柏 レストラン 口コミ検索 (1ページ目) [食べログ]

柏市のレストランの口コミ一覧

柏市にあるレストランのお店について書き込まれた5,845件の夜の口コミを更新日順にご覧いただけます。
気になっていたレストランのお店の口コミ・評判が簡単にご覧いただけます。

「柏市」「レストラン」で検索しました。

これらの口コミは、ユーザーの方々の主観的なご意見・ご感想であり、お店の価値を客観的に評価するものではありません。あくまでも一つの参考としてご活用ください。 また、これら口コミは、ユーザーの方々が訪問した当時のものです。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。 詳しくはこちら

120 件を表示 5845

表示件数:
表示形式:

プリュファン (ビストロ / 柏)

[ 口コミ 2 ]

手捏ねのこだわり

  • 夜の点数:3.7

    • 料理・味 3.7
    • | サービス 3.7
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク -
  • 使った金額(1人)

    ¥2,000~¥2,999
  • プリュファン - その他写真:ソーセージ(豚肩ロース、羊とミックスハーブ)

  • プリュファン - その他写真:豚の内臓のグラタン

  • プリュファン - その他写真:パン

  • プリュファン - その他写真:自家製ベーコン(サービス?)

 「ちいき新聞 柏北版」のNEWグルメスポットで紹介されていたので気になって訪問しました。
手作りソーセージがウリの豚肉特化なビストロだそうです。面白そうだと思って行ってみました。
場所はウラ柏というのでしょうか?居酒屋や古着ショップが並んだ一角にあります。キレイに
リフォームされてるけどこの店も以前は服屋さんだったような…。中はカウンター席が3~4席、
4人用テーブルが3つほどでとかなり小ぢんまりとしていてシェフと奥様のみで運営されてます。
 カウンターに座ってメニューを見ると、1ページ目にソーセージメニューが7種類ほど。定番の
豚肉の他にも羊、鶏、キノコ入り、チーズ入りなどバリエーション豊富。しかもアンドゥイエット
(胃や腸など臓物入りのソーセージ)まである!もしかして柏の店では初めてじゃない?
他にも豚のこめかみや軟骨のコンフィ、ロース肉のグリル(300gの大きな塊肉で焼くのに
50分かかるということで今回は断念)など肉好きなら気になりすぎるメニューがいっぱい。一皿
の量が多めだということなので悩みに悩んで以下をチョイス。

・ソーセージ(豚肩ロース680円、羊とミックスハーブ780円)
 パンパンに詰まったお肉は粗挽きで、齧るとじゅわ~っと肉汁が口中にしみだし、肉を食べ
てる感が満載でウマ~。お肉は一度ボイルしてから作っているそうなんですが、それでも
結構脂分があるので食べ応えが有ります。1本の量も多い(大体120~130グラムくらい?)
から小食の人だとコレ1本で満腹になっちゃうかも。羊のソーセージは初めて食べたのですが、
豚と比べると脂がアッサリしている分ややパサつきを感じました。ポン酢とかで食べたらもっと
好みだったかも。(←フレンチだってば)
 味は塩気があまり強くなくて、スモークも浅め。代わりにハーブの香りがしっかり効いています。
豚はタイム、羊はローズマリーかな?爽やかな香りが鼻腔をくすぐる…
 決着剤不使用、全て手捏ねで仕込んでいるそうなのでデリカテッセンのソーセージに比べて
やや肉のつなぎが緩く、サルシッチャとソーセージの中間みたいな感じです。もしかしてこれが
フレンチ流?と思ってシェフに尋ねてみたら「自己流です」とのこと。なんでもフレンチ店での修行
はしたけれど柏で開業するに当たり、すぐ近くの老舗店(ル・クープルとかタキガワ)との差別化
を図るため手作りソーセージを始めたのだそう。

・豚の内臓のグラタン(880円)
 ひき肉たっぷりなミートソースに耳、ミノ、ハチノス、子袋などがたくさん。トマトベースの適度な酸味と
上に乗ったチーズのコクで内臓の癖が抑えられて食べやすくなっています。一口ごとにクニュクニュ
だったりコリコリだったりの食感があって楽しい美味しい。

・パン(テーブルチャージ替わり?300円)
 お肉に合うように一回目はガラムマサラ入り。鼻通りが良くなるような清涼感ある香りがあって
ソーセージやグラタンに負けないインパクトがありました。二回目はミルク入りでほんのり甘め。
どちらも肌理細かくモチモチしていて美味しいパンでした。
 なんとパンも手捏ねで作っているそうです。パン生地の手捏ねってすごい大変なのに(汗)…。この
手捏ねのこだわりのためにパンの仕込みだけでも半日かかるとのこと。そのため、土日のランチ営業
をしたいのだけれど、パンの仕込が間に合わなくて今のところ夜営業のみになっているそうな。
 ランチのパンは市販品(外注)でいい気がするんですが・・・こだわりなんでしょうね。

 カウンターに座ったので店主さんから今後の展望についてお聞ききしたのですがなかなか意欲的
です。「冬になったら鹿などのジビエを使ったソーセージやブータンノアールも作りたいし、セルヴェル
(豚の脳みそ)も扱いたい」と話してくれました。片田舎の柏で受け入れられるかはちょっと疑問ですが、
もしそうなったら私はうれしいな。今後に大期待です。


とんかつ瓢 (とんかつ、カレーライス / 柏)

[ 口コミ 12 ]

  • 夜の点数:3.7

    • 料理・味 3.7
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク -
  • 昼の点数:4.5

    • 料理・味 4.5
    • | サービス 3.8
    • | 雰囲気 3.7
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク -
  • 使った金額(1人)

    ¥1,000~¥1,999 ¥1,000~¥1,999
  • とんかつ瓢 - その他写真:5/31上ヒレカツ定食 ややレア加減が苦手

  • とんかつ瓢 - その他写真:上ヒレにはソースかヒマラヤ岩塩ブラックが合う

  • とんかつ瓢 - その他写真:メニュー

  • とんかつ瓢 - 料理写真:史上最高のカツカレーに出会う 5/28

  • とんかつ瓢 - 料理写真:攻めてきた~女将に聞くと一昨日から置いたヒマラヤ岩塩ブラック 硫黄臭が凄すぎて普通の料理人は絶対使わないだろう 2016.5/28

  • とんかつ瓢 - 料理写真:ロースカツ定食、ご飯、豚汁、お新香、奥左pinkソルト、右木目細かな塩 5/22

  • とんかつ瓢 - 料理写真:ロースカツ 2016.5/22

2016.5/31
2週間で既に3度目の訪問。夕方5時半で先客0後客0、この辺りの早い時間は狙い目かも。
先週土曜日のロースカツカレーが余りにも美味すぎて今日はヒレカツカレー狙いで来たのだが、
数量限定のカタロースカツカレーが貼ってあったのでそちらを注文したが残念カレーが売り切れとの事。
ちょっと苦手なレア加減が不安だったが、いずれ食べたいと思っていた上ヒレカツ定食に変更。
矢張り僕には去年食べた蒲田のさん同様レア系のトンカツはどうしても合わないようだ。
同じ蒲田の丸一さん(僕的に林SPF豚使用最高評価)や池上のとんかつ燕楽さんが断然好きなのだ。

逆に言えばこちらでは、客が自分の好みによってメニューを選べばいいとも言える。
僕のようなレアが苦手な人にはロースか小ヒレ定食、又は素晴らしい出来のロースカツカレー、ヒレカツカレーを選べばいいし、
ややレアでも可能なら、その上の上ロースや上ヒレを、レアが好きな人は最上位の特上を食べればいいと思う。

【総評】
ロースカツカレー4.5
ロースカツ定食3.7
上ヒレカツ定食3.0


2016.5/28
先週の初訪問から1週間で家近くのこちらに再訪問。
土曜日昼という事もあり店内ほぼ満席、更に後客も次々入り大盛況だ。
今日はロースカツとヒレカツそして数量限定のカタロースの3種類から選べるカレーを注文、迷うもロースカツカレーを選択。
ふと見ると卓上に先週は無かったGABANのミルの中に何やら怪しげな黒い物体が…

早速女将に何か聞くと、「一昨日から新たに置いた硫黄が香るブラック岩塩です」と。これは攻めてきた~と思わず嬉しくなる
実はこのヒマラヤ岩塩のブラックは酷い硫黄臭が強く普通の料理人は絶対手を出さない代物なのだが、僕の知り合いの料理人で一人隠し味に使って大正解の例を知っているのだ。その時にこのブラック岩塩を舐めさせて貰ったのだが、硫黄独特の嫌な臭いで気持ち悪くなるほど、それが隠し味に使うと味に複雑な奥行きを与えるのだから分からない。
先週試した2種類の塩が余りにも大人しすぎると感じていた僕は、敢えてこの難しいブラック岩塩を使ってきたこちらの店主様のチャレンジ精神に共感を覚えたのだ。

出てきたロースカツカレーは僕の期待を大幅に上回る素晴らしさで、もうカツカレーは一生ここだけで食べたい(ちょっと大袈裟?)と思わせるような史上最高の絶品カツカレーだった。
僕の中でカレーもロースカツも単品では未だ未だ高みを極めたモノとは評価出来ないが、二つが合わさったロースカツカレーは芸術作品のように燦然と輝き、少なくとも千葉東京における最高レベルだと断言出来る。
これまで食べてきたカツカレーとは何だったのかと…。
店主と女将に最高の気持ちを伝え久しぶりに爽快な気持ちで店を後にした。

カツカレーを途中からルー抜きにし、チャレンジングなヒマラヤ岩塩ブラックを使い、ロースカツ定食のように頂いたのは言うまでもない。

2016.5/22
こちらの店主は蒲田の有名行列店のご出身で、柏では初と思われる「林SPF豚」を使用している。
実は蒲田の檍は昨年食べているが、僕にはレア加減が合わずに玉砕している。
今日はそれを踏まえ女性スタッフさんに、「レアが苦手」と伝えると、ロースカツ定食¥1050なら火の通りもいいのでと薦められそちらを注文。
実際出て来たロースカツは火が通りレアな感じは全然しない中温中時間揚げで悪くない。
2種類の塩、最初はピンクソルトで美味い、次に粒子が細かい塩で塩の効きが弱く効果ゼロ、最後に自家製ソースで頂くこれが一番美味い!
近所の食べログ千葉県1位の超有名店よりは全然好みだ。
ご飯と豚汁は極普通かな。

ただ、上ロースや特上ロースが蒲田のような中温低時間揚げのレアな仕上がりだと余りそそらないし、
柏の地元民にレアなトンカツが受けるのかという疑問もある。

家の近くにこのレベルのトンカツを出す店が出来た事は素直に嬉しいので、僕は当面"普通の"ロースorヒレを食すつもりだ。
新店なのでもう少し全体のレベルアップを期待して通いたい。

八菜 Deux Branches (和食(その他) / 柏の葉キャンパス)

[ 口コミ 22 ]

macnn

macnn (874) [携帯電話番号認証済]

50代後半・男性・千葉県

食べ放題、飲み放題でも

  • 夜の点数:3.0

    • 料理・味 2.5
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 3.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 3.0
  • 使った金額(1人)

    ¥3,000~¥3,999
  • 八菜 Deux Branches - 料理写真:スタートです

  • 八菜 Deux Branches - 外観写真:外観です

  • 八菜 Deux Branches - 料理写真:暖かいものを食べました

  • 八菜 Deux Branches - 料理写真:天ぷらは見ればわかるよね

  • 八菜 Deux Branches - 料理写真:更に食べました

  • 八菜 Deux Branches - 料理写真:やけ食いです  (笑)

  • 八菜 Deux Branches - 料理写真:〆の出汁茶漬けです

873
開店当初にランチタイムに利用したことがあり、
良い印象だったので「次は夜」(1,700円)と思ってから3年近く経ってしまいました

平日の夜に寄ってみました
席に着くとビールが380円ほどに期間サービスとなっていました
一瞬悩みましたが、日本酒も飲みたいので「飲み放題」(1,400円)にしました

飲み放題はセルフということでした
幾つかの料理と最初なので生ビールを注いできました
生ビールは上手に注げたと思ったとのですがどうでしょうか?
料理を頂くと暖かいのもありますが、冷たいものもありました
真夏ならこれでも良いとは思いますが、
4月だとどうでしょうか

次は和食系に合うと思われる日本酒を注ぎに向かいました
ラベルの後で裏の成分表を見ると・・・
糖類、酸味料、化学調味料などの記載がありました
「えっ」と絶句
見なければ良かったかもしれませんが、
見てしまった以上日本酒の選択肢はなくなりました

次はお皿の下に火が点っている料理をメインにして
生ビールで頂きました
天ぷらも生ビールで
普段ならありえない組み合わせですね

その後ちょっとやけ食い気味にがつがつ頂きました (笑)
生ビールも4杯でなんとか元を取りました
〆にお寿司をと思っていたら、閉店時間に近かったので
綺麗に片づけられていました
仕方がないのでお茶漬けで〆としました
自分のドリンクの選択ミスが痛かったという結果になりました

まるしょう (焼きそば、居酒屋 / 豊四季)

[ 口コミ 58 ]

  • 夜の点数:3.5

    • 料理・味 3.5
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク -
  • 使った金額(1人)

    ~¥999
  • まるしょう - 料理写真:特製(中)+いか

  • まるしょう - 外観写真:外観

久しぶりに柏に寄りました。かなり前に柏に住んでいたこともあり、いつ来ても懐かしい気分と、アレ?また変わったなという発見が交錯します。今回はたまたま千葉エリアの検索で目に止まった「まるしょう」さんを目がけてやってきました。

夕方に一人で入店し、特製(中)・太麺とイカ焼きのトッピングをオーダーしました。10分ほどしてアツアツの鉄板とともに焼きそばがやってきました。肉・削り節・キャベツ・イカなど多くの具が乗ります。

味としては、濃厚ソースともちもちした太麺の食感の良さがまず印象に残ります。具も充実していてなかなかボリューミーですね。時々食べる焼きそばの味なのでスペシャルな驚きはないのですが、濃厚なのにしつこくないソースや具材の歯応え、焼き加減を含めて万人受けする美味しさにまとまっていました。うん、なかなかの満足度・満腹度でした。

家の近くにあったらたまに食べにくるんだろうなと思っていたら、私の住む区内にも支店を出したそうです。そちらにも機会があれば行ってみたいと思いました。

ピッツェリア ティンタレッラ (ピザ / 柏)

[ 口コミ 2 ]

naotonton

naotonton (1127) [携帯電話番号認証済]

30代後半・男性・千葉県

柏もナポリピザ激戦区となるか。

  • 夜の点数:3.4

    • 料理・味 3.5
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク 3.0
  • 昼の点数:-

    • 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク -
  • 使った金額(1人)

    ¥2,000~¥2,999
  • ピッツェリア ティンタレッラ - 料理写真:

H28.5 初訪問

先日訪ねたらなんと臨休!
駅からそこそこ距離があるので超ガッカリ。

気を取り直して再訪。
先客2組。
明るい店内。
なんか落ち着かないテーブル配置が気になりましたが。
厨房のなかに窯が見えます。

さてメニューを見ると。。。ちょーっとたけぇな。
前菜から1000円オーバーが並びますね。
ボリュームにもよりますが少人数ではあまり色々食べれなそう。

ピザとグラスワインくらいにしよう。
マルゲリータと赤ワインで。
マルゲリータ1500円。土地や駅からの距離考えるとちょいと強気かな。
でもまぁ近所には高い天ぷらと高い居酒屋もあるので。
とは言えマルゲリータ1500円は結構な値段だ。ブッファラは2000円か。
この界隈でこの値段は最高価格だろう。
都心なら普通だが。

待つ。
待つ。
先客が宴会的な感じだったので。でも前菜の説明くらいシェフでなくてもよいのでは。分業してくれ。

マルゲリータ到着。
バジル3枚はちょいと寂しいが、大きめで焼き色もよく美味しそう。
食べてみると生地は美味しいし、中央部の焼きが上手い。
が、なんかシャバついたトマトソースが気になるな。1枚とるごとにサーっと水分が流れて生地がテロテロに。味もいいだけに残念。
個人的にはモッツァレラがちょい重いかなー。
もっと軽く食べれるくらいのがいいな。

グラス赤はグラスが良かったけど中身はまぁまぁ。

柏はまだナポリピザが少ないのでここが起点になってどんどん増えそうな予感も。
再訪はどうかな。
包み焼きピザは気になるので。

お料理なかき (京料理、割烹・小料理、郷土料理(その他) / 柏)

[ 口コミ 26 ]

柏の京料理

  • 夜の点数:4.0

    • 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク -
  • 使った金額(1人)

    ¥10,000~¥14,999
  • お料理なかき - 料理写真:①養老豆腐、雲丹、青唐

  • お料理なかき - 料理写真:②生麩、雲子、菜の花白味噌仕立て

  • お料理なかき - 料理写真:③南鮪、平政、赤貝、平目、牡丹海老

  • お料理なかき - 料理写真:④のど黒、こごみ、たらの芽、木の芽焼き

  • お料理なかき - 料理写真:⑤ズワイ蟹、ホタテ、生湯葉、ジュレ掛け

  • お料理なかき - 料理写真:⑥聖護院大根、合鴨、フォアグラ

  • お料理なかき - 料理写真:⑦牡蠣のわっぱご飯とズワイ蟹の味噌汁

  • お料理なかき - 料理写真:⑧葛切り

  • お料理なかき - 料理写真:⑧葛切り

  • お料理なかき - 外観写真:

  • お料理なかき - 料理写真:①筍豆腐のカニあんかけ

  • お料理なかき - 料理写真:②白子の白みそ椀

  • お料理なかき - 料理写真:③河豚の炙り・本まぐろ・ボタン海老・甘海老

  • お料理なかき - 料理写真:④銀だら照り焼き・磯ツブ貝・生麩(赤鬼)

  • お料理なかき - 料理写真:立派な聖護院大根

  • お料理なかき - 料理写真:⑤聖護院大根と生麩と鴨の炊き合わせ

  • お料理なかき - 料理写真:⑥生牡蠣・河豚の煮凝り・菜の花とあん肝・ナマコのリンゴ酢ソース

  • お料理なかき - 料理写真:⑦海老芋と河豚の唐揚げ

  • お料理なかき - 料理写真:⑧鯛茶漬け

  • お料理なかき - 料理写真:⑨ベリーシュークリーム

  • お料理なかき - 料理写真:⑩シャーベット

再訪:2016年1月
(初回訪問と再訪を同時にUPします)

東京都内に数多くある京懐石料理店ですが、千葉県には少ない感じがします。

そんな千葉県の柏駅近く、中華料理店「文菜華」のはす向かいに、

若いご夫婦が営む京懐石料理のお店があります。

平日に予約を取って訪問。

10000円コース
①養老豆腐、雲丹、青唐
②生麩、雲子、菜の花白味噌仕立て
③南鮪、平政、赤貝、平目、牡丹海老
④のど黒、こごみ、たらの芽、木の芽焼き
⑤ズワイ蟹、ホタテ、生湯葉、ジュレ掛け
⑥聖護院大根、合鴨、フォアグラ
⑦牡蠣のわっぱご飯とズワイ蟹の味噌汁
⑧葛切り

初回訪問:2014年2月

①筍豆腐のカニあんかけ
②白子の白みそ椀
③河豚の炙り・本まぐろ・ボタン海老・甘海老
④銀だら照り焼き・磯ツブ貝・生麩(赤鬼)
⑤聖護院大根と生麩と鴨の炊き合わせ
⑥生牡蠣・河豚の煮凝り・菜の花とあん肝・ナマコのリンゴ酢ソース
⑦海老芋と河豚の唐揚げ
⑧鯛茶漬け
⑨ベリーシュークリーム

私は懐石料理の経験はあまり無いので、断定的な事は言えない立場ですが、基本に忠実ながら少しアレンジを加えている京料理だと思います。そのアレンジ感は鼻に付くほどにはならず、面白いと思える領域を超えていません。ご飯はわっぱ飯と鯛茶漬けの二択。デザートはスタンダードな水菓子か、パティシエ経験のある奥様の洋風デザートの二択。とその日の気分で選択できるのは良いですね。今後にも期待できるお店であると思います。

えちご (居酒屋、郷土料理(その他)、しゃぶしゃぶ / 柏)

[ 口コミ 7 ]

  • 夜の点数:3.6

    • 料理・味 3.8
    • | サービス 3.8
    • | 雰囲気 3.4
    • | CP 3.4
    • | 酒・ドリンク 3.4
  • 使った金額(1人)

    ¥5,000~¥5,999
  • えちご - 料理写真:

  • えちご - その他写真:

  • えちご - 料理写真:

  • えちご - 料理写真:

  • えちご - 料理写真:

  • えちご - その他写真:

  • えちご - 料理写真:

  • えちご - 料理写真:

  • えちご - 料理写真:

  • えちご - 料理写真:

  • えちご - 料理写真:

  • えちご - 料理写真:

  • えちご - ドリンク写真:

  • えちご - その他写真:

  • えちご - 料理写真:

  • えちご - その他写真:

季節の一品もおすすめな越後料理と厳選地酒のお店❤︎えちごNEW!2016-05-2912:16:30
テーマ:食べ歩き

千葉のお友達のお家に行った時に駅から近くて
美味しいお店があるって一緒に行ってきましたー

まずは乾杯~

地酒がおすすめのお店みたいでしたが、なんせ前日も終電まで
飲み歩いていたので肝臓休ませたい!って事で
私はウーロン茶¥380-

先付が蕗と筍の胡麻和え、空豆の塩茹で、谷中生姜~

大好きな谷中生姜につけるのはお味噌。
店員さんに信州味噌だけではないなあ?って、思ったので
何が入っているのか聞いたら、信州味噌と桜味噌が入ってました。
どおりでコクがある。
この時点でなぜ?昨日、飲んじゃってたんだろーって。
大後悔。

今日は女子と飲んでたのでやはり野菜サラダ!
”おくらと豆腐の和風サラダ”¥680ー

ドレッシングにはすりごまが効いてる醤油ベース。
豆腐サラダって、ドレッシングが沈んちゃう事が多いけれど
おくらの粘りが淡白なお豆腐をまとめてくれてて
美味しい~

鮮魚7点盛り¥2000円ぐらいだったかな?
牡丹海老に帆立、金目鯛、真鯛
キングサーモン、のどぐろ、インド鮪の中トロ

でてきた瞬間、わ~って。
すごく素敵な盛り付けじゃないですか?
なんかもう、見た目でお腹がいっぱいになっちゃう♪
のどぐろうまー。

まだ、食べられそうだと季節のおすすめからチョイス。

空豆の天麩羅。
抹茶塩とお塩で。

これがもう、すごーく美味しくってびっくり!
もう一回、これだけを食べに行きたいー
周りはカリッと。
中身はほっくり。
空豆は今までは鞘ごと丸ごと焼いたのが一番だと思っていたけど
ここの空豆の天麩羅はそれを超えたー
これをもう一度、リピートしたいと友達にお願いしたら
違うのを食べようよと却下(笑)

金目鯛の塩焼き、穴子の一夜干し
アスパラの越後もち豚巻き
栃木揚げネギと味噌

個室で居心地が良くって、お料理が美味しいので
頼みすぎたー
お腹がいっぱい。

でも、名物の”へぎそば”は食べます。
海藻が練りこまれていて、口当たりがすごく滑らかなお蕎麦。
これ、なかなか食べられるところがないから嬉しい~

喉越しが良くって、普段なら2軒目に行くんですが
今日はこのままここで〆ようって正解でした~

デザートは黒胡麻アイス♪
1スクープが大きくって嬉しい~

次回は絶対、地酒を飲む!って。
思ったお店でしたー

屋台とんこつらーめん めん吉 柏駅店 (ラーメン、餃子、つけ麺 / 柏)

[ 口コミ 53 ]

  • 夜の点数:3.4

    • 料理・味 3.5
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク -
  • 昼の点数:3.4

    • 料理・味 3.5
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク -
  • 使った金額(1人)

    ¥1,000~¥1,999 ¥1,000~¥1,999

・麺の量は無料で選択できます。大盛を選択すると鉢が大きくなります。
・野菜をダブルで注文します。必ず、復唱確認と厨房にメニューの可否確認をされることになりますが。
 インゲンやキャベツなどのモヤシ以外の野菜が中心なのでトッピングを「野菜」と名乗って良いと思います。
 もやしを野菜と呼んでいる店と違って、湯につけるのではなくしっかり別調理されています。
 軽い油と塩味があり、しゃきしゃき感が楽しいです。
・麺の固さ:大盛りにするので「固く」、味濃さ:野菜をダブルで載せるので「濃く」、
 背脂量:「多く」、マー油量:「多く」にて注文します。
・中太麺で野菜の大きさ(切り方)やスープの濃さとの相性がなかなかいいです。
・本来なら野菜は味噌豚骨ラーメンで食べたいのですが、マー油が入らないお店のルールなので注文しません。
・辛ネギ、白ねぎのトッピングを加えてもいいアクセントになります。
・無料追加のにんにくや辛味醤は入れません。
・刻み生姜、おろしショウガ、紅生姜、辛子高菜などが有料でもあればいいなぁ。白コショウもあればいいなぁ。

けん 柏の葉キャンパス店 (ステーキ、ハンバーグ / 柏の葉キャンパス)

[ 口コミ 12 ]

ステーキ肉が美味しい!

  • 夜の点数:2.8

    • 料理・味 2.8
    • | サービス 2.5
    • | 雰囲気 2.8
    • | CP 2.7
    • | 酒・ドリンク 2.6
  • 使った金額(1人)

    ¥1,000~¥1,999
  • けん - 料理写真:

  • けん - 料理写真:

  • けん - 料理写真:

  • けん - 料理写真:

2016/05/21(土)です。

サラダブュッフェが食べたくて久しぶりに、ステーキけんにやってきました。ここの店舗は2回目ですが、他店舗より少し広いので良いです。

デミグラスハンバーグステーキ(1220)
サービスカットステーキ120g(1361)
ドリンクバー(216)*1人分の金額

久しぶりだからか、ハンバーグもステーキも旨いです。特にサービスカットステーキは柔らかくて本当に旨いです、この金額はめちゃくちゃお得ですよ。

サラダバーやカレーはまぁまぁですかね。普通に旨いです。
気に入ったのがゼリーです、本当に旨いです。コーヒーゼリーは最初から甘くないのでお勧めです。

江戸前天丼濱乃屋 セブンパークアリオ柏 (天丼・天重 / 逆井、高柳、増尾)

[ 口コミ 3 ]

ボリューム満点!

  • 夜の点数:2.8

    • 料理・味 2.8
    • | サービス 2.5
    • | 雰囲気 2.5
    • | CP 2.7
    • | 酒・ドリンク -
  • 使った金額(1人)

    ~¥999
  • 江戸前天丼濱乃屋 - メニュー写真:

  • 江戸前天丼濱乃屋 - 料理写真:

  • 江戸前天丼濱乃屋 - 料理写真:

  • 江戸前天丼濱乃屋 - 料理写真:あなご一本揚げ定食

  • 江戸前天丼濱乃屋 - 料理写真:天ぷら定食

2016/04/23(土)です。

数あるフードコートのお店の中から選んだのは…天ぷら油の良い香りと行列が多かったし、ボリューム満点だったので食べる事にしました。

天ぷら定食(853)とあなご一本揚げ定食(961)を注文です。
呼び出しの受信機がないため、出来上がりまで列にならんで待つ必要があります。これはちょっと考えて欲しいですね!
でも列に並んで天ぷらを揚げてるのが見れるので自分的には満足です。2度揚げするんですね!

天ぷら定食
エビ、いか、かぼちゃ、なす、玉ねぎ、まいたけ
あなご一本揚げ定食
穴子、エビ、かぼちゃ、なす、玉ねぎ、まいたけ

どれも旨いです。揚げたては最高です!
天つゆも旨いですが、美味しいお塩も置いてくれると尚良いですよね!

天丼を注文してる人が、どちらかと言えば多く感じましたので、次回は是非食べてみたいですね。

文菜華 (中華料理、広東料理、飲茶・点心 / 柏)

[ 口コミ 66 ]

  • 夜の点数:3.9

    • 料理・味 4.2
    • | サービス 3.8
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.6
    • | 酒・ドリンク 3.9
  • 使った金額(1人)

    ¥10,000~¥14,999
  • 文菜華 - 料理写真:

  • 文菜華 - 料理写真:

  • 文菜華 - 料理写真:

  • 文菜華 - 料理写真:

  • 文菜華 - 料理写真:

  • 文菜華 - 料理写真:

  • 文菜華 - 料理写真:

  • 文菜華 - 料理写真:

  • 文菜華 - 料理写真:

  • 文菜華 - 料理写真:

  • 文菜華 - 料理写真:

  • 文菜華 - 料理写真:

  • 文菜華 - 料理写真:利根川産の鴨?

  • 文菜華 - ドリンク写真:

  • 文菜華 - 料理写真:ほたてと千葉の地はまぐりと春野菜

  • 文菜華 - 料理写真:

  • 文菜華 - 料理写真:金華豚からだしを超濃厚に引いたフカヒレスープ〜宮城産のヨシキリのヒレだそうな

  • 文菜華 - 料理写真:前菜〜生搾菜

  • 文菜華 - 料理写真:酔 シロウオ

  • 文菜華 - その他写真:シロウオ

  • 文菜華 - その他写真:前菜とこだわりの野菜

  • 文菜華 - 料理写真:

  • 文菜華 - 料理写真:

  • 文菜華 - 料理写真:あわびの中華丼

  • 文菜華 - 料理写真:常総牛のA5の〜〜部位は覚えていません

  • 文菜華 - 料理写真:愛媛の真鯛の蒸し物

  • 文菜華 - 料理写真:愛媛の真鯛の蒸し物

今日はとても手のかかった料理をいただきました。仏跳スープ(超濃厚!)、北京ダック、乞食鶏〜文菜華というお店の進化はとどまりません。
ワインもスゴイ(^^)

ーーーーーーーーーーーーーーーー

メインストリートから一本はいった、こちらのお店のある筋は、対面の和食や、駅よりのビストロなど美味しいお店がそこかしこにあります。
千葉県では最も有名な中国料理のお店という印象があるこちらのお店。
店内1Fは円卓もない、落ち着いたフレンチ?イタリアン?という風情です。鉄骨がむき出しになっていたり、誇張はないのですがセンスがいい店内です。
お料理は10000円で事前にお願いしてありました。一人一人に個別に料理が出される、品数が多いデギュスタシオン風のコースです。飲み物は中国酒より、カリフォルニアワインが充実したワインや、本格的に入れていただける中国茶に目がいきます。
こちらのケンゾーエステートのラインアップは、他店では真似ができないですね。
季節感のある、野菜・食材が並びます。
アミューズはしろうおを2つの味で楽しめるようになっていました。
しろうおを紹興酒で酔わせた、おどりと、特別なふわふわ玉子にしろうおをとじこめたガラスの容器の一品。
味わいは中国料理なのですが、見た目はモダンフレンチですね。
オードブルは千葉県の某工房で作られた、モダンなガラスのプレートでいただきます。
グラスワインで、LULIという初めて聞く、セントラルコーストのソービニヨンブランをいただきました。
生ざーさいの色合い、味わい・・・・おどろきです。沖縄産のさいまきえびも色鮮やかで、活けのものを使っているのがはっきりわかります。
金華豚からスープをひいたふかひれ(宮城産のよしきりだそうです)スープの濃厚な味わい。
フレンチでもこのレベルのスープが出せるのは、オークラのベル・エポックあたりだけでしょう(勝手な想像)。
利根川産の鴨?の北京ダックは、見事な色・艶・味わいです。食事中に立派なお茶を本格的に出していただけるのも、他店にはないかも知りません。
あわびの小どんぶり、常総牛のA5のお肉など、いろいろ書いたらきりがないほど、素材に徹底してこだわり、調理技術を駆使したまぎれもない中国料理。
創作というより、文菜華の料理・ガストロノミーの体現というのが相応しいですね。

ジョリーパスタ 柏店 (ファミレス、パスタ、ピザ / 柏の葉キャンパス)

[ 口コミ 12 ]

macnn

macnn (874) [携帯電話番号認証済]

50代後半・男性・千葉県

  • 夜の点数:3.2

    • 料理・味 4.0
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 3.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 2.5
  • 昼の点数:3.4

    • 料理・味 4.0
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 3.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 3.5
  • 使った金額(1人)

    ¥1,000~¥1,999 ¥1,000~¥1,999
  • ジョリーパスタ - 料理写真:2016年4月のミックスピッツァです

  • ジョリーパスタ - 料理写真:別角度のアップ

  • ジョリーパスタ - 料理写真:2016年4月のピッコロピッツァ・マルゲリータです

  • ジョリーパスタ - メニュー写真:2016年4月のメニューです

  • ジョリーパスタ - 料理写真:2015年12月 広島産牡蠣とたっぷり野菜のクリームスープパスタのアップです

  • ジョリーパスタ - 料理写真:2015年12月 広島産牡蠣とたっぷり野菜のクリームスープパスタです

  • ジョリーパスタ - その他写真:次から2014年12月です

  • ジョリーパスタ - 料理写真:島カキの野菜たっぷりクリームパスタのアップです

  • ジョリーパスタ - 料理写真:2014年12月 広島カキの広島産牡蠣と野菜たっぷりクリームパスタです

  • ジョリーパスタ - メニュー写真:今年も季節限定のスープパスタがありました

  • ジョリーパスタ - その他写真:次から2014年7月です

  • ジョリーパスタ - 料理写真:種のソーセージのオーブン焼きとピッコロピッツア・マルゲリータです

  • ジョリーパスタ - ドリンク写真:白ワインです

  • ジョリーパスタ - 料理写真:種のソーセージのオーブン焼きです

  • ジョリーパスタ - メニュー写真:夏の季節メニューです

  • ジョリーパスタ - ドリンク写真:赤ワインです

  • ジョリーパスタ - 料理写真:サラダです

  • ジョリーパスタ - 料理写真:冷製カッペリーニのアップです

  • ジョリーパスタ - 料理写真:冷製カッペリーニと薬味です

  • ジョリーパスタ - その他写真:残ったいくらです

  • ジョリーパスタ - 料理写真:サービスのケーキです

  • ジョリーパスタ - 料理写真:ケーキとコーヒーです

  • ジョリーパスタ - その他写真:次から2011年12月です

  • ジョリーパスタ - 料理写真:ゴルゴンゾーラとボンゴレロッソ

  • ジョリーパスタ - ドリンク写真:オレンジ・ドリンク

  • ジョリーパスタ - 料理写真:ゴルゴンゾーラのアップ

  • ジョリーパスタ - 料理写真:ボンゴレロッソのアップ

  • ジョリーパスタ - メニュー写真:セットのメニュー

  • ジョリーパスタ - メニュー写真:ピザのメニュー

  • ジョリーパスタ - 外観写真:お店の全景です

【2016年4月】④
ピザにピザセット
5年前と似たことをしてしまいました (笑)
直径28cmの手作り「ミックスピッツァ」(890円)に
直径18cmのピッコロピッツァで「マルゲーリータ」をドリンクセット(400円)にしてオーダーしました

最初にマルゲーリータが運ばれてきました
センターで冷凍にして焼いたものという感じです
6等分して普通に頂きました

食べ終わった頃にミックスピッツァが運ばれてきました
木のお皿からはみ出しているし、形も少し歪です
もしかして本当にお店で手作りしているのでしょうか
今度は8等分してから頂きました

チーズたっぷりという事でしたが、チーズが本当に多いです
チーズ好きにはたまらない一品です (笑)
そのせいかソーセージなどの具の美味しさが引き立てられているような気もしました
しかし、最後の頃になるとチーズとの格闘みたいな感じになりました
なんとか食べ終えると満腹でデザートは食べられそうもありません
ご馳走様でした

【2015年12月】④の続き
前回から丁度一年後同じメニュー「広島カキの野菜たっぷりクリームパスタ」を頂きました (笑)
量も多かったし牡蠣自体も前回よりも美味しかったような気がしました

【2014年12月】③
 2014年のパスタの〆として家の近くのこちらのお店にやつて来ました。
 メニューを眺めると牡蠣のパスタが美味しそうに見えました。
 2つの中から「広島カキの野菜たっぷりクリームパスタ」(1,190円+税)をお願いしました。
 長いメニュー名なんで指を指してオーダーしました (笑)

 パスタが届くと器も大きくボリュームたっぷりです。
 大盛不可というメニューは最初から大盛になっているような気がします。
 最初にスープから頂きました。
 熱いスープはクリームスープと言うよりもポタージュスープやクラムチャウダーに近い味わいで美味しいです。

 続いてパスタを頂くと少し硬めに感じたので、大きな牡蠣を食べてみました。
 牡蠣の旨みがしっかり感じられました。
 麺類に牡蠣が入っていて美味しいと感じるは何回も無かったのですが、今回は美味しいと思いました。

 スープを飲んでいるととろとろになって解けかかっていたジャガイモがありました。
 だから最初の印象は間違っていないはず。
 気分を良くして再びパスタをスープをたっぷり絡めて頂きました。
 今度は丁度良い感じの硬さになつていました。
 旨い。
 その後はどんどん食べ進めて美味しく完食しました。
 スープも残さずに。
 ご馳走様でした。

【2014年7月】②
 A. 夜
 すっかり忘れていました。
 ここでも千ベロできるんです。

 オーダーしたのは「当店特製 3種のソーセージのオーブン焼き」(税別299円)と「ピッコロピッツア・マルゲリータ」(税別299円)と舌を噛み切りそうな白ワイン「コルヴォ・グリチネ・ビアンコ(白)グラスワイン」(税別199円)です。
 最初に白ワインが届けられましたが、料理が来るまで待ちました。
 量が少ないのが残念でした。

 料理は2品が一緒に届けられました。
 最初にワインとマルゲリータを頂きました。
 美味しいですね。

 ソーセージには赤の方が合うかなと思って赤ワインの「カベルネ・メルロー(赤)グラスワイン」を追加しました。
 今度もワインの量は少なめです。
 最初にプレーンのソーセージと赤ワインを頂きました。
 ジューシーで上手いんじゃない。
 ハーブは香りが良くて、チョリソーは辛さが良いです。
 精算時にケーキの無料券を頂きました。
 ご馳走様でした。

 B.昼
 いつもケーキの無料券を無駄にしていたのですが、勿体ないので翌週再訪しました。
 夏と言うことで涼しそうな「贅沢いくらと明太子の冷製カッペリーニ」にサラダとドリンクバーをお願いしました。
 サラダは綺麗に飾られていました。
 味は普通に美味しく頂きました。

 そしてメインの冷製カッペリーニが届けられました。
 海老さんはメニューの写真よりも小さいですが、いくらはキラキラ輝いていて美味しそうです。
 頂いてみるといくらの香りと味の美味しさがありました。
 美味しいと思いました。
 
 「薬味」という小皿が付いていたので、それを混ぜてみました。
 プチプチという食感が加わり更に良い感じになりました。
 しかし「いくら」はカッペリーニにからみづらいので、積極的に絡めたのですが残ってしまいました。
 お酒が欲しくなりました。 (笑)

 その後無料券でケーキを美味しく頂きました。
 ご馳走様でした。

【2011年12月】①
 こちらのお店は何回か利用していたのですが、普通と思っていたので取り上げていませんでした。
 今回は、晦日のお昼に伺いました。
 以前も感じたのですが、何故かカップルや女性のグループが多いです。
 
 メニューを眺めてから、ゴルゴンゾーラのピッツァにピッツァ・ドリンクセット(18cmのミニピッツァとドリンクバーのセット)をお願いしました。
 セットにしたのは、ボンゴレロッソです。
 この時に写真撮影の許可も頂きました。
 
 ドリンクバーからは自分では珍しくオレンジ・ドリンクを少なめに頂きました。
 ビタミンC不足で体が欲したのかもしれません。
 一口飲んでから写真を撮ったら、残り物のような感じでした。 ごめんなさい。

 暫くして、ゴルゴンゾーラが出てきました。
 香りはそそるものがあり、美味しそうです。
 とりあえず、食べやすいように6分割しました。

 写真を撮っていると、ボンゴレロッソが出てきました。
 比べると小さいですね。
 こちらは4分割にしました。

 いよいよ食べ始めました。
 ゴルゴンゾーラがなどが中心部に集まっているせいか、ちょっととろけ方が足りないような感じでした。
 でも、食べてみると思っていた通りに美味しいのですね。
 生地も薄めでパリパリしているのも好きです。

 ボンゴレロッソもアサリの旨みが感じられたのは○です。
 後半は、コーヒーにして頂きました。

 晦日に働いている皆さんに感謝します。
 ご馳走様でした。

夢館 (ラーメン、つけ麺、餃子 / 柏)

[ 口コミ 66 ]

一生付き合える味とは?

  • 夜の点数:3.3

    • 料理・味 3.3
    • | サービス 3.3
    • | 雰囲気 3.3
    • | CP 3.3
    • | 酒・ドリンク 3.3
  • 使った金額(1人)

    ~¥999
  • 夢館 - 料理写真:和風らーめん小+味玉+岩のり 920円

  • 夢館 - 外観写真:外観

  • 夢館 - 料理写真:不思議なカウンター

10年ぶりくらいか?ずいぶんとご無沙汰していた麺屋にを訪問。屋号看板が以前来た時のデザインから変更されてます。前の方が良かったような、、

柏 "和風らーめん 夢館"

若い頃は「コッテリ系」の豚醤背脂チャッチャ系や豚魚Wスープ系あたりが好きで、この無化調の「和風らーめん」がボヤけた印象で好みに合わなかった記憶があります。

店主と女性スタッフのオペ。これといって特徴の無い店内。メニューにある「オススメ組合せ」というのにのっかってみます。

"和風らーめん小+味玉子+岩海苔" 920円

麺量は小が1玉、中が1.5玉、大が2玉らしい。
こちらには"炎麺"というメニューがあり、確か初訪の時もかなり気になったのですが、やはりここは基本の和風らーめんを。

まずスープ。
「魚介コク旨ラーメン」を標榜する通り、数種類の煮干、使用直前に削るという魚節、羅臼昆布など魚介出汁にこだわっているのは伺えますが、いまひとつ奥行き感の無いインパクトの欠ける味。

製麺所に配合を依頼しているという麺は中細縮れ麺。これまた香りコシとも少し弱い印象でインパクトが、、、。

肩ロースの焼豚は歯応え、味共に合格点。
普通に美味しい。岩海苔は思ったほど風味に乏しく、味玉は半身にしてから時間が経ってるのか割たてのトロみに欠ける。

店のホームページによると「一生付き合える味」を求めていらっしゃるようですので、ある意味飽きのこない中庸な味を目指しているようなので、その通りの味に仕上がってると思います。飲んだ後の〆の一杯に良さそうです。

味すゞ亭 穏香 (懐石・会席料理、創作料理、野菜料理 / 柏)

[ 口コミ 17 ]

  • 夜の点数:3.5

    • 料理・味 3.0
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク 3.5
  • 使った金額(1人)

    ¥8,000~¥9,999
  • 味すゞ亭 穏香 - 外観写真:

  • 味すゞ亭 穏香 - 外観写真:

  • 味すゞ亭 穏香 - メニュー写真:

  • 味すゞ亭 穏香 - その他写真:

  • 味すゞ亭 穏香 - ドリンク写真:

  • 味すゞ亭 穏香 - 料理写真:

  • 味すゞ亭 穏香 - 料理写真:

  • 味すゞ亭 穏香 - 料理写真:

  • 味すゞ亭 穏香 - 料理写真:

  • 味すゞ亭 穏香 - 料理写真:

  • 味すゞ亭 穏香 - 料理写真:

  • 味すゞ亭 穏香 - 料理写真:

  • 味すゞ亭 穏香 - 料理写真:

  • 味すゞ亭 穏香 - 料理写真:

  • 味すゞ亭 穏香 - 料理写真:

  • 味すゞ亭 穏香 - 料理写真:

  • 味すゞ亭 穏香 - 料理写真:

  • 味すゞ亭 穏香 - 料理写真:

名古屋からの帰り道,最後の打合せに柏に立ち寄り
時間が読めなかったので,予約なしにつむぎやに突撃
たまたま,予約客でいっぱいとの事で,急遽こちらに伺いました
店構えから,雰囲気のいいお店です

玄関が狭いので,帰るお客さんが出てくるまで待たされましたが
客席数は結構沢山あるような印象を受けました
客席も,個室仕立てで広めの席,とても清潔で綺麗です

料理は,アラカルトでもいいのですが
楽なので,おまかせ料理をオーダー
陶板焼きがメインのコースになっています
上品で,味も美味しい
店員さんも丁寧な接客で,気持ちよく食事できました

女子会が隣で行われていたようで
ワーワー,ギャーギャーの雑音が,かなり気になりました
居酒屋のように使われるお店でもあるようです

文菜華 (中華料理、広東料理、飲茶・点心 / 柏)

[ 口コミ 66 ]

  • 夜の点数:3.8

    • 料理・味 3.8
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク -
  • 使った金額(1人)

    ¥6,000~¥7,999
  • 文菜華 - ドリンク写真:

  • 文菜華 - 料理写真:②柏産野菜の湯引き 極上オイスターソースかけ1750円

  • 文菜華 - 料理写真:③"世界で唯一"柏産幻霜ポークの焼餃子(五個・数量限定)1080円

  • 文菜華 - 料理写真:④本日の地産銘柄豚の黒酢ソース 柑橘マヨネーズ和え ガーリックチップス添え(数量限定)1750円

  • 文菜華 - 料理写真:⑤お好みの海鮮ときのこ、春雨入り豆鼓醤(黒豆味噌)煮込み 天然車えび2160円

  • 文菜華 - 料理写真:⑥海の幸と黄韮、季節野菜入り塩味あんかけ(つゆそば)2160円

  • 文菜華 - 料理写真:⑥海の幸と黄韮、季節野菜入り塩味あんかけ(つゆそば)2160円

  • 文菜華 - 料理写真:⑦シェフ特製マンゴープリン680円

  • 文菜華 - 料理写真:⑧タピオカ入りココナッツミルク680円

  • 文菜華 - 外観写真:

  • 文菜華 - 外観写真:

  • 文菜華 - 料理写真:①シェフのおまかせ前菜盛り合わせ

  • 文菜華 - 料理写真:②蟹の内子 蟹肉入ふかひれスープ

  • 文菜華 - 料理写真:③本日の海鮮と柏産中国野菜炒め

  • 文菜華 - 料理写真:④柏産蕪のひき肉詰め 干貝柱と冬菜のあんかけ

  • 文菜華 - 料理写真:⑤文菜華名物北京ダック+1080円

  • 文菜華 - 料理写真:⑤文菜華名物北京ダック+1080円

  • 文菜華 - 料理写真:⑥本日鮮魚の姿蒸し 香港スタイルで

  • 文菜華 - 料理写真:⑥本日鮮魚の姿蒸し 香港スタイルで ジャスミンライスが付いてきます。

  • 文菜華 - 料理写真:⑦海老と冬野菜のつゆそば

  • 文菜華 - 料理写真:⑦海老と冬野菜のつゆそば

  • 文菜華 - 料理写真:⑧杏仁豆腐

再訪:2016年4月
(初回訪問と再訪を同時にUPします)

2007年に千葉県柏市にオープンした文菜華。

野菜や豚肉までも地産地消を追及した、厳選素材の中華料理店です。

甜麺醤やラー油などの調味料も仕入商品ではなく店内オリジナル。

初回はコースでいただき、満足しましたので、約一年後の再訪時にはアラカルトで注文しました。

あまり手を加えすぎず、良い食材を良い調味料でいただく直球勝負の料理の数々。

食べ終わった後も重くなく、ヘルシーで美味しい中華料理だと思います。

特に前菜の盛り合わせはシェフの気合いを感じますので、必ず注文した方が良いでしょう。

当日予約はなかな難しいですが、今後も季節が変わったら再訪したいと思います。

①本日のシェフおまかせ盛り合わせ前菜1620円(一名分)写真撮り忘れ(^^ゞ
②柏産野菜の湯引き 極上オイスターソースかけ1750円
③"世界で唯一"柏産幻霜ポークの焼餃子(五個・数量限定)1080円
④本日の地産銘柄豚の黒酢ソース 柑橘マヨネーズ和え ガーリックチップス添え(数量限定)1750円
⑤お好みの海鮮ときのこ、春雨入り豆鼓醤(黒豆味噌)煮込み 天然車えび2160円
⑥海の幸と黄韮、季節野菜入り塩味あんかけ(つゆそば)2160円
⑦シェフ特製マンゴープリン680円
⑧タピオカ入りココナッツミルク680円

初回訪問:2015年1月

5400円コース
①シェフのおまかせ前菜盛り合わせ
②蟹の内子 蟹肉入ふかひれスープ
③本日の海鮮と柏産中国野菜炒め
④柏産蕪のひき肉詰め 干貝柱と冬菜のあんかけ
⑤文菜華名物北京ダック+1080円
⑥本日鮮魚の姿蒸し 香港スタイルで
⑦海老と冬野菜のつゆそば
⑧杏仁豆腐

つけ蕎麦 六文銭 (そば / 柏)

[ 口コミ 26 ]

今が旬!? つけ蕎麦六文銭

  • 夜の点数:3.5

    • 料理・味 3.6
    • | サービス 3.4
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 3.4
    • | 酒・ドリンク -
  • 使った金額(1人)

    ~¥999
  • つけ蕎麦 六文銭 - 料理写真:そば300g

  • つけ蕎麦 六文銭 - 外観写真:店頭

  • つけ蕎麦 六文銭 - その他写真:釜飯?いいえ、違います

  • つけ蕎麦 六文銭 - 料理写真:つけ汁なんです♪(笑)

  • つけ蕎麦 六文銭 - メニュー写真:外メニュー

  • つけ蕎麦 六文銭 - 料理写真:テーブルセット

  • つけ蕎麦 六文銭 - その他写真:

  • つけ蕎麦 六文銭 - 料理写真:まずは岩塩のみでいただきます♪


柏で飲んだ帰りに、寄ってみました。
線路沿いのお蕎麦屋さんです。ぱっと見たところラーメン屋さんのようですが、実際はどうなんでしょう? 早速入店します♪
ところで六文銭と言えば、最近大河ドラマでやっている真田家の家紋。何か関係あるのかな・・
まぁこちらは大河ドラマが始まるずいぶん前から、この名前で営業してますが(笑)
入店すると目の前にカウンターがあり、お客さんの入りは3割ってところかな?
入口脇に券売機があり、そちらでまずは食券を購入します。「オススメ」と「人気no1」が違うのはなぜ?(笑)
どちらにしようか迷った挙げ句、「人気no1」の魚介つけそばをチョイスしました。
カウンターの空いた席に着席し、食券を店員さんに渡します。すると300gか400gかを確認されます。そうです。300gも400gも価格は一緒です。
腹ペコなら迷わず400gをお願いするのですが、飲んでるし、最近太ってきたので300gでお願いします。
こちらがお酒も飲めるのかな?奥のカウンター席ではお酒を召し上がっているお客さんがいらっしゃいました。蕎麦屋で一杯・・ 良いですね?(^^)
さて、オーダーから10分弱待ったところで、まずは釜飯の器が供されます。ん?釜飯頼んでないぞ?いいえ(笑)これがつけ汁なんです♪
ちゃんと店員さんに「つけ汁です。熱いですから気をつけて下さいね?」といって渡されます。
続いて丼に入った麺が着丼します。
お蕎麦らしく、ネギ・海苔・鰹節が大量にのっていますが、その影にお蕎麦ににつかわしくないものが・・ モヤシとそぼろ肉です♪(笑)
ここだけ見たら和風のつけ麺みたい(^w^)
つけ汁は魚介の香りを漂わせて胃袋を刺激してきます♪ 店員さんのオススメでまずは蕎麦にテーブルにある岩塩をふっていただいてみます。
ほぉ〜♪ 歯応えはしっかりしていて田舎蕎麦風ですね?蕎麦の香りも感じられます♪ でも先ほどから鼻と胃袋を刺激する魚介のつけ汁の誘惑に勝てるはずも無く、さっさとつけ汁へ移行します(笑)
つけ汁につけて食べると・・・  あらぁ〜♪ 食感が一変します! 先ほどの強めの歯応えが、優しく柔らかい歯応えに変身です♪
魚介のつけ汁はラーメンでもイケますが、この個性の強いお蕎麦にも良くあっています♪良く出来ています♪ なるほど人気no1ですね♪(^w^)♪
さらにモヤシと辛味をまとったそぼろ肉を混ぜ込むと、さらに味わいが変化していきます♪
この1杯で何通りもの味わいが楽しめるなんて♪ なかなか楽しく美味しいお店ですね?
お蕎麦ですから、ラーメンに比べて健康にも良いし(笑) まぁそもそも健康を考える人はこんな時間に食べたりしないし、年間で100軒以上もラーメンレビューしないし(笑)
完食しても胃もたれしませんね?(笑) でも300gで〆の一杯としては十分。300gといっても茹で上がりなのかな?(^ω^)
それでも、今後のレパートリーには入りましたね♪
ごちそうさまでした♪またおじゃましますね~♪(^w^)


ヒーリング ダイニング ダブル (創作料理 / 柏)

[ 口コミ 4 ]

  • 夜の点数:4.0

    • 料理・味 3.5
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 4.0
  • 昼の点数:4.0

    • 料理・味 4.0
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 3.5
  • 使った金額(1人)

    ¥2,000~¥2,999 ~¥999
  • ヒーリング ダイニング ダブル - 料理写真:ローストビーフ丼

  • ヒーリング ダイニング ダブル - 料理写真:カルボナーラ

  • ヒーリング ダイニング ダブル - ドリンク写真:オリジナルカクテル?

OPENからずっと気になっていたのですが、奥まっていた場所の為なかなか入ることができず2月に初めて行きました。

綺麗な店内。店員さんも良い感じです。
私は喫煙者なのですが灰皿を細かく変えていただき丁寧な接客だなぁと思いました。

カルボナーラを注文。
とってもクリーミーで美味しかったです☆☆今まで食べた中で3本の指に入る美味しさ!
チーズ感が強めでチーズ好きにはたまらないお味。
チーズを上に好きなだけてかけてくれるサービスも良い感じです。

オリジナルカクテルはイケメン(笑)の店員さんにお願いして作っていただきました。
初めての私にも優しくしていただきちょっとテンションあがりました。

一人で行ったのですがアットホームな感じが良くまたいってみたいと思いました。


次はランチにいってみようかな。

☆☆ランチに来訪☆☆
ランチに行って着ました☆
以前よりもカウンター付近のお酒が増えてた印象・・。おいしそうです。
そしてつい最近メニューにのったというローストビーフ丼をいただきました。
肉感強めのローストビーフ。薄切りではなく食べ応えがあってGOOD。
ソースも2種類。ご飯にぴったりです。
これでこのお値段は安いかも。
結構ぺろっといけたけど・・・ご飯もパスタも大盛りも小盛りも可能ということ。
おいしかったです。また行きたいですね。

大阪串揚 一 柏西口店 (居酒屋、串揚げ・串かつ / 柏)

[ 口コミ 5 ]

柏で串カツが食べられるなんて!

  • 夜の点数:4.8

    • 料理・味 5.0
    • | サービス 4.8
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 4.8
  • 使った金額(1人)

    ¥2,000~¥2,999
  • 大阪串揚 一 - メニュー写真:店頭の立て看板。6月1日から18歳未満の子供は来れなくなります(2016.5.22)

  • 大阪串揚 一 - メニュー写真:常連様メンバーズカード(2016.5.22)

  • 大阪串揚 一 - その他写真:カード裏(2016.5.22)

  • 大阪串揚 一 - 料理写真:お通しキャベツは280円(2016.5.22)

  • 大阪串揚 一 - 料理写真:調味料健在。ただしあんまり使わなかった(2016.5.22)

  • 大阪串揚 一 - その他写真:最初はビール他で乾杯(2016.5.22)

  • 大阪串揚 一 - 料理写真:店員さんセレクト串(2016.5.22)

  • 大阪串揚 一 - その他写真:ご新規様用食べ放題メニュー(2016.5.22)

  • 大阪串揚 一 - その他写真:常連様用食べ放題メニュー1ページ目(2016.5.22)

  • 大阪串揚 一 - その他写真:常連様用食べ放題メニュー2ページ目(2016.5.22)

  • 大阪串揚 一 - その他写真:デザート串。種類が減って残念(2016.5.22)

  • 大阪串揚 一 - その他写真:一品系食べ放題メニュー(2016.5.22)

  • 大阪串揚 一 - 料理写真:ポテトフライ美味い(2016.5.22)

  • 大阪串揚 一 - ドリンク写真:ホッピー飲みます(2016.5.22)

  • 大阪串揚 一 - 料理写真:紅生姜串はシビレル刺激(2016.5.22)

  • 大阪串揚 一 - 料理写真:なんと子持ちししゃも。想像以上の美味しさ(2016.5.22)

  • 大阪串揚 一 - 料理写真:野菜系も美味い!野菜嫌いでもOK(2016.5.22)

  • 大阪串揚 一 - 料理写真:メープルパイン串はとろける甘さ(2016.5.22)

  • 大阪串揚 一 - 外観写真:外観(2016.3.4)

  • 大阪串揚 一 - メニュー写真:立て看板(2016.3.4)

  • 大阪串揚 一 - その他写真:ビリケンがお出迎え(2016.3.4)

  • 大阪串揚 一 - その他写真:飲み放題メニュー(2016.3.4)

  • 大阪串揚 一 - メニュー写真:メンバーズカード(2016.3.4)

  • 大阪串揚 一 - 料理写真:ソース&お通しキャベツ(2016.3.4)

  • 大阪串揚 一 - メニュー写真:通常ドリンクメニュー(2016.3.4)

  • 大阪串揚 一 - メニュー写真:食べ放題&飲み放題の紹介(2016.3.4)

  • 大阪串揚 一 - 料理写真:調味料など。激辛ソースは危険だけど癖になる(2016.3.4)

  • 大阪串揚 一 - ドリンク写真:モルツ490円(2016.3.4)

  • 大阪串揚 一 - その他写真:串かつはタッチパネルで注文です(2016.3.4)

  • 大阪串揚 一 - 料理写真:店員さんセレクト串かつ(2016.3.4)

  • 大阪串揚 一 - 料理写真:店員さんが最初に持ってきてくれたポテトフライ(2016.3.4)

  • 大阪串揚 一 - 料理写真:串かつ3種(2016.3.4)

  • 大阪串揚 一 - ドリンク写真:ホッピーセット。焼酎はやや多め(2016.3.4)

  • 大阪串揚 一 - 料理写真:串かつ&にんにくまる揚げ(2016.3.4)

  • 大阪串揚 一 - 料理写真:まだ串かつ(2016.3.4)

  • 大阪串揚 一 - 料理写真:更に串かつ(2016.3.4)

  • 大阪串揚 一 - ドリンク写真:メガハイボール(2016.3.4)

  • 大阪串揚 一 - その他写真:串が一杯に!(2016.3.4)

  • 大阪串揚 一 - 料理写真:これで全種類か!?(2016.3.4)

  • 大阪串揚 一 - 料理写真:まだまだ、これで全種類です(2016.3.4)

  • 大阪串揚 一 - 料理写真:最後の最後にまた串かつ(2016.3.4)

 タイトル「突然!日曜日に行ってみた」
 
 前回訪問時からまだ2ヶ月程度しか経っていませんが、2回目の訪問です。

 この日は昼間の内に営業ノルマを達成してしまったので、極楽湯へ行って、昼寝してから「大河でも見ながら飲むかなあ」と、17時半頃から焼酎の炭酸飲料割を飲み始めました。笑点を見ながら2杯目を飲もうと焼酎をジョッキに注ごうとしていたら、駅前で飲み会をしていた友人からメールが来て「来れるなら来れば?」そりゃあいいやと飲み会に合流することにしました。彼らは先に柏二丁目酒場で飲んでいたらしく、待ち合わせした時には全員がほろ酔い状態でした。

 行くならば、また串カツが食べたい!と思ったので提案し、行く事になりました。日曜日18時20分頃だったので空席があるかどうか心配でしたが、大丈夫でした。しかし、なんと6月1日から「大学生未満のお子様のご来店をご遠慮していただく事になりました」と貼り紙が貼ってありました。分煙対策が難しいのが理由だそうで、もしかしたら当局(?)から指導が入ったのかとも思いますが、詳しい事は分かりません。

 さて今回で「ご新規様カード」から「常連様カード」にランクアップしました。おかげで内容もランクアップです。

 カードによると「18種類食べ放題(980円/時間無制限)を20種類にランクアップ」とありますが、どうやら実際はもっと食べ放題メニューが増えるようです。

 増えたメニューとしては、「チューリップ」「黄金のジャガイモ」「イカ」「海老」「とんかつ」「しいたけ」など結構増えます。ただし、以前あったメニューが無くなっていたりしたので、どうやら食べ放題可能メニューに関してはかなり流動的に変わっていくようです。少なくとも、常連になればそれだけ食べられるメニューが増えることは間違いなさそうです。

 最初はお通しのキャベツ(食べ放題、280円/1人)と店員さんセレクト串を持ってきてもらえます。ドリンクはモルツ中ジョッキ(490円)に白桃おろしサワー(380円)、カルピスサワー(380円)をそれぞれ注文です。先ずは乾杯!

 注文はタッチパネルにて行います。4人の場合は5種類を5本ずつまでが一度に頼める量なので、25本までは頼めます。

 4人なので4本ずつ頼みますが、好き嫌いが激しいメンバーがいるので、本数は2本だったり3本だったり、バラバラでの注文です。タッチパネルのため、店員さんも直接注文でないので混乱しなくて済みます。

 以前は確かなかった「ししゃも」は子持ちししゃもでかなり美味でした。「タマネギ」なども甘くてオイシイです。デザート串が「メープルパイン」だけになってしまって残念でしたが、こちらも甘くてめちゃウマです。「オクラ」「レンコン」「アスパラ」などの野菜串も美味いです。

 ポテトフライも種類があり、色々食べたかったのですが今回はノーマルポテトで。メンバーの中に明太子が駄目な人がいるので、明太子は不可でした。また一品系の「まるごとニンニク揚げ」もかなりオイシイです。ふわっと柔らかで香ばしい風味のあるニンニクで、一人1品くらい頼んでしまいました。

 後半は黒ウーロン茶(280円)や瓶ビール(550円)、ホッピーセット(480円)などを注文しました。ホッピーの焼酎(ナカ)は前回よりもやや少なめでした。ナカ(200円)は2回頼めました。ホッピー3杯を880円で飲んでいる計算です。1杯辺り293円くらいです。

 まだまだイケる!と食べまくりましたが、友人のうち一人は翌日朝から仕事なので2時間程度でお開きになりました。

 お会計は4人で9330円でした。アルコールドリンクは各人それほど飲んでいないので、ある程度飲むならば飲み放題にした方がお得に飲めそうです。

 常連様カードは、5回行けばVIP常連様カードになるので、そうなったら今度は「赤字覚悟の22種類」になります。VIP常連目指して、今後も通いたいと思います。

 (2016.5.22)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 タイトル「柏で食べる初めての串かつ」

 このお店、実はオープン当初から知ってはいたのですが、行く機会がずっとありませんでした。なにせ「時間無制限食べ放題980円」の謳い文句が妙に怪しくて、なんだかんだ結構お金かかっちゃうんじゃないの???と疑心暗鬼でした。しかしまあ、980円で串かつが食べ放題は確かだと思うし、多少高くなってもドリンクをセーブすれば3000円くらいに収まるだろう、そう思い、意を決して行ってみる事にしました。

 今回のメンバーは、いつもの双子の友人&双子の友人から繋がって友人になったレスラー氏の4名。レスラー氏は車なので、今回は飲酒は出来ません。残念!

 双子の兄貴が気を利かせて、17時のオープン直後から予約してくれました。

 と言う訳で、平日17時の入店です。金曜日だったので混雑が予想されます。

 流石にオープン直後なのでお客さんはゼロ。店員さんは元気の良い若い店員さんが4,5名でやっているようでした。お店はなんと入り口から土足禁止で、木製の靴箱に靴を置いて上がります。席は掘りごたつ式の座敷席でした。

 すぐに店員さんがやってきて、食べ放題の説明をしてくれます。980円で串かつ&ポテトフライなどの料理が時間無制限食べ放題で、更にドリンク飲み放題の説明もしてくれました。それによると、2980円で90分飲み放題&時間無制限食べ放題になり、1980円だと90分ソフトドリンク飲み放題&時間無制限食べ放題になるそうです。120分、150分…と時間は選べるようです。1時間に2杯以上飲むなら飲み放題のほうがお得ですよ~と言われましたが、今回は飲酒出来ない人が居るので飲み放題は止めておきました。後で確認したら、アルコール飲み放題とソフトドリンク飲み放題は同じグループで同時に頼めるようです。ならば、今回は私と双子がアルコール含む飲み放題にして、レスラーはソフトドリンク飲み放題にすれば・・・・と思いましたが、今回のお会計を見る限り、飲み放題をしない方が安い金額に収まっていました。

 説明を聞いたので、それでは注文です。最初はビール490円&サワー系380円×2杯&ソフトドリンクの250円など。乾杯しつつ、店員さんが最初に見繕って持ってきてくれた串かつ数種&お通しキャベツを食べます。お通しキャベツは食べ放題に含むようです。

 串かつの食べ放題はご新規様は18種類&デザート串2種類など。他にポテトフライ、ニンニクまる揚げ、キャベツなどが食べ放題に含みます。

 また今回メンバー全員にメンバーズカードが渡されました。2回行けば「常連様カード」になり、常連になると食べられる串かつの種類が20種類にレベルアップするそうです。また、毎月1日は食べ放題が半額になるそうです。

 串かつは野菜系からお肉系、海産物や根菜類、うずらや餃子などまで種類はそこそこ多いです。前に大阪で串カツを食べた時などほとんど同じ種類の串かつばかりを食べていたので、これだけ種類が豊富だと迷ってしまいます。とりあえず全種類制覇!と思って食べ進め、なんとか全種類制覇しました。

 個人的には「とろーりチーズ」や「たこやき」などが美味でした。串かつそのものはやや小さめなので、沢山頼むのが吉です。頼み方にもルールがあり、一度に頼めるのは5種類を各5本までで、計25本まで(人数により増減あるかも)。またバット交換制なので、串カツを食べきってから次の串かつを頼むのがルールです。

 にんにくまる揚げは1玉まるまるを素揚げするので、2~3人で1個くらいの注文が妥当です。これを一人1個で頼んでしまい。全員がにんにくまる揚げをそれぞれ食べる事に。その上で更ににんにくまる揚げをまた頼むくらい美味でした。ポテトフライもカリッとサクッと綺麗に揚げられていて美味かったです。

 デザート串はメイプルシロップのような甘いタレがかけられているので、ソースに浸けるのは禁止です。こちらはパイナップル串&ドーナツ串があり、ドーナツ串などはどこかで食べたような懐かしい味がしました。決して色物ではなく、変な意識無く普通に美味いです。

 途中で女性店員さんから「”せせり”を試験的に作っているので、良かったら食べてみてください」と”せせり”を何本か貰いました。お肉のジューシーな味わいが串かつとマッチしていて、かなり美味かったです。これは試験ではなく、基本メニューに昇格していきそうです。

 後半はホッピー(セット400円、中外各200円・・・だったような)や、メガハイボール(確か600円くらい)などを飲み、楽しく酔いました。

 結局お会計はなんと一人当たり2400円!(ただし全員同額なので、レスラーはちょっと不利になってしまった)食べ飲み放題プランにしなくても、十分でした。ちなみにカード使えます。そして最後にアメちゃんもらいました。シュワシュワアメでした。

 (2016.3.4)

焼肉酒場 ともさんかく はなれ (焼肉、居酒屋 / 柏)

[ 口コミ 6 ]

  • 夜の点数:3.9

    • 料理・味 3.9
    • | サービス 3.7
    • | 雰囲気 3.7
    • | CP 4.2
    • | 酒・ドリンク 3.8
  • 使った金額(1人)

    ¥3,000~¥3,999
  • 焼肉酒場 ともさんかく - 外観写真:

  • 焼肉酒場 ともさんかく - 料理写真:

  • 焼肉酒場 ともさんかく - 料理写真:

  • 焼肉酒場 ともさんかく - 料理写真:

  • 焼肉酒場 ともさんかく - 料理写真:

  • 焼肉酒場 ともさんかく - 料理写真:

  • 焼肉酒場 ともさんかく - ドリンク写真:

  • 焼肉酒場 ともさんかく - 料理写真:

  • 焼肉酒場 ともさんかく - 料理写真:

  • 焼肉酒場 ともさんかく - 料理写真:

  • 焼肉酒場 ともさんかく - 料理写真:

  • 焼肉酒場 ともさんかく - 料理写真:

記事はありません恵比寿TOOTH・・・柏焼肉酒場ともさんかくでハイコスパなお肉セレクション!NEW!2016-05-2301:59:54
テーマ:柏こんばんは

少し書くのが遅れてしまいましたが
以前、柏の日立グランドでサッカーの試合がある時に行ったことのある
焼肉屋さんに、新店がオープンしたと聞き訪問してきました。

焼肉酒場ともさんかくはなれ

1号店に行って、コスパの良さに驚きましたが、今回もかなり驚かされました!

前回のレポート

柏の新勢力と書いてから早3年、完全にその通りでしたね。

焼肉ともさんかくの新業態焼肉酒場ともさんかくの人気ぶりから、「はなれ」としてOPENした3号店目になるそうです。

ちょうど日立グランドでレイソル戦の後と、G.W中ということもあり
お店は、完全に満席。
外に並んでいる方もいらっしゃって、事前に予約していてよかったです。

ゆったりめのソファーのテーブル席で、女性も入りやすい雰囲気。
実際、若い女性同士で食べている方が結構多いです。

まずは、サラダとビールをいただきます

チョレギサラダ

ビールは、思わず少し飲んでしまいました。ブラックペッパーがよく効いたサラダです。

ガツ刺し

以前の北千住のお蕎麦屋さんで、ハマったガツ刺しをメニューに発見して即オーダー!699円と思えない、ボリューム感に、この先のお肉を食べる配分を考えると焦るほどです。笑
ガツのコリコリした食感に、塩ダレときゅうりのマッチングは、ビールが進みます。

キムチ

器から、かなり飛び出たてんこ盛りのキムチ。辛すぎず、旨味を感じます。

極上トロタン塩

1番感動した極上トロタン塩。
焼肉でタンとハラミ好きな私は、だいぶ色んな焼肉店のタンの味を知っているので、うるさい方ですが、これはあり得ない、かなりのハイコスパ

1299円と言うまさかの価格設定に驚きです。適度な歯ごたえはありながらも、とても柔らかく、ジューシー。

こちらのお店は、壺漬けねぎタン塩399円や霜降りねぎタン塩699円とリーズナブルな物もあり、若い方のお財布に優しいです。
しかし、こちらで食べるべきは、メニューの中でも高いメニューかと。クオリティが高く、通常の焼肉屋さんから比較するとかなり安くで提供していると思います。

上ハラミ

ハラミは、程よい脂で、独特の深い味わいです。

パプリカマリブパイン

実は、コールドプレスジュースが飲めるのも女性に人気のある理由の1つです。
これは、ココナッツリキュールをパプリカとパイナップルのコールドプレスジュースで割った甘めのジュースに近いカクテルです。もちろんコールドプレスジュースだけでもオーダー出来ます。

特上みすじのステーキ

これこそが!と言わんばかりのきめ細かなサシの入った特上みすじです。
元々牛1頭から3-5㎏程しかとれない希少部位。口にサッと溶ける程よい脂と赤身部分のうま味を同時に楽しめます。

肩三角の炙り中トロ

そして、こちらのお店の看板メニューのお肉の炙り寿司です。
柔らかでとろけるような味わいの肩三角の炙り中トロは、自信がないとお寿司には出来ないもの。シャリも大きすぎず、お肉とのバランスも良いです。

ピリ辛!濃厚担々麺

〆で頼むと危険なやつです。
胡麻の風味が濃厚なスープは、麺とよく絡み、ジワジワくる辛さが病みつきに。

もりおか冷麺

こちらのお店の麺類は、ハーフサイズも出来るが嬉しいところ。冷麺もどうしても食べたくて、ハーフでオーダーしましたが、サッパリといただけるので、あっという間です。

くちどけ一口アイス

ミルク、チョコ、マンゴー、抹茶の好きな味を1個づつ90円でオーダーできるアイスは、どれも濃厚です。
このサイズの1個なら女性の罪悪感も少ないかも?笑

スタッフの方は、みんな若くてイケメンや可愛い子が多いのが、密かに癒やされるポイントです。

他にも極上タン塩を、追加したりしましたが、あまりお酒の量が少ないこともあり
1人4000円以下という、かなりのハイコスパでした。

まだまだ今後に期待出来るお店です

モモンガの森 (イタリアン / 逆井、高柳)

[ 口コミ 12 ]

mindaches

mindaches (108) [携帯電話番号認証済]

40代後半・男性・千葉県

  • 夜の点数:-

    • 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク -
  • 昼の点数:3.7

    • 料理・味 3.5
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 3.0
  • 使った金額(1人)

    ¥1,000~¥1,999
  • モモンガの森 - 料理写真:

  • モモンガの森 - 料理写真:

  • モモンガの森 - 料理写真:

  • モモンガの森 - 料理写真:

  • モモンガの森 - 料理写真:

2016.5.21訪問

昨日台湾出張から戻りましたので、さすがに中華はやめーということで、イタリアンに行くことに。
どこに行こうか食べログで探してみると、、、
ん!モモンガ?!
柏市の高柳にある「モモンガの森」さんに伺ってみました。

高柳周辺はよく車で通るものの、通称船取線から1歩入るこちらのお店は知りませんでした。

到着は13:20と少し遅めでしたので、3台ある駐車場には車なしでしたが、停めてる途中に2台到着で満車になりました。
後から来られた2台の奥様方、グループなら前後に停めればあと1台入れるのにねぇ。。。

店内は非常に綺麗で、カウンター含めて全18席かな。なんか個人のお宅に招かれたような感じです。カウンター越しにオープンキッチンになっています。掃き出し窓が大きく明るい店内で、反対側の窓はまるで額縁のように田園風景を切り取っています。

ランチは、パスタコースとサンドイッチコースがあって、それぞれ4コース。980円から頂けます。
サンドイッチにも惹かれましたが、本日はパスタランチC 1480円で。サラダ、パン、前菜、本日のパスタ、デザート、ドリンクのコースです。
本日のパスタは二種類でしたので、
■あさりと春キャベツのボンゴレ
■三元豚のトマトソース
をお願いし、これに追加で
■本日のサンドイッチ
もお願いしました。

お水はコルクボトルで持ってきてくれます。途中でぬるくなったと思ったら、新しいのに替えてくれたり、お皿の替えなどもしてくれて、気を使ってくれます。

■前菜
3種の前菜で、鶏肉のテリーヌ、コロッケ、マグロのカルパッチョ。
鶏肉のテリーヌは、さっぱりしていて、でも鶏の旨みも抜けてなくて良いですね。コロッケは、ゴロゴロのじゃがいもにさつまいものミックスでした。じゃがのホクホク感とさつまいもの甘みが楽しいです。マグロのカルパッチョは、メバチの中トロですかね。醤油ベースのドレッシングがあいます。

■あさりと春キャベツのボンゴレ
あさりがたっぷりで、春キャベツの彩りが綺麗です。玉ねぎではなく長ネギを使っているところも良いですね。塩も濃く無くて、優しい味でした。

■三元豚のトマトソース
トマトソースの酸味が程よくて、唐辛子入のオリーブオイルをかけると、丁度いい感じです。パスタは、モッチリ系の美味しい麺ですね。量的には男性だと物足りないかな。

■本日のサンドイッチ
今日はオムレツのサンドイッチでした。厚焼き卵並に分厚いオムレツが、すこし焼いたパンにサンドイッチされています。
多少食べづらかったですが、ボリューミーで卵好きはたまりません(^ω^)

この気持ちの良い環境で頂くイタリアン。
帰りがけにはわざわざ店主さん外にでてきてくれるなど、気持ちの良いお店でした。
是非次回は夜に伺います。
ごちそうさまでした!


ページの先頭へ