60代後半・男性・千葉県

  • 夜の点数:4.2

    • [ 料理・味 4.8
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク 4.5 ]
  • 使った金額(1人)

    ¥5,000~¥5,999 -

    | おすすめ用途:

  • 鮨辰 - 料理写真:H27.03.22夜『あわびの刺身』

  • 鮨辰 - 料理写真:H27.03.22夜『あわびの肝』

  • 鮨辰 - 料理写真:H27.05.07夜『蝦夷あわびの刺身』

  • 鮨辰 - 料理写真:H27.05.07夜『本鮪大トロの刺身』

  • 鮨辰 - 料理写真:H27.05.25夜『蝦夷あわびの刺身』

  • 鮨辰 - 料理写真:H27.05.25夜『本鮪大トロ・金目鯛の刺身』

  • 鮨辰 - 料理写真:H27.05.25夜『鱸のかま焼き』

  • 鮨辰 - 料理写真:H27.05.25夜『あさりの味噌汁』

【平成27年5月25日夜訪問 5月26日投稿】
柏に所用。最近、上から目線のサービスの押し売りをしたり、自店のハウスワインの味の変化に気が付かないホールスタッフのいる「レストラン」に食傷しているので、《食あたりを回避》しようと、「鮨辰」さんに。今宵、食べた4品の写真は、下の8枚の5枚目~8枚目です。ご覧あれ。
今宵は、店長(今年3月訪問時の花板さん)が、「いらっしゃい」。L字形カウンターの短辺のいつもの席に座る。白木のカウンターが広々としていて、落ち着ける。
愛妻は、定番の『蝦夷あわびの刺身』。愛妻は、満足げな笑顔。半分ほど食べたところで、店長に「本鮪の大トロと、あと何か、生きのいいものを一品、刺身で」。店長「金目鯛がいいですよ」。食した愛妻は、大いに満足した様子。
私は、『鱸のかま焼き』、旨い。 熱燗の日本酒がすすむ。
〆は、『あさりの味噌汁』。砂を綺麗にはかせており、身が芳醇。白味噌仕立ての汁が、これまた旨い。
蝦夷あわび・本鮪大トロ・金目鯛の刺身、鱸のかま焼き、あさりの味噌汁、全て旨い!
アルコールは、生ビール2杯、日本酒2合、柚子酒のトリプルのロック。何れも甘露。
会計は、1万1,185円とお手頃価格。
次回からは、前日に予約することとした。


【平成27年5月7日夜訪問 5月8日投稿】
《口コミのタイトル》蝦夷あわびの刺⾝が、相変わらず旨い
〔点数〕総合3.6(料理:3.2 サービス:3.0 雰囲気:3.5 CP:3.0 酒4.5)
GW期間中は混むだろうからと、GW明け初日の7日夜、愛妻と夕飯を食べに柏に。愛妻が「ここのところ、フランス料理なんかが続いたから、鮑と鮪の刺身が食べたい」。で、そごう12階の「鮨辰 柏店」さんに。
◎料理(評価平均:3.2)
○『蝦夷あわびの刺身』(評価:4.7)
愛妻が、目を細めて食べている。
○『本鮪大トロの刺身』(評価:3.0)
今宵は、まあまあだった。
○『金目鯛の兜焼き』(評価:2.0)
カマの部分を先に食べたが、焼きが足りないので、兜の部分はもう一度火を入れてもらったが、焼きが未だ足りない。帰宅しても、臭いが残った。
○『オコゼの唐揚げ』(評価:3.0)
もっと、カリッと揚げてもらえば、頭も食べられる。
◎酒(評価:4.5)
生ビール、日本酒のヌル燗・熱燗、ゆず酒のロック、全て甘露。
◎サービス・CP(評価:共に3.0)
◎雰囲気(評価:3.5)
店内の掃除が行き届いている。白木のカウンターは広々としていて、落ち着いて食べ・飲むことが出来る。愛妻がお気に入り。

【平成27年3月22日夜訪問 3月28日投稿】
《口コミのタイトル》鮑・本マグロの大トロの刺身、シマアジのカマ焼きが、美味。そして、リーズナブル
〔点数〕総合4.1(料理:4.5 サービス:3.0 雰囲気:3.5 CP:3.0 酒4.5)
愛妻のアメジストのネックレスの紐が切れたので、柏駅東口の「ハギワラ」さんに修理を依頼していたが、出来上がったので、いただきに。顔なじみの店員のHさんが笑顔で「はい、出来上がっています」。101個のアメジストの玉と留め金が綺麗に磨かれ、新品のように輝きを取り戻している。流石、老舗の「ハギワラ」さん。
で、どこで、夕飯を食べようか。愛妻の「鮑と大トロの刺身」とのご託宣に従い、そごう柏店12階の「鮨辰」さんへ。
前回と同じく、広々としたL字形カウンターの短辺で壁際の席に座る。この位置は、板前さんの手元が見える。
花板さんに「鮑一杯。刺身で。肝は、酢で〆て私に」。
ジョッキが綺麗に洗われていて適温の旨い生ビールを飲みながら、花板さんの包丁捌きを見る。使い込まれた包丁で手際よく肴を捌いている姿は、恰もショー。
『あわびの刺身』と『あわびの肝』が登場。『あわびの刺身』を食べる愛妻の口元から「コリコリ」と噛む音が聞こえる。次いで、『本マグロの大トロの刺身』。口に運んだ愛妻が目を細める。
『あわびの肝』もオツな味。日本酒の燗が良く合う。私は、次いで、『シマアジのカマ焼き』、これも日本酒の燗に合う。
愛妻にと、花板さんにお勧めを刺身で出してもらう。登場したのは『みる貝』と『あかむつ』の刺身。愛妻がご満悦。
本日の会計は、アルコールを含め総額1万2,910円。リーズナブル。愛妻は、これで暫くは、ご機嫌だ。

【平成26年5月31日夜訪問 6月1日投稿】
《口コミのタイトル》鮑・大トロの刺身、ブリカマの塩焼きが、美味。
〔点数〕総合4.1(料理:4.5 サービス:3.0 雰囲気:3.5 CP:3.0 酒4.5)
友人の新築祝いに、シャブリを送るため、柏そごうに。
さて、夕飯は、どこにしようか。愛妻から「鮑(の刺身)を食べたい」とのご託宣。先日、所用で行った仙台の駅ビルの中の「塩竃すし哲」で食べた鮑をイメージしているようだ。しかし、柏では、「鮑」を頼むと断り無しに「とこぶし」を食べさせるビッグチェーンの寿司屋が柏高島屋ステーションモールには有るものの、鮑となると・・・。そういえば、柏駅東口の市役所に行く途中に、ホンモノの黒鮑を刺身で食べることが出来るものの、客に酒をせびる店主の板前が居て、その後、足が遠のいていたら、いつの間にか、閉店していた寿司屋があったっけ。
で、これまで、訪問したことが無いが、ダメ元でと、柏そごうの12階に有る「鮨辰」に。
広々としたカウンターに座り、「鮑と中トロ、刺身で。女房に」。小ぶりの鮑一杯と中トロ3切れを盛った皿が愛妻の前に。鮑を食べた愛妻は、満足のご様子。しかし、中トロを食べた愛妻の表情は、まあまあ。板さんが切っている大トロを見た愛妻が、「あちらの方が、いい」。大トロの刺身を追加注文。食べた愛妻に笑顔が。で、中トロは、私に払下げ。確かに、まあまあ。ほかに、ヤリ烏賊と赤貝の刺身を注文。こちらも、まあまあ。
一方、私が注文したブリカマの塩焼きは、美味。ほぐした身にスダチを絞りかけ、愛妻に進呈したところ、愛妻曰く「おいしいわ」。日本酒のぬる燗を、追加注文。
最初に頼んだ生ビールは、グラスが綺麗に洗ってあって洗剤の残味が無く、美味かった。そして、愛妻にと注文した「ゆず酒」のロックに、愛妻は、いたくご満悦。
愛妻が、また、鮑の刺身を食べたくなったら、「鮨辰」を訪問することにしよう。
ところで、自宅に帰り、食べログさんで「鮨辰」を調べたら、「北辰」の直営店との由。船橋に出かけた際には、必ず、船橋東武地下1階の「北辰寿司」のコーナーに立ち寄り、寿司のパックを購入し、女房のご機嫌伺いをする習慣が定着しているが、「鮨辰」は、あの「北辰」の経営だったんだ。だから、美味くて、当たり前。 

平城苑 柏店 (焼肉 / 柏)

[ 口コミ 27 ]

Angel1

Angel1 (6)

女性・千葉県

柏では一番行く焼肉屋

  • 夜の点数:3.0

    • [ 料理・味 3.0
    • | サービス 2.5
    • | 雰囲気 3.0
    • | CP 2.5
    • | 酒・ドリンク 3.0 ]
  • 使った金額(1人)

    ¥6,000~¥7,999 -

    | おすすめ用途:

  • 平城苑 - 料理写真:牛タン

  • 平城苑 - 料理写真:カルビ

  • 平城苑 - 料理写真:ホルモンセット

家族や会社の同僚と月一ぐらいで行く焼肉屋。
上品な感じとお肉の質がお気に入りです。
あっさりしてる焼肉なので食べやすいのが良いと思います。
もたれない感じかしら。
トッポッキもチーズがとろ〜りかかっていてオススメです。
行くと必ず注文します。
サラダなどは普通の焼肉屋さんと同じですが、
しつこくない味付けなのでいっぱい食べれますし、室内の雰囲気もシンプルなので清潔感があり、女子にはポイントが高いところですね。
ホルモンのセットなどはイロイロな種類を少量づつ楽しめます。
柏では一番行く機会が多い焼肉屋さんです。

竹やぶ 柏本店 (そば / 北柏、柏)

[ 口コミ 133 ]

柏の有名店

  • 夜の点数:3.8

    • [ 料理・味 3.8
    • | サービス 3.8
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 2.8
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)

    ¥3,000~¥3,999 -

    | おすすめ用途:

  • 竹やぶ - 料理写真: 柔らかくてきめ細かい美味しいそばがきです

  • 竹やぶ - 料理写真:10割田舎蕎麦

  • 竹やぶ - 料理写真:天ざるの天麩羅

  • 竹やぶ - 外観写真:お店入り口

柏市に行く機会があり、一度訪れてみたかった竹やぶ柏店。
箱根店は何度か行ったことがあるのですが本店は初めて。期待を込めて門をくぐる。
お店は外観いかにも高級店って感じ。内装もわびたいい感じです
最初にそばがきと天ざる蕎麦を注文、最初にでてきたそばがき、木のお椀に入って出てくる。
腕の蓋を取ると予想外。最初に肉まんかwと思える形で暖かい蕎麦湯に入っています
あとはスタンダードな醤油だけ。食べてみると柔らかあ!
ものすごく柔らかいお餅の様な食感。なかなかいける、、
天ざる蕎麦、10割がまだあったので10割で出してもらえたのですが、
天麩羅、丸い。つけ汁は暖かい。早速天麩羅をつゆに。
衣は厚いけどふわふわ。箸で簡単に崩せるしつゆにうまく溶け込む。
天麩羅の衣がつゆに溶け、お蕎麦をつけるといい味わい。
中の海老も暖かくプリプリ。つゆも柚子かな?柑橘類で香り付けしてある
肝心のお蕎麦。何もつけずに食べる。うーん。期待値が大きかった分、期待値程は。
美味しいのですけど、時期のせいか、時間帯のせいなのか香り、味もちょっと薄い気がする
つゆはとても美味しいので残さず完食
普通の辛汁も味わいたかったのでもりを追加。こちらは10割ではなく普通のもり。
蕎麦だけ味わってみるとやはり香り、味の濃さ共に期待ほどでは。
だが蕎麦をつゆに浸けて食べると抜群の美味しさに。
蕎麦つゆは抜群の出来ですね。
蕎麦湯入れて飲むと美味しい。
今の季節は初夏だし、閉店間際でしたので次再訪する時は新蕎麦の季節の
昼にお伺いすれば本当の味が味わえるのかな?


つけ蕎麦 六文銭 (そば / 柏)

[ 口コミ 24 ]

意表をつく味のお蕎麦屋さん

  • 夜の点数:3.6

    • [ 料理・味 3.5
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.0
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)

    ~¥999 -

    | おすすめ用途:

  • つけ蕎麦 六文銭 - 料理写真:豚しゃぶつけ蕎麦のつけ汁

  • つけ蕎麦 六文銭 - 料理写真:田舎400g

  • つけ蕎麦 六文銭 - 外観写真:お店外観

仕事帰りに柏駅前でどこで食事しようかと歩いて居たら看板につけ蕎麦・・・
何処かの記事かネットで見た記憶があり、柏駅前にあったのか。これは入らねばと
衝動でお店に。吉と出るか凶と出るか。
入店すると券売機があり店員さんにお薦め聞いてみる。豚しゃぶ蕎麦がお薦めみたいですが
一番人気のシールのある魚介つけ蕎麦にしてみる。
暖かいお蕎麦と冷たいのがあるそうで、量も300gと400gを選べる。料金も一緒!
お蕎麦屋さんで400g?それも780円。安い。この時点で不吉な予感が。
お薦め聞いてみると初めては暖かいのがお薦めとの事なのでそのまま注文。
しばらく待って出て来たつけ汁、釜飯の釜に入って出てくる
お蕎麦は丼に。もやし等野菜乗ってて本当にラーメンみたい
店員さんが岩塩だけ付けて食べてみると違った味わいだと。
まずつけ汁ではなく塩で一口。ああ、歯ごたえのある田舎蕎麦。細めの田舎蕎麦でしたが
しっかりとした蕎麦の味と香りもする。この時点で評価上がる。
つけ汁に付けて食べてみると、、魚介ラーメンのスープそのもの。初めての味、、
しかし・・不味くはない。むしろ美味しい。不思議な味わいです
ここの普通の蕎麦のつけ汁も知りたくなり翌日訪問。
ざるを注文、出て来たお蕎麦、関東地域らしい少なめの辛汁です。蕎麦単体で塩で食べてもいける
お塩で食べれるお蕎麦味の濃いお蕎麦でないと合わないんですよね。
続いて豚しゃぶ蕎麦。温かいもので頼んでみる。
これはつけ蕎麦の汁の味は魚介より好みかな、普通にうまい。しかし、ラー油が入ってる。
硬めの田舎蕎麦なのでつけ麺風にしても違和感ないのでしょうね

入店前は味が想像つかずチャレンジ感覚で入りましたが、蕎麦の麺自体の味も良く普通に塩で食べてもうまい。
翌日冷たい汁のつけ麺食べに夜行きましたが日曜は昼だけ、、Orz
蕎麦好きの方は一度こういう食べ方もあるって感覚で訪れてもいいかもしれません。
CPはお蕎麦屋さんでもかなりいいと思います。

明月苑 (焼肉、ホルモン、韓国料理 / 柏)

[ 口コミ 35 ]

柏の叙○苑 焼肉 明月苑

  • 夜の点数:4.2

    • [ 料理・味 4.2
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)

    ¥5,000~¥5,999 -

    | おすすめ用途:

  • 明月苑 - 外観写真:外観

  • 明月苑 - 外観写真:外観

  • 明月苑 - 内観写真:内装

  • 明月苑 - 内観写真:テーブル席

  • 明月苑 - 内観写真:サインだらけ

  • 明月苑 - 内観写真:朝5時まで営業

  • 明月苑 - メニュー写真:メニュー 1967創業

  • 明月苑 - メニュー写真:メニュー

  • 明月苑 - 料理写真:まずは色々なタレが

  • 明月苑 - 料理写真:千枚刺し

  • 明月苑 - 料理写真:ミックスキムチ 700円

  • 明月苑 - 料理写真:大きなカクテキ

  • 明月苑 - 料理写真:ナムル 500円

  • 明月苑 - 料理写真:特上タン 1600円

  • 明月苑 - 料理写真:厚みもあり大きい

  • 明月苑 - 料理写真:特上タン焼中

  • 明月苑 - 料理写真:特上ロース 1500円

  • 明月苑 - 料理写真:特上ハラミ 1200円

  • 明月苑 - 料理写真:特上ハラミとカルビ

  • 明月苑 - 料理写真:特上ロース焼中

  • 明月苑 - 料理写真:ホルモン 900円

  • 明月苑 - 料理写真:特上ハラミ

  • 明月苑 - 料理写真:コムタンクッパ 900円

  • 明月苑 - 料理写真:ユッケジャンクッパ 900円

  • 明月苑 - 料理写真:ユッケジャンクッパ

  • 明月苑 - 料理写真:テール肉もたっぷりで旨い

  • 明月苑 - 料理写真:カルビ1000円

  • 明月苑 - 料理写真:生野菜 600円 ドレッシングもおいしい

所用で馬橋に来た帰り道に寄ったお店

馬橋からも近い松戸か柏に出て焼肉にしようという事になり、検索しこちらが個人的には1番気になったので車で柏に向かう事にした
馬橋と比較するのもアレだが柏駅前はやはり賑やかです
明月苑さんは柏駅からは少し離れた場所にある

外国人も多い地域で場所柄か朝5時まで営業しているなんてのも実に頼もしい

昔は明月館、京城苑なんて焼肉屋さんは良く見かけたが、最近はあまり見なくなって来た
砂場や大勝軒見たいに暖簾分けなのか良く分からんが、多分、中華の五十番とか来々軒見たいに自然と多く使われてた屋号なのだろうと思う

最近はホルモン屋なのかラーメン屋なのから良くわからない焼肉店ばかり目に付くが、自分は「苑」や「軒」が付く屋号の店にはなんとなく惹かれてしまう

こちらのメニューは上、特上、骨付き、と言った王道中のわかりやすいメニューばかりで、マルなんちゃら、サンカクなんちゃらといった難しいメニューはないので楽だ

千枚刺し、ナムル、キムチ類をまずはオーダーし
続けて特上タン(1600円)特上ロース(1500円)特上ハラミ(1200円)に普通のカルビ(1000円)を追加

昔ながらのガスロースター(一応無煙)で焼くが煙は吸い込みはあまり良くはない

しかしお肉はどれも大きく厚みがあり食べ応えがある
中でもこの日は、特上ハラミは1200円という値段のわりに厚み、大きさともに文句無しでコスパ面でもかなり優秀。 カルビだけ並を頼んで見たが、カルビも上に近いレベルだろう
唯一特上ロースだけは普通のレベルだったのが少し残念ではあったものの総合的はかなりの満足出来た
クッパもユッケジャン、コムタン両方頼んだがどちらもうまかったし、どれも予想以上にボリュームがありかなり腹がくるしくなってしまった

柏レイソルの選手が良く来るようだが、自分も柏に住んでいたらきっと通ってしまうと思う

レストラン アンジュール (野菜料理、居酒屋・ダイニングバー(その他)、洋食・欧風料理(その他) / 柏)

[ 口コミ 13 ]

  • 夜の点数:4.0

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)

    ¥4,000~¥4,999 -

    | おすすめ用途:

  • レストラン アンジュール - 料理写真:ニンジンのパイ包み焼き

  • レストラン アンジュール - 料理写真:アボカドの冷製スパゲティ

  • レストラン アンジュール - 料理写真:スズキのポワレ

  • レストラン アンジュール - 料理写真:カブとトマトのサラダ

  • レストラン アンジュール - 料理写真:ナスのパイ カラメルアイス添え

  • レストラン アンジュール - 料理写真:冷たいタマネギのスープ

  • レストラン アンジュール - 料理写真:プチバゲット

訪問日 : 2015年5月XX日 (X曜日) ディナータイム  同伴者 : ロビン  お会計 : ¥8,600

オーダーメニューとコメント 

共通

野菜のコース ¥8,600 (¥3,800×2+¥500+¥500)
<構成>
ノンアルコールスパークリングワイン ¥500 ※1
ペリエ ¥500 ※2
カブとトマトのサラダ 
冷たいタマネギのスープ
ニンジンのパイ包み焼き ★ セ・テ・トレ・ボン! 
プチバゲット ※ おかわり可
アボカドの冷製スパゲティ ★ セ・テ・トレ・ボン!
スズキのポワレ 
ナスのパイ カラメルアイス添え 
ホットストレートティー ※1
エスプレッソ ※2

 ※1は、ブルースのオーダー
 ※2は、ロビンのオーダー


ロビンのつぶやき・・・
 カブとトマトのサラダは、カブらしさとトマトらしさがしっかり引き出されているサラダ・・・シンプルでありながら、コースへの期待を非常に高めてくれるスターター。冷たいタマネギのスープは、非常になめらかな口当たりで、タマネギの甘味もあって、いわゆるオニオンスープと違って、こういうのもいいなぁと思わせる仕上がりでした。ニンジンのパイ包み焼きは、この日の大ヒット料理・・・ニンジンの甘味を出し切っているというか・・・これは、何度も唸ってしまいました・・・半身のニンジンをこれだけ美味しく食べさせてくれるなんて・・・サクサクのパイやパイ包みのニンジンと味がかぶらないニンジンのスープもまた効果的なアクセントになっていて、ちょっとこの料理は美味しすぎます。アボカドの冷製スパゲティは、隠れ素材のわさびがアボカドのクリーミーさを引き立てていて、シャキシャキしたタマネギのピリリ感がよい塩梅で、スパゲティも冷水でよく〆てあって、精度の高い味わい・・・非常に美味しかったです・・・ボリューム的にもうちょっと食べたかったくらい(夏に向けてまた食べたくなる感じ)。スズキのポワレは、皮目パリパリ、塩の使い方も非常に上手いですね。身もふっくらして、白ワインバターのソースとの組み合わせも鉄板の味わいで、アスパラ、トマト、キャベツ、エンドウ、ソラマメなど季節の付け合わせ野菜も美味しかったです。ナスのパイ キャラメルアイス添えは、キャラメリゼされたナス(甘く味付けされたナス)なんてとても斬新ですが、違和感なくいただける感じで・・・ほろ苦いキャラメルアイスも美味しかったです・・・パイはコースの組み立てとしては2度目ですが・・・。

ひよこ (焼鳥、居酒屋 / 柏)

[ 口コミ 9 ]

LupinLupin

LupinLupin (46) [携帯電話番号認証済]

40代前半・男性・千葉県

デートでも使える上品焼鳥店

  • 夜の点数:3.9

    • [ 料理・味 4.2
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク 4.0 ]
  • 使った金額(1人)

    ¥5,000~¥5,999 -

    | おすすめ用途:

  • ひよこ - 外観写真:外観

開店当初から何度か家族で利用してます。
柏一小通りにある大山鶏使用の上品な焼鳥店"ひよこ"

"ひよこ"という名の焼鳥店ってどうよ、、、という議論?笑はさておき、レベルは非常に高くセンスの良い店だと思います。恵比寿とかにありそうなお店。いろんな意味で(^^)

店内は焼鳥店とは思えない程、ゆったりしてて綺麗な内装。20代の時なら確実にデートに使っていたであろう女性ウケする店構え。
でもその年代には少し値段が高めなのかな?柏という土地がらもあるし、、最近は平日は空いているのかな、クチコミも少ないし。

肝心な料理はどれもかなり美味しいです。特にレバ関係ともも肉一枚焼きはオススメ。火入れ加減も良い。鶏以外のメニューも外しません。
ドリンクも充実していて、当初から日本酒は獺祭など流行りどころを確実に抑えているし、焼酎も充実、自家製のアルコールも充実、子連れでも楽しめるようソフトドリンクも充実です。

ただしサービス面。接客そのものは感じ良く気持ち良いのですが、週末混雑時のオペレーションはかなり今ひとつ。料理提供が極端に遅くなります。
まあ、昨今の飲食店人手不足が影響?

汚くて安くて美味い焼鳥屋は沢山ありますが、この店は柏では珍しく、綺麗で高くて美味い焼鳥店なので、もっと流行ってずっと続けてほしいな、、と思う今日この頃です。
もちろん、綺麗で安くて美味い店の方が良いのは言うまでもありませんが(^^)

無添くら寿司 南柏店 (寿司 / 南柏)

[ 口コミ 2 ]

値段なりの味

  • 夜の点数:3.1

    • [ 料理・味 3.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 2.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)

    ~¥999 -

    | おすすめ用途:

よく出かけるいつも混んでいる回転寿司の店

二貫で100円のものや一貫で200円のものまで値段は様々。

一貫200円のものはトロなどの高いネタが中心。
美味しいですが、この値段ならちゃんとした寿司屋に行くほうがいいと思います。

回っている寿司もありますが、たいていの場合はタッチパネルから注文している人がほとんど。
ベルトコンベヤーで目の前まで握りたての寿司が届きます。

寿司の他にラーメン、海鮮丼、デザートなど様々。
しかし、海鮮丼ばまずく、ラーメンもコンビニで売っているような味です。

二貫で100円でオススメなのは炙り系です。

普通の寿司屋にあるネタはどれもいまいちです。
シャリも甘いし、寿司ロボットが握っているだけあって、シャリが口の中でうまくほどけません。
と思っていましたが、昼に食べた時はちょうどいい甘み、酸味でした。

限定のうな丼は結構美味しいです。

値段の割には美味しいネタを探すのがこのお店の楽しみ方かもしれません。
そうすれば値段の割にはそこそこ楽しめます。

頼んですぐに食べられるので早く食べたいときにもいいお店です。

家族連れが来ている人が多くて、子供には楽しいお店です。
騒がしい感じなので、静かに食べたい人には向きません。

混んでいることが多いので事前予約がオススメです。

カレーの店 ボンベイ 本店 (カレーライス、インドカレー、カレー(その他) / 柏)

[ 口コミ 134 ]

ふめふめ

ふめふめ (9)

40代前半・女性・千葉県

やっぱ辛い!

  • 夜の点数:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 4.0 ]
  • 使った金額(1人)

    ~¥999 -

    | おすすめ用途:

2回目訪問。
1回目は西口店で人気のカシミールカレーを。
激辛なのを覚悟で食べましたが、半分位で口の中がMAX状態に。
水をのみのみ完食。お後に珈琲が出ますが、完食後に飲むと口の中が更にMAXになるので注意です・笑
2回目本店訪問。
カシミールはちょっと無理だなと思いボンベイカレーと迷ってインドカレー(辛口)を注文。
サラっとしたルーに一口位のチキンが3個くらい入っています。
インドカレーは残り3分の1で口の中がMAX!
美味しいけれど、次回は普通の辛さのボンベイカレーにします。それかドライカレーもきになりました!
辛さを求めている人にはオススメ!サラリとして味もあるけれど辛さがハンパない!でも一番人気なカシミールを挑戦してみてください。

おすすめ!

カシミール(激辛口) (900円)

カレーの店 ボンベイ 西口店 (カレーライス、カフェ、ダイニングバー / 柏)

[ 口コミ 45 ]

「にがみ」と「こく」

  • 夜の点数:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 3.0 ]
  • 使った金額(1人)

    ~¥999 -

    | おすすめ用途:

柏に出張した日にお邪魔しました。もうこれが4回目かな。毎回、柏に出張の際にはお世話になっているのです。場所は柏駅の南口を西側に降りて、そまま線路と平行に南に2~3分歩いた右側。小さな喫茶店のようなお店ですが、入って目の前が比較的広めのキッチンなのに驚かされます。この日は出張仕事終わりに行ったので結構遅い時間帯(たぶん10時過ぎ)でしたが、ほぼ満員。客層はサラリーマンと学生さんの中にご夫婦らしきカップルが1組って感じです。LOが23時半と遅いのもサラリーマンには嬉しい限りです。(この時間帯は牛丼かラーメンしか選択肢がないことが多いですからね。)
さて、これまで数種類のカレーを食べてみましたが、この日はポークカレー(800円)のご飯大盛り(+100円)を頂きました。ポークカレーは他のメニューのインドカレーやボンベイカレーのような辛さはないのですが、程よい苦みとこくと香辛料の深みが絶妙。豚のバラ肉もしっかり煮込まれていて柔らかく甘みが出ていて、自分としては一押しです。オニオンのピクルスも甘酸っぱくて美味。食後のデミタスコーヒーと一口チョコレートで口直しをして〆ます。これで900円は納得の内容。
食べながらキッチンを見ていると、どなたかが注文されたドライカレーを作っておられてフライパンから美味しそうな香りと音が。。。次回はドライカレーに挑戦してみるか! また、寄せて頂きます。ごちそうさまでした。

燕楽 (とんかつ、かつ丼・かつ重 / 北柏)

[ 口コミ 18 ]

  • 夜の点数:2.8

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 2.3
    • | 雰囲気 2.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 3.0 ]
  • 使った金額(1人)

    ¥2,000~¥2,999 -

    | おすすめ用途:

17:55着、一人で訪店しました、初めての訪問です。
他に客はおらず店にはご主人一人、カウンターに着席、予めメニューは調べてありましたので、実力を見るためにロースかつ単品と瓶ビールを注文。
あらためてメニューを見てみますと、ランチ定食とかつ丼等がリーズナブルでお昼は人気がありそうです。
ご主人から、揚げるのに20分くらいかかりますと事前にお話があり、そのくらいは当然ですので「ぜんぜん問題ありません」と答え、ビールを飲みながら待ち時間を楽しみました。
20分くらいたったころ配膳されてきました、他の方の口コミにも書かれていましたが、厚みが2cmくらいのボリューム感タップリの「ロースかつ」です。
美味しいです(ただし、個人的には厚み12~15mmくらいが好きです)、キャベツもギュッと押えて半球状にしてありますので、食べ易くて量もとんかつにマッチするくらいタップリです。
料理(ロースかつ)はGood、他の定食やかつ丼も美味しいと想像がつきます。
以下が残念に思ったことで、少しでも改善されればと思います。
・店の内部がとにかく雑、CRC-556(潤滑剤スプレー)を客から見えるようなところに置いておくのはどうかと思います。
 これは一例で、トイレもしかりでスッキリとした雰囲気を客のために整えようという意識が希薄なようです。
・私がロースかつを食し始めて少し経ったころ、女性が厨房に入ってきましたが、「いらっしゃいませ」の一言も無し、まあ、この程度はよくあることですが。
・次に、この女性がカウンターに有るソース、割り箸入れ等の整え(中身の確認や位置整え)を始めました、夜の開店は17:30からですので、それに合わせてやっておくべきことだと思います。

私は「汚な旨い店」は好きなほうなのですが、この「汚な」は調度品や内装が古い、傷だらけ、汚れている、等のだけで店自体は整頓されていて清潔です。
燕楽さんは、割り切ってランチを食べるには良い店なのでしょう。

ページの先頭へ